Loading

歯が生えたら赤ちゃんの虫歯予防

赤ちゃんの虫歯予防・我が子を虫歯っ子にしない乳歯ケア

赤ちゃんの虫歯予防は大切、「乳歯は生え変わるし…」などとのんびり構えてはダメ!赤ちゃんに虫歯菌がうつる理由やそのリスク、乳歯を虫歯菌から守る方法として赤ちゃんの虫歯菌の感染予防や歯磨き習慣のつけ方のポイントをご紹介。赤ちゃんの歯が生え始めたら具体的な虫歯予防をスタートさせましょう!

赤ちゃんの虫歯予防・我が子を虫歯っ子にしない乳歯ケア

赤ちゃんの虫歯予防・赤ちゃんの歯を虫歯から守る知識

我が子の歯を虫歯から守るには、赤ちゃんの頃からの虫歯予防がとても大切ですが、「いずれは生え変わる乳歯だから…」と、予防ケアを怠ってはいけない理由があることをご存知でしょうか?

赤ちゃんの虫歯予防は具体的にどんな方法があるのでしょうか?そろそろ赤ちゃんの歯が生えるかな?という頃にスタートしたい赤ちゃんの虫歯予防について、正しい知識を持って取り組んでいきましょう。

健康な歯を保つには乳歯の頃からのケアがカギ!

まず初めに…。乳歯が虫歯になってしまうことの影響をご存知でしょうか?「乳歯は生え変わるから虫歯ケアは永久歯が生えはじめる頃からで良い」と、子供のオーラルケアを怠ってしまっている方も少数とはいえいらっしゃいますが、もちろん赤ちゃんの虫歯を放置することは良くありません。
では、乳歯の頃の虫歯予防やオーラルケアがどうして大切なのかを詳しく見ていきましょう。

歯磨きを自分でしようとする優秀な赤ちゃん

赤ちゃんの虫歯を放置するとどうなる?

歯がサメのようにどんどん生え変わってくれるのならケアも不要…なのかも知れませんが、人間の歯の生え変わりはたった一回。乳歯の虫歯を放置すると、その後のお口の健康も保てなくなってしまいます。

永久歯の虫歯感染リスクが桁外れで違う!

まず第一に、乳歯はエナメル質や象牙質も薄く虫歯の進行は早く容易に神経まで到達しやすいうえ、小さな赤ちゃんの虫歯治療は簡単にはいきませんね。だからといって乳歯の虫歯を放置すると、乳歯を蝕んでいる虫歯菌が発育中の永久歯も溶かしてしまいます。

たかが虫歯菌とあなどるなかれ、虫歯菌は身体の健康へも影響する恐ろしい菌。虫歯菌が神経にまで及んでしまったら、ことは乳歯だけの話だけではすまなくなってしまうのです。

永久歯の歯並びも悪くしてしまう!

虫歯により乳歯を失うとその影響で隣り合う永久歯が真っ直ぐに生えてきません。そうすると、その場所に生える予定だった永久歯の適切なスペースが確保できないために曲がって生えてきてしまう可能性は大きいのです。
さらに、虫歯の影響が歯根や歯肉にまで及ぶことでも、その場所にできた膿を回避するように曲がって永久歯が生えるために、永久歯の歯並びが悪くなります。

永久歯の歯並びが悪いと日頃のケアが行き届きにくいために、さらなる虫歯を招く要因となり得るのです。

乳歯は虫歯になりやすい!乳歯の虫歯3大原因

一旦感染すると虫歯の進行がとても早い乳歯ですが、赤ちゃんの歯が虫歯になってしまう大きな原因は3つ。虫歯予防の知識として原因は押さえておきましょう。

乳歯の虫歯の原因1 ミュータンス菌

虫歯原因菌であるミュータンス菌(SM菌)は、実はもともと赤ちゃんの口には存在しない菌です。
もともといないのにどうして原因の一つとなりうるのか…それは、ママやパパ、おじいちゃんやおばあちゃん、周囲の大人達から感染してしまうためなのです。

乳歯の虫歯の原因2 赤ちゃんの歯の質

赤ちゃんの乳歯は、エナメル質と象牙質の厚みが薄くやわらかいため神経にまで虫歯が到達しやすい…といった虫歯が進行しやすい特徴があります。

永久歯のような頑丈さは、赤ちゃんの可愛い小さな歯にはないうえに、虫歯の進行を食い止めるための予防や治療もスムーズにはいかないため、あっというまに赤ちゃんの歯は虫歯菌に侵されてしまうのです。

乳歯の虫歯の原因3 腔内環境

通常の腔内環境は唾液の働きにより中性に保たれていますが、食事により酸性に変化します。歯は酸性に弱いのですがことさら乳歯にとっては良い環境ではありません。
さらに飲んだり食べたりしたあと、歯の間に食べ物のカスが残っていると口の中が長く酸性の状態にありますし、既に腔内に虫歯菌がいたなら食べかすを栄養にしながら菌が活発に活動してしまうことになります。

また、ほとんどの赤ちゃんは歯磨きを嫌がるため、どうしても磨き残しが出やすく、虫歯発生リスクが高い環境にありがちだと言えるでしょう。

初期の虫歯は白い?

虫歯の色はう蝕の段階で変化していき、最初から茶色や黒ではありません。初期の虫歯の色は実は白!乳白色の歯の表面よりも一段と白くなっている部分があれば、それは初期の虫歯かもしれません。

通常この段階で歯を削るなどの治療は特になく、歯のエナメル質を強化するフッ素を塗布するなどして経過を見ますが、乳歯は永久歯よりも虫歯の進行がとても速いために、特に注意して診てあげる必要があります。

初期の虫歯が白い色をしていることもまた、赤ちゃんの虫歯が見過ごされやすい要因となり、気付いた時に歯に穴が…という状況になりがちなのです。

赤ちゃんの虫歯予防はいつから?方法は?

虫歯菌の恐ろしい影響を知ると、赤ちゃんの虫歯を赤ちゃんの歯茎に小さな前歯が顔をのぞかせた頃から「ケアをしなきゃ!」と思ってしまいますが、相手は赤ちゃん、乳歯のケアは本当に大変なんです!赤ちゃんの虫歯予防はいつから開始するのが適切なのでしょうか?

歯医者さんに歯磨きの仕方を教えてもらう赤ちゃん

赤ちゃんの乳歯ケアを行うにはポイントがあります。
ひとつはある月齢まではミュータンス菌の感染を防ぐこと。詳しくは後述しますがこれには少々の実力行使が必要です。そしてもうひとつは、乳歯が歯茎から顔をのぞかせた頃から歯ブラシや歯磨きに慣れさせること。ひとつひとつチェックしていきましょう。

乳歯の虫歯感染を防ぐポイント3つ

虫歯を作る大きな原因は、パパママ、おじいちゃんおばあちゃんなどの虫歯菌の保菌者から菌を貰ってしまうことにあります。つまり、虫歯とは完全に後天的な感染症。虫歯予防は、まず虫歯菌の感染、定着を防ぐことが第一と言えます。

2人の孫を両手で抱えるおばあちゃん

虫歯菌に感染させないために1 大人の唾液に気を付けましょう!

赤ちゃんに虫歯菌を感染させないためには、ミルクや離乳食の温度を大人の口でチェックし、そのまま赤ちゃんに…このような行動により虫歯菌は大人より赤ちゃんへと感染していきます。
特に、自分の使ったスプーンをそのまま赤ちゃんに使用する、赤ちゃんにたべものを噛み砕いて与える…などはもってのほか!歯磨きあとなら虫歯菌がいなくなるわけでもありませんので避けるようにしましょう。

スプーンやコップも赤ちゃん専用のものはしっかり分け、特に清潔に保ってあげることの他、赤ちゃんのお顔やお口、お手手へのキスもガマンするべき。愛情表現の方法はそれだけではないハズです。

ミュータンス菌の感染を防ぐにはじぃじ、ばぁばの協力も不可欠

ママやパパが虫歯菌への知識を深めて我が子の歯を守ろうと躍起になっても、それで万全というわけでもありません。

周囲の大人達に、特に孫が可愛いおじいちゃんやおばあちゃんにも、ミュータンス菌のこと、そしてどうやって感染してしまうかなどをきちんと知ってもらいましょう。説明するときは事実をしっかり説明して、理解を示してもらえるようにしたいですね。

特に年配者の中には「噛み砕いたものを与える」などの行動が愛情表現の一つであると思ってしまっている人もいるため、注意の仕方にも気を付けたいもの。お願いする時は気分を損ねないよう、必要とあらばパパに協力を仰ぎましょう。

ママも虫歯治療をしておきましょう!

日々赤ちゃんのお世話に追われていると、ママ自身のことがつい疎かになってしまうものですね。「そういえば最後に歯医者にいったのって、いつだったかしら…」そう思ってしまうママも少なくないかもしれません。赤ちゃんの乳歯を虫歯から守るには、実はママのお口のケアもとても大切だということ、ご存じでしょうか?

「私は同じスプーンや箸も使わないし赤ちゃんの口にキスもしたりしていないし、だから大丈夫!」と自信がある方、ちょっと待ってください。赤ちゃんは大好きなママに触れることが当然好きです。
顔に触ったり、ママが話しかけてくれる表情をじーっと見て、その動く口元に手を伸ばして、えいっ!と触ってしまう…そんなことも別に珍しくありません。

あっと慌ててママが拭こうとした時には、その指を自分の口に持っていってぺろぺろ…なんてことも。
絶対大丈夫と過信せず、忙しい育児の間に歯医者に行くのは大変な面もありますが、ママ自身のお口のケアもまた行っていくのも大切ですね。

虫歯菌に感染させないために2 特に気を付けたい時期があります!

ミュータンス菌は赤ちゃんが産まれてから後天的に感染する虫歯の原因菌。このミュータンス菌は「歯」がないと生きていけません。つまり、生まれたばかりのまだ歯の生えていない赤ちゃんの口腔内には存在できないということになります。

ではいつ感染するか?それは歯が生えてから!特に2歳半頃までの虫歯ケアは重要と言われています。理由は口の中に存在する常在菌は、ミュータンス菌以外にも様々な種類があるのですが、それらの常在菌が定着し作り上げた腔内環境は簡単に変化するものではなく、あとからミュータンス菌が入ってきたとしても定着できないため、虫歯発生のリスクは大きく下がるとされているのです。

歯が生え始めてから赤ちゃんの口腔内のバランスが出来上がるまでの2歳半くらいまでの間が特に感染に気を付けたい時期であり、我が子のお口の健康を守れるかどうかはまさにこの頃にかかっているといっても過言ではありません。

虫歯菌に感染させないために3 虫歯菌の感染対策をしましょう!

食後の歯磨き習慣をつけましょう

赤ちゃんの朝昼晩の食事とおやつの後、とその全ての歯磨きをしっかり行おうとすると、かなり大変ですよね。そのため一日の最後の歯磨きは特に念入りにママが仕上げ磨きをしてあげる、それ以外は虫歯になりやすい場所を重点的に磨いてあげる…とすると効率的ですし、赤ちゃんの負担も軽減できそうです。

他にも、食後すぐに歯磨きを行う習慣をつけるために離乳食とセットで傍に歯ブラシの準備をしておくなど、美味しいものを食べた後は歯磨きをするんだ、と子供にわかるようにしていくのも大切ですね。

各市町村、自治体などで呼びかけ行われる歯磨き教室等では、赤ちゃんの前歯上下合わせて8本になるころまでは、ガーゼや市販されている歯磨きシート等で歯の汚れを拭うようにしてケアをしましょうと指導されるようですが、本格的に歯ブラシが必要になる前に歯磨き習慣をつけていくことは大切です。

歯科医院での定期的なフッ素塗布+家庭でのフッ素ジェル

白い歯を守るためおうちでのケアを頑張ることは勿論ですが、歯医者で定期的にフッ素塗布を行うと安心です。しかし小さな赤ちゃんの場合フッ素を塗布するのも困難ですので、やはりある程度早い時期から、赤ちゃんの機嫌の良いタイミングを見計らい、ほっぺたを触ったりお口辺りに触れたりとスキンシップを重ねつつ、慣れさせておくのも大事でしょう。

またフッ素は歯医者での治療の他に、おうちで使う歯磨きジェルやスプレーにもフッ素配合のものが多く出ていますので、おうちでのケアに利用するとより虫歯予防に効果的ですよ!

赤ちゃんの虫歯と予防…その他の豆知識

その他にも知っておきたい赤ちゃんの虫歯予防の豆知識を集めました!

夜間断乳の時期

赤ちゃんの大好きなおっぱいや哺乳瓶。「うちの子はまだ夜はこれがないと…」とやめる時期が悩ましい問題ではありますが、夜まとまって寝てくれるようになる生後半年頃から夜間断乳を意識するママは多いようです。

虫歯予防の観点から見ても、夜間は唾液の分泌量の減少によりミルクや母乳が残った口内環境は酸性に傾きがち。夜間の授乳が虫歯の引き金となってしまうとも言われます。
まとまった量のミルクが飲めるか?など赤ちゃんの様子を見ていきながら、夜泣きをしたときもおっぱいではなく白湯に切り替えたり…など対応していくようにしましょう。

夜間断乳時の夜泣きを乗り切る!夜間断乳のコツと夜泣き対策
夜間断乳時の夜泣きを乗り切る!夜間断乳のコツと夜泣き対策
夜間断乳で夜泣きがひどくなるのは赤ちゃんが「おっぱいがないと寝られない!」と思っているから!夜間断乳はおっぱいが欲しい赤ちゃんとの攻防戦です。夜泣きへの基本の姿勢と対策をもって夜間断乳に取り組んで!

1歳過ぎから有効な虫歯予防

アルカリイオン水でうがい

通常、中性に保たれている筈の腔内ですが、食事の時は酸性に傾きがちです。
一説ではアルカリイオン水などでうがいをすることで酸性に傾いた腔内環境が中和され虫歯予防にも効果的と考えられています。
しかし赤ちゃんの場合はうがいをするのは難しいですし、だからと言ってイオン濃度の高いアルカリイオン水を1歳未満の赤ちゃんに与えるのも不用心。

1歳を過ぎると、徐々にガラガラぺができるようになる子もいるようですが、歯の生え始めの赤ちゃんには普段のケアをして気になるときは白湯を含ませる…くらいでも良いかも知れません。

キシリトールタブレットで虫歯予防

小さな子の虫歯予防のために、キシリトール配合のタブレットを取り入れるママも多いですが、タブレットは通常奥歯が生えてから、一歳半くらいからとされています。

赤ちゃんのプレ歯磨き訓練!歯磨き英才教育

よく小さい子の歯磨きタイムは戦争…と例えられますが、小さな子とはいえ必死の抵抗を繰り返されてはママもぐったり…。虫歯予防はケアが大切…ですが、赤ちゃんの場合、ケアをしていくためにはある程度の歯磨き訓練が必要です!
親子そろって一日も早い幸せ歯磨きタイムが訪れるように歯が生え始めたら歯磨き英才教育もスタートしましょう。

今にも眠気に負けそうな歯磨き中の赤ちゃん

大人の歯磨きする姿を見せましょう!

「歯磨き」や「仕上げ磨き」は、赤ちゃんにとって愉快なものではありません。動きたい盛りなのに押さえられるのは嫌だし、嫌なことをする!と感じた途端、必死に抵抗しちゃいます。

毎度毎度ギャン泣きされては歯磨きするママも大変、出来れば楽しく歯磨きしてもらいたいから、歯磨きを楽しいものだと思わせるように仕向けたいものですね。

難しく考える必要はありません。赤ちゃんは大人の真似をするのが大好きですよね!ママやパパが赤ちゃんの前で楽しく歯磨きをしている姿を見せる、それだけで十分効果があります。
離乳食初期くらいからもう、パパママじいちゃんばあちゃん総出で歯磨きする姿を見せつけ、物心つく前の赤ちゃんに「食べたあとは歯磨きをする」「歯磨きはカッコイイ☆」と刷り込み覚えてもらいましょう。

歯が生え始めたら歯ブラシに慣れさせよう!

赤ちゃんの立場からで考えてみると、「口に指や歯ブラシを突っ込まて」非常に嫌なものであることは容易に想像でき、抵抗しない訳がありません。プレ乳歯予防として、まだ歯ブラシの必要がない月齢から歯ブラシやお口のケアに少しでも慣れてもらうようにしましょう。

乳歯の本数が少ないうちは歯磨きを一生懸命にやるというより、赤ちゃんにお口に触れられることと歯ブラシに慣れてもらう準備期間と考え、歯磨きシート等で歯を拭い虫歯を予防しながら、赤ちゃんには喉の奥に入らない安全な設計の赤ちゃん用の歯ブラシをおもちゃ代わりに持たせ、歯ブラシを口に入れることに慣れたりその習慣を作っておくことを優先!

こうすることで歯ブラシを使った本格的な仕上げ磨きが必要になったときに、歯ブラシ(異物)を口に入れることへの赤ちゃんの抵抗感を少しでも減らしてあげられます。それにより多くのママが苦戦する、後々の歯磨きも多少は楽になるのではないでしょうか?

赤ちゃんの歯磨きは大変!ギャン泣き対策

しかし、赤ちゃんが歯磨きが好きになるように…とママが努力したからと言って、赤ちゃんがそうなってくれるとは限りません。赤ちゃんには歯磨きの大切さなんて知ったこっちゃありませんから、嫌なものはイヤ!と、物凄いギャン泣きで抵抗されてしまうことも…。頭を抱えてしまいたくなるママもいるのではないでしょうか?

歯磨きが嫌でギャン泣きした赤ちゃん

もう少しでウチ、通報されるかもしれない…と思ってしまうような我が子のギャン泣き攻撃をママ達はどのように切り抜けてきたのでしょう?全力で嫌がる赤ちゃん対策として、歯磨きを力強くサポートしてくれるアイテムをご紹介!いざという時に役立つはずです!

DVDを見せながら

赤ちゃんも生後半年くらいになると笑顔を見せはじめ、興味の対象も広がって行きます。赤ちゃんが思わず釘付けになるキャラクターは何でしょう?そういったアニメのDVDや録画しておいた番組を上手く利用し、気を取られている隙に歯磨きを行いましょう。
赤ちゃんは自分とおなじくらいの月齢の赤ちゃんにも興味があります。赤ちゃんがたくさん出ている番組もあるので歯磨きのために録画しておいても良いかも知れません!

泣いちゃったときは…フカフカカフカ

赤ちゃんが泣き止む動画を見せるのも効果があります。「ふかふかかふかのうた」というのをご存知でしょうか。なんと96.2%の赤ちゃんが泣き止んだ魔法の曲です。不思議なメロディーにカフカくんが楽しく踊る、大人も楽しめる動画です。

出典:www.youtube.com

赤ちゃんが泣き止む動画の決定版!カフカくん動画の秘密
赤ちゃんが泣き止む動画の決定版!カフカくん動画の秘密
赤ちゃんの泣き止み効果がある動画、ロッテcafcaの「ふかふかかふかのうた」を紹介します。また、なぜ泣き止み効果があるのか理由とゆるキャラ、カフカくんのプロフィールも解説します。

絵本を片手に

赤ちゃん向けの虫歯や歯みがきを題材にした絵本もたくさん出ていますね!
歯磨き絵本は大抵、「歯磨きしないとこわーいバイキンが…」のような内容になっているので、赤ちゃんもなんとな~く「ばいきん…しかたない少しガマンするか」という気持ちになる…のかも知れません。


ノンタン はみがき はーみーの画像
出典:www.kaiseisha.co.jp

ノンタン はみがき はーみー

価格 : 645円

歯磨き絵本やトイレの絵本という生活にまつわる絵本はママの味方!歯磨きの時だけでなく、日頃から歯磨き絵本に親しんでおくことで、それもまた赤ちゃんがギャン泣きした時に、大いに助けになってくれるに違いありません。

キシリトールタブレットをご褒美に

虫歯予防のキシリトールタブレット。キシリトールは甘味料でもあるので小さな子供は割と好きなのですが、あまりバクバク食べてよいものではないので困ってしまいますよね。
歯磨きのご褒美に上げると良いでしょう。ただし、キシリトールタブレットは奥歯が生えたころでないと与えられないので注意しましょう。


タブレットU ふんわりピーチ味の画像
出典:products.pigeon.co.jp

タブレットU ふんわりピーチ味

タブレットが食べたいばかりに歯磨きを進んで頑張る!と思うようになる子も少なくないため、歯磨きの習慣がつきやすかった、というママ達の声もあるようです。色々な味があるので、小さなお子様にも楽しみになるはずです♪

虫歯っ子にしないために ~もし虫歯になってしまったら~

赤ちゃんの頃からの虫歯予防は大切ですが、ママが予防に努めていても何らかの理由で虫歯になってしまう可能性も0ではありません。初期であればフッ素を塗って歯を強化し治す、という治療法もとれますが、もしそれ以上進行している場合は、その状況に応じて適切な治療を行うことが大切です。虫歯の進行は早いもの、お子様の歯に異変を感じたら、すぐさま病院に連れていきましょう!

歯科医院での虫歯の治療はつらいものですし、子供にとって虫歯の痛みほど可哀そうなこともありませんが、虫歯予防は長い人生で食事を楽しむ、虫歯を気にせず笑う…など精神的な健康の保持にも繋がります。そしてそのきっかけは乳歯の頃のケア…と言えるのかもしれません。

自分で歯磨きが上手に出来るようになるのは、小学校中学年頃…とも言われ、その頃まではママやパパの仕上げ磨きはあったほうが良いとされています。長い道のりですが、我が子が自分で虫歯を予防できるようになる日まで白くて健康的な歯を守るため、周囲の大人達が赤ちゃんの歯磨きを手助けし、温かく見守ってあげたいですね。