Loading

赤ちゃんの夏風邪予防ケア

赤ちゃんの夏風邪ケア&予防|夏を元気に乗り切る服装・環境

赤ちゃんが夏風邪を引いてしまったときのお世話のポイントとして風邪を引いたときの水分補給の仕方やお風呂の入れ方などケアの方法や長引きやすい夏風邪の症状別の対策、そもそも夏風邪を引かないようにする過ごし方として室内環境の整え方、服装やお出かけの注意ポイントなどを解説していきます!

赤ちゃんの夏風邪ケア&予防|夏を元気に乗り切る服装・環境

赤ちゃんを夏風邪から守るケアと夏風邪予防

うだるような暑さの屋外。快適で涼しい室内。温度差が激しくなればなるほど、赤ちゃんは体調を崩しやすくなってしまいますよね。

体温調整機能がまだ充分に発達していない小さな赤ちゃんにとって、夏は過酷な季節。室内外の温度差や強い紫外線と日射し、エアコンによる乾燥で、大人の想像以上に体力にダメージを受けています。ちょっとしたことが引き金となって夏風邪勃発となってしまいますので、予防と早めのケアがマストです。

夏に似合うベージュのシーツで遊ぶ赤ちゃん

夏風邪とはそもそもどのような症状を指すのでしょうか?まず夏風邪の症状にはどのようなものなのかの理解から入りましょう。

夏風邪の症状と冬の風邪との違い

赤ちゃんの夏風邪ケアと予防

次のような症状が見られたら、赤ちゃんが夏風邪にかかっているのかもしれません。「何かいつもと違うな」「体調が悪いのかな?」と思ったときは、まず次の点をチェックして見ましょう。

夏風邪チェックシート

・37.5℃以上の微熱が続く、もしくは38℃以上の高熱が続く
・下痢が続く
・鼻水がいつも出ている
・なんとなく顔が赤く機嫌が悪い日が続く

冬の風邪と比べて、症状は軽いものの長く続くことが夏風邪の特徴です。熱や下痢のあるときは体内の水分が大幅に消費されていますので、水分補給をこまめに行うようにしましょう。

赤ちゃんが風邪を引いてしまった!病院目安とホームケア
赤ちゃんが風邪を引いてしまった!病院目安とホームケア
赤ちゃんが風邪を引いてしまったとき、どの程度の症状なら受診すべきか、処方されるお薬にはどのようなものがあるか、早く症状を和らげるにはどうしたらよいかについて解説しています。

赤ちゃんが夏風邪にかかってしまったときのケア

夏風邪を引いて具合が悪い赤ちゃん

しっかりと予防をしていても、夏風邪にかかってしまうことはあります。赤ちゃんが夏風邪にかかったら、どのようなお世話の方法をすると良いのでしょうか?

何はともあれ水分補給

大量の汗や下痢、場合によっては嘔吐などで赤ちゃんは水分を失っている状態にあります。まずは、こまめにしっかりと水分補給を行うことを心がけましょう。離乳食をまだ始めていない場合は、母乳やミルクで水分と栄養を補い、離乳食を進めている場合は、薄めた麦茶やほうじ茶、薄めた果汁などを飲ませるようにします。

赤ちゃんの脱水症状に早く気付くポイント7つ&処置の方法
赤ちゃんの脱水症状に早く気付くポイント7つ&処置の方法
赤ちゃんの脱水症状に早く気付いて的確な処置を施してあげるのが深刻な状況を回避するカギとなります。脱水の状態を見分けるポイント7つともしものときの処置の知識は夏の健康管理の必須項目です!

果汁が下痢を悪化させることもあるので注意

ビタミンCを補給するために白湯で薄めた果汁を飲ませるのは良いことですが、離乳がまだ始まっていない赤ちゃんの水分補給に果汁は不向き。特に生後4ヶ月までの場合は食物アレルギーの原因になるとも言われますので、控えるようにしましょう。
また、生後5ヶ月以降も、お腹の調子が良くないときに食物繊維の多いジュースを飲ませると下痢がひどくなることもありますので、夏風邪が治ってから飲ませるほうが良いかもしれません。

赤ちゃんの下痢が治らない原因や対処法とホームケア
赤ちゃんの下痢が治らない原因や対処法とホームケア
赤ちゃんの下痢が治らないと心配なママへ、長期間続く下痢の原因と考えられる病気について解説しています。病院受診・再診の目安やおうちでのケア、お腹に優しい食材や離乳食のレシピも紹介しています。

汗をこまめに拭く

夏風邪をひき熱が出ると、発熱によって普段よりもたくさん汗をかいてしまいます。汗をかいたまま放置して体を冷やしてしまうことが風邪を長引かせる原因にもなりますので、赤ちゃんが発熱しているときは特にこまめに赤ちゃんをチェックして、頭皮や首回り、お腹周りなどの汗をぬぐってあげましょう。

赤ちゃんのあせも|あせも対策+汗をかく前と後の予防ケア
赤ちゃんのあせも|あせも対策+汗をかく前と後の予防ケア
赤ちゃんのあせも予防、汗をかく前後の肌ケアやワセリンやベビーパウダーの使い方は間違っていませんか?汗疹が出来てしまってもかゆみや湿疹をひどくさせない対処法も大切。夏の赤ちゃんの肌を守りましょう!

赤ちゃんの夏風邪…長引く症状別の対策

鼻水が止まらない夏風邪をひいた赤ちゃん

夏風邪と一口に言っても、見られる症状は様々です。症状別の対策と治し方を説明します。

鼻水や咳が見られるとき

鼻水や咳が見られるときは、基本的には鼻水を取ってあげつつの水分補給がポイントとなります。
鼻水鼻づまりの放置は口呼吸を誘発させ、のどの乾燥から夏風邪を長引かせてしまう要因になりますので、家庭では鼻吸い取り器を使用してできるだけ鼻水を取ってあげるようにしましょう。

辛そうなときは小児科を受診して、赤ちゃんに適した内服薬を処方してもらうようにしましょう。
市販の医薬品でもある程度の月齢から赤ちゃんに飲ませられるものはありますが、なるべく素人判断で市販薬を服用させるのではなく、しっかり小児科を受診し必要な処方薬を貰うのがベストです。

赤ちゃんが鼻水で苦しそう!症状でわかる病気と対処法
赤ちゃんが鼻水で苦しそう!症状でわかる病気と対処法
赤ちゃんの鼻水がなかなか治らず困っているママへ、受診が必要な鼻水の状態や鼻水以外の症状、処方されるお薬の内容について詳しく解説しています。ホームケアのおすすめグッズについても紹介しています。

熱が下がらないとき

37.5℃以上の熱が続くときは、医師の診断を受け必要に応じて内服薬を処方してもらいましょう。自己判断で高熱が続いた状態を放置しておくと、デリケートな赤ちゃんの脳や臓器などに負担をかけてしまいます。熱が高いときは脇の下や太ももをタオルにくるんだ保冷剤などで冷やし、すぐに病院につれて行きましょう。

発疹が見られるとき

微熱が続くな…と思ったら、口の中に発疹ができていた!ということもあります。これは主にエンテロウイルスやコクサッキーウイルス、エコーウイルスなどに感染したときに見られる症状ですが、通常2~3日程度で熱が下がります。
ですが、発疹ができてから3日以上微熱が下がらないときは、他の病気に感染している可能性も考えられます。すぐに病院に連れて行きましょう。

突然の高熱は突発性発疹?不機嫌な赤ちゃんの症状や対処法
突然の高熱は突発性発疹?不機嫌な赤ちゃんの症状や対処法
突発性発疹になる原因や具体的な症状、お風呂や外出の時期などを紹介した記事のまとめです。高熱や下痢が続くとき、家庭での対処法、突発性発疹はうつる?など疑問の答えも紹介しています。

夏風邪をひいたときのお風呂

昔は、「風邪をひいたときはお風呂に入れてはいけない」などと言いましたが、これは暖房状態が良くなかった時代、湯ざめをして風邪をこじらせないように注意を喚起するために言われていたので現代には当てはまりません。

夏場に湯ざめしてしまうことはあまりないものの、お風呂上がりに冷房の効いた部屋に連れて行くのはもちろんNG。急激な温度変化で赤ちゃんの夏風邪症状が悪化することは十分に考えられますので、室温には注意をするようにしましょう。

手早くキレイに

夏風邪をひいているときの入浴は、体をあたためるためではなく汗を落とすことが第一目的となりますので、手早くベビーソープやボディソープを付けて、さっときれいに流しましょう。特に頭皮や手首足首のシワ部分には汗がたくさんたまっていますので、キレイに洗い流してあげましょうね。

しっかりとタオルで乾燥

赤ちゃんの肌や髪が濡れた状態でエアコンや扇風機の風を当ててしまうと、体温が急激に下がり風邪を悪化させてしまうことがあります。お風呂が終わったら、吸水性の良いタオルで、押さえるようにしっかりと水気を拭いてください。

ベビーオイルや保湿クリームを塗付

風邪をひいているときは汗の量も増えるため、皮膚の油分が失われ乾燥しやすくなったり汗で肌荒れしやすくなります。赤ちゃんの肌の乾燥が気になるときは、ベビーオイルやベビー用のボディローション、ボディミルクでしっかりと保湿をしてあげましょう。

長引きやすい夏風邪は予防しよう!赤ちゃんの夏の服装・環境

昼寝をするために一枚多くきる赤ちゃん

夏風邪の予防対策も押さえておくことは大切ですが、長引く夏風邪はそもそもかからないように過ごしたいものですよね。

夏風邪にかかりにくくする室内環境

夏風邪はだらだらと長引くことも多いので、しっかりと予防して赤ちゃんがかからないように備えておくのが一番ですよね。夏風邪にかかりにくい室内環境とはどのような状態でしょうか?

クーラーで快適環境!でも、冷やし過ぎには注意

赤ちゃんは大人の3倍程度汗をかくだけでなく、体温も大人より1℃ほど高いので、とっても暑がりです。クーラーでお部屋を快適にしてあげることは大切ですが、冷やし過ぎには注意をしたいですね。赤ちゃんのいる部屋の夏の温度設定は25℃~28℃が標準的ですが、赤ちゃんが冷えているなと感じるときや、長時間クーラーを付けたままの状態にするときはこまめに室温を上げるようにしてください。

また、眠っているときは、お腹周りにタオルケットやガーゼのお布団などを1枚掛けてあげることも必要です。お腹を冷やすと腸の動きが悪くなり、病気にかかりやすくなってしまいます。

赤ちゃん快適エアコンの使い方|夏の冷え対策&冬の乾燥対策
赤ちゃん快適エアコンの使い方|夏の冷え対策&冬の乾燥対策
赤ちゃんの部屋にエアコンをつけるとなると夏は冷え、冬は乾燥が気になりますね。一年を通して冷暖房として使用するエアコンですが赤ちゃんが快適に過ごすためには設定温度はもちろんお部屋の空気管理が大切です。

換気も大切

涼しさを優先してしまうと、つい部屋を閉め切った状態にしてしまいますよね。ですが、締め切った部屋はウイルスが蔓延しやすくなりますので、夏風邪に発症しやすい環境ともいえます。1時間に1度は部屋を換気して、新鮮な空気を取り込むようにしましょう。

梅雨時の湿度対策

温度も湿度も高くなる梅雨時は、夏風邪の原因となるウイルスが活発に動くようになる時期です。湿気がこもりがちな浴室や洗面所、布団類などをこまめに乾燥させるようにしましょう。

夏風邪を予防する赤ちゃんの服装

暑い夏なので薄着で外で遊ぶ赤ちゃん

どんな服装をセレクトすれば、赤ちゃんを夏風邪から守ることができるでしょうか?室内での服装と就寝時の服装、お出かけの際に注意すべきことについて説明いたします。

Tシャツ+ハーフパンツが基本形

ロンパースタイプの洋服も良いですが、日中は上下別の服の方が、お腹周りに汗がたまりにくいのでオススメです。赤ちゃんはおむつをしていますので、おむつ周り、つまりお腹周りにどうしても湿気を溜めこんでしまいます。湿気を溜めこんでしまうと、かぶれや湿疹ができやすくなってしまいますので、なるべく上下が分かれた服装を選ぶようにしてください。

お昼寝のときと就寝時はお腹を守る服装で

反対に睡眠時は、起きているときとくらべると運動量が下がって冷えやすくなりますので、お昼寝するときや夜は寝冷えしないようお腹を守る服装を選ぶようにしましょう。
就寝時のパジャマは、ロンパースタイプのものやボタンで上下を止めるデザインのものなどがおすすめ。お昼寝のときに特別に普段の上下別の服装から着替えさせる必要はありませんが、お腹を守るように肌掛けを1枚掛けてあげましょう。

赤ちゃんの熱中症対策!夏の過ごし方と熱中症サイン&対処法
赤ちゃんの熱中症対策!夏の過ごし方と熱中症サイン&対処法
赤ちゃんの熱中症予防、正しい知識を持っていますか?夏の過ごし方やお出かけ対策、もしものときも熱中症症状サインをみわけ症状の深刻化を食い止める対策を!赤ちゃんの夏の健康管理に役立てましょう。

おでかけのときはカーディガンを持って

外に出かけるときの服装も、お家の中で遊ぶときと同じくTシャツ+ハーフパンツが動きやすく涼しいのでオススメですが、冷房が効き過ぎている店内や車内に移動するときを想定して、カーディガンと靴下を持っていくようにしましょう。

また、カーディガンを羽織らせたり靴下をはかせたりするのは、赤ちゃんの様子をしっかり確認してから。赤ちゃんが「暑い・・・」と感じているときに着込ませてしまうと、汗を大量にかいて涼しい環境が逆に体を冷やしてしまう原因となります。

予防&処置で、夏を快適に乗り切る

一般的に冬の風邪よりも長引きがちな夏風邪。赤ちゃんの体に負担をかけないためにも、室温と服装、湿度・換気に注意をして予防対策をしっかりと行うことが必要です。また、夏風邪を引いてしまったら、赤ちゃんの状態をこまめにチェックして、水分補給と早めの処置を行うようにしましょうね。