Loading

赤ちゃんの鼻水と咳の健康管理術

赤ちゃんの鼻水と咳、病院に連れて行く目安と健康管理

赤ちゃんの鼻水と咳はどの程度までならホームケアできるか説明します。危険な鼻水や咳はママが日ごろから赤ちゃんを観察することで発見できます。鼻水と咳の予防法、病院に連れていく目安や考えられる百日咳やRSウイルス、アレルギー性鼻炎など考えられる病気も紹介します。

赤ちゃんの鼻水と咳、病院に連れて行く目安と健康管理

甘く見てはいけない!赤ちゃんの鼻水と咳は病気のサイン

赤ちゃんは、ちょっとした温度の変化や湿度の変化にも反応します。そのため、何かの拍子に鼻水が出たり、軽く咳き込んだりするのは日常茶飯事となっています。
とは言っても、鼻水や咳は何らかの不具合が赤ちゃんに生じたから起こる現象でもあるので「いつものこと・・・」と思い見過ごしてしまうのは危険です。

赤ちゃんの鼻水と咳から分かる病気のサイン、鼻水を放置してしまうとどんな症状になるのか、病院に連れて行く目安について説明します。
また、赤ちゃんを鼻水や咳などの諸症状から守る方法についても見ていきましょう。

赤ちゃんの鼻水を放置したときの症状の変化

鼻水を放置されてギャン泣き中の赤ちゃん

「赤ちゃんはいつでも鼻水が出ているもの」と思い、ちょっとした鼻水程度は放置していませんか?ですが、赤ちゃんの肌や器官はとってもデリケートです。放っておくことで、思わぬ症状が出てしまうこともありますよ。

例えば、お肌。赤ちゃんのお肌は大人の数分の1の薄さなので刺激も受けやすく、鼻水がついたままで放置しておくと頬や口周り・鼻周りがかぶれてしまうこともあります。大人と比べると顔もとても小さいので、鼻水が耳に入ってしまって中耳炎になったり、口に入ってしまってむせてしまったりすることもあります。
鼻に入ったまま固まってしまい、呼吸困難になることも珍しくありません。

つまり、鼻水は気が付いたらキレイに拭いておく、鼻の中も出来れば取り除いておくというのが正しい扱い方です。

放置して良い鼻水の見分け方

咳が止まらずママにSOSを求める赤ちゃん

鼻水に気が付いたらキレイに拭いておくこと。そして鼻の中に鼻水が溜まっているのを確認したら、しっかりと取り除いておくこと。この2つが大切であると言うことは分かっていても、料理の途中であったり、手を離せない用事をしていたり等、いつでも赤ちゃんのお世話ができるとは限りませんよね。

では、どんなときは赤ちゃんの鼻水が出ていても放置して良いのでしょうか。

透明の鼻水が1mm程度出ているとき

透明の鼻水が出ているときは、大抵の場合が気温差やほこりなどが原因です。さらさらの透明の鼻水が流れていると口や耳に入ってしまう恐れがありますが、ごくわずかだけ出ているときは、口や耳に入る危険は少ないと言えます。

「鼻水が出ているな」と確認してから数分後に拭いても特に赤ちゃんに悪影響はないので、用事が一段落してから、すぐに赤ちゃんの鼻水を拭いてあげましょう。

鼻水が固まっているけれど気道が確保できているとき

鼻水が鼻の中で固まっているけれど、完全に鼻の穴に蓋をしているのではなく、半分くらいは空いているときも、数分程度放っておいても問題はありません。

赤ちゃんは主に鼻で呼吸しているので、大人の鼻がつまったときよりも、赤ちゃんの鼻が詰まったときの方がもっと辛い思いをすることになります。気道が確保できていると確認できないときは、用事が途中でも一旦手を休めて、赤ちゃんの鼻づまりを解消してあげましょう。

受診するかどうか様子見するとき

具合が悪く泣いてしまった赤ちゃん

透明の鼻水のときは気温差やほこりなどによる一過性の反応と考えられますが、鼻水が黄色や黄緑がかった色をしているときや粘度が高いときは、何らかのウイルスに感染している恐れがあります。
このような鼻水が見られる場合は、受診するかどうか慎重に様子見する必要があります。こまめに赤ちゃんの体温を測り、食欲やお腹の具合に変化はないか注意して観察しましょう。

また、本来は問題ないはずの透明の鼻水が出ている場合でも、熱や咳などの症状が見られるときや鼻水が継続的に出るときは、こまめに体温を測り、赤ちゃんに異変が起こらないか注意する必要があります。

今すぐ受診したほうが良いとき

鼻の調子が悪く自分でいじってしまう赤ちゃん

透明の鼻水が止まらないときは、時期によっては花粉症の疑いもあります。また、ハウスダストやダニなどへのアレルギー症状の可能性もあります。一度、耳鼻科かアレルギー科に受診して、詳しく調べてもらう方が良いかもしれませんね。

また、黄色っぽい色や黄緑がかった色の鼻水が出るときは、ウイルス性の風邪等に罹患した可能性があります。熱が出ない場合は家で水分補給に注意して治療するという選択肢もありますが、熱が37.5℃以上継続して見られるときは、すぐに小児科を受診して、適切な治療を受けるようにしましょう。

熱が高いときは、赤ちゃんに脱水症状が起こる可能性も高いです。こまめに湯ざましや薄めた麦茶などを飲ませてあげましょう。
また、汗で下着が濡れ、体を冷やしてしまうこともあります。こまめに下着をチェックして、しっとりとしているなと思ったらすぐに体を乾いたタオルでしっかり拭いて、新しい下着に着替えさせるようにしましょうね。

赤ちゃんの脱水症状に早く気付くポイント7つ&処置の方法
赤ちゃんの脱水症状に早く気付くポイント7つ&処置の方法
赤ちゃんの脱水症状に早く気付いて的確な処置を施してあげるのが深刻な状況を回避するカギとなります。脱水の状態を見分けるポイント7つともしものときの処置の知識は夏の健康管理の必須項目です!

赤ちゃんの咳を放置したときの症状の変化

赤ちゃんが軽く咳き込むのは、空気が乾燥しているときや風が吹いたときなどにもよく見られます。また、大人と比べると気管が狭いので、ミルクを飲むときや母乳を飲むときにも、のどにひっかかって咳が出ることもあります。
このような軽い咳き込みは問題にはなりづらいですが、咳がなかなか止まらないときは注意が必要です。

咳き込んでいるのがいつのまにか嘔吐に変化したり、咳をし過ぎてお腹が痛くなったりすることも珍しくありません。
赤ちゃんはお腹が痛くても上手に伝えることができないので、なるべく咳が長く続かないように背中をさすったり、縦に抱っこして気道を確保してあげましょう。

咳を放置して良い時の見分け方

ママと耳鼻科へ向かう女の子

軽く2、3回「コンコン」と咳をするときは、ミルクなどの飲み物がひっかかったのか、空気が乾燥しているだけのことが多いので、放置しておいても問題はありません。
また、体をひきつらせずに口だけで咳をしているようなときも、大抵の場合は重要な疾患に罹患していることはありません。

病院に受診するかどうか様子見するとき

咳をするときに、全身で何かを吐き出そうとしているなら、喉に異物が入った可能性もありますので、まずは赤ちゃんがうまく吐きだせるように、赤ちゃんを肩に縦抱きし、背中をとんとんと叩いてあげましょう。
また、咳と一緒に熱が見られるときも、こまめに水分補給と体温測定を実施しながら、受診するかどうか様子見する必要があります。

今すぐ受診したほうが良いとき

横向きに寝て鼻の通りを良くしようと試みる赤ちゃん

汗が流れるほどの熱が出るときや、37.5℃以上の高熱が続くときは、迷わずに病院に連れて行きましょう。吐きそうな感じで咳こむときも、病院で詳しく診てもらう方が良いでしょう。

また、熱がないのに空咳が続くときも、気管支炎などに罹患している可能性があります。耳鼻咽喉科や小児科を受診して、原因をしっかりと見極めておくようにしましょう。
放っておくと治療が困難になることや完治までに長引くこともあります。「最近、咳が多いな」と感じるなら、まずは病院を受診することがオススメです。

赤ちゃんの咳は音・時間帯をチェック&止まらない咳のケア
赤ちゃんの咳は音・時間帯をチェック&止まらない咳のケア
赤ちゃんの咳が止まらない…咳の音や咳や発作の起こる時間帯、鼻水や熱などといったほかの症状など病院受診で必要な観察ポイントを解説!長引くと赤ちゃんの体力を消耗させる咳は的確なおうちケアも必要です。

赤ちゃんの鼻水と咳から予想される病気

デリケートな赤ちゃんは、ちょっとした異物にも反応して咳や鼻水などの症状が出ます。ほとんどの場合は病気ではありませんが、熱や下痢を伴うときや、咳・鼻水の症状が続くときは、何らかの疾患に罹患している恐れも否めません。
赤ちゃんの鼻水と咳から予想される病気には、次のようなものがあります。

アレルギー性鼻炎

鼻水がでて嫌な顔をする赤ちゃん

花粉症やハウスダストアレルギー、ダニアレルギーなどによって、鼻水が出ることもあります。このようにアレルギー性の鼻炎は鼻水が透明でさらさらしていることが特徴です。
また、鼻水ではなく咳の症状が出ることもありますが、このときは、ゼイゼイと苦しそうな咳が続き、「ヒュー」という音が聞こえることが特徴です。

花粉症と言うと春の初めにかかるイメージを持っている方もいらっしゃいますが、スギやヒノキ、ブタクサなど、アレルギーの種類によっては年中いつかかってもおかしくないので、「赤ちゃんの鼻水が続くな・・・」と感じたら、耳鼻科などを早めに受診しておく方が良いかもしれませんね。

ウイルス感染から他の疾患に

マイコプラズマや溶連菌、インフルエンザなどのウイルスに感染して鼻水が出ることもあります。このときは、鼻水に色がついており、粘度が高いことが多いのも特徴です。ほとんどの場合、鼻水だけでなく熱や下痢などの他の症状も併発しますので、すぐに病院に連れて行って専門的な治療を受けるようにしましょう。

高熱や色の付いた鼻水などの症状が見られているのに放置しておくと、急性副鼻腔炎や慢性副鼻腔炎、肺炎、気管支炎などの他の疾病に移行することもあります

RSウイルス

体調が良くなりじっと寝ている赤ちゃん

様々なウイルス類の中でも、特に6ヶ月未満の赤ちゃんが罹患しやすい疾病が『RSウイルス』です。冬、寒さが厳しくなると流行ることが多く、ひどい咳や鼻水が続き、体力的にも消耗してしまうウイルス性疾患です。

咳が長引くと呼吸が困難になるだけでなく、停止してしまうことにもなる『細気管支炎』にもなってしまうこともありますので注意が必要です。鼻水で簡単に検査が出来ますので、咳と鼻水がちょっと多すぎるなと感じたら、すぐに小児科に連れて行きましょう。

百日咳

生後2ヶ月から接種することができる『四種混合ワクチン』に含まれているのが、『百日咳』のワクチンです。四種混合ワクチンを接種していれば罹患する可能性は非常に低くなりますが、ワクチン接種前やワクチン効果が切れてしまった大人から罹患する可能性もありますので、注意が必要です。

百日咳は、名前の通り、咳が長く続き、呼吸が苦しくなります。また、咳と咳の合間に息がもれるような「ヒュー」という音が聞こえることも特徴です。一度罹患すると治療に時間がかかり、赤ちゃんの体力も大幅に消耗してしまいますので、しっかりと期間内に四種混合ワクチンを受けるようにしましょうね。

百日咳に感染させないためにママができる感染対策
百日咳に感染させないためにママができる感染対策
百日咳に感染するのは子どもだけではありません。現在は、自覚がない大人の百日咳によって感染が拡大しています。ママやパパが赤ちゃんの感染源にならないためにも百日咳の特徴や感染予防を理解しておきましょう。

喘息性気管支炎

咳と鼻水が止まらずご機嫌ナナメの赤ちゃん

『気管支喘息』はアレルギー症状ですが、『喘息性気管支炎』は赤ちゃんの気道が狭く、呼吸困難になりやすいことで見られる咳症状ですので、アレルギー性の症状ではありません
ゼイゼイと苦しそうな咳が続くことや、咳と咳の合間に「ヒュー」という音が聞こえることは同じですので、気になるときは耳鼻咽喉科を受診して、詳しく検査してもらうようにしましょう。

中耳炎

鼻水が慢性的に耳に入ってしまうことで中耳炎になることもありますが、中耳炎にかかることで鼻水や発熱などの諸症状が出ることもあります。中耳炎になると高熱が出やすくなるだけでなく、何度も繰り返して発症してしまうことにもなりかねませんので、赤ちゃんがぐずってばかりのときや微熱が続くとき、急に高熱が出たときは、中耳炎の可能性を疑って、耳鼻科を早めに受診するようにしましょう。

赤ちゃんの中耳炎の症状は?種類、治療法、完治までの期間
赤ちゃんの中耳炎の症状は?種類、治療法、完治までの期間
赤ちゃんの中耳炎の症状を紹介。言葉を話せない赤ちゃんのサインに気づけるように日頃から赤ちゃんの様子を観察しましょう!病院の治療方法、家庭でのホームケアの方法など赤ちゃんの中耳炎について解説します。

赤ちゃんを諸症状から守る健康管理術

ママを発見して反りかえる赤ちゃん

鼻水や咳などの症状が見られたときは、「すぐに病院に行かなきゃ」と反応するのではなく、赤ちゃんの機嫌や食欲、熱、便の状態などをしっかりと観察してから病院に行くかどうか判断するようにした方が良いでしょう。
小児科や耳鼻科は感染症に罹患した患者さんも多いので、赤ちゃんが病気にかかっていなくても、病院に行くことでウイルスなどをもらってしまうこともあるからです。

また、病院に連れて行く前に、しっかりと汗を拭きとり、下着を変えて水分補給をしておくことも大切です。赤ちゃんは体が小さいので、汗をいつもより多めにかいてしまうだけでも脱水症状に陥ることもあります。

加湿と換気

喉や鼻腔内が乾燥すると、ウイルスもくっつきやすくなります。赤ちゃんの過ごす部屋の湿度を40~60%に保つようにし、赤ちゃんを乾燥から守りましょう。また、部屋を閉め切ってしまうことも好ましくありません。適度に換気して、新鮮な空気を赤ちゃんが吸うことができるようにしてあげましょう。

赤ちゃん快適エアコンの使い方|夏の冷え対策&冬の乾燥対策
赤ちゃん快適エアコンの使い方|夏の冷え対策&冬の乾燥対策
赤ちゃんの部屋にエアコンをつけるとなると夏は冷え、冬は乾燥が気になりますね。一年を通して冷暖房として使用するエアコンですが赤ちゃんが快適に過ごすためには設定温度はもちろんお部屋の空気管理が大切です。

マスク

人が多い場所に行くときや病院に行くときなど、ウイルスや感染症が不安になる場所に出向くときはマスクをかけて赤ちゃんを感染から守ることもできます。
体力が弱っていると思えるときは、なるべく人が多い場所に行くことを避け、赤ちゃんが不快な思いをしないようになるべく短時間だけマスクをかけるようにしてあげましょう。

ママパパの手洗いとマスク

もっとも身近にいる大人から、赤ちゃんがウイルスなどにかかってしまうこともあります。親も手洗いとマスクを徹底し、赤ちゃんを感染から守るようにしましょう。