Loading

赤ちゃんを蚊から守る予防&対策

赤ちゃんが蚊に刺されたら…虫刺されケア&虫除け

赤ちゃんが蚊に刺されたら大人よりも腫れが大きくなりがち。蚊に刺された跡が残らないための虫刺されケアや蚊の侵入を防ぐ虫除け対策をご紹介。日本脳炎やデング熱等の怖い病気の媒体ともなる蚊は赤ちゃんのいるご家庭では厄介者!どうして蚊には赤ちゃんがそんなに美味しそうに見えるのでしょう?

赤ちゃんが蚊に刺されたら…虫刺されケア&虫除け

赤ちゃんを蚊から守る!虫刺されケアとお家と外出先の対策

体温が高く汗をかきやすいので、お家にいても外出先でも蚊に狙われてしまいやすい赤ちゃん。対して「蚊」は、免疫力を持たない赤ちゃんのいる家庭にとっては招かれざる存在ですよね。

ヒトの血を吸血する昆虫の代表的存在とも言える蚊の被害として、何より刺されてしまったらかゆい!大人の肌でさえ多くの人が刺された部位は赤く腫れ上がりかゆみが何日か続くのですから、赤ちゃんにとっては不快極まりないでしょう。その他、蚊が運んでくる病気はもちろん、得体の知れぬあれやこれやの雑菌も嬉しくありません。
今回は赤ちゃんが蚊に刺されたときのケアの方法と刺されないための予防対策について詳しく見ていきましょう!

赤ちゃんが蚊に狙われる理由

蚊に刺されたところがかゆい赤ちゃん

全ての蚊がいつも人間の血を狙っているわけではありません。蚊は普段は花や樹液を吸っているのですが、産卵時(蚊が繁殖する夏)には花や樹液からは得られないタンパク質などもっと豊富な栄養が必要となり、ヒトをはじめとする動物の血を求めるというわけです。つまり血を狙って人間や動物に寄ってくるのはメスの蚊のみ。…ですが、何故、赤ちゃんは蚊に好かれてしまうのでしょうか?蚊が吸血のターゲットを定めるにはいくつかの条件があります。

体温が高い

その一つがまず体温が高いこととされています。花や植物と違うことを認識するためでしょうか?ちなみに妊娠中は体温が1℃ほど上がるため、妊婦さんも気を付けたいところ。

汗かき

汗も蚊が吸血のターゲットにする条件。湿度に反応するとされますが、乳酸や尿素といった汗に含まれる揮発性の物質に反応しているようです。

二酸化炭素に引き寄せられる(新陳代謝が良い)

蚊に刺され足が赤くなっている赤ちゃん

蚊は二酸化炭素を検知する器官をもっているのですが、その精度50m先の二酸化炭素にも反応するのだそう!基本的には体が小さいと排出される二酸化炭素量は少ないのですが、新陳代謝が高いと排出される二酸化炭素量は多くなりますので、これが身体の大きさの割に赤ちゃんが狙われてしまうひとつの理由かも知れません。

動く黒い物体が好き

蚊は色を認識できませんので、色の濃さを見ているようです。色の濃い物体を判別する理由としては一説には「熊」がインプットされているとも。
また、動きに伴い呼吸量も増え、蚊にとっては「血の流れる生き物」であると認識がしやすくなります。

O型

血液型の中ではO型がもっとも刺されやすいのはもはや有名な話。
どうやらO型の人が特別に何らかの成分を分泌しているようで、他の血液型と比較して蚊を寄せ付けやすいとも言われています。逆に蚊に狙われにくいとされる血液型はA型だそうです。

蚊に刺されるとどうしてかゆいの?

次に、蚊に刺されると刺された部位は腫れ、かゆみを伴います。人によっては1週間も続くときもありますし、赤ちゃんが蚊に刺されると広範囲が赤く腫れ熱を持ちママはびっくりしてしまうことも…。
蚊に刺されて痒くなる理由はというと…

蚊は血を吸う前に、吸血をしやすいように血を固まりにくくする成分や、ヒトや動物が痛みに反応しないように麻酔の役割をする成分を含む唾液を注入しますが、この唾液がかゆみや腫れの原因!
蚊に注入される生理活性物質のなかでも「ヒスタミン」はかゆみを引き起こす超有名アレルギーの原因物質であり、市販の虫刺されの薬には抗ヒスタミン薬が含まれているのはこれが理由です。蚊に刺された場所のかゆみってアレルギー性皮膚炎なんですね。

赤ちゃんが蚊に刺されてしまった…虫刺されケア

赤ちゃんが蚊に刺された時のケア

夏場はほとんどのご家庭で赤ちゃんに蚊を近づけない何らかの対策はしているかとは思いますが、蚊対策をしっかり行っても、買い物や散歩の少しの隙などを狙っているかのように蚊に刺されてしまうことはあります。赤ちゃんが蚊に刺されてしまったらその腫れかたに驚くこともありますし、第一抵抗力もないので心配ですよね。

赤ちゃんが蚊に刺されたとき、どのようなケアをしてあげると良いでしょうか?蚊に刺されたときの症状や跡、薬の活用についてチェックしてみましょう。

赤ちゃんの虫刺され予防・対処法は?気を付けるべき症状
赤ちゃんの虫刺され予防・対処法は?気を付けるべき症状
赤ちゃんの虫刺されの対処法とおすすめの薬、ステロイド剤について解説します。屋内・屋外での虫よけ対策やおすすめの虫よけグッズもご紹介。赤ちゃんの虫刺されで気を付けるべき症状や危険な虫についても説明します。

きれいに洗う

蚊に刺されたことにすぐに気付くことは少ないかも知れませんが、もし虫刺されにすぐに気付けたならすぐに刺された部位をきれいに洗い流してあげましょう。

赤ちゃんは抵抗力が低いため、蚊や吸血昆虫が持つ雑菌を洗い流し炎症を少しでも最小限にとどめてあげたいですね。

冷やす

刺された部位が赤く腫れあがるようなときは、タオルにくるんだ保冷剤等で患部を冷やしてあげましょう。腫れる前に早めに冷やしてあげると腫れもいく分かは抑えてあげられます。目安として3分くらいずつ、赤ちゃんが嫌がらないように、また冷やした箇所が冷たくなりすぎないように注意しながら冷やしてあげてくださいね。

とびひにしないために!

蚊に刺されて痒くなると赤ちゃんが掻きむしってしまいます。掻きむしると、とびひ状に傷が広がったり、掻いた跡がさらに腫れたり跡が残ってしまったりすることもあります。

あまりに痒がるときは、小児科や皮膚科を受診するようにしますが、お家でも赤ちゃんが痒がってかきむしってしまわないよう、爪は深爪にならない程度に切ってあげる、メッシュタイプのミトンをつけてあげる…くらいの対策はしておきましょう。

塗り薬はどうする?

赤ちゃんの頃の虫刺されが痕になってしまうことも多々あるため、赤ちゃんにも使える外用薬を使用し、刺された跡が残らないように早めに処置をしてあげましょう。
虫刺されの薬は、基本的に以下の成分に注目して選びます。

  • 炎症を抑えるステロイド配合
  • かゆみを抑える抗ヒスタミン剤

赤ちゃんにも使える薬であるかどうかは、薬剤師さんに確認するようにしたいですね。

赤ちゃんが蚊に刺されたときに注意したいこと

また、一種のヘルペスウイルスに感染していると、蚊に刺されただけのはずが重篤化し、じんましんや発熱などの症状を引き起こしてしまうときも…。刺されたときの症状はその後もしっかり観察し、かゆみが治まらないようなときや腫れが異様に大きくなっているとき、水ぶくれができているときは、小児科に連れて行きましょう。

ウチの赤ちゃんの血を吸わせてたまるか!蚊を近づけない対策と蚊除け

虫の侵入を防ぐ蚊帳

かわいい赤ちゃんを蚊から守るにはまずは予防が大切!虫除けの種類や赤ちゃんを守る予防対策からチェックしていきましょう。

対策1.刺されにくい赤ちゃんにする

ちょっと注意するだけで、蚊に刺されにくい赤ちゃんにすることも可能です。絶対に刺されないとは言えませんが、刺される回数が減るかもしれませんよ。

汗をこまめに拭く

汗に含まれている乳酸や尿素が、蚊を引きつけるとも言われています。汗をこまめに拭くことで、蚊が近づいてくる回数がかなり減ります。汗をこまめに拭くとあせもの予防もできますので、一石二鳥ですよね。

色の薄い服を着せる

何色に蚊が集まるかを調べた実験では、黒>青>赤>茶>緑>黄>白の順で蚊が寄ってくることが分かっています。濃い色の服や暗い色の服は、蚊の多い季節は避けておく方が良いかもしれませんね。

対策2.蚊を侵入させない!蚊帳で赤ちゃんを守る

最近、魅力が再評価されつつあるのが『蚊帳』です。電気や火を使わないのでエコで安全というだけでなく、薬品やハーブを使わないので赤ちゃんに安心でもあるからです。部屋全体を覆うものから、ベビーベッドの周りだけを覆うものなど様々なタイプや大きさのものがあります。

夏の天敵は蚊だけじゃない…蚊帳はエアコンの直風よけにもなる

赤ちゃんが過ごす部屋を快適にしたくても、エアコンの直風が当たってしまうのは避けたいですよね。エアコンの直風に長時間当たっていると、喉を傷めてしまったり、皮膚を乾燥させてしまったりする恐れがあります。

そんなときに便利なのが蚊帳です。蚊帳をつるすと、エアコンの風が直接に当たらず、やわらかい空気の流れとなって中に届きますので、赤ちゃんのエアコン対策にも使えるのです。また、冷房が効き過ぎないようになることも、赤ちゃんにとっては嬉しいことですよね。

テント型のものはムカデの侵入も防げる

お布団で寝かせている場合、家の構造や庭の配置などによっては、ムカデなどの害虫が家の中に入ってくることも心配になりますよね。そんな方のために、上から覆う面だけでなく床面もある『テント型』の蚊帳もあるのです。これ1つで、飛ぶ虫対策も這う虫対策も出来てしまいます!

安眠効果も期待できる

蚊帳をつるすと電気や窓の光も和らぎますので、赤ちゃんが落ち着いて、昼寝のときも夜も寝付きが早くなる効果も期待できそうですね!囲われている感じが、守られているような安心感にもなっているのかもしれません…?

対策3.虫除けを使う・皮膚に直接塗るタイプの虫よけ

夏に必須の蚊取り線香

ドラッグストアに行くと、様々な虫よけが販売されています。蚊が寄ってこないスプレーや、体に塗るクリームやロールオンタイプの蚊よけ、火をつけて置いておく昔ながらの蚊取り線香や電気タイプの虫よけなど様々な商品がありますよね。

その中でも、火や電気を使用しない皮膚に直接塗るタイプは、一見、安全に見えてしまうかもしれません。ですが、なかには赤ちゃんに有害な成分もありますので注意が必要です。

注意が必要なディート入りの虫よけ

クリームタイプやロールオンタイプに多いのですが、『ディート』という成分が入っている虫よけ。ディートは刺激が強く、生後6ヶ月以降の赤ちゃんからしか使用できません。
『ディート』が入っているものには、必ず「乳児には使用しないでください」とか「生後6ヶ月未満の赤ちゃんには使用できません」などの表示がされていますので、商品の注意書きをしっかりと見るようにしてくださいね。

なお、『ディート』を使用した虫除けは生後6ヶ月の赤ちゃんでも1歳未満までは1日1度までしか塗ることができません。不安な方は、今年は違う虫よけをセレクトし、来年の夏からディート入りの虫よけを使ってみるのも良いかも?

新生児から使用できるハーブ入りの虫よけ

スプレータイプのものに多いのが、蚊が嫌うハーブ入りの虫よけです。ローズゼラニウムやゼラニウム、ローズマリーやカモミールなどが蚊や虫の嫌うハーブとして知られており、これらの成分が入ったスプレーがドラッグストアやアロマショップで販売されています。

ハーブは草花ですが、刺激や香りが強い種類は赤ちゃんによっては敏感に反応して皮膚に赤みが出てしまうかもしれません。赤ちゃんに直接スプレーしないで、赤ちゃんの椅子やベビーカーなど、周囲から香りを出して蚊を近づかせないようにしましょう。

虫除け効果ハーブ

・ローズゼラニウム
・センテッドゼラニウム
・シトロネラ
・レモングラス
・レモンユーカリ
・ニーム
・ローズマリー
・カモミール
・ペパーミント

センテッドゼラニウムの鉢植えを窓辺に置き魔除けや虫の侵入を防ぐ…ヨーロッパではそんな習慣もあるんですって。その他ニームの鉢植えなども虫の侵入対策に利用されます。

パッチタイプのものも注意書きを熟読して

かわいいイラストの書いたパッチタイプのものも、ドラッグストアでよく見られます。これらはハーブを使ったものが多く、新生児からでも使用OKなモノも…!かぶれやアレルギー反応を防ぐために、直接皮膚に貼らないで、赤ちゃんの衣類や帽子、ベビーカーなどに貼るようにしましょうね。

対策4.置く&つるすタイプ虫除け・ベープやノーマット安全性は?

ベープやノーマットなどは火を使わないので、赤ちゃんがいるご家庭の蚊よけ・虫よけには最適なような気がしますが、薬品を空中に分散させているわけでもありますので、赤ちゃんが吸い込んでしまうことで悪い影響がないのか心配ですよね。ベープやノーマットなどの安全性について見ていきましょう。

電気タイプ

一般的な電気タイプ(または電池タイプ)の虫よけは、ほとんどのものが赤ちゃんにも無害なように作られています。ですが、あまりにも赤ちゃんの近くに置いておくなら、大量に殺虫剤成分を吸い込んでしまうことになりますので、良いとは言えません。1~2mほど離して置くようにしましょう。

特にはいはいやつかまり立ちをした赤ちゃんがいるご家庭は、赤ちゃんの手に届く範囲に虫除けを置かないようにしましょう。どんなに安全とうたわれようと殺虫成分が染み込んでいる部分を舐めてしまうのは良いことではありません。

また、狭い部屋で使用しているときは、1時間に一度は部屋の換気をして殺虫剤成分が充満し過ぎないようにすることが必要です。換気をしているときに蚊が来ないように、赤ちゃんを別の部屋に移動させておきましょう。

プッシュタイプ

最近よく見られるのが、プッシュタイプの殺虫剤です。部屋の四隅にプッシュするだけで、一定時間、蚊などの虫が入ってこなくなるという商品。もちろん、このタイプも「乳幼児に無害です」と書かれていますので、プッシュした部屋で安心して赤ちゃんを寝かせたり遊ばせたりできます。

ですが、さすがに赤ちゃんの方に向けてプッシュしたり、ボトルを赤ちゃんの手の届くところにおくことは避けましょう。濃度の高い殺虫成分が赤ちゃんにかかってしまいます。

昔ながらの蚊取り線香

キク科の植物を原料とする深緑色のグルグルと香りが落ち着く昔ながらの蚊取り線香。赤ちゃんにも無害ですが、煙を直接吸い込んでしまうと目やのどを痛めてしまいますので、煙が赤ちゃんに届かないところに置くようにしましょう。
また、火を使いますので蚊取り線香を使うときは事故予防にも十分に配慮しましょう。

日本脳炎の予防接種

赤ちゃんに接種すると安心なワクチン

日本脳炎は、蚊が媒体となる恐ろしい病気のひとつ。感染率も発症率も低い病気いですが現在も1年に数人の罹患者のいる病気で、重症例の半数が死亡するだけでなく生存しても運動障害等の重篤な後遺症が残ります。

他の動物を吸血した蚊(主にコガタアカイエカ)がヒトを吸血することで感染するため、近くに養豚場があったり、野生の動物が住んでいる山があったりする場合は、ハイリスク群として注意が必要です。
ここ数年で話題に上ることの多いデング熱も日本脳炎と同じく蚊が媒体となる重大な病気ですが、ワクチンのないデング熱に対し日本脳炎は予防接種があるので、もれなく定期接種を受けることが大切です。

予防接種は計4回

日本脳炎の予防接種は、3~4歳の間に6~28日の間隔を開けて2回接種し、2回目の接種から1年後に3回目の接種を行います。そして、9~10歳の間に4回目の予防接種を行い完了します。
平成17年からは日本脳炎のワクチンがストップされた時期もありますが、平成22年からワクチンが定期接種が再開されています。詳しいスケジュールは市町村ごとに発表されていますので、母子手帳を参考にしてくださいね。

できるだけ蚊に刺されないように!対策はマスト

赤ちゃんによっては、蚊に刺されるだけで熱を出してしまうこともあります。37.5度以上の熱が出るときや水ぶくれがみられるとき、刺された跡が異様に腫れているときは、すぐに病院に連れて行くようにしましょう。

赤ちゃんができるだけ蚊に刺されないように対策し、楽しく夏をすごせるようにしていきましょうね。