Loading

赤ちゃんの蕁麻疹の対処法

赤ちゃんの蕁麻疹を治してあげたい!症状・原因・対処法

赤ちゃんに蕁麻疹が出てしまった時、病院に行くべきか悩みますよね。蕁麻疹の詳しい症状や発疹の様子、原因について解説し、どんな症状が出たら受診すべきか、何科を受診すべきかについて紹介しています。受診の必要がない場合のホームケアのポイントもチェック!

赤ちゃんの蕁麻疹を治してあげたい!症状・原因・対処法

赤ちゃんに蕁麻疹が!痒がっていてかわいそうな時の対処法

気づくと全身が地図のようになっていることもある『蕁麻疹』。皮膚の状態や赤ちゃんの痒がり方に、びっくりしてしまうこともあります。

大人の場合は、蕁麻疹が出ても放っておけば治ることが多く、病院へ行くべきかおうちで様子を見ていいのか迷ってしまいますよね。赤ちゃんの蕁麻疹にはどう対処すべきなのか見ていきましょう。

赤ちゃんの蕁麻疹の出方・症状

蕁麻疹が治り安眠する赤ちゃん

赤ちゃんの蕁麻疹の出方や症状には、次のような特徴があります。

・突然赤く盛り上がった発疹がでる
・蕁麻疹の出る場所は、全身の皮膚・粘膜(内臓の粘膜や、目など)
・まぶたが腫れることもある
・むくみが出る場合もある
・数分で収まる場合や、数日治らない場合もある
・度々繰り返すこともある
・強いかゆみがある
・赤ちゃんが不機嫌になる
・発熱を伴うこともある

特に、発疹には様々な状態があります。症例をさらに詳しく紹介します。

・虫刺されに似た発疹が体中にたくさんできる
・蕁麻疹ができている場所とそうでないところの境界部分に特に強い赤味が出る
・赤い円形状の大きい発疹ができる(大きさは様々)
・赤く腫れた部分の真ん中だけ白くなりドーナツ状になる
・小さい発疹が多数できる
・みみずばれのようになる
・赤い筋のようなものがたくさんできる

蕁麻疹と似た症状の病気

『多型浸出性紅斑』といって、蕁麻疹に似た発疹が身体中にできる病気があります。蕁麻疹の場合は手のひらや足の裏にはできませんが、多型浸出性紅斑であれば手のひらや足の裏でも発疹が現れます。

多型浸出性紅斑は原因不明のことが多いですが細菌感染などによっておこる場合もあります。病院ではステロイドの塗り薬が処方されることもあります。

赤ちゃんの蕁麻疹の原因

赤ちゃんの蕁麻疹の原因には様々なものがあります。思い当たる行動があれば、育児日記などに記載しておき、予防接種などの際に医師に相談してみるのもよいでしょう。

食物アレルギーはこんな症状&注意点

兄にアレルギーの心配のない離乳食を食べさせてもらう赤ちゃん

赤ちゃんが初めて食べる食材を口にした後に蕁麻疹が出たら、食物アレルギーの可能性があります。

食物アレルギーは、1歳前後の赤ちゃんに最も多くみられ、発症割合は10人に1人ともいわれています。どんな食材でもアレルギーを起こす可能性はありますが、この頃の赤ちゃんが食べる食材の中で特にアレルギーを引き起こしやすいのが「卵・牛乳・小麦・大豆」です。

その他「エビ、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、さけ、さば、鶏肉、豚肉、もも、やまいも、リンゴ、ゼラチン」も赤ちゃんに与える可能性がある食材ですが、アレルギーを起こしやすいので注意しましょう。

ただし、食物アレルギーによる蕁麻疹かどうか正確に判断するには、検査を行わないとわかりません。自己判断で食材を除去したり制限しないようにしましょう。

アレルギー物質+運動が危ない

人によっては、アレルギー源となる食材を食べた後、運動することでアレルギー症状が起きる場合があります。

食物アレルギーと診断されたことがある場合や、初めての食材を食べた後は激しい運動をしないように注意し、赤ちゃんの様子を注意深く観察しましょう。

離乳食の進め方は慎重に

アレルギーを起こしたことのある赤ちゃんや、ご両親のどちらかがアレルギー体質という場合は、離乳食の進め方も慎重に行いましょう。

特定の食材を食べるのを、必要以上に遅らせることはありませんが、初めての食材を与えるときは、何か異変があったときにすぐに病院に行けるよう平日の午前中に与えることが望ましいです。小児科の休診日や診療時間もチェックしましょう。

赤ちゃんにお菓子を与えるときに守るべき【おやつルール】
赤ちゃんにお菓子を与えるときに守るべき【おやつルール】
赤ちゃんにお菓子は必要?赤ちゃんにお菓子を与えるときは赤ちゃんにとってのおやつの意味を考え、適切なおやつルールを守って与えましょう!離乳中に向いている食材、注意すべき食材や簡単おやつレシピをご紹介。

薬による影響は重症化することも

ハイハイで起き上がろうとする赤ちゃん

口にしてから比較的すぐに症状が現れる食物アレルギーとは異なり、薬の副作用はすぐに症状が出ることもあれば、数週間してから症状が出る場合もあり、薬の影響と特定するのが難しいこともあります。

初めて飲んだ薬で蕁麻疹が出ることはなく、通常2回目以降の服用で症状が出ます。これは、身体が一度飲んだ薬を「異物」だと判断して次に身体に入ってきたときに攻撃を行うためです。

薬による蕁麻疹は「薬疹」と呼ばれますが、症状が重くなることもあるので注意が必要です。薬による蕁麻疹と思われる場合は、次の症状がないかも注意して観察してください。

  • 発熱
  • 目の充血
  • 唇や口の中のただれ
  • おまたのただれ
  • 食欲不振
  • 水疱

このような症状が出たら至急受診しましょう。

赤ちゃんの結膜炎は何科を受診?詳しい原因や症状と対処法
赤ちゃんの結膜炎は何科を受診?詳しい原因や症状と対処法
赤ちゃんが結膜炎の時の受診病院について、何故角膜炎になるのか原因や詳しい症状と治療法、うつる結膜炎とうつらない結膜炎の違い、お風呂での感染や市販の目薬による治療について解説します。

物理的刺激による蕁麻疹

思わずひっくり返る赤ちゃん

赤ちゃんのお肌はとっても敏感なので、外からの物理的な刺激で蕁麻疹ができてしまう場合もあります。例えば、次のような刺激で蕁麻疹が起こることがあります。

  • オムツのギャザー
  • ズボンのゴム
  • 衣服の素材
  • 赤ちゃんが自分で引っかいてしまった
  • 外気やエアコンの風などで急に冷えた(寒冷蕁麻疹)
  • お風呂のお湯やストーブなどで急に温まった(温熱蕁麻疹)
  • 紫外線を強く浴びた(日光蕁麻疹)

オムツのギャザーの内側は触ってみるとよく汗をかいている場所。それが原因で蕁麻疹になっている可能性があれば、オムツの種類を変えてみて赤ちゃんに合うメーカーを探してみましょう。

エアコンやストーブの風は、赤ちゃんに直接当たらないよう、日ごろから風向には注意しておきましょう。

おむつなし育児って何?やり方と開始時期&トイトレとの違い
おむつなし育児って何?やり方と開始時期&トイトレとの違い
おむつなし育児は赤ちゃんの排泄サインを通し親子のコミュニケーションを図る育児方法。おむつなしと聞いて一瞬ぶったまげてしまいますが垂れ流しではありません!トイトレとは違うメリットや目的、やり方を解説!

汗による蕁麻疹

ぬいぐるみを抱っこする赤ちゃん

汗をかいた刺激で起こる蕁麻疹を「コリン性蕁麻疹」と言います。なぜ汗をかくと蕁麻疹が出てしまうのか、正確なメカニズムはわかっていませんが、汗が何らかの刺激になり、かゆみを生じる物質を発生させてしまいます。

汗による蕁麻疹が出てしまった場合は、汗をかくたびに蕁麻疹ができる可能性があります。汗をかいたらこまめに拭いてあげるようにしましょう。

赤ちゃんのあせも|あせも対策+汗をかく前と後の予防ケア
赤ちゃんのあせも|あせも対策+汗をかく前と後の予防ケア
赤ちゃんのあせも予防、汗をかく前後の肌ケアやワセリンやベビーパウダーの使い方は間違っていませんか?汗疹が出来てしまってもかゆみや湿疹をひどくさせない対処法も大切。夏の赤ちゃんの肌を守りましょう!

虫刺されによって引き起こされる蕁麻疹

虫刺されが蕁麻疹のようになった子供

虫に刺されると身体に虫が持つ物質や毒素が入ります。それによって蕁麻疹を引き起こしてしまう場合もあります。また、蚊に刺されたかゆみでかきむしり、その刺激が原因で蕁麻疹が起きてしまうこともあります。

大人の場合は、蚊に刺されてすぐにかゆみがでますが、赤ちゃんの場合は2~3日経ってから赤みや痒みが出てきます。

赤ちゃんは汗をかきやすく、蚊に狙われやすいので蚊の多い季節にはしっかり虫よけ対策を行いましょう。赤ちゃんには、大人用の虫よけに使用されている有効成分「ディート」が入っていない虫よけを選ぶのが基本です。

虫の嫌うハーブのオイルで作られている赤ちゃん用虫よけが、薬局やベビー用品店などで販売されています。それでも刺されてしまうという場合には虫よけ加工がされたパーカーも販売されているのでベビー用品店で探してみてください。

蚊アレルギーとは?「たかが虫刺され」と侮れない蚊の脅威
蚊アレルギーとは?「たかが虫刺され」と侮れない蚊の脅威
蚊アレルギーってどんな病気?ひどい腫れや水ぶくれ、発熱を引き起こす蚊アレルギー!まさか蚊に刺されただけでこんな症状が出るなんて…!赤ちゃんが蚊に刺される前に、蚊がもたらすリスクを知っておきましょう。

最も多いのは「原因不明」

原因不明の蕁麻疹がある赤ちゃん

蕁麻疹には様々な原因があると紹介しましたが、実は原因が特定できないケースが最も多いのです。蕁麻疹の70%から80%は、原因不明と言われています。疲れていたり、環境が変わったりなどのストレスによっても蕁麻疹が出ることがあります。

原因不明の蕁麻疹は度々繰り返すことがあります。何度も繰り返すようであれば病院を受診しましょう。繰り返す蕁麻疹は珍しいことではないので、病院で特に異常が見つからなければ心配いりません。

赤ちゃんの蕁麻疹の対処法

赤ちゃんが蕁麻疹でかゆがり、掻き壊して細菌感染してしまうなどの悪化を防ぐため、適切なホームケアを行いましょう。

ホームケアのポイント

蕁麻疹がでて家庭で安静にする赤ちゃん

蕁麻疹そのものは病気ではないので、必ず薬が必要というわけではありません。何もしなくても、ほとんどの場合しばらくすれば治まります。

ポイントは、掻き壊さないようにしてあげること。月齢の低い赤ちゃんであれば、蕁麻疹が出ている間はミトンをつけてあげましょう。

痒みが強い場合は、冷やしてあげると痒みが和らぎます。保冷材にガーゼやタオルを巻いて、痒がっているところを冷やしてあげましょう。(ただし、冷えが原因の蕁麻疹の場合は悪化するのでやめましょう。)

汗や暑さで痒みが悪化することが多いので、蕁麻疹が出ている間はあまりはしゃがないようにしましょう。外遊びもお休みした方が安心です。

お風呂は入ってもいい?

身体が温まると、痒みがひどくなる場合があります。蕁麻疹が出ている間は入浴せず、ぬるめのお湯でシャワーを浴びるだけにしましょう。

身体を洗う際にも、刺激にならないようタオルやガーゼなどは使わず、手で優しく洗ってあげましょう。汗を洗い流すためにもシャワーは浴びた方がよいです。

暑くならないように注意

赤ちゃんは汗っかきなので、何もしていなくてもしっとり汗をかいてしまっていることもあります。部屋を少し涼しく調節したり、通気性の良い服を着せたりして、蕁麻疹が出ている間は汗をたくさんかかないように気を付けてあげましょう。

病院受診とその目安

蕁麻疹が出て病院で治療を受ける赤ちゃん

蕁麻疹は、基本的にはおうちケアでOKですが、次の症状がある場合は受診しましょう。

  • 痒みが治まらず、不機嫌が続いてしまう
  • 発熱を伴う
  • 唇が腫れる
  • 下痢・嘔吐がある
  • 息苦しそうにしている

痒み以外の症状がある場合は、食物アレルギーや薬アレルギーの可能性があり、呼吸困難などの重篤な症状に繋がる可能性があるので、至急受診する必要があります。

蕁麻疹で受診すると、かゆみを抑える抗ヒスタミン薬の飲み薬や塗り薬が処方されます。繰り返す場合は、アレルギー症状が出ている可能性があるので、抗アレルギー薬の飲み薬が処方される場合もあります。

蕁麻疹で受診するのは何科?

蕁麻疹で受診する場合は、まずは小児科を受診するのがおすすめです。アレルギーが原因の場合は、呼吸困難や下痢などの症状を伴うことがあり、全身状態を見る必要があるためです。

でも、小児科で他の感染症をもらってしまうのも心配ですよね。発熱など他の症状がなく、機嫌もよいという場合は、皮膚科でもよいでしょう。

蕁麻疹で処方される薬

蕁麻疹の診察をする小児科の先生

蕁麻疹で処方される、抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬には次のようなものがあります。お薬を処方されたら、症状が治まったからと自己判断で使用をやめず、処方された日数は飲み切るようにしましょう。塗り薬はかゆみ止めなので、治まったら使用を中止して構いません。

何か気になることや疑問思うことがあれば必ず医師の判断に従うようにしましょう。

抗ヒスタミン薬・粉薬

  • アタラックス:甘い味がついている粉薬です。けいれんを誘発する可能性があるのでけいれんを起こしたことのある場合は医師に相談しましょう。眠気が起きることがあります。
  • アレジオン:ヨーグルトのような香りがして甘い味がついている粉薬です。苦味もあります。眠気が起きることがあります。
  • ジルテック:甘味がある粉薬です。眠気が起きることもあります。

抗ヒスタミン薬・シロップ

シロップは全て、冷暗所で保管するようにしましょう。冷蔵庫に入れるのがおすすめです。特に、ポララミンは光に弱いので注意しましょう。

  • アリメジン:いちごの香りがする甘いシロップです。眠気が起きることがあります。
  • ペリアクチン:甘いシロップです。眠気が起きることがあります。
  • ポララミン:オレンジの香りがする甘いシロップです。眠気が強く起きる場合があり、半日以上寝てしまうことがあれば医師に相談しましょう。

抗ヒスタミン薬・塗り薬

  • オイラックス:痒みを止める塗り薬です。ピリピリとした刺激によって痒みを和らげる薬なので、塗った部分が熱っぽくなる場合もあります。
  • レスタミンコーワ:痒みを止める塗り薬です。

抗アレルギー薬・粉薬

  • インタール内服用:甘い粉薬です。食事の30分前に飲ませるようにしましょう。
  • オノン:甘い粉薬です。湿気に弱いので保管に注意しましょう。1歳以上の赤ちゃんに処方される薬です。
  • シングレア:甘い粉薬です。寝る前に服用しましょう。
  • リザベン:甘い粉薬です。

粉薬の飲ませ方

赤ちゃんは水で上手に粉薬を飲めないので苦労しますよね。赤ちゃんに粉薬を飲ませるには、次の方法を試してみてください。

  • 少量のお湯で練って、口の中に塗る。
  • 服薬ゼリーに混ぜて飲ませる。

薬をミルクなどの飲み物や食べ物に混ぜて飲ませるのは避けましょう。薬の種類によっては成分の吸収が悪くなることもあり、また、薬の味がすることによってミルクや食べ物を嫌いになってしまう可能性があります。

蕁麻疹が出ている時は赤ちゃんをよく観察して

蕁麻疹は、皮膚だけでなく粘膜など外から見えないところにできる場合もあります。気管支などの場所にできてしまうと、息苦しくなる場合もあるので、たかが蕁麻疹とあなどらず、赤ちゃんの様子を注意深く観察することが必要です。

蕁麻疹が出てしまった時は、日常生活の中でいつもと違うことがあったかどうか記録に残し、原因として心当たりがあれば今後繰り返さないように注意しましょう。

原因がわかりにくく、予防の難しい赤ちゃんの蕁麻疹。おうちケアの方法をしっかり覚えて、ツラい症状を和らげてあげましょう。