Loading

赤ちゃんのスペシャルあせも対策

赤ちゃんのあせも対策!繰り返さないスペシャルおうちケア

赤ちゃんにあせもができたら対策を!放置しては汗疹が長引く、とびひや汗疹の寄りになることも…。ベビーオイルやベビーパウダーは適切に使用しましょう!お風呂の入り方や保湿剤の選び方などベビーのスキンケアの方法をより詳しく、お部屋の温度湿度の調整やあせもを防ぐ基本のお世話について解説。

赤ちゃんのあせも対策!繰り返さないスペシャルおうちケア

しぶとい赤ちゃんのあせもを治してあげたい!

暑くなってくると悩ましいのが赤ちゃんのあせも。
治ったかと思えば、またすぐにプツプツを繰り返し、なかなかすっきりしないことも多いのでは?

赤ちゃんのあせもは、放っておくと病院で治療が必要な皮膚炎に発展してしまうことがあります。そうならないために、正しい対策法を学んで、すべすべお肌へと導いてあげましょう。

赤ちゃんの肌にあせもが出来やすい理由

夏の室内でバンザイして寝ている赤ちゃん

赤ちゃんは大人と同じ数だけ汗腺があります。身体は小さいのに汗腺の数が同じということは、それだけ汗腺が密集しているということ。

だから、赤ちゃんはたくさん汗をかきます。汗をたくさんかきすぎると、汗が出る穴に汗がたまって炎症が起きます。それがあせもです。また、皮膚の表面の汚れと汗が混ざって汗の出口をふさいでしまうことも、あせもの原因になります。

あせもができやすい場所

赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、一年中汗をよくかきます。あせもができやすいのは、汗腺が多い場所、しわやくびれで汗がたまりやすい場所、汗が蒸発しにくい場所です。
あせもは一年を通じてできますが、やはり多いのは夏の暑い時期です。

・汗腺が多い場所・・・おでこや頭、わきの下
・しわやくびれが多い場所・・・首、腕、脚
・汗が蒸発しにくい場所・・・背中(特に寝返り前の赤ちゃん)

赤い湿疹だけじゃない?!あせもの種類

赤ちゃんのあせもは、2種類あります。段階順に説明するとまずは白いあせもですが、通常ママは「あせも」として認識はしていないかも?新生児によく見られ、医学的には水晶様汗疹と呼びます。炎症がまだ起きていない状態なので、汗をきれいに洗い流し、保湿をきちんとすればすぐに良くなります。

これに対し、赤いぶつぶつは紅色汗疹と言います。赤くなってしまったあせもは、炎症を起こしている状態です。後で説明する、あせも対策を行うことが必要になります。

赤ちゃんのあせも対策!ママのスペシャルあせもケア

汗をかいてママに目で訴える赤ちゃん

赤ちゃんの時期はあせもができやすいものですが、放置はかわいそう。悪化するとツライ症状を引き起こしてしまうあせも。「あせものより」や「とびひ」にならないよう、あせも対策についてしっかり学んでいきましょう。

赤ちゃんあせもだらけ!肌を守るホームケアの基本

赤ちゃんのあせもホームケアの方法

あせもが長引く場合は受診したほうが良いこともあります。
でも、病院に行くのは大変なので、できればホームケアだけで治してあげたいですよね。
ここでは、あせものホームケアについて詳しく説明します。

汗をかいたら

汗のついた洋服を着たままにしていると、汗の成分が皮膚に残ってそこからあせもが出来てしまうことがあります。汗をかいたら、まずはガーゼで優しくふき取ったり、汗で湿った服を着せたままにせず、着替えさせてあげましょう。

しかし、汗は流してしまうのがベスト。皮膚の表面に汗が残らないようなるべく早く対処することが基本です。たくさん汗をかいたら、シャワーで軽く流しましょう。ただし石鹸やボディソープは皮脂を落としすぎるので、1日1回まで。シャワー自体も赤ちゃんの体力を考え1日3回までにとどめること。

お風呂の入り方

熱いお湯はあせもを悪化させるので、38度~39度のぬるめのお湯を使って、低刺激の石鹸やボディソープをよく泡立ててやさしく洗ってあげましょう。

身体にくびれやしわがたくさんある赤ちゃん。汗や汚れがたまりやすいので、丁寧に洗ってあげる必要があります。石鹸やボディソープを使ったところは、すすぎ残りがないようにしっかりすすぎましょう。

赤ちゃんのあせも薬の選び方とおすすめ市販薬10選
赤ちゃんのあせも薬の選び方とおすすめ市販薬10選
赤ちゃんのあせも薬はどれがいい?夏の赤ちゃんの悩ますあせもは自宅でケアしちゃいましょう。あせもの原因や薬の種類、赤ちゃんのあせもに効く薬選びのポイント、おすすめ市販薬&保湿ケア商品を紹介します。
Step1.赤ちゃんの身体を洗ってあげましょう

  • 汗をかきやすく、皮脂の分泌も多い頭は全身用洗浄料とは別に、赤ちゃん用シャンプーで洗うのがおすすめです。よく泡立てた赤ちゃん用シャンプーで、指の腹を使ってやさしく洗います。

  • 首と背中のお肉の間、あごのお肉で隠れたところもしっかり広げて洗ってあげましょう。

  • 低月齢の赤ちゃんは、手をぎゅっと握りしめているので、手の中や指の間にも汗がたまりがち。手を開いて、手の中や指の間まで丁寧に洗いましょう。
  • わきの下
    皮膚と皮膚がいつも接しており、しわもたくさんあるので汗がたまります。腕を伸ばして、しわの間をきれいに洗いましょう。
  • 腕・脚
    腕や脚には深いくびれがたくさん。くびれの奥に汗や汚れが残らないように、くびれに指を沿わせて奥までしっかり洗います。
Step2.お風呂から上がったら水分を優しくふき取りましょう

しわやくびれの部分に水が残らないよう、洗う時と同じようにしわやくびれを伸ばしながら丁寧に拭いていきます。ごしごしこすらずに、押さえて水分を吸い取りましょう。

大人と同じタオルだと、パイル(タオル表面の糸の突起)があせもが出ている赤ちゃんの肌には刺激になってしまうこともあります。お風呂上りの赤ちゃんの肌を拭いてあげるのはガーゼのタオルがおすすめ。洗濯してもすぐ乾くのでバスタオルより使いやすいですよ。

Step3.あせものあるときはお風呂上りの保湿も大切

特にあせもが出ているときの赤ちゃんの肌は、乾燥などの負担に弱い状態です。お風呂から出て、水分をしっかりふき取ってあげたら保湿をしましょう。
水分をふき取った直後まだ赤ちゃんの肌がしっとりとしているうちに、水分を閉じ込めるように保湿してあげるのがポイントです。身体を洗う時と同様、しわやくびれを伸ばしながら保湿剤を丁寧に塗ってあげましょう。
耳の裏側や、わきの下、指の間は保湿を忘れがちな場所です。特に耳の裏側は乾燥しやすいので、耳を前に倒して塗ります。

ママの爪で赤ちゃんの肌を傷つけてしまわないように、爪はいつも短く切っておきましょう。

敏感肌の赤ちゃんには、保湿剤はパッチテストを行ってから使うのがおすすめ。腕の内側など、目立たない場所に少量の保湿剤をつけて一晩おき、翌朝状態を観察しましょう。異常がなければ使ってOKです。

あせもベビーのスキンケア

遊び疲れて熟睡している赤ちゃん

あせもの改善は清潔と保湿が基本です。薬に頼る前に、まずはスキンケアを見直すことから始めてみましょう。

あせもに効果的なベビーローション

ベビーローションには、化粧水タイプと乳液タイプがありますが、いずれも軽い着け心地で伸びが良いのでお風呂上りに素早く全身に塗ることができます。

塗った後もベタベタせず、暑い時期にはさらっとして気持ちが良いのですが、反面お肌を保護する効果はあまり期待できないので、あせもができやすい赤ちゃんには、うるおいを閉じ込めるようにクリームなどでフタをしたほうが良いでしょう。

ただ保湿をするだけでも、きちんとケアをすればあせもの症状は徐々に和らぎますが、より高い効果を求めるなら、あせもに効果があると謳っているローションを選ぶのがベター。
効能・効果に「あせも」と書かれているローションは、「オードムーゲ」や「ももの葉ローション」があります。この二つはいずれもかなりさらっとした着け心地で、保湿効果としてはそれほど高くないので、乳液タイプのローションやクリームの併用をおすすめします。

「オードムーゲ」というブランドの商品は、ニキビや肌荒れに効果があることで有名ですが、赤ちゃんのあせもにも効果があります。オードムーゲに含まれる「グリチルリチン酸ニカリウム」が、お肌の炎症を抑えます。グリチルリチン酸ニカリウムは、漢方薬などにも使われている「甘草」から抽出した成分です。
但し、オードムーゲの商品にはパラベンが含まれていない代わりに、エタノールが含まれています。赤ちゃんのお肌には刺激になる可能性もあるので、パッチテストを忘れないようにしてくださいね。

赤ちゃんスキンケアの必需品 ベビーオイル

赤ちゃんのスキンケアに欠かせないベビーオイルは大きく分けて「ミネラルオイル」を主成分にしているものと、植物性のオイルを主成分にしているものがあります。

ミネラルオイルとは、その名から「ミネラルが多く含まれているのかな?」と無駄に良いイメージを抱きがちですが、実は鉱物油の別名です。鉱物油とは石油などの工業製品から出る廃油を精製して作られたもの。そう聞くと今度は一転して悪いイメージに…(笑)化粧品にはしばしば、「無鉱物油」という記載があるので、鉱物油が悪いもののように思えてしまうかもしれませんが、ジョンソンのベビーオイルやワセリンもミネラルオイル。現在の技術においてミネラルオイルには不純物がほとんど含まれていないので安心して使えますよ!

ミネラルオイルは「保湿」のイメージよりは、皮膚の表面に膜をつくり肌を保護する役割を果たします。ミネラルオイルが主成分のベビーオイルを使用する場合は、先にローションやクリームなどを塗ってから最後にふたをする役割で使うのがおすすめです。

ワセリン

ワセリンは、石油工業製品から出る廃油を精製した鉱物油を原料に作られています。精製純度の高さにいくつか段階があり、純度によって異なる製品名がつけられています。

最も純度の低いものが黄色ワセリンで昔はこれが主流でした。精製技術の進歩により現在は色がついていてもクリーム色程度ですね。次に純度が高いものが白色ワセリンで、医療用軟膏のベースとしても使われます。白色ワセリンのベビー用がベビーワセリンですね。

ワセリンはどれも、皮膚から水分が蒸発するのを防ぎ、皮膚を刺激から保護する役割を果たしますが、皮膚に浸透したりすることはありませんので、ミネラルオイルと同じ要領で入浴直後に水分を閉じ込めるように全身に塗るか、或いはローションなどで保湿をしてからふたをするように使います。

ワセリンの皮膚保護効果は高く、おむつかぶれのときにも使用します。ただし、あまりベタベタ塗ってしまっては皮膚呼吸や発汗を妨げ逆にあせもを悪化させてしまいかねませんので、ワセリンを塗るときは

  • いつも塗らない
  • 身体中に塗らない
  • ごく薄く塗る
  • 石鹸でやさしくしっかり落としてあげる

以上が大切です。

ベビークリーム

ベビークリームはローションよりも油分が多く固めの着け心地ですが、保湿効果に加え、刺激を受けて炎症を起こしやすい皮膚をしっかり保護してくれます。全身に伸ばすのはちょっと大変、という場合は、特に乾燥する場所にピンポイントで使ってみましょう。

使い方には注意が必要!ベビーパウダー

ベビーパウダーをつけてあげると肌がさらっとするので、あせもの予防に効果があるように思えます。
しかし、ワセリン同様ベビーパウダーの使い方は意外と難しく、間違った使い方をすると逆にあせもの原因になってしまうので、使い方には注意をしなくてはいけません。

ベビーローションやベビーオイルなどの保湿剤は、お風呂上りに身体を拭いて、まだ身体が少ししっとりしている状態で使うのがベストですが、ベビーパウダーはお肌が完全に乾燥し、さらっとした状態の肌に使うことが重要です。

お肌が湿っている状態でベビーパウダーを使うと、すぐにさらっとしますが、パウダーが厚塗りになって毛穴をふさいでしまいます。従い、汗をたくさんかいた時にも使うべきではありません。
汗をたくさんかいたら、必ず汗を流して肌を乾燥させてから使うようにしましょう。

お薬を使うなら…あせもの市販薬

あせもの市販薬には炎症を抑える成分が含まれています。もちろん塗ってすぐにブツブツがなくなるわけではありませんが、かゆみや雑菌の繁殖を抑える効果があるので、あせもをかきむしってとびひになることを防ぐ目的で使用するのが良いでしょう。

お薬を使うときの大切なこと!

ただし、あせもケアの基本は清潔と保湿です。お風呂で肌を清潔にし、しっかりと保湿をした肌に、かゆみのある部分にだけあせもの市販薬を塗るようにしましょう。

代表的なあせもの市販薬は次の3つです。

  • ポリベビー/佐藤製薬
  • ユースキンあせもクリーム/ユースキン製薬
  • ムヒ・ベビー/池田模範堂

この3つとも、かゆみ・炎症を抑え、雑菌の繁殖を防ぐ成分が配合されている点では同じです。違いは次の通りです。

赤ちゃんのあせも|あせも対策+汗をかく前と後の予防ケア
赤ちゃんのあせも|あせも対策+汗をかく前と後の予防ケア
赤ちゃんのあせも予防、汗をかく前後の肌ケアやワセリンやベビーパウダーの使い方は間違っていませんか?汗疹が出来てしまってもかゆみや湿疹をひどくさせない対処法も大切。夏の赤ちゃんの肌を守りましょう!
ポリベビーの特徴

ポリベビーにはジュクジュクした湿疹を乾燥させて治す「酸化亜鉛」という成分が含まれているため、炎症を抑える効果が高い一方で皮膚が乾燥してしまう可能性もあります。

ユースキンあせもクリームの特徴

ユースキンあせもクリームには、他の2つには配合されていないかゆみ止め成分が含まれており、かゆみ止め効果が高いですが、ユースキンあせもクリームに配合されているかゆみ止めは、皮膚にピリピリした刺激を感じさせそのピリピリ感でかゆみを紛らわす面があるため、赤ちゃんによっては刺激になってしまう可能性もあります。

お薬を買うときは、これらの特徴を参考にしてお薬を選びましょう。

・とにかくかゆみを抑えたい!→ユースキンあせもクリーム
・あせもが少し悪化してジュクジュクしてきた!→ポリベビー
・刺激や乾燥を回避しつつ、かゆみ・とびひを予防したい!→ムヒ・ベビー

赤ちゃんがあせもをかゆがるとき

あせもをかきこわすと、とびひになってしまう可能性があるので、赤ちゃんが引っかかないようにしてあげましょう。低月齢の赤ちゃんであれば、あせもが出来ているときだけミトンをしてあげてもよいでしょう。暑い季節はメッシュタイプのミトンがおすすめ。

また、冷やすとかゆみが少し和らぐので、保冷剤にガーゼを巻いてかゆがっている場所に当ててあげるのも良いですね!

あせもを作らないお部屋の温度湿度の管理&普段のお世話

エアコンのある涼しい室内で寝る赤ちゃん

あせもは「できにくい環境」を整えていくことも肝心。汗をかきすぎない、汗をかいたら皮膚の表面に長い間汗をとどまらせないようにお部屋の温度湿度の管理や赤ちゃんが寝る環境の見直しもしていきましょう。

風がなく暑い日にはエアコンを上手に使って

エアコンは赤ちゃんの身体に悪いのでは?と心配する方も多いですが、温度を下げ過ぎないよう気を付けるのであればOK。逆に暑いのを我慢していると一日中汗をかいていることにもなり、あせもの原因になってしまいますし熱中症の危険もあります。
暑さがしんどい日はエアコンを活用し、室温は26度~28度に保ちましょう。エアコンの温度設定は、その通りにならないことも多いので、赤ちゃんのいるスペースには温度計を設置するようにしましょう。

人間が汗をかくことで体温調節を担います。発汗のシステムが体の中できちんと運用できるになるまでは2歳までの時期が大切。汗をかく能力が発達しないと、体温調節がうまくいかなくなるので、赤ちゃんが適度に汗をかくことは大切なことです。
一日中エアコンをつけっぱなしにしていると、汗をかく能力が発達しない恐れがあります。暑すぎない時間帯を狙って外で遊ぶ、エアコンを止めて外気を入れるなどして適度に汗をかける時間帯も作りましょう。

赤ちゃん快適エアコンの使い方|夏の冷え対策&冬の乾燥対策
赤ちゃん快適エアコンの使い方|夏の冷え対策&冬の乾燥対策
赤ちゃんの部屋にエアコンをつけるとなると夏は冷え、冬は乾燥が気になりますね。一年を通して冷暖房として使用するエアコンですが赤ちゃんが快適に過ごすためには設定温度はもちろんお部屋の空気管理が大切です。

吸湿・速乾性のある肌着を着せてあげましょう

あせも予防のポイントは、皮膚に汗が付着したままにしないことなので、汗をよく吸収してくれる肌着を着せてあげるのが効果的です。さらに速乾性があっていつも皮膚表面がサラサラしている状態を保てるのがベスト。

綿の肌着であれば薄手でメッシュ素材のものを選びましょう。ユニクロの「エアリズム」は、汗をしっかり吸収してくれて速乾性にすぐれた素材を使用しているので汗っかきの赤ちゃんにおすすめですよ。

赤ちゃんの夏の肌着は何枚用意?涼しい素材のお勧め肌着
赤ちゃんの夏の肌着は何枚用意?涼しい素材のお勧め肌着
赤ちゃんの夏の肌着はどうする?肌着が必要と言われる理由、着せない場合のロンパースの選び方、半袖やノースリーブなどの使い分けのポイント、必要な枚数やおすすめの素材、可愛くて機能的な商品を紹介します。

ねんねの時の汗対策も忘れずに

赤ちゃんはねんねの時にもたくさん汗をかきます。
特にまだ寝返りができない赤ちゃんは、同じ姿勢でずっと寝ていることになるのでなおさら背中に汗をかきやすいです。

そこで、寝具も通気性・吸湿性に優れたものに変えてあげましょう。
通気性を良くするためにはベビーベッドや布団の「防水シーツ」ははずしましょう。防水シーツの素材はとても通気性が悪いので湿気がこもりがちになります。赤ちゃんのおしっこが多少漏れたところで、ベッドパッドや布団にまでびっしょりしみこむことは少ないです。
代わりに、汗を吸い取ってすぐに乾く敷きパッドを敷いてあげましょう。

お布団で寝るようになった赤ちゃんは、ごろごろと布団の上を転がって行ってしまい、敷きパッドの上にとどまっていないでしょう。そんな赤ちゃんには背中メッシュのスリーパーが快適です。

汗取りパッドでベビーの夏を快適に!選び方使い方代用方法
汗取りパッドでベビーの夏を快適に!選び方使い方代用方法
汗取りパッドでベビーに快適で楽しい夏を過ごさせてあげましょう!汗っかきの赤ちゃんのために、汗取りパッドを探しているママ必見です。汗取りパッドの選び方や、シーン別のおすすめ汗取りパッドをご紹介♪

あせもが治らない時は

赤ちゃんのあせもを心配そうに見つめる姉

清潔・保湿、そして必要に応じて市販薬を使用するケアを2~3日続けても治らない場合や、あせもをかきこわしてしまった場合は病院を受診しましょう。

あせもと間違いやすい皮膚炎に、「皮膚カンジダ」「水いぼ」「アトピー性皮膚炎」があります。これらの皮膚炎は、あせもと違い肌の清潔・保湿を保ってもなかなか自然に治りにくいもの。まずは、赤ちゃんの皮膚炎があせもなのかどうかから診察してもらう必要あります。

あせもと間違いやすい皮膚炎

・皮膚カンジダ
カンジダ菌という菌に感染して起こります。小さな湿疹がたくさんできて皮膚が赤くかぶれます。ステロイド軟膏を塗ると悪化します。
・水いぼ
直径1~3mmの水疱ができ、つぶれると広がっていきます。水いぼが出来ている人との接触で感染します。プールで感染することもあります。
・アトピー性皮膚炎
かゆみの強い湿疹が広がります。ジュクジュクすることもあります。

水いぼでもプールはOK!本当にするべき感染対策&マナー
水いぼでもプールはOK!本当にするべき感染対策&マナー
水いぼがプールでうつるのは昔の常識、プールの水に一緒に入っただけではうつりません。ただし、気をつけなくてはいけないこともあります。水いぼの原因と水いぼになってしまったときのマナーについて解説します。

あせもが悪化すると…

あせもはかゆみを伴うので、かきこわしてしまうことがあります。かきこわして傷になると、そこから細菌に感染することがあります。かきこわして細菌に感染すると、大人のニキビのようにぽこっとふくれるあせものよりになることがあります。あせものよりになると、痛みや発熱を伴う場合も。あせものよりは、抗菌剤の内服や塗り薬で治療をします。

黄色ブドウ球菌に感染すると、とびひになります。とびひはたくさんの水ぶくれができます。水ぶくれが破れると、出てきた組織液に含まれる菌によって他の人に感染してしまいます。とびひも、抗菌剤を塗って治療をします。

病院でのあせも治療とステロイド軟膏

あせもで病院を受診すると、弱いステロイド軟膏を処方されることが多いです。
ステロイド軟膏を使うことには抵抗がある人が多いのですが、ステロイド軟膏を無理をして避け炎症を長引かせるのは良くありません。炎症を起こした箇所から、細菌に感染してとびひになったり、アレルギー物質に反応してアトピー性皮膚炎を発症したりするので、まずはしっかりと炎症を治してしまいましょう。

ステロイドには強さが5段階あり、Ⅰ群(最も強力)~Ⅴ群(弱い)に分類されています。
赤ちゃんのあせもや湿疹に処方されるのは、Ⅳ群の「中程度」に分類されるもので、「キンダベート」「アルメタ」「ロコイド」が主要です。この3つは同じ群に分類されてはいますが、効き方が若干異なります。

アトピー性皮膚炎の治療に定評があり、県外からも多く患者が訪れる皮膚科医にかかった際に聞いた話では、「キンダベートよりアルメタのほうがよく効く。顔は身体よりもステロイドが効きやすいのでアルメタよりも少し効果がマイルドなロコイドを使う」とのこと。(※医師によって見解が異なる可能性があるので参考まで)

ステロイドは、長期的に使用すると皮膚が薄くなったり、塗った部分の皮膚の免疫力が低下して細菌やカビ、ウイルスがつきやすくなったりする副作用があります。使用する際には、医師の指示を仰ぎながら使用するようにしましょう。

大変なあせも対策。ベビーのために頑張って!

あせもと聞くと、何だか放っておいても治るように思えてしまいますが、その対策は「清潔・保湿、悪化すれば受診」と、意外と大変。しかも、悪化すると体中に広がったり人にうつったりする「とびひ」にもなるのでなかなか厄介です。

そうなってしまうと赤ちゃんもとってもつらいので、あせも対策は少々手間ですが赤ちゃんのために頑張りましょう!