Loading

赤ちゃんの突発性発疹の症状

赤ちゃんの突発性発疹の症状と原因や外出とお風呂の判断

赤ちゃんが罹る突発性発疹の具体的な症状や特徴、感染経路から「お風呂は大丈夫?」「外出は大丈夫?」などの疑問について解説します。突発性発疹は知恵熱と呼ばれる以外にも別名「不機嫌病」とも言われるほど赤ちゃんが不機嫌になります。機嫌や悪くなる原因や対処法も紹介します。

赤ちゃんの突発性発疹の症状と原因や外出とお風呂の判断

突発性発疹とは?お風呂はうつる?外出は大丈夫?

初めての子育てで忙しいママを驚かすのが、赤ちゃんの急な発熱です。これは「突発性発疹」といって1歳になるまでの赤ちゃんの90%が罹ると言われていて、特に生後6ヶ月から1歳までの期間に多い病気です。突発性発疹になるまでは赤ちゃんの機嫌が良く元気なので慌てるママも多いのではないでしょうか。

「突発性発疹ってなに?」という疑問やお風呂にいれるとうつるのか、外出はいつから大丈夫なのかなどと突発性発疹の具体的な症状や赤ちゃんの機嫌が悪いときの対処方法など突発性発疹について詳しく解説します。

突発性発疹とは別名「知恵熱」とも呼ばれる感染症

突発性発疹とは「ヒトヘルペスウイルス6型」と言われる感染症で、1歳未満の赤ちゃんの90%が罹る病気です。別名「知恵熱」と言われ、特に生後6ヶ月から1歳の期間に罹ることが多く、遅くても2歳までに罹るのが特徴です。突発性発疹に罹った赤ちゃんはウイルスが生涯体内に残るのですが、同時に免疫もできるので二度と突発性発疹にかかることはありません

赤ちゃんの突発性発疹が心配なママの手

しかし中には2回突発性発疹に罹る赤ちゃんもいます。この場合は「ヒトヘルペスウイルス7型」というウイルスに感染したと言えます。症状が似ているので「うちの子は突発性発疹が2回あった!」ということではなく、正しくは「ヒトヘルペスウイルス6型」と「ヒトヘルペスウイルス7型」のそれぞれ別のウイルスに1回ずつ、計2回罹ったということになります。

初めて赤ちゃんが高熱を出した場合の多くは「突発性発疹」だと考えられていますが、他の病気の可能性も否定できないため、赤ちゃんの症状を伺いつつ経過を見て判断しましょう。

ウイルスによる感染症なので特別な治療法はありませんが、高熱を出すことから赤ちゃんの水分補給に気を配るのを忘れないで下さい。赤ちゃんの体力が低下している場合は病院で解熱剤を処方することもあり、下痢や嘔吐が伴う場合は医師に相談し適切な治療を受けましょう。

突発性発疹の症状は「高熱」と「発疹」と「赤ちゃんの不機嫌」

突発性発疹の主な症状は38度から40度高熱と、熱が下がって半日から1日経過後に赤ちゃんのおなかや背中にできる発疹です。

不機嫌な表情でこちらを見る赤ちゃん

10日から14日ほどの潜伏期間を経て、高熱が3日から4日ほど続き、赤ちゃんによっては寒気やふるえの症状もあります。高熱は40度近くになることもありママの心配も尽きませんが、赤ちゃん自身は高熱の割には元気があるので、不思議に思うかもしれません。母乳やミルクをいつも通り飲んでいるのであれば静かに経過を見守りましょう。

「熱が引いて安心」と思った半日から1日後に赤ちゃんのお腹や背中を中心とした広範囲に赤い大小の発疹がではじめ、全身に広がります。この発疹による頭痛や腹痛が赤ちゃんの機嫌を悪くさせるのか、夜も眠れないほどの酷いぐずりをする子もいます

発疹は2日から3日で自然と消えていきます。この発疹はキレイに消え赤ちゃんの身体に残ることはないので安心しましょう。

突発性発疹の感染経路はママやパパ

突発性発疹の感染経路は医学的には解明されていませんが、ウイルスの感染症ということであることから「経口感染」と「飛沫感染」の可能性が高いことが推測されていて、とくに経口感染が感染経路の可能性が高いと言われています。

新しいあ母ちゃんの誕生をみんなで喜ぶ仲良し家族

突発性発疹であるヒトヘルペスウイルスは一生涯身体に残ることから赤ちゃんのお世話をしているママもヒトヘルペスウイルスを保持しています。このためママやパパの愛情表現による赤ちゃんとのコミュニケーションから感染する可能性があります

赤ちゃんは生後3ヶ月頃まではママから引き継いだ免疫力で守られていますが、月齢を重ねることで徐々にその免疫力が弱くなっていきます。免疫力が弱くなる生後6ヶ月から1歳は家族で過ごす時間やスキンシップが多くなる時期になるので丁度、突発性発疹に感染しやすい時期にあたると言うことになります。

お風呂は解熱後、大人はうつらない

また赤ちゃんをお風呂に入れる時期は「高熱が引いて赤ちゃんが元気になったとき」です。高熱のときはお風呂に入れると体力が消耗してしまうので控えて下さい。発疹がでているときでも赤ちゃんに元気があればお風呂に入れても大丈夫です。しかし中には発疹にかゆみがでる赤ちゃんの場合は発疹が引くまでお風呂は我慢しましょう。

ひとりでお風呂に入れられ怪訝な表情になった赤ちゃん

同じお風呂に入った大人にうつるのでしょうか。ヒトヘルペスウイルスは一度罹ると一生身体の中にあり続けると同時に二度と罹らないように免疫を作ってくれます。突発性発疹は約2歳までに殆どの赤ちゃんが罹ることからママやパパも赤ちゃんの頃に突発性発疹に罹ったと推測されます。そのため同じお風呂に入ってもママやパパ、周りの大人には突発性発疹は「うつらない」と言えます。

突発性発疹のお風呂はいつから?突発性発疹ケアのポイント
突発性発疹のお風呂はいつから?突発性発疹ケアのポイント
赤ちゃんが突発性発疹になったらいつからお風呂に入れてあげたら良いのでしょうか。ママさんは赤ちゃんの病状や体力を考慮したベストなタイミングで体を清潔にしてあげましょう。

赤ちゃんの外出は完治してから

高熱がある時期の外出は赤ちゃんの体力を奪うため負担が大きいこと、厚生労働省のガイドラインによると「感染力が弱いが発熱中は感染力がある」ので外出は控えましょう。体力が低下した場合は風邪などの他の病気になる可能性もあります。

突発性発疹から回復して元気いっぱいの赤ちゃん

熱が下がり1日経過後であれば外出が可能ですが、まだ赤ちゃんの体力が十分に戻っていないことも考えられるため、突発性発疹が完治してから外出するようにしましょう。どうしても外出しなければならない場合は赤ちゃんの熱が下がった後で、食欲や機嫌や全身状態を見つつ赤ちゃんの健康を第一に考え判断しましょう。

赤ちゃんの突発性発疹、外出はNG?保育園登園の目安
赤ちゃんの突発性発疹、外出はNG?保育園登園の目安
突発性発疹に罹った赤ちゃんの外出目安を解説します。熱があるとき、熱がないとき、いつから買い物や保育園登園など外出ができるのか、正しい知識で赤ちゃんを病気から守りましょう。

赤ちゃんの機嫌が悪い理由と対処法

突発性発疹で高熱が出た時は不思議と機嫌が良かった赤ちゃんですが、熱が下がり発疹が出始めてから赤ちゃんの機嫌が悪くなる、というのはよくある話です。突発性発疹は別名で知恵熱とも呼ばれていますが、「不機嫌病」という別名もある通り赤ちゃんによってはママが寝られないほどぐずる子もいます

赤ちゃんがぐずる理由は高熱や発疹による頭痛や腹痛、全身のダルさなどが関係しているとされていますが、詳しい理由は分かっていません。ママは初めての赤ちゃんの高熱と、初めての激しい機嫌の悪さとぐずりで疲れる一方ですが、この赤ちゃんの機嫌の悪さは約1週間程度で収まるので、子育ての最初の試練だと受け止め赤ちゃんのお世話をしましょう

赤ちゃんが泣き止む動画の決定版!カフカくん動画の秘密
赤ちゃんが泣き止む動画の決定版!カフカくん動画の秘密
赤ちゃんの泣き止み効果がある動画、ロッテcafcaの「ふかふかかふかのうた」を紹介します。また、なぜ泣き止み効果があるのか理由とゆるキャラ、カフカくんのプロフィールも解説します。

機嫌を直してもらう対処法として赤ちゃんが好きな音楽を聴かせることや、お気に入りのおもちゃであやすなど、赤ちゃんを楽しませる工夫をしてみましょう。ぐずった子供が絶対に泣き止む動画で話題の「ふかふかかふかのうた」を赤ちゃんと一緒に見るのも良いかもしれません。