Loading

赤ちゃんが咳き込む…症状とケア

赤ちゃんが咳き込むときのチェックポイント&おうちケア

赤ちゃんの咳き込む様子を診察時に役立つ咳のチェックポイントとして咳き込む時間帯や咳の音など症状、それら症状から見るおおよその原因、咳き込みが長引くときのホームケアとして環境の整え方や離乳食に取り入れてたい喉にやさしい食材や1歳未満の赤ちゃんには避けたい食材をまとめました。

赤ちゃんが咳き込むときのチェックポイント&おうちケア

赤ちゃんが咳き込むときの様子はしっかりチェックしましょう!

咳が出るということは気道の中の異物を外に出そうとするからだの働きによるもの…つまり免疫システムの一環。しかし、赤ちゃんが咳き込む時には色々な原因があります。ウイルスや細菌に反応して起きる咳き込みは治り難かったりクセになってしまったり、風邪などの感染症からもっと重篤な症状を引き起こす場合もあるので、赤ちゃんの健康管理時には咳の出かたに注意し受診時には的確に医師へ伝えることが必要です。

咳にも色々特徴があります。一番わかりやすいのはその音で、コンコンという乾いた音の咳からゴホゴホという少し湿った重い咳、ケンケンという犬の遠吠えのような咳などと言った特徴が見られますが、他にも夜中に咳をする…など症状の出る時間帯の違いなども見られます。これらの咳の特徴や咳が出ているときの様子をママがしっかりお家でチェックしておくことがより的確な診察を受けるためには大切になってくるので、しっかり様子を見ておきましょう。

熱はないけど咳が続くときの咳き込みの様子チェックポイント

咳と言っても症状には色々あります。熱もあり咳もありという場合もあれば、熱は全くないのに咳だけが続いている場合もあります。ここでは熱はないけれど咳が続いている場合を見ていきながら、赤ちゃんが咳き込むときはどんな時なのかも一緒に観察してみましょう。

チェックポイント1.咳き込みの時間帯は?

毛布に包まり寝ながら咳込む赤ちゃん

夜間~朝方に咳き込む

特に赤ちゃんや小さな子供の咳込みは夜にまたは朝方にひどくなることが多く見られます。夜または朝方に咳がひどくなるにはいくつか原因があるようです。それぞれどんなものがあるのか見ていってみましょう。

自律神経の働きにより気管支が狭くなる

日中は交感神経が、夜は副交感神経が働きます。副交感神経は緊張を緩ませリラックスさせる働きがあります。日中時は肺にたくさんの酸素を送り込む為に気管支は拡張されますが、肺がリラックスモードにはいる夜間、気管支は収縮気味になりますので気管支炎やぜんそくを持つ場合では咳が出やすくなってしまいます。

鼻水鼻づまりによるもの

仰向けで寝る時鼻水がのどに落ちて咳き込んでしまったり、鼻づまりで口を開けて寝てしまうことでも口内やのどが乾燥し咳が出やすい状況になります。
また、明け方や起床後に出る咳は睡眠時にたまった痰を出そうとするために起こるとされます。

温度の変化や空気の乾燥

気温の変化に対応できずに咳き込んでしまう。特に気温が低くなる朝方は要注意です。夏や冬などエアコンを使用しているときはお部屋が乾燥して咳を誘発してしまう場合もあります。

寝入りばなの咳込み

寝入りばなの咳込みは、アレルギー体質を持った方に多い傾向があり、子供だけではなく大人にもみられます。
アレルギー体質である場合、ハウスダストや度の変化や空気の乾燥に敏感であるうえ、体を休めるときに働く副交感神経により気管支が狭くなってしまう夜間は「咳が出る要素」で満たされてしまうのです。このため寝入りばなの咳込が多くなるようです。

アレルギー体質による咳

アレルギー性鼻炎・アレルギー性気管支炎・喘息を持つアレルギー体質である場合、睡眠中ダニの死骸やふんなどのアレルゲンを吸い込むことが夜間の咳き込みの大きな原因となります。

赤ちゃんや幼児は咳込により胃が圧迫され、咳と一緒にミルクや離乳食を吐いてしまう子もいます。アレルギー体質の咳込みによる嘔吐物には鼻や痰が一緒に交じるためドロっとした部分があることも。

●アレルギーによる鼻水が多い赤ちゃんには…

吐いた後にケロッとしていれば特に心配はありませんが、どうしても咳き込みがちな赤ちゃんは横になっているときに吐いたものが気管を詰まらせないよう、ミルクの後きちんとゲップをだしてあげたり、赤ちゃんの体を横にしてあげたりなどの対策をしておきましょう。
他にも、寝る前に鼻を取ってあげる(吸ってあげる)、水分補給をさせてから寝かしつける、頭から背中の位置に枕やタオルなどを入れ、頭の位置を少し高くして寝かせてあげる…など工夫をしてあげましょう。

寝入りばなの咳込みはお座りができる赤ちゃんは体を起こし、お座りできない赤ちゃんは縦抱きにしてあげるだけでも少しは楽になるようです。

●日中のお昼寝の様子

日中元気に遊んでいて、咳もそんなに気にならなかったのに、お昼寝をしたらまた咳込が始まったということがありますよね。これも夜寝るときに咳き込みがひどくなるのと同じことが起きています。

起きて元気に遊んでいるときは交感神経が働いており体を動かしやすくするための働きかけをしています。気道も広くなって活動しやすくなっているので、咳がさほど気にならず遊んでいられます。
しかしお昼寝の時には交感神経とは逆に体を休めリラックスさせる副交感神経が働きます。気管や気道も狭くなるので咳がひどくなります。

母乳やミルクに咳き込む

月齢の低い赤ちゃんでは、母乳やミルク時にむせて咳き込んでしまうことも。
一度にたくさんミルクや母乳が出ると、赤ちゃん側の処理が追い付かず、むせる、咳き込むなどしてしまいます。赤ちゃんが上手にミルクを飲むようになったら解消されていきますが、哺乳瓶のニップルのサイズを変えるときなどは少しだけ気を付けてあげたいですね。

寝かせたままの授乳も、母乳やミルクが気管に入ってしまうことがあるので注意しながら行いましょう。赤ちゃんが咳き込んでしまった時には一度授乳を中断し、やさしく縦抱きにして背中を軽くたたく、さするなどしてみると落ち着きます。

チェックポイント2.咳の音に特徴はありますか?

咳が止まらず涙を流す赤ちゃん

咳込むときは音の特徴にも注意を払いましょう。小児科医にとっては咳の音も診察ポイントでありその特徴によって対処も変わってきます。ここでは咳にはどのような種類があるのか詳しく説明しています。

こん、こん(乾性咳嗽)

上気道(咽頭、喉頭)で起こります。
こんこんと乾いた咳で痰を伴わないか、あってもごく少量とされます。原因は咳喘息、アトピー咳そう、咽頭アレルギー、胃食道逆流症、気管支結核、心因性によるものが多いです。

ごほん、ごほん(湿性咳嗽)

下気道(気管支、肺)で起こります。痰を伴い、ごほんごほんといった湿った音の咳が特徴です。
原因は風邪、気管支喘息、慢性気管支炎、副鼻腔気管支症候群、肺炎などによるものまで様々です。

●痰の絡んだ激しい咳は気管支炎や肺炎?

痰の絡んだ激しい咳が続く場合は、気管支炎や肺炎になってしまっている可能性もあります。なかなか咳がおさまらない時には自己判断せずにお医者さんで診てもらいましょう。

ケンケン(犬吠様咳嗽)はクループ症候群かも

クループ症候群とは、声帯周辺(声を出すところ)がウイルスや細菌に感染して炎症を起こし腫れてしまう病気です。
高熱を伴った風邪の症状から始まり(発熱がない場合もあります)、咳は次第に声がかすれてきて、ケンケンといった犬の遠吠えのような咳、もしくはオットセイが泣いているような声にも聞こえる、聞きなれない咳をし始めます。

声帯周辺は喉の中で1番細い部分で、炎症し腫れることで呼吸がしにくいためにゼーゼー、ヒューヒューという音が混じって聞こえることもあります。喘息は息を吐くときにもゼーゼー聞こえますがクループでは息を吸う時に聞こえるとされます。
クループ症候群は特に冬場、生後5~6か月頃から6歳くらいまでの幼児に多い症状で、急激に悪化することもありひどい場合には呼吸困難になることもあるため、赤ちゃんや幼児にこのような症状が見られた場合にはすぐに病院へ行き診てもらいましょう。

クループ症候群|赤ちゃんの「変な咳」は危険なサイン!?
クループ症候群|赤ちゃんの「変な咳」は危険なサイン!?
クループ症候群とは、風邪やインフルエンザなどの感染によって赤ちゃんの気道が炎症を起こし、悪化すると呼吸困難に陥る可能性のある病気です。クループ症候群の症状や原因、発症した場合の治療法をまとめました。
●原因菌は様々…クループ症候群の引き金になるウイルス

クループ症候群を引き起こす病原体は様々あり、ウイルス感染と細菌感染があります。
ウイルス感染はパラインフルエンザウイルス、RSウイルス、アデノウイルスなどを原因とし「仮性クループ」と呼ばれ、細菌感染は溶連菌などを原因とする「真性クループ」と言います。

クループ症候群の大半はウイルス感染を原因とする「仮性クループ」。インフルエンザ菌など細菌感染によるクループ症候群は重症化しやすいので特に気をつけなければなりません。

●クループ症候群の治療

まずは病院でウイルス性か細菌性かを見分けます。クループ症候群は喉の腫れを抑えることを第一とします。

ウイルスが原因の仮性クループの場合

症状に合わせてステロイドの内服や注射、吸入をして自宅で安静に様子を見ながら過ごします。
軽症であれば1週間程度で治ります。

細菌性が原因の真性クループの場合

抗生物質の使用、点滴を用いた治療をします。インフルエンザ菌b型(ヒブ感染症)によって起こる「急性喉頭蓋炎」は、真性クループのなかでも急激な喉の腫れから呼吸困難を起こしてしまうこともあるので入院やどい場合には気管切開の手術を要することも…。

クループ症候群となったときは自宅でのケアも大切です。部屋をよく加湿し、水分補給をこまめにしましょう。咳込がひどい場合は枕やタオルを背中の下に敷き高くして寝かせると呼吸を楽にさせてあげられます。それでも咳き込みが止まらない場合は1体を起こしてあげたり縦抱きをしてあげましょう。

ゼイゼイヒューヒュー音は気管支喘息の可能性

気管支に炎症が起こると気管支が狭くなり空気が通りにくなると、咳き込みを繰り返したり咳や呼吸と合わせてゼイゼイヒューヒューという喘鳴が聞こえます。
このゼイゼイヒューヒューする音を喘鳴(ぜんめい)と言いますが、気管支ぜんそくになると長引く咳、喘鳴や呼吸困難を繰り返すようになります。

●気管支ぜんそくの原因

気管支ぜんそくの場合、夜や朝方に咳き込みが激しくなるだけでなく、運動後に息苦しさを感じたり季節の変わり目や天候があまり良くない時、風邪をひいたときや疲れた時などにも息苦しい、咳き込んでしまう、呼吸とともにゼイゼイヒューヒューと音が出る…といった喘息の症状が見られます。
タバコや薬、ストレス、ハウスダストやダニ、カビ、花粉、ペットなどアレルギー反応を起こすものを吸い込むことで喘息が起きてしまうこともあります。

チェックポイント3.咳き込みはどの程度長引いていますか?

咳が止まり笑顔で氷枕で遊ぶ赤ちゃん

ここからは咳が続く長さによっても違ってくる咳を伴う疾患について説明します。

3週間以内(急性咳嗽)

咳が出始めて3週間以内で落ち着く場合の原因はウイルスや細菌の感染症が多く、風邪、インフルエンザ、クループ症候群、急性肺炎、急性気管支炎などの治癒に伴い比較的早く収まる咳は急性咳嗽(きゅうせいがいそう)といいます。

赤ちゃんが風邪を引いてしまった!病院目安とホームケア
赤ちゃんが風邪を引いてしまった!病院目安とホームケア
赤ちゃんが風邪を引いてしまったとき、どの程度の症状なら受診すべきか、処方されるお薬にはどのようなものがあるか、早く症状を和らげるにはどうしたらよいかについて解説しています。

3週間以上続いている(遷延性咳嗽)

咳が出始めて3週間以上8週未満で落ち着く場合は感染症と非感染症と半々です。咳喘息、アトピー性咳嗽、マイコプラズマなどは席が長引きやすいものとして挙げられます。

8週間以上続いている(慢性咳嗽)

咳が出始めてから8週間以上続く場合は感染症以外の原因も多く、喘息、咳喘息、慢性副鼻腔炎、結核、胃食道逆流症、心因性咳嗽などがあげられます。病気では、マイコプラズマ、百日咳などが咳を長引かせやすい原因菌として知られています。

百日咳の治療法・回復期間や早期発見のポイントは?
百日咳の治療法・回復期間や早期発見のポイントは?
百日咳の治療のために、感染時の初期症状の特徴や回復までの期間、新生児と大人の症状の違いや感染によるリスクを説明しています。また、百日咳に感染しないための予防策やワクチン接種についても解説します。

長引く咳き込みの原因となる病気

咳が長引き辛い表情の赤ちゃん

風邪が治ったのに咳き込みだけ収まらない…余りにも咳込みが長く続く場合にも考えられる病気があります。長引く咳込みと言ってもどのような病気があるのかを詳しくチェックしてみましょう。

咳喘息

咳喘息とは風邪に併発して起こることが多い症状です。
喘息と咳喘息の共通点は気管支に炎症が起こり、気管支が狭くなり空気が通りにくくなるというところ。大きな違いは、喘息はゼイゼイヒューヒューといった呼吸音に加え痰の絡んだ咳、呼吸困難があるのに対し、咳喘息はこれらの症状がなく咳だけが長期にわたり続く症状をいいます。風邪の症状はとっくに治っているのに、咳だけが数週間以上続いている時には咳喘息になっているかもしれません。

●咳喘息の特徴

風邪などの症状はすでに治ったあとなのに、咳だけが長く取れない、気管支ぜんそくのようなゼイゼイヒューヒューといった呼吸音がなく、呼吸困難を伴わない痰をほとんど絡まない咳が1か月以上続くとされます。
他に見られる咳喘息の特徴として、アレルギー体質の子が発症しやすい傾向を持ち風邪薬が余り効かないことに対し気管支拡張薬は有効だったり、そしてなにより胸部のレントゲンで異常が見つからないなどがあります。

上記のうちいくつか当てはまるものがあれば咳喘息になっている可能性もあるので病院で診てもらいましょう。咳喘息は放置しておくと気管支喘息に移行してしまう場合もあるので長引く咳が気になる時には病院で診てもらうことをお勧めします。

百日咳

百日咳とは名前の通り長く咳が続き「百日咳菌」が原因で起こる呼吸器の感染症ですが、適切に四種混合ワクチンを接種することで予防できるのですが、百日咳のワクチン効果は長く持たず、大人を中心に広がりやすい感染症です。
風邪のような症状から始まり「百日咳」という名前の通り長く咳が続きます。発症から回復までには6~9週間ほどかかります。百日咳の詳しい症状は下記の通りです。

●予防が大切な理由

百日咳は大人を中心に感染が広がる理由はワクチン効果が長持ちしないことともうひとつ、大人が百日咳に感染しても長引く咳以外にこれと言った症状はなく、とても感染力が強いために気付かぬうちに周囲に咳やくしゃみの飛沫感染により感染を広げてしまうからです。しかし、大人の場合は自然治癒しますが、特に乳幼児が感染すると重症化しやすいので適正時期の予防接種が重要になります。

百日咳の症状と経過

1.カタル期
数日から数週間の潜伏期間ののち、鼻水やくしゃみ、軽い咳といった風邪のような症状が出始めます。熱はほとんどなく症状が風邪と似ているため、この段階で百日咳と気づくのはとても難しいです。この症状が2週間くらい続きます。


2.痙咳期
最初の2週間を経過したころには、軽かった咳がどんどん強くなってきます。息継ぎが難しいほど連続で咳が出て、息を吸った時にはヒューという笛のような音が出るのが百日咳特有の症状です。強い咳の期間は4~6週続きます。
このとき乳幼児の場合は咳き込みでの無呼吸発作から痙攣を起こしたり肺炎や脳症の合併症の危険性もあるため入院治療することも多いようです。


3.回復期
4~6週の強い発作的な咳込みの期間を過ぎると、だいぶ咳は軽くなってきます。2~3週間程度で症状も落ち着いてきます。しかし回復期以降も時々咳が出ることもあります。完全に咳がなくなるまではその後2~3か月くらいはかかるとされます。

赤ちゃんの咳込みが続くとき…自宅でできるケア

ママに抱きしめてもらっている赤ちゃん

咳はとても体力を消耗します。大人でも咳が続くと辛いので小さい体の赤ちゃんや子供は、より咳が続くことで体力が消耗されてしまうでしょう。辛い咳を少しでも楽にしてあげられるよう、自宅で気を付けてあげたいこと、ケアのポイントを見ていきましょう。

湿度を保ってあげましょう

空気が乾燥すると咳は出やすくなってしまうので、加湿器などを使って部屋を乾燥させないようしましょう。濡れたバスタオルや洗濯物をお部屋に干しておく、お湯を沸かすだけでも室内の空気は十分に潤います。コンロでことでもお部屋が加湿されます。
定期的に窓を開けお部屋の空気の換気も行いながら、室温は常に50%以上にしておくと喉への刺激を減らせます。

室温を一定に保ってあげましょう

特に赤ちゃんや小さな子は寒暖の差が刺激になり咳き込むときもあります。
咳が続くときは室温も20度前後に保つことで喉への負担を減らしてあげましょう。エアコンを使用する夏冬は加湿と合わせて室温もチェックしましょう。

水分を摂らせてあげましょう

喉の乾燥を避けるために水分はこまめに摂らせるようにしましょう。
このとき冷たい飲み物では逆に喉を刺激してしまうので、出来れば温かい飲み物がおすすめです。暖かい飲み物を喉に通すことで加湿と同じような効果が得られます。また痰も流れやすくなります。

ほこりのお掃除や換気をして空気をキレイに

アレルギー体質のお子様にとってほこりやダニなどのアレルゲンは大敵です。
ハウスダストなどのアレルギーをもっていると咳込が激しくなる場合もあるので、お部屋の掃除や換気はこまめにしましょう。合わせて空気清浄機を使用することで、少しでもほこりが舞うのを防げると良いですね。1時間ごとに5~10分くらいの換気をしてきれいな空気を保つことも大切です。

寝るときは上半身を高くしてあげましょう

横になると鼻から喉に鼻水が落ち咳は激しくなり、夜に体を休めるときに働く副交感神経によって咳が出やすくなります。咳き込んでつらそうなときは1度起き上がらせて呼吸を整えてあげましょう。お座りできない赤ちゃんは縦抱きにして、背中をゆっくりさすってあげると落ち着くはずです。
咳込みが酷いときは横になるときに頭から背中にかけタオルや枕、クッションなどを敷き少し頭を高めにして寝かせてあげると、比較的呼吸が楽になりますので入眠もしやすくなります。

鼻水を取ってあげましょう

鼻水鼻づまりが気になる場合はこまめに鼻水を取ってあげましょう。鼻が溜まっていることで口呼吸にもなるので喉が乾燥し咳込が激しくなります。横になった時も鼻水が溜まっていると、溜まった鼻水が喉に落ち咳が出ます。

蓄膿症や発熱を防ぐことにもつながります

鼻水がたまった状態が続くと蓄膿症(慢性副鼻腔炎)になってしまうこともあります。風邪などで鼻水が長引き、常にたまった状態になっていると副鼻腔に膿が溜まってしまい炎症を起こします。その症状を繰り返していると慢性化してしまい蓄膿症(慢性副鼻腔炎)となってしまうこともあります。
また耳に流れ中耳炎を併発してしまう場合もあるので、鼻水は溜まらないように注意しましょう。

咳が続く赤ちゃんの喉にやさしい食べ物・避けたい食べ物

咳が出ても食べやすい離乳食を用意してもらった赤ちゃん

咳き込みが激しいと食事も大変になってしまうときも…。咳が続くときにオススメの喉にやさしい食べ物や逆に避けたい食べ物を見ていきましょう。

おすすめ食材

1歳未満の赤ちゃんの離乳食にも使える喉にやさしい食材をピックアップしました。

たまねぎ

殺菌作用をもち喉の腫れや痛みなどに効くとされます。すりおろし玉ねぎをスープに仕立てて飲ませてあげるのがおすすめ。

大根

大根には消化酵素であるジアスターゼが含まれています。体調不良時の食事で消化も良くしてくれますし、咳を鎮める効果もあるようです。大根はどの料理にも合わせやすいのですね。
赤ちゃんにはやわらかく煮てあげましょう。

うどん

温かいおうどんは、喉の保湿にもなりますし、喉に入っていきやすいですね。普段よりよく煮込み短くカットして食べさせてあげましょう。

1歳未満の赤ちゃんにはおすすめできない食材

しょうが

喉に効くと言えば、しょうがというくらい、よく耳にしますね。はちみつとしょうが、かりん、レモンなどをお湯に入れて飲むと体が温まりますし、殺菌効果もある優秀な薬味ですが、赤ちゃんには少々刺激が強すぎる食材。
煮炊きするにしても1歳以降が望ましいかも知れません。

はちみつ

はちみつも喉に効く有効食材として有名です。はちみつには殺菌作用、消炎作用がありのどの炎症をおさえてくれる作用があります。スプーン1杯をそのままなめます。そのままではなかなかすすまない場合は、お湯にとかして飲むのもいいようですが、1歳未満の赤ちゃんには与えられません。

赤ちゃんにはちみつを与えない!

はちみつの中にはボツリヌス菌がという食中毒を起こす菌の芽胞(種)が含まれているときがあります。ボツリヌス菌は重大な食中毒を引き起こしますが、芽胞ならば大人には問題ありません。
1歳未満の赤ちゃんがこれを摂取してしまった場合、赤ちゃんの未熟な腸内で芽胞が発芽成長してしまい「乳児ボツリヌス症」を引き起こし最悪は死に至る可能性も。
ボツリヌス菌の芽胞は「混入する恐れもある」程度のもので稀なケースではありますが、1歳未満の赤ちゃんには、はちみつを与えないよう注意喚起されています。

咳の続くときは避けたい食材

アイス

冷たい食べ物やアイスは喉の痛みや咳を悪化してしまう場合もあるので、できれば避けた方がいいでしょう。

赤ちゃんにアイスはいつからOK?簡単手作りレシピも紹介
赤ちゃんにアイスはいつからOK?簡単手作りレシピも紹介
赤ちゃんにアイスはいつからあげてもいいのでしょうか?口に入れる食べ物に注意が必要な赤ちゃんにアイスクリームをあげる時期やポイント・注意点をご紹介します。特別な道具不要の簡単手作りアイスのレシピつき!

刺激物

赤ちゃんの場合はなかなか刺激物を口にすることはまずないとはいえ、油断しないように!幼児や普通にご飯を食べる年齢のお子様は、カレーや、お酢など刺激がある食べ物は避けましょう。

赤ちゃんの咳込みに咳止めはNG!必ず小児科を受診しましょう

赤ちゃんが激しく咳き込むと苦しそう…見ていると可哀そうですし楽にしてあげたい…そう思っても咳止めの使用はNGです。咳止めは薬の中でも強い薬の部類に入るので、安易に市販の咳止めを使うのは避けましょう。
また、咳は身体の防衛反応、咳や痰を出すことは体の中の菌を外へ出し体を守る働きですので、必ずしも咳は止めなくてはならないというわけではないようです。

ただし、喘息やクループなど、呼吸困難を起こす可能性のある咳については咳止めが処方されることもあります。そのときは気道を広くするための処置ですので医師の処方に従いましょう。
子どもの咳が心配な場合には、まずは病院で診てもらい、必要であればお薬を処方してもらいましょう。