Loading

赤ちゃんの便秘が1週間続くとき

赤ちゃんの便秘・1週間うんちが出ない時は病院へ行く?

赤ちゃんが便秘で1週間うんちが出ない!そんな時はまずは綿棒浣腸やオリゴ糖を摂取したセルフケアを行い、それでもダメなら病院を受診しましょう。しかし、1週間うんちが出なくても病気とは限らないので過度な心配は不要。赤ちゃんのうんちが出ない原因とは?頑固な便秘の原因と対処法をご紹介!

赤ちゃんの便秘・1週間うんちが出ない時は病院へ行く?

赤ちゃんが便秘?うんちが1週間でない時はどうしたらいい?

うんちは健康のバロメーター!
子育て真っ只中のママなら、毎日のおむつの交換時におしっこやうんちの変化を見ながら、自然と赤ちゃんの成長や体の調子を感じているのではないでしょうか。

そんな赤ちゃんの健康状態を映す鏡と言えるうんちが1週間も出ていないとしたら…ほとんどのママが不安になってしまいます。まだ月齢の低い子供が便秘になってしまうと、やはり小さな体に大きな負担がかかってしまう可能性があります。ここでは、1週間もうんちが出ていない便秘気味な赤ちゃんへの対処法をチェックしていきましょう。

うんちが1週間出ない!病院受診の前に試してほしいセルフケア

1週間うんちが出ていないけど、ご機嫌で元気いっぱいな赤ちゃんの場合、まずはママでも自宅で簡単にできる便秘解消法を試してみましょう。小児科は感染症のリスクがあるのでできるなら避けたいのが本音。もしかしたら赤ちゃんの便秘は今後も時々起こるかもしれません。この機会にセルフケア方法を覚えておきましょう。

十分な水分摂取・食物繊維

便秘でお腹が張りギャン泣きの女の子

まずは、大人も便秘になった時に試す水分補給。赤ちゃんも母乳やミルクの量が足りていないとうんちが出にくくなってしまうので、いつもよりもたっぷりめに授乳してみましょう。また、「飲んでいそうで飲めていない」という可能性もあり得るので、赤ちゃんがちゃんと乳首を加えておっぱいを吸えているのかを確認することも忘れずに。

離乳食が始まっている場合は、果物など水分量が多い食材とリンゴやかぼちゃなどの食物繊維が豊富な食品を混ぜて食べさせてあげましょう。

母乳の元であるママの食事&生活の改善

母乳に良い食事を心がけるママ

母乳不足で便秘になっている場合、やはり母乳の元であるママの食事や生活を見直す必要があります。出産前と同じように、ママが口にするものが母乳を通して赤ちゃんの体へと入っているので、偏食などは控えてバランスの良い食生活を心がけましょう。

母乳にいい食べ物&避けたい食べ物|いいおっぱいが出る食事
母乳にいい食べ物&避けたい食べ物|いいおっぱいが出る食事
母乳にいい食べ物、悪い食べ物を食材からご紹介!おっぱいの質はママの食べ物で変わります。良い母乳を出す食べ物を積極的に摂り赤ちゃんにとって質の良い母乳育児とするため食材から食事への取り入れ方までご紹介!

赤ちゃんの適度な運動&マッサージ

適度な運動をする保育園の赤ちゃん

腸の動きが弱いとうんちがなかなか出てくれません。赤ちゃんの足を動かしたりお腹を優しくマッサージしたりして、腸の動きが良くなるような工夫をしてみましょう。しかし、まだまだ内臓が弱い赤ちゃんなので、大人にするような強いマッサージは絶対ダメ!「押す」というよりは「さする」感じで実行しましょう。

肛門をやさしく刺激してあげる

赤ちゃんがうんちを出そうとしてはいるけど出てこない場合、「もうひと押し!」で出てくることがあります。そんな時には肛門を指や綿棒を使って、優しく刺激してあげるとうんちが出てくることもあります。
しかし、あまりにやり過ぎてしまうとお尻を傷つけてしまうので、まったくうんちが出てくる気配がなければ、うんち自体が硬くなってしまっているのかもしれません。無理やり出そうとするとお尻が切れたり、赤ちゃんが痛がって泣いてしまうので、お医者さんに相談することをおすすめします。

うんちが出ない時の救世主!オリゴ糖のススメ

オリゴ糖を摂取して快便の赤ちゃん

1週間もうんちが出ていない便秘赤ちゃんには、粉末のオリゴ糖がおすすめです。大人でもうんちが規則正しく出ない人は、オリゴ糖入りにヨーグルトなどを毎朝食べている人も多いはず。

母乳に含まれるオリゴ糖

赤ちゃんの体に入る物にはかなり敏感になっているママたち、しかしオリゴ糖は大丈夫。なぜなら赤ちゃんが毎日飲んでいるママの母乳にも含まれている成分だからです。したがって「1週間も便秘が解消されない!」という赤ちゃんには、オリゴ糖を母乳などに混ぜてあげると便秘解消に繋がります。

オリゴ糖のメリットとは

腸内環境を整えて便秘解消

オリゴ糖はお腹に元々いる善玉菌を増やして腸内環境を整える働きをしてくれるため、なかなかうんちが出ない人の便秘解消として大活躍!

母乳に含まれる成分なので新生児から摂取可能

そして何よりもママの母乳に含まれている成分なので、新生児の赤ちゃんにも飲ませてあげることができるのです。

100%のオリゴ糖を選ぼう

ただし、赤ちゃんにオリゴ糖を与える際には、天然由来100%のものをチョイスしましょう。「オリゴ糖入り」とされている飲み物やお菓子ではなく、離乳食やミルクに混ぜて使える自然由来の粉末タイプがおすすめです

セルフケアも効果なしなら病院へ!どうしてこんなに出ないの?

赤ちゃんの長い便秘に悩むママ

赤ちゃんのうんちが1週間出ておらず、セルフケアも効果なしの場合、病院を受診した方が良いでしょう。ただし、1週間出ないのが異常ではなく、病気とは限りませんので過度な心配は不要です。気が付けばちょうど1週間経過し、病院が休みという場合も、赤ちゃんが機嫌がよく元気ならもう少し様子を見て受診しましょう。また、1週間続く便秘が何度も続くときも念のため1度受診することをお勧めします。

気をつけるべき便秘の症状もありますので、以下をチェックしてみてください。

できるだけ早く病院を受診するべき症状

1.お腹がパンパンに張っている
2.夜泣きが増えたりグズりがひどくなった
3.食欲がなくなった
4.力んでもなかなかうんちがでない
5.硬いうんちが出てお尻がキレてしまう
6.硬い小さめのうんちが少ししか出ない
7.大きな声で泣いたり、と機嫌が悪い

うんちの出ない赤ちゃんにこのような症状が見られる場合には、ただの便秘ではない可能性もあり得るのでお医者さんに連れていって診断してもらいましょう。

体質?生活習慣?どうしてこんなにうんちが出ない!

大量のおむつが届き喜ぶ赤ちゃん

生まれたばかりの赤ちゃんは、体に母乳が入ると自動的にうんちを出す機能が備わっていますが、成長していくうちに自分自身でうんちをするようになってきます。その変換の時期に入ると、2~3日うんちをしないことも起こります。2~3日うんちが出なくても赤ちゃんが元気であればそこまで神経質になる必要はありません。

排便ペースには個人差があり、1日1回でない落ち着かない子もいれば、3日以上溜めても大丈夫な子、中には栄養吸収効率が非常によく、そもそもうんちがあまり出ない赤ちゃんもいます。そういう子は1週間うんちがでなくても、お腹にうんちがあまり溜まっていないのが特徴です。

しかし、うんちをするのが下手だったり、生活習慣によってうんちを溜めてしまっているのは問題です。なぜ赤ちゃんは便秘になってしまうのでしょうか…具体的な理由がこちら!

母乳の量が足りていない

母乳を与えているママは、「赤ちゃんにどれくらい母乳を与えているか」という正確な量を判断することは難しいものです。したがって自分では「結構沢山飲んでいる」と思っていても、実は量が足りていない!なんてこともあり得ます。母乳の量が足りていないと腸の働きも悪くなるため、うんちが出にくくなってしまうのです。

赤ちゃんのミルク量・混合栄養や離乳食のミルク追加量目安
赤ちゃんのミルク量・混合栄養や離乳食のミルク追加量目安
赤ちゃんのミルク量は足りている?おっぱいがちゃんと出ない新生児期や混合栄養や離乳開始後のミルク追加量の判断の仕方を月齢別でみる基本のミルクの目安量と授乳間隔、赤ちゃんの発育の面から解説していきます!

離乳食が始まった

大好きな離乳食を目の前ににやける赤ちゃん

今までは母乳やミルクを飲んでいた赤ちゃんが、徐々に硬さのある食べ物を口にするようになると最初はうんちが出にくくなることもあり得ます。
また、離乳食を始めたことによって母乳やミルクの量が足りなくなってしまうことが便秘になってしまう最大の原因です。離乳食からも水分を摂ることもできますが、やはり水分不足にならないように母乳や湯冷ましなどを十分な量あげることが大切です。

何度も便秘になる場合、離乳食の開始時期が早すぎたり、硬さが赤ちゃんの消化機能とあっていない可能性もありますので、1度離乳食の内容を見直してみましょう。

離乳食のおかゆ作りのコツ&おいしいアレンジレシピ
離乳食のおかゆ作りのコツ&おいしいアレンジレシピ
離乳食のおかゆは赤ちゃんのためにも美味しく作って食べさせてあげたい!おかゆ作りの要領として基本の作り方とコツ、時間が無い時の解決方法、赤ちゃんも喜ぶおいしいアレンジレシピを一挙ご紹介!

生活リズムが乱れている

大人が不規則な生活をしていると便秘になってしまうように、赤ちゃんにも正しい生活リズムがなければいけません。十分な栄養・十分な睡眠・十分な遊び…あらゆることをバランスよく一日の中に分散させて、赤ちゃんのストレスにならないような生活スタイルを確立しましょう。

赤ちゃんの寝かしつけ|基本から応用まで7つのテクニック
赤ちゃんの寝かしつけ|基本から応用まで7つのテクニック
赤ちゃんの寝かしつけは、コツやテクニックを知っていれば随分楽になります。寝かしつけに悩むママへ、多くの実践例がある効果的な方法をご紹介。安眠に導く下準備や寝かしつけ習慣のメリットにも解説します!

冷え性になっている

室内が少し寒くて不満気な赤ちゃん

母乳を飲んでいる赤ちゃんの場合、ママの食生活や体調がダイレクトに赤ちゃんに伝わってしまいます。冷え性気味のママの場合は母乳も冷たく、それを飲んだ赤ちゃんのお腹も冷えてしまいます。
また、油っぽい食事を摂っていると母乳が出にくくなってしまうため、赤ちゃんがおっぱいを吸えずに十分な量の母乳を摂取できていないこともあり得ます。ママさんは赤ちゃんがお腹にいる時と同様に、健康的な食生活を心がける必要があります。

便秘は心配いらないことがほとんど!ケア&病院受診でお通じを!

うんちの状態が成長と共に変化する赤ちゃんは、1週間も便秘気味でも元気にピンピンしている場合がほとんどです。でも、さすがに溜めすぎは心配なのでまずはセルフケアで排便を促してあげましょう。
1週間続く便秘が何度も起こる場合も1度病院を受診した方が安心です。継続的な便秘の場合、体質以外に、生活習慣が問題の場合もあります。

赤ちゃんの便秘はよくあること。しかし、中には普通の便秘ではない症状を訴えている赤ちゃんもいます。「なにか変だ」と感じたら、病院に連れていってあげましょう!