Loading

赤ちゃんが風邪引いた時の対処法

赤ちゃんが風邪を引いてしまった!病院目安とホームケア

赤ちゃんの風邪は珍しいことではないけれど、どの程度なら病院に行くべきか、お風呂はどうするか、薬は飲んだほうがよいか、きょうだいにうつらないか…など心配や疑問がつきものですよね。この記事では、そんな心配をしているママ向けに、対処法について詳しく解説しています。

赤ちゃんが風邪を引いてしまった!病院目安とホームケア

赤ちゃんが風邪をひいてしまった!受診する?家庭で様子見?対処法

ママからの免疫が切れた生後6ヶ月以降は、まだ抵抗力の低い赤ちゃんはしょっちゅう風邪を引いてしまいます。
特に保育園に通い始めた赤ちゃんは、1年中風邪症状が出ているという子もいます。
ある小児科の調査では、1~2歳の赤ちゃんは平均して年間4回風邪にかかっているそうです。

風邪で鼻水が止まらない男の子

大人ではあまり風邪で病院には行きませんよね。赤ちゃんの場合は、病院に行って早く治すのがいいのか、それともほかの感染症にかからないために病院に行かないのがいいのか迷うところ。
この記事では、風邪に関する疑問や対処法について解説します。

赤ちゃんの風邪についての知識

身体の器官が未熟な赤ちゃんは、風邪によってさまざまな症状を発症します。
まずは、どのようにして風邪が悪化していくのかを見ていきましょう。

風邪症状はウイルスや細菌の付着が原因となる炎症

そもそも風邪とは、どの器官に感染が起こることなのでしょうか?

呼吸器は、大きく分けて「上気道」と「下気道」があります。

「上気道」とは

鼻からのど(咽頭、喉頭)の部分を指します。

「下気道」とは

のどよりさらに先のことで、身体の上のほうから順に、気管・気管支・細気管支・肺胞と繋がっています。

いわゆる「風邪」とは、ウイルスや細菌が上気道に付着し、炎症が起こることを言います。
上気道の炎症でとどめておかなければ、ウイルスや細菌はどんどん活動し、下気道にまで炎症が起きてしまいます。
そうなると、「気管支炎」や「肺炎」など症状は重くなってしまいます。

赤ちゃんの風邪のメカニズムと諸症状

上気道に炎症が起きると、鼻水やのどの痛みが出ます。
そして、異物を排除しようとして咳やくしゃみが出ます。さらに、ウイルスや細菌と闘うことで発熱します。

胃腸の機能も弱るので、下痢や便秘、嘔吐といった症状が出ることもあります。
特に下痢症状は、風邪症状を和らげるために服用した抗生物質の働きで、腸内の善玉菌が死んでしまうことによって起こることもあります。

風邪を引いた時の受診目安

風邪が悪化して病院で診察を受ける赤ちゃん

風邪を引いた時に受診するかどうか、こんな疑問や迷いがある方も多いのではないでしょうか。

  • 病院に行って、逆にもっと重い感染症をもらってきたらどうしよう?
  • 風邪ウイルスをやっつける薬はないから、おうちで様子を見ていればいいのでは?
  • 風邪くらいでいつも受診していたら、忙しい先生に悪いのでは?

確かに、悩ましいポイントではありますが、風邪は万病の元。
風邪の対処を間違えると、さらにやっかいな病気を引き起こします。

風邪をこじらせてかかる病気

1.副鼻腔炎(鼻腔に繋がる副鼻腔に膿が溜まり、黄色く臭い鼻水が1ヶ月ほど続く。慢性化することも)
2.中耳炎(のどや鼻から入ったウイルスが耳に入り炎症を起こす)
3.気管支炎(激しい咳が続き、38度以上の熱が出る)
4.細気管支炎(湿った咳が続き、ゼーゼーとぜんそくのような呼吸音になる)
5.クループ症候群(喉頭や気管に炎症が起き、声がかすれて犬の鳴き声のような咳が続く)
6.肺炎(激しい咳が長引き、発熱する)

このような病気にかかると完治までの期間は長期化してしまいます。
そうならないためにも、早めの対処が必要です。

風邪症状があり、以下に該当するものが一つでもある場合は至急受診しましょう。

  • 生後4ヶ月未満の赤ちゃんで、熱が38度以上ある
  • 生後4ヶ月以上の赤ちゃんで、熱が39度以上ある
  • 風邪症状が4日以上よくならない
  • ぐったりとして元気がない
  • 機嫌が悪い
  • 食欲がなくなった
  • 水分をとれない
  • 黄色や緑色で臭い鼻水が出る
  • 耳を痛がったり、頭を左右に振ったりする

風邪ウイルスにはこんな症状を引き起こすものも

ウイルスを胎児する薬を飲まされギャン泣きする赤ちゃん

風邪ウイルスにはなんと200以上もの種類があります。
あるウイルスの風邪にかかって免疫ができても、他のウイルスには免疫がないので、何回でも風邪にはかかるというわけです。

風邪ウイルスの中には、風邪とは一見わからないような症状を引き起こすものもあります。

手足口病

夏に流行する手足口病も実は風邪の一種です。

その名のとおり、手・足・口の中に赤い水疱ができ、口の中の水疱は食事や飲み物でしみてしまうため、食欲が落ちることがあります。手足口病のウイルスにも抗ウイルス薬はないので、ホームケアで治るのを待ちます。水疱は1週間程度でおさまります。

プール熱

アデノウイルスに感染するとプール熱という病気にかかります。
これも夏風邪の一種ですが、2013年は冬にも流行しました。

喉の腫れのほか、目が充血して結膜炎の症状が出ます。40度前後の高い熱が出ることもあります。
結膜炎の症状が出たら、点眼薬で症状を和らげることができます。

風邪をひいた時のおうちでの過ごし方

風邪が治らず家庭でホームケアされる男の子

風邪は、原因であるウイルスをやっつける薬がないので、おうちケアがとっても大切です。

安静と水分補給が基本、プラスアルファとしてこんなケアも

おうちケアの基本は安静と水分補給です。
水分補給は、下痢や発熱がなくても重要なケアです。身体がウイルスを排出するためには水分は不可欠です。

呼吸器の粘膜には、細かい毛がたくさん生えていて、その「毛」がウイルスを外に出す働きをしています。しかし、この毛は水分不足になると働きが弱まってしまうのです。

赤ちゃんに水分補給を!タイミング&白湯や麦茶の飲ませ方
赤ちゃんに水分補給を!タイミング&白湯や麦茶の飲ませ方
身体の小さな赤ちゃんの水分補給は大切です!小さな体で大人の3倍も汗をかく赤ちゃんは脱水症状になりやすいのですが具体的な水分補給のタイミング、水分補給を嫌がるときの白湯や麦茶の与え方など紹介。

赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、身体から失われる水分量も多くなっています。
風邪の時にはウイルスを早く外に出すことができるよう、いつもより授乳を多くするなどして水分をしっかりとりましょう。

ウイルスを外に出してくれる、頼もしい「毛」は、水分の他にメントールを吸引することでも活発に活動してくれます。
鼻水が出るときにメントールを嗅いだり塗ったりするとスースーと気持ちがいいですが、メントールは気持ちいいだけでなく、そんな免疫に似た効果もあるのですね。
メントールを鼻の下に塗るだけなら手軽なので、風邪の予防にもおすすめです。

赤ちゃんでも安心して使える、鼻の下に塗るメントール製品も販売されています。


香りですっきりスティックの画像
出典:products.pigeon.co.jp

香りですっきりスティック

価格 : 540円(税込)

スティックタイプなら携帯にも便利なので、お出かけグッズの一つに入れてみてはいかがでしょうか。

兄弟から隔離しましょう

兄弟がいるご家庭の場合は、赤ちゃんが風邪を引くとうつしてしまうことも心配ですよね。
何度もうつって治ってと繰り返し、なかなかおさまらないこともありますよね。

赤ちゃんが風邪を引いた時は、うつらないようになるべく離れた空間で過ごし、換気をこまめにしましょう。
上の子にはなるべくマスクをつけさせて、手洗いうがいも頻繁にしてもらうようにしましょう。

お風呂に入る際の注意点

病み上がりにお風呂に入りさっぱりする赤ちゃん

赤ちゃんが風邪を引いた時、お風呂に入れるかどうかも悩みの一つですよね。特に、病院に行った日などは、身体をきれいにしたいのでお風呂にも入れてあげたいでしょう。お風呂に入ると鼻が通るので楽になるという効果もあります。

発熱がなく、機嫌がよければお風呂に入ってもかまいません。ただし、中耳炎の時は入浴すると悪化するので避けましょう。

入浴の際の注意点

・入浴する際は、ぬるめのお湯で手短にしましょう。
・脱衣所やお部屋をあたたかくして、湯冷めしないようにしましょう。
・手足口病やプール熱にかかった際は、足ふきマットや浴用タオルを家族と共有しないようにしましょう。

おすすめの離乳食食材・レシピ

風邪の時は消化機能が弱っているので、消化に良い離乳食を与えましょう。
赤ちゃんが嫌がらないようであれば、いつもよりも一段階前に戻った食形態のものを与えるのがおすすめです。

水分をたくさんとりたい時なので、おかゆなどはいつもより少し水分多めであげてください。
粘膜の働きを正常にするベータカロチンを多く含む食材や、免疫力を高めるビタミンCを多く含む食材を積極的にあげましょう。
ベータカロチンは、にんじん、すいか、ホウレンソウなどに多く含まれます。ビタミンCはいちごやブロッコリーに多く含まれます。

食欲がない場合

風邪による体力低下でいつものように運動ができていないので食欲がわかなかったり、喉の痛みで食事を嫌がったりすることがあります。

その場合、栄養バランスはあまり気にせず、赤ちゃんが食べられるものを少しずつあげましょう。
喉越しがよく、つるりと食べられるメニューがおすすめです。

つるっと食べられて栄養価も豊富なこちらのレシピもおすすめです。

赤ちゃんプリンの作り方

1.粉ミルクまたはフォローアップミルク50ミリリットルと溶き卵1個をよく混ぜる。
2.茶こしかざるでこしてなめらかにし、小さな器2つ~3つにわけて流し入れる。
3.お鍋に器半分くらいまで沸騰したお湯をはり、プリン液を入れた器を並べる。
4.お鍋にふたをして弱火で10分蒸したらできあがり。

授乳の際の注意

水分補給が重要な風邪の時にはいつもより授乳を頻繁に行いましょう。
普段の授乳タイミングに加えて、1時間起きに少しずつ飲ませましょう。ママは赤ちゃんの風邪がうつらないよう、マスクをして授乳しましょう。

母乳・ミルクを飲まない場合

赤ちゃんが母乳・ミルクを飲まない場合は、鼻が詰まって苦しい、または喉や口の中が痛い、といった原因が考えられます。

風邪を治すためには水分が必須なので、鼻や喉の症状を早く和らげてあげる必要があります。
母乳やミルクを飲まないほどの鼻詰まりや喉の痛みがあれば、早めに受診しお薬で楽にしてあげましょう。

赤ちゃんがミルクを飲まない…ママを困らすミルク拒否の理由
赤ちゃんがミルクを飲まない…ママを困らすミルク拒否の理由
赤ちゃんがミルクを飲まない理由から対処法が見つかります。ママを困らすミルク拒否には赤ちゃんのお気に召さない原因があるのかも?病気原因では一時的に体重が減ることもありますが、おおらかに見守りましょう!

赤ちゃんにお薬を飲ませるときの注意点

病院の医師から処方された薬を飲む男の子

赤ちゃんにお薬を飲ませる時は、医師の指示に従い用法・容量を守って与えましょう。
服用後は、下痢や嘔吐、強い眠気などの副作用が現れていないか、よく観察しましょう。お薬の中には、アレルギーがあると飲めないものもあるので注意してください。

処方薬と注意点

風邪のウイルスをやっつける薬はないので、風邪の各症状を和らげるお薬が処方されます。

お薬を飲ませずに自然の治癒力に任せたい方もいるかもしれませんが、症状を和らげて良く眠れるようにしてあげたり、良く食べられるようにしてあげたりするほうが赤ちゃんの負担が少ないです。

赤ちゃんの風邪に処方される薬の例

・咳止め・去痰剤:アスベリン・ムコサール・ムコダイン
・解熱鎮痛薬:カロナール
・消炎酵素薬(炎症を和らげる):アクディーム、ノイチーム
・抗ヒスタミン薬(くしゃみ、鼻水を和らげる):アレジオン、ジルテック

服用にあたっての注意点

上記に挙げたお薬の中で、比較的多い副作用が、抗ヒスタミン薬の眠気です。
あまりに赤ちゃんが長く眠ってしまうようであれば医師に相談しましょう。

消炎酵素薬は卵白を原料としており、卵アレルギーのある赤ちゃんは服用できないので注意しましょう。卵をまだ食べたことのない赤ちゃんは、念のため服用を避けたほうが安心です。

赤ちゃんに薬を飲ませる方法

粉薬であれば、水に溶かすか、ゼリー状オブラートに包んで飲ませてあげましょう。
ゼリー状オブラートは、お薬専用のものにしましょう。自己判断でゼリーやヨーグルトなどの食品に混ぜることはやめましょう。


おくすり飲めたねの画像
出典:www.ryukakusan.co.jp

おくすり飲めたね

価格 : 12,420円(税込)

こちらの商品は赤ちゃんにも飲みやすい味がついていて、お薬の性質を変えることもないので安心して使えます。

シロップのお薬は、低月齢であれば哺乳瓶の乳首に垂らすのが飲ませやすいです。産後、K2シロップを哺乳瓶の乳首で飲ませていた方も多いのではないでしょうか。月齢が上がっていれば、スプーンかコップで飲ませましょう。

赤ちゃんにも安心して飲める市販薬

市販薬は処方薬と異なり、有効成分以外にも様々な成分や添加物が配合されています。
赤ちゃんに合わない可能性もあるので、極力市販薬の使用は避け、できるだけ病院でもらったお薬を服用するようにしましょう。

どうしても病院にかかれない、というときには赤ちゃん用市販薬を使いましょう。


キッズバファリンかぜシロップS/Pの画像
出典:www.lion.co.jp

キッズバファリンかぜシロップS/P

こちらのシロップは、生後3ヶ月から服用可能です。鼻水・鼻づまり・咳・熱などの風邪の諸症状を和らげます。


キッズバファリンせきどめシロップSの画像
出典:www.lion.co.jp

キッズバファリンせきどめシロップS

こちらのシロップも生後3ヶ月から服用可能です。 商品名はせきどめシロップですが、鼻水を抑える抗ヒスタミン成分も配合されています。

赤ちゃんの風邪は重症化しやすい!ホームケアをしっかり行いましょう

風邪は万病のもと。特に赤ちゃんは、気管が狭い、耳と鼻の距離が近いなど大人とは器官の作りが異なっているため風邪が重症化しやすい状態になっています。

風邪が重症化し、他の病気にかかってしまうと治療が大変な上、慢性疾患へと発展してしまう可能性もあるので、ホームケアをしっかりして重症化を予防しましょう。