Loading

危険なたんこぶの特徴

赤ちゃんのたんこぶは危険?注意すべき「たんこぶ」の特徴

赤ちゃんにたんこぶにはどう対処したらいい?赤ちゃんの動きが活発になると、転倒やぶつけたりして、頭やおでこにたんこぶを作ることがあります。こんな時、念のため病院に連れていくべきか悩みますよね。そもそも「たんこぶ」とはどうしてできるのか?危険なたんこぶの症状や対処法を紹介します。

赤ちゃんのたんこぶは危険?注意すべき「たんこぶ」の特徴

赤ちゃんにつきものの「たんこぶ」

赤ちゃんがハイハイやつかまり立ち、歩けるようになると、嬉しい反面、ママの心配も増えてきます。
赤ちゃんは動けるようになると、おすわりのつもりがそのまま後ろに倒れたり、思いかげないところにぶつかったり、ふらふら、よちよち歩くことで転んだりしてしまい、頭やおでこをぶつけてしまいます。そしてできるのが「たんこぶ」。たんこぶができると病院に連れていくべきかと心配になりますよね。

実際、ほとんどのたんこぶは心配がありませんが、危険なたんこぶになることも時々ですがあります。赤ちゃんにたんこぶができたらママはどう判断するべきか、見るポイントと注意点をまとめました。

注意するべき赤ちゃんのたんこぶの状態

頭をぶつけて泣きじゃくる赤ちゃん

赤ちゃんにたんこぶができた時は頭やおでこに強い衝撃を受けている時です。個人差はありますが多少ぶつけただけでは赤ちゃんは泣くこともたんこぶを作ることもありません。内出血ができるほどの衝撃を受け、大きなたんこぶはそれだけ強い衝撃を受けていることになります。頭の小さい赤ちゃんは処置が遅れると悪化してしまったりもします。

どんな時に赤ちゃんはたんこぶを作るのか、たんこぶのできた状態によりどのような判断をするべきかを紹介します。

たんこぶはなぜできるの?

たんこぶとは、皮下血腫のことを言います。頭やおでこを強く打った時に、硬い頭蓋骨と皮膚の間で細い血管が避けてしまい出血したことで、行き場のない血液やリンパ液が溜まって膨れ上がります。このようにできたものをたんこぶと言います。

頭部は他の場所と異なり、筋肉や脂肪が少なく毛細血管が集まっているので、少し打っただけでも血管が切れやすく出血が多いためたんこぶもよくできます。
腕や足にはぶつけても皮膚の下に血液やリンパ液が流れ出るスペースがあるため、溜まることがなく「青あざ」となります。
たんこぶが治る際に、たんこぶの中に溜まっていた血液やリンパ液は血管の中に戻されていきます。

「たんこぶができているから大丈夫」は誤解

赤ちゃんが転んだり、ぶつけたりすると「たんこぶができているから大丈夫だよ」と言われることがあります。しかし、これは間違った情報です。たんこぶは軽くぶつけた程度の弱さではできません。

白っぽいたんこぶであればあまり心配はありませんが、たんこぶができるということは血管が切れるほどの強い衝撃を受けているということです。大きなたんこぶができている場合、頭蓋骨を骨折していることもありますので、あまりにも大きなたんこぶの場合は病院を受診した方が安心です。

「泣いているから大丈夫」は誤解

衝撃を受けたあとに赤ちゃんが泣いているかどうかはあくまで意識の有無を確認する手段に過ぎません。その後の赤ちゃんの様子をしっかり観察する必要があります。

赤ちゃんは言葉で「ここが痛い」「気持ち悪い」などときちんと伝えることができないため、痛かったこと、ビックリしたことを泣いて伝えようとします。しかし、ぶつけたり転んだりしても泣かないこともあり、直後はケロッとしているように見えても、後から体調を崩してしまうこともあります。赤ちゃんによっても泣く度合いもきっかけも異なるということは心得ておきましょう。

赤ちゃんのたんこぶがぶよぶよだったら危険?

たんこぶと言えばボコッと膨らんだかたいイメージをされがちです。しかし、かたくならずに、ぶよぶよしたたんこぶができるこがあります。触ると氷枕を押した時のような感触の柔らかいたんこぶです。これを「帽状腱膜下血腫(ぼうじょうけんまくかけっしゅ)」といい、帽状腱膜とは頭皮の下にあり、頭蓋骨を帽子のように包んでいる組織の事を言います。大きな外力が頭皮にかかると、帽状腱膜と骨膜の間に出血した血液が溜まってしまいます。

頭には小さな血管がたくさんあるため、血液が固まることなくどんどんと流れ出てこぶしくらいの大きさに膨れ上がることもあります。ぶつけた部分を触るとへこみを感じたり、ぶよぶよとしていたり、頭の形がたんこぶにより大きく変形していたりすると心配でたまりませんよね。
この場合はすぐに病院を受診しましょう。脳に異常がなければ心配はいりません。このたんこぶも数週間で徐々に吸収され元に戻ります。

赤ちゃんのたんこぶの処置

寝返りするときに頭をぶつけそうな赤ちゃん

赤ちゃんの様子から病院を受診しない判断した場合には自宅での処置が必要になりますし、病院で心配ないと言われた場合も、治るまでは自宅でのケアが必要になります。
赤ちゃんにたんこぶができた際の参考にしてください。

赤ちゃんのたんこぶの適切な処置

  1. 外傷がある場合はまず止血
    清潔なガーゼで軽く圧迫して止血をします。
  2. 止血ができたら消毒
    化膿してしまうといけないので消毒をします。
  3. 冷やす
    冷やすことで血管を収縮させ出血をおさえ、たんこぶの大きくなることを防ぎます。

赤ちゃんのたんこぶには「熱さまシート」

安静にしておきたいけれどじっとしていてはくれないのが赤ちゃんです。熱さまシートは冷えすぎることがなく、数時間貼っておくことができるので便利です。
なければ保冷剤や氷のうなどを使いますが、あまりに冷たいと赤ちゃんがビックリして嫌がるので、直接当てないようにしましょう。また、凍傷になることもあるので冷やし続けず、冷やして、離して時間を置いたらまた冷やすようにしましょう。

赤ちゃんにたんこぶがある日のお風呂は?

頭を強打してたんこぶができている場合は、2日間くらいはお風呂に入れることは避けましょう。お風呂に入ることで冷やして収縮していた血管を体が温まったことで代謝が良くなり血流を促進してしまいます。もしも、脳内で内出血している場合出血量を増やしてしまいます。最低でも頭を強打した当日はお風呂に入らず、体を拭いてあげるだけにします。

赤ちゃんのたんこぶは治るまでどのくらいかかる?

赤ちゃんのたんこぶはなかなか治りません。個人差はありますが、ぶよぶよの柔らかいたんこぶの場合は約1ヶ月程度で腫れがひくでしょう。赤いたんこぶが青くなり、だんだんと黄色っぽくなってやがて消えます。もしも、1ヶ月経っても腫れが治まらず、硬いようであれば血液が凝固している可能性もあるので、病院を受診しましょう。

たんこぶのできるよくある事故

休日みんなでおでかけする仲良し家族

赤ちゃんの転倒・転落事故は寝返りを打ち始めたころから起こるようになり、ハイハイやつかまり立ち、歩きはじめと成長と共に危険な場面も増えてきます。どんな時にどのように事故は起きるのでしょうか。事故の起きやすい場面と注意点を紹介します。

寝返りができなくても油断は大敵!

寝返りをまだしていないから大丈夫と思って寝かせていると危険です。赤ちゃんは寝返りをするつもりがないけれど思いがけずひっくり返ってしまったり、足の蹴りだけズリズリと動いてしまったりすることがあり、ママがほんの少しだけ目を離した隙に下に落ちていたということがあります。

赤ちゃんが転落したときのチェックポイント&応急的対処法
赤ちゃんが転落したときのチェックポイント&応急的対処法
赤ちゃんの二大事故の一つ「転落」について、ママの対処法や病院受診と救急車を呼ぶべき基準、たんこぶの処置の仕方や心肺蘇生法など、知っておくべき情報を整理します。また、家庭で出来る転落防止対策を紹介します。

特に赤ちゃんは体よりも頭が重たいため、頭から転落しやすく、転落の際におでこや後頭部を打ってしまうこともありますので、短時間であっても目を離す際はソファーには寝かさないようにし、ベビーベットの柵はきちんと閉めるようにしましょう。

ねんね期の赤ちゃんの転落事故の原因

・ベビーベッドの柵の上げ忘れ
・ソフェに寝かせて目を離す

ベビーカーやベビーチェアは定期的に点検し、使用方法を守る

赤ちゃんとのお出かけや食事などの際に活躍するベビーカーやベビーチェアですが、こちらも事故が多く発生しています。
ベビーチェアの安全対策としてはベルトの装着がありますが、ベルトが緩かったり、赤ちゃんが活発に動くと緩まってしまったりして抜け出してしまったり、ずり落ちてしまうことがあります。きちんとベルトが締まっているか確認し、よく動くようなら時々チェックをしてあげるようにしましょう。

また、ベビーカーはママの不注意で起こる転倒もあります。ベビーカーのストッパーをかけ忘れて勝手に動いてしまったり、荷物をかけすぎてバランスが崩れてしまったりということがありますので、注意が必要です。また、赤ちゃん用のグッズだとしても赤ちゃんの動きすべてをカバーしているわけではありません。横への動きにはバランスを崩してしまうこともありますので、まずは座らせている時は目を離さないことが大切です。

ベビーカーやベビーチェアによる事故の要因

・ベビーカーのベルトの装着不備
・ベビーカーのストッパーのかけ忘れ
・ベビーカーのバランスが崩れて転倒
・ベビーチェアのベルトから抜け出して転倒
・ベビーチェアが横に倒れた

ちょっとした段差でも、赤ちゃんにとっては大きな衝撃に!

ハイハイができる頃になると、赤ちゃんはさらに活発になります。家庭の中にも危険な段差はたくさんあります。
大人にとっては何てことのない階段や段差も赤ちゃんにとっては大きな段差です。そして、大人の行き来する場所は赤ちゃんにとって興味の対象となります。

ママを追って階段を降りようとしたり、登ろうとしたりします。階段には安全柵をつけて赤ちゃんの侵入を防ぐようにしましょう。また、見るものすべてが新しい赤ちゃんは色々な物に興味を持ち、触りたがります。玄関にある靴に手を伸ばしたり、洗濯ものに手を伸ばしたりしてバランスを崩して転倒することが多くあります。特にベランダからの落下にもつながるので、ベランダに子ども1人を出さないなど注意をしましょう。

赤ちゃんの転落・転倒でよくある事故

・階段上からの転倒
・階段を登ろうとして失敗する転倒
・玄関などの段差から落ちる
・ベランダへの転倒/ベランダからの落下

テーブルなど家具の角には要注意

テーブルや椅子、棚といった家具や柱、扉や階段など角のある箇所は家庭によって様々です。そしてテーブルのような赤ちゃんの頭の高さ辺りに角がある場合も十分に考えられます。

ハイハイをしていて立ち上がろうとした時にぶつかったり、転んだ拍子に家具や柱に頭をぶつけたりする事故が多く発生しています。ハイハイやよちよちと歩く赤ちゃんまで目線を下げて家の中に危険がないかを確認しましょう。
ホームセンターや赤ちゃん用品専門店では、コーナークッション、コーナーガードといった商品名で、テーブルなどの角を覆って赤ちゃんを守る商品が販売されていますので、危険を感じたら購入を検討しましょう。
他にも風呂場で滑ったり、浴槽に落ちたり、抱っこ紐から落ちたり…と様々な場面に危険は潜んでいます。まずは家の中で起こりそうな事故を想定して危険な場所には行けないようにしておきましょう。

赤ちゃんのたんこぶを予防するためには?

自宅での転倒を防ぐために裸足で生活する赤ちゃん

赤ちゃんは体に比べ頭が重たく、体のバランスも3頭身と転びやすい体のつくりとなっており、転ぶ時も頭から転ぶことがとても多いです。危ない場所に近づこうとしていたり、触ると危険な物に手を伸ばしたりしている姿を見かけるとつい大声で止めようとしてしまいますが、逆に注意をそらしてしまいふらつきや転倒の原因となってしまいます。

「危ない」と思ったら落ち着いてそっと近づき、手を添えたり、抱っこしたりするなどの対処をしましょう。しかし、ずっと張り付いているわけにもいきませんし、動く赤ちゃんを止めることもできません。家庭内でたんこぶができるほどの転倒や強打しないようにするためには何ができるかまとめてみました。

赤ちゃんための防災対策をはじめよう!防災のコツ3か条
赤ちゃんための防災対策をはじめよう!防災のコツ3か条
赤ちゃんのための防災対策はなにから始めたらいいのでしょうか?必要な防災グッズや離乳食やおむつなどの目安量、自宅を災害に強い家にする方法、家族や地域の人々との関係づくりなどの心がけについても解説します。

赤ちゃんは裸足で過ごさせる

フローリングの床の場合、滑って転ぶケースが多く注意が必要です。靴下は滑りの原因となりますので、室温を調節して裸足で歩かせてあげましょう
裸足で歩かせる事で足の裏が刺激され自律神経が発達します。足の筋肉も鍛えられ、歩行の姿勢が良くなることで歩く上達も早くなります。どうしても寒いようであれば滑り止めのある靴下を用意すると良いでしょう。

フローリングの上にはカーペットやマットを敷く

フローリングのままだとベッドからの転落や転んだ際、頭やおでこを強打してしまいます。カーペットやマットはその衝撃を吸収してくれる役割を果たします。クッション性の高いコルクや厚みのあるカーペット、ベビー用のマットなどを敷き詰めておくと、例え転倒したとしてもたんこぶができるほどの衝撃にならず、痛みの軽減となります。

コーナークッション、クッションテープを設置

転倒した際にテーブルの角に頭をぶつけてしまったり、口の中を切ったりする事故を防ぎます。最近では衝撃を吸収するクッション性のあるアイテムが充実しています。これも成長とともに赤ちゃん自身が剥がしてしまうことがあります。心配な期間中は剥がれたまませず、貼りなおすようにしましょう。

赤ちゃんの侵入を防ぐ

階段やベランダ、キッチンなど赤ちゃんにとって危険な場所には近づけないようにすることも必要です。しかし、こちらも成長と共に自分で開けられるようになるので、完全に安全な物と油断をしないようにしましょう。

電化製品のコードに注意

電源コードは足を引っかけて転んでしまう要因の一つです。足を引っかけた際に転ぶだけでなく、電源コードの先の電化製品が落ちてきてやけどやケガをすることもありますので、電気コードが垂れ下がっていたり、床を通っていたりしないように工夫をしましょう。

赤ちゃんが快適な扇風機の使い方&事故を未然に防ぐには
赤ちゃんが快適な扇風機の使い方&事故を未然に防ぐには
赤ちゃんがいる家庭で扇風機を使うときのポイントだけでなく暑がりの赤ちゃんが夏を快適に過ごすための扇風機の使い方の基本と応用をご紹介していきます!事故を未然に防ぐ対策も見ていきましょう。

赤ちゃんの転倒・転落による病院受診の目安

聴診器に興味がある赤ちゃん

転倒し、頭を強くぶつけたと思っても、どの程度の強さか赤ちゃんから聞き出すことはできません。そのため、何を基準に病院を受診したら良いか迷ってしまうママもいることでしょう。そこで、至急病院を受診するべき症状、様子を見てから診断する症状、家で様子をみる症状の3つに分けて紹介します。

至急病院を受診するべきとき

赤ちゃんは痛みを感じたことそのものに驚いたり、怖くなったりして泣き出します。泣き方が激しいと焦ってしまいがちですが、慌てて病院に連れていく前に赤ちゃんが頭をぶつけた時の反応、その後の症状を確認してきちんと判断をしましょう。病院に連れていくべき症状を紹介します。

赤ちゃんの様子があきらかにおかしい

意識がない、意識がもうろうとしている、なだめても泣き止まない、ぐったりしている、目の焦点が合わない、何度も吐く、痙攣を起こしているなど打撲とは別の症状があるようでしたら至急救急車を呼ぶ必要があります。

出血量が多い

机や柱の角などにぶつけると衝撃は少なくても皮膚が切れ、出血する場合があります。赤ちゃんは体が小さい分、血液の量も少ないです。
大人であれば問題ない出血量も赤ちゃんにとっては出血多量の場合もありますので、血が止まらない、出血量が多い場合は急いで病院を受診しましょう。また、傷口が深いと化膿することもありますので、出血が少なくても傷の大きさも確認し、大きい場合は消毒をしてもらいましょう。

たんこぶが大きい・ぶよぶよとしている

大きなたんこぶはその分強い衝撃を受けている可能性が高く、頭蓋骨の骨折や脳内の出血の心配もありますので病院を受診しましょう。
たんこぶができている場合は、かたいか柔らかいかも同時に確認してください。たんこぶがぶよぶよと柔らかい感触の際は至急受診の必要があります。

様子を見て受診するべきとき

転倒の拍子に鼻血が出ることがあります。
頭を少し下に向け、小鼻を強めに押さえて止血します。10分ほどして鼻血が止まっているかを確認し、まだ出るようであれば赤ちゃんを鼻血の出ている方を下にして横向きに寝かせ、少し湿らせたティッシュや綿を鼻の穴につめ、再度小鼻を強めに押さえます。20分ほどしてもまだ鼻血が出るようであれば病院を受診しましょう。

自宅で様子を見てもよいとき

頭やおでこをぶつけた場合に、すぐに大きな声で泣きしばらくすると泣き止んでご機嫌に遊んでいるようであれば基本的にはまず心配はありません。たんこぶも小さく、食欲もあり食べた後も吐くことが無いようであれば自宅で様子を見ましょう。2~3日は注意して意識障害などが後から起きていないか赤ちゃんの様子を見ておきましょう。

赤ちゃんが転んだときは優しく抱きしめてあげて

成長が嬉しい反面、日に日に活発化していく赤ちゃんにハラハラするママも多いことでしょう。1日に何度も転んで、ぶつかってを繰り返す赤ちゃんに「こんなに転んでいて大丈夫かな?」と心配になることもあります。目を離した隙に「ゴツン」という音がしてどこかにぶつかって激しく泣いていると「目を離した私のせいでは」と落ち込んでしまうこともあります。しかし、あまり神経質になり過ぎないことが大切です。赤ちゃんは転びやすく、たんこぶを作らずに大人になることの方が難しいです。

そして、赤ちゃん自身も転んだ時の衝撃や痛みを知ることで転びそうになるとバランスをとったり、危ない場所では支えを持ったりするなど学習と成長を繰り返します。「転んだら痛い」と理解をすると少しぶつかっただけでは泣かないようにもなります。赤ちゃんの動ける範囲に危ない物を置かない、段差を減らすなど予防対策をとりながら、赤ちゃんの成長を温かく見守りましょう。

泣いていたらママは優しく抱きしめ、「痛かったね」「ここが痛いの?」「転ばないように気をつけようね」と声をかけてあげてください。赤ちゃんにとってはママの声が一番の安心の元です。そしてたんこぶができてしまったようであれば適切な処置と観察をすることで対処をしてあげましょう。