Loading

妊娠糖尿病の原因

妊娠糖尿病の原因はママにある?ならないための予防と改善

妊娠糖尿病の原因は何か、どうしたら防げるのか知りたいママの参考になる妊娠糖尿病についてです。妊娠生活を有意義に過ごすため、ストレスやホルモンの変化、遺伝による妊娠糖尿病の予防策と改善策です。検査前に自覚症状や食生活などを改めて見直してみましょう。

妊娠糖尿病の原因はママにある?ならないための予防と改善

妊娠糖尿病の原因は?改善のためにできること

妊娠糖尿病とは、妊娠の影響で発症する糖代謝異常の一種です。発症率は妊婦さん全体の10%前後と言われており、今まで健康そのものだった人でも発症することがあります。病名がつくとそれだけで不安になるママさんももちろん多いと思います。
ちなみに、妊娠前から糖尿病だった人は糖尿病合併妊娠と呼ばれ、この二つは区別されています。

妊娠糖尿病の食事のコツ・食餌療法の目的とやり方&簡単レシピ
妊娠糖尿病の食事のコツ・食餌療法の目的とやり方&簡単レシピ
妊娠糖尿病と食事の関係を理解し、妊娠出産を通して赤ちゃんの健康と出産に挑む自分の体も守っていきましょう!妊娠糖尿病改善のために今すぐできる食事の内容、取り方の見直しや工夫したいポイントをまとめました。

妊娠糖尿病になると、出産後には改善されますが、その先通常の糖尿病になってしまうリスクもあります。しかし妊娠糖尿病になった場合でも、自分でできることで改善し、安心して出産に臨むこともできるのです。

妊娠中のママの不安を少しでも軽くできるよう、ここでは、妊娠糖尿病の原因や、症状などを詳しくご紹介します。

悩む妊婦

妊娠糖尿病の原因と気を付けたい症状

妊娠糖尿病になってしまう人とならない人、いったい何が原因でわかれるのか、何に気を付けたいたらいいのかをご紹介します。

妊娠糖尿病の原因は様々

妊娠糖尿病になってしまう理由はこれだ!という風に一つに原因が特定できるわけではありません。お腹の中で一人の赤ちゃんを育てているので、それだけでママの体にも負担がかかっています。

原因となりやすい要因を知り、防げる確率が高いものに関してはできる範囲で努力したいですよね。
ですが、ママの努力ではどうにもならない原因もあります。それに関しては深く追及することよりも、改善することに目を向けられるといいですね。

妊娠中のママの体のホルモンが影響

妊娠時には赤ちゃんを育むために胎盤が作られます。その胎盤では赤ちゃんに十分な栄養を送れるよう、血糖値をあげやすいホルモン(インスリン拮抗ホルモン)が作られるために、妊娠中期以降、正常な妊婦さんは上昇しやすくなる血糖値をコントロールするインスリンを多く分泌しています。

しかし、必要なインスリンを分泌することのできない体質の妊婦さんは、血糖値が上昇しやすくなり、妊娠糖尿病となるリスクが高いとされています。

食生活の変化が原因となる急激な体重増加

甘いものを食べる妊婦

妊娠中のママの体は、お腹の赤ちゃんのために栄養をつけようとする働きが強くなるため、通常よりも太りやすくなります。
食べづわり、という言葉もあるように、ホルモンの関係で食べていないと気持ち悪くなったり、妊娠前より食欲が増している、と実感しているママさんも多いと思います。

しかし、短期間で体重が増えすぎると一気に血糖値が上昇してしまい、たたでさえ血糖値を抑えるホルモンが働きにくい妊娠中のママの体では、血糖値をコントロールするのが間に合わず妊娠糖尿病になってしまうことがあります。

食べつわりとは?症状がでた時に楽になる食事や過ごし方
食べつわりとは?症状がでた時に楽になる食事や過ごし方
食べつわりの最中には妊婦がつらいだけでなくその同居する家族にも大きな影響を与え、料理ができなくなったり、清潔を保つことができなくなったり、洗濯できなくなったりします。家族がイライラしたり家族関係がギスギスしたりするのは誰もが避けたいところです。

妊娠中のストレスが影響

体や心にストレスを抱えると、血糖値をあげるホルモンが分泌される一方で、インスリンに対する抗反応が強くなると報告されています。

妊娠中は何かと自分の体が自分のものでないように思えて、自由に動けないことの身体的、精神的ストレス、赤ちゃんの成長に関しての悩み、妊娠したことによる夫や家族との対人関係の悩みを抱えやすくなるものです。

またそのストレスが、暴食を誘発すると更に血糖値をあげてしまうこととなります。
妊娠中にしかできない楽しみや、趣味、いいストレス解消法を見つけることも妊娠糖尿病の予防に繋がります。

両親の遺伝

家族に糖尿病患者がいると、“糖尿病になりやすい体質”は遺伝すると言われています。
両親が糖尿病の場合、本人が65歳までに糖尿病になる確率は40%前後と高い報告もされています。
しかし、あくまで遺伝するのは体質なので、血糖値をあげるような生活習慣などに気を付けていれば回避できることもあります。

運動不足で血糖値が下げられない

私たちは、食事からとった炭水化物を体の中でブドウ糖に変換し、それをエネルギーとして生活しています。家事をしただけ、買い物に行っただけ、眠っただけでエネルギーが消費されます。
エネルギーが消費されるということは、血糖値が下がるということです。このエネルギーの消化をさらに促進できるのが、運動です。

妊娠して、血糖値が上がりやすい状態になっているところ、運動が不足していると血糖値を下げることができず妊娠糖尿病につながることもあります。

妊婦の体重管理のコツは?適正体重と体重増のリスク
妊婦の体重管理のコツは?適正体重と体重増のリスク
妊娠中の適正体重をキープする方法、体重増の妊婦さんと赤ちゃんへのリスクです。妊娠中は体調変化で変わりやすい体重ですが、太り過ぎ、やせ過ぎによる影響はあるのでしょうか。適正体重の正しい知識です。

妊娠糖尿病に気を付けたい時期

妊娠糖尿病は、妊娠してから発覚した糖尿病のことです。
ではいつごろ発覚し、なりやすいのかをまとめてみました。

ママと赤ちゃんへの影

  • 早産
  • 妊娠高血圧症候群
  • 羊水量の異常
  • 尿路感染症
  • 難産
  • 巨大児
  • 心臓肥大
  • 黄疸

血液検査で妊娠糖尿病かを診断

血液検査

妊娠が発覚してから、楽しみでもあり不安でもある妊婦健診。
お腹の赤ちゃんの成長の健診だけでなく、ママの体の健診でもあります。この妊婦健診で、“血液検査”が行われます。
この検査で血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)を測り、基準値を超えると妊娠糖尿病の可能性があるとされ、確認検査が行われます。

妊娠中の検査で発覚するのが殆ど

妊娠初期の定期血液検査、妊娠中期の定期血液検査、尿検査での発覚が多いです。中には自覚症状があり、定期の血液検査を待たずに検査をする場合もあります。

妊娠糖尿病になったときの自覚症状

妊娠発覚前、妊娠してから、それぞれつわりや体の変化を日々実感しているママさんたちが多いと思います。
ちょっとした変化に気付きやすい妊娠中、あれ、そういえばなんか体調がおかしいかな?と不安に思っている方のために、妊娠糖尿病の自覚症状についてまとめてみました。

妊娠初期には自覚症状は少ない

妊娠初期の血液検査を待たずに自覚症状から発覚するパターンは少ないと言われています。
というのも、妊娠糖尿病の自覚症状が、妊娠初期やつわりにありがちな症状であるからなのです。血液検査で発覚する前にどうしてもっと早く気づけなかったのか、など悔やむことはありません。

血糖値が高くなりトイレに行く回数が多くなる

血糖値が高くなると、腎臓が血液中のブドウ糖を水分とともに尿として排出しようと働くのでトイレが近くなります。
またトイレに頻回に行くことにより、尿から体内の水分が排出され不足し、のどの渇きを感じるようになります。そのためさらに水分をとることとなり、またトイレの回数が増えるという悪循環が起こります。

胎内の水分不足でのどが渇く

水を飲む妊婦

人間の血管は一定の濃度を保つために、細胞から水分を補って浸透圧を保ちます。
しかし、インスリンが不足した状態になると血液がドロドロになり、細胞からより多くの水分を補給しようとします。

また、腎臓が血液中のブドウ糖を水分とともに尿として排出するので、一緒に水分も失われます。
このため、体内から水分が多く奪われ、のどが渇きます。

食欲が増え急激に体重が増加する

血糖値が下がり、体中のエネルギーが不足し始めると、脳が“栄養摂取が足りていない”と判断し、もっと食べようとします。この結果食欲が増えたりして、体重が急激に増えることがあります。

産婦人科医から羊水過多と言われた

ママが妊娠糖尿病であると、その高血糖の症状は赤ちゃんにも移行します。赤ちゃんが高血糖となると、糖尿病の症状でもある尿量が増えます。
羊水は赤ちゃんが排出した肺胞液や尿からできているので、赤ちゃんの尿量が増えると、排出する量と飲み込む量のバランスが崩れ、羊水量が増えてしまいます。そのため、エコーなどで羊水過多を指摘されます。

普段より疲れやすくなる

疲れている妊婦

妊娠糖尿病になると、糖の代謝異常のため、細胞に栄養がうまくいきわたらせることができません。私たちの体は数多くの細胞が活動し、生命を維持されているため、細胞が栄養不足になると、体が疲れやだるさを感じやすくなります

また、尿量が増えるため、糖と一緒にミネラルが多く排出されてしまいます。
ミネラルは細胞や筋肉に欠かせない働きがあるので、これを失うことにより、すぐに疲れてしまいます。

妊娠糖尿病の治療法

気を付けていても妊娠糖尿病を防げないこともあります。ここではもしも妊娠糖尿病になったらどのように改善させることができるのかをご紹介します。
この中には自分でできることもありますので、知っておけば日頃の予防、改善に役に立ちます。

食餌療法で体質改善

バランスの良い食事、適正なエネルギー量を知り、守ることで、妊娠糖尿病の予防・改善ができます。

  • エネルギー量を抑えた、ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富な食品を積極的に摂る。
  • 一食に集中して食べると、血糖値が上昇しやすくなるので分食してきちんと食べる。
  • アルコールや甘いものは控えめに。

食べた食事内容を記録したり、ゆっくりよく噛んで食べることも大切です。

インスリンによる薬物療法

食餌療法で血糖値をコントロールしきれない場合、インスリン注射を使用し血糖コントロールを行います。通常の糖尿病治療に用いる経口糖尿病薬は、胎児へ何らかの影響を与えてしまう場合があるので原則として使用されません。

血糖値の上昇を抑える運動療法

妊娠中は体調が変化しやすい時期なので、自分の体調第一にして運動で血糖値を下げます。
外国での研究では食事の30分後に15分間のウォーキングをすることで食後の血糖値上昇を抑える効果があると発表されました。特に夕食後のウォーキングの効果が高いことも報告されています。

パパや、妊婦友達など誰かと一緒だと、楽しくできるかもしれませんね。適度な運動はストレス発散にもなりますし、体重管理にも役立ちます。

なぜなってしまったのかよりもどう改善するかを前向きに考える

妊婦

妊娠がわかって、幸せな気持ちと不安な気持ちと、さまざまな感情に一喜一憂しているプレママさんが多いと思います。
誰もが、順調な妊娠生活を望みますよね。その中で、妊娠糖尿病の可能性がある、または検査で結果が出てしまった、となると、不安になって自分を責めてしまうこともあると思います。
赤ちゃんに何かあったらどうしよう、あの時こうしたから?などついつい原因を探って落ち込んでしまうかもしれません。

しかし、大事なのは、原因を探ることだけではなく、これからどう気を付けて出産に臨んでいくかという前向きな姿勢です。
妊娠糖尿病になっても、元気な赤ちゃんに会うことは可能です。そして、それはママと家族、それからお医者さんとのチームプレーが必要です。
どんより暗い気持ちになるよりは、今自分に何ができるのかを考え、赤ちゃんを思うこと、そしてその試練を乗り越えることがママとしての第一歩になるのだと思います。

赤ちゃんが生まれてからも、成長が遅い?なんだか他の子と違う?心配することは山積みです。
心配をしながらも、その状況での最善を選ぶ、その予行練習にもなると、前向きにとらえることが大事なのではないでしょうか。

おすすめコンテンツ