出産時はコンタクト?メガネ?

出産時はコンタクトとメガネ、裸眼のどれが1番いい?

出産時はメガネとコンタクト、裸眼のどれが1番トラブルが少ないのか?視力が低く、普段はコンタクトレンズやメガネが手放せない出産経験者の体験談です。コンタクトをしたままの分娩や帝王切開は産院で禁止されるケースも少なくありません。入院中は意外にメガネが便利という意見も要チェックです。

出産時はコンタクトとメガネ、裸眼のどれが1番いい?

出産時はコンタクトとメガネ、裸眼のどれが1番いい?

目の悪い妊婦さんにとって気になるのが出産時のメガネ・コンタクト問題です。

普段は、どちらかを着用ないと何も見えない。
裸眼だとなにが起こっているか分からないし、赤ちゃんの顔も絶対にわからない。

しかし、産院によってはコンタクトを禁止している場合もあるため、事前の確認は必須です。

コンタクトレンズ、メガネ、裸眼で出産した目の悪いママの体験談をご紹介します。どの方法にも、メリットとデメリットがありますので、参考にしてみましょう。

出産時のコンタクトは、基本的には外した方がよい

指先にコンタクトレンズをのせた女性

問題視しないケースもありますが、「分娩時はコンタクトレンズ禁止」としている産院は多いです。
コンタクトのまま出産することで起こるトラブルとしては以下のようなものが挙げられます。

  • 陣痛に長時間かかり、目が乾く
  • 分娩中のいきみや汗をぬぐった拍子にコンタクトレンズがズレる
  • 出産~分娩直後に気を失ったり、外す間もなく寝てしまう
  • 緊急帝王切開で全身麻酔に移行し、意図せず長時間着用することになる

コンタクトがズレてしまうと目が痛みますし、付けたまま寝てしまうと、感染症のリスクや目を傷つける恐れがあります。

ただし、最近では、付けたまま眠れるコンタクトレンズもありますので、そうした製品を使用している方は一度医師に聞いてみても良いでしょう。

帝王切開の場合は特にコンタクトNG

手術服でメスを持つ医師

手術となる帝王切開の場合は、コンタクトレンズは事前に外すように言われるケースが大半です。
予定帝王切開の場合、手術中も意識がある局所麻酔が主流ではありますが、人によっては意識が朦朧としたり、麻酔が効かず、手術の途中で全身麻酔に移行する可能性もあります。

帝王切開の麻酔とは?全身麻酔・局所麻酔の種類と副作用
帝王切開の麻酔とは?全身麻酔・局所麻酔の種類と副作用

また、術後は自由に動きまわれないので、コンタクトは事前に外しておいた方が安心です。帝王切開の場合、事前に看護師さんなどに伝えておけば、赤ちゃんが産まれたタイミングでメガネを掛けてくれるはずです。

手術前に「メガネかけて」って伝えておけば…

マリモ(30代前半)


私はひどい近視と乱視で、いつもはコンタクトが手放せません。逆子が直らず予定帝王切開となり、麻酔をするため、「コンタクトは必ず外して下さい」と指示をされたので、仕方なく分厚いメガネで分娩室に。

ところが、いざ麻酔をするタイミングになって、「危ないのでメガネはお預かりします」と取り上げられてしまい、人が何人か動いているなー程度しか分からない状態で手術が始まりました。赤ちゃんが無事に取り上げられ、「かわいい女の子ですよ」と見せてくれたのですが、赤黒い生き物がゴニョゴニョ動いているというくらいしか識別できませんでした。

看護師さんが慌ててメガネをかけてくれた時には、娘は隣の部屋に連れて行かれてしまいました。我が子の姿をもうすこしちゃんと見たかったです。

陣痛~分娩中はメガネは邪魔になる?

眼鏡を持ちながらネットで調べる女性

産院などでコンタクトでの出産を禁止された場合、目の悪い女性に残された選択肢は、メガネか、裸眼のどちらかでの出産です。

陣痛に苦しんでいるときにメガネはずれたり、曇ったりして煩わしいという意見は確かにありますし、危険性を考慮し、外すように指示されるケースもあります。

しかし、まったく問題なかったという女性もいますし、陣痛~分娩まで、どの程度の時間がかかるかには個人差があります。また、入院中や産後は細切れの睡眠となるため、メガネが活躍したという意見もあります。普段コンタクトの人も、入院セットの中には、念のためメガネも入れておきましょう。

出産中に、メガネが煩わしくなったら、裸眼にし、赤ちゃんの顔を見る時に掛け直してもらいましょう。看護師さんは慣れていますし、立ち会い出産なら夫などの家族にも忘れないようにお願いしておくと安心です。

【体験談】出産時はコンタクト?メガネ?それとも裸眼?

出産時は、コンタクトレンズを着用したか、メガネを着用したか、それとも裸眼だったか、先輩ママの体験談を紹介します。それぞれの良い点、不便な点を参考にしましょう。

コンタクトで出産した体験談

急だったのでコンタクトのまま出産しました

美香(20代前半)


私は妊娠の際コンタクトをつけたままで出産をしました。出かけているときにそのまま陣痛が来て病院に行ったため、メガネを所持してなかったからです。

乱視で、右0.08・左0.1の視力なので、コンタクトをしないと何も見えなくなってしまいます。メガネはかなり邪魔ですし、普段生活していても、汗をかいたりすると取りたいと思うことも多々あるので、コンタクトでよかったかなと思っています。

ただし長時間のお産になったりすると、コンタクトは乾燥するのでしっかりと目薬を持ち歩く必要がありそうです。次の出産ではメガネを持ち歩いて、裸眼でしたいと思っています。

コンタクトで問題なかったです!

みるみる(40代前半)


私の視力は裸眼で0.04、かなりの近視です。出産の際は、産婦人科で事前にOKを貰ってコンタクトを選びました。

私は普段は日中はコンタクト、朝や寝る前はメガネを使っているのですが、どうしてもメガネだと重たく感じます。鼻の付け根に跡が出来てしまうし、死角が出来るので基本的にはコンタクトのほうがずっと楽です。

コンタクトで出産して不便だったことは一切ないですね。時間がかかったし汗だくだったので、メガネだったらやはり曇ってしまったり、ずれたりして出産に集中できなかっただろうなと思います。なので、次出産するとしても必ずコンタクトを選びます!

出産時のコンタクト使用

湊海(30代後半)


私は普段から近視がひどく、視力検査では一番上が見えないくらいなので、コンタクトが手放せません。出産の時には、病院に行く前に一旦コンタクトを外したのですが、移動中も視界がぼやけていると不便だし、何より我が子と対面する時にはっきりと顔を見たいと思って、コンタクトを付け直しました。

出産を終えたところまでは良かったのですが、その後は全身の力が抜けて、ひとりでまともに立てない状態だったので、コンタクトを外す気力がありませんでした。
コンタクトをつけたまま寝てトラブルになった友人の話を聞いていたので、少し不安を抱えつつも、やはり気力がなく、そのまま寝てしまいました。

結果は大丈夫でしたが、たぶん褒められた行為ではないのでしょうね。次の出産はどうしようか悩んでいます。

メガネで出産した体験談

眼鏡をかけた女性

メガネで出産

はるちんママ(40代)


私の視力はとても悪く、裸眼では左右とも0.04です。当然のことながら、矯正なしで日常生活を送ることはできません。

妊娠中は、眠くなったらすぐ眠れるのでメガネを愛用。出産が近くなってもそれは変わらず、結局、妊娠・出産・子育て期とメガネメインで過ごしました。

出産時、陣痛が始まったのが夜中の3時ごろ。そこから出産までにおよそ8時間ほどかかりました。痛みがひいている間に、少し眠っては起きを繰り返していたので、
コンタクトでは、ウトウトすることもままならなかったので、メガネで正解だと思います。

必要のない時は看護師さんがとって保管してくれましたし、出産後は体力を出し切ってすぐ寝入ってしまったのですが、不都合はありませんでした。

医師から「コンタクトは禁止」と言われました

いたてんまま(30代後半)


コンタクトかメガネがないとほとんど日常生活ができないくらいの近視です。コンタクトをして、やっと1.0~1.2の視力になります。
出産の際は、赤ちゃんの顔も見たいし、汗もかくだろうし、じっとなんかしていられないだろうから、コンタクトをつけていた方がいいと思っていました。

しかし、いざ出産の説明を先生からされた時、「メガネはいいけど、コンタクトは禁止」とのこと。陣痛中でコンタクトがずれたり、外れたりする可能性、急遽帝王切開になった際もコンタクトは使用禁止のため、初めからコンタクトの装着はできないとのことでした。説明を聞いて納得はしましたが、メガネがずれたり外れたりしないか不安でした。

実際に陣痛に苦しんでいる間はメガネが外れることもありました。しかし、助産師さんが預かってくれました。分娩室に入ったときには、分娩台から動けないことや周りが見えない不安もあり、助産師さんからメガネを受け取り装着し、最後まで分娩しました。

「我が子が目の前に!!」というときには、しっかりメガネをかけ顔を見ることができました。次に出産することがあってもメガネになると思いますが、ずれない工夫をしたいと思っています。

メガネでの出産は少し不便でした

いぐみ(40歳)


私は普段から目が悪く、0.05くらいしか視力がなく、裸眼だと目の前のものがほとんど見えません。普段はコンタクトで、夜寝る前や朝はメガネで過ごしています。

出産の際は、メガネを着用していました。理由はたまたま陣痛がきたのが夜中だったため、コンタクトをつける時間も余裕もなく、近くにあったメガネをそのままかけて病院に向かったからです。

メガネを着用して出産に挑んで不便だったことは、いきむ時にメガネがずれてしまうことでした。また出産時は大量の汗をかいたので、汗でメガネがずれてしまうことが多少不便でした。

壊れた眼鏡

出産で、メガネが歪んでしまいました

りんこ(29歳)


大人になるにつれどんどん視力悪くなっていき、社会人になった頃には日中はコンタクトで、寝る時にはメガネという生活を送っていました。

妊娠中は、裸眼だと赤ちゃんが見れないので、コンタクトかメガネはしていたいなと思っていました。しかし、陣痛が来た時は深夜で寝ている時間で、当たり前ですが裸眼です。コンタクト付ける余裕はなく、メガネをつけて病院へ行きました。

陣痛を耐える時間は必死で、メガネのことは気にならず、特に何も言われず、そのまま分娩終了。しかし、出産終えた後、メガネが歪んでいたので少し後悔しました。
でもメガネがあったので、産まれたばかりの我が子をしっかり見る事が出来たのは良かったのです。

帝王切開だったのでメガネを準備

まりぞう(40代前半)


視力は0.3くらいで近視の私は、普段は使い捨てのソフトコンタクトを使っています。出産の際は、最初から帝王切開で出産予定でしたので、メガネを準備して臨みました。

局所麻酔でしたが、眠ってしまうこともあると聞かされていましたので、コンタクトレンズは外し、メガネを持って手術室へ入りました。メガネは看護師さんに預けて、必要な時はすぐに渡してもらえるようにお願いしていましたので、不便さは感じませんでした。

帝王切開で出産した後は、二日間くらい焦点が合わないくらい目がぼーっとしていました。手術の後、身体か痛くて思うように動けなかったので、メガネを使っていて正解でした。

ただし、普段メガネをかけていなくて、メガネ姿で人前に出ることに慣れてない人は、お見舞いに来て下さった方の前でかけていても恥ずかしくないメガネを準備しておくことをおすすめします。身体が動くようになれば、すぐにコンタクトレンズを使えますので、どちらも入院バッグの中に入れておくと安心です。

メガネ着用のまま2人とも出産

あすかまま(42歳)


中学時代から近眼で裸眼視力は0.1以下。当然、普段からメガネを愛用しています。

一人目の妊娠中に、出産したら目が悪くなると祖母に言われました。昔の人が言うことなので根拠はないのかもしれませんが、産院から外してとも言われなかったため、出産時にはメガネを外さないようにして挑みました。分娩前と分娩後で視力が低下するか、確かめようと思ったんです(笑)。

第一子は破水から始まり、24時間くらい経って無事に出産しました。
処置が終わると私は気絶するようにメガネをかけたまま眠ってしましました。真夜中に起きて、鏡越しに辺りを見ると膜がかかったようなボヤけた視野。「祖母の言ったことは本当だった!?」と思いきや、出産時の汗と涙がレンズに汚れとして残っていただけでした(苦笑)

二人目の時も、メガネは外すようには言われなかったので、着用したまま出産。もちろん、視力も低下しませんでした。

メガネで出産。コンタクトは産後用にあるといいのかも

乱舞清子(20代後半)


昔から近視でずっとメガネをかけていました。
出産時は、メガネがくもると、赤ちゃんがちゃんと見れないかなと不安でしたが、コンタクトで出産すると、ずれて目が痛くなってしまったら嫌だなと思ったので、結局はメガネを選択しました。

ただ、コンタクトは産後まもない育児では活躍しそうな気もしています。外に出たり、子供をお風呂に入れる時に、便利だと思うからです。

裸眼で出産した体験談

普段コンタクト、分娩時は裸眼、入院中はメガネ

みっちゃん(35歳)


裸眼では0.1あるかどうか…かなり低いです。近視のため、普段はコンタクトレンズを使用しています。出産の際は、コンタクトレンズはつけず、裸眼で臨みました。

夜、破水から始まり、朝まで陣痛に耐えての出産でしたので、正解でした。もしコンタクトレンズをつけていたら、目が乾いたりして煩わしかったと思います。

産後の入院中も、目を休めることが大切と言われていたので、基本的には裸眼で過ごしていました。ただ、病院内を移動するときなどはメガネがないと危険でしたので、必要に応じてメガネをかけていました。

メガネなら、つけたり外したりするのも簡単ですので便利でした。産後、退院してからもコンタクトレンズはしばらく使いませんでした。赤ちゃんの生活リズムに合わせて自分も細切れ睡眠となるので、その都度いちいちコンタクトレンズを外すのは面倒です。かと言って装着したまま寝るのも嫌でした。今は、装着したままでいいタイプの製品も出ているらしいですが…。

今度の出産の際には、出産時は裸眼、入院中は裸眼+メガネ、退院後はさらにワンデータイプのコンタクトレンズを用意しておこうと思っています。

裸眼の状態で深呼吸する妊婦

メガネがなく恐ろしい出産に…

あか(34歳)


30代から目は近視になり、メガネは必須でした。ですが、出産時は、メガネは邪魔になるかと思い、裸眼にすることにしました。
同じようにメガネをしている姉が、出産の際にメガネがあると汗が吹きにくかったり、いきむときにメガネが邪魔だったと言っていたので。

実際に長男の出産の際、陣痛が長く続き、なかなか長男が下りて来ず子宮口も開かず、病院内を運動するように言われました。陣痛に耐えながら歩いていましたが、メガネがないと全く見えず、とても怖い思いをしました。

また、いざ出産となり陣痛室に行く際も、目が見えずに、看護師さんに手を繋がれ歩くということはとても恐怖でした。次に出産する際は、必ずメガネにします。

急だったので、裸眼のまま

まみまみまみ(20代前半)


小学校のころから近眼です。しかし、家でテレビを見ていたら急に陣痛が始まり、出産当日は、コンタクトやメガネをかけることすら忘れて産院に向かっていました。

0.0いくつと目はかなり悪いほうですが、裸眼でよかったと思います。きっとメガネをかけていたら、いきむときに邪魔になって外していたでしょうね。
コンタクトはお産の時にさしあたって邪魔になることはないと思いますが、産院で許可しているのかはわかりません。結局裸眼のまま出産となりましたので…。

子供が取り出されたときに、くっきり見えなかったのが一番の後悔でもあります。でも、いきむときには裸眼が一番な気がします。

出産時は裸眼でした

りんこ(30代後半)


私は近視で両目とも0.03です。小さい頃からすごく視力が悪く、普段はコンタクトレンズを装着していますが、出産の時は裸眼でした。

コンタクトレンズは産院から禁止されていました。産院に到着した時はメガネをかけていましたが、そこから病室に通されてベットに横たわっている時にはメガネをはずしていました。メガネをしたままだとメガネがずれたりして危ないんじゃないかと思ったからです。

裸眼で不便だなと思ったのは、やはり視力が悪いので何かと見えづらいということです。陣痛に耐えている時にちょっと時間を確認しようとしても全く時計が見えないので、その時だけメガネをかけて時間を見たりしていました。

もし私がまた次に出産することがあっても、また裸眼にすると思います。コンタクトは元々禁止されていたので装着できませんが、メガネも場合によってはずれてしまって危険な時もあると思うので、やはり裸眼が一番安心だと思うからです。

おすすめコンテンツ