産後に痩せない原因と痩せる方法

産後に痩せない原因は?母乳で痩せる人と痩せない人の違い

産後に痩せないのは骨盤の歪みが原因?母乳育児は痩せるはずなのに全然痩せない!お腹がポッコリしていると悩んでいるママへ、痩せない原因と効果的に痩せる方法をご紹介します。母乳育児は痩せるといわれる理由の真実も理解しておきましょう。産後ダイエットは、タイミングも重要です!

産後に痩せない原因は?母乳で痩せる人と痩せない人の違い

産後に痩せないのはなぜ!?痩せる人と太る人の違いとは?

お腹の贅肉を掴む女性の手

妊娠中に丸々とした体も、「出産すれば元に戻るはず!」と思っていたのに…。
出産して母乳育児を始めても、なかなか痩せず悩む方は少なくありません。

疑問に思うかもしれませんが、妊娠・出産を経験したママの体にはさまざまな変化があります。母乳を出すことで消費されるエネルギーは多いものの、痩せにくい条件も揃っているんです。

今回は、産後に痩せない原因や、効果的に痩せる方法をご紹介します。さらに、母乳育児で痩せる人と痩せない人がいるのはなぜ?といった疑問にもお答えします。

妊娠前の標準的な体重に戻すことは、健康的な体と心を作ることに繋がります。決して無理はせず、楽しみながら体を整えていきましょう。

産後の体は放っておくと太る!?産後に痩せない原因とは?

ママの体は、妊娠・出産を機に大きく変化しています。特に赤ちゃんを支えていた下半身は大きなダメージを受け、ホルモンバランスの乱れなど、目に見えない変化も。ここでは、産後に痩せない原因を詳しくご紹介します。

骨盤の歪み

ストレッチをする女性

産後に痩せない原因の一つに、妊娠・出産によりダメージを受けた骨盤の歪みがあります。

子宮などの臓器を外側から守る骨盤は、いくつかの骨が組み合わさり、靭帯や筋肉によって形が保たれています。妊娠中は赤ちゃんを守っていた骨盤も、出産時には産道を確保するために広がり、バラバラの状態に開いてしまいます。

開いた骨盤は、産後半年ほどで回復しますが、うまく戻らず歪んでしまうと下半身太りの原因に。骨盤周りの血行が悪くなり、痩せにくくなってしまうのです。産後にお尻が大きくなったと感じるのも骨盤の歪みが原因です。

筋肉量の減少による基礎代謝の低下

脂肪の燃焼には筋肉が欠かせません。しかし、安静にしていることが多い妊娠中は、筋肉量が減少し、脂肪が燃えにくくなってしまいます。出産後も、なかなか運動することができないため、基礎代謝が下がってしまうのです

さらに妊娠中は、ホルモンの働きで、靭帯や筋肉が緩みやすくなっています。そのため、出産後は腹筋も緩み、お腹のたるみやポッコリお腹にも要注意です。

ホルモンバランスの乱れ

妊娠出産を経験したママの体では、目に見えない変化も起こっています。その一つが女性ホルモンの働きです。

月経周期をコントロールし、妊娠・出産でも大きな役割を担う「エストロゲン」や「プロゲステロン」といった女性ホルモンは、妊娠すると出産直前まで分泌量が増え続けます。しかし、出産を終え役目を果たすと急激に減少。少しずつ通常の状態に戻っていくものの、産後の体はホルモンバランスが大きく乱れている状態です。そのホルモンバランスの乱れがさまざまな不調を引き起こします。

ホルモンバランスの乱れは、産後のストレスや気分の落ち込みといった精神的な面にも影響を及ぼします。ストレスがたまり、ついつい食べることで発散してしまうという方も少なくありません。

産後はホルモンバランスが大激変!不調を改善する整え方
産後はホルモンバランスが大激変!不調を改善する整え方

食生活のコントロールができない

産後は、赤ちゃんのお世話で食生活が不規則になりがちです。1日3食食べていない。食事の時間がバラバラ。忙しさのあまり早食いになってしまう。ストレスで甘いものばかり食べてしまう。母乳が出なくなるのではと心配で食べ過ぎてしまう。といった食生活の乱れが、産後に痩せない原因となってしまいます。

母乳育児は痩せるって聞いたけど…。痩せる人と痩せない人の違いは?

一般的な生活をする成人女性が1日に必要なエネルギーは、18~29歳で1,950kcal、30~49歳で2,000kcalとされ、授乳中はプラス350kcalの摂取が望ましいとされています(注1)。

子供を抱きジュースを飲む女性

完母(完全母乳)で赤ちゃんを育てているママは、授乳だけで約500kcalを消費していると考えられています(注2)。これは、ごはん2膳ほどのカロリーであり、一般的な体型の人が約2時間ウォーキングするのと同じエネルギーです。

それなら母乳育児は痩せて当然!と思うかもしれませんが、母乳育児を続けても、痩せる人と痩せない人がいます。それはどうしてなのでしょう?

単純なことですが、摂取エネルギーが必要エネルギーを上回れば、体重が減らないどころか、増えてしまう可能性が高くなります。また、この指標は完母で育てている場合の目安です。ミルクを使っている場合は、標準の摂取カロリーに戻していく必要があります。

更に、生後6ヶ月前後に離乳食が始まると、授乳量は低下します。1歳頃には卒乳する子も多く、それまでの食事を続けては、当然体重は増え気味になります。
授乳中は、子供の月齢に合わせて、 少しずつ食生活を調整する必要があるのです。

母乳ダイエットは期間限定!効率的にキレイに痩せるコツ
母乳ダイエットは期間限定!効率的にキレイに痩せるコツ

産後に痩せない時はどうすれば?効果的に痩せたい!

痩せない原因は人それぞれなので、まずは、自己分析することが大切です。原因が分かれば、効果的に痩せる方法も見えてきます。

さらに、効果的に痩せるためには、行動を起こすタイミングも大切。出産後半年間は、体が元に戻ろうとする力が働いているため、適切な運動を取り入れれば、さらに大きな効果が得られやすい時期です。

体調には個人差がありますが、産後1ヶ月検診で問題がなければ、骨盤体操やエクササイズを取り入れてみましょう。もちろん、産後半年を過ぎていても遅すぎることはありません。

骨盤を整えよう

骨盤のストレッチをする女性

骨盤の歪みは、産後に痩せない原因となる他、腰痛や内臓機能の低下など、健康面での問題も招くため、早めに整えたいものです。

気軽に始められる骨盤ベルトはおすすめですが、強く締めれば良いというわけではありません。産後すぐに使用できるものもありますが、使用法を誤ると、逆に骨盤を歪めてしまうこともありますので注意が必要です。

骨盤矯正のためのストレッチや体操は、効果が実感できるまでに時間はかかりますが、骨盤に負担をかけず整えることができます。産後の骨盤矯正を専門に行う整体院もありますので、プロの力に頼るのも一つの方法です。

産後の骨盤矯正で妊娠出産前の体型に戻す!施術時期&場所
産後の骨盤矯正で妊娠出産前の体型に戻す!施術時期&場所

育児中の姿勢を見直し、産褥体操やエクササイズを取り入れよう

出産直後は体を休めることが第一ですが、横になったままでもできる産褥体操は、出産でダメージを受けた体の回復を助ける効果があります。産褥体操は、産婦人科でも教えてもらえますので、無理をしない程度に体を動かしてみましょう。血行が良くなり、筋肉も引き締まります。

また、おむつ替えや授乳の姿勢を意識するだけでも、弱った腹筋や骨盤周りの筋肉に働き掛けることができます。背筋を伸ばした美しい姿勢を心がけ、赤ちゃんが大きくなってきたら、抱っこしながらの筋力トレーニングや、赤ちゃんと遊びながらできるエクササイズを取り入れてみましょう。

骨盤矯正の施術を受けている女性

食生活を見直そう

産後に痩せないという悩みを解決するには、食生活を見直すことが1番の近道です。1日の必要エネルギーを超えないように注意して食べましょう。早食いや夜間の間食はよくありません。

早く痩せたいからと、食事量や摂取カロリーを減らしたり、痩せやすい食材ばかりを偏って食べるのは禁物。ママの体も母乳も、食べるものから作られています。
たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルといった基本的な5代栄養素をバランスよく取り入れた食事を心がけましょう。高たんぱく、低脂肪な和食がおすすめです。

無理なダイエットは禁物!痩せすぎることのリスクも考えて

産後ダイエットは痩せて綺麗になることが目的ではありません。妊娠前の適正体重に戻し、体の負担を軽減すること、ママの心を軽くすることが目的です。

食事制限や過激な運動は禁物。育児をこなす体力が奪われ、母乳の出が悪くなるなど、赤ちゃんにも悪い影響を与えてしまいます。

最も大切なのは、赤ちゃんとママの健康です。何を優先すべきかを考え、産後の体と心の状態に合わせた方法を見つけていきましょう。

おすすめコンテンツ