新生児訪問の目的・内容

新生児訪問の内容とは?有意義だった・不要に感じた体験談

新生児訪問は必要だった?不要に感じた?新生児訪問とはなにか、目的や質問内容、乳幼児家庭全戸訪問との違いをご紹介。新生児訪問を受けたママに、いつ頃、どのぐらいの時間かかったか、新生児訪問で聞かれたことや相談したこと、お茶やお菓子などは用意したかなど、気になる点をまとめました。

新生児訪問の内容とは?有意義だった・不要に感じた体験談

新生児訪問の内容とは?有意義に過ごせたママVS不要だったママの意見

赤ちゃんが産まれると、自治体の子育て支援課などから電話がかかってきて、家庭訪問をさせてほしいという連絡が来ることがあります。正直、出産後まもないママにとっては、「家の中を見られるのは嫌だな…」と戸惑いを覚えたり、重荷に感じる方もいるでしょう。

そこで、初めて新生児訪問を受ける方に向けて、新生児訪問の目的や具体的な内容を体験談とともに紹介します。

面倒だったり、重荷に感じてる方もいるとは思いますが、メリットも多く、実際に訪問を受けてみると「良かった」と思えることも多いのです!

新生児訪問とは

白衣を着た保健師が「生後28日以内に訪問」と案内

新生児訪問とは、正式名称「新生児訪問事業」と呼び、母子保健法第11条によって厚生労働省が管轄している事業です。

自治体に所属する保健師・助産師・医師などが生後28日以内、里帰り出産の場合は60日以内に新生児のいる家庭を訪問し、子供の発達を確認し、育児に関して必要と思われる指導を行います。

新生児訪問は、その自治体で生まれた全新生児を対象とするものではありません。
一般的には、低出生体重児や多胎妊娠、若年出産などを優先的に訪問します。ただし、後述するこんにちは赤ちゃん事業(乳児家庭全戸訪問事業)との区別が曖昧だったり、第一子である家庭全員を訪問とする自治体も存在します。

新生児訪問の目的・内容

新生児訪問は、赤ちゃんの健全な成長と、母親などの精神的ケアを目的に行っています。
主に以下のような点をチェックしたり、話を聞かれることが多いでしょう。

  • 赤ちゃんの発育状況
  • 母親の健康状態
  • 母乳に関すること
  • 育児への不安や悩み
  • 家庭環境(育児を手伝ってくれる人の有無など)

自治体によててゃ、保健師さんなどが新生児用の体重計を持参し、正確な体重を測ってくれたり、授乳の仕方をチェックしてくれるケースもあります。

新生児訪問は、基本的には産後1回のみで終了します。ただし、赤ちゃんの発育や育児に関して不安が大きい場合は、継続した訪問をお願いすることも可能です。また、継続した支援が必要と判断された場合は、定期的な訪問が行われる可能性もあります。

こんにちは赤ちゃん事業(乳児家庭全戸訪問事業)との違い

生後4か月までの赤ちゃん

こんにちは赤ちゃん事業(乳幼児家庭全戸訪問事業)は、児童福祉法第六条によって定められた事業であり、生後4ヶ月までの赤ちゃんがいるすべての家庭を対象としています。

こんにちは赤ちゃん事業(乳幼児家庭全戸訪問事業)の目的は、新生児訪問と大きく変わりはなく、やはり赤ちゃんの健全な成長、養育者(ママやパパなど)の精神的ケア、育児支援の情報提供を目的にしています。聞かれる内容に関しても、新生児訪問とは大きく変わりなく、訪問するのも主に保健師という自治体が多いでしょう。

新生児訪問とこんにちは赤ちゃん事業(乳幼児家庭全戸訪問事業)は併せて実施しても良いため、訪問を受ける側からすると事業の区別がつきにくいことも多くあります。

新生児訪問を受けた体験談

新生児訪問を受けたママの体験談です。

  • 訪問はいつ、どの程度の時間かかったか
  • どんな内容の質問をされたか
  • 自分から相談したことはあるか、
  • お茶やお菓子などは用意したか

などに回答してもらいつつ、新生児訪問を受けた率直な感想を教えてもらいました。

新生児訪問を受けて良かった・必要だと思ったママの体験談

新生児訪問は、保健師さんなどと1対1で話ができる貴重な機会です。そのため、赤ちゃんの発育や授乳に関する不安を解消できたなど、受けて良かったと感じているママが多数見受けられます。

里帰り出産後に新生児訪問を受けました

きりん(30代後半)


新生児を抱く母親

産後1ヶ月は実家に里帰りをしていたので、自宅に帰ってきた生後40日くらいの時に新生児訪問を受けました。訪問してくれたのは保健師さんで、その際にお茶を用意してお出ししました。

新生児訪問で相談したことは、赤ちゃんがなぜ泣いているのかわからない、どうやって泣き止ませたらよいのかわからないというような内容を相談しました。初めての育児ということでわからないこと、不安なことがたくさんあり、色々と相談に乗ってもらいました。

新生児訪問では赤ちゃんの体重も測ったもらえて、自分の母乳がしっかり出ているのかどうかの確認ができたので良い機会だと思いました。

良いアドバイスをいただきました!

夢ママ健ママ(30歳)


新生児訪問があったのは、次男が生後38日の時です。里帰りをしていたのですが、実家から自宅に戻ってきたときに受けました。ベテランの保健師と新人の若い保健師さんがきて、お茶を出していろいろお話やアドバイスをもらいました。

新生児訪問で一番印象に残ったアドバイスは、少しくらい赤ちゃんは泣かせておいて大丈夫!肺が強くなるし、元気な証拠なんだよって言ってもらえたことです。何てったって次男は常に抱っこしてなきゃ駄目な子でした。泣かれたらすぐ抱っこしていた私にとって、すごく気持ちが楽になったアドバイスでしたね。

新生児訪問は必ずあったほうがいいと思います。赤ちゃんの身体測定をしてもらえるし、保健師さんのアドバイスももらえます。とてもいい機会だと思います。

新生児訪問で不安解消

豆ママ(30代前半)


赤ちゃんが生後1ヵ月と14日目で新生児訪問がありました。市からの委託を受けた助産師さんが自宅に訪ねて来てくれました。6月で暑い時期だったので、冷たい麦茶をお出ししました。

体重増加が病院の1ヵ月検診であまり冷えていなかったので、助産師さんが体重を測ってくれて、「1日35g増えてるから大丈夫だよ!」と言ってくれて安心しました。
あと乳児湿疹ができはじめていたので、ケアの方法を教わりました。また、ミルクが口から出ていることがある事を相談しました。その他にも、いろいろ相談して、不安が解消されて良かったです。

私の場合は、実家が遠方で頼る人がいないため、直接、育児相談出来て本当に良かったです。

早産児で生まれた娘

さっこ(27歳)


早産児で生まれた娘

予定日より、1ヶ月以上早く生まれた娘。私が退院した後も10日程長く入院していました。生後1ヶ月位は実家でお世話になる予定だったので、新生児訪問の件で連絡を頂いた時はまだ実家に居る時でした。実家が自宅と同じ市内だったので、こちらにも来て貰えるとの事でしたが、自宅に戻ってからの方が不安や相談したい事が出てくると思い、戻る時期を伝えて自宅に来て貰うことになりました。

娘が生後52日になる日に、女性の保健師さんが来てくれました。当時自宅での子育てに四苦八苦していた為か、お茶やお菓子などを用意するという事にすら気が回らなかった様に思います。そんなママ達の所へ沢山訪問されているのか、「気にしなくて大丈夫ですよ」と優しく言って下さり、赤ちゃんの体重を測定し、栄養法は何か、それを沢山飲むかどうか、悩んでいることがあるか等を質問されました。

早産児という事で、日々感じている不安や罪悪感等をお話しすると、それについて一緒に考えてくれたり、何より「大丈夫」と声をかけて貰えたのがとても救いになりました。私にとっては、新生児訪問はとても有り難かったです。

優しげな雰囲気の保健師さんでした

いぐり(40歳)


私は出産をへて自治体の新生児訪問があったのは、赤ちゃんが生後1カ月くらいの時でした。訪問したのは年配の保健師の方でした。その際には、お茶とお菓子を出しました。

新生児訪問で聞かれた内容は赤ちゃんの体重が順調に増えているかどうかということと、私自身の体調が順調に回復しているかということでした。

私から相談したことは、赤ちゃんが夜中よく起きてしまうことでした。それに対してのアドバイスは、まだ小さいうちはある程度起きるのは仕方ないので、身体がキツかったら旦那さんや手伝ってもらえる人に頼ってみてはどうかということを言われました。

様々なことを相談できるし、赤ちゃんの体重も測ってもらえるので、新生児訪問はあった方が良いと思います。

嬉しかった新生児訪問

七海(25歳)


新生児訪問で保健師さんが自宅に来てくれたのは生後17日目でした。その頃の私はまだ若く新生児訪問という制度があることも知らず、かなり年配の保健師さんが来てくれた時は何をすればいいのか戸惑いました。もちろんお茶やお菓子を出すこともすっかり忘れていました。

でも近くに頼れるような両親や親戚もおらず、泣いてばかりの子供と不安な日々を送っていたのでとても嬉しかったのを覚えています。夜泣きが激しく疲れきっていたので、おばあちゃんとも言えそうなその女性の保健師さんの話を聞いたりして気分転換にもなりました。

予防接種の重要性などについても説明を受けました。アドバイスの内容もそうですが、当時の私の不安感の軽減に役立ちました。新生児訪問は特に核家族世帯にとっては貴重だと思います。

助産師に相談して安心

話を聞いてもらうことで自分も安心できる

丸山すみれ(20代後半)


2人出産しましたが、どちらの子の時も流れは同じ。母子手帳に付属の出生連絡ハガキを投函した後、市から新生児訪問の電話連絡が来て、生後1ヶ月頃に助産師さんが自宅に訪問。市の方ですし、産後間もないので、特に頑張ってもてなす必要はないと思い、私はお茶だけ用意しました。

内容としては主に4つ。(1)赤ちゃんの発育の測定、(2)ヒアリングと相談(子供に関して気になることはないか、家庭の様子(家族の家事・育児の参加の割合)、相談できる人はいるか、など)、(3)市からの出産記念品のプレゼント、(4)今後の連絡、相談先の案内。

助産師さんは優しい雰囲気の方で、終始なごやかに進みました。産後まもなくは外出もできず、特に第一子の時は慣れない育児と家事で心身ともにギリギリの状態でしたので、助産師さんとの会話でかなり安心したのを覚えています。

訪問前は、正直めんどくさいなあと思っていたのですが、新生児訪問で誰かに話を聞いてもらうことは本当に大切だと実感しました。特に、実家が遠方だったり夫が多忙だったりして、頼れる存在が近くにいないかたには本当に重要な機会だと思います。

4人目ですが、訪問はやはり嬉しいです

かれん(29歳)


出産してから三週間後くらいに保健師さんが自宅に来てくれました。私は四人目の出産だったので、特に心配事や不安な気持ちはありませんでした。それでも、保健師さんが家に来て赤ちゃんの様子を見に来てくれたことが嬉しかったです。

退院してからのおうちでの様子や、上の子たちの様子、私の体と心の様子についてお話しさせていただきました。日中は上の子達の世話と家事と三時間おきの授乳でヘトヘトだけど、ベテランの気持ちをわかってもらえる方に聞いてもらえるだけで心が落ち着きました。

初めての出産であればなおさら不安なことがたくさんあると思うので、顔を見に行くということだけでも意味があることだと思います。新生児訪問は、これからも是非続けていってほしいです。

母親の不安をスッキリさせてくれる新生児訪問

かず(34歳)


母親の話を聞く保健師

現在3歳になる息子を出産した歳、生後40日後に新生児訪問をしていただきました。来てくださった保健師の方は、温かい雰囲気の方で、自宅に来てくださって安心できました。

私は、初めての育児で相談したいことが沢山あり、お茶を用意して待っていました。「母乳の出が良いのか悪いのか分からないこと」「哺乳瓶は嫌がること」「うんちが出ない時は大丈夫なのか」など不安なことを相談しました。保健師の方は温かい笑顔で「良いお母さんですね」「お子さんのために必死に頑張っていることが良く分かります」と言われてとても嬉しかったことを覚えています。

「母乳の出は子どもの体重の推移をみていくこと」「嫌がる哺乳瓶は無理せず母乳が足りないと分かった時に考えるべき。現在の体重の増加傾向では母乳で問題無い」「うんちが心配な時は綿棒浣腸すること」とアドバイスいただきました。

新生児訪問は赤ちゃんの健康チェックだけでなく、母親の不安を解決し、ストレスなく育児していくためにとてもありがたい制度だと思います。

自宅に戻って少ししてからの訪問でした

斎藤優香(29歳)


初めての新生児訪問を受けたのは息子が2ヶ月すぎたくらいでした。里帰り出産で1ヶ月半で自宅に帰ってきていたので、自宅育児をスタートして少ししてから自宅で受けました。

訪問された方は保健師の方で50代くらいの慣れている感じの方でした。夏場だったこともあり、お茶は出しました。体重を測ったりというのはなく、悩みや心配なことを聞かれたりしたので、私自身が便が固く便秘ということを聞いてもらいましたが、母乳や汗などで水分不足になるからいつもより多めに水分をとるようアドバイスいただきました。

また息子をあやしてもらい、市の配布している絵本をいただいたりして、リラックスして話を聞いてもらえました。やはり初めての育児で悩んでいた身体のことや子育てのアドバイスをもらえたり、プロの意見をいただけるので新生児訪問は受けた方が良いと思います。

大切な相談時間

のり(30代前半)


里帰り出産でしたので、保健師さんの訪問日は早い方ではなかったかもしれません。子供が生後70日の頃、市の保健師さんが訪ねて来られました。訪問中は赤ちゃんの体重や身長、健康状態のチェックをして頂き、子育てで困ったことはないか、周りに相談できる大人はいるかどうかなど母親の状況についてもお話がありました。

担当して頂いた保健師さんはとても優しい方でお話しやすかったです。30分は滞在されていたでしょうか、お帰りになられる前に少しだけお茶を飲んで頂き、訪問終了となりました。
後日何か相談事が出来た際に困らないよう、名刺を頂きました。初産の方には特に右も左も分からない育児で小さな赤ちゃんの健康状態や些細な疑問などに耳を傾けてくれる保健師さんの存在はとても重要だと思います。

民生委員と助産師による新生児訪問

久田ふみ(20代後半)


診断する助産師

新生児訪問を受けたのは、生後3か月の時でした。里帰り出産をしており、自宅に戻ってすぐ、新生児訪問を受けました。私の住む地域では、2度の新生児訪問があり、「民生委員」と呼ばれるボランティアのかたの訪問が1回、助産師による訪問が1回ありました。

最初に訪問にいらしたのは、民生委員の方です。40代くらいの女性で、自宅の近くに住む先輩ママさんでした。最初はどんな方が来るのかドキドキしました、実際に会ってみて、笑顔がチャーミングないい方だったので安心しました。一応、お茶は出しましたが、特にお菓子などはお出ししていません。

民生委員の方には、子育て経験者として、地域の子育て支援の情報を教えていただきました。一週間後、助産師による訪問がありました。赤ちゃんの体重のチェックや、反応をみる簡単な健康診断のようなものがありました。
「子育てについて、不安なことはありますか」と訪ねられたので、ミルクの量についてや、寝つきが悪いことなどを相談しました。また、離乳食の始め方についてもアドバイスをもらいました。

私は初めての育児だったので、不安なことを聞いてもらえる新生児訪問は、とてもありがたかったです。

プロのアドバイスを受けられる機会

まっつぁん(30代前半)


自治体からの新生児訪問があったのは私の住む地域では生後2カ月の頃でした。里帰りからもう自宅に帰っていたので自宅での新生児訪問でした。訪問されたのは、助産師さんでした。

お茶やお菓子は用意しませんでした。新生児訪問で聞かれた内容は、家族構成、出産時の状況(正常分娩だったか等)、現在の健康状態、一日の生活リズムなどを聞かれました。相談したことは授乳の間隔がかなり短かったので授乳について相談させてもらいました。

新生児訪問はあったほうがいいと思います。その理由は、一人だけで悩んでいたり困っていたりする方に新生児訪問することによって助産師さんなどのプロフェッショナルの方からアドバイスなどが受けられるからです。

新生児訪問は不要だと思ったママの体験談

不満げな表情の女性

産後まもない時期に行われる新生児訪問は、ママによってはかえって精神的負担となるケースもあります。また、残念ながら保健師さんなど訪問者との相性が悪かったために、不愉快な思いをしたという人も見受けられました。

新生児訪問は、母子保健法第11条に「育児上必要があると認めるときは」とあるので、断ることも可能です。ただし、新生児訪問を断ったとしても、生後4ヶ月以内の赤ちゃんを対象としたこんにちは赤ちゃん事業(乳児家庭全戸訪問事業)は、全家庭が対象です。

新生児訪問も、乳児家庭全戸訪問事業も、子どもたちが健全に成長できるように、社会全体で子供たちのために行っている事業です。特別な事業がない限り、新生児訪問はできるだけ受けておくことをオススメします。

新生児訪問について

モモコ(36歳)


私は、出産後、1か月ほど里帰りしており、自宅に戻ってから、新生児訪問に来て頂きました。お電話を頂き、生後2カ月半ばくらいだったと思います。保健師の優しい雰囲気の若い女性の方が来られました。玄関先でちょっと話す程度だと思っていたのですが、友達から「家の中に上がって30分くらいはいるよ」と聞いていたので、そのつもりで待っていました。

実際、来られた時には、母乳があまり出なくて悩んでいましたので、相談すると、おっぱいマッサージや、食事のバランスなどを指導してくださいました。

でも、正直申し上げると、私はあまり必要性がありませんでした。気も使いますし、お菓子は用意しませんでしたけど、部屋を掃除してお茶をお出ししましたので、産後の身体はやや負担です。電話でも良いと思います。

訪問はかえって負担に感じました。

岡本ののか(39歳)


出産後1ヶ月健診が終わるまで実家に里帰りしていた時、夫から、「役所の人が来て、また里帰りが終わった頃に出直す」と言っていたと連絡を受けました。その後、自分の家に戻りけっこう直ぐに訪問があったので、産後1ヶ月半くらいの時のことです。

保健師さんが来られて玄関先に腰掛けて話をしました。やたらと大量の子育て支援のプリントと絵本を頂きました。不安はないか、頼れる人はいるかと聞かれ、たまたま姑が犬の散歩途中に立ち寄ったら、いつも姑が連絡無しに押しかけてくるのかと言ったことまで、心配そうにたずねられました。正直、おせっかいというか、余計なお世話だと感じました。

産後うつなどを心配しているのかもしれませんが、私は5分でも時間があれば休みたいので、訪問してきて不安を煽るような質問ばかりされるのは迷惑でした。

おすすめコンテンツ