双子の男の子におすすめの名前

双子の男の子にオススメの名前・双子の名付けの注意点

双子の男の子の名前はどう決めたらいい?戸籍上は長男・次男と記載されるため、双子の男の子の名付けには注意点もあります。おすすめの名前とその読み方・画数を、漢字一文字の名前、二文字の名前、三文字の名前に分けて紹介。強さを連想する名前、知的さを感じる名前など、込められる意味にも注目!

双子の男の子にオススメの名前・双子の名付けの注意点

双子の男の子の名前はどんなふうに決めると良い?

赤ちゃんの名前を考えるのはとても楽しいことではありますが、いざ決めるとなると意外に難しくてなかなか決められないものです。そのうえ、双子ともなると、ひとりの時以上に悩みます。

双子の名前を決めるときは、まずはある程度の法則を決めると、候補を絞りやすくなります。

同じ漢字を使う

双子の名前で一番多いのが、同じ漢字を使う事です。男の子場合、『優斗(ゆうと)・海斗(かいと)』のように止め字で使うことが多いです。また『雄太(ゆうた)・太一(たいち)』など読み方や漢字は同じだけど、使う場所を変えてもいいでしょう。

和希と和真の同じ漢字を使って名付け

『和希(かずき)・和真(かずま)』など、頭が同じ音で始まる名前は、紛らわしく、愛称も『かずくん』など一緒になってしまうので、避けたほうが無難です。同じ漢字を頭に持ってくる場合は『大翔(ひろと)・大輝(たいき)』など読み方を変えるなど工夫するといいでしょう。

合わせるとひとつの言葉になる

『正人(まさと)・直人(なおと)』⇒正直、『桔平(きっぺい)・和樹(かずき)』⇒平和など、ふたりの名前をあわせると、ひとつの言葉になる名前は、双子ならではの名付けといえます。

しかし、「正直」や「平和」などひとつの言葉を割ると、上下感を覚えることがあるので、気になる人は避けましょう。

コンセプトを同じにする

コンセプトを同じにして名付け

『陸人(りくと)・大地(だいち)』など漢字や読み方は違っても、季節をイメージする漢字や色を使った漢字、植物にまつわる漢字など、コンセプトをそろえるのも双子ならではの名付けの方法です。

例えば音楽好きなご夫婦だったり、出会いのきっかけがコンサートやライブだった場合、「奏」「弦」「律」など、音や旋律にまつわる漢字で揃えるのもオススメの名付けの方法です。

双子の男の子の名前で気を付けること

双子の名付けで注意したいのは、公平さを保つことです。
まわりの人はもれなく「どちらがお兄ちゃん」を聞いてきます。両親や本人は対等な関係を望んでいるはずですので、なるべく対等な名前になるように配慮しましょう。

例えば、『太陽(たいよう)・風太(ふうた)』といった名前からは、『北風と太陽』という物語を連想します。この場合、風太という名前が勝負に負けた北風をイメージしてしまうので、優劣を感じてしまいます。

また、双子とはいえ、戸籍上は『長男』・『次男』と記載しなければいけません。
男の子場合、『虎太郎(こたろう)・龍二郎(りゅうじろう)』『健一(けんいち)・康二(こうじ)』など、兄弟の名前としては昔からよくあるものですが、双子の場合は「数分しか違わないのに」と不満を持つ可能性があるので、避けましょう。

双子の男の子におすすめの名前【漢字一文字編】

漢字一文字で名付けられた男の子の名前は、明治安田生命の名前ランキングなどでも毎年上位に入る人気があります。漢字一文字の名前は、願いをストレートに託せるのも魅力です。

男の子らしい強さをイメージする名前

毅(たけし)・剛(つよし)

毅(たけし)・剛(つよし)

毅は15画
意志が強いという意味があり、『どんなことにも立ち向かっていく強い子に育ってほしい』など、男の子らしい強さを願う名前です。

剛は10画。
硬くて強いという意味があり、『大切な人を守れる強い人になってほしい』など男の子らしいたくましさを願う名前です。

漢字はそれぞれ違いますが、名前の響きや漢字の持つイメージから共通性を感じる双子の名前です。

その他
勇(いさむ)・将(まさる)/拓(たく)・壮(そう)/俊(しゅん)・秀(しゅう)

世界で活躍するイメージの名前

翔(かける・しょう)・航(わたる・こう)

翔(かける・しょう)・航(わたる・こう)

翔は12画。
空高く飛ぶという意味があるので、『高い目標に向かってたくましく成長してほしい』など輝かしい未来へ羽ばたいていってほしいと願う名前です。

航は10画。
船でまっすぐに渡るという意味と、航空機という言葉から空へ飛び立つという意味もあります。
『未知への探求心を恐れない強い人になってほしい』など輝かしい未来を、力強く進んでほしいと願う名前です。

その他
翔(しょう)・翼(つばさ)/煌(あきら)・輝(ひかる)/昴(すばる)・昇(のぼる)

誠実さ、素直さをイメージする名前

徹(とおる)・敦(あつし)

徹(とおる)・敦(あつし)

徹は15画。
芯の強さを意味し、最後までやり通す強さを表す言葉です。『物事に真摯な心で接する優しい人になってほしい』という願いを込められる名前です。

敦は12画。
敦は「情にあつい」という意味があり、『どんな人にも真摯に向き合う優しい人になってほしい』という意味を込められる名前です。

その他
謙(けん)・廉(れん)/優(ゆう)・悠(はる)/護(まもる)・惺(さとる)

双子の男の子におすすめの名前【漢字二文字編】

漢字二文字の名前は、苗字とのバランスもとりやすく、理想の画数も求めやすいというメリットがあります。男の子の双子なら、止め字に同じ漢字を使うなどの方法がよく見られます。

行動力・積極的なイメージの名前

啓祐(けいすけ)・壮祐(そうすけ)

啓祐・壮祐

二人に共通する「祐」は、神の助けという意味があります。赤ちゃんが夫婦にとって最高の贈り物という想いを表現することもできるでしょう。

啓は11画、祐は9画、合計20画。
「啓」は教え導く、開放するという意味があります。教え導くという意味からリーダーシップをとれる人であり、開放するという意味から心の広さを感じます。
『誰とでも打ち解ける優しさを持ち、先頭に立って行動できる積極的な子に育ってほしい』。
優しくもあり強くもある男の人になってほしいという願いを込めた名前です。

壮は6画、祐は9画、合計15画。
「壮」は元気づける、勇ましいという意味があります。落ち込んでいる人、悲しんでいる人を元気づける優しさと、勇猛果敢な強さを持っています。
『どんな人にも優しく接し、どんなことにも立ち向かっていく勇ましい人になってほしい』。
強さの中にも優しさのある男の人になってほしいという願いを込めた名前です。

・その他
駿介(しゅんすけ)・颯介(そうすけ)/隼人(はやと)・将人(まさと)/功太(こうた)・勘太(かんた)

純粋・素直なイメージの名前

瑛太(えいた)・恒太(こうた)

瑛太・恒太

二人に共通する「太」は、力強さやたくましさを感じることから、男の子の名付けでとても人気のある漢字です。非常に・大きい・豊かという意味があります。太いという字から、落ち着きのある頼もしい印象を抱くことができます。どっしりとした逞しさから、周囲に安心感を与えるでしょう。

瑛は12画、太は4画、合計16画。
「瑛」はすみきった玉、水晶のような透明な玉という意味があります。穢れのない心をイメージすることができます。
『いつまでも純粋な心を忘れず、何事にも前向きに取り組める強い人になってほしい』といった願いを込められる名前です。

恒は9画、太は4画、合計13画。
「恒」はいつも変わらない、一定しているという意味があります。名前からは、子供の頃の純真さを忘れず、人の意見に左右されず、自分のペースを貫ける人という印象を抱けます。
『常に純真な気持ちで物事に接し、何があっても動じない強い人になってほしい』など、優しさと芯の強さを併せ持った名前です。

・その他
悠斗(はると)・優斗(ゆうと)/泰樹(たいき)・裕樹(ゆうき)/祐介(ゆうすけ)・孝介(こうすけ)

感性豊かなイメージの名前

奏介(そうすけ)・詠介(えいすけ)

奏介・詠介

二人に共通する「介」は、介助や介護など人を助けるという意味があります。人と人とのつながりを大切にし、思いやりがあり優しい人という印象を受けます。

奏は9画、介は4画、合計13画。
「奏」には楽器を奏でるという意味はもちろんですが、品物や種類をそろえて君主に差し出す=成果を得るという意味もあります。
『素晴らしい仲間に恵まれ、成功をつかみ取ってほしい』、または『成功をつかみ取り、周囲の人を助けられる人に』と願う名前です。

詠は12画。介は4画、合計16画。
「詠」は和歌を詠むなど詩歌をうたうという意味があります。和歌は短い言葉で想いを伝えたり、自然の美しさを情緒あふれる言葉で伝えるものです。
『豊かな心で周囲の人を和ませ、芸術的な才能を発揮してほしい』など、周囲の人に安らぎを与えられる人になってほしいと願う名前です。

その他
奏太(かなた)・弦太(げんた)/奏吾(そうご)・響吾(きょうご)/大雅(たいが)・光雅(こうが)

知的なイメージの名前   

・聡吾(そうご)・賢吾(けんご)

聡吾・賢吾

二人に共通する「吾」は、吾輩という言葉があるように自分という意味です。また相手を親しんで呼ぶ時につける言葉でもあります。

聡は14画。吾は7画、合計21画。
「聡」は、物事の理解が早く、賢いという意味です。耳がよく聞こえ、目がよく見えるという意味もあるので、人の話をよく聞き、将来の出来事を見抜く『先見の明』がある人に育ってほしいという願いも込められます。
『周囲の意見を聞き、自分の考えをしっかり持ち力強く歩んでほしい』。
聡明さと力強さの両方を感じられる名前です。

賢は16画、吾は7画、合計23画。
「賢」は、知恵や才能が優れているという意味があります。また、人を敬うという意味もあります。
『才能に溺れることなく、正しい道へ力強く突き進んでほしい』という願いが込められる名前です。

その他
聡史(さとし)・啓史(けいし)/俊輔(しゅんすけ)・賢介(けんすけ)/智也(ともや)・聡也(さとや)

双子の男の子におすすめの名前【漢字三文字編】

漢字三文字の名前は、とても男らしく存在感があるので、最近では人気が急上昇しています。
漢字三文字だと、一見硬そうなイメージを抱きますが、例えば『慎之介(しんのすけ)・幸之助(こうのすけ)』だと『しんちゃん・こうちゃん』といった愛称で呼ばれることも多いので、実はとても親しみやすい名前でもあります。

双子の場合は、三文字の名前に多い〇太郎や〇次郎、〇一朗や〇二朗など、順位があかさまにわかるものは避けた方が無難です。どうしてもつけたい場合は、『〇太郎・□太郎』、『〇一郎・□一郎』にするか、『〇太郎・〇一郎』のように二人とも一番目に来る名前にするといいでしょう。

人気の名前とは~古風?響き優先?名付けの流行を知ろう!
人気の名前とは~古風?響き優先?名付けの流行を知ろう!

力強く男らしいイメージの名前

虎之介(とらのすけ)・龍之介(りゅうのすけ)

虎之介・龍之介

二人に共通する「之」は、まっすぐに歩みを進めるという様子を表した漢字で、「介」は助けるという意味を持ちます。(之は4画と表示している辞典もありますが、ここではより多くの辞典などで表記されている3画としました)。

虎は8画、之は3画、介は4画、合計15画。
「虎は」勇猛なものというイメージがあり、強くたくましい印象を与えます。
『困難にぶち当たっても、立ち向かっていく力強い人になってほしい』など、目的に向かって前進していってほしいと願いを込められる名前です。

龍は16画、之は3画、介は4画、合計23画。
「龍」は、鱗や角、鋭い爪をもった空想上の動物をさし、王者のたとえや君主という意味があります。龍といえば天に力強く登っていくイメージから、目的を達成しようとする姿や、向上心といった言葉を思い浮かべることができます。
『高い目標に向かって、突き進む人になってほしい』など、虎之助同様に、力強さを感じる名前です。

※同じ読み方の「竜」という漢字があります。「龍」は「竜」という字の旧字体で同じ意味があります。竜の画数は10画ですので、苗字とのバランスや画数でどちらを使うかを選ぶといいでしょう。

・その他
雄之助(ゆうのすけ)・隆之助(りゅうのすけ)/雄志郎(ゆうしろう)・征志郎(せいしろう)

誠実で知的なイメージの名前

誠史郎(せいしろう)・謙史郎(けんしろう)

誠史郎・謙史郎

二人に共通する「史」ですが、『史に三長あり』いう言葉があります。歴史を書く人は、才能・学問・見識の三つが必要だという意味で、とても知的な印象を受ける漢字です。
「郎」は、良い・優れているという「良」という意味が転じて「良い男」となり、「男性の美称」です。

誠は13画、史は5画、郎は9画、合計27画。
「誠」は嘘偽りのない心という意味があります。中国の儒教の教えの中で用いられていましたが、日本では、主君へ忠義を尽くす、弱気を助け強きを挫くなど、武士道の精神を表す漢字として使われてきたという背景があります。幕末に活躍した新選組の旗印としても有名です。
『困っている人を助ける優しさと強さを兼ね備えたってほしい』、心技体を鍛えて、人の役に立つような仕事をしてほしいという思いが込められる名前です。

謙は20画、史は5画、郎は9画、合計34画。
「謙」は譲る、敬うなどの意味があります。我を通しすぎず、他人の意見を聞き入れ、謙虚さや慎み深い人柄を思わせる漢字です。
『相手のことを気遣える優しさを持ち、物事を深く理解できる人になってほしい』など、誠実かつ知的で、他人から信頼される性格に育って欲しいという願いが込められるでしょう。

その他
聡史郎(そうしろう)・啓史郎(けいしろう)/煌之助(こうのすけ)・祐之助(ゆうのすけ)

おおらかで優しいイメージの名前

孝之介(こうのすけ)・悠之介(ゆうのすけ)

孝之介・悠之介

「之」「介」は先ほども紹介しましたとおり、三文字の男の子の名前ではよく使われる漢字です。
まっすぐに歩みを進めるという意味の「之」と、助けるという意味の「介」の二文字から、素直な優しい人に育ってほしいという願いを込められます。

孝は7画、之は3画、介は4画、合計14画。
「孝」は、親孝行という言葉があるように、優しさや思いやりのある人という意味があります。
『感謝の念を忘れないことで、誰からも好かれる優しい人になってほしい』など、心の広い優しい人になってほしいという願いが込められる名前です。

悠は11画、之は3画、介は4画、合計18画。
「悠」は身も心も清められ、ゆったりと落ち着いた様子を表します。どこまでも長く続くという意味もあります。
『人の心に寄り添い、誰とでも仲良くできる、おおらかな人になってほしい』など、他人に安心感を与えられる人になってほしいと願う名前です。

・その他
友志朗(ゆうしろう)・孝志郎(こうしろう)/優志朗(ゆうしろう)・奏志朗(そうしろう)

『介』『助』『佑』『輔』は長男には向かない漢字?

男の子の名前で、「すけ」と読ませる漢字には、『介』『助』『佑』『輔』などがあり、いずれも助けるという意味があります。二番目、補佐役という意味も含まれることから、昔は次男につけることが多かった漢字です。

そういった背景から、年配者の中には「二人目なの?」や「補佐役でいいの?」など聞いてくる人もいるかもしれません。しかし、『一番にならなくても、困っている人の支えになれる優しい人』という想いを込めることもでき、現代では関係なく使われています。

あまり気にする必要はありませんが、おじいちゃんおばあちゃんの世代では抵抗を感じる人もいるので、この点は覚えて置き、身内の反応を探ってみても良いでしょう。

双子とはいえ、名前の意味と個性は大切に!

双子の名前は、同じ漢字を使ったり、似たような名前をつけることは確かに多いです。
記事でも、同じ止め字や同じ意味の漢字を使った名前を紹介しましたが、双子だから必ずそうしなければいけないという決まりはもちろんありません。

双子といえども全く別の人格であり、それぞれ個性があります。どんなに顔が似ていても、性格はまったく違うように育つはずです。共通性を意識するあまり、意味を無理矢理こじつけたような名前にならないように気を付けましょう。

大切なのは、お子さんのために素敵な名前を贈ることです。一生に一度の贈り物なので、素敵な名前をプレゼントしてあげてください。

赤ちゃんの名付け男の子編・素敵な名前を子供に贈るコツ
赤ちゃんの名付け男の子編・素敵な名前を子供に贈るコツ

おすすめコンテンツ