双子の女の子におすすめの名前

双子の女の子におすすめの名前~名付けに共通性は必要?

双子の女の子におすすめの名前を紹介。漢字一文字・二文字・三文字の名前と、ひらがなの名前をピックアップし、優しい・知的・植物に関連する名前・和風な名前など、イメージ別にまとめました。同性の双子の場合、名前に統一感はあった方がいいのか、双子の名付けならではの悩みにも回答します。

双子の女の子におすすめの名前~名付けに共通性は必要?

双子の名前・女の子編!名付けで大切なこととは?

赤ちゃんの名付けはママやパパにとっての大仕事です。
使いたい漢字があるのに良い名前が思い浮かばない、一生懸命考えて決めた名前なのに画数が良くないなど、素敵な名前を贈りたいと思えば思うほど悩んでしまいます。

しかも、名付けを1度にする双子となると、尚更たいへんです。どっちも同じように良い名前を贈りたいのに、「こっちの方が明らかに良い名前な気がする」「次女の名前が後付けっぽい」など、ママやパパは悩んでしまいます。

今回は、双子の女の子におすすめの名前を紹介します。漢字はもちろん、女の子特有のひらがなの名前もピックアップしましたので、参考にしてください。

双子の名前に統一感は必要?

双子の姉妹が背中を向けて並んで立つ

双子の名前というと、『桜』と『葵』など、名付けのコンセプトなどに統一感のある名前が多い印象があります。

しかし、双子を似たような名前にすることで、周囲の人が紛らわしいと感じたり、2人で1セットみたいで可哀相なのでは?と考える人もいるようです。そのため、双子の名付けに悩むママやパパにとって、共通性のある名前にするかどうかは、名付けの大きなポイントといえます。

実は筆者も双子の女の子の母親です。自身の体験も交えつつ、双子の名前について考察してみました。

統一感のある名前は、平等さ・公平さを意識した結果

せっかく双子で生まれてきたのだから、統一感のある名前にと思うことは自然なことです。平等な名前をと思うからこそ、共通性のある名前にもなります。

「似た名前だから個人を尊重していない」なんてことはありません。それぞれの個性を考えてつけられた名前なので、きちんとそれぞれの人格を尊重した名前と胸を張って言えます。

我が家もそう考えたから、統一感のある名前を双子の娘たちに名付けました。

双子の名前は一緒に知られることが多い

一緒に名前を聞かれる双子

「双子は似た名前が多い」と思われがちですが、普通の兄弟姉妹でも同じ漢字を使ったり、同じ植物系や色だったり統一性を持たせた名前は意外に多いものです。

なぜ、「双子だから……』と言われるかというと、二人の名前を並べて見たり、聞いたりする機会が普通の兄弟姉妹よりも多いという事が原因として挙げられます。

普通、同級生の兄弟姉妹の名前を知る機会はありませんが、双子の場合は、幼児期や学童期は多くの場面で二人の名前を一緒に知ることになるからです。

「似ていて紛らわしい」名前は双子に限らない

ですが、「名前が似ていて紛らわしい」というのは、双子に限ったことではありません。
筆者は双子の女の子の他に、男の子の子供もいますが、姉弟でよく名前を呼び間違えます。へたするとひとりを呼ぶのに全員の名前を呼んでしまうこともあります。

また、学校でも、紛らわしいのは双子に限りません。流行の名前だと、クラス内に、3人以上同じ名前の子がいるケースも珍しくありません。

双子は確かに顔も似ているので紛らわしいのかもしれませんが、仲良くなったお友達は間違わずにちゃんと名前を覚えてくれます。

人気の名前とは~古風?響き優先?名付けの流行を知ろう!
人気の名前とは~古風?響き優先?名付けの流行を知ろう!

統一感のない名前にすると、それもまたツッコミの対象に

もちろん、双子で全く違う名前でも、ご両親の想いがこもった名前であれば素敵な名前です。統一感にこだわる必要性はありません。筆者の友人の双子のきょうだいにも、まったく共通性のない名前の子供たちがいます。

しかし、『双子=似た名前』と思っている人も多いため、共通性のない名前だと、今度は「どうして違う名前なの?」と聞かれることは多いようです。

共通性のある名前を付けても、ない名前をつけても、双子の名付けは周囲の人からすると「なぜ?」と言われてしまうのは、なかなか面白くも困った現象です。

双子の女の子を育てている筆者の考え

手を取り合って遊ぶ双子の姉妹

当たり前ですが、「双子だから統一感のある名前にしなければいけない」という理由はありません。反対に、「統一感のある名前は個人を尊重していない」というのも違います。

双子というのはとにかく目立つため、本人や親の意識に関わらず、どうしても周囲の人から注目を浴びてしまいがちです。しかし、そうした言動をいちいち気にしていては身が持ちません。

大切なことは、その名前にどんな想いが込められているかということです。双子のママやパパは悩みも多いと思いますが、最終的には、自分たちが子供のために考えた名前に胸を張ってください。

双子の女の子の名付けで注意したいこと

共通性のある名前、ない名前、どちらでも構いませんが、双子の名付けには少しだけ気を付けたいポイントがあります。それは、公平であることです。

どちらか一方が格下に思える名前は避ける

同じ花の名前でも『蘭(らん)・梅(うめ)』なら、梅の花も白くて可愛らしい花ですが、蘭というと胡蝶蘭を思い浮かべる人も多く、梅と比べると蘭のほうが華やかで豪華というイメージがあるので、梅が格下に感じてしまいます。

双子でも紛らわしくない名付けのコツ

双子の名前に多い、同じ漢字を使った名前ですが、『真希(まき)・真由(まゆ)』のように同じ読みが頭にくると、愛称や呼び名が同じ『まーちゃん』になってしまいます。

同じ漢字や読み方をする場合は『千秋(ちあき)・秋穂(あきほ)』など違う場所に使うか、『彩菜(あやな)・優菜(ゆうな)』など止め字を同じにするといいでしょう。

双子の女の子におすすめの漢字一文字の名前

女の子の名前は、柔らかく可愛らしいというイメージや、可憐で優しい人になってほしいという願いを込めた名前が多い傾向にあります。

ここでは双子らしい関連性のある名前を紹介しています。
しかし、単独の名前だけ見ても、画数や漢字の意味は一緒ですので、名付けの参考にしてみてはいかがでしょうか?

艶やかで明るいイメージの名前

香(かおり)・光(ひかり)

香(かおり)・光(ひかり)

香は9画。
良い匂いという意味があり、昔はかおりを楽しむことは上品で雅やかなことと考えられていたので、美しい人や品のある人という印象を抱きます。
良い香りは人の心を和ませますので、『人を惹きつける香りのように、魅力ある人に育ってほしい』と願う名前です。

光は6画。
明るく輝く、光を発散させるという意味があります。また、光には希望という意味も含まれています。
自身が輝くことで、その周りも輝かせる力を持っている光。『闇の中で輝く光が希望に満ちているように、光輝くことで人を導ける人になってほしい』という願いが込められる名前です。

その他
楓(かえで)・椛(もみじ)/彩(あや)・萌(もえ)/華(はな)・絢(あや)

優しくて愛嬌があるイメージの名前

・郁(いく)・優(ゆう)

郁(いく)・優(ゆう)

郁は9画。
香りがいい・かぐわしいという意味があり、アケビに似た果実を実らせるムベという果物は郁子と書きます。ムベの花言葉は愛嬌です。
『人に元気を与える愛嬌のある人になってほしい』など、温かみのある人になってほしいと願う名前です。

優は17画。
ご存知の通り、優しいという意味と優れているという意味があり、『ゆう』という響きも柔らかく人気のある漢字です。
『人の痛みのわかる優しい人になってほしい』など、誰にでも優しくおおらかな女性に育ってほしいと願う名前です。

その他
桃(もも)・杏(あん・あんず)円(まどか)・満(みちる)/舞(まい)・愛(あい)

知的で美しいイメージの名前

凛(りん)・怜(れい)

凛(りん)・怜(れい)

凛は15画。
心が引き締まるという意味があり、清らかで上品なイメージを抱きます。
「凛々しい」という言葉から男の子にも使われる漢字ですが、明治安田生命のランキングには、女の子の名前で人気のある漢字として、常に上位に入っている漢字です。
『人の意見に流されず、自分らしく胸を張って生きていってほしい』など芯の強い女性をイメージできます。

※『凛』(右下が示)という漢字には『凜』(右下が禾)という漢字があります。『凜』(右下が禾)が正字で『凛』(右下が示)が俗字です。どちらも同じ意味・同じ画数で、両方とも人名として使うことができるので、好みで選んで差支えありません。
ただし、『凜』と『凛』は、間違えられやすい字であることは覚えておいてください。俗字ではありますが『凛』(右下が示)のほうがパソコンのJIS漢字コードに最初に登録されたので、『凛』(右下が示)と変換されることが多いです。


怜は8画。
賢い・いつくしむという意味があります。心が澄んでいる様子という意味もあり、純粋さをイメージできます。
いつまでも純真さを忘れず、まっすぐに育ってほしい』など、自身の持つ賢さで困っている人を助ける優しい人になってほしいと願う名前です。

その他
梢(こずえ)・雫(しずく)/菫(すみれ)・葵(あおい)/文(あや)・栞(しおり)

双子の女の子におすすめの二文字の漢字&ひらがなの名前

漢字二文字の名前は苗字とのバランスもよく、止め字を同じにすると統一感が出ます。

果物からイメージした名前

胡桃(くるみ)・花梨(かりん)

胡桃(くるみ)・花梨(かりん)

胡は9画、桃は10画、合計19画。
古くから生活に役立つ木ということで、胡桃の花言葉は『知性』『英知』です。周りの殻は固いですが、実はおいしく「貴族の美容食」として愛好されているほどです。
『強く賢いながらも、愛くるしい人になってほしい』など、知恵と愛嬌をもって明るい未来を歩んでほしいという願う名前です。

花は7画、梨は11画、合計18画。
花梨の花言葉は『豊麗』『優雅』『努力』。花は美しく、秋になると黄色く熟す実は、とてもいい香りがします。
『努力を惜しまず何事にも挑戦し、豊かな人生を送ってほしい』など、美しく優雅な人になってほしいと願う名前です。

胡桃、花梨ともに花が咲くのは春、実をつけるのは秋です。幼少の頃は可憐で美しく、年齢を重ねていくうちに立派な実をつけ、充実した人生を歩むという意味を込めることも可能です。
また、二文字からは外れますが、漢字ではなくひらがなにすることで、女性らしい柔らかな印象になります。

その他
桃子(ももこ)・杏子(きょうこ)/柑奈(かんな)・柚奈(ゆずな)/杏奈(あんな)・李奈(りな)

植物からイメージした名前

美桜(みお・みおう)・咲良(さくら)

美桜(みお・みおう)・咲良(さくら)

美は9画。桜は10画。合計19画。
「美」は昔から女の子の名前に使われている漢字で、「美しい、綺麗、優れている」という意味です。
「桜」は多くの人から愛される花です。開花を待ちわび、花開くと喜びに満ちる桜の花言葉は『優れた美人・純潔』です。
『ひとに喜び与えられる美しい人』になってほしいと願う名前です。

咲は9画、良は7画。合計16画。
「咲」は花が開くという意味がありますが、もともとは「笑」の古字で笑うという意味もあります。
「良」は穢れがない、人格が優れているという意味があります。
『花が開くように、たくましさと優しさの両方を備えた女性になってほしい』と願う名前です。

美桜・咲良ともに『さくら』を連想する名前ですので、『美しく咲く桜のように、周りの人に好かれる愛らしい人になってほしい』という願いも込められるでしょう。

桜がつく名前をつけたい!意味・由来・読み方・成り立ち
桜がつく名前をつけたい!意味・由来・読み方・成り立ち

その他
菜月(なつき)・葉月(はづき)/彩花(あやか)・紗花(さやか)/若葉(わかば)・双葉(ふたば)

和風のイメージの名前

和香(わか)・由香(ゆか)

和香(わか)・由香(ゆか)

和は8画、香は9画、合計17画。
「和」は争い事がなく穏やか、声や調子をひとつにそろえるという意味があります。
『たくさんの友達に囲まれ、楽しく生きていってほしい』など、穏やかな人生を贈れるように願う名前です。

由は5画、香は9画、合計14画。
「由」は基づく、経るなどの意味がありますが、あまりピンと来ないかもしれませんが、由のつく熟語を見てみると「自由」や「由緒」などの言葉があります。自由からはのびのびとした印象を、「由緒」からはりっぱな、趣きなどをイメージすることができます。
『のびのびと朗らかに成長してほしい』など、奥ゆかしさを持ちながらも芯の強い人になってほしいと願う名前です。

その他
衣毬(いまり)・毬江(まりえ)/詩乃(しの)・梨乃(りの)/皐月(さきつ)・芽衣(めい)

二文字のひらがなの名前

女の子の場合、ひらがなの名前も人気があり、ひらがなの名前は柔らかさや愛らしさを抱きやすいという特徴があります。また、ひらがなにすることで、名前に対して多様な意味を持たせることもできます。

ひらがな二文字の双子の名前

るな・りな
りこ・まこ
りか・みか
りお・まお
しほ・かほ 
ゆう・みう

双子の女の子におすすめの三文字の漢字&ひらがなの名前

女の子の名前は二文字が人気ですが、こだわりのある漢字を入れたり、和のイメージが強くなることから、最近では漢字三文字の名前も人気がでてきました。

子のつく名前は逆に新しい!古風で可愛いおすすめ漢字名
子のつく名前は逆に新しい!古風で可愛いおすすめ漢字名

女の子の場合、三文字すべてを画数の多い漢字にすると硬い印象を与えるので、画数の多い漢字は一つにとどめ、他は画数の少ない字でまとめると柔らかくなります。また、中性的な響きのある名前は漢字にすると、女性らしい印象が際立ちます。

真面目で優しいイメージの名前

真里奈(まりな)・友里奈(ゆりな)

真里奈(まりな)・友里奈(ゆりな)

二人に共通する「里」は村、さと、いなかという意味があり、田舎は安らぎを与えられる場所であり、安心できる場所でもあります。「奈」はからなしという果樹を現わす漢字です。バラ科のかりんの別名とされています。

真里菜の真は10画、里は7画、奈は8画、合計25画。
「真」はまこと、偽りのないこと、自然のままという意味があります。
『純粋でけがれない心を忘れず、誰にでも優しくできる人になってほしい』など、心のきれいな人になってほしいと願う名前です。

友里奈の友は4画、里は7画、奈は8画、合計19画。
「友」は、字の通りともや友達を意味し、仲良くするという意味もあります。
『友達を大切にして、穏やかに過ごしてほしい』など、人に真摯な態度で接し、実りの多い人生を歩んでほしいと願う名前です。

その他
恵里咲(えりさ)・愛里咲(ありさ)/眞里香(まりか)・結芽香(ゆめか)/真理子(まりこ)恵理子(えりこ)

おしとやかで和風なイメージの名前

花桜里(かおり)・咲桜里(さおり)

花桜里(かおり)・咲桜里(さおり)

二人に共通する「桜」は美しい、綺麗、優れているという意味があり、万人に好まれている花です。
「里」はむら、さと、田舎という意味があり、田舎は趣きがあり心が安らぐ場所でもあります。

花桜里の花は7画、桜は10画、里は7画、合計24画。
「桜」の花は周りの人の心を喜びで満たします。『人に喜びを与えられる存在になってほしい』、人に好かれ、愛される女性に育ってほしいと願う名前です。

咲桜里の咲は9画、桜は10画、里は7画、合計26画。
桜の花が咲くと楽しい気持ちになります。『周りの人が楽しい気持ちになれる存在になってほしい』と願う名前です。

桜の花は儚く、すぐに散ってしまうため、名前には不向きという人もいますが、散っても翌年には必ず花を咲かせる逞しさもあります。人の心を癒し、毎年花を咲かせるため、人々に幸せを運ぶ桜はとても人気のある漢字です。

その他
瑚都子(ことこ)・紗都子(さとこ)/沙耶子(さやこ)・彩耶子(あやこ)/江莉奈(えりな)・莉央奈(りおな)

上品で賢いイメージの名前

穂乃香(ほのか)・菜々香(ななか)

穂乃香(ほのか)・菜々香(ななか)

二人に共通する「香」は良い匂いという意味があり、良い香りは人の心を和ませます。

穂乃香の穂は15画、乃は2画、香は9画、合計26画。
「穂」は穀物の穂先、実がつく部分を現わす漢字です。『実るほどこうべを垂れる稲穂かな』や『鷹は飢えても穂を摘まず』という言葉があるように、とても誠実な印象を受けます。
「乃」は文章を補足する漢字なので、それほど強い意味はありません。
『困難に負けずすくすくと成長し、実りの多い人生を送ってほしい』と願う名前です。

菜々香の菜は11画、々は3画、香は9画、合計23画。
「菜」は菜の花のイメージが強いですが、野菜、青物という意味があります。漢字からは元気で聡明な印象があります。
「々」は同じ音を繰り返すときに使われる、踊り字という記号です。特に意味を持ちません。
『元気いっぱいに前向きに歩んでほしい』など、健やかに成長してほしいと願う名前です。

その他
陽菜乃(ひなの)・優芽乃(ゆめの)/奈々子(ななこ)・乃々子(ののこ)/結衣子(ゆいこ)・芽衣子(めいこ)

三文字のひらがなの名前

漢字だと三文字はやや硬い印象を抱きますが、ひらがなの名前だと、三文字でもやわらかく、可愛らしいイメージを保てます。

ひらがな三文字の双子の名前

みひろ・ちひろ
ひとみ・まなみ
のどか・ほのか
すみれ・あやめ
わかば・ふたば
みやび・やよい
きらり・ひかり

双子の女の子の名前は慎重に!

子供の名前を考えるとき、多くの人が悩みます。一度決めてしまった名前を変更することは容易ではありませんから、友達にからかわれたりしないか、社会に出て不便を感じないかなど、色々な面を考慮して名付けましょう。

しかし、双子の場合、普段なにかと比較されがちなこともあり、本人が「この名前が嫌」「あっちの名前の方が良かった」と言い出す可能性もあります。ですが、その名前に優劣や可笑しさがないのなら、隣の芝生は青く見えるというだけのことも少なくありません。

子供が大きくなり、自分の名前の由来を聞いてきたとき、真摯に考えてつけた名前ならば、本人もきっと気に入ってくれるでしょう。双子の女の子のために、どちらも同じぐらい素敵な名前を考えてあげてください。

名付け女の子編!女の子の人生に願いを込めた名前を贈ろう
名付け女の子編!女の子の人生に願いを込めた名前を贈ろう

おすすめコンテンツ