つわりでお風呂がつらい

つわりでお風呂に入れない辛さを乗り越える対策体験談15

つわりでお風呂に入れない時はどうしたらいいのでしょうか。妊娠中でもお風呂に入れる対策をしてみましょう。ご紹介するつわりがつらくてお風呂に入れない体験談から、お風呂に入れる対策のヒントをもらえます。気持ち悪くて避けがちだった、つわり中のお風呂に入れるようになるかも知れません。

つわりでお風呂に入れない辛さを乗り越える対策体験談15

つわり中にお風呂がつらくて入れない時はどうすればいいの?

温かいお湯につかり「ふう~」と大きく息を吐き出すと、溜まっていた一日の疲れがどんどんお湯に溶けだして、心と体がふわりと軽くなるバスタイム、妊娠前は大好きだったはずでした。しかし、赤ちゃんを身ごもって、いざつわりが始まると、お風呂は苦痛の時間に変わります。

今回は、つわりでつらくなったお風呂の時間をなんとかして乗り切る対策を考えます。つわりでなかなかお風呂に入れないと悩んでいる妊婦さんは、ご紹介する体験談を参考に、お風呂に入れる対策を試してみてはいかがでしょう。

つわり中のお風呂で何がダメでしたか?

お湯が入った浴槽

体験談で、つわり中のお風呂でダメだったことをお聞きしたところ、多くの人が感じていたのは「湯気」だということが分かりました。本当はお風呂のいいところであるはずの湯気なのに、あの「もわ~」とした湿気が体にまとわりつくことが、つわりの気持ち悪さをさらに大きくしまうのです。

また、石鹸やシャンプーの匂いもダメだと答える人が多かったです。匂いがお気に入りで買ったシャンプーであっても、まったく受け付けないほどつわりの気持ち悪さは強いものでした。

つわり中、お風呂に入るためにとった対策は?

どんなにつわりがつらくても、まったくお風呂に入らないというわけにはいきません。ここでは、お風呂に入るために妊婦さんがとった対策をご紹介します。

  • 湯船に入らない
  • シャワーのお湯の温度を下げてぬるくする
  • 換気扇を回しながら入る
  • お風呂のドアを少し開ける
  • お風呂に入るのは体調のいい時だけにする
  • お風呂に入る時間を短くする
  • お風呂に入らずタオルで体を拭く
  • においのしないシャンプーに変える

つわりでつらい時はお風呂に入らなくても大丈夫

つわりでつらそうな表情をする妊婦

つわりは、始まりから終わりまで、立ち上がれないほどの苦しみが続くわけではありません。つらいつわりのピークが続くのは、2~3週間位が一般的です。だとすれば、頑張って乗り越えたいのは、この期間だけと言えるでしょう。

お風呂は自分を解放してくれるリラックスできる場所という概念を捨て、体を清潔にするために洗う場所と考えてみてください。湯気がつらさを生み出すなら、換気扇を回しながら入浴するなど湯気を避ける工夫を、匂いが気になるなら匂いがしないものに取り換えるなど試みてはどうでしょうか。

大切なことは、つわり中のお風呂は「入らなければならない」わけではないということです。あまりにもつわりがつらいときは、お風呂に入らなくていいのです。お風呂に入る回数を減らしても、何も困ることはありません。どうしても気になる場合は、温かいタオルで体を拭いてください。

つわりでつらい時は、できない事はできないとあきらめましょう。「ちゃんとお風呂に入って清潔にしなくっちゃダメ」と自分を無理に奮い立たせたりしないで、「明日にしよう」と割り切っていいじゃないですか。つわりがつらくてお風呂に入れない妊婦さんは、それはそれでいいのです。

つわり時期はいつから?一般的な時期や原因・乗り越え方
つわり時期はいつから?一般的な時期や原因・乗り越え方

つわりがつらくてお風呂に入れない体験談

ここからは、寄せていただいたつわりがつらくてお風呂に入れない体験談を見ていきましょう。先輩妊婦さんは、様々な思いを胸に工夫をしながらお風呂に入っていることが分かります。つわりがつらくてお風呂に入れないときは、どうぞ参考にしてください。

シャワーだけにした

きりん(30代後半)


私がつわりでお風呂が入れなかったのが妊娠2~3ヶ月にかけての時期です。お風呂に入った時のもあっとした湯気や石鹸なども臭いがダメになってしまいました。特に普段なら全く気にならない湯気が全くダメになってしまいました。

つわり中にお風呂に入っていた頻度としては、我慢して毎日入っていました。ちょうどつわりの時期が夏場だったので、どうしても汗が気になってしまっていたのです。汗をかくのにお風呂に入れないという選択肢は、自分の中にはありませんでした。

そこで自分がとった対策ですが、とにかく早めに体や頭を洗って、シャワーだけで済ますという方法を取りました。お風呂の臭いが辛かったので、早くお風呂を上がるためにシャワーでササっと済ませました。

つわり中にお風呂に入れないことは、本当につらいと思います。その中でもうまく自分なりの対策を見つけたり、つわりの軽いタイミングでお風呂に入るようにしたりと、上手に対策方法を探して欲しいです。いずれはつわりにも終わりがきますので、あまり深刻に考えないで欲しいです。

たまには手抜きもいい

momo(30代後半)


つわりがひどく、常に船酔い状態、ほとんど寝た状態で過ごしていました。一番ひどかったのは、妊娠3か月のころでした。お風呂はさっぱりするだろうと思っていたのに、なぜか入った途端に吐き気に襲われていました。

シャンプーも香りが強いものを使っていましたが、お風呂の中では匂いがこもるため辛かったです。湯気も吐き気を催すのか、ほとんどシャワーで最低限の時間で切り上げていました。

幸い、つらいがひどい時期は冬だったため、お風呂は2日に1回という頻度で入っていました。つわりの時は、子供のお風呂もできるだけ主人に入れてもらっていましたし、どうしてもつらい時などは、清拭用のシートや水のいらないシャンプーを利用しました。

つわりの時はある程度割り切って、手抜きをしてもいいと思います。頑張って乗り越えて頂きたいです。

お風呂に入る女性のイラスト

換気扇が救いだった

ぺろりーぬ(40代後半)


妊娠3ヶ月から5ヶ月位まで、お風呂場に近づくのも苦手になっていました。入浴時の湯気はもちろんのこと、湿気のもわもわした感じが、本当につわりの気持ち悪さに拍車をかけるようになっていて、お風呂に入るのも、お掃除するのも辛かったです。

しかし、その頃は真夏だったので、ゴロゴロしているだけでも汗ばんでいて、入浴しない選択肢は私にはなかったので、毎日入浴していました。

少しでも楽に入るため、浴室のドアを少し開けておいたり、換気扇をフルに回したりすることで、もわもわした感じを和らげて入りました。

つわりでお風呂に入れないと、上にお子さんがいらっしゃる方は、本当に大変だと思いますが、必要最低限の入浴(毎日入らなくても大丈夫!)でかまわないので、気負わず、入りましょう。今思うと、濡れタオルで身体を拭いて、シャワーなどは調子がいいときにする、ということでも良かったなと思います。

割り切るしかない

にゃんこ(34歳)


つわりが酷くお風呂に入れなくなったのは、妊娠4ヶ月から5ヶ月にかけてでした。妊娠するまでは、毎日1時間位は長風呂していましたが出来なくなってしまいました。

シャンプーの香りはもちろん駄目ですし、湯気や、お風呂の中の臭いにも敏感に反応してしまい、常に気持ち悪かったです。ですので、お風呂に入った頻度は、2~3日に1度でした。

対策としては、湯船につかると、余計に気持ち悪さが増していたので、シャワーで済ませ、素早く出ていました。シャンプーする時はなるべく息を止めて、臭いをかがないようにしていました。

また、私の場合は、夜になると気持ち悪さが酷くなっていたので、昼に入浴する事もありました。毎日お風呂に入らないと絶対嫌だったのですが、つわりでお風呂に入れない時は仕方ありません。

夏場など汗をかきやすい季節はつらいですが、入ると体調が悪い場合は、割り切るしかありません。どうしてもお風呂に入りたい時は、少しでも体調のいい時に、何かあったら困るので、家族がいる時の方がいいかもしれません。

ぬるま湯シャワー

もも(30代前半)


妊娠5週からつわりが始まり、7週にはかなりひどくなりました。日中もほとんど食べられず、水も気持ち悪く、常に船酔いのような状態でした。お風呂も7週~13週頃まで浸かっているだけで気持ち悪くなるので、シャワーに切り替えました。

ただ、シャワーも湯気で気持ち悪くなってしまう事が多かったです。夏だったので毎日シャワーを浴びていました。一日何もできない日もあったので、気分転換にもなっていたと思います。

ただ、お湯だと気持ち悪いので、夏だったこともあり、日中ぬるま湯でシャワーをしていました。これだと湯気があまりでないので、気持ち悪くならずに済みました。

つわりにはかなり苦しめられましたが、13週過ぎたら嘘のようになくなりました。つわりはいつか終わるので、色々工夫しながらつらい期間を乗り越えてください。

お風呂の時間を短縮した

かよ(30代後半)


つわりがピークだった妊娠11週目~13週目までは、お風呂の熱気と湯船に浸かって体があったまることで気持ちが悪くなりました。ちょうど気温も下がり始めた頃でしたので、本当は体を温めた方がいいのでしょうが、つわりの気持ち悪さには勝てませんでした。

お風呂はとりあえず毎日入っていましたが、浴室は常に換気をして熱気がこもらないようにして、湯船には浸からずシャワーで済ませていました。出来るだけ浴室にいる時間を短縮することで、つわりの気持ち悪さを軽減させていました。

つわりの時にお風呂に入れない原因は様々ですが、無理して入ることはないと思います。もし夏場で汗をかくのなら、シャワーで簡単に済ませ、冬場なら毎日でなくても大丈夫だと思います。

タオルで身体を拭くだけでも大丈夫

るる(31歳)


私は妊娠中つわりがひどく、お風呂に入るのもとてもつらかったです。お風呂に入るのがつらかったのは、妊娠3ヶ月から5ヶ月になるまでの期間でした。常にひどい船酔いのような状態だったので、お風呂の湯気が気持ち悪いのを促進してしまい、お風呂に入れませんでした。

あまりにも辛すぎて、冬だったのもあり、週に2回程度しか入っていませんでした。お風呂に入れなくても仕事に行かなくてはいけない日は、お湯でタオルを濡らして、身体を拭き上げてなんとか外出していました。

お風呂に入る時はつわりが少しでも軽い朝のうちに入り、湯気が気持ち悪くなるので、ぬるめのシャワーだけでささっと短時間で済まして、すぐ出るようにしました。

つわり中のお風呂は本当につらいものですが、ぬるめのシャワーでささっと済ましたり、どうしても無理な時は、タオルで身体を拭くだけでも大丈夫だと思います。

入浴剤をやめた

ゆうママ(38歳)


妊娠三ヶ月の頃、つわりがひどくてお風呂に入るのに苦労しました。4歳の子供が入浴剤を入れるのが好きで、毎日入浴剤を入れていたのですが、その匂いで気持ち悪くなってしまうことが多く、お風呂に入れたのは3日に1回でした。

しかし、子供はお風呂に入れてあげなくてはいけないので、私がお風呂に入れないときは主人にお願いするか、主人がいないときは髪と体を洗うことだけはしていました。

入浴剤をやめたらいいのではないかと思い、子供に入浴剤をやめてほしいと言ったらいいよといってくれたので、入浴剤なしでお風呂に入るようになりました。入浴剤の匂いがなくなっただけで、お風呂が楽になりました。

つわりが終わるまでは入浴剤なしでお風呂に入っていて、つわりがなくなったら入浴剤を再開しました。つわり中は入浴剤などの匂いが原因でお風呂がつらいということもあるので、匂いのもとをやめてみると楽になるかもしれません。

スプーンにすくわれたピンクの入浴剤

お風呂を諦めた

みあ(34歳)


つわりでお風呂に入れなかったのは、妊娠初期の6週くらいから18週くらいまででした。普段は全く気にならなかったお風呂場のにおいがダメで、水臭いにおいや排水溝のにおいですぐに吐いてしまっていました。

本当は毎晩入ってから寝たかったのですが、つわりで外出もままならないし、季節は真冬で汗もそうそうかかないし、仕事もしていなかったので、お風呂は入れる時、入りたいと思った時にだけはいっていました。

お風呂で吐かない対策としては、食後に入る事を控えたことでした。そして、必ず吐いていたので、吐きやすいように水を入れたくさん飲んでからの入浴タイムにしていました。

つわりでお風呂に入らないのはほんの一瞬だと思うので、現在つわりで苦しんでいる方は、無理して毎日入らない生活もいいと思いますよ。

時短にしました

ゆい(20代前半)


私は妊娠超初期から悪阻がひどく、4週当たりから吐き気が続いていました。特に3か月の時は、本当につわりがひどく、湯船につかってあがるとすぐに吐き気。水を飲んでも気持ち悪くなりますし、貧血もあったので、お風呂上りは本当に気持ち悪かったです。

シャンプーのにおいがもうだめで、すぐに吐き気でした。旦那のお風呂上りの匂いでも吐きそうになって困っていました。

シャンプーしてからリンスーという順番でやっていると気持ち悪くなってしまうので、シャンプーインコンディショナーを使用して、時短にしていました。

本当につらいときは、お風呂には入らないようにして調子がいい時にさっとお風呂に入るようにしていました。私はシャワーだけにすると結構楽だったので、入るときはシャワーで毎日入っていました。

つわりで苦しんでいる人には、あまり無理をしないでほしいということと、衛生的に少しでもいいので入るようにしましょうということです。湯船につからないだけでもかなり楽になりますよ。

バスルームの扉を開けて入浴した

ミルク(30代後半)


妊娠2ヶ月のとき、つわりでお風呂に入ることができませんでした。湯気がだめでした。夏場だったので、本当はお風呂に毎日入りたかったですが、1日おきの入浴になりました。外出もほとんどしていなくて汗もあまりかかなかったので、あまり気にはなりませんでした。

対策は、入浴時間を短くしました。それまでは長湯でしたが、なるべくすぐにあがるようにして、湯気がだめだったので換気扇をつけて入りました。可能なときはバスルームの扉を開けて入りました。夏場だったので、お湯の温度もできる限りぬるくして、湯気があまりでないようにしました。

つわりでお風呂に入れず苦しんでいる方、どうしても入れないときは無理をしないで、シャワーや体を拭くだけでも良いと思います。

ホットタオルで身体を拭く

さっぴぃ(29歳)


私がつわりでお風呂に入れなかったのは、妊娠2~3ヶ月の時です。普段なら全く気にもならない、湯気のにおいとモワッとした感じがどうしても受け付けませんでした。なので、つわり中は毎日なんとかシャワーは浴びるものの、湯船に浸かったのは2ヶ月間で2回程度でした。

お風呂に入るときは極力短時間で入り、私の場合は夏場ということもあり、すぐに暑くなったりもしたので、のぼせないようにちょっとだけドアを開けたりもしました。あとは、お風呂から上がったら、普段よりもしっかりめに水分をとったほうがいいかと思います。

アドバイスになるかは分かりませんが、つわりで苦しい時に無理にお風呂に入らなくてもいいと思います。シャワーだけや冬場なんかはホットタオルで身体を拭くだけでも、1日2日ぐらいなら大丈夫です。つわり中は自分が今出来る事だけをするのが一番だと思います。

ぬるめのお湯にした

さら(24歳)


妊娠2ヶ月目の頃つわりがピークで、シャワーはなんとかほぼ毎日浴びることができましたが、湯船に浸かることは一度も出来ませんでした。

シャワーも熱い温度だと蒸気のモワッとした感じで気持ち悪くなってしまい、かなりぬるめの温度で5分程度ささっと浴びる程度にしていました。

今まで使っていた香りの強いシャンプーやボディーソープは全てだめで、香りの弱い赤ちゃん用のシャンプーや石鹸を使うようにしました。

つわりだとお風呂に入るのもつらいと思いますが、少しシャワーを浴びるだけでもさっぱりとして、ちょっとは気分が良くなると思います。自分の大丈夫な入り方を工夫して、つわり中のお風呂を乗り越えてもらいたいです。応援しています。

お風呂場の泡に包まれたヒヨコのオモチャ

においがきつくないシャンプーに変えた

ととママ(20代前半)


妊娠初期から妊娠4ヶ月まで、つわりでお風呂が入れない日があったりしました。お風呂場の空気やシャンプーの匂い、キツすぎると気分が悪くなったりで大変でした。

お風呂は1~2日に1回は入っていました。3日空くと妊婦の体なので暑くて気持ち悪くなってしまうので、なるべく子の頻度で入るようにしていました。

気持ち悪くならないように工夫したことは、まずは空気が外に逃げて行くように窓を開けすこし換気してからお風呂に入るようにしたことです。

シャンプーも匂いがキツくないのに変えたり、すこしでも気分が悪くなったら飲めるように水分を近くに置いたりしました。また、旦那さんが疲れていなかったら一緒に入ったりしました。

1~2日はお風呂に入らなくても、蒸しタオルでなんとかなります。旦那さんに届かないところを拭いてもらったりし、つわりが落ち着いているときはお昼に入ったり、自分のつわりと向き合いながら今ならいけるって思った時に入った方がいいです。後回しにすると、お風呂はいらなくなったりするので、つわりが収まるまでは頑張りましょう。

好きな曲を口ずさむ

あやや(31歳)


つわりでお風呂が入れなかった時期は、妊娠10週の時です。妊娠前は気にした事がなかったのに、湯気のあの臭いが本当にダメで、つわりの気持ち悪さ+湯気でダブルパンチでした。しかし、私は毎日お風呂に入りたかったので、我慢して入っていました。

その時の対策ですが、息をするのを我慢し、湯船には浸からずシャワーで済ませ、シャワーも短時間で終わらせ上がるという事をしていました。それしか出来ませんでした。

妊娠した人しか、あのつわりの辛さは分からないと思います。つわりが酷くお風呂に入れない方は無理をせず、1日置きでもいいと思います。つわりは臭いに敏感になると思うので、臭いでつらい方は鼻栓オススメです。

臭いではなく、つわり独特の気持ち悪さでお風呂に入るのがつらい方は、好きな曲を口ずさむと私は少しテンションが上がり良かったです。

おすすめコンテンツ