戌の日の服装、安産祈願のマナー

戌の日の服装|安産祈願のお参りにおすすめ服&神事のマナー

戌の日の服装について神社での安産祈願にはどんな服を着ていけばよい?ご神事にNGファッション、春夏秋冬の参拝に合わせた暑い季節の服装やご祈祷中に冷え切ってしまわいための巫女さん直伝防寒対策のコツ、男性のおすすめ服装、さらに安産祈願のご祈祷には腹帯を巻いていくのかどうかについても解説。

戌の日の服装|安産祈願のお参りにおすすめ服&神事のマナー

戌の日の服装・安産祈願のファッションルール

戌の日の安産祈願」という言葉は、なかなか馴染みがなく、赤ちゃんができてから初めて知ったという方も多いのではないでしょうか?「戌の日」は、古くから風習であり妊娠後の安産祈願。妊婦さんと赤ちゃんの健康を祈って神社で祈祷してもらう日本独自の風習です。

妊娠5ヶ月に入った暦上の最初の戌の日に妊婦さんは腹帯を巻いて神社やお寺に参拝し、宮司さんから安産の祈祷をしてもらいます。つまりは「神事」ですので、あんまりカジュアルな服装もして行きにくい・・・。今回は戌の日のお参りはどんな服装で行ったらいいのか、避けたほうがいい服装はあるのか解説していきます。

また、妊娠5ヶ月目では妊婦さんも安定期に入ってはいますが、祈祷を受ける神社などでは暖房が利き難く季節によっては寒い場合もありますので、体調が優れないときに無理は禁物です。代理で夫や父母に祈祷を受けてきてもらうなど代替案も一緒に探っていきましょう。

安産祈願は神聖な儀式です!こんな服装はダメ!

露出の高い服を着た妊婦

安産祈願は、神社やお寺で祈祷していただく神聖な儀式です。
昔と比べると完全にフォーマルな服装でなくてはいけないということはなくなってきましたが、神事にラフすぎる服装はマナー違反になってしまいます。

神事にNGファッション例

・肩や胸元が大きく開いていたりミ二すぎるスカートなど露出の高い服装はダメ
・Tシャツにジーパンなど部屋着のような服装、だらしのない服装はダメ
・フォーマルな形でも、スパンコールがちりばめられているような派手なものはダメ
・ボトムスも穴あきジーンズはラフすぎるのでダメ
・足元は生足を避ける!ビーチサンダルやクロックスタイプのつっかけサンダルはダメ

安産祈願の服装のポイント

では、実際にどんな服装を選んだらいいのかマナーを含めてチェックしていきましょう。

基本は男女ともになるべくフォーマルよりに(正装でなくてもOK)

パパと戌の日のお参りに向かう妊婦

祈祷してもらうときの服装は、女性の場合はワンピーススーツ男性はスーツと、フォーマルとまではいかなくとも崩れない服装がベスト。ですが、昔に比べるとゆるくなってきているので、カジュアル過ぎないワンピース+羽織物のスタイルやマタニティチュニックなどでもOKと言った風潮には変化しています。

妊娠5ヶ月目、お腹は目立たないけど負担を避けたいならワンピース

妊娠5ヶ月目だと、お腹も少し出てきている人が多いのでは?
個人差があるので、人によっては妊娠前のスーツが入る場合もありますが、きつい締め付けはあまり好ましくありません。
妊婦さん自身も具合が悪くなってしまいやすいために、妊娠前よりもゆったりとしたサイズの服を選ぶか、お腹の締め付けのないストンとしたワンピースを選ぶと無難です。

妊娠5ヶ月妊娠中期の身体の変化・安定期の過ごし方
妊娠5ヶ月妊娠中期の身体の変化・安定期の過ごし方
妊娠5ヶ月は安定期と呼ばれ、辛かった妊娠初期症状が落ち着いてきます。一方で体重管理が難しく、大きくなったお腹が原因の不調があらわれることも。この時期の赤ちゃんの成長やママが気をつけることを紹介します。

着物は着られる?

フォーマルな服装ということで、ぜひ着物を着たい!と思う妊婦さんもいるかもしれませんが、基本的にはなるべく着物はさけてワンピースなど締め付けが少なく動きやすい服装を選んだ方が良いでしょう。
普段着が洋服で慣れている人にとって、帯を締める着物は負担となることがあるため、現代においては妊婦さんが着る服装には向きません

季節別参拝の服装のポイント

安産祈願のお参りに向かう夫婦

戌の日の安産祈願をどの季節に行うかによっても服装は左右されるポイントになりますね。
季節ごとの参拝に配慮するべきファッションポイントについて見ていきましょう。

春は日中の外気温も上がり暖かくなってきて気持ちの良い気候ではありますが、朝晩はまだ冷え込みがきつかったり、神社やお寺などの緑に囲まれている場所では日が差しにくく肌寒く感じることがあります。

ワンピースやブラウスなどで参拝するときは、寒いときにすぐ羽織れるようなカーディガンやボレロ、ジャケットなどを準備しておくといいでしょう。

緑に囲まれて池がある神社では蚊などの虫も多いため、夏の参拝では暑さ対策のほかに虫よけ対策もしておいたほうがよいでしょう。
暑がりな妊婦さんでもミニスカートなどで生足を出すのは参拝時のマナー違反になりますし、大切なお腹を冷やしてしまうので避けたほうがよさそう。夏は、ワンピースやブラウスの素材で通気性の良い生地を選びましょう。

足元も、生足+サンダルはNGですし、段差の多い神社境内をサンダル履きでは足元も心配です。
スカートの場合はストッキングを着用し、ヒールのないフラットなパンプスやローファーのチョイスがおすすめです。

秋になると朝晩の冷え込みがきつくなるため、脱ぎ着のしやすいジャケットやコート、アウターを準備しておきましょう。中には、ちょっと動けば暑くなってしまう妊婦さんもいるでしょうが、ワンピースやブラウスの下にはできれば秋冬素材のインナーを着たり、お腹を冷やさない腹巻を重ねるなど防寒対策をしておくと安心ですよ!

冬は・・・

冬は外気温の低さもさることながら、境内も一段と冷え込むためしっかりとした防寒対策は必須です。ワンピースを着ていく場合、春夏用の素材では生地が薄く寒いので、秋冬でも着られるような厚手の生地のものを着るか、中にヒートテックなどの防寒用インナーや毛糸のパンツを着用して徹底的に体を冷やさないように注意しましょう。

妊婦さんにとっては体を冷やすことは厳禁、安産祈願で体調を崩すことがあっては本末転倒ですので、冬だけは「フォーマルよりも防寒対策」と心得るべし
貼る用のホッカイロを腰に貼る、腰まであるロング丈のコートを着る、スヌードで首元防寒、ブランケットを持参する・・・など「コレで絶対に寒くない!」と言える対策をしておくと良いでしょう。

境内で働く巫女さんの寒さ対策

・ヒートテックの重ね着(上下)
・靴下+ホッカイロ+靴下
・靴下+スキー用靴下
・靴下+モコモコ靴下
※ホッカイロを貼るときは低温やけどをしないよう、肌に直接貼らないようにしましょう

ちなみに寒さ対策のために妊婦さんがブーツを履く場合。
ヒールのないものや滑りにくいものはもちろん、祈祷していただく境内は土足で入れない場所もあるため、脱ぎやすいものを選びましょう。

男性はスーツがおすすめ

男性の場合の服装ですがが、フォーマルな服装言えばやっぱりスーツが一番おすすめです。ですが、基本的にはカジュアル過ぎない格好であればOKであることには変わりませんので、スーツがない場合、どうしてもスーツ以外の服装がいいという場合は、ジャケット+スラックスなどでも結構です。

ちなみに・・・腹帯は巻いていく?

安産祈願と言えば、お腹に巻き巻きするアレ!っていうことで「腹帯」は戌の日に欠かせません。
ですが、いったいどこで買えばいいのか、それはいつどのタイミングで巻くものなのか、どうやって祈祷してもらうのかイマイチよくわかりませんよね。

現代においては腹帯を巻いて祈祷に行くパターンが多いようですが、古くから、腹帯を巻いて安産祈願を行うのが一般的でしたが、腹帯を持参して安産祈願をしてもらったり、安産祈願をしてもらった神社で腹帯を購入したりとマチマチで、必ずしも安産祈願をするときに腹帯を巻いていなければならないというわけではありません。

戌の日の腹帯の主流は「岩田帯」、巻き方は?

帯の巻き方を検索する夫婦

とはいえ戌の日の安産祈願は、あらかじめ腹帯を巻いて出かけることもあります。
腹帯にはいろいろな種類がありますが、戌の日の腹帯としては長いさらし布の昔ながらの「岩田帯」が主流です。綿100%の肌に優しく丈夫な素材でできていて、「岩のような丈夫で健康な赤ちゃんが生まれるように」という願いを込めて名前が付けられたそうです。

意外と便利な岩田帯

とにかく長いので、最初は特に戸惑いますし、巻き方に慣れるまで少し苦労しますが、あらかじめサイズ分類があるものではないので、妊婦さんがどんな体型でもフィットさせることができますし、お腹が大きくなってからも問題なく使えるので、使い方に慣れたならとても便利ですよね♪さらには、赤ちゃんが生まれたら赤ちゃんの肌着などにリメイクする強者も!

腹帯の巻き方

以下では岩田帯の巻き方について見ていきましょう。

さらし布の腹帯は、慣れないと敷居が高く感じてしまうかもしれませんが、巻き方さえ覚えてしまえば出産まで長く使えます。さらしの巻き方もいろいろとありますが、一番スタンダードな巻き方を紹介します。

岩田帯の巻き方

1.さらしの幅を半分に折り、端から丸めていく
2.丸めたさらしの折り目部分が下になるように持ち、さらしの端を体の前にあてて巻き始める
3.さらしが身体を一周したら、巻き始め部分を押さえるように2週目を巻く
4.さらしが身体の中央に戻ってきたら、上方向に折り曲げ背中のほうに回す
5.先ほど折り曲げた位置に戻ってきたら、また上方向にさらしを折り曲げ背中に回す
6.同様に、体の中央にさらしが戻ってきたら折り曲げて巻いていく
7.折り曲げるたびに少しずつ上のほうにずらしていき、最後まで巻いたらさらしの端を中に折り込む

うまく中に折り込めないようなら、安全ピンなどで端っこを止めても大丈夫です。ただし、ピンで体をチクっと刺してしまわないよう注意してくださいね!

事前にチェック!神社によってご祈祷の方針に違いがあります!

安産祈願で人気の神社

腹帯の祈祷の仕方も神社によって様々。
腹帯は岩田帯が主流ですが、なかなかうまく巻けない人も少なくありませんし、巻きなおすのに手間がかかって一苦労…。ということで、現代では筒状になった腹巻タイプのものやコルセットタイプなど、各々が使いやすい種類を使うケースもあります。

神社で用意した腹帯のみに祈祷を行う神社では、あらかじめ自分たちで準備した腹帯を神社でご祈祷してもらいたいときも、神社によってご祈祷の方針が違うことがあることも念頭にいれておきましょう。
持参した腹帯は断られてしまうこともあるので(特にコルセットやガードルタイプのものは断られてしまうかも?)、安産祈願に行く予定の神社がどういうスタイルで祈祷を行っているか事前に調べたり、持ち込んだ腹帯に祈祷してもらえるかどうか問い合わせて確認をしたほうがよさそうです。

水天宮などの安産祈願で有名な神社は、あらかじめ祈祷してある腹帯を購入することもできます。手ぶらで行って安産祈願をしてもらった後に腹帯を購入して帰るスタイルなら、長い腹帯と格闘しなくても良いのでちょっと気楽ですよね。

御祈祷のマナーを学んでご利益を得よう

戌の日の安産祈願は、妊婦さんと赤ちゃんが元気に健康でお産が迎えられるようにと、昔から行われてきた風習です。自分の力だけでコントロールすることのできない側面もあるお産。赤ちゃんを授かった何にも代えがたい幸せの反面で、昔は現在よりももっとリスクが高かったこともあったからこそ、無事に出産が成し遂げられるよう、安産であるように神様の力をお借りしたいと願ったことでしょう。

昔ながらの風習はお作法がよくわからないもので、「あれ?こんなときどうしたらいいのかな?」と思うことは多いでしょう。ちょっとくらい間違ってしまっても神様はケチではない(はず)ですので、一生懸命御祈祷のマナーを学び、妊婦さんと赤ちゃんの一大イベントを見守っていただくようお願いしましょう!

おすすめコンテンツ