Loading

出来てしまった妊娠線を消す方法

出来てしまった妊娠線を消す6つの方法|最強妊娠線ケア

妊娠線を消す方法がある?!妊娠線はできてしまったらもう消せない…と諦める前に試してみて!出来てしまった妊娠線を消すには「真皮」に働きかける治療やケアがカギ。レーザー治療やクリームなど妊娠線を消す効果があるとされる方法、妊娠線を消す、目立たなくする頼りになる妊娠線ケアを6つご紹介!

出来てしまった妊娠線を消す6つの方法|最強妊娠線ケア

気を付けていたのに…出来てしまった妊娠線を消すには

どんなに気を付けていても、できてしまうこともある妊娠線。妊娠線は、初産婦さんの半数以上、経産婦さんの8割程度に現れると言われています。

妊娠線ができやすい体質の人もいるので、もっとケアをちゃんとすればよかったかな…などとあまりクヨクヨ考えないようにしてくださいね。この記事では、できてしまった妊娠線への対処法について解説します。

一度出来てしまった妊娠線は本当に消えないの?

お腹が大きくなり妊娠線が気になる妊婦

妊娠線は一度できるとなかなか消えにくいものです。でもあきらめずに、すべすべお肌を取り戻す方法を探っていきましょう。

皮膚に一体何が起きた?妊娠線が消えない理由

妊娠線(ストレッチマーク)は、妊娠によりお腹が急激に大きくなった時に、皮膚がその伸びについていけず、皮膚を作る線維が切れてしまうことで発生してしまう「肉割れ」の状態。

表皮のさらに奥にある「真皮」を構成している、「コラーゲン」や「エラスチン」といった線維が切れてしまうことにより起こるので、皮膚の表面に保湿クリームを塗っても妊娠線は消えません。
一般に販売されている保湿クリームの効果は、皮膚の表面の「表皮」にしか働きかけることができないので、妊娠線を消すことはできないのです。

妊娠線を消すにはケアの方法がカギとなる!

このため、一度できた妊娠線はそんじょそこらの肌ケアでは消すことが出来ず、「妊娠線を作らない予防ケアが大切」と言われるわけですが、残念ながらできるときは出来ます…。

一度出来てしまった妊娠線を消すのは簡単にはいきませんが、だからといって諦めることはありません!!妊娠線の原因である「真皮」にまで到達する治療を行えば、妊娠線が消える、または目立たなくなる可能性は大いにあるといえます。

諦めるのはまだ早い!妊娠線を消す「真皮に働きかけるケア」ここにあり!

妊娠線のケアの方法がわかり笑顔になる妊婦

真皮が断裂して出来た妊娠線を消す、または目立たなくするには、出来てしまった妊娠線専用のクリームを使うか、外科的治療を行うことになります。

1.市販クリームで妊娠線を薄くする

皮膚の表面に塗るクリームの浸透力は表皮の角質層までで、真皮までは到達することができません。よって、真皮において切れてしまった線維をクリームによって修復することは難しいのですが、皮膚に弾力とハリを与え、妊娠線を薄く目立たなくすることは可能です。

妊娠線を薄くする効果があるクリームでおすすめの商品は以下の2つです。実際に使ってみた方の体験談も紹介します。


アフターボディ トリートメントクリームの画像
出典:nocor.jp

アフターボディ トリートメントクリーム/ NOCOR

このトリートメントクリームは、できてしまった妊娠線を薄くしたい人向けに開発されたクリームで、妊娠線を薄くする有効成分が含まれています。

  • ビタミンC誘導体:体内でコラーゲンを作るのを助け、肌の弾力を高めます。
  • ヒトオリゴペプチド13:オリゴペプチド24:肌にハリを与え、きめを整えます。
  • アセチルデカペプチド3:肌に弾力と柔軟性を与えます。

界面活性剤やパラベンなど、敏感肌の方にとっては肌が荒れてしまう可能性のある成分は一切含まれていないので安心して使えます。香りは「オーガニックネロリ」といって、オレンジのような自然な香りがして、つわりがある時でも使えた、という人が多いです。

妊娠線対策に使用する身体の範囲にもよりますが、およそ1ヶ月~1.5ヶ月使える分量(150g入り)で、価格は税込6,980円です(2016年5月現在)。実際に「妊娠線が薄くなった♪」という体験談が数多くあります。

薄くなってきました

そあ(20代)


妊娠線ができて5年たってしまいましたが、このクリームを使い続けていたら、ボコボコとしたミミズのような妊娠線がだんだん浅くなってきました。

使いごこちにびっくり

しーママ(40代)


ビタミンC誘導体独特の伸びのよさにびっくりしました。お肌に浸透した後の肌触りがとても良いのもおどろきです。
妊娠線は10年以上前にできたものですが、ほとんど見えないぐらいに薄くなりました。

これまでの中で一番

らら☆(30代)


朝晩2回、妊娠線が気になるところにたっぷり塗りこみました。
2週間目あたりから効果を実感し初め、1ヶ月後には妊娠線がだいぶ薄くなっていました!


プラジェントラパーフェクトSETの画像
出典:www.plagentra.org

プラジェントラパーフェクトSET/ PLAGENTRA

プラジェントラは、妊娠線の改善やアトピーの改善を専門に研究してきた韓国のドクターズコスメブランドです。各国で愛用されており、韓国ではボディケア売上ナンバーワン、日本では3万人以上の妊婦さんが使用しているのだとか!
妊娠線を薄くするのに効果がある以下の有効成分が配合されています。

  • EGF:肌のターンオーバーを促します。
  • FGF:コラーゲンの成長と増殖を促します。
  • PGA:高い保湿力(ヒアルロン酸の100倍)があります。

香りはニベアのような優しい香りがします。

効果を実感するには最低3ヶ月は使用する必要があります。1本は130g入りで税込7,020円(2016年5月現在)です。
根気よく使って効果が出た方の体験談を紹介します。

少し効果が出てきた

るんるん(20代)


1本使いきって、妊娠線が薄くなってきた感じがします!
お腹と腰周りに使用しました。今まで何を使っても効果がなかったのでうれしいです!

消えました

牡丹(30代)


どうせ消えないとあきらめていたけど、かなり薄くなって見えなくなりました!
でも値段がお高いので、本気で悩んでいる人向けかと思います。

2本目使用中

Lala(30代)


1本目で太ももの妊娠線がよ~く見ないとわからないぐらいに薄くなりました!2本目に入り、お腹の妊娠線も薄くなってきた感じがします。
クリームは少しもっちりとした感触ですが、意外に伸びもよいので気に入っています。

ノコアとプラジェントラ、どちらを選ぶ?

口コミで評価の高いノコアとプラジェントラですが、どちらを選ぶか迷ってしまうことも多いでしょう。この2つの商品は、妊娠線対策のキーとなる有効成分はほぼ同じです。

ノコアの有効成分、ヒトオリゴペプチド13、オリゴペプチド24は別名EGF様成分であり、アセチルデカペプチド3は別名FGF様成分なので、EGFとFGFを売りにしているプラジェントラとほぼ同じと言えます。価格は、ノコアのほうが若干安いですが、大きな差はありません。

そこで、お好きな「香り」で選んではいかがでしょうか?毎日使うものなので、香りがお気に入りのものを使ったほうがケアもはかどりますよね。
ノコアは柑橘系プラジェントラはフローラル系の香りと、お好みが分かれるところでしょう。

2.美容皮膚科で処方される塗り薬を使う

体が重くてソファーで横になる妊婦

これまで紹介したクリーム以外に、クリニックでしか手に入らない妊娠線治療の塗り薬もあります。医療機関専売品のため、医師による処方が必要です。
イギリスの会社が開発した塗り薬「シルダーム」は、臨床試験で妊娠線の赤みやくぼみが改善されたとの結果が出ています。シルダームは、全国の美容皮膚科にて処方してもらうことが可能です。費用は自費となり、病院によっても異なりますが100mlで8,000円程度です。

有効成分は以下の2つです。

  • ダルトシド:傷を治し、コラーゲンの再生を促します。1日2回、1ヶ月の使用で妊娠線の重症度(長さや深さを点数化)が、34%改善したとの臨床結果が出ています。
  • レジストリル:コラーゲンの修復を促します。1日2回、2ヶ月の使用で妊娠線のくぼみの深さを72%減少させたとの臨床結果が出ています。

3.レーザー治療を受ける

レーザー治療は、全国の美容皮膚科で受けることができます。レーザーの種類も多数あり、どれがいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか?

妊娠線に効果があるレーザーは以下のようなものがあります。レーザーは皮膚を傷つける施術なので、痛みやダウンタイムの長さなどを考慮して選ぶのがおすすめです。

  • フラクショナルレーザー:皮膚に小さな穴をあけ、その穴が治る働きで皮膚が縮み、傷が目立たなくなります。熱のダメージがあり、点状に出血することもあります。赤みが目立たなくなるまでに1~2週間かかります。
  • イントラセルレーザー:皮膚に小さな穴をあけてレーザーを照射しますが、表皮に熱のダメージが伝わらず、真皮に直接働きかけます。赤みが目立たなくなるまで4日程度かかります。
  • ヤグレーザー:赤い色に反応するレーザーなので、赤い色の妊娠線に効果があります。痛みや出血はありません。しみやそばかすを消すためによく使われるレーザーです。

4.ダーマローラー施術を受ける

ダーマローラーとは、コロコロ転がすローラーの周りに極細い針がたくさんついていて、その針で真皮に刺激を与えることによりコラーゲンを再生するというものです。ダーマローラー単独でも効果がありますが、妊娠線専用の塗り薬であるシルダームと併用するとより効果があります。

針を刺すので少し傷みがあり、病院によっては塗る麻酔を使用する場合もあります。肌に赤みが出るのは当日~翌日と、ダウンタイムが短いことも人気の理由です。

5.炭酸ガス治療(注射)を受ける

炭酸ガス治療は、炭酸ガス(二酸化炭素)を、注射器で真皮に注入します。代謝が高まり、真皮でコラーゲンの生成が進むことで妊娠線が治っていきます。
注射直後は赤みがありますが、数十分で目立たなくなるためダウンタイムは実質ありません。ただし、この注射がかなり痛みを伴うので、痛みに強い人向けです。

6.皮膚切除術を受ける

妊娠線のある場所を切り取って縫い縮めるか、または自分の皮膚を移植して見えなくする方法です。
この方法は、広い範囲に妊娠線がある人には効果が高いのですが、縫い縮めたり皮膚を移植したりした箇所に、線状に跡が残るので、妊娠線が狭い範囲にある人には向きません。

手術の痕は、約1年は赤みが残ります。また、手術後は1週間程度、ギブスで固定する必要があります。

妊娠線を隠す方法・これ以上増やさない予防ケア

お腹の妊娠線を予防するクリーム

妊娠線を消すのは高価なクリームや、美容皮膚科への通院が必要となり、その値段や手間から手が出ない人も多いかもしれません。

そんな時は、妊娠線を隠すグッズを活用しましょう。上手に使えば、妊娠線をなかったことにできるほどきれいに隠すことができますよ。

驚くほど目立たない!妊娠線隠しのおすすめグッズ

妊娠線を隠すには、いつも使っているファンデーションではすぐに落ちてしまいます。汗や皮脂、こすれに強いウォータープルーフタイプの、ボディ用ファンデーションを使うのがおすすめです。
肌に近い色を作れるように、リキッドやクリームタイプのものが使いやすいでしょう。

ボディ用ファンデーションの使い方のポイント

・妊娠線の周りの肌に近い色のファンデーションを選びます。
・妊娠線を含む、広い範囲にファンデーションを広げましょう。
・境目をたたいてなじませます。
・仕上げにパウダーで押さえるとさらに目立たなくなります。

おすすめなのは、ドイツの化粧品メーカー「KRYOLAN」社の「ダーマカラー ボディカモフラージュ」というボディ用ファンデーションです。


ダーマカラー ボディカモフラージュの画像
出典:global.kryolan.com

ダーマカラー ボディカモフラージュ/ KRYOLAN

全部で約80もの肌色を取り揃えており、世界100か国で販売されています。グラビアなどの撮影用にもよく使われているプロ仕様のファンデーションです。

やっぱり作らないが一番大切。妊娠線を増やさないために…

妊娠線が気になりお腹をさする妊婦

妊娠線ができてしまった場合は、消す・薄くするケアはもちろん、これ以上できないようにするための予防ケアも行っていきましょう。妊娠線は、作らないのが一番です。

予防クリーム&マッサージで妊娠線を増やさない

これ以上妊娠線を増やさないために、妊娠線を予防するクリームも毎日使いましょう。妊娠線は、お腹だけでなく胸・お尻・二の腕・太ももなどあらゆるところにできる可能性があります。

また、妊娠線を作らないためには、急激に太らないことと、皮膚の代謝を良くすることが大切なので、医師の許可の元、適度な運動も心がけましょう。

産後もケアを続けましょう

妊娠線は、お腹が大きくなる過程だけではなく、分娩中に激しくいきむことでも皮膚の線維が切れてできてしまう場合もあります。

また、産後にお腹がしぼんだときに突然現れたり、授乳が終わってホルモンバランスが変化した時に現れたりするなど、妊娠が終わったからと言って安心できないのが妊娠線の恐ろしいところです。
絶対に妊娠線を作りたくないという人は、妊娠中はもちろん、産後も妊娠線ケアを続けましょう。

出来てしまった妊娠線のケアは長期戦を覚悟して!

ここまで、妊娠線を消す・薄くする方法について紹介してきましたが、美容皮膚科で受けるレーザー治療や注射などは、当然妊娠中には受けることができません。
妊娠中に、できてしまった妊娠線のケアを行いたいという場合は、安全な妊娠線専用クリームを毎日使い、さらに高い効果を求める場合は産後に美容皮膚科に相談してみましょう。

外科的治療を受けない場合は特に、できてしまった妊娠線を消すのは長い時間かかることを覚悟しましょう。表皮のターンオーバーが約28日であるのに対し、妊娠線ができてしまった真皮のターンオーバーは5年~6年と言われています。妊娠線がすぐに薄くならなくてもあまりストレスに思わず、根気よくケアを続けてみてくださいね。