胎児が小さいと言われた時の対処

胎児が小さいと言われたらどうする?対処の仕方体験談15

胎児が小さいと言われたことがあるママの体験談をご紹介しています。胎児が小さいと指摘を受けたらどうすればいいのでしょう。安静にしていた方がいいのか、異常かもしれないから検査を受けた方がいいのか悩みます。小さい胎児を大きくするための方法はあるのでしょうか。

胎児が小さいと言われたらどうする?対処の仕方体験談15

妊婦健診で胎児が小さいと言われたらどうする?

待望の赤ちゃんを授かってお腹の中ですくすくと成長している様子をエコー写真で確認すると、思わず笑顔がこぼれ幸せを感じます。早く会いたいなと感じる瞬間です。

でも、時に、かかりつけ医から「少し小さいですね」と言われることがあります。元気に育っていると思っていたのに、そんなことを言われると病気なのか、何か障害があるのか、検査が必要なのかと心配でたまらなくなってしまうでしょう。

今回は、胎児が標準より小さいとかかりつけ医から言われたことがある先輩ママの体験談をご紹介します。胎児が小さいと言われたらどうするといいのか、考えてみましょう。

胎児が小さいと言われた時に医者から指示されたこと・試してみた事

エコー検査の医師からアドバイスされる妊婦

お腹の中の胎児が標準より小さい時、かかりつけ医から指示を受けたこと、指示がなかったけれど自分で試してみたことを体験談の中からご紹介します。胎児の体重を標準に近づけるには、どんな方法が効果的なのでしょうか。

医者の指示

  • 安静にしてください
  • お母さんの体重を増やすように
  • 柑橘系のものを食べましょう
  • 生活習慣を見直して
  • 貧血をなおして
  • あまり動きすぎないように
  • しっかり食べてゴロゴロしてね
  • 上の子の抱っこや追いかけっこに気をつけて

医者から指示がなかったので自分で試してみたこと

  • 横になって生活してみた
  • 胎児が小さいとお産しやすいと考えることにした
  • 元気でいてねとお腹の赤ちゃんに話しかけていた
  • 食べる量を増やした
  • 葉酸サプリを飲んだ
  • 果物をたくさん食べた
  • 食べたいものを食べられるだけ食べた

産まれた赤ちゃんは小さかった?体重は増えていた?

新生児を抱く母親

お腹の胎児の体重を増やすためにいろいろ試みた人も気にしないで過ごした人も、赤ちゃんを産んだ結果、赤ちゃんの体重は標準より小さいままだったのでしょうか。それとも標準に近づいていたのでしょうか。

寄せられた体験談では、いたって標準だった、標準より小さかったけれど何も問題はなかったという声が多いです。試みた胎児の体重を増やす方法が功を奏したのかどうかは分かりませんが、産まれたら問題があるほど小さくはありませんでした。

胎児が小さいと言われたらどうすればいいの?

もしも本当に胎児が小さいことで問題があるなら、かかりつけ医から何かしらの具体的な指示があるはずです。母体にトラブルがある場合は別ですが、少しくらいお腹の中の胎児が小さいと言われても、必要以上に気に病むことはありません。

胎児の成長スピードは、人それぞれです。成長が早い赤ちゃんもいれば遅い赤ちゃんもいます。かかりつけ医から特に指示がないのであれば、そのまま普通に過ごしていいでしょう。ママがストレスなく笑顔で過ごしている方が大切だと心得てください。

胎児の成長は感動的!妊娠月ごとの赤ちゃんの様子を知ろう
胎児の成長は感動的!妊娠月ごとの赤ちゃんの様子を知ろう

胎児が小さいと言われたママの体験談

ここからは、寄せられた胎児が小さいと言われたママの体験談をご紹介していきます。胎児が小さいと言われて悩んでいる人は、同じ悩みを共有してみましょう。先輩ママたちのアドバイスで、少しは心が軽くなるかも知れません。

横になって過ごす

マーガリン(43歳)


ベッドに横になる妊婦

お腹の中の赤ちゃんが小さいと指摘されたのは「27週」のことでした。検診時に先生が「う~ん。ずっと見てきたけどやっぱり赤ちゃんは小さいね」と言われたのです。

医師から特に指示はなく、「お母さんが小柄だから赤ちゃんも小さいかもしれないね。気にしないで」と言われましたが、初めての妊娠ということもあり心配になりました。

そこで、ネットなどで情報を調べてみたところ「横になっていると血流が多くなり、赤ちゃんが育ちやすい」と書かれていたので、なるべく、日中も横になって生活するようにしていました。

そのかいがあってか、生まれてきた赤ちゃんの体重は2960g、身長は49cmといたって標準体型で生まれてきました。

私の場合は、35週を過ぎたあたりから急速に赤ちゃんが大きくなってきました。だから、最後までどんな成長があるかわからないので、心配することなく妊娠生活を過ごしてください。

遺伝だと思います

momo(30代後半)


産婦人科の医師に標準よりも赤ちゃんが小さいと言われたのは、妊娠中期の26週目ぐらいからでした。最初の方は順調で標準でしたが、体重の増加がゆっくりめになっていきました。

医師からは「あまり動きすぎず安静にしてくださいね」と言われました。最初の妊娠で不安なこともあったので、できるだけ体を休めるようにしましたが、あまり効果はなかったように思います。

結局、生まれてきた赤ちゃんは2402gでギリギリ未熟児でしたが、通常より1日長く入院しただけで特に問題はありませんでした。

私の場合、母親も姉も2500~2600g前後の子供を出産していたので遺伝だと思い、神経質にはならないように考えました。小さかった分、安産でスピード出産だったので体は楽でした。

ポジティブに!

ししゃも(26歳)


私は妊娠5~6か月の時から9か月くらいまで、ずっと標準より小さめですと言われていました。旦那さんも家族もとても気にして、毎日心配して「ごはんちゃんと食べてる?」と連絡してくるほどでした。

しかし、お医者さんからは、これといった指摘も特になかったので、私自身は「小さく産んで大きく育てる」っていうし、小さかったらもしかしたらお産だってしやすいかも!とポジティブにとらえて生活することにしました。

そのせいか、食事もおやつもパクパク食べて、何も気にしなかったので、産まれた時には3084gもあり、めちゃめちゃ標準サイズで出てきてくれました。

はじめは小さいかもしれませんが、赤ちゃんも必死にママから栄養をもらおうとしているので、あまり気にしすぎず、栄養しっかりとっていたらいいかもしれないですね。

我が子は我が子と考える

ゆいこ(29歳)


里帰り出産だったのですが、転院した病院で急に、「小ぶりな赤ちゃんですね。」と先生に言われました。そのとき35週。それまで大きさのことで言われたことが無く、急に不安になりました。

小さいとどうなのかわからなくて先生に確認したところ、陽気な先生だったこともあり、「2500g以下なら、産まれてからちょっと検診が多かったかな。でもそんな気にしなくても良いよー。」と軽く答えられたので、あまり考えないように心がけた感じです。

もう、35週ということもあり、特に先生から指示などはありませんでした。私自身も、陣痛や出産自体の悩みが大きく、特別赤ちゃんが大きくなるようにしたことはないです。

敢えて言うなら、お腹の赤ちゃんに「あと少しで、会えるね!もう少しの時間お腹で元気でいてね」と話しかけたり、少し不安になったときは「うちの子は親孝行だから、あまり大きく育つと、出産大変だろうなって考えてくれているのかもしれない!」と自分に言い聞かせていました。

結果、我が子は予定日丁度で2854g。ママは何でも心配になりますよね。大きくても小さくても我が子は我が子。命があってお腹にいる幸せをまず噛み締めて、いっぱい話しかけてあげてください。

新生児を見つめる母親

あくまでも目安

はるこ(36歳)


妊娠28週頃から、お腹の中の赤ちゃんが数週間分小さめだとずっと言われてきました。私はつわりがとても酷く、初期は水分も摂れずに点滴の毎日で、出産の前日まで吐いていた程だったので、自分自身の体重も増えていませんでした。

先生からは、お母さんが痩せすぎだと赤ちゃんに良くないからもう少し体重を増やすようにと言われていましたが、少しでも多く食べると吐いてしまう為、どうしようもありませんでした。

気にはなっていましたが食べる事が難しいので、更にストレスをためないように気にしないで生活するようにしていました。

ずっと小さめだと言われていたわが子ですが、帝王切開で38週で3340グラムもありましたし今もとても健康です。

エコーの体重はあくまでも推定で、かなりの誤差がある事もあるので、ストレスにならないよう気にしすぎない方が良いと思います。

気にしすぎはだめ

つばき(30代後半)


初めての妊娠で、何事にもきっちり育児書通りにこなし、育児書のようになっていないと不安だった私。妊娠28週目に行った検診で、ドクターから「お腹の赤ちゃんがちょっと小さ目だね」なんて言われ、一気に落ち込みました。

適度に運動もし、食事内容や栄養のバランスにも気を付け、体重管理もしっかり行ってきたはずなのにと妊婦相談外来の看護師さんにこぼしたところ、ストレスのほうがお腹によくないと言われ、「その時々の体重より、変化の具合のほうが大切、あくまでも平均体重と個々は違います」とアドバイスを受けました。

ドクターからは、「赤ちゃんは柑橘系が好きみたいだから柑橘系のものを食べてみたら」と言われたので、毎日1個ずつオレンジを食べていました。オレンジの柑橘系のにおいにも癒されたのか、翌月の赤ちゃんの体重はそれまでより大きく変化していました。

出産前、ドクターから言われていた赤ちゃんの推定体重は2800gでしたが、実際生まれてみると3200gほどでした。言われていたより大きかったのですが、健康に大きな問題がなければ、体重は気にすることはないと思います。

自分を沢山責めました

ミモレット(32歳)


わたしの初めての妊娠。妊娠すれば毎日が楽しい生活だと信じていました。最初は本当に順調で、悪阻が終わりマタニティ生活を楽しみ始めた頃の検診で、先生から「子供が大きくなっていない、規定よりも小さいのでまた来週受診して下さい」といきなり言われました。

その前の週に切迫早産気味だから安静にしていてと言われ、自分がいけなかったのだと責め泣いていた翌週の事だったので、本当にショックで仕方ありませんでした。

赤ちゃんが小さいと言われたのは28週、先生から子供に栄養をいきやすくするために安静に動かないで欲しいと再度言われました。ネットで検索し、私のへその緒が悪いのかと、身体の向きによって良くなるなど書いてあれば、しんどくてもその方向で寝て寝返りも我慢しました。

結局、赤ちゃんは大きさが満たず、36週でNICUのある大きな病院へ転院し、推定2030グラムの予定でしたが、産まれたわが子は1988グラムでした。

診断は「子宮内胎児発育不全」。お腹の赤ちゃんが小さいのは、決してお母さんの責任ではありません、現に2人目は3000グラム越えの子供でした。悩む、泣くより沢山話しかけて笑ってあげてください。

個性と思うようにした

ありりん(26歳)


お腹の赤ちゃんが小さいと言われたのは、30週くらいからでした。ウエストが標準より細いね。と言われていましたが、私も旦那も痩せ型な為、そんなに大きな子が産まれるだろうとは元々思っていなかったこともあり、あまり気にしていませんでした。

元気に産まれてきてくれればいいと思っていました。医師からも特別気をつけるように言われたことはありません。

元々体重の変動がなく、少食と言われることも多かったので、2人分なんだからたくさん食べなさいと周りに言われ、中期からは食べる量も増やすように努力していました。

産まれた時の体重は、推定よりもはるかに軽い2376グラムでした。でも、とても元気なので気にしすぎなくていいと思います。2週間で400グラムも大きくなりました。

ご飯を食べられるように気をつけた

さく(20代前半)


和風の食事

私の子供が小さいと指摘されたのは24週の時です。あまり食べ物が食べられていなかったり、安定期を過ぎても吐いていたりとしていたので、こういった生活習慣をまずは直すところから初めて、また貧血も直すように言われました。

私はまず少しでもご飯を食べられるように、小分けにしてでも胃の中に食べ物を入れました。また、貧血にならないためにも鉄分をとったりと気を付けました。

結局、私の子供は2200グラムで産まれてきたのですが、標準よりは小さい赤ちゃんだったのですが、大きい病院だったこともあり安心して産めました。

赤ちゃんが小さいといわれると凄く不安になると思いますし、何か原因があるのかと思う方もいると思うのですが、まずはしっかりとお医者さんのいうことを聞いてそのように対処していったらいいのかを相談して学んでください。お母さんが焦りなどを感じてしまうと子供にも悪影響なので、私は常に大丈夫だと思って過ごしていました。

あまり動きすぎないようにと言われた

まりお(36歳)


お腹の赤ちゃんが標準より小さいと言われたのは、妊娠29週位の時でした。私の身長からしてお腹の赤ちゃんは小さめだったみたいです。

体重もそこまで多くならなかったので、あまり動きすぎないようにねといわれました。安静というわけではないのですが、無理はしないでということだったので、なるべくゆっくりすごしました。

検診のたびに心配だったのですが、赤ちゃん自体は成長はしていたので、あまり気にしないようにしました。生まれてきた赤ちゃんは、3350グラムでした。

検診では2800グラムといわれていたのに、結構誤差があって生まれてきました。誤差があることもあるので、問題がなく成長していたら、あまり気にしなくても大丈夫かもしれません。

医者のアドバイスは「ゴロゴロしてね」

ゆったん(30代後半)


里帰り出産で、36週で実家近くの産婦人科クリニックに通い出しました。その時のクリニックの先生にお腹の赤ちゃんがちょっと小さめだねぇと言われました。それで、しっかり食べてゴロゴロしてねと先生からアドバイスを受けました。

なので、私はアドバイス通り食事も少し増やして、散歩が大好きだったけど少しやめて、ゴロゴロするように心がけて生活してみました。

でも、次の健診でもまだ赤ちゃんはあまり大きくなってない感じで、私の体重だけが増えるという、え~って言う結果でしたので、もう散歩は再開しました。

食事はひき続きしっかりとりました。先生のアドバイスは、出産まで同じゴロゴロしてねでした。お腹の赤ちゃんの体重を増やすって言われても自分だけ太っていくし、どうしていいものかと心配しました。

しかし、産まれた赤ちゃんは2610gの小柄でしたが、今はすごく大きいです。そして小柄の赤ちゃんだったのと散歩して体力もつけていたのもあって出産もスムーズでした。

お腹の赤ちゃんが大きくなりにくい体質のママもいるみたいなので、やれることをやっているなら、そこまで心配しすぎないで大丈夫だと思います。

葉酸サプリを飲んだ

ジョン(20代前半)


サプリメント

私の妻の事になりますが、語らせていただきたいと思います。私は良く、検診に付いて行っていたんですが、エコーで赤ちゃんを見ているんですが、先生から平均より少し小さいねと言われました。

そんなに気にする程でもないよと言われましたが、私は心配性でしたので、とにかく大きくなる方法を調べました。

私たちが行った事は、葉酸サプリを飲むようにした事と、とにかく栄養を付けようとサラダだったり大きくなるかもと思いお肉をいっぱい食べるようにしました。

結果的には、2400gないぐらいで産まれてしまいましたが、現在は半年以上経つぐらいですけど、すっかりと平均的な大きさにまでなりました。

ですので、悩んでいる方はそこまで心配しなくても大丈夫です。今の医療は進んでいますし、充分産まれてからでも立派に成長していきます。

なるべく横になってと言われた

りこぴん(24歳)


お腹の中で小さいと言われ始めたのは里帰りする2週前の健診だったので、24週あたりの健診からでした。早めに里帰りをと言われ、32週から里帰りをしました。

里帰り先の病院でも、やはり小さいと予定日もズレているんじゃないかと言われる始末で、NICUのある病院に再び転院になりました。この時は34週でした。

先生からはなるべく横になって、赤ちゃんにたくさん酸素を送って下さいといわれ、上の子は実母が面倒を見てくれずっと横になっていました。あとは、果糖は赤ちゃんを大きくすると聞き、果物をたくさん食べました。

赤ちゃんは40週3日で産まれ、体重は2454gとやはり小さめでしたが、とても元気に産まれてきてくれました。小さいといわれ、成長が無ければ帝王切開だと最悪の事態の話もされ初めは不安で仕方ありませんでした。

しかし、赤ちゃんが小さいのは8割ほど個性らしいので、あまり気に病むことはないです。それに、小さめに産まれた赤ちゃんはとってもカワイイですよ。なので、気にせずに妊娠生活を楽しみましょう。

安静にする妊婦

安静にするように指示があった

モカママ(32歳)


赤ちゃんが標準より小さいと言われたのは、36週からです。時々出血もあったので、できれば安静にしてねとのことでした。上の子の抱っこや、追いかけっこもできるだけ気をつけて欲しいと言われました。1人目の時に切迫早産で入院したこともあり、2人目もそうなりやすいこともあるとのことでした。

あまり食欲もなかったので、食べる物の質に気をつけました。脂っこい物をなるべく控えて、和食中心にしましたが、そればかりで飽きてしまった時には、ストレスもよくないので、食べたいものを食べられるだけ頂きました。

産まれた子供は、2580gでした。私の場合、36週の時に2412g、37週には2468g、38週では2578g、39週では2609gと、少しずつしか成長していませんでした。

不思議ですが、もしかするとこの子は早産のリスクを知っていて、あとは産まれてから大きくなろう、ここで大きくなるのはここまでしようと思ってくれているかのようでした。

2580gで産まれてきてくれて、すごくちっちゃいけれど元気に泣いてくれて、ほんとにほんとに可愛かったです。我が子の生きる力を信じて、マタニティライフを楽しんで欲しいです。

果物を多めにとった

すいか(27歳)


果実を食べる妊婦

安定期に入って少し経った20週頃に、平均より小さめだねとお医者さんから言われました。エコーだとズレは必ず生じるし、これから大きくなるから心配しなくてもよいと言われ、特に指示は出ませんでした。

また、頭が長いので、エコーで頭の真上から測るとどうしても数値が小さく出てしまう、とのことでした。ですがやはり心配だったので、自発的に果物を多めに摂るよう心がけました。

その後、生まれるまで小さめだと言われ続け、途中で精密検査も受けましたが、赤ちゃん自身に問題はなく、結局2500グラム弱で生まれました。

平均より小さいと言われると不安になりますが、異常があればきっと早い段階で告げられると思います。気になる方は精密検査をお願いすることもできると思うので、お医者さんに相談してみてはいかがでしょうか。ちなみにたくさん食べても自分の体重が増えるだけでした。

おすすめコンテンツ