戌の日とは安産祈願をする日

戌の日とは?安産祈願の準備・当日の参拝作法

戌の日とは、妊娠5ヶ月以降の妊婦さんが赤ちゃんが無事に生まれてくるように、神社やお寺で安産祈願をする日本の風習です。どうして戌の日に安産祈願をするのか、戌の日の由来や腹帯(帯祝い)との関係を解説。戌の日はいつか、誰とお参りに行くべきか、祈祷に適した服装や参拝の作法もお伝えします。

戌の日とは?安産祈願の準備・当日の参拝作法

戌の日とは?

妊娠するまで意外と知らなかったという方も多い「戌の日」。
戌の日は安産祈願のためにお参りする日であり、これから母親になる妊婦さんにとっては気になる日本のしきたりでしょう。

戌の日とはなにか、なぜ戌の日に安産祈願するといいのかといった由来から、安産祈願のための準備や当日の参拝方法を解説します。

戌の日とは、安産祈願のための風習

神社の手水舎

「戌の日」とは、妊娠5ヶ月目(妊娠16~19週)の最初の戌の日に妊婦さんが神社やお寺へ足を運び、赤ちゃんが無事に生まれてくるように安産祈願をする日本の風習です。

本来は、「戌の日のお祝い」とも呼ばれ、お腹の目立ってきた妊婦さんが初めて腹帯を身に着ける「帯祝い」が戌の日には最も重要な儀式でした。

しかし、最近では「戌の日=安産祈願のご祈祷・参拝」という意味合いが強くなり、腹帯は身に着けない妊婦さんも多いことから、帯祝いとしてのお祝い要素は控えめです。
神社へは、腹帯を身に着けていく妊婦さん、ご祈祷用に持参する妊婦さん、神社や寺で購入する妊婦さんなど、そのスタイルは多様化しています。

そもそも「戌の日」とは?

5ヶ月目の最初の戌の日と説明しましたが、戌の日ってそもそもいつなの?という方も多いはず。「戌の日」には、十二支が関係しています。

十二支とは「子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥」と年が変わるごとに巡っている干支のことです。年賀状などを書く時に今年の干支は何かチェックすると思うので、親しみがあるはずです。

実は、干支は年だけではなく、日でも十二支が当てはめられているのです。そして「戌」が当て振られている日が戌の日となります。

どうして「戌」の日に安産祈願する?

子犬が5匹並ぶ

昔はお産で母子ともに命を落とすことは珍しい出来事ではありませんでした。そんな人間のお産とは違い、犬は多産でとってもお産が軽い動物です。そんな犬のようにお産ができるように、戌の日に安産祈願をするようになりました。

また古来から犬は悪霊を防ぎ、狐や狸から子供を守る生き物と考えられていました。
今では可愛いペットとして欠かせない犬ですが、昔は安産祈願の神様として慕われていたのです。

戌の日と「腹帯」との関係

戌の日は、安産祈願をするだけではなく、神社やお寺で祈祷した腹帯を受け取ることができます。
腹帯は神社で購入できる場合と持参が必要な場合があるので、安産祈願をする神社や寺に事前に問い合わせましょう。

また実家から妊婦になったママに腹帯を贈る風習のある地域もあるので、一度実家に聞いてみることをオススメします。

腹帯引用元:www.amazon.co.jp

腹帯(岩田帯)を巻くのは、古事記が由来

腹帯は「岩田帯」とも呼ばれており、妊娠中に腹帯をするのは日本ならではの風習です。

古事記によると、14代天皇のお后の神功皇后が妊娠中に朝鮮半島に出征した際、帯の中に石を入れてお腹に巻きつけたという言い伝えがあります。神功皇后は、その後、無事に日本に戻ってきてのちの応神天皇を出産しました。これが安産祈願にまつわる、腹帯の起源と考えられています。

ちなみに「岩田帯」という呼び名には、「岩のように頑丈な体で、健康な赤ちゃんが生まれるように」という意味合いも込められているようです。

腹帯は様々な役割がある

腹帯は様々な役割があります。

  • 大きくなったお腹を支える
  • 冷えから守る
  • 胎児の位置を安定させる

腹帯は妊娠5ヶ月から出産まで、ママのお腹と赤ちゃんを守ってくれる役割を果たします。
ただ妊娠中に絶対に身に着ける必要はありません。お腹が押さえられる感覚が嫌だというママは、戌の日に儀式として一度着用してから、その後は付けずに過ごすという人も多くいます。

戌の日はいつ?

2017年と2018年の戌の日カレンダーです。赤は大安、オレンジは日曜日の戌の日です。

2017年

1月11日(水)先勝 23日(月)先勝
2月4日(土)友引 16日(木)友引 28日(火)先負
3月12日(日)先負 24日(金)仏滅
4月5日(水)大安 17日(月)大安 29日(土)先勝
5月11日(木)先勝 23日(火)先勝
6月4日(日)友引 16日(金)友引 28日(水)先負
7月10日(月)先負 22日(土)先負
8月3日(木)大安 15日(火)大安 27日(日)赤口
9月8日(金)赤口 20日(水)友引
10月2日(月)友引 14日(土)友引 26日(木)先負
11月7日(火)先負 19日(日)大安
12月1日(金)大安 13日(水)大安 25日(月)赤口

2018年

1月6日(土)赤口 8日(木)先勝 30日(火)先勝
2月11日(日)先勝 23日(金)友引
3月7日(水)友引 19日(月)仏滅 31日(土)仏滅
4月12日(木)仏滅 24日(火)大安
5月6日(日)大安 18日(金)先勝 30日(水)先勝
6月11日(月)先勝 23日(土)友引
7月5日(木)友引 17日(火)仏滅 29日(日)仏滅
8月10日(金)仏滅 22日(水)赤口
9月3日(月)赤口 15日(土)先勝 27日(木)先勝
10月9日(火)先負 21日(日)先負
11月2日(金)先負 14日(水)仏滅 26日(月)仏滅
12月8日(土)赤口 20日(木)赤口

戌の日は1ヶ月に2~3回存在する

戌の日は、十二支由来なので、12日を足すと次の戌の日が分かります。妊娠5ヶ月目の最初の戌の日に安産祈願に行けなかったとしても、12日後にはまた戌の日がやってきますので、月に2~3回は戌の日が必ずあります。

例え妊娠5ヶ月の最初の戌の日にお参りに行けなくても、妊娠中にチャンスは何度もあると考えておきましょう。

戌の日に安産祈願をする準備

戌の日にお参りに行くなら、安産祈願をするための準備が必要です。戌の日までに決めておくこと、用意するものなどをご紹介します。

安産祈願に行く神社やお寺を決定する

まず安産祈願をする神社や寺を調べましょう。自分の家から近い神社や寺でお参りするのか、有名な神社や寺でお参りをするのかで当日の流れが変わってきます。

有名な神社や寺だと混んでいることが予想される

神社に参拝する人々

有名な神社や寺でお参りをする場合、やはり戌の日は多くの妊婦さんやその家族で賑わうはずです。

参拝だけでなく、ご祈祷をお願いする場合、自分の順番まで待ち時間が長くかかることもあります。事前に予約しておくと確実ですが、大きな神社やお寺では、祈祷は当日受付のみ対応というケースもあります。

また、やはり有名な神社や寺の腹帯は人気がありますし、数に限りがあります。有名な神社や寺では腹帯が売り切れてしまう可能性もなくはありません。

【戌の日・大安・日曜日】は相当な混み

特に激しい混みが予想されるのは【戌の日・大安・日曜日】などの条件が揃っている日です。
一般的には、安産祈願は「妊娠5カ月の最初の戌の日に行う」とされていますが、都合がつかず妊娠5ヶ月以降のお日柄の良い日を選んだり、日曜日でないと安産祈願に行けない人など、多くの参拝客が訪れるはずです。

神社や寺の大小は関係ない

安産祈願をするために、神社や寺の規模は関係ありません。

電車に乗ったり、人が多い神社やお寺でのお参りは、妊娠中の体にはやはりも負担です。体調に少しでも不安がある方は、近所の神社やお寺での安産祈願をおすすめします。

出産後1ヶ月経つと、赤ちゃんを連れてのお宮参りなどもありますので、自宅から近い神社を選んでおいた方が後々、安心ともいえます。

お宮参りはいつ行く?服装・写真・費用・現代版お参り事情
お宮参りはいつ行く?服装・写真・費用・現代版お参り事情

服装はワンピースなどでOK

服装はワンピースの妊婦

神社やお寺へお参りやご祈祷をしに行く際は、フォーマルな服装が望ましいです。フォーマルスーツが1番ですが、妊娠5ヶ月ともなると窮屈に感じる方も多いはず。

ママの身体に負担がないのが1番なので、シンプルなワンピーススタイルでも構いません。普段着より少しだけきちんと感のあり、華美でない装いをしましょう。

サンダルや露出が多い服装、ジーンズなどのラフなスタイルは、例えお参りだけだとしてもマナー違反です。

戌の日の服装|安産祈願のお参りにおすすめ服&神事のマナー
戌の日の服装|安産祈願のお参りにおすすめ服&神事のマナー

腹帯は身に着けていくか、持参すべきか

かつては戌の日の「帯祝い」は、重要な儀式でしたが、現代では腹帯を巻いて祈祷に行く人、持参して祈祷してもらう人、神社で購入する人など、そのスタイルは様々です。

神社によっては、祈祷が可能なのは神社側が用意した腹帯のみという可能性もあります。
安産祈願をする神社が決まったら、着用すべきか、持参すべきか、購入は可能なのか聞くのが1番確実です。

初穂料を用意しておく

安産祈願のご祈祷をお願いする場合は、祈祷や祝詞の謝礼として初穂料(はつほりょう)を納める必要があります。

神社によっては、ホームページや予約時に金額を提示していますが、「お気持ちで」と明確な金額を言われない場合もあります。その場合の相場は、5.000か10,000円です

紅白で蝶結びされている水引きの封筒を用意し、中袋の表に金額、裏には住所と夫婦の名前を連名で書きます。封筒の表書きには、水引きの上に「初穂料」と記し、水引きの下に夫婦の名前、もしくは苗字のみを書きましょう。

お宮参りの初穂料とは?金額相場や封筒の書き方
お宮参りの初穂料とは?金額相場や封筒の書き方

戌の日のお参りは誰と行くべき?

現代では、戌の日のお参りは、誰と行くのかにこだわる必要はありません。
妊婦さんの実家が腹帯を贈り、一緒に安産祈願を行うのが一般的な地域もありますが、実家が遠方、お互いの都合が合わない場合は仕方ないでしょう。

ですが、体調が急に悪くなった時のことを考えて、できるだけ妊婦さん一人ではなく、誰かと一緒に参拝できれば安心です。

参拝後に、お祝いの食事をするのか決めておく

戌の日に、実家・義実家の両家が揃う場合、あるいはどちらかの両親だけだとしても、その後にお祝いの食事をしようという話になることは珍しくなりません。ちなみに地域によっては、ママの実家側が夫の実家や親族に食事を配るという風習があります。

食事は、レストランなどで祝い善を予約しておくと手間がありません。自然とお祝いムードになるでしょう。

祝い善などではなく、もっとカジュアルなお祝いとなる場合は、実家・義実家に苦手なものがないか聞いて、ママとパパが2人でお店を選んでおきましょう。ホームパーティーをする場合は、料理をしても良いですが、ママが負担に感じるようならお寿司などを注文しておくことをオススメします。

もちろん妊娠中の体調に不安が大きい場合は、無理をする必要はありません。「参拝だけで疲れてしまうから…」と事前にお断りしておきましょう。

戌の日当日の流れ

お参り当日にもし参拝に行けなくなった場合の対応、参拝や祈祷の流れを紹介します。

体調は大丈夫か確認する

まず戌の日の当日の朝、体調が大丈夫か確認しましょう。体調が悪いのに安産祈願をしに行くのは赤ちゃんのためにも避けてください。

お腹を押さえる

戌の日に参拝に行けなくても大丈夫!

体調が悪い時、都合が悪くなった時は、日を変更しても構いません。

確かに安産祈願は、「妊娠5ヶ月の最初の戌の日」が良いとされていますが、それ以降の戌の日、大安などのお日柄の良い日、特にこだわりを持たず、行けるときに安産祈願に行く人もいます。無理せず、日を改めましょう。

代理で祈祷ができる神社もある

妊婦さん本人が行けなくても、パパや両親など代理での祈祷を受け付けてくれる神社もあります。受付時に、本人の名前や住所、生年月日などの情報があれば代理での祈祷も可能です。

参拝・祈祷のお作法

祈祷をする場合の流れ

一般的な参拝のお作法の流れを確認しておきましょう。

  • お清め
  • ご祈祷申し込み(初穂料を納める)
  • 本殿へ向かう
  • ご祈祷
  • 祝詞奏上
  • 二拝・二拍手・一拝
  • 授与品(腹帯)を受け取る

お祓いと祝詞奏上の際は頭を軽く下げるようにします。所要時間はおよそ10分~20です。
いただいたお札は神棚に飾りましょう。もし神棚がない場合は家族が集まるところで、目線より高い位置にまつりましょう。

参拝のみする場合の流れ

最近では、ご祈祷をせずに、お参りのみを行う方も増えています。

  • 会釈をして、鳥居をくぐる
  • 手水舎で身を清める
  • 参拝をする

賽銭を入れる→鈴を1回→ニ礼二拍手一礼

  • 神前に会釈をし、鳥井をくぐる

赤ちゃんが生まれてくる実感がわく戌の日

戌の日は、ママやパパはもちろん、赤ちゃんの祖父母など、多くの人がもうすぐ赤ちゃんが生まれてくると実感が湧く日でもあります。普段は慣習にこだわらない方でも、安産祈願を行うと、赤ちゃんの誕生が待ち遠しくなり、出産への不安が和らいだりするものです。ぜひ、戌の日に安産祈願を行いましょう!

おすすめコンテンツ