Loading

臨月の時期はいつからいつまで?

臨月はいつからいつまで?時期や過ごし方、里帰りの目安

臨月はいつからいつまでの時期を指す言葉なのでしょうか。具体的な時期や臨月になった時にリラックスできる運動や、病院の内診やおなかの赤ちゃんの胎動の減少について紹介します。里帰り出産を計画しているママはいつから戻るのが良いのか解説します。

臨月はいつからいつまで?時期や過ごし方、里帰りの目安

在胎週数36週0日目から39週6日目までが臨月

臨月は、妊婦さんや家族にとってとてもドキドキする時期ですね。待ちに待ったわが子との対面がいよいよ迫ってきます。
具体的にいつからいつまでが臨月と呼べるのでしょうか。定義としては「在胎週数が36週0日目~39週6日目まで」が臨月という期間になります。在胎週数40週目には出産予定日となります。

実は在胎週数36週0日~36週6日の間だけは正期産の時期には含まれていません。この間に生まれた赤ちゃんは早産という位置づけになりますが、臨月に入って母子共に問題なければ気にすることもありません。

臨月は赤ちゃんがいつ生まれても良い時期の目安

妊娠中に赤ちゃんの服を用意した臨月のママ

「臨月の期間は36週~39週6日まで!」とわかったところで、実際臨月とは具体的に何なのか。簡単に言えば妊娠10ヶ月のことを指し、赤ちゃんがいつ生まれてもいい時期という捉え方をします。
具体的な臨月についてチェックしてみましょう!

臨月はいつから?どうやって計算するの?

臨月ということばにあるように「月」で数えます。妊娠した日から10ヶ月経ったその月が臨月という数え方になります。
週でいうならば妊娠36週0日目~39週6日目となり、早産~正期産をまたいだこの時期を指します。臨月のうち36週0日~36週6日の6日間だけは早産という時期に入っているのですが、赤ちゃんの成長経過が順調で母体のほうに問題がない状態であれば心配はいりません。

妊娠40週目ちょうどが出産予定日という計算になり妊娠41週6日目までを正期産、その後妊娠42週を超えてくるとそこからは過期産という扱いになります。

妊娠10ヶ月臨月のママと赤ちゃんの体の変化・出産兆候
妊娠10ヶ月臨月のママと赤ちゃんの体の変化・出産兆候
妊娠10ヶ月目に入り、いよいよ出産が近づいてきました。前駆陣痛や胎動の減りなどの出産兆候や陣痛の特徴、外出の時に気をつけることを知っておくことで、臨月を穏やかに過ごし、安心して出産を迎えましょう。

臨月は早産と正産期をまたぐ時期

臨月に入り出産が近づく妊婦

上記にもありますが、妊娠期間には大きく分けて4つの期間があり、その時期によって赤ちゃんの生まれの扱いが変わってきます。

  • 在胎21週6日までで産まれてしまった場合は「流産」
  • 在胎22週0日~36週6日に生まれた場合は「早産」
  • 在胎37週0日~41週6日に生まれた場合は「正期産」
  • 在胎42週0日以降に生まれた場合は「過期産」

という時期に分類されています。

臨月は妊娠10ヶ月、在胎36週~39週6日までなので、このなかでは早産~正期産にまたがっています。そのため36週~36週6日までで生まれた場合は早産という扱いになってしまい、臨月≠正期産となります。

「36週だからまだ生まれないね~」と思っていても、急に出産になる場合もあるので臨月に入ったらいつ出産になっても良いように注意しておきましょう。

臨月の体の変化や過ごし方

臨月でも慌てずマイペースで過ごすママ

臨月に入ったからといって特別何かしないといけないということはありません。しいて言えば、赤ちゃんグッズの用意や入院準備。安静の指示がない場合は生まれる前に出産に向けた運動をしたり、夫婦二人きりで過ごす時間を作って外食をしてみたりするといいかもしれません。

臨月に入ってからの妊婦さんのカラダは出産に向けての準備が始まり若干今までより動きづらさを感じたり、痛みを感じる部分が出てくるかもしれません。具体的な変化を見ていきましょう。

臨月の「お腹が下がる」状態とは?

母子手帳を広げ臨月の状態を確かめる妊婦

臨月に入ると「お腹が下がってくる」とよく聞きますが、実際にはどうなるのでしょうか?実はお腹が下がるというより「赤ちゃんが下りてきた」という方が正しいかもしれません。

「お腹が下がる」のは出産の合図

臨月に入ってお腹が下がってくる原因は、出産に向けておなかの中の赤ちゃんが頭をぐ~っとママの骨盤に入れてくるからです。このため臨月に入ると、股関節や骨盤、恥骨といった骨がきしむような痛みを感じたり、太ももの付け根が突っ張るような痛みを感じる事がしばしばあります。
赤ちゃんが降りてくるというのは、出産が近づいてきているという合図でもあるんですね。

「お腹が下がる」のは臨月に入るころ

お腹に手を当て胎動を感じる夫婦

基本的にお腹が下がってくる時期というのは臨月に入るころなので、ほとんどが産まれる前ということになります。場合によっては早産の時期に降りてきてしまい、安静を言われたり、出産に至ってしまうケースもあります。

臨月以外でお腹が下がってくるという場合には、動きすぎ・子宮のウィルス感染・子宮の筋力が弱いなどが原因で子宮頚管が短くなってしまっているのが原因の場合があります。産院で検査すればすぐにわかるので定期健診はしっかり受けましょう。

お腹が下がらないときは?

赤ちゃんが下りてくるように体操をする妊婦

臨月に入ってそろそろ生まれてもいいのに全然お腹が下がってこない。という場合は産院によっては「運動」の指示をされます。「えっ!?妊娠中に運動していいの?!」とおもうかもしれませんが、臨月に入ってきたら運動するのは出産を促す効果があるのでお勧めです。臨月の妊婦さんに優しい運動をいくつかご紹介します。

  • 四つん這いになってお尻を上げて雑巾がけ
  • 階段や段差の上り下り
  • スクワット

この3つは無理せずに緩やかに続けることが効果的な運動です。
転ぶと危険なので階段・段差の上り下りは人がいる場所、あるいは家の中の手すりや安全な場所でやること。
この運動は股をひろげたり子宮周りの筋肉を動かして鍛え、出産のときに役立つようにする運動として効果があります。それと同時に、刺激を与えることで赤ちゃんが下りてきやすい環境づくり、生まれてきやすい環境づくりに効果的です。

臨月の運動が安産への鍵!?運動の効果とおすすめ運動法
臨月の運動が安産への鍵!?運動の効果とおすすめ運動法
臨月に運動すると安産になるというのは本当でしょうか?なぜ臨月の運動が推奨されるのか、その理由をまとめました。臨月の定番であるウォーキングの注意点や家で手軽にできるスクワットの方法なども紹介します。

臨月に入ると胎動が減る

胎動が減り寂しく思う妊婦

臨月にはいり、赤ちゃんが出産に向けてママの骨盤に頭を入れるように降りてくると、今まで手足が当たっていた場所が変わったり、赤ちゃんが手足をまげて小さくなってきたりするため胎動を感じにくくなります。そのため、胎動が減ったように感じてしまいがちですが、赤ちゃんは出産直前までおなかの中で動いています。
臨月に入って、胎動が減ったな~と感じるのは自然ですが、1日かけて胎動を全く感じないといった場合は何か異常がある可能性があるので、病院に連絡してみましょう。

臨月に胎動が減る理由|胎動が激しいと出産はまだまだ?
臨月に胎動が減る理由|胎動が激しいと出産はまだまだ?
臨月になると胎動が減るといわれる理由、胎動が激しいせいで夜眠れない時の対処法、胎動をチェックする方法や胎動と性格・障害との因果関係など、臨月の胎動の気になる症状について解説します。

胎動が減らないときは?

臨月なのに胎動が減らない!といっても、心配はいりません。胎動の感じ方は個人差がありますが、胎動の頻度や動きの大きさは赤ちゃんの性格によっても全然違ってきます。

胎動が少ない、おとなしい赤ちゃんもいれば、なんと「出産中の時まで動いていた!」という赤ちゃんもいます。臨月だから胎動が減る!というのは絶対ではなく、むしろ動きがあったほうが元気な証拠といえますね。

臨月の妊婦検診の特徴

赤ちゃんの様子が心配で産婦人科のエコー検査を受ける妊婦

臨月に入ってからの妊婦検診。妊娠初期のころにしていた内診が復活したり、NST(ノンストレステスト)というのが始まったり、変化が見られます。臨月の妊婦検診ではいったい何を調べられているのでしょう?

内診が始まる

妊娠初期にしていたような内診が復活します。エコーも当てられますがもう臨月の大きな赤ちゃんでは画面越しに何が何だかわからないような状態です。なぜ初期にやっていたような内診がまた出産直前に始まるのでしょうか?

内診するのはいつから?なにを見てるの?

赤ちゃんの様子を聴診器で確かめる妊婦

臨月の内診は妊娠10ヶ月に入ると始まります。このころには2週間に1回だった検診が1週間に1度になりいよいよ出産が近いと実感するのではないでしょうか?実際、この時期の内診では出産に向けたチェックをされています。

  • 子宮口の柔らかさ
  • 子宮口の開き具合
  • 赤ちゃんの頭が下りてきているか

といったものをチェックされます。
臨月に入っても子宮口が硬い、開いていない状態だと赤ちゃんが出てきづらい環境です。
そのため、指で触ってみて柔らかさを確認したり、子宮口が開いているかの確認をしたりします。少し違和感を感じる妊婦さんもいるかもしれませんが、出産に向けた大事な検診です。

よく聞く「内診でグリグリされた」ってどういうこと?

内診の様子を伺う妊婦

出産経験者の方によく聞く、臨月の内診で「グリグリされて痛かった!」という体験談。聞いただけではよくわかりませんよね。

この内診グリグリとは、臨月の内診で子宮口が硬い・開きが悪いという判断がされた場合にされる処置です。卵膜用手剥離ともよばれ、指で子宮口を刺激して柔らかくしたり、開いたりすることを言います。
具体的に何をするのかというと、子宮にくっついている卵膜(赤ちゃんが入っている袋)をはがされるということです。これによって出血したりすることもありますが、病院に連絡して対処を聞けば問題ありません。

私も経験者として体験談を上げると、出産予定日2日前で全く子宮口が開いていなかったため内診で先生に「チョット開いておくね~、痛いかもしれないけどちょっと我慢してね」と言われたのもつかの間、ズキッ!!!とした痛みが走りました。

何とも言えない痛みですが例えるなら、膣の中に太めの針を刺されたような痛みだったのを覚えています。
その後、帰宅したら大量出血で驚きましたが、病院に電話しても生理用ナプキン当てておいて大丈夫です!とのことだったので、自宅で寝ていたらその日のうちに陣痛が来て、出産しました。

里帰り出産の妊婦さんは臨月前の妊娠9ヶ月までに到着しておくこと

実家のある港町に里帰りする臨月の妊婦

出産に向けて里帰りをされる妊婦さんは多いと思われますが、臨月に入る前に済ませておきましょう。
ご近所で徒歩圏内であったり、車で数分というくらいなら問題はありませんが、地方の実家である場合は実家近くの産院との兼ね合いや荷物の運搬などの手間があるため、最低でも妊娠9ヶ月の臨月前には済ませておきましょう。
里帰り出産で産院が違ってくる場合は、紹介状や病院同士の連絡が必要なため早めに医師に相談しましょう。

臨月前に飛行機に乗る場合

妊娠、出産で実家に帰る必要がある場合、飛行機を利用して移動するときは念のため産院の医師に許可をもらいましょう。基本的に妊娠していても飛行機は利用でき、妊婦検診で問題がなければ妊娠12週(4ヶ月)~27週(7ヶ月)の時期なら乗ることによる弊害はないと言われています。

ただし、切迫早産・切迫流産の診断や、妊娠中毒症と判断されている場合は医師から飛行機の利用をやめるように言われる場合もあるため、飛行機の利用を考えている場合は検診で医師にしっかり相談をしましょう。妊娠中の体調は変化しやすいので大丈夫と思っていても直前でダメと言われることもあると覚えておきましょう。

実家が近い人の里帰りはいつから?

里帰り出産のため実家に向かう妊婦

実家が近くで里帰りする妊婦さんの場合、体調・妊娠経過に問題がなければ予定日1ヶ月程度~1週間前から里帰りする方が多いようです。場合によっては赤ちゃんを産んで退院してから!という方もいらっしゃるので自分が楽な方を選びましょう。

臨月にする運動の目安

臨月に入って出産に向けた運動をするように言われる妊婦さんはいらっしゃると思います。
でも周りからはうごきまわるな!といわれたり、おなかが張ってきつくなったりしてどれくらい動いていいのかわからない!という方の目安をご紹介します。

普段の家事をしている妊婦さんは、例えば家の中で掃除機をかけて回る。雑巾がけをするといった動きも臨月の運動としては効果的です。案外家の中をずっと掃除して回るのには体力も使うし、上から下まで腕や足を動かすのでいい運動になります。
散歩をしようと思っていらっしゃる方であれば、ゆっくり20分~30分程度歩くのがいいとされています。
どちらもおなかが張ったり、疲れが出てきたらいったん休憩を挟むなどしてゆっくりと続けましょう。

臨月のお腹の張りや痛み・気をつけたい陣痛の特徴・対処法
臨月のお腹の張りや痛み・気をつけたい陣痛の特徴・対処法
臨月のお腹の張りや痛みは多くは出産が目前に迫ったサインですが中には至急病院に連絡したい症状も。陣痛の特徴や痛みが強いときの対処法を解説。臨月のお腹の張りは痛みの間隔がバラバラでも油断は禁物です。

臨月でこれはやらないほうがいい運動

臨月でしてはいけない運動を説明する産婦人科の医師

よし、臨月になったし運動しよう!と思って始めた運動でケガをしたり転倒したりすると大事になってしまいます。
そのようなアクシデントを起こさないためにも以下の運動は避けるようにしましょう。

  • 縄跳び、激しめの体操やサイクリング(転倒の危険があるため)
  • 手すりのない階段の上り下り(転倒などで腰を打ってしまうと大変危険)
  • バスケットボールやバレーボールといったボール運動(お腹にボールが当たると赤ちゃんに危険が及びます)

前提として、なるべく運動するときは人が周りにいる場所でやるようにしましょう。
一人で運動していて何かあった時、周りに人がいないと気づかれずに大変なことになってしまうことも。家族や夫婦で運動をすることで未然に事故を防ぎましょう。

臨月になったらいつ出産しても良いように準備をしよう

まとめ臨月という時期についてお分かりいただけたでしょうか?妊娠36週0日~妊娠39週6日までが臨月です。この時期になったらいつ陣痛・出産になってもおかしくないということを頭に入れ行動しましょう。
臨月に入ってからは、赤ちゃんも降りてきて出産に向けた準備を始め、ママの体にもそれが表れてきます。

出産に向けて里帰りの準備や入院の準備は臨月より前に済ませておくのがベストですが、臨月に入ってからでも準備は間に合います。赤ちゃんが生まれた後は動きにくくなるので今のうちに出産の前準備はしっかり整えておきましょう。