Loading

臨月の気になる体重増加について

臨月の体重増加は何kgまで?理想的な体重にするためのコツ

臨月で気になることといえば体重増加ですよね。今まで食欲がなかった人も一気に食欲が出て体重増加してしまうことがあります。臨月に体重増加しすぎてしまうと胎児やママにどんなデメリットがあるのかについて詳しく見ていきましょう。食欲が止まらないときに理想的な体重に戻すコツです。

臨月の体重増加は何kgまで?理想的な体重にするためのコツ

臨月の体重増加、どのくらいが理想的?

臨月になると、もうすぐ出産ということでついつい気が緩んでしまう妊婦さんも多いようです。色々な原因から、臨月になって急に体重が増加してしまった…という話もよく耳にします。ここまで頑張ってきて、自分にご褒美をあげたい気持ちはよくわかります。
しかし、赤ちゃんのためにもそして、自分自身が安産で赤ちゃんを産むためにも、最後のこの一ヶ月間がとても大事になってくるのです。

臨月の妊婦さんが気になる、臨月の体重増加について詳しく見ていきましょう。

臨月の体重増加の原因

体重計を手に抱える食べ過ぎの妊婦

臨月に体重が増えてしまう原因は色々あります。
まずは、適正体重を知って、自分が今どのくらい増えているのかをきちんと把握しておくことが大切です。体重管理はもはや自己責任のところが大きいので、産婦人科の先生によってはあまりうるさく言わない人もいるようです。自分で把握して、きちんと体重管理をすることが大切なのですね。

妊娠10ヶ月臨月のママと赤ちゃんの体の変化・出産兆候
妊娠10ヶ月臨月のママと赤ちゃんの体の変化・出産兆候
妊娠10ヶ月目に入り、いよいよ出産が近づいてきました。前駆陣痛や胎動の減りなどの出産兆候や陣痛の特徴、外出の時に気をつけることを知っておくことで、臨月を穏やかに過ごし、安心して出産を迎えましょう。

妊娠中の体重増加の目安はBMIで測定

では、どのように体重管理をすればいいのかということですが、体重増加の目安についてはBMIで計測することをおすすめします。

妊娠前の体重からまずはBMIで測定してみましょう。BMI指数を知るための計算式は、

  • BMI=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))

です。これに妊娠前の体重を入れて計算してみましょう。BMI指数が出たら、それがいくつなのかメモしておきましょう。BMI値の判定基準は、18.5未満が「やせ」、18.5以上25未満で「標準」、25以上30未満で「肥満」、30以上で「高度肥満」ということです。

臨月になると、赤ちゃんが3kg、子宮が1kg、羊水0.5kg、胎盤0.5kg分と約5キロは赤ちゃん関係で増えます
それ以外に、出産のために、脂肪を蓄えたりする必要があるのです。

これを踏まえて、妊娠中の体重増加の目安は以下のとおりです。

  • やせ型:9~12kg
  • 標準 :7~12kg
  • 肥満型:5~7kg

自分が、妊娠前どのくらいなのか?ということによって、だいぶ変動がありますので、きちんと計算しておくといいですね。臨月では最終段階なので、やせ型、標準体型の人はMAX12kgということになります。肥満型の人は、それよりもかなり少なく、MAX7kgまでしか増やせないので注意が必要です。

臨月は「次の妊婦検診まで500グラムの増加」におさえる

臨月に入ると、妊婦検診もそれまでの2週間に1回から、1週間に1回になってきます。体重管理が順調で、特に問題がない場合は1週間に500グラム程度の増加におさえておきましょう。
しかし、臨月といっても1ヶ月くらいの期間があり、妊娠37週で出産する人もいれば妊娠40週を過ぎて出産する人もいます。週数によって体重が変動するのは当たり前のことですが、なるべくあまり増やさないように心がけたいものです。

1週間に500グラム程度の増加なら、増えすぎてしまって減らせないという心配もありませんし、身体にもそれほど負担になることはありませんので、大体の目安として覚えておくといいでしょう。

食欲が止まらない!増え続ける体重の原因は?

常にリンゴを食べる体重増加中の妊婦

それでは、臨月の体重増加の原因について詳しく見ていきましょう。どうして臨月になると急に体重が増加してしまうのでしょうか?
自分で自覚があるものもあるかもしれませんが、原因を知れば対策も立てやすくなります。臨月になると、身体はまた少し変化していきます。それに伴い、思わぬ体重増加を引き起こすことになってしまうのですね。

胃の圧迫感がなくなり、食欲が増す

今臨月の人は妊娠9ヶ月頃まであった胃もたれや胃の圧迫感、胸焼けなどがおさまっていることに気づいているかもしれません。あるいは、今妊娠9ヶ月の人は、そんな風にスッキリすることなんて考えられないですよね。

しかし、臨月になり、赤ちゃんの出産準備が整うと、子宮が下に下がり、胃への圧迫感が軽減されてくるのです。いよいよ、赤ちゃんが出てこようと頑張ってくれているのが伝わってなんだか胸が熱くなりますが、それと同時に妊婦さんは食欲が復活します。

後期つわりと言って妊娠後期になってから気持ち悪くて食欲がなく、あまり量が食べられなかったり、逆流性胃腸炎のような症状が出たりと悩んでいる妊婦さんも少なくないようです。
そんな中、臨月になって子宮が下がってくると食欲が出てくるのでついついうれしくなってたくさん食べてしまったり、油っこいものや甘いものを食べてしまったりと食事の管理がめちゃくちゃになってしまうことがあります。

妊婦は焼肉を食べても大丈夫?安心して食べるための注意点
妊婦は焼肉を食べても大丈夫?安心して食べるための注意点
妊婦さんが焼肉を食べてはいけないと言われる理由と、食べる場合にはどのような点に注意すればよいのか、また、特に注意すべき食材や、妊婦さんと焼肉にまつわるジンクスなどについても紹介します。

せっかく臨月まで頑張って食事の管理をしてきたのですから、あと一ヶ月の辛抱です。ラストスパートと思って、ここはきちんと最後まで体重管理を頑張りましょう。

出産したら、好きなものを好きなだけ食べることができます。胃もたれしたって、胃薬を飲むこともできます。
とにかく臨月は最後の頑張りを見せるときですから、ぜひ赤ちゃんのためにも自分の安産のためにも頑張って食欲をコントロールしましょう。

むくみ

妊娠前にむくみやすかった人、むくみとは無縁だった人も臨月になってむくみに悩まされるということは結構あるようです。
むくみって簡単に考えているかもしれませんが、実は1週間で数キロも増えてしまうほど妊婦さんにとっては恐ろしいものなのです。

それほど食事の量もたくさん食べていないのに、なぜか体重が増えてしまっている…という人はもしかしたら、むくみが原因の体重増加かもしれません。

むくみには、塩分も関係してきます。どうしても、塩分が強いほうが美味しいと感じますよね。しかし、この時期には塩分はなるべく控えるようにしてください。普段通りに塩分をとっていたとしても、臨月の妊婦さんは血液量が増加しているためにむくみやすくなってしまいます。
薄味がつらいなら、ごま油やお酢などを使って風味づけをし、食べやすいように工夫してみましょう。
醤油も減塩醤油を使ったり、極力加工品や外食は避け、自分で塩分を調節できるようにすることをおすすめします。

むくみやすい人は、カリウムを摂ることも大切です。カリウムは塩分を尿として排出してくれる効果がありますので、今の時期にはピッタリなのです。りんごやバナナといった果物に多く含まれ、どくだみ茶、ハトムギ茶などお茶類にもカリウムは含まれていますので、りんごやバナナなどの果物だとカロリーが気になる人にはお茶で摂るほうがいいかもしれませんね。

むくみは、思わぬ体重増加を引き起こしてしまいますので、注意しておきましょう。

便秘

臨月には身体の変化が色々と見られるようになります。それまで、お通じなども普通にあった人も、便秘に悩まされるといったトラブルもあるようです。

これは、臨月になって子宮が下がってきたことによるもので、子宮が腸を圧迫し、便通が悪くなってしまっているのです。それ以外にも、ストレスを感じたり、食生活によっても便秘になってしまうことがありますが、便秘を経験したことがある人ならわかると思いますが、便秘は体重増加を引き起こしますよね。臨月になって、便秘が原因で体重が増えてしまったという人は思いのほか多いようです。
なるべく、食生活で便秘にならないように工夫をしていきましょう。

便秘にいいのはやはり食物繊維です。
臨月になって食欲が増し、どんなものでも食べられるようになったからとついつい偏った食生活をしてしまっていませんか?しっかりと食物繊維の摂れる食事を心がけるようにしましょう。

運動不足

臨月になって、お腹はさらに大きく、重くなり動くのも億劫になってきますよね。何とかして横になっていたい…そう思う気持ちもわかりますが順調な妊婦さんなら臨月に運動しても大丈夫なのできちんと身体を動かしましょう。

臨月になると動きが鈍くなり、それまでやっていた運動もなんだかやる気が起きず、ついつい休んでばかりいると体重は増加する一方です。
それでなくても食欲が増してしまう時期なのできちんと運動をしておきましょう。

運動は安産につながったり、お産に向けての体力をつける意味でもとても大切なことです。毎日コツコツ運動をすることを心がけておくといいですね。

臨月の運動が安産への鍵!?運動の効果とおすすめ運動法
臨月の運動が安産への鍵!?運動の効果とおすすめ運動法
臨月に運動すると安産になるというのは本当でしょうか?なぜ臨月の運動が推奨されるのか、その理由をまとめました。臨月の定番であるウォーキングの注意点や家で手軽にできるスクワットの方法なども紹介します。

産休や里帰り中のママは要注意!

臨月になって、産休を取ったり里帰りをしたりという妊婦さんは多いですね。しかし、それが思わぬ体重増加につながることになるので、注意が必要です。

産休に入ると、今まで自由に食べられなかったお菓子などをいつでも食べられる状態になってしまいます。ランチも、お弁当を持って行っていたのに自分で作るようになったら思いのほか量が多くなってしまうということもありますよね。もちろん、仕事をしていたときよりも動かなくなるというのも原因の一つとしてあります。
通勤で駅まで歩いていた人も、それがなくなった途端に太ってしまったり…。

さらに、太りやすい環境としては里帰りもあります。三食作ってもらい、家事もやってもらい…動くタイミングは確かに作らないとありませんよね。お料理を作るのを手伝ったり、家事も分担して行うなど、工夫してみるといいですね。
里帰りしたのなら、時間もあるでしょうから散歩の時間を増やすなどしてみるのもおすすめです。環境によって太るというのは言い訳に過ぎません。きちんと体重管理をして、快適な出産に備えましょう。

臨月の体重増加がもたらす妊娠・出産のリスク

ケーキが手放せない臨月の妊婦

臨月の妊婦さんの中には「もうすぐ生まれるんだし、そこまできちんと管理しなくても産んでから体重を戻せばいいんじゃない?」と思う人もいるかもしれませんがそれはNGです。
なぜなら、急激な体重増加は思わぬリスクを背負ってしまうことになりかねないからなのです。だから、産婦人科の先生は体重増加に厳しく、時に怒られてしまうこともあるのです。

楽観視している方には、ぜひ気にしていただきたい体重増加のリスクについてまとめました。

リスク1.妊娠高血圧症候群になりやすい

臨月の妊婦さんなら「妊娠高血圧症候群」という言葉は何度か耳にしたことがあるのではないでしょうか?
妊娠高血圧症候群とは、妊娠20週以降、分娩後12週までに起こる高血圧のことです。
毎回、妊婦検診の際に血圧計で血圧を計っていると思いますが、そのときに高血圧になっていないかというのをチェックしているのです。

昔は「妊娠中毒症」と言われていました。10年ほど前にこの呼び方に変わったそうです。
なぜ、高血圧が良くないのか?というと、妊娠高血圧症候群が重症化すると「子癇(しかん)」と呼ばれるてんかん発作を起こしてしまうことがあります。

さらに、赤ちゃんに合併症が起こりやすくなったり、子宮や胎盤に栄養が流れにくくなることで、赤ちゃんの発育に影響が出る場合もあるのです。

臨月になったからもう大丈夫ということはありません。
実は、たった一度、暴飲暴食をしただけで妊娠高血圧症候群になってしまったというケースもあるということなので、出産してしばらくは気が抜けない状態が続くのです。

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)とは?症状と予防&対処法
妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)とは?症状と予防&対処法
妊娠高血圧症候群とは数年前まで妊娠中毒症と呼ばれていた病気ですがかかるとママや赤ちゃんにどのようなリスクがあるのか、食事療法などの治療法や妊娠高血圧症候群発症のリスクを下げる生活の注意点を解説。

リスク2.難産になる可能性

子宮口の周りに無駄な脂肪がついてしまうと、産道が狭くなり難産になってしまう可能性があります。さらに、出血量も多くなるという話もあるようなので、やはり急激な体重増加は避けたいですね。安産のためにここまで頑張ってきたのだから、あと少し、体重管理は徹底して行うようにしましょう。

リスク3.妊娠糖尿病になりやすい

もう一つ怖いのが、妊娠糖尿病です。
妊娠するまではなんでもなかったのに、妊娠したことで糖尿病になってしまったという人もいます。妊娠高血圧症候群からそのまま妊娠糖尿病に移行してしまうケースもあるということです。

家系に糖尿病の人がいたり色々な原因が考えられるようですが、中には、肥満が原因でなってしまうケースもあるということなので、やはり体重増加には気をつけたいところです。

臨月にできる体重増加を抑える方法

旦那さんと日課の散歩にでかける仲良し夫妻

臨月にも簡単にできる体重増加を抑える方法についてご紹介します。運動や食事管理などは無理のない範囲で行うようにしましょう。

方法1.臨月におすすめの運動や体操

臨月に入ったらきちんと運動するようにしたいものです。

一番簡単なのはウォーキングですが、臨月の妊婦さんにとっては外をウォーキングすることはちょっと不安もあるかもしれません。家の中をウロウロと歩き回る「家の中ウォーキング」でもOKです。1日に時間を決めて、最低でも30分はウォーキングをするといいですね。

ウォーキングが無理なら、スクワットもおすすめです。
スクワットは脚の筋肉を鍛えるだけでなく、股関節を柔らかくしたり、下半身全体の筋肉の強化につながります。
出産のときは下半身の筋肉をかなり使うことになるので、今から鍛えておくと産後がとても楽に感じるはずです。

そして、家の中でできるもうひとつの運動が、階段の上り下りです。
家の中に階段がないという人は、雑誌や漫画本などを重ねて作った踏み台を使って踏み台昇降運動をしても同じような効果が得られます。

こちらも足腰の強化につながりますので、毎日の運動に取り入れてみてくださいね。
産婦人科の先生によっては、「1日1時間以上歩きなさい」とか、「雑巾がけをしなさい」と言われることもあるようです。雑巾がけも足腰を鍛えられますし、楽な体勢でもありますので、積極的に毎日の掃除に取り入れてみるといいかもしれません。

方法2.むくみ解消

臨月になると血流も悪くなりリンパの流れも滞ってしまいがちです。むくみにはリンパマッサージがとても効果的なので身体が重くてマッサージをするのは大変かもしれませんが、ぜひ積極的に行ってみてください。
お風呂上がりなど血行が良くなっているときに行いましょう。

妊娠中でも使用可能なキャリアオイルを使って、肌の滑りをよくするといいですね。赤ちゃんのことも考えて、お腹付近のマッサージは控えます。脚や腕など自分でできる部分を重点的にやっていきましょう。脚も腕も心臓から遠いところから順番に老廃物をリンパへ送るようなイメージで優しく流していきます。
心身ともにリラックスできますし、とても気持ちが良く、眠る前に行うのも快眠につながります。

ママがリラックスして、気持ちがいいと、赤ちゃんもリラックスして心地よくなってくれますので、
臨月の習慣にしてみるといいかもしれません。

方法3.便秘対策

便秘対策には、身体も温めてくれて、むくみも解消できる野菜スープなどはおすすめです。特別な野菜を買ってきて作るというのではなくても、家の冷蔵庫にある野菜を色々と出してきて、それを薄味のお出汁やコンソメなどで煮て、少しだけ塩コショウをしただけのシンプルな野菜スープでOKです。
野菜スープなら、水溶性食物繊維と言って水に溶けやすい食物繊維もスープごと飲むことで摂取することができますので、野菜のいいところを余すところなく摂ることができます。

食事の前に、この具だくさんの野菜スープを飲むことで、食欲が増したこの時期のドカ食いを抑えることもできますのでまさに一石二鳥ですね。
あとは、夜寝る前にヨーグルトを食べるのも効果的です。
便通がよくなるだけではなく、免疫力がアップしたり、肌が綺麗になるなどのうれしい効果もありますので、ぜひ試してみてくださいね。

赤ちゃんの便秘は離乳食が原因?おすすめ食材や対処法紹介
赤ちゃんの便秘は離乳食が原因?おすすめ食材や対処法紹介
赤ちゃんの便秘と離乳食の関係に悩むママのために、便秘にいい食材やその理由、簡単レシピ、日常生活でできる対処法、病院へ連れていくべき症状について、わかりやすくお伝えします。

臨月の体重増加がストレス!頑張っても痩せないときは!?

大好きな読書を楽しむリラックスした妊婦

どうしても食欲が抑えられないというときには、朝、昼、晩のうちに食べなくても大丈夫な食事を選んでみてください。
例えば、朝はあまり食べられないという人は、無理やり食べるのはやめて、トーストとバナナと麦茶といった軽い食事をとり、おやつの時間に低カロリーなものやナッツ、ドライフルーツなどの食物繊維が豊富なものを少量とるようにするなど、工夫してみるのはどうでしょうか?

お腹の張りや思うように動けないなど、臨月はとてもつらいですよね。
体重増加を、産婦人科の先生や周りから口うるさく言われるとそれだけでストレスになってしまいます。頑張りたいという気持ちはわかりますが、よほど過剰な体重増加でない限りは、ゆったりとした気持ちで出産を迎えることも大切です。

やっていて気持ちが楽しくなるような運動や、食事管理はOKですが、無理をしないように気をつけましょう。

出産まであと少し、ラストスパートです

臨月まできたら、もうあと少しで出産です。愛するわが子に会える日も、日に日に近づいてきます。食欲を我慢したり、臨月になっても色々と我慢しなくてはならないこともありますが、赤ちゃんと自分の安産のために、最後の臨月という時間を乗り越えましょう

きっと、生まれてから頑張ってきた自分を褒めてあげたくなるはずです。