Loading

気になる!臨月のおりものの変化

臨月のおりものは量・色・においが変わる?おしるしとの違い

臨月に見られるおりものの変化について、気になるけどなかなか人には聞けない量や色、においなど気になる変化の特徴をまとめてみました!オリモノの状態ってもともとが人それぞれ…しかしオリモノかと思いきやおしるしや破水の可能性もすてきれない出産間際のおりものの状態は要チェック!

臨月のおりものは量・色・においが変わる?おしるしとの違い

臨月に見られるおりものはこんな感じ!出産間近のオリモノの変化と特徴

出産が近付くにつれ、ご自身のおりものの様子に変化が…。
おりものの分泌は女性特有の生理現象のひとつですが、度々その状態に「これだいじょうぶなのかな?」と思ってしまうこともしばしばですよね。
ですが、おりものの状態とはもともとが個人差があるものですし、まさか他人に「見てよコレ!」などとおりものを見せる訳にも行かないため、なかなか人には言えない、共感や安心を得難い悩みと言えます。

臨月を迎え出産予定日が迫ると身体のホルモンバランスの変化により、おりものにも変化がみられるわけですが、それらには気にしないでいい症状も多いのですが、病気の有無、おしるしや破水との違いなど注意したいこともいくつかあります。それではさっそく、おりものの変化のポイントを量・質・色に分けてまとめてご紹介していきますね!

ふだんのおりものの状態を再確認

臨月に入りますますお腹が張ってきた妊婦

おりものは女性特有の生理現象のひとつで、子宮頚部や膣からの分泌物。子宮や膣から出た古い細胞や粘液などで色は透明~白っぽいものが一般的で子宮や膣の自浄作用をもち、細菌の繁殖を防いだり、大腸菌やカンジダ真菌などの増殖を防ぐ効果もあります。

妊娠していないときも体調やホルモンバランスの変化などで分泌量や色やにおいなど状態が違ってきますが、あまり気にする方は少ないかもしれません。
妊娠中はこの変化が特に顕著に表れますので、オリモノの変化が目立ちやすくその状態を気にする人も多くなります。

おりものの成分は主に子宮や膣からだされた古い細胞が主成分となっています。そのほか、膣からの分泌液や皮脂腺、汗線からの分泌液などがまざって、おりもの独特の粘液性ができます。出産直前になると「おしるし」として少量の血液が混ざってくることもあります。

出産に備えて!臨月のおりものの役割

臨月のおりものの役割は主に2種類あります。
まず1つ目は「自浄作用」を促す作用。おりものの分泌は膣内を弱酸性に保つ膣内の常在菌デーテルライン桿菌と一緒に膣内の健康を守っています。外に出ていくおりものは膣に入ろうとする細菌などを包み込み、入ってきた細菌を一緒に流し出してくれるのです。

子宮の入り口は尿道・肛門などがちかくにあることから大腸菌やブドウ球菌などの細菌が入りやすいので、細菌の感染を防ぐ自浄作用はとても重要。出産時、産道を通ってくる赤ちゃんへの細菌感染を防ぐためにも重要な役割をしています。

2つ目に出産時に赤ちゃんが産道を通りやすくする効果です。
臨月~出産時にかけておりものの分泌が増えることは出産の兆候でもあり、出産時に赤ちゃんと産道との間におりものがあることで潤滑油のような働きをします。臨月のオリモノの量の増加は赤ちゃんが出てきやすいように、お母さんが生みやすいようにするという出産に備えた身体の準備なのです。

下着は常に清潔に!

臨月に入るとどうしてもおりものの量が増えたりニオイがきになったりしがちですが、ライナーをかえたり、尿取りパッドを変えたり、下着をこまめに取り換えるなどして乗り切りましょう。おりものヨゴレはほっておくとそこから新たに細菌が発生して感染しやすい環境にしてしまうため、清潔を保つように心がけましょう。

特徴1.量が増加する!

臨月に入ると「エストロゲン」というホルモンが増えだします。このエストロゲンの働きで子宮頚管からの分泌物が増えるため、おりものの量が増加します。

臨月にオリモノの分泌量が増えるのは身体の出産準備であり、何か異常があるということはないので心配はいりませんが、何でもないと思っていたら破水だった!ということもあるため、おりものの色や状態も観察するようにしましょう。

特徴2.おりものの色に注目!

出産を控え我が子に会えるのを楽しみにしている妊婦

エストロゲンのはたらきはおりものの色やにおいなどにも影響を与えますが、色やにおいは量の変化程「これが臨月のおりものの変化の兆候!」とは言い切れないようです。

しかし、オリモノの色は量と共に注意して観察したい症状。
おりものの色の変化は病気の症状としても現れますし、臨月ならおしるし?!ということも考えられます。一般的には黄色~褐色の色が濃いおりものには注意が必要とされていますが、現在のおりものの色は心配がないかどうか、注意すべきおりものの色をチェックしましょう。

透明・白~クリーム色っぽい色

おりものの色には個人差がありますが、無色透明なものや卵白のような若干白色がまじったもの、全体的に白いものやクリーム色程度の薄~く黄色みがあるおりものは心配はいらないとされています。

茶色・少量の血液が混じった色

茶色のおりものは、古い血液が混じった色でこれは臨月では「おしるし」と捉えられます。
分娩予定日が近くになるにつれ1度ではなく何度か茶色、あるいは少量の血液が混じったおりもの=おしるしが分泌されますが、いよいよ出産が近いという目安にされています。

おしるしを見たら、特に遠出や無理な外出は控えておきましょう。

黄色みが強いおりもののは病気感染!?

上記のクリーム色以上に黄色み・黄緑っぽい色が強い場合は細菌が原因の炎症によるものの可能性が高いかも!出産直前に産道に細菌が繁殖していたり、炎症を起こしていると赤ちゃんへの感染や産道を通りにくくしてしまうなどの悪影響が考えられるので、おりものの黄色みが強いと思ったら迅速に産院へ相談するようにしましょう。
陣痛・破水前であれば産道の炎症や細菌感染は膣内に薬を入れる治療などで治すことができます。

特徴3.おりものの質が変化することも!水っぽいおりもの・ゼリー状のおりもの

エストロゲンはオリモノの状態も変えていきます。
卵白のようなゼリー状の分泌液になることもあるおりものですが、臨月にもおりものの粘性が強くなり、スライムのようにネバネバとした状態になったり、水にぬれた小麦のような固まりででてきたり、思わず驚いてしまう変化もあるようです。

しかし、「ずっとさらさらと水っぽいおりものだったよ~」という方もいるので、オリモノの状態は個人差が大きくなりがちですが、粘度の高いおりものが急にサラサラになった!等は破水の可能性もあります。

出産間近の水っぽいおりものにご注意!

水っぽいおりものは破水との見分けがつきにくいことも多いようです。
破水は細菌感染の可能性が高いため、病院へ急ぐ必要があります。臨月になるとおり物の量が増える傾向があるため、おりものが水っぽい状態である場合は破水の可能性も視野に入れて病院へ相談するようにしましょう。

特徴4.おりもののニオイがきつくなる

おりものの臭いも元の個人差が大きいものですが、おりものの量が増えやすい臨月の時期は、普段より分泌液のにおいもきつくなる兆候が多く見られます。

健康な女性の膣内には「デーテルライン桿菌」と呼ばれる善玉菌がいて、他の細菌などの増殖を防ぎ、膣内を弱酸性に保ってくれているのですが、デーテルライン桿菌はヨーグルトやチーズの発酵に欠かせない乳酸菌のなかまですので、通常のおりものは少し酸っぱいにおいがするとされています。

おりものの臭いも健康状態で変化しし、いつもと違う臭いが気になる場合は、ほかの雑菌が繁殖しているためと考えられますが、生臭い、血液の臭いがする場合は出血する可能性があるので、あまり無理をせず様子を見るようにしましょう。
少量の出血はおしるしとして考えて問題はありませんが、どうも様子がおかしい、出血量が多くなってきたという場合は怖いのですぐに病院に連絡して指示を受けること!

間違えやすい?おりもの・おしるし・破水…違いや症状をチェックしておきましょう

おしるしとおりものの違いを調べる妊婦

臨月にはいって、下着を変える回数も増えてくるとどれがおりものでどれがおしるしなのか、水っぽいおりものの場合は破水なのかそうでないのかなどわかりづらいときがあります。
しかし、観察ポイントがわかると違いにも気付くはずですので、見分けるポイントを押さえてみましょう。

おしるしとは臨月に入ってからみられる少量の血液のこと

おしるしとは、臨月にはいってみられる「少量の出血」のことを指します。生理のように分かりやすく鮮血として出てくるのではなく、大抵はおりものに交じって出てくることが多く、このときの色は茶色っぽいものやピンクっぽいもの等がみられます。

おしるしは出産直前に見られるお産の兆候のひとつで個人差はありますが、おしるしがあって早ければおしるしを見た当日、遅くても約2週間後に出産に至るとされています。ふだんのおりものとの違いという点では「出血があるかないか」色で見分けることが大きなポイントとなります。

「前駆陣痛・おしるし」出産サインの見分け方と過ごし方
「前駆陣痛・おしるし」出産サインの見分け方と過ごし方
前駆陣痛とおしるしについて、腰痛と腹痛が続く時間など本陣痛との見分け方、茶色の出血が起こる原理などを解説。この兆候が同時に現れるなど個人差がある事実、お風呂に入るなど出産までの過ごし方もご紹介します。

おしるしが出産兆候といわれる「出血の理由」

「おしるしが来たら出産が近い」といわれますが、これにもちゃんとした理由があります。
おしるしの特徴である「少量の出血」は子宮口がひらいてくることでできる卵膜(赤ちゃんが入っている袋)と子宮のズレからくるものです。このズレた部分から少しずつ出血がおこり、それが流れ出てきたものが「おしるし」といわれています。

おしるしがきたということは、子宮口が開きだしたという証拠。子宮口が柔らかくなり、子宮口が開きだすということは出産が近いというように見られています。

大量のおりもの?少量の破水?

臨月で動くのが苦しい妊婦

水っぽいおりものが続いていると、破水がきたときわかるかな?と心配になりがちです。下り物がサラサラになる傾向のある分娩予定日間近…下り物の量が多いと思っていたら実は…という話もありますが、実は陣痛前に破水が来るという確率は、陣痛後や出産時に破水した人に比べてかなり低いのです。

陣痛前に破水した場合を「前期破水」といいます。前期破水が起こったからといって焦る必要はありませんが、細菌感染には注意しなくてはいけません。それにはまず、それが破水なのか?をしっかり見分けることができるかがとても大事になってきます。

「サラサラした粘度の低い水っぽさ」ということ以外に、少量の破水か、それとも大量おおりものかを見分けるために知っておきたい違いは…。

  • 動いていなくても出てくるかどうか
  • 色が透明~黄緑色や黄色っぽい
  • アンモニア臭とは違う臭いがするか

といったところがポイントになってきます。

色などから見るとおりもの云々もさることながら「まさか尿もれ?」の文字が脳裏をよぎりますが、破水の場合は自分の意思で止められないことが尿漏れと見分ける際に1番わかりやすいポイントになります。トイレに座っているときや横になっているときに下腹部や膣に力を入れてみてもチョロチョロと出てくるような感じかあるなら破水の可能性が高いので、病院に連絡して確認してもらいましょう。
出てくる液の量が少なく破水かどうか判断に困った場合は赤ちゃんへの感染を防ぐためにお風呂に入ったり、シャワーを浴びたりするのは控えましょう。

知っておきたい!破水の対処法

妊娠中、出産直前などで破水した場合の対処法。焦らなくていいようにしっかり確認しておきましょう。

  • 破水かどうかをチェックしてみる(臭い・色・止められるか止められないかを確認)
  • 病院に連絡する(破水の可能性があることを伝えます)
  • きれいな夜用の整理ナプキンや尿漏れパットをあてて、さらにバスタオルを挟んで流れてくる水が外に出ないようにする
  • タクシーや家族の車に横になって乗車し、病院へ(大きめのビニール袋をお尻の下に敷いておくとよい)

まず、破水したとわかった場合はむやみに動き回らないこと。羊水がどんどん流れていってしまうので横になっておくこと。これは羊水の流れで赤ちゃんより先にへその緒が出てしまうのを少しでも防ぐためです。
破水中にしてはいけないことはシャワーを浴びたりお風呂に入ることは絶対してはいけません。生まれる前の赤ちゃんに細菌などが感染してしまう可能性があるからです。これは赤ちゃんにとって非常に危険なことなので絶対やめましょう。

そして、破水したときに車に乗る際の注意ですが「羊水のニオイ」というのは一度染みつくとほぼほぼ取れません。そのため、車のシートを取り替えたり、最悪車を買い替えたというご家族も。タクシーもこれが原因で妊婦さんでも破水していたら乗せられないという会社があるようです。車に乗るときはシートにつかない工夫が必要です。
タクシーを使って病院に行くときも破水しているか大丈夫かなどの確認を事前にしておくことをお勧めします。

陣痛タクシー|不安な陣痛時、安心して病院へ行くために
陣痛タクシー|不安な陣痛時、安心して病院へ行くために
陣痛タクシーの予約登録方法は?本当に安心して利用できる?陣痛時妊婦さんをスムーズに病院まで運んでくれる心強い陣痛タクシーのサービス概要や登録・利用法からサービスを提供しているタクシー会社を紹介!

病院に行った方がいい症状

危険なおりものの種類を調べている妊婦

臨月に入ってから体に変化があったり、体調変化が激しくなる妊婦さんもいます。
下り物の状態を含めて以下のような症状がでたときは、赤ちゃんに危険な状態だったり、出産に悪い影響を及ぼす可能性があるので病院に行って検査を受けましょう。

  • おりものが黄色(膣の感染から出産時赤ちゃんへの感染の可能性があるため)
  • 出血量がごく少量ではない(子宮口以外からの出血の可能性があるため)
  • お腹の張りがつよく、長く続いている(絨毛膜用膜炎/常位胎盤早期剥離などの可能性があるため)
  • 破水している(赤ちゃんへの感染を防ぐため)
  • 丸1日胎動を感じない(赤ちゃんに異常が発生している可能性があるため)

これらの症状がある場合は病院に必ず行くようにしましょう。特に最後の「丸1日胎動を感じない」といった場合ですが、臨月には胎動が少なくなるものの、赤ちゃんは出産直前まで動いています。
この動きを感じれないということは赤ちゃんに異常が発生している可能性があるためすぐに病院で検査を受けましょう。

また、お腹の張りが続いている場合や痛みが強くカチカチに張ってしまって痛む場合も危険信号です。前駆陣痛(偽陣痛)や本陣痛でもずっと痛みが続いたり張りが続くことはありません。
長い時間痛みが続いたり張りが続くときは炎症が起こっていたり、胎盤がはがれかけているなどの危険な症状が起きている場合があるため病院に連絡して早めに検査をしてもらいましょう。

おりものの状態から出産準備が整ったサインを読み取って!

臨月のおりものの変化は「出産準備が整ったよ~!」という身体からのサイン。

特に、

  • 黄色いおりものは「膣内感染」の可能性がある。
  • 少量の出血があればそれは「おしるし」

この2点を注意しておけば、普段の生活でおりものを気にしすぎないでもOKです。

おしるしや破水といったものも同じ部位から出てくるため、わかりづらくはありますが特徴的な見分け方を把握しておけば、いざ症状が見られたときにすぐわかるはずです。出産がいよいよ迫っているサインや、出産前に気を付けてほしい危険信号をしっかり見つけて赤ちゃんにも、ママにも安全な状態でお産に挑みましょう!