Loading

臨月に胎動が減る理由

臨月に胎動が減る理由|胎動が激しいと出産はまだまだ?

臨月は胎動が減るといわれるのはなぜでしょうか?また、臨月になっても胎動が激しいままの人は、出産までまだまだ時間がかかるということなのでしょうか?赤ちゃんの胎動のチェック方法や胎動が激しくて夜眠れないなどの悩み、胎動と性格や障害の関係など、臨月の胎動の気になる症状を説明します。

臨月に胎動が減る理由|胎動が激しいと出産はまだまだ?

臨月の胎動の変化で、注意すべき症状とは?

待ちに待った臨月…もう少しで赤ちゃんと対面できるという喜びが大きい反面、出産に向けた赤ちゃんの小さな変化も見逃したくなくて、気が張っている方も少なくないかもしれません。
赤ちゃんが元気であるかを確認する方法は、やはり胎動です。それというのも、胎動は赤ちゃんからのメッセージだからです。

一般的には胎動は臨月になれば落ち着いてくる場合が多いのですが、激しい胎動のまま出産を迎える赤ちゃんもいます。
臨月の胎動の特徴と、安心な胎動と注意すべき胎動の症状についてお話しますので、参考になさってくださいね。

臨月に胎動が減るのは、どうして?

臨月に入り胎動が減ってきた妊婦さん

臨月には胎動に、変化が生じます。お産の最中にも赤ちゃんの元気な胎動を感じたというママも少しはいるようですが、概ね臨月に入ると、それまで感じていた活発な胎動が落ち着くのが一般的のようです。その理由について、見ていきましょう。

臨月に胎動が減る=出産間近?!

ママの居心地の良い子宮の中ですくすくと大きくなった赤ちゃんは、臨月に入るとその子宮の下側へと下がってきます。
ママの骨盤の間にすっぽりと入ってくるために、はた目からもママのお腹のふくらみの様子が変わり、下がっているのがわかるようになります。

赤ちゃんの成長と共に胃が圧迫されるような苦しさを感じて食欲が思うように出なかったママも、臨月の赤ちゃんの位置の変化でご飯を美味しく食べられるようになる、という人もいるようですね。

赤ちゃんの位置が下がり骨盤のなかに収まるようになると、今迄ほど自由には動けなくなるために、赤ちゃんの胎動とその強さが幾分和らいだように感じます。それが「臨月に胎動が減る」と言われる理由なのです。

胎動が全くない場合は至急病院へ!

臨月に胎動が減るのはごく自然なことです。しかし、赤ちゃんの胎動が全くなくなってしまうというのは危険な状態です。

赤ちゃんは頻繁に短い睡眠をとり、そしてまた起きるというのを繰り返します。ママが赤ちゃんの胎動を長時間感じ取れないことはまずありません。
臨月でも胎動は必ずある、ということを頭に入れておき、半日以上胎動を感じない場合は至急病院へ行きましょう。

病院で診てもらって何でもなければよし、もし赤ちゃんに危険が迫る状態にあったとしても病院でいち早く見てもらう事が出来れば、赤ちゃんを守る為に適切な対応をしてもらえます。

胎動カウントで赤ちゃんが元気か確かめよう!

お母さんの胎動を聞く女の子

赤ちゃんが健やかな状態であるか、それとも危険な状態であるの、それを見極める為におすすめされるのが、胎動カウントという方法です。
赤ちゃんの様子を確認するためにも、しっかりと覚えて、定期的に行ってみてくださいね!

胎動カウントのやり方

胎動カウントは、ママが心身ともにリラックスした状態で行う必要があります。そのため、体を横たえるなど、無理のない姿勢をとり開始します。
赤ちゃんが最初に動いてから10回、動きを感じるまでにかかった時間を測ります。大凡ですが30分ほどで測れる、というのが平均的な時間のようです。

もっと早く測れる方もいますので、個人差があります。赤ちゃんが途中で眠ってしまったようだという時は、また少し時間を置いて測り直してみてください。

胎動カウントのメリット

臨月になり胎動が少なく感じる中で、今赤ちゃんが元気にしているかどうか、不安に思うママはきっと多い事でしょう。
けれどこの静かにゆったりとした状態に身を置き、お腹に意識を向け胎動カウントを行うことで、赤ちゃんの様子を確認できます。

日々継続的に行うことで赤ちゃんが10回動くまでにどれくらいの時間がかかるのか、というのが分かるようになり、赤ちゃんにトラブルが起きていた時に気付きやすくなります。
こうして向かい合う穏やかな時間は、何ものにも代えがたいものですし、あとわずかです。ぜひ取り入れてみてくださいね。

胎動カウントでわかる危険なサインとは?

10回の胎動を感じるまでの時間が、通常よりもずっと長く感じる場合は少し時間をずらして測り直しましょう。たまたま赤ちゃんが眠ったタイミングだったのであれば、時間を置き改めて計測することで、いつも通りの胎動を感じることができるはずです。

しかし、暫く胎動がない、あるいは激しく動いた後でぱたりと動きがとまったなど、日頃から胎動カウントをしていたママが明らかにいつもと様子が異なると感じ取ったら、速やかににかかりつけの産婦人科医に診てもらうことをおすすめします。

胎動カウントができるアプリ【たまカウンタ】

たまカウンタの画像
出典:play.google.com

Androidアプリの案内

iPhoneアプリの案内

たまひよの胎動・陣痛カウンターアプリのタマカウンタは胎動と陣痛の間隔を計測してくれるアプリです。胎動カウンターでお腹の中の赤ちゃんとコミュニケーションをとることができますよ。
また、陣痛カウンターで出産までの間隔を測ることで、お医者さんに診てもらう目安にすることができる便利なスマートフォンアプリです。

臨月なのに胎動が激しいのは問題?対処法と破水との関係

妻の胎動を手で確かめる夫

一般的には臨月になると胎動が減る方が多いのですが、逆に胎動が激しいまま出産を迎える方もいらっしゃいます。

骨盤の中に下がって来て頭を固定された赤ちゃんは、スペースも少なく動きも激しいものではなくなると考えられているため、臨月に入っても激しい胎動があると逆に不安に感じてしまうママもいるかもしれません。
しかし激しいとはいってもいつも同じ胎動であるならば、赤ちゃんが元気でいる証拠ですので問題はありません。

胎動には個人差がある為、臨月に入った後も胎動が激しいからといって出産がまだまだとも言えません。念の為出産準備は早めに再確認し、いつ陣痛が来ても大丈夫な状態にしておくのが大切となります。

臨月の外出を安全に!出産目前・破水や陣痛への備えと準備
臨月の外出を安全に!出産目前・破水や陣痛への備えと準備
臨月に外出はどこまでの範囲の外出なら安全か、外出時の注意点とは何か?外出先で破水や陣痛がはじまったらどうすれば良いかなどの解説と出産する前にしておいたほうが良いことを説明します。

胎動が激しくて、痛くて眠れないときは?

「胎動は元気な証拠」と思っても、痛くて眠れないという日が続くと、ママの体も心配です。妊娠中の寝不足気味な生活は、出産後赤ちゃんをお世話する生活に慣れるため避けては通れないものとは言いますが、それでも出産は体力勝負であることも確か。

短い時間であっても、可能なだけ眠れる時は眠り、痛みをやり過ごすことができるよう工夫してみましょう。

臨月のお腹の張りや痛み・気をつけたい陣痛の特徴・対処法
臨月のお腹の張りや痛み・気をつけたい陣痛の特徴・対処法
臨月のお腹の張りや痛みは多くは出産が目前に迫ったサインですが中には至急病院に連絡したい症状も。陣痛の特徴や痛みが強いときの対処法を解説。臨月のお腹の張りは痛みの間隔がバラバラでも油断は禁物です。

仰向けは止めシムスの姿勢に

仰向けに寝ると赤ちゃんの体で大静脈が圧迫され、何だか気分が悪くなったり、息苦しさを感じることがあります。
お腹が大きくなる臨月のママの体に負担をかけない為にも、横向きになり、クッションなどを使い、上になる片足を曲げて寝るシムスの姿勢をとるのがおすすめです。

胎動の強さは同じでもシムスの姿勢をとっていると、仰向けでいるより痛みが和らいだような感じがしますよ。

眠る前にリラックスできる飲み物を

赤ちゃんは例えママが眠くても、お構いなしにお腹の中で動いて活動したりするもの。どうしても眠れない時には諦めてお腹をさすって色々語りかけて、付き合ってあげるのも一つの方法ではあります。

ただ本当に睡眠不足で辛いとか、体を休める為にも多少でも寝つきを良くしておきたいなどお思いのママには、就寝前にラズベリーリーフティーをおすすめします。陣痛を和らげ、安産に良いといわれているラズベリーリーフティーは臨月の妊婦さんに人気の飲み物です。
陣痛を促す作用があるので、妊娠初期向きの飲み物ではありませんのでその点はご注意くださいね!

胎動の激しさが破水に繋がることはほとんどない

胎動を確かめながらソファーで寝る妊婦さん

赤ちゃんの胎動が激しいと、時にはママが痛みを感じるくらいの衝撃がありますよね。胎動の激しさから予期せぬ破水に繋がってしまうのではないか心配になりますが、胎動の激しさ=即破水に繋がることはありません。

しかし、胎動がきっかけでお腹が痛いくらいに張ってしまっているときに、無理をして動いていると破水に繋がる心配もありますから、念の為、安静にしておいた方がよさそうです。

胎動と前駆陣痛の関係はあるの?

胎動とはママのお腹の中で赤ちゃんが動くことを言い、前駆陣痛は出産前に起こるとされる、子宮の収縮のことを言います。前駆陣痛は本陣痛(本番の陣痛)前の予行練習のようなものとされ、痛みの強弱も不安定で不規則に起きると言われています。

前駆陣痛の時期は?間隔や痛み、気をつけたい危険な症状
前駆陣痛の時期は?間隔や痛み、気をつけたい危険な症状
前駆陣痛が始まる時期や特徴、注意すべき前駆陣痛の症状や本陣痛との違い、子宮口の開きとの関係性を解説。陣痛の測定方法に関しても説明しています。臨月の出産兆候である前駆陣痛を理解し、出産に備えましょう。

普段から胎動が激しいとお腹が頻繁に張りやすくなり、臨月で度々お腹が張ると「もしかしてこれは、前駆陣痛?」と考えてしまうママさんもいるかもしれませんが、この二つは全く別のものです。

胎動の強弱が赤ちゃんの性別や性格をあらしている?

ご年配の方などは、胎動が強いと赤ちゃんはきっと男の子、胎動が弱めなら女の子、といったことを言われる方もいるようですが、その真偽はどうなのでしょうか?
また、「うちの子は胎動も激しくて、生まれてからも活発!」と話すママもいたりしますが、胎動と性格に因果関係はあるのでしょうか?

胎動が激しいと男の子?弱ければ女の子?…そうとは言えません!

胎動の強さと性別に科学的な根拠はありません。お腹にいた時胎動が激しく元気いっぱいだった!という女の子も、どちらかというと大人しめな胎動だったよという男の子のケースもたくさんあります。
そういう風に言ってくる人も少なからずいるかもしれませんが、他愛無い雑談だと、笑顔で上手くかわせたらいいですね。

性別が気になるから知りたいという方は、健診の際に尋ねてみるといいでしょう。妊娠5ヶ月くらいからわかるはずです。
「生まれてからの楽しみに」と臨月まで我慢してきたママやパパは、胎動の激しさは性別とは関係ありませんので、気にする必要はありません。

胎動の強さで赤ちゃんの性格が…わかる?!

出産を控えて母子手帳を見返す妊婦さん

胎動の強さ=性別を特定する事は出来ませんが、胎動は赤ちゃんによって個人差があるので、赤ちゃんの性格・個性が出るというも考え方もあります。

「お腹の中で活発に動いていた子が、外に出てきた後も元気いっぱい走り回るのが大好きな子に育った」とか、「どちらかというと大人しい感じの胎動だった我が子は、穏やかな性格で絵本を読む事が好きな子に育った」とか、そういう話はわりと耳にするものです。

もちろん科学的根拠はないのですが、お腹の中に居る時も既にその子らしさというのが育っているんだな…と何だか微笑ましい気持ちになりますね!

胎動が激しい赤ちゃんてどんな子?ママの心配事Q&A
胎動が激しい赤ちゃんてどんな子?ママの心配事Q&A
胎動が激しい赤ちゃん、どんな子なのかママとしては気になるところですよね。生まれてくる子の性格や障害の有無などの心配事もあるのかもしれません。そんな疑問に答えつつ、胎動が激しい原因や対処法をご紹介。

胎動と障害に因果関係は?

出産までには胎動が減るのが一般的と聞き、臨月でも胎動が激しい赤ちゃんは障害を持っているのではないかと思い悩むママもいるようです。結論からいうと、そのような心配は無用です。

胎動の強さとADHD(注意欠陥・多動性障害)は関係あるの?

確かにADHD(注意欠陥・多動性障害)のお子さんをお持ちのママから胎動が強かったという体験談を聞く事もありますが、だからといって、胎動が強い子=全てがそうとはいえず、科学的な因果関係は証明されていません。

赤ちゃんの個性として胎動が元気なだけで、かえって先回りして心配しすぎる方がママの体に毒です。
どうかゆったりとした気持ちで、赤ちゃんの元気な胎動を感じながら、日々を過ごしてくださいね。

胎動とダウン症の関係は?

臨月まで強い胎動を心配するママの中には、赤ちゃんがダウン症なのではないかと、その可能性を考える方もいるようです。

しかしダウン症のお子さんをお持ちのママの体験談だと、胎動が強かったとも、弱かったとも、それぞれ異なるお話をされる方もいます。そのため胎動の強さでダウン症であるかどうか判断は、できないと言えるでしょう。

4Dエコーの時期や料金、ダウン症や性別の診断は可能?
4Dエコーの時期や料金、ダウン症や性別の診断は可能?
4Dエコーってどんなもの?2D・3Dエコーとはどう違うの?4Dエコーはいつからできる?といった、4Dエコーにまつわる疑問に答えます。また、気になる料金や、最新の4Dエコー外来事情についても解説。

胎動は赤ちゃんからのメッセージ

お腹の中で決して短くはない時間を共に過ごしてきた赤ちゃんは、ママにとってとても愛おしく、大切な存在でしょう。ママが愛情を注ぎお腹で大事に育ててきたからこそ、赤ちゃんはここまで大きくなったのです。

お伝えした胎動カウントで赤ちゃんの危機はいち早く察知するのは、大切なことです。ただママの緊張が伝わって赤ちゃんが委縮し、胎動に影響が出るということもまたありますので、どうぞカウントをする際にはリラックスを心がけてくださいね。

臨月に入って胎動が落ち着くママ、胎動が依然活発であるママ、といった違いも時にありますが、必要以上に心配するのはやめましょう。

胎動は赤ちゃんが伝えてくれるメッセージであり、まだ直接対面できていない赤ちゃんの命を感じさせてくれるものです。
今は胎動と穏やかに向き合って、ゆったりと赤ちゃんに語りかけたりしながら、1日1日をどうぞ大切にお過ごしくださいね。