Loading

里帰り出産で飛行機移動するなら

里帰り出産の移動時期は?飛行機で帰省するときの注意点

里帰り出産に飛行機を利用する予定のとき、里帰り出産の移動時期や体調不良を起こしやすい妊娠中のフライト注意点を解説!航空会社の規定や妊婦さんの飛行機でのトラブルあるある、実はエコノミー症候群ハイリスクな妊娠中のフライトで安全に帰省するためのポイントをまとめました。

里帰り出産の移動時期は?飛行機で帰省するときの注意点

里帰り出産は飛行機で帰省!移動時期・注意点は?

「出産のときは、何かと不安だから里帰り出産をする予定」「パパは仕事が忙しいから、実家で出産したい」と、里帰り出産を希望する方もたくさんいます。
特に思うように動けない出産直前と産後は、友達や親戚のいない地域や気を遣う旦那の義実家付近にいるより、なにかとサポートを受けられる自分の実家のほうが安心して出産と子育てに専念できますよね。

ですが、里帰り出産と言っても、実家が車や電車で移動可能な範囲にある人と、そもそも車や電車の移動が無理な遠方にある場合、もしくは妊娠中に車で移動するには負担になるような距離にある場合では話は違ってきます。移動距離は大きく違うと帰省方法や身体への負担が違うために、注意事項や帰省のタイミングも異なるのです。

今回は【里帰り出産は、飛行機で帰省】というテーマでお話を進めてまいります。妊娠何週目まで飛行機に乗ることが出来るのでしょうか?飛行機で移動するときの注意点についても併せてお話していきます。

妊婦さんも基本的には飛行機に搭乗できます

飛行機で里帰りする妊婦さん

「お腹に赤ちゃんがいるのに、飛行機なんて乗っていいのかしら?」「飛行機に乗ったとき気圧の変化がお腹の赤ちゃんに影響しないのかな?」と思う人もいるでしょう。
ですが、妊娠中の経過に問題がなくママの体調も良好であるのなら、基本的には飛行機に乗っても構いません
ただし、フライト時間の長いケースは気圧の変化や天候による揺れで体調不良を起こしてしまう可能性もあるので、自身の体調には敏感になっておくべき。

医師の確認は取りましょう

里帰り出産を飛行機での帰省をしたいと考えている場合、予め担当医と相談し安全なタイミングを選ぶようにしましょう。ただし妊娠糖尿病、高血圧、切迫早産などのトラブルを抱えている場合は、飛行機での移動を控えた方がよい場合もあります
他にも妊娠中の飛行機利用について不安なことがある場合は、担当医に相談するようにしましょう。

里帰り出産の飛行機のトラブルあるある!妊婦のフライト不快症状

妊娠中に具合が悪くなった妊婦さん

基本的に妊娠中の飛行機は問題ないとされていますが、現役のプレママ・ママをリサーチしてみると、やはり妊娠中のフライトは普段よりもつらく感じたという人は少なくありません。みなさんどのような不快症状で困っていたのでしょうか?

トイレのトラブル

  • 景色を眺めようと窓際の席にしたのが、大間違い!トイレに行きたいけれど、お腹が大きくて通れないし、必死になって我慢した!
  • 妊娠してからトイレが近いので通路側の席にすれば良かったと後悔!
  • 飛行機のトイレが狭は狭く、大きいお腹には不便だった。

お腹の張りトラブル

  • 飛行機が苦手なので、緊張のあまりお腹が張って怖かった。
  • フライト中も転ぶよりはとなるべくシートに座っていたため、どうしてもお腹が張り気味になってしまった。
  • 離着陸時のベルトをするとき、お腹が張っていて苦しかった。

吐き気トラブル

  • 気圧の変化でしょうか?気持ち悪くなってしまいました。
  • 後期つわり真っ最中だったため、機内食の臭いが耐え難かった。
  • 気持ち悪くなってもタイミングよくスムーズにトイレに移動できずに苦労した。

その他のトラブル

  • 妊娠後期でただでさえむくみやすいのに、長時間のフライトで驚くほどむくんだ。
  • 大きなお腹で息苦しいのか気圧の変化で息苦しいのかが分からなかったが息苦しかった。
  • 普段から頭痛があったが、フライト中はより頭痛がひどくて悲しくなった。

妊娠中のさまざまなマイナートラブルが、飛行機に乗ることによって気圧や環境の変化などが加わって症状がよりひどくなってしまうことがあるようです。中でもトイレのトラブルやお腹の張りのトラブルは多いと言えます。
普段あまり飛行機を利用しなかったり、もともと乗り物が苦手な人なら飛行機に乗るだけで緊張し、その緊張でトイレも近くなってしまうことがありますが、それに加えて妊娠後期なら大きくなった子宮に膀胱が圧迫された状態になりますから、どうしても頻尿を引き起こしてしまうと考えられます。

飛行機での里帰り出産はいつがいい?

飛行機のチケットを手に入れ帰省準備を始める妊婦さん

さて、妊婦のみなさんが一番気になるのが「いつ飛行機で移動したら良いのか?」ということでしょう。1人1人身体の状態が違い、また移動時間の兼ね合いもあるので、あくまでも担当医との相談の上で里帰り時期を決めるべきですが、基本的には安定期の妊娠16週から妊娠28週内の移動が一般的です。

いつ陣痛が来てもおかしくない状態である臨月に入ってからは、気圧の変化で産気づいてしまう可能性もあるために避けるべき。飛行機での移動は出来ることなら出産に近づくに連れお腹が張りやすくなる前、早め早めの移動が賢明です。
大手航空会社は、妊婦さんの搭乗にいくつかの条件を設けていますので、一緒に確認していきましょう。

妊娠中の飛行機、母体や胎児への影響は?空の旅8つのコツ
妊娠中の飛行機、母体や胎児への影響は?空の旅8つのコツ
妊娠中の飛行機の利用はおなかの赤ちゃんに影響があるのかな?体調が悪くなったらどうしよう?と心配するママに向けて、利用するときの注意点や避けた方が良い時期、機内で快適に過ごすための対策をまとめました。

JAL【日本航空】

JALでは、妊娠中の搭乗について、以下のようにルールを設けています。

1.出産予定日28日から8日前までに搭乗する場合…診断書の提出が必要
2.出産予定日7日前までに搭乗する場合…診断書の提出と医師の同伴が必要
※診断書は搭乗日の7日以内に作成されたもので、搭乗しても健康上支障がないことを医師が明記したものに限ります。

JALでは、座席指定が出来たり、搭乗時に優先して機内へ案内をしてくれる事前改札サービスなども充実していますので、安心して利用できます。

ANA【全日空】

国内便

ANA国内便の場合はJALと同様のルールが定められています。

1.出産予定日28日から8日前までに搭乗する場合…診断書の提出が必要
2.出産予定日7日前までに搭乗する場合…診断書の提出と医師の同伴が必要
※診断書は搭乗日の7日以内に作成されたもので、搭乗しても健康上支障がないことを医師が明記したものに限ります。

ANAのマタニティサービスは、座席指定・早めの搭乗・マタニティマークタグの配布などがあります。もちろん、スタッフが気にかけてくれる点もJALとは変わりません。

国際便

国際便のルールは、少し厳しくなります。

1.出産予定日を含め15日以上28日以内に搭乗する場合…「診断書」の提出が必要
2.出産予定日を含め14日以内に搭乗する場合…「診断書」の提出および「医師の同伴」が必要

妊娠中の搭乗は、各航空会社のルールに従って利用するようにして下さい。
里帰り出産の時期的にはお腹も大きくなってきているので航空会社スタッフも気が付くと思いますが、搭乗時に知るよりは先に情報があると航空会社にとってもありがたいですし、早いタイミングで帰省するときなどは特に自分から妊娠中であることを申告しておくと、何かと気にかけてもらえるので、万が一何かあったときでも対処がスムーズです。

妊娠中に飛行機に乗るときの注意点

妊娠中は、日頃から自分の体力や体調を過信してはいけませんが、飛行機に乗るときはなおのことです。常に無理のない行動を心掛けながら、これからご紹介する【妊娠中に飛行機に乗るときの注意点】をチェックしていきましょう。

母子手帳と保険証は必ず持ち歩きましょう

母子手帳を病院で受け取る妊婦さん

里帰り出産ですから必ず母子手帳と健康保険証も持っていくとは思いますが、念のため!母子手帳と健康保険証は荷物に詰めるのではなく、飛行機に乗るときには手荷物と一緒に機内に持ち込みます。

母子手帳は、妊娠中から出産後ややしばらくは何かと登場回数の多いアイテムです。これまでの妊娠経過を記録したものが母子手帳ですので、何かあったときに医師や助産師はこれに記載された情報を見て診断に活かします。

里帰りをする頃には、お腹も大きくなっていますし、出産が早まる可能性もありますので、預かり荷物ではなく手荷物として肌身は出さず携帯しましょう。緊急連絡先の欄にはパパや両親など近しい人の連絡先を、必ず明記するようにして下さいね。
また母子手帳と一緒に、健康保険証もセットで持ち歩くこと!里帰り出産で飛行機に搭乗するときには、いつでも取り出せるところに母子手帳と保険証をしまっておくことは鉄則です。

母子手帳を最大限活用しよう!交付紛失・いつまで使う?
母子手帳を最大限活用しよう!交付紛失・いつまで使う?
母子手帳は妊娠中の健診記録や出産に向けた健康管理、胎児の成長や出産後は集団健診や予防接種時に必要な手帳で妊娠が確定すると交付されます。大切に使いたい母子手帳、いつまで使う?また紛失時の対応を解説します。

妊婦さんのエコノミー症候群を予防しよう

飛行機に搭乗するとき、特に長時間の搭乗となるときはエコノミー症候群に注意しなければなりませんが、心のどこかで「エコノミー症候群なんて他人事」と思っている人は少なくありません。ですが、妊娠中はエコノミー症候群に特に注意が必要です。

エコノミー症候群って何?

エコノミー症候群(エコノミークラス症候群)は、別名「旅行者血栓症」と言われます。
体の中にできた血栓(血のかたまり、深部静脈血栓)が、血流に乗って移動し、肺などの血管につまってしまう病気です。大きな血管をふさぐと命の危険を脅かしてしまうような事態も起きてしまいます。

本来、血液は固まりやすい性質を持ち、けがをしたときにはすぐに凝固し皮膚の外傷部分を閉じ、血液の流失などを防ぎますが、血液の「よどみ」が出来たときも固まっていきます。飛行機の中では、長時間同じ姿勢で座っていること、お酒の提供があると脱水にもなりやすいこと、更に気圧も加わって血液がよどみやすく血栓ができやすい状態に陥りがちなのです。(注1)

妊娠中は、特にエコノミー症候群に気をつけて

妊娠中は特にエコノミー症候群に注意をする必要があります。
これには幾つかの理由があります。

ひとつめは妊娠中に大きくなったお腹で長時間の座りっぱなしでいるため、お腹の大きな静脈や下肢静脈といった大血管がうっ血しやすいことがあげられます。
お腹が大きくなってくると動くのも億劫ですし、さらに機内のトイレは狭く不便であるため「トイレに立ちあがるのも面倒くさい」と思ってしまう傾向がある妊婦さんなら更に注意が必要です。(注2)

2つ目の理由として、妊娠中の血液は非妊娠時と比べ出産時の出血に備えて固まりやすい性質を持つために、普段より血栓ができやすい傾向があることも覚えておきましょう。

そして3つ目。妊娠中は胎児に送る血液や羊水を健全に保つために、ただでさえ水分がたくさん必要です。ですが、同時に大きくなった子宮などに血管が圧迫され血液循環も悪くなりがちでもあるため、「むくみ」が気になってしまうから、飛行機のトイレに行きたくないからと水分摂取を控えてしまうなら水分不足を助長してしまいます。
ちなみに水分不足は妊娠初期のつわりが辛いときにも注意が必要です

妊娠中のエコノミー症候群予防策

1.身体をほぐして血液の流れを良くする対策をしましょう
・長時間座りっぱなしにならないように気をつけましょう。
・トイレに行くついでに軽く身体を動かしましょう。
・ときどき、深呼吸+かかとの上下運動をしましょう。
・座っている間は足を伸ばしたり曲げたり、足の指を意識して動かしましょう。
2.小まめな水分を補給も大切です
ドロドロ血液になるとその分血栓ができやすくなってしまいます。水分補給にはあまり味の濃くないイオン飲料がおすすめです。
3.リラックスできる服装で搭乗しましょう
お腹を締め付けない服装、お腹を冷やさない服装が良いですね。

座席指定サービスを活用しよう

ゆったりしたスペースがある飛行機の座席

大手航空会社は、妊婦さん向けのサービスプランを提示しています。いくつかあるサービスの中で、妊娠中の女性にとてもありがたくぜひ利用したいものが「座席指定サービス」です。

妊娠中は大きくなった子宮に膀胱が圧迫されてトイレが近くなる他、突然気分が悪くなることも考えられます。そのようなときにすぐに席から立ち上がれるように、トイレに近い通路側の席を予約するようにしましょう。
実はトイレの近くの席はあまり人気がなく、比較的空いている可能性は高いのですが、念のため予約は早めに済ませておくことをオススメします。

フライト中は炭酸飲料を控えよう

先ほどもお話しましたが、エコノミー症候群の予防のために、小まめな水分補給は大切です。機内は乾燥していますので、積極的な水分摂取は感染症予防の面でもプラスとなります。
しかし、炭酸飲料で水分補給をするのはあまり好ましくありません。上空は気圧が低下するので、お腹の中で炭酸ガスがどんどん膨れてしまうからです。

長時間のフライトで、ただでさえお腹が張りやすくなっているのに、炭酸飲料にお腹が膨れてしまってはもっと苦しくなってしまいます。里帰り出産で飛行機の機内での水分摂取は炭酸飲料ではなく、水やお茶、できればイオン飲料がおすすめです。

無理せずに延長ベルトを使おう

フライト中もシートベルト着用サインが出ている間はベルトを締める必要があります。しかし、里帰り出産のタイミングの大きなお腹に通常のベルトをするのは、少々息苦しさを感じてしまう人も。
飛行機だけでなく車でもシートベルトによる締め付けで、お腹の張りを感じたり、気持ち悪くなってしまう人も珍しくはありません。気圧の変化も加わり普段とは違う環境である飛行機では、余計敏感になってしまう可能性もあります。

離着陸時やフライト中の着用サインが出たときのシートベルト着用が不安な人は、客室乗務員さんに「延長ベルト」を準備してもらいましょう。シートベルトの機能はきちんと果たしながら、無理なくシートベルトができるので、妊婦さんの不快指数を下げてくれます

搭乗時の荷物は極力少なく

妊娠中の外出というものは、出先で困ることがないようにあれこれと準備した結果、巨大な荷物を持って歩いてしまいがちです。しかし、狭い機内に大きなお腹で搭乗するわけですから、荷物は必要最低限、極力少なくするべきでしょう。また、搭乗前後は自分で運ぶことになる預かり荷物も、出来る限り事前に宅配便で送って少なくしておきたいですね。

里帰り当日は、母子手帳と健康手帳を忘れずに機内手荷物用のバックにいれて、預かり荷物も必要最低限のものを選んで持ち歩くようにして下さい。お腹が大きくなって足元が見えづらくなっているので、両手が使えるように、リュックやポシェットを活用しましょう。

以上が、妊婦さんが里帰り出産のために飛行機に乗るときの注意点となります。
気圧の変化や環境、その日の体調によって、フライト中に気分が悪くなってしまう可能性は誰にでもあります。もし気分が悪くなったときには、1人で何とかしようと我慢をするのではなく、客室乗務員にすぐに声をかけてより良い対処法につなげて下さい。

【産後】赤ちゃんと飛行機で帰ってくる時期は?

飛行機を利用して里帰りをしたのなら、次は赤ちゃんと一緒に飛行機に乗って自宅に戻るわけですが、ここで気になるのは「赤ちゃんは、いつから飛行機に乗れるのか?」という部分です。ここは、国内線・国際線共に、生後8日から飛行機に搭乗ができます。(※ただし航空会社ごとの規定も確認しておく必要があるため予約を取る際にしっかり確認を!)
退院してすぐに飛行機に乗ることができるなんて驚きですね!

赤ちゃんと飛行機に乗るときに気を付けたいこと&ぐずり対策
赤ちゃんと飛行機に乗るときに気を付けたいこと&ぐずり対策
赤ちゃんと飛行機に乗るときに知っておきたいこと、気を付けるべきことは?気圧の変化にはどう対処したらいい?航空会社には赤ちゃん連れのお客さん向けにどんなサービスがあるの?航空会社のお得なサービスについてもご紹介します。

飛行機での里帰り出産は無理せずに

里帰り出産のために飛行機を利用する妊婦さんは、自分の体調を過信することなく、無理をしすぎないことが大切です。
飛行機に搭乗する前には担当医の了解を得た方が安心するでしょう。
フライト中も炭酸飲料を飲まない、エコノミ―症候群予防に足を動かす、十分な水分摂取をするなどの注意点を意識して、できるだけ快適に過ごすことができるとよいですね。どんな些細なことでも構いませんので飛行機での移動中に困ったときはCAを頼るようにしましょう!

おすすめコンテンツ