産後にネイルを再開した体験談

産後のネイル再開はいつから?ママネイルの素敵な楽しみ方

産後にネイルを再開したママ達の体験談を紹介します。ネイル再開のタイミングは、赤ちゃんが夜まとめて寝てくれるか、預けて出かけられるか、産後の体調などが関係しており、産後半年と産後1年以降という意見に分かれました!ママネイルの注意点やネイルを再開して起こった気持の変化もお伝えします!

産後のネイル再開はいつから?ママネイルの素敵な楽しみ方

産後のネイル再開はいつから?

出産前はネイルを楽しんでいたけれど、赤ちゃんが産まれてからは自分のことは後回し。それに、ネイルをしていると、「赤ちゃんのお世話に影響が出るかも」と考え、ネイルをしなくなって久しいという方は多いでしょう。

確かにネイルは、育児や家事に向かない側面もあります。しかし、「自分の手」は普段最も目にする場所。キレイな爪を見ているだけで、仕事や育児へのモチベーションが上がる女性が多いのも事実です。

産後、いつからネイルは再開できるのか?
ママになってもネイルを楽しんでいる女性に、いつから再開したか、子育て中のネイルの注意点や気持ちの変化を語ってもらいました。

ネイル再開は産後半年~1年にかけてが多数派

ネイルサロンで爪を綺麗にしてもらっているママ

体験談によるとママ達15名のうち、産後ネイルを再開した時期は、産後6ヶ月が7名、7ヶ月、9ヶ月、10ヶ月が各1名で、計10名が産後半年~1年未満でネイルを再開していました。

残り5名は産後1年以上、中には2年を経過してから久しぶりのネイルだったというママもいます。

産後半年を境に、ネイルを再開するママが増える要因としては、

  • 赤ちゃんが夜にまとめて寝るようになった
  • ネイルサロンへ行くために、子供を預けやすくなった

という意見が大部分を占めていました。

産後にネイルを再開して、ママが感じたメリット

産後にネイルを再開する1番のメリットは、やはりママ達の気持ちの変化です。

  • きれいな爪を見ると、育児のモチベーションも上がる
  • 家事の途中に、ネイルを見て嬉しい気持ちになる
  • 育児の良い気分転換になった

ネイルサロンに行くだけでなく、セルフネイルでも、ママ達の気持ちは間違いなく前向きになっています。ネイルは一度すればしばらく持つので、その場限りのストレス発散ではなく、自分の爪を見るたびに嬉しい気持ちになれるのも大きなメリットです。

産後のネイルの注意点

産後のネイル再開時の注意点

産後のネイルは、妊娠前と違い、気を付けないといけない点があります。やはり赤ちゃんや小さな子供がいる以上、衛生面やケガをさせないようにといった配慮は必要です。

産後にネイルを再開したママ達は、以下のような点に注意していました。

  • 爪は短くショートネイルにする
  • デコパーツはしない
  • デザインはシンプルなもの
  • 洗い物の時はゴム手袋着用

また、産後ママには家事等をしていても落ちにくいジェルネイルも人気がありました。セルフネイルキットも販売されていて、ジェルを爪に塗ったあとに光をあてると、すぐに乾燥するという点も忙しいママがおすすめする理由です。

子供が生後6ヶ月頃にネイルを再開した体験談

ネイルをしているだけで美意識高く見える

ベルベル(28歳)


私がネイルを再開したのは、出産から6ヶ月くらい経った頃です。きっかけは、友人と会う機会が増えたて、独身や既婚子供なしの友人は、みんなオシャレでネイルもしています。そんな友人達といると、自然と美意識が高まり、ネイルをしたくなりました。
また、子供が昼間や夜にまとまって寝てくれるようになり、時間が取れるようになったのもきっかけの一つです。

ただ、子供を傷付けないように爪は短く切りますし、ストーンなどの装飾は付けません。また、しっかり乾いてないと、オムツ替えなど指先を使う時ネイルがよれてしまうことがあるので、塗った後に冷水に爪を浸して、なるべく早く乾くようにしています。

ネイルを再開して良かった点は、友人に褒められたことです。「子育てしながら美容にも気を付けて偉いね」と言われた時は嬉しかったです。

ネイルは気分を上げてくれます。

木下ひまり(35歳)


長男を出産後6ヶ月程経った時にネイルをしました。1番始めのきっかけは、公園をお散歩している時にサンダルを履いて綺麗なペディキュアをしている人を見て久しぶりにお洒落をしたいと思ったことです。

ペディキュアをして気分がとても良くなり、手にもネイルをすることにしました。ただ、派手な色だと頻繁に会う旦那の母親に何か言われそうだと思ったので、ベージュ等の目立たない色を選ぶのに少し気使いました。また、ネイルはしても赤ちゃんのお世話があるので爪は短く切るようにしていました。

ネイルを再開して1番良かったと思う事は、気持ちがとても前向きになったことです。日々の育児で、睡眠不足などで疲れていましたが、綺麗になった爪を見ると心が穏やかになれます。

ハーフバースデーに合わせてネイル再開

パンちゃん(32歳)


娘が生後6ヶ月を迎え、写真館で娘のハーフバースデー用の写真と家族写真を撮る事になり、私も少しオシャレがしたいと思い、久しぶりにセルフネイルをしました。
子どものお世話にも慣れ、「オシャレがしたい」と思える心と時間の余裕ができたのが大きかったです。

しかし、やはりお世話をする上でネイルは心配だったので、娘を傷つけないように爪はギリギリまで短くし、家事をする時はゴム手袋をしてネイルが剥がれるのを防いでいました。

やっぱり久しぶりにネイルをしたらテンションも上がり、嬉しい気持ちになります。本当にちょっとしたことですが、爪がキレイだとこんなにも自分の気持ちが変わるのかと実感し、家事もいつも以上にはかどりました。

生後6ヶ月の職場復帰のタイミングで再開

中野なほ(20歳)


私がネイルを再開したのは、出産後6ヶ月頃からです。夜間の授乳の必要がなくなり、子育てにも慣れてきて、仕事復帰をしたこともあり、ネイルを再開しても良いかなと思いました。

ネイルを再開して、子供の世話で不便と感じたことは、お風呂の時やオムツ替えの時です。当初、私がしていたネイルがジェルネイルで長さ出しやデコパーツをつけたりなど、派手なデザインだったせいです。シンプルなネイルにしたところ、そんなに不便さは感じませんでした。

ネイルを再開してよかったことは、毎日の育児や家事に追われて大変なので自分のお気に入りのデザインのネイルができるだけで日々のモチベーションが高まり、頑張るぞ!という気持ちになれるところです。

マニュキュアを塗ろうとしてる母親

ネイルによって気分転換

まり(30代後半)


第二子を出産してから半年くらい経ってから、ネイルを再開しました。ちょうど、第一子も幼稚園に入りましたし、第二子もまだまだ激しく動くといった感じはなかったので、この歳だから、自分の時間を少しは持とうと思ったのです。

友人からジェルネイルのキットを買えば、セルフでできるよということを聞いたので、早速ジェルネイルのキットを購入して、ネイルを再開しました。

ネイルを再開してからはやはり気分的な変化になりますが、とても気分転換になりました。子供が小さくてもネイルはできます。ジェルネイルですと、落ちにくいですし、ライトを使うのですぐ乾くし、すごくおすすめです。

ジェルネイルキットを購入しました

にこ(30代前半)


子どもが生まれてから、自分のために費やす時間は少なくなりました。しかし、娘が6ヶ月を過ぎた頃に、夜しっかり寝るようになり、少しだけ自分の時間ができるようになりました。そこで気分転換に、妊娠前に楽しんでいたネイルをしてみることにしました。

頻繁にはお手入れができないと思ったので、すぐに剥がれたり、乾くのに時間がかかるネイルエナメルではなく、セルフジェルネイルキットを購入しました。おかげで、娘が起きてしまっても中断できましたし、剥がれたることもありません。

自分の手は一番目にする場所ですので、きれいに塗られたネイルを見るたびに心が少しウキウキして、ぐずる娘にも穏やかな気持ちで接することができました。

できるデザインは限られていたけど、やってよかった

りんちゃん(20代後半)


私は産後半年でネイルサロンに行きました。妊娠中までは、毎月ネイルサロンに行ってネイルを変えていたので、毎日毎日何もしていない指先を見ると凹んでいました。半年くらいになると、授乳の間隔も空いてくるので預けやすくなったので、「ネイルだけはしたい!」と思い、サロンへ行きました。

でも、「爪が長いと赤ちゃんを傷つけちゃう」「凹凸のあるものや、ラインストーンなどは取れたら赤ちゃんが口にする」など、出来るものは限られていました。そこで、シンプルなジェルネイルを選びました。

良かったのは、家事をする時に爪がいつも割れていたのですが、ジェルネイルをやってからは割れなくなりました。家事も、爪を見ながらルンルン気分で出来ました。シンプルなネイルしか出来ませんが、やってよかったです。

友人の結婚式がきっかけでした

MISOCA(20代後半)


ネイルを再開したのは、産後7カ月頃です。妊娠前は、毎月ネイルサロンに通うほどネイルが好きだったのですが、初めての子育てで、なかなか自分の時間が取れずにいました。そんな時、お友達の結婚式に誘われ、せっかく子どもを預けて行くので、「いつも出来ないオシャレがしたい!」と思い、ネイルをして出席しました。

ネイルは再開しましたが、爪は伸ばさず、長さを整えるぐらいにしました。 また、ママネイルと呼ばれるようなシンプルなデザインのものにしたので、特に不便は感じませんでした。

久しぶりにネイルをしたことで、気分転換になり、育児に追われてイライラしていた自分を見つめ直す良いきっかけになりました。 少し自分に時間を使うことで、また子どもに優しく接することができるようになりました。

短く整えた爪にママネイルをしている母親

子供が生後9・10ヶ月頃にネイルを再開した体験談

ネイルサロンでの時間が1番の息抜き

ひな(27歳)


私はネイルが大好きで、出産予定日1ヵ月前まで毎月ジェルネイルに通っていました。産後は生後9ヵ月後からネイルを再開しました。少し子育てに慣れてきたことと、子どもが祖母達に慣れて、預けて出かけられるようになったのが再開のきっかけです。

ジェルネイルをしていると自分で爪を切れないので、オムツ替えやお風呂上がりなど肌に触れる時や、子どもが抱きついて来た時などに爪で怪我をさせないように気をつけています。

「子どもがもう少し大きくなるまで待つべきだったかな?」とも時には思いますが、綺麗にネイルしている爪を見るとモチベーションが上がるし、子どもを預けてネイルサロンへ行っている時が1番良い育児の息抜きになっています。

産後はじめての夏、ペディキュアで気分を華やかに。

るるる(40代)


出産から10ヶ月ほどでネイルを再開しました。きっかけは季節が夏になり、サンダルを履く時期になったからです。子供を産む前はサンダルを履くときには必ずネイルをしていたので、ネイルをしないすっぴんの爪でサンダルを履くのがどうしても抵抗があり、足だけでもネイルをして気分を華やかにしたかったのです。

子供が昼寝をしているすきにペディキュアをしましたが、数日経つとはがれてきたのが不便でした。出産前は3週間ほどははがれず保っていたのになぜだろう…と考えてみて、ベビーカーを足で操作する機会が多いことに気づきました。
足でベビーカーのブレーキをかけるときにつま先を使うので、それで剥げたようです。あと、子供に足をよく踏まれるので、それも原因だったと思います。

でも、ネイルを再開することでおしゃれ心が復活して、足元を見るだけで日常生活が華やかになりました。やってよかったです。

子供が1歳頃にネイルを再開した体験談

産後1年経ち、体調が回復してから

えみ(20代後半)


私は出産後1年頃からネイルを再開しました。ネイルを再開しても良いかなと思ったのは、育児にも慣れて自分の体調も回復したと感じたからです。

また、出産直後は体調の変化を爪の色で判断することもありましたが、1年も経つと体調が安定しているので問題ありませんでした。

そして、ネイルを再開することによって良い気分転換になりました。毎日ドタバタと育児・家事に追われて自分のことは何もできない中、ネイルサロンに行ったり、自宅でセルフネイルをしている時間は、リフレッシュになり、気持ちが休まります。
キレイな爪を見ると気分も良くなるので、これからも続けると思います。

ペディキュアを塗ろうとしているママ

ペディキュアを再開し、その流れで!

草月(20代前半)


妊娠前まではネイルが大好きで、自分でもお店でもネイルをしてもらっていたのですが、出産後は育児もあり、なかなかネイルをする時間がなく、出産後1年経ってやっとネイルを再開できました。

きっかけになったのは、これから夏の時期になるとサンダルを履くから、まずはペディキュアからでもしてみようかなと思ったからです。ペディキュアで、特に問題がなかったので、ネイルも再開することにしました。

ネットでどういうものがいいかと調べたら、ジェルネイルがいいとのことでした。
やはり、パーツなどをつけてしまうと、抱っこした際に子どもの肌を傷つける心配があるのでやめたほうがいいです。

ネイルをしていると、ママ友に褒めてもらえたりします。娘も、爪に色がついているのが不思議なのか、ずっと手を握って見てくれています。

母親になってから、オシャレする機会がなかったけど、ネイルは簡単に始められるので、これからも続けていきたいです!

産後1年を過ぎて再開しました

ゆゆ(20代前半)


私は産後1年まで我慢して、ネイルを再開しました。「ネイルを再開しても良いかな」と思ったきっかけは、1歳過ぎて、子供のことが分かるようになってきたこと。また本格的に歩けるようにもなり、育児にも慣れてきたからです。旦那に相談して、了承を頂いたことも決定的でした。

ネイルを再開した時は、子供に爪がひっかかってしまったりすると怖いので「爪は伸ばさない」と決めていました。

ネイルを再開すると、育児のストレスから解放されただけでなく、逆に育児のモチベーションが上がりました。

2年以上経過してからの久しぶりのネイル

るうママ(29歳)


妊娠発覚してからネイルをやめました。出産後もそんな余裕がなくて、「自分より我が子」という状態でした。仕事を始めたのが下の子が2歳の時で、そのぐらいからネイルをまた再開しました。もう2歳だし、ある程度は自分で出来るようになってきたのでいいかなと思ったのがきっかけです。

だけど、ネイルを再開して、飾りをつけてもらった時のことです。その飾りがいつのまにか取れてしまっていて、焦りました。食べ物に混ざってしまったのか、床に落としてしまったのか、どっちにしろ口の中に入ってしまっては大変と必死に探しました。それ以来、取れる飾りはナシにしています

ネイルを再開してから、自分の指先が輝いてるので嬉しく思います。指先が輝いてるのなら自分自身も変わらなきゃとお洒落に気合いが入るようになりました。

子供のシャンプーをする際は要注意!

もも(34歳)


長男を出産して1歳のときに、ネイルを再開しました。ちょうど、姉の結婚式に参列する予定があり久しぶりにネイルをしたいなと思ったのと、長男が夜に8時間以上続けて寝るようになり、寝ぼけながら長男を抱っこすることがなくなったので、ネイルをしても大丈夫かなと思いました。

ネイルをしている時は、子供のシャンプーをする際に充分注意しないといけないと思います。一度、急いでいて、長男のシャンプーをした際に長男の頭皮をネイルで傷つけてしまいました。

オムツを替える時など色々気をつけることがありますが、手元をきれいにしているだけで、テンションが上がります。日々育児で疲れても、おしゃれをしている気分になるので、育児中のネイルはオススメです。

おすすめコンテンツ