職場への妊娠報告の仕方

職場へ妊娠を報告するのはいつ?早めが鉄則体験談15

妊娠報告を職場にするならこの体験談を参考にしてください。報告はいつのタイミングがいいのか、言い方で気をつけること、最初に報告する人は誰がいいのかが分かります。気恥ずかしい職場への妊娠の報告時期を誤ることがないように、ぜひ先輩たちの体験談を役立ててください。

職場へ妊娠を報告するのはいつ?早めが鉄則体験談15

職場への妊娠報告はやっぱり早いほうがいい

待ちに待った新しい命を授かったけれど、今頑張って働いている職場になるべく迷惑がかからないように報告をするにはどうしたらいいのか、報告のタイミングを探っている人に参考になる体験談をご紹介します。

会社を退くときは、立つ鳥跡を濁さずの言い伝え通りスマートなタイミング選びが肝心です。最初に報告する人、次に報告する人、報告をする順番にも配慮が必要です。

職場への妊娠報告は、一緒に働いている仲間を不快にさせないマナーが大事です。安らかな気持ちで出産に臨めるように気を配ってください。

妊娠報告を職場にするタイミング

同僚に妊娠の報告をする女性社員

自分の仕事が立ち仕事なのか座り仕事なのか、正社員なのか派遣なのか、役職があるポジションなのかどうかによって考えるべきことが異なります。

しかし、報告のタイミングにおいては、できるだけ早めがいいに越したことはないでしょう。妊婦の身体の不調は、安定期以前から始まります。体験談で多くの人が言っているように、妊娠を報告しなくてもその様子から妊娠が分かることが多いです。

早めに妊娠を報告することで、会社は早めの対処ができます。人事異動や仕事のサポート、お休みの取りやすさ、会社が早めに手を打てればそれだけ仕事が円滑に回ります。

仕事を続けるにしても、なるべく身体に負担のかからない業務を担当することが望ましいはずです。少し恥ずかしいかも知れませんが、お互いのためと考え、妊娠の報告は早めに行うようにしましょう。

職場への妊娠報告は誰にする?

妊娠の報告を最初にする人は、直属の上司がいいでしょう。妊婦が安心して仕事が続けられる環境の準備や周りの人への配慮など、いろいろなことを調整するのは直属の上司の役目です。

一般的には、直属の上司からその上司へ、または直属の上司から働く仲間へ伝えてもらうのがスタンダードな報告経路と言えます。

ただし、どうしても直属の上司に報告しにくい場合は、信頼できる子持ちの女性の先輩に相談するといいでしょう。経験者ゆえのアドバイスを聞くことができるので、上手い伝え方が分かるかも知れません。

信頼できる先輩がいない場合は、直属の上司を飛び越えてさらに上の上司に報告することも悪くはありません。この場合、忘れてはいけないのが飛び越えられた上司へのフォローです。特に、産後の職場復帰を予定している場合は、報告した上司にそれとなくフォローをお願いしておく必要があります。

妊娠を報告する時は言い方に気をつける

会議室で上司に妊娠の報告をする女性社員

職場に妊娠を報告する時は、言い方に気を配りましょう。おめでたいことなので、本来妊婦が気を遣う必要がないように思えますが、職場は人間関係が何よりも大切です。

産休に入るにしても仕事を辞めるにしても、それまでの間、周りの人から助けてもらわなければならないことが増えるのは確かです。配慮されることを当たり前のように思い立ち振る舞うのは感心しません。

同僚の妊娠報告を、辛い気持ちで受けとめなければならない子供が欲しくてもなかなか授からない人がいるかも知れません。迷惑をかけているわけではありませんが、できるだけ「迷惑をかけて申し訳ありません」感を前面に押し出して伝えてください。

また、自分の仕事を助けてもらったら、必ず感謝の気持ちを口にするようにしてください。仕事がやりやすくなると、落ち着いた気持ちで出産の日を迎えることができます。言い方に気をつけることで、あなたの株も上がります。

もしも妊娠報告を快く受け止めてもらえなかったり妊娠を理由に解雇を言い渡された時は、都道府県の労働局に相談してください(注1)。

マタニティハラスメントに泣き寝入りしない対策や相談先
マタニティハラスメントに泣き寝入りしない対策や相談先

職場に妊娠報告をした体験談

ここでは、先輩たちの職場への妊娠報告体験談を見ていきます。報告をするタイミング、言い方、伝える順番など、配慮に配慮を重ねていることが分かると同時に、人間関係の難しさも感じられます。この体験談を参考に、職場への妊娠報告の仕方を考えてみてください。

妊娠が確定してすぐに

おか(30代後半)


結婚後なかなか子供が出来ず、不妊治療をする為に勤務を変更してもらっていました。妊娠が確定した時点で、勤務を融通してくれた社長と直属の上司にすぐに報告しました。

元々立ち仕事だった為、座り仕事メインに切り替えて下さったのですが、まだ初期だったこともあり、勤務を変わってもらった人には迷惑かけることを順次報告していきました。

チーム全体には母子手帳をもらってからの時期に報告しました。安定期まで待とうと思っていましたが、つわりも悪化してきたので、まだ早いと思いつつ、迷惑かけると思ったのでこの時期になりました。

結果、理解のある方々のおかげで勤務中の物を上げたり運んだりの負担も積極的に助けて頂き、辛いつわり時期も休まず仕事できたので良かったと思います。

妊娠して座り仕事にしてもらった少しお腹が大きくなった妊婦さん

妊娠8週目と分かった日

まるまる(40歳)


最初は、産婦人科を受診して8週目とわかった日に、直属の部長に報告しました。報告した順序は、直属の部長から局長に報告してもらい、他の局長には局長連絡会で報告されましたが、同僚や社外の方には16週を過ぎるまで伏せてもらうことにしました。

その時期に報告したのは、人事異動の会議が始まる時期を考慮したからです。妊娠報告の方法で気をつけたのは、部長の仕事のスケジュールと、お母様の介護をされていたので、出来るだけお母様の具合が良い時にしました。

言い方で気をつけたのは、忙しい部長の仕事の邪魔にならないように、手短に伝えました。妊娠報告の時期や方法は、ベストではなかったかもしれませんが、これ以外の時期や方法は今でも思いつかないので、受け入れてくれた職場の皆さんには感謝しています。

妊娠が発覚した妊娠4週目に報告

もさぴ(25歳)


私が妊娠発覚したのは、妊娠4週目の時でした。一般的には安定期に入って報告する人が多いと思いますが、私はアウトドア専門店の販売員を務めていたので、立ち仕事ということ、そして何かと力仕事など体に負担がかかる作業も多かった為、妊娠発覚後すぐにまずは店長に伝えました。

そして、店長から正社員のスタッフに報告してもらい、その後アルバイトスタッフに自分から報告しました。

店長への報告の際、個別に時間をとってもらい、今後の働き方も含め話をさせて頂きました。初めての妊娠で、安定期までの期間が不安だったり、妊娠初期の悪阻で出勤すら厳しい日も多々ありました。

しかし、早く周知したおかげで、周りのスタッフがお腹に負担がかかる作業は代わりにやってくれたりなど、妊婦である私を支え、配慮してくれたおかげでギリギリまで働くことができました。

社長に誘導されて…

桜木佳代(30代前半)


悪阻がかなりつらかった私。妊娠が分かった時点から悪阻スタートでした。妊娠悪阻で仕事を休むように医師から言われました。妊娠3週目のことです。

妊娠バイブルを読んだら、「会社への報告は安定期がおすすめ」って書いてありましたが、私の場合、そんな時期まで待っていられないという状態でした。

まるでマーライオンのように吐いて吐いて、まわりが見ても「これは妊娠だな」と分かるようなレベルでしたので、報告は必然的に悪阻が始まってしばらくしてから、妊娠5週目、しかも直属の上司にあたるチーフではなく、社長にでした。

後から聞くと、社長は女性でしたので私の様子を見て「おめでた」って分かっていたようですが、報告の順番は直属の上司からだろうと思って、自分からは声をかけずに待とうと思ってくれていたようです。

しかし、社長に同行する遠出の出張が急遽入ったことから、社長に半ば誘導されて「実はこの度、新しい命を授かりまして…」と報告することになってしまいました。

チーフに先に報告しなかったことを気にしていたのですが、社長がチーフ(男性)に「私が彼女に無理やり言わせちゃったのよ」とうまくフォローしていただいて助かりました。

まずは直属の上司に報告しました

くみ(30代後半)


妊娠したとき、まずは直属の上司に報告しました。次は社長、その次は同僚やまわりのひとに言いました。時期は3か月くらいのときです。

つわりがひどかったので、周りの理解が必要だと感じたからです。妊娠の報告の仕方は、休みが多くなるし、産休もいただくことになるので申し訳ない態度で伝えました。

また、不妊治療しておられる女性もいましたので、なるべく騒がないように配慮しました。よく当たり前のように休む人がいますが、感じが悪いのでやめたほうがいいですね。妊婦になるとまわりに助けてもらうことが多くなるので、おとなしくしていました。

実際に引き継ぎなどもありましたので、控えめにしていました。反省点はありませんが、なるべく健康でいることが大切です。

早めに報告した方がいい

真央(20代前半)


妊娠が発覚し、まずは直属の上司に言おうとすぐ決めました。結婚前の「できちゃった」だったので、その後バタバタとやることが続くだろうというのと、当時の彼とは遠距離だったので、出産には退職が伴うからです。

安定期に入る前、しかも病院で発覚してから彼に報告、両親に報告、の次に直属の上司だったので発覚後2日です。女性の上司だったので、体を気遣ってくれました。

営業の仕事だったので、外回りを減らすようにサポートもしてくれました。なるべく仕事は辞めないでほしい、という上司の希望で、さらに上の上司には言うのをストップしていました。

しかし、結局辞めることになり、発覚後1ヶ月経ったくらいに上の人は全員知ることになりました。少し問題になったのは、良くしてくれた上司に報告しそびれてしまったことです。

みんなが知るタイミングで同時に知ったので、「わたしは事前に知らせてもらえなかった」と思ったようです。妊娠関係も、大切な人には根回しが必要です。

主にはそれくらいで、つわりの時もみんな気遣ってくれたし、自分も余裕を持って退職の作業ができたので、安定期までとは言わず、早めに報告が良いと思います。

同僚の前で妊娠の報告をしてる女性社員

妊娠が分かってすぐの妊娠2ヶ月のころ

一歩(31歳)


30歳時に結婚して、すぐに妊娠することができました。結婚してそれまでの仕事を辞め、働き始めたばかりの新しい職場だったので報告する時期は悩みました。

新人なのに職場に迷惑をかけることに引け目を感じましたが、立ち仕事で重い荷物を運んだりすることもあったので、分かってすぐの2ヶ月の頃に報告しました。

小さい職場だったし、女性の社長だったので、相談もしたく早めに報告させてもらいました。入ったばかりだったので、緊張しましたが、優しく受け入れてくれ安心しました。女性の多い職場だったので、そのまま社長と社員の方たちに報告させてもらいました。

皆さん心配してくださり、まだ働く気はあったのですが、力仕事なのでもしもの事があったらいけないからと、退職させてもらうことになりました。

会社に気を使う部分もあり、どんな反応されるか不安でしたが、皆祝福してくれ、優しくして下さいました。

職場も大事ですが、一番は赤ちゃんなので早めに報告して仕事を辞める事になりましたが、無事に出産できたのでよかったです。

自分の口から一人ずつ個人的に報告した

あーママ(37歳)


33歳の時に妊娠し、職場には妊娠3カ月になる前に報告しました。まずは一番気心の知れた同僚に、そして直属の上司に。体調面で職場に迷惑をかけるかも知れないと思うと、早く知っていて欲しいと思ったからです。

同僚全体にオープンになったのは4カ月くらいの時でした。何故そのタイミングだったかは上司の判断だったのですが、もっとすぐにみんなに言って欲しかったです。

報告時に気を付けたのは、その上司の発表前に、本当に深く関わる人には自分の口から一人ずつ個人的に話したということです。

報告の時期や方法は、これで正しかったと思っています。安定期に入ってからと当初は思いましたが、妊娠初期こそ体調に不安があったり、精神的にも落ち着かないので、自分の今と思う時期に報告するのが一番良いと思います。

妊娠6週の時に伝えた

ゆず(20代後半)


妊娠6週の時に、直属の上司に妊娠したと伝えました。かなり早い段階ではありましたが、もともと職場の人手がかなり足りていない状態で、「もし妊娠したらいち早く伝えてください」と以前から言われていたため報告しました。

予定日も合わせて伝えました。まだまだ働いてもらわないと人手が足りないと言われたので、妊娠8ヶ月頃までは働きたいと考えていますということも述べました。

その他の職場の方には、妊娠4ヶ月に入ってから上司から伝えてもらいました。妊娠初期である6週で伝えることはかなり早いのではと思いましたが、その後すぐにつわりが悪化し、以前のペースで働くことが難しくなったため、結果的にはその時期に伝えておいて良かったと思います。

まずは信頼のおける上司に

ふゆみん(30代後半)


職場へは、安定期に入ってからしっかりと報告をする予定でいました。しかし妊娠が判明した次の週からつわりが始まり、私が日々真っ青な顔で仕事をしていたため職場の同僚や先輩たちに心配されてしまい、妊娠6週目にまず直属の上司に報告しました。

そして上司と相談したところ、つわりという事で業務に支障が出るのはやむを得ない事だけれども、いざとなったら同僚や先輩に頼れる環境を作った方が良いと言われたために、翌日には職場の朝の打ち合わせで妊娠を報告する事になりました。

幸い職場にはつわり経験者が多くて親身になってくれる人が多かったため、産休に入る前まで身体の心配をしていただきながら会社勤めをこなし、安心して出産に臨む事が出来ました。

会社の環境にもよりますが、職場への報告に関しては、まずは信頼の置ける上司に相談してみると良いと思います。

まずは周りに

ありりん(26歳)


まずは、仲の良い先輩に生理が来ていないことを言ってあったので、検査した次の日に報告しました。

その後、2ヶ月程度(子どもの姿がみえたくらい)に直属の上司に報告をし、その2週間後、来年度の話が出て来た頃に管理職に報告しました。

直属の上司に早めに報告したのは、授業をする上で支障がでたり、助けてもらうことが多かったりするのではないかと思ったからです。

報告で気をつけたことは、ある程度安定、確定してから管理職に報告したことです。仕事の仕方、直属の上司には話してあることも含め、相談としながら報告しました。

私は、この時期の報告で良かったと思っています。安定期に入ってからという方も多いと思いますが、仕事上出来ないことが増える時期が初期の方が多かったので、安心して働くことができました。

職場への妊娠報告を済ませて笑顔の女性

まずは気軽に相談できるベテランママ社員へ

ゆかち(20代後半)


食品会社の総合職として5年勤めていました。6年付き合った彼との子を妊娠しました。結婚はするつもりでいましたが、順序が逆になってしまうという事態でまずは籍を入れ、結婚と妊娠の報告が同時にできるようにしました。

報告のタイミングとしては、引き継ぎもあるので早めにと思い、妊娠3カ月には報告しました。まず、気軽に相談できるベテランママ社員(同じ部署の先輩、上司ではない)に話してしまいました。

授かり婚ということもありましたので、まずはどのように上司に報告していくべきか等を気軽に相談しました。その後、すぐに部署の部長へ報告しました。

その際は、二人きりになれるよう面談の依頼をし、商談室をセッティングして結婚と妊娠を報告しました。

驚いてはおりましたが、祝福もして頂けたので大変ありがたかったです。現在は産休に入り、無事出産の報告ができるよう充実した日々を過ごしております。

立ち仕事は早めの報告がいい

やっさん(27歳)


職場に妊娠を報告した時期は、妊娠3ヶ月のとき(妊娠10週)あたりでした。報告した順番としては、私は医療事務として働いておりまして、上司→院長→事務長という順番です。

他の社員さんに公表するのは安定期に入ってからの、妊娠5ヶ月に入るまでは黙っていてほしいと伝えたのですが、職場内ではすぐに妊娠していることが広まっていました。おそらく院長がベラベラ喋ったんだと思います。

本当は上司にも院長にも安定期に入ってから報告したかったのですが、医療事務でもほとんど立ち仕事だったので迷惑をかけてしまうのではないかと不安もあり、早めの報告をしました。

妊娠報告をする際は、辞める時期や今後の私の立ち位置などをじっくり院長と話しあい、気持ちを伝えました。私が働いていた職場は、自分で辞める時期を明確に伝えないとなかなか希望通りに辞めさせてもらえないので、はっきりと伝えることが大事だと思いました。

初期から中期にかけてつわりにも悩まされたので、妊娠報告は安定期入る前にちゃんとしておいてよかったと思います。

かなり気をつかいました

玲子(30歳)


妊娠が分かったのは5週目くらいでしたが、しばらくは何も言わずに勤務していました。けれど、つわりでしんどくて出勤できなくなり、休みがちになっていました。そして何とか出勤していた6週目ごろに、直属の上司に話があると伝えました。

面談は、支店長も交えて私もいれて3人でしました。そして、妊娠したこと、つわりで体調が悪くしばらく休ませてほしいと伝えたのです。

事務職ではありましたが、とても電車で通勤できる体調ではありませんでした。私は結婚していましたので、上司や支店長もいつかはこのような報告があると思っていたようでした。

長く休みをいただくのが申し訳ない、でも体調が悪いのでご理解いただきたい、という感じで伝えました。幸運にも妊娠を喜んでくれて、結局3週間休みました。

その間は、私の業務内容で不明なことがあればいつでも自宅に電話してくださいと伝えておきました。長くお休みをいただいたけれど、誠意を示せたと思います。

少し反省しているのは、派遣社員として採用された時、1年くらいは勤務を続けてほしいと言われました。暗に1年間は妊娠を避けてほしいと言われた感じでしたので、申し訳なかったかなと思っています。

母子手帳をもらった後に

さやか(30代後半)


私は妊娠当時、小学校の教員でした。妊娠と思われる兆候を感じ、検査薬でテストして陽性反応が出たので、病院を受診しました。その結果、妊娠8週間と言われました。

初めてのことだったので職場への報告は迷いましたが、先輩ママでもある養護の先生に相談しました。一般企業でもそうだと思いますが、公務員にも妊産婦の権利があり、すぐに管理職に報告すれば、その権利を行使できるということで、母子手帳取得後、すぐに報告しました。

教員が妊娠するということは、学級担任の替わりの教員を見つけて貰わなければならない、宿泊行事や遠足などの体に負担がかかる仕事はできないなど仕事上迷惑かけることが多く、悪いことではないのですが、「ご迷惑をおかけして申し訳ありません」ということで報告しました。

皆さん、お祝いムードになってくださったり、気遣ったりしてくれますが、いつ何が起こるか分からないので、人間関係を円満にし、ご迷惑をおかけしますという気持ちで過ごされた方が良いと思います。

早い時期の報告については不安もあるかと思いますが、自分のためにも職場のためにも早く報告した方が良いと思います。

おすすめコンテンツ