Loading

胎教に良い音楽

胎教に音楽を聴かせる効果とは?赤ちゃんに聴かせたい名曲

胎教に良い音楽ってどんなもの?クラシック、ディズニー、環境音、英語の歌など、お腹の赤ちゃんに聞かせたい音楽をご紹介!胎教はいつからはじめるのが良いのか、赤ちゃんの聴力の発達や効果は?ママの音痴な歌は赤ちゃんに影響する?ロックなど激しい曲を聴くときの注意点など、Q&Aも充実です。

胎教に音楽を聴かせる効果とは?赤ちゃんに聴かせたい名曲

胎教で音楽を聴かせる効果は?お腹の赤ちゃんとのコミュニケーション術

妊娠中の方は赤ちゃんが大きくなっていく幸せを日々実感し、対面できる日を心待ちにしていることでしょう。予定日までまだまだ先だけど、待ちきれない!なんて声も聞こえてきそうです。
ママとして赤ちゃんの為に何かしてあげたい、赤ちゃんとコミュニケーションをとりたいといった思いも膨らんでいきますよね。実は出産前でも、お腹の中で赤ちゃんを育むこの時間に、赤ちゃんのためにできることがあるのです!

それはずばり「胎教」!ここでは1番簡単な胎教である「音楽を聴く」行為について取り上げます。
胎教と聞くと難しいイメージや早期教育のイメージが強かった方も、記事を読み終わる頃には、きっと考えが変わるハズ。さっそく見ていきましょう!

胎教に音楽が良いといわれる理由

お腹にヘッドフォンを当てて赤ちゃんに音楽を聴かせる妊婦

「胎教」は「語りかけ」「絵本を読み聞かせ」といったよく耳にするものから、お腹を軽く叩くことで赤ちゃんが同じ場所を蹴るようになる「キックゲーム」など様々なものがあります。「音楽を聴くこと」は気軽にできる胎教の代表格です!

妊娠5ヶ月で耳が聞こえる!?音楽の効果とは?

胎児の聴力は、5~7ヶ月頃に急激に発達するといわれています。
聴く力を身につけていく赤ちゃんは、語りかけてくるママの声を聞き分け、羊水の向こうから届く様々な外界の音を聞き取ります。ママが聴く音を一緒に赤ちゃんも聴くことで、赤ちゃんもまた心拍があがったり、音に反応して胎動が生じたりすることもあるようです!

赤ちゃんの聴力の発達と新生児聴覚スクリーニング検査
赤ちゃんの聴力の発達と新生児聴覚スクリーニング検査
赤ちゃんの月齢別の聴力の発達と入院中に行われる新生児聴力スクリーニング検査について、目的や検査の方法、費用や再検査を中心に解説します。また難聴と診断された場合の療育についても解説します。

音楽は、音で赤ちゃんの興味を刺激し、ママと赤ちゃんが一緒に楽しめます。難しいことも不要で、ソファー等に腰掛けゆったりとした気持ちで聴くだけで良い、という手軽さも人気の理由です。

いつから音楽を聞かせたらいいの?

前述の通り、胎児の聴力は5~7ヶ月頃に急激に発達します。聴力が発達する時期を目安に、胎教を始めるママも多くいるようです。とはいえ妊娠中は体調不良で苦しむママも多いですよね。

胎教は余裕がない時期に、無理に始める必要はありません。胎教はこうあるべき!などというマニュアルは存在しませんし、遅ければダメなんてこともありません。
ママの体調が落ち付いて、一緒に音楽を楽しめるようになったら始めましょう。ママの気持ちは赤ちゃんに伝わりますから、無理をしないことが大切です。逆に音楽を聴くことでママもリラックスでき、体調不良が緩和されることもあります。音楽を聴くというのは、ママにとっても良い効果が期待できますね。

胎教とは赤ちゃんとのコミュニケーション

胎教の教室に通う妊婦

辞書には「妊婦が心穏やかに過ごせるよう努めたり、良い影響を赤ちゃんに与えるべく行動したりすること」といった内容で記されているようです。字面を見ると「教」という字が入る為に、少し戸惑う方もいそうですね。実際に胎教という言葉に対して抱く、ママ達のイメージは様々です。

特に「早期教育など、教育熱心なママが頑張る類のもの」というイメージが広く伝わっているようですが、現在では胎教は決して早期教育だけを意味する言葉ではありません。赤ちゃんとスキンシップ、コミュニケーションをとることを目的に行うママも多くいます。

「赤ちゃんに楽しい音楽を聞かせてあげたい」と、多くのママが思い、実践しています。羊水にぷかぷか浮かびながら、お腹の外から聞こえてくる音楽に耳を傾ける赤ちゃん。音としてだけでなく、ママが音楽を聞きがリラックスしているのが伝われば、赤ちゃんも心地よい気持ちになってくれるのではないでしょうか。

胎教には絵本の読み聞かせが効果大!オススメ絵本10選
胎教には絵本の読み聞かせが効果大!オススメ絵本10選
胎教で絵本の読み聞かせをすることは、ママの産後鬱予防や赤ちゃんの脳に良い刺激となり成長に効果があるといわれています!産後も楽しめるオススメ絵本やアプリ、妊娠中のママがうるっときちゃう詩集も紹介。

クラシックやディズニーなど胎教におすすめの定番音楽

胎教に良い音楽をインターネットで探す妊婦

胎教に興味が出てきたら、今度気になってくるのは、一体どんな音楽を聞かせてあげたらいいのかな、ということですよね。多くのママたちが選んでいる、おススメの「クラシック」「ディズニー」「環境音」「英語の歌」を紹介します。

おすすめ1『クラシック』

胎教に良いとされる音楽は様々なものがありますが、その中で代表的なものはやはり、「クラシック」です。透明感あるピアノの音色で奏でられる音楽等、特におススメですね。

クラシックと一言で言っても作曲家は星の数程おりますが、胎教でママ達に選ばれるクラシック曲というと、モーツァルトのものが多いようです。なぜモーツァルトが良いのかといいますと、聞き手の脳にα波を多く出すことが知られているからです。
α波とは良質な睡眠をもたらしたり、心身を休めリラックスさせたりと良い影響を与えます。モーツァルトが作った曲は、有名で誰しもが知っているような曲がたくさんあります。クラシックに馴染みがないママも、自分の知っている曲が多く収録されているアルバムを選ぶと、楽しめて心地よい時間が過ごせそうですね!


赤ちゃんクラシック 胎教のモーツァルトの画像
出典:www.amazon.co.jp

赤ちゃんクラシック 胎教のモーツァルト/ワーナーミュージック・ジャパン

モーツァルトの名曲揃いの、ディスク2枚組の商品です!モーツァルトは脳の発達に効くとも言われており、穏やかで、ママの心臓のリズムに近い曲を選び収録されているため、胎教に適したCDと言えるでしょう。

またジャケットはご存じ「マタニティーマーク」の原作者のデザイナーによる、イラストを使用しています。アクセントとしてジャケットに入ったマタニティーマークもまた、印象的ですね!

おすすめ2『ディズニー』

ディズニー映画は内容や登場人物共に、魅力的なものが多いですよね。そしてそれらに加えて評価が高いのは映画内に流れる音楽です。ディズニー映画の曲は、素晴らしいものが勢ぞろいですのでママが好きなディズニーの曲を胎教に取り入れてみてはいかがでしょうか。

ディズニーの人気曲を集めたCD等多く販売されていますが、胎教におススメなのは「ディズニーのオルゴール曲集」です。ピアノで紡がれたCDも聞いていて心地よいですが、オルゴールの優しげな音色も心が穏やかになっておススメですよ!赤ちゃんがお腹にいる時に聞かせた思い出のディズニーの曲を、いつか一緒に映像と楽しめたら…なんて考えるとワクワクしますね!


ディズニー・ベビー オルゴール編~泣いてた赤ちゃん、もう笑った~ Soundtrackの画像
出典:www.amazon.co.jp

ディズニー・ベビー オルゴール編~泣いてた赤ちゃん、もう笑った~ Soundtrack/ウォルト・ディズニー・レコード

「ミッキーマウス・マーチ」「小さな世界」「くまのプーさん」「星に願いを」等々、ディズニーの不朽の名作を、美しく優しい響きのオルゴールの音色で、赤ちゃんと一緒に楽しんでみませんか。聴き入るうちに心身共にリラックスできて、穏やかな気持ちにさせてくれそうです。胎教のためには勿論、乳幼児期の音楽教育としても最適です。

おすすめ3『環境音』

最近忙しいし体を休めリラックスしたいなと思った時に、自然の中に身を置くと、心が安らぐような気持ちになったことはありませんか。潮騒の音であったり、風が立てる葉擦れの音であったり、雨だれが葉を打つ時の音であった、自然界は美しく豊かな音で満ちています。
人が作り出した曲も素晴らしいですが、時に自然が奏でる音に耳を澄ますのも、良いものです。耳にして心地よさを感じるのは、ママだけではなく赤ちゃんも同じかもしれません。お腹の中にいる赤ちゃんに、一足先に、外の世界の豊かな音をたくさん届けてあげてはいかがでしょう。あなたが赤ちゃんに聞かせたいと思うのは、自然界に存在するどの音でしょうか?


3Dリアル自然音「波の音」の画像
出典:www.amazon.co.jp

3Dリアル自然音「波の音」/ビクターエンタテインメント

リアルな自然音のシリーズ、こちらは「波の音」が収録されています。まるで水辺にいると錯覚するような、心地よい音で紡がれる CDです。自然の音だからこそ、聞いていて煩わしさがなく、幾らでも耳を傾けていられそうな至福の78分を、ぜひ味わってみてください!

おすすめ4『英語の歌』

お腹を撫でながら、ママが赤ちゃんにお歌をうたってあげるというのは、よく聞く話ですね。
広く知られている馴染みのある童謡は勿論オススメしたいのですが、その中に英語の曲を取り入れてみるのはいかがでしょう。
今の内から英語の曲に慣れさせておくと英語に興味がある子に育つかは不明ですが、それでもお腹の中にいる時から聞かせていると、いざ英語に触れあう時、日本語とは違うその言葉に対しても、何となく親しみを感じるかもしれませんね。

Twinkle Twinkle Little Star

出典:www.youtube.com

先にモーツァルトの曲は胎教に良いですと紹介しましたが、こちらのモーツァルト作曲の「Twinkle Twinkle Little Star(きらきら星)」もいいですね!
赤ちゃんは耳に届くものの中で、ママの声に一番親しみを覚えるものです。というわけでママが英語バージョンで歌ってみるのも素敵ですよ!

ママが歌うのが重要?音痴の場合の影響は?

ヘッドフォンで音楽を聴きながら歌う妊婦

赤ちゃんはママの声をよく聞いているので、ママが歌ってあげると赤ちゃんは喜んで反応を示してくれるかもしれません。ですが、歌に自信がないママの中には「私が歌ったら、子供まで音痴になるんじゃ…」と心配している方もいます。しかし、そもそもお腹の中は臓器が動く音などで意外に騒々しく、ハッキリとこんな歌だと理解できるレベルでは赤ちゃんにママの歌は届きせん。
現代では音痴は遺伝よりも、環境による要因が多いと考えられています。生まれてからの子供の音楽教育はこれから考えていくとして、お腹の中にいる時はそこまで気にしなくていいでしょう。

また歌うのはママじゃなければならないなんていう決まりはなく、パパもどんどん参加していきましょう!上手に歌うことよりもお子さんへの愛情表現として、何かしてあげたいという思いが大切で、上手さは二の次三の次です。
お腹の赤ちゃんにも、ママやパパの温かい気持ちがきっと届くのではないでしょうか。

イヤホンで聞いても効果はない?

赤ちゃんに聴かせてあげたいと思って選んだ曲であるならば、イヤホンは使用せず通常通り聞かせてあげましょう。ママ自身がリラックスしたい、楽しみたいなと思って聴く音楽であればイヤホンでまったく問題はありません。
イヤホンを使用する場合、音としては届かなくても、その音楽を楽しんでいるママの気持ちや感じている心地よさなどは、赤ちゃんに伝わることでしょう。

ロックやJPOPでもOK!ただし、激しめの曲は少しだけ注意!

音楽を聴かせる胎教について学ぶ妊婦

人の好みは千差万別、音楽の好みもまた違って当然、クラシックやディズニーには興味がないという方もいらっしゃることでしょう。結論から言ってしまうと、ロックであってもJPOPであっても、ママの好きな曲を選ぶのが大前提といえそうです。

ママが好きでもない曲を無理して聞いていると、ストレスになってしまいますよね。ストレスは妊婦にとって大敵ですし、ママと赤ちゃんにとって良い時間を過ごすのが胎教なのに苛々は逆効果です。

ただし、激しい音や曲を聴くときは音量など注意するべき点はあります。
筆者の体験談ですが、妊娠後期にアクション映画を見にいったのですが、効果音もメインテーマもとても激しいものでした。大きな音が響く度にお腹で赤ちゃんが大暴れし、途中から「音に驚いている」ことに気付きました。映画が終わった後は、安心したように静かになりました。
大好きな音楽であっても、激しい曲であれば音量には注意して、赤ちゃんを驚かせない程度に楽しみましょう。

胎教で音楽を聴くことはママにとってもプラス!

胎教とは難しいことはなにもありません。今、この瞬間から赤ちゃんに語りかけたり、好きな音楽をかけるだけでいいのです。お腹の中にいる赤ちゃんと顔を合わせることができなくても、赤ちゃんのために何かしてあげようと心を砕く。そういったママたちの温かい心が赤ちゃんに伝わることが大切なのです。

妊娠中はなにかとストレスが多くたいへんですが、リラックスして音楽を聴く時間を意識的に設けることは赤ちゃんだけでなく、ママの心身にも良い影響を及ぼすでしょう。肩の力を抜いて、気軽にチャレンジしてみてくださいね!