Loading

胎教の始め方と効果

胎教はいつから?ママも楽しい胎教の始め方&意外な効果

胎教って言葉は知っているけど、何をするの?と疑問に思うママもいるでしょう。実は胎教は赤ちゃんに良いだけでなく、ママをリラックスさせ、育児の練習といった効果もあるのです。絵本の読み聞かせや音楽を聴くといった簡単な方法から、胎動を利用したキックゲームなど胎教の方法を紹介します。

胎教はいつから?ママも楽しい胎教の始め方&意外な効果

胎教をしたい!気軽に始められる胎教の方法と効果

胎教への関心が年々高まり、マタニティスクールやプレママ向けの胎教講座などが各地で開かれ、人気を博しています。
しかし、胎教をしようと考えるママの多くが「なんとなく胎教がいいと聞いたから」というあいまいな情報や「ママっぽい」という感覚、「賢い子が産まれる」というイメージだけで、実際にどんなことをするのか、胎教とはどんなものなのかを知らないという人ばかりです。
そもそも胎教とはどんなものなのか、その効果、始めるタイミングはいつからがいいのかなどについて紹介します。

胎教とは?ママと赤ちゃんのリラックスタイム

ジムでマタニティヨガをする妊婦

胎教とは「妊娠中に妊婦が精神的安定につとめ、胎児にとって良いことを与えようとすること」と辞書には載っています。この良いことがママによって受け止め方が異なります。
「赤ちゃんにお腹の中にいる頃から教育、勉強をすること」「英才教育のうちの一環」と捉えるママもいれば「ママの声を積極的に聞かせてあげる等のコミュニケーションをとること」と捉えるママもいて幅広い意味で現在は使われています。

お腹の中の赤ちゃんは日々成長し、光や感触を感じています。特に発達している機能は「耳」です。聴覚は早い段階から出来上がり、お腹の中でママの声や周りの音を聞いていると言われています。
そのため、産まれたばかりの赤ちゃんでもママの声に反応して、ママが声をかけると顔を向ける仕草をする赤ちゃんが多くいます。

お腹の中の赤ちゃんに備わった感覚や機能を積極的に活用して赤ちゃんに良い影響を与えよう、結果的に良い子どもに育てようという動きが現在の胎教の流れを作ったと考えられます。
どんな方法でも大事なポイントは「ママのリラックス」です。胎教には「妊婦の精神的安定」が前提にあります。ママがリラックスした状態で赤ちゃんと一緒に過ごすことが大切になります。

胎教の方法|絵本や音楽、キックゲームで遊ぼう

お腹の中の赤ちゃんに語りかける妊婦

胎教は英才教育のように勉強をするというよりも、ママがリラックスして楽しめることが重要なので、無理にグッズを買い揃えたり、毎日絶対時間を確保したりする必要はありません。ママが楽しんで「こんなことをしてあげたいな」と思ったことを気軽にしてあげましょう。

1.語りかける・絵本を読む

お腹の中の赤ちゃんは、ママが話しかけると心拍数が上がると言われています。ママの声は外の声よりもはっきりと聞こえるため、赤ちゃんにとっては何よりも安心する声です。どんどん話しかけてあげましょう。ママの好きな絵本を読んで聞かせてあげるのもおすすめです。ママの話し方、読み方、リズムなどを赤ちゃんは記憶し、産まれてからも聞こえてくると安心感が強くなります。

絵本の読み聞かせで赤ちゃんの発育が良くなる5つの理由
絵本の読み聞かせで赤ちゃんの発育が良くなる5つの理由
絵本の読み聞かせが赤ちゃんの発達に与える影響を解説します。知っているようで、意外と知らない読み聞かせの効果。新生児からでも好影響がある5つの理由を紹介します。

語りかけは挨拶からでOK

語りかける内容は決まっていません。ママが赤ちゃんに話してあげたいなと思う事なら何でも大丈夫です。「今日は天気がいいんだよ、暖かいね~」や「おはよう、起きているかな?」など挨拶から始めてみると話しかけやすいですね。

おすすめの絵本

選ぶ絵本に決まりはありません。ママが好きな絵本を選んで、聞かせてあげることでリラックスできることが大切です。
妊娠中に読んで良かったとママに人気のある絵本を紹介します。


どんなにきみがすきだかあててごらんの画像
出典:www.books.or.jp

どんなにきみがすきだかあててごらん

ちびウサギはでかウサギが大好き。どれだけ好きかを体で表現しようとするものの、でかウサギにはかなわない姿が愛らしい、大切な人に読んでもらいたいと思う1冊です。小さな子どもから大人にまで人気の絵本です。

2.お腹を撫でる

お腹を撫でたり、ポンポンと叩きながらだとより伝わるので、試してみてください。お腹に触れながら話しかけることでママも「オキシトシン」と呼ばれる愛情ホルモンがたくさん分泌されます。この愛情ホルモンは赤ちゃんへの愛情を育てる作用があります。声の出しづらい場所では撫でるだけでも効果があります。

3・ママの好きな音楽を聴かせる

音楽を聞かせてあげることも人気があります。
一般的にはクラッシックは脳の働きを良くしてくれ、リラックス効果があります。特にモーツァルトの曲は脳内にアルファー波が多く分泌されるため胎教音楽として人気があります。
しかし、ママにとって聞いていて楽しい、リラックスできる曲が1番です。「胎教のために聞かなくちゃ!」と思って聞くのは逆にストレスとなりますので胎教としては良くありません。
好きな曲がロックやJ-POPであっても、赤ちゃんと一緒に聞いて楽しんでください。

4.キックゲームでスキンシップ

お腹に直接触れることで、ママと赤ちゃんのコミュニケーションが取れます。胎動を感じるようになったらキックゲームをやってみましょう。遊び感覚で赤ちゃんとコミュニケーションがとれ、最初は上手くいかなかったキックゲームも何度もやるうちにできるようになり、ママも赤ちゃんへの愛情が深まります。

キックゲームのやり方

  1. 赤ちゃんがお腹を蹴ってきたら、同じ場所を「キック」と言って「ポンっ」と1回たたきます
  2. 1~2分後、赤ちゃんが同じ場所を蹴り返してきます
  3. ママは赤ちゃんを褒めてあげます
  4. ①~③を繰り返します
  5. 慣れてきたら、ママからお腹を「キック」と言って叩いてみます
  6. 赤ちゃんが同じ場所を蹴り返してくれます
  7. ママは赤ちゃんを褒めてあげます
  8. ⑤~⑦を繰り返します
  9. 慣れてきたら、「2回キック」と声をかけて叩く回数を増やします
  10. 2回キックが返ってきたら成功です

このゲームは何度も繰り返すことで、赤ちゃんがお腹の中からママの存在を理解し返してくれるようになるゲームです。
ママも赤ちゃんの存在を実感する良い機会となります。赤ちゃんによっては反応の時間が長くなったり短くなったりします。また、1回叩くと数回返してくる赤ちゃんもいます。慣れてくると、質問の返答や会話のお返事の代わりにキックをしてくれる赤ちゃんもいます。できる、できないで一喜一憂せず、それも個性だと思って楽しんで行ってください。

胎教に使えるアプリ

胎教に役立つアプリをインストールする妊婦

スマートフォンやタブレットの普及に伴い、胎教に使われるアプリも多く登場しています。こういったアプリは便利ですが、赤ちゃんにとってはママの声が一番です。スマートフォンやタブレットに依存し過ぎないように注意をしながら上手に活用してみてはいかがでしょうか。

すくすく胎教オーケストラ

すくすく胎教オーケストラの画像
出典:play.google.com

Androidアプリの案内

iPhoneアプリの案内

胎教に良いとされるクラッシックを収録され、アプリで再生・停止を行えます。ママと赤ちゃんのリラックスタイムのおともにおすすめです。

読み聞かせ絵本アプリ【ブックる】

読み聞かせ絵本アプリ【ブックる】の画像
出典:play.google.com

Androidアプリの案内

iPhoneアプリの案内

プロの声優の読み聞かせが収録され、音をオフにするとママが読んであげることもできる楽しい絵本アプリです。童話や昔話はママも懐かしいものがありますよね。赤ちゃんが生まれてからも使えるアプリです。

胎教の効果は?赤ちゃんとママへのメリット

胎教を行いリラックス中のママ

「胎教をして天才児を育てる」といったフレーズを聞いたり見たりすることがあります。胎教にまつわるグッズも数多く販売され、どれを選ぶべきか悩むママも多くいますが、実際に胎教を行うとどのような効果が得られるのか紹介します。

赤ちゃんへの胎教の効果として挙げられるもの

科学的な根拠はありませんので、参考程度に考えましょう。胎教するとこんな良いことがあるんだ!とママがポジティブになるための材料と捉えてもいいでしょう。

機嫌がよく、笑顔をたくさん見せてくれる子に育つ

ママが妊娠中にリラックスしていた子は、産まれてからも情緒が安定している子が多いそうです。そのため、夜泣きが少なく、普段から機嫌よく過ごし、人見知りの少ないニコニコした周囲に愛される子に育つと期待されています。

体や言葉の発達が早い

ママからたくさん話しかけられた赤ちゃんは、発育が良く、ハイハイや歩きはじめの早い子が多いと言われます。また、産まれてからの言葉の発達が早く、早い時期から言葉のコミュニケーションをとれるようになります。

赤ちゃんの脳に刺激となる

脳科学において、ママの声を聴いたお腹の中の赤ちゃんは心拍数が上がると言われ、ママの気持ちも伝わると言われています。そのため、ママがリラックスして聞いた音楽やママの声で聴かせてあげる絵本は赤ちゃんにとって刺激となり、発育を促すとされています。

ママにとっては産まれてからの語りかけの練習

最近は少子化や核家族化が進み、赤ちゃんをどう扱って良いのか、接したら良いのか分からないというママが多くいます。困った時に助けてくれる存在が近くにいないことはママにとって大きな不安とストレスとなります。
妊娠期間中に話しかける癖をつけることで自然と声を出すことができるようになり、赤ちゃんとのコミュニケーションもスムーズに行える傾向にあります。すると、赤ちゃんのお世話も楽しく行えるようになります。

効果には他にも「安産になる」などもありますが、胎教の効果には科学的根拠はありません。先輩ママ達に効果を聞いても「効果はよく分からない」と返答するママも多いです。
しかし、やってよかったかと質問すると「やらないよりはやった方が良い」という答えが多く上がります。これは、胎教を行ったことでママ自身がリラックスできて、ストレスの多い妊娠期間中に気分を落ち着かせて過ごすことができたと実感したためです。
妊娠期間中のママの体は女性ホルモンのバランスは大きく変化し、身体的もお腹が大きくなったり、シミが増えたりと変化が多く、情緒的にも不安定になりがちです。そんな時に、胎教をすることで「ママになるんだな」という自覚を持てることも効果の1つと言えます。

優秀な子、天才児に育つのか

ピアノが大好きな才能溢れる男の子

「せっかくなら優秀な子がいいな」とママは少なからず考えます。勉強はできないよりはできた方がいい、子育てはできれば楽がいいと思うことは当然かもしれません。「お腹の中にいるうちから教育すれば天才になる」と言って英語の胎教CDをかけるママも多いことでしょう。
しかし、ママの声は聞こえても外界の音まではっきりと聞き分けられるほどお腹の中は静かではありません。ママの脈や心臓の音、胃や腸の消化する音などが混ざっているため雑音でいっぱいで赤ちゃんは聞こえていないという説が有力です。

そして、胎教用の英語CDの多くは単調で大人にとっても飽きやすい物が多いので、リラックスとは遠くなってしまいます。お腹の中にいる時だけ頑張ったり、ママがムキになり過ぎたりしては意味がありません。ゆったりと楽しめる程度の英語を聞き、ママが口ずさむくらいの気軽な英語との触れ合いと思ってください。

胎教はいつから始める?良いタイミングとは?

胎教をやってみたいけれど、いつから始めるべきか悩みますよね。
赤ちゃんは妊娠5ヶ月頃から耳が聞こえるようになるとされています。耳が聞こえるようになるタイミングで始めるママや胎動を感じ始めてから始めるママなどがいます。ママ自身が「始めたい」と思った時にスタートすると無理なく楽しく続けられます。

ママだけでなくパパにもお腹に顔を近づけて「おはよう」「おやすみ」などの日常の挨拶からスタートし、耳の発達する妊娠7ヶ月頃から徐々に絵本や音楽を聞かせてあげると赤ちゃんにも伝わりやすいです。

赤ちゃんの聴力の発達と新生児聴覚スクリーニング検査
赤ちゃんの聴力の発達と新生児聴覚スクリーニング検査
赤ちゃんの月齢別の聴力の発達と入院中に行われる新生児聴力スクリーニング検査について、目的や検査の方法、費用や再検査を中心に解説します。また難聴と診断された場合の療育についても解説します。

胎教でママと赤ちゃんの絆を深める

胎教と言うと、どうしても「教育」と思いがちですが、赤ちゃんとのコミュニケーションだということを忘れないでください。
ママのお腹の中は心地よくて、ふわふわ、ゆらゆらとした中で聞くママの声。赤ちゃんの事を想って話しかけてくれる優しい声を聞くだけで安心感に包まれる赤ちゃんの姿は想像するだけでも幸せな気分になることでしょう。

妊娠期間中は、食事や運動など色々なことに注意を払って、たばこや騒音など妊娠前に比べ周囲に対しても神経質に過ごしがちです。ママがイライラしている気持ちは赤ちゃんにも伝わります。
1日のうち数分でも赤ちゃんとの時間をゆったりと落ち着いて過ごすだけでも、ママはリラックスでき赤ちゃんも落ち着いた気持ちになるでしょう。

医学的根拠や効果がある、ないに関わらず、そんな素敵な時間を過ごした赤ちゃんとママは強い絆で結ばれていると思えることが大切です。長いようで短い妊娠期間をぜひ楽しんでください。