Loading

妊婦が焼肉を食べる場合の注意点

妊婦は焼肉を食べても大丈夫?安心して食べるための注意点

妊婦さんは焼肉を食べてはいけないと言われる理由と、実際に食べる場合にはどのような点に注意すれば食べても安心なのかについて解説します。また、特に注意すべき食材や、体重管理に役立つ肉の部位別カロリー、妊婦さんと焼肉にまつわるジンクスについても紹介します。

妊婦は焼肉を食べても大丈夫?安心して食べるための注意点

妊婦は焼肉を食べてもOK?食べる時の注意点は?

あれは食べちゃダメ、これもやっちゃダメ…お腹の赤ちゃんのためとは言え、妊婦さんには食事や行動範囲に制限がたくさん。辛かったつわりがやっと終わったと思ったら、今度は体重管理が待っています。
そんな体重管理のため食べ物に気を使う妊娠中、妊婦さんが「たまには思いっきり食べてみたい!」と思うものの代表格が焼肉。食べたいものをお腹いっぱい食べたい!お肉!焼肉が食べたい!そんなふうに思ってしまうことってありませんか?

ですが、「妊婦が焼肉を食べるのはよくない」なんて話を聞いたことがあり、躊躇している方もいるでしょう。しかし、妊婦さんの焼肉が絶対ダメということではないのです。
今回は、妊婦さんが焼肉を食べてはいけないといわれる理由と食べる際の注意点を解説します。また、妊婦さんと焼肉にまつわる意外なジンクスもご紹介します。

妊婦が刺身や寿司を食べるとき注意したい魚の摂取量目安
妊婦が刺身や寿司を食べるとき注意したい魚の摂取量目安
妊婦さんが刺身や寿司を実際食べる場合に注意する点、食べる量に注意したい魚介の種類や摂取量の目安の他、妊婦さんでも比較的安心して食べられる魚の種類や自宅で魚を調理する場合の注意点などにも触れていきます。

妊婦が焼肉を食べちゃダメといわれる理由

「妊婦さんは焼肉を食べちゃダメ」と言われることがあるのは一体どうしてなのでしょう?

抵抗力が弱くなっているため、食中毒にかかりやすい

生肉には、トキソプラズマ、リステリア菌、カンピロバクターといった、食中毒の原因となる有害な寄生虫、微生物、ウイルスなどが多く存在しています。また、牡蠣やハマグリといった二枚貝にはノロウイルスも生息しています。

焼き肉が生で食中毒にかかった妊婦

これらの寄生虫や微生物、ウイルスは、加熱することでほぼ死滅するのですが、焼肉は「少しレアなくらいが美味しい」と、十分に火を通さずに口にしてしまうことも多く、微生物やウイルスを意図せず体内に取り込んでしまいます。

妊娠中は普段よりも免疫力、抵抗力が弱くなっているため、ほんの少しの量でも下痢やおう吐、発熱などを引き起こすこともありますので注意が必要です。また、体力の低下やストレスなどで、自分でも思いのほか胃腸が弱っていることがあり、胸やけ、胃もたれなどの消化不良を起こすこともあります。

トキソプラズマ感染での重篤化のリスク

生肉に様々な寄生虫、微生物、ウイルスが存在しているのは先ほど触れた通りですが、中でも気をつけたいのが「トキソプラズマ」という寄生虫です。妊婦健診でトキソプラズマの抗体検査を受けた方も多いのではないでしょうか?

トキソプラズマは、健康な人が感染した場合、多くの場合は無症状で、感染したことにも気がつかないことがほとんどです。何か症状が出るとすればリンパ節の腫れや発熱、筋肉痛などの風邪のような症状ですが、一度感染してしまえば免疫ができるため、大抵は知らないうちにトキソプラズマの抗体を持っています。

しかし、初めての感染時に、著しく体力や免疫力が低下している場合、まれに症状が重篤化することがあります。そして、それが妊婦さんの場合、なによりお腹の赤ちゃんへの影響が心配です。

母体の症状は大したことがなくても、胎盤を経由してお腹の赤ちゃんに感染し、先天性トキソプラズマ症を生じる恐れがあります。妊娠の時期にもよりますが、重篤化すると水頭症や視力障害などが生じる可能性もありますから、生焼けの焼肉などからも感染が考えられるトキソプラズマには注意が必要です。

トキソプラズマと猫

自宅でネコを飼っている場合もトキソプラズマの感染に注意が必要です。
ペットのネコのトキソプラズマ検査をし、未感染だった場合は室内飼育に切り替えトキソプラズマを持っていた場合はネコちゃんのお世話を家族にかわってもらうなど対策しましょう。

ビタミンAの過剰摂取の可能性

妊娠中は、バランスよく栄養を摂ることが重要ですが、動物性由来のビタミンA「レチノール」の過剰摂取には注意が必要です。妊婦さんが1日に摂取しても大丈夫とされているレチノールの量は600μg
ところが、焼肉のメニューでよく見る牛や豚、鶏のレバーや鶏ハツには、この目安量を大きく上回る量のレチノールが含まれています。レチノールは、摂取量が多い場合体内にとどまってしまい、赤ちゃんに水頭症や高唇裂、口蓋裂などが生じるリスクを高めてしまいます。

食べる量や部位に気をつければそこまで神経質になる必要はありませんが、リスクの高いメニューは極力避けるなど、気をつかった方がいいでしょう。

体重増加が心配

メニューにもよりますが、焼肉はほんの少し食べたつもりでもことのほかカロリーが高く、食べ過ぎによる体重増加も心配です。妊娠中、過度に体重が増加すると、お腹の赤ちゃんにも良い影響はありません。

焼き肉を食べた後も体重管理を欠かさない妊婦

体重が極端に増加し太りすぎた結果、産道に脂肪がつき、出産時に赤ちゃんがスムーズに出てくることができず、難産となる可能性がある他、妊婦さん特有の様々な合併症を引き起こすことがあります。「妊娠糖尿病」「妊娠高血圧症候群」がその一例です。

太りすぎて血糖値が高くなることによってリスクが生じるのが「妊娠糖尿病」です。母体の血糖値が高くなるとお腹の赤ちゃんも高血糖で太り気味になりやすく、出産時に4000gを超える巨大児となる場合もあります。
また、体重が増えることで血圧が上がり「妊娠高血圧症候群」を引き起こした場合、母体の血液の流れが悪くなるため、栄養や酸素が十分に赤ちゃんに届かず、早産や未熟児の原因となってしまう場合もあります。

一度や二度の多少のカロリーオーバーに気をもむ必要はありませんが、体重の増えすぎが与える妊婦さん自身、赤ちゃんへの影響には注意を払いましょう。

臨月の体重増加は何kgまで?理想的な体重にするためのコツ
臨月の体重増加は何kgまで?理想的な体重にするためのコツ
臨月の体重増加を理想的な目安の体重に戻すコツを紹介します。臨月になると食欲が増し体重も増える傾向ですが食欲を抑える方法、むくみ対策など胎児に影響がなく難産になり難い体重管理についてです。

妊婦が焼肉を食べる時に気をつけること

注意さえすれば、妊婦さんでも赤身やホルモンなどの焼肉は食べられるのです。では、具体的にどのようなことに気をつければよいのでしょうか。

レア、生焼けはNG。お肉はよく焼いて!

まず、一番気をつけるべきは「食中毒」と「トキソプラズマ」です。これは、お肉をしっかり焼くことで予防できます。普段なら新鮮なお肉は多少レアな状態で食べてしまいがちですが、妊娠中は生焼けはNGです。トキソプラズマは加熱することで死滅しますから、十分に火を通してから食べてください。

肉の生焼けを逃さないアツアツの網

また、トキソプラズマは生肉だけでなく、猫の糞などを介在するケースもあります。畑の土などを経由して猫の糞に接してしまう可能性もゼロではありませんから、お肉だけではなく、野菜についても極力生野菜は避けたいものです。
どうせ食べるなら対策は万全にして気持ちよくいただきましょう。

トングや箸の使い方にも注意!

細かいことですがトングやお箸、お皿の使い分けにも気を配りましょう。せっかくお肉をよく焼いて食べようとしても、生肉を触ったトングやお箸で焼いたお肉を取り分けてしまうと、生肉に付着していた菌が焼いたお肉についてしまう可能性もあります。

焼肉の煙に悪影響はないが、タバコの煙には要注意

焼肉の煙が赤ちゃんに悪い影響があるのではないかと気になるママもいるでしょう。結論から言うと、焼肉を焼いているときにもくもく出る煙自体は特に問題ありません。

お店によって異なりますが、無煙タイプのホットプレートを使っていたり、席ごとに煙を吸い取る換気扇が完備されていたりするお店も多いので、そこまで神経質になる必要もないでしょう。
ただ、妊娠中の体はデリケートですので、籠った空気で気分が悪くなったりしないように体調には注意しましょう。

しかし、もう一つ心配な「煙」があります。妊婦さんや赤ちゃんに良くないのは「タバコの副流煙」です。最近は外の飲食店でも分煙や禁煙のお店が増えていますが、焼肉屋さんについては分煙されておらず喫煙可能なお店が比較的多い印象です。
お腹の赤ちゃんへの影響も考えて、事前にリサーチの上、分煙か禁煙の対策がなされているお店を選んで行くほうが安心です。

レバーのビタミンA(レチノール)の含有量は1日の上限を軽く超えている

お肉や野菜をよく焼くことに気をつければ、焼肉屋さんのたいていのメニューは妊婦さんでも問題はありませんが、レバーの食べすぎには注意です。

レバーの栄養価を知り驚愕した妊婦さん

レバーは妊娠中に必要な鉄分を多く含んでいますので、年配の方などの中には食べろ、食べろ、と進めてくる方もいるかもしれません。

しかし、過剰摂取するとお腹の赤ちゃんへの影響が心配なビタミンA(レチノール)も多く含まれています。鉄分の摂取はほうれんそうや小松菜などの野菜や海藻からも可能ですので、レバーは避けるようにするくらいでも良いかも知れません。

レチノールを多く含む食材(100gあたり)

・鶏レバー:14000μg
・豚レバー:13000μg
・牛レバー:1100μg
・あん肝: 8300μg
・鰻(肝):4400μg
・鰻(蒲焼):1500μg
・ほたるいか: 1500μg

レチノールを多く含む食材の例を挙げてみましたが、鶏レバー、豚レバーの含有量は群を抜いていることがわかると思います。

厚生労働省によると、妊婦さんの1日のレチノールの必要量は2000IU(600μg)、1日の上限は5000IU(1500μg)とされています。鶏レバー、豚レバーをはじめとして、いくつかの食材は100g食べるだけでも、一日の上限を軽く超えてしまうことになりますから、食べすぎにはくれぐれも注意しましょう。

なお、「妊婦さんは鰻を食べてはいけない」と聞くこともあるかと思いますが、これもレチノールの含有量の問題です。しかし、鰻を毎日食べる人はまれですよね?一度食べてしまったからと言ってすぐに悪影響がでるわけではないですし、あくまでも問題は「過剰摂取」です。
夏場の妊婦さんなどが、夏バテ防止のために、家族で丑の日に鰻を食べる程度は気にする必要はないと思いますよ。

キムチなどの刺激物はほどほどに!

焼肉屋さんでついつい箸が止まらなくなってしまうキムチなどの辛いものや刺激物はほどほどにしておきましょう。
普段は辛いものが得意な人でも、妊娠中は体が敏感になっていますから、キムチの辛さが胃腸に負担をかけ、消化不良や胃もたれを起こしてしまったり、便秘や痔に悩む妊婦さんは、排便の際の刺激で悪化させてしまうこともあります。

妊婦には刺激が強い辛めのキムチ

また、キムチなどの辛いものは思いのほか塩分が多いものです。食べすぎると妊娠高血圧症候群を引き起こす原因となってしまうこともありますので注意が必要です。

ちなみにキムチは発酵食品で、腸内環境を整えてくれる乳酸菌が多く含まれています。塩分の摂りすぎには注意が必要ですが、適度な量を取り入れるようにすれば、妊娠中の便秘や下痢のお悩みにも効果的です。
キムチや刺激物がまったくダメ、というわけではありません。過剰な摂取を避け、適量を楽しむようにしましょう。

体重管理はしっかりと、焼肉前後の食事で調整を!

普段、体重コントロールのために気を使っている妊婦さんでも、ストイックになりすぎてストレスをためてしまうより、たまに息抜きで食べたいものを食べてもいいと思います。普段我慢している焼肉が食べたくなるときだってありますよね?

ただ、くれぐれも食べすぎには注意。焼肉を食べる前後で食事量や栄養面を調整するなどして、体重をキープできるようにしましょう。
頑張ってきた体重コントロールが台無しになってしまいますから、間違っても、好きなものを好きなだけ食べちゃう、なんてことのないようにしてください。

サラダや野菜の盛り合わせ、野菜スープなどを上手に組み合わせながら、少ない量でも満足できるように工夫してみるのもいいでしょう。また、焼肉のメニューの中にも、カロリーが高いものとヘルシーなものがありますから、頭の片隅に入れておくといいかもしれません。

お肉の部位別カロリー(100gあたり)

・牛編
バラ 517kcal
サーロイン:498kcal
タン:269kcal
ヒレ(和牛):221kcal
みの:182kcal
ヒレ(輸入):133kcal
※焼肉メニューの「カルビ」はバラ肉を指す場合が多い。


・鶏編
もも(皮付き):253kcal
むね(皮付き):244kcal
もも(皮なし):138kcal
むね(皮なし):121kcal
ささみ:114kcal


・豚編
バラ:434kcal
ロース:263kcal
ヒレ:115kcal

妊娠中は食欲が増してしまう傍ら、お腹が大きいため思うように動くこともできず、体重が気になり好きなものも食べることができない、とストレスをためてしまう妊婦さんも多いことでしょう。
けれども、体重、体重、とストレスを溜めるばかりではなく、食べるときは食べる、抑えるときは抑える、とメリハリをつけて毎日を乗り切りましょう。

「たまに」と決めて、焼肉を食べたり、揚げ物を食べたりするのはいいと思います。
その分、普段から散歩やヨガを取り入れたり、毎日の食事は和食を中心にし、野菜を積極的に取り入れるなど、妊娠中の体重増加をゆるやかにする工夫を心がけていけるとよいですね。

妊婦と焼肉の意外なジンクス!焼肉を食べると陣痛が起こる?

「妊婦さんは焼肉は食べちゃダメ」という声がある一方、妊婦さんたちの間でささやかれるまことしやかな噂。「焼肉を食べると陣痛がくる」なんて話、あなたは聞いたことがありませんか?

焼き肉を食べると陣痛が起こるジンクスを信じる妊婦

焼肉の他にも、カレーを食べると良い、とか、焼肉と栄養ドリンクで翌日陣痛がくる、など様々な噂があります。焼肉やカレーのカロリーで体力がついて陣痛がくる、栄養ドリンクに含まれるカフェインで興奮して陣痛を呼ぶ、などが理由のようですが、正直、これらの説に医学的な根拠はないのが実際のところです。

たまたま焼肉やカレーを食べたり、栄養ドリンクを飲んだ後に陣痛がきた妊婦さんの話に尾ひれがつき、いつの間にか広まった「ジンクス」と考えた方がよさそうですね。これと同様に、正産期前に焼肉を食べたとしても、陣痛がきて早産になってしまう、なんてこともありませんので安心してください。

臨月のお腹の張りや痛み・気をつけたい陣痛の特徴・対処法
臨月のお腹の張りや痛み・気をつけたい陣痛の特徴・対処法
臨月のお腹の張りや痛みは多くは出産が目前に迫ったサインですが中には至急病院に連絡したい症状も。陣痛の特徴や痛みが強いときの対処法を解説。臨月のお腹の張りは痛みの間隔がバラバラでも油断は禁物です。

焼肉を食べられるのは今のうち!?

出産後はなかなかゆっくり外食もできなくなります。特に焼肉は、煙も多くホットプレートがあるなど、赤ちゃんや小さい子供を連れて行くのは難しい外食の一つと言えるでしょう。

ずっと厳しい体重管理に耐えてきたご褒美。出産に向けた体力作り。妊婦さんによって理由は様々ですが、「焼肉を食べると陣痛がくる」というジンクスとは関係なしに、出産前に焼肉を食べる妊婦さんも多くいます。

食べすぎて胃もたれや消化不良を起こしてしまったら身もふたもないですが、体調が良ければ今のうちに食べておこう、という考え方もありますね。

注意すれば大丈夫!妊婦さんでも焼肉を楽しもう

妊婦さんが焼肉を食べるときの注意点やジンクスについて触れてきましたが、我慢せず、焼肉を食べてみてもいいかな?という気持ちになったでしょうか?

行動範囲や食事に制限が多く、ストレスがたまりがちな妊娠中。時には好きなものをお腹いっぱい食べることで気分もリフレッシュできるかもしれません。「妊婦さんは焼肉は食べちゃダメ」という声や「焼肉を食べると陣痛がくる」という噂を気にして焼肉を躊躇していた妊婦さんも、「よく焼いて、食べすぎない」を頭に置きながらマタニティ焼肉にチャレンジしてみてくださいね。