Loading

妊婦が電車に乗る時の正しい対応

妊婦が電車に乗る時に気を付けたいトラブル対応やマナー

妊婦さんが電車に乗車する時に気を付けたいトラブルやマナーを紹介します。お腹が辛くて座りたいけど座れない、優先席を譲ってもらえずイライラするなど妊娠中に電車に乗る時にありがちなトラブルから、トラブルの対処法やマナーを守り気持よく電車移動するためのコツです。

妊婦が電車に乗る時に気を付けたいトラブル対応やマナー

妊婦さんが電車に乗るときに気をつけたいこと

妊娠中の電車の利用はとても気を使いますね。自分の身体に対しても、周囲の乗客に対してもそうです。普段、当たり前のように過ごしていた車内もなんだか少し緊張したりしますね。
急に体調が悪くなったらどうしようとか、人に押されたりしたらどうしようなんて不安や心配が尽きません。

また妊娠さんだけが特別なのではなく、ほかにも事情がある人はいくらでもいます。
そのため妊娠中だからといって大きな顔して過ごすことも出来ず、なかなか優先席に座れないこともあります。
妊婦さんが電車に乗るときの注意点を紹介します。

乗車するときの危険と対策

電車でとなり町まで買い物に出かける妊婦

電車に乗るときは満員電車に乗らなければならない時や、乗車中急停車してバランスを崩し危険な目に遭うこともありますよね。
駆け込み乗車をする人に押し入られお腹を押されることもあります。妊婦さんということに気が付かず優先席に座れないときもあります。

このような電車利用におけるトラブルが発生した場合には、どう対処したら良いでしょうか?また、トラブルに遭遇しないようにするためにどうすれば良いのでしょうか?

電車トラブルのよくある例

  • 満員電車や掛け込み乗車によって、お腹を押されたり電車から押し出されたりとても危険な状況でのトラブル。
  • 急な体調の変化によって、立っていられなくなり吐き気を催してしまうというトラブル。
  • 座りたくても座れないときに周囲からの視線が悲しい。
  • マタニティーマークに気付いてもらえずに席を譲ってもらえない。
妊婦さんの旅行におすすめの北海道~沖縄の人気マタ旅プラン
妊婦さんの旅行におすすめの北海道~沖縄の人気マタ旅プラン
妊婦さんの旅行におすすめ北海道から沖縄までの人気のマタニティプランを紹介します。妊婦さんが安全に旅行できる時期や飛行機に乗れる期間などマタ旅で必要な情報をまとめているので是非御覧ください。

電車トラブルの対策と正しい対応

  • 空いている時間を選んで乗車すること。
  • 女性専用車両などを利用すること。
  • 時間に余裕をもって外出すること。
  • 妊娠中は体調にどんな変化があってもおかしくありません。電車を1、2本遅らせても大丈夫なようにスケジュールに余裕をもって行動しましょう。
  • 急な体調の変化に対応出来るように持ち物を万全にすること。とくに初期はつわりの症状が著しく現れる妊婦さんもいますから、何が起きても大丈夫なように持ち物を万全にしましょう。
  • また、具合が悪くなったら遠慮せずに周囲に申し出ましょう。
  • 立っているときは手すりやつり革につかまること。
  • あえて優先座席の前には立たないこと。
  • 体調に自信のないときは電車利用を控えること。
  • 妊婦だからという甘えのような感情を捨てること。妊婦だから優先してもらえるという意識を持たずに電車を利用した方がストレスや負荷がなく過ごすことが出来ます。
妊娠初期の旅行がタブーな理由・リスク回避のためできること
妊娠初期の旅行がタブーな理由・リスク回避のためできること
妊娠初期の旅行がタブーとされるのには妊娠初期の身体が長時間の乗り物移動や海外旅行の影響を受けやすいなどきちんとした理由があります。妊娠中の旅行についてNGの理由、安全のため気を付けることを解説。

妊婦さんのよくあるマナー違反

閑散としている海外の電車の車内

  • せっかく座席を譲ってもらったのにお礼の一言も言わずに当たり前のように座るなんてもってのほかですね。
  • 混んでいる車内にもかかわらず、座席に荷物を置いていること。妊婦だからと言っても大きな顔をして座ることがないようにしっかりとお礼を言いましょう。
  • 自分が優先されてしかるべきと思って、とにかく態度が大きいのはマナー違反に入ります。

周囲の人への思いやり

  • 周囲の妊婦を気遣う気持ちに対して「当然でしょ」という態度はマナー違反ですね。妊婦さん側からの気遣いも必要です。
  • 「マタニティーマーク」が見えるように座席の目の前に立たれると、すでに座っている乗客はその途端に居心地が悪くなるものです。座れないということを想定して、電車に乗ることがベストな気がしますね。
  • 気遣って優しくしたくても、本人が当然という態度をしていたら出来るものも出来なくなってしまうのが心情です。
臨月の過ごし方徹底解説!出産までの悩みや疑問を解決
臨月の過ごし方徹底解説!出産までの悩みや疑問を解決
臨月の過ごし方のまとめです。「外出は大丈夫?」「運動はしないほうが安全?」など臨月のママが気になる疑問や不安を解決します。可愛い我が子会える日までもう少し、楽しいマタニティライフを過ごしましょう。

席を譲って貰えたら感謝の気持ちで対応する

妊婦が乗りやすい車内がガラガラの電車

もし周囲の人に座席を譲ってもらったら、まずはお礼をしっかりと伝えましょう。「妊婦なんだから当然!」という気持ちは一切持たないことです。気持ちが伝わるのが大事なので、柔らかい表情とはっきりとした言葉で「ありがとうございます」と伝えられると良いですね。

譲って下さると声をかけてもらったら、遠慮せずに素直に「ありがとう」と言い、感謝の気持ちを持って座らせてもらうのが一番ですね。
また、どちらが先でも下車の際には会釈程度でも構いませんから感謝の気持ちを伝えることも大事ですね。

お互いが気持ちよく電車利用するためにも、最低限大切にしたいことです。
また、譲ってもらって当然という気持ちは持たないことです。
立ってでも移動するという覚悟をもって電車利用することが、効果的な電車の利用法と言えるでしょう。体調に自信のない時は電車利用を控えるという判断も重要ですね。

車内での心温まるエピソード

妊娠初期のつわりの時期は電車を利用することはとても辛く、お腹もまだペタンコなので周囲に気付かれ難く厳しい状況で乗車しなければなりません。
そんなときに、なにか察して気付いてくれたのは中高年女性でした。
ご自身の経験からもつわりで不調なことを察してくださって、座席を譲ってくれました。その時は涙が出るほど有難かったです。同じ女性ならではのことで嬉しかったです。

よく電車を利用する機会がありますがいつも譲ってくれるのは、若い男性だったりします。なかには中高男子学生のことも多くて驚くことがあります。日本の男性はまだまだ優しいなって思うことが多いです。

車内での残念なエピソード

その日は体調のあまりすぐれない日でしたので、優先席が空くのを待つ意味もあって優先席の前に立っていましたが、まだ若い男女には決して譲ってもらえませんでした。妊婦にも気付いているようでしたが、意図的に譲ってもらえなかったということがとても残念なエピソードです。

電車で嫌な思いをしたときは気持ちを割り切る

電車に乗るためにに駅のホームで待つ妊婦

妊婦さんが車内で嫌な思いをしたときは「割り切る」ことも大切です。
「なんであんなことをされなきゃいけないの?」とモヤモヤした気持ちになりストレスを感じることもあります。でもその感情はお腹の赤ちゃんには悪影響を与える可能性もあるため「まあ、いっか」の気持ちで軽く流しましょう

妊娠中も電車を気持ちよく利用するための注意点

電車の中で親切.にされてウキウキな妊婦

妊娠中に電車を利用する際に気持ちよく利用するコツは、優先席の前に立たないということです。優先席が満席のとき、目の前に立っても譲ってもらえないというのが現状と言えます。
悲しいですが妊婦だからというのは、あまり通用しません。

なかなか席を譲ってもらえないと「なんで?」とイライラしてしまいますが、こんなにイライラするぐらいだったら、あえて優先席の前には立たないということも気持ち良く利用するひとつのコツです。
また、座席を譲ってもらったらありがとうの気持ちを伝えることがとても大事ですね。

気持ちよく電車に乗るためには気遣いやマナーを忘れない

普通の人が電車を利用する時に比べて、妊婦さんが電車を利用するのは数倍も負荷がかかり大変なものです。体調の変化をよく見ながら利用することも気持ちよく電車利用するためには重要です。

妊婦さん自身も気持ち良く、また周囲の人も気持ち良く電車を利用したいものです。お互いの気遣いが生きるよう、妊婦さん自身の気遣いやマナーも重要視されます

また、マタニティーマークは優先されるべきマークではありません。
妊婦さん以外にも、電車利用する人の中には不調を訴える人や内臓疾患や目や耳の病気など一見分かりにくい疾患の人も大勢いるため、妊婦さんだけが優先されるべき優先席ではないと認識して電車を利用することがとても大切です。