妊婦のハーブティー

妊婦にハーブティーをおすすめしない理由

妊婦がハーブティーを飲むのは控えるのが賢明です。コーヒーや紅茶のようにカフェインを含んではいませんが、妊娠中の母体とお腹の赤ちゃんに全く影響を及ぼさないとは言い切れないことが分かっています。ハーブティーは、赤ちゃんが生まれて幸せいっぱいの時に楽しみましょう。

妊婦にハーブティーをおすすめしない理由

妊婦はハーブティーを飲んではいけないの?

妊娠中はコーヒーや紅茶を控えたほうが良いといわれます。それは、コーヒーや紅茶に含まれるカフェインが、母体とお腹の赤ちゃんに何かしらの影響を与えてしまう恐れがあるからです。

今回は、妊娠中のハーブについて考えます。ハーブティーは気持ちをおだやかにしてくれるので、妊娠中のイライラをしずめてくれそうなイメージがありますが、コーヒーや紅茶のように気をつけなければならない事があります。ぜひ、知っておいてください。

妊婦がハーブを摂らないほうがいい理由

ハーブティーを飲んでる妊婦さん

ハーブは、スーパーで簡単に手に入るので、お茶として飲むだけでなくお料理にも使われることが増えました。「妊娠中のイライラを何とかしたい」「荒れた肌をなんとかしたい」「冷え性だから」と、気軽にハーブを楽しんでいるママが多いかも知れません。

でも、ちょっと待ってください。国からハーブ摂取に関する注意喚起が発表されました。自己判断でハーブを摂取すると、母体やお腹の赤ちゃんに害を与えてしまう可能性が否定できないと言っています。ここでは、ハーブを利用する時に注意したいことをご紹介します(注1)。

ハーブはできるだけ利用しないほうが望ましい

ハーブは自然のものだから安心と思いがちですが、そうではない製品も販売されています。安全性が不確かだったり、少量であっても規制されている成分を含んでいるハーブがあります。素人には分かりにくい事なので、できるだけ摂らないようにすることが賢いママの選択といえるでしょう。

ハーブを摂る時はかかりつけ医に相談する

「少しおおげさじゃないの」と思ってはいけません。ハーブは、それぐらい摂る時には注意が必要なものなのです。ハーブ製品を摂ることで体調を崩してしまう可能性があります。摂りたいハーブがあるなら、「これを摂ってもいいですか」と、実際に摂りたい製品を持ち込んで確認してください。

ハーブを摂る時は信頼できる製品を選ぶ

厳格な品質検査を受けずに流通しているハーブ製品が多くあります。身体によさそうなうたい文句がパッケージに踊っていても、妊娠中のママやお腹の赤ちゃんに効果があると立証されているケースはほぼありません。聞いたことがないような製造販売会社の製品は選ばないようにしましょう。

ハーブは摂り過ぎない

もしも、摂ったことで具合が悪くなったら、すぐにかかりつけ医を受診してください。ハーブを摂る時は、使い方や使う量に気をつけましょう。くれぐれも大量に摂取したり、濃い状態で摂り過ぎないようにすることが大切です。

ハーブティーとは

ハーブティー

ハーブティーは、ハーブを乾燥させて、それを煮出すことで美味しくいただける飲み物です。カフェインを含まないノンカフェインの飲み物なので、妊婦でも安心して飲めるイメージがあります。

そのイメージの高まりとともに、ハーブティーを好む妊婦が増えてきました。カフェインが含まれるコーヒーや紅茶が妊婦によくない事が広く知られるようになったことで、それにかわり、気持ちをおだやかにしてくれて妊婦に有効な成分を含んでいるとうわさが広がり、ハーブティーの人気が高まってきたのです。

しかし、ハーブには、カフェインとは異なる妊婦によくない成分が含まれていて、飲む量や抽出する濃さにより、思いがけない作用を招いてしまう場合がある事はあまり知られていません。

厳しい品質検査をくぐりぬけたハーブが少ない事を知っておきましょう。ハーブティーを安心して楽しむには、ちゃんとした管理の元に販売されている製品を選ぶことが重要です。

「妊娠中はハーブティーを飲まない」という選択をするのもありです。妊娠中のママとお腹の赤ちゃんの健康を損ねるようなことになりかねない事態は、できるだけ避けることが肝要です。

ハーブティーの効果

ハーブティーを飲んでリラックスしている妊婦さん

ハーブティーにはたくさんの種類があります。それぞれが異なる特徴を持っていて、そのハーブティーを飲むことで、それぞれの効果を得ることができます。

ハーブティーを飲むときは、その効果を知ったうえで選ぶといいでしょう。気持ちが落ち着く、リラックスできる、肌がきれいになる、胃腸の調子を整えてくれる、冷えやむくみを解消してくれる、風邪の症状を和らげてくれるなど、様々な効果が期待できます。

飲んだからといって、すぐに効果が現れるわけではありませんが、「きっといい効果がでるはず」といい効果を望む期待感は、気持ちを前向きにしてくれます。そのことは、決して良くない事ではありません。

妊婦が飲んでもいいハーブティー

一日に2~3杯程度なら、妊婦さんが飲んでも大丈夫なハーブティーをご紹介します。飲みすぎには注意ですが、ちょっとした気分転換にはいいでしょう。

ローズヒップ

ローズヒップハーブティー

ローズヒップティは、バラの実で作ったハーブティーです。ビタミンCやビタミンAを多く含み、甘い香りと適度な酸味が楽しめることから、愛飲者が多いです。美肌効果が期待できるので、肌トラブルに悩んでいるママにおすすめです。

オレンジピール

オレンジピールは、乾燥させたオレンジの皮を使ったハーブティーです。ビタミンCを多く含み、誰からも好まれるさわやかな香りが特徴です。リラックス効果があるので、イライラした時やリフレッシュしたい時に飲むといいでしょう。

レモンバーム

飲むと長生きすると言い伝えがあるハーブティーです。気持ちをおだやかにしずめ、考え方を前向きに導いてくれる効果があります。発汗を促す作用もあるので、風邪気味のときに飲んでみてはいかがでしょうか。

ショウガ

身体をあたためてくれるショウガは、身体が冷えがちな妊婦さんにとって強い味方です。消化の働きを助け、便秘や下痢などの症状を和らげてくれる効果もあり、昔から生姜湯として親しまれています。料理にも使えるので、常備しておくと便利です。

妊婦が飲んではいけないハーブティー

妊娠中のママが飲んではいけないハーブティーがあります。代表的なハーブティーは、カモミール、アロエ、フキタンポポ、センナ葉、ロベリアソウ、サッサフラスなどです。子宮を収縮したり、腹痛を起こす原因となる可能性があります。好きであっても、妊娠中は摂るのを我慢してください。

気をつけて!思わぬ事態になることもある

「安産のお茶」として広く知られているラズベリーリーフティー。陣痛の痛みを和らげてお産が楽になると出産間近の妊婦さんに人気のハーブティーですが、妊婦がお産を進める目的で出産の前の週にラズベリーリーフティーを飲んだところ、生まれてきた赤ちゃんの顔や体に点状の出血が見られたという事例が報告されています(注2)。

もちろんラズベリーリーフティーとの因果関係は不明なのですが、一般的に妊婦に良いとされていて、多くの人が愛飲しているハーブティーであっても、何が起こるか分からないということを心に留めておく必要があります。

ハーブティーは産後に楽しむのがおすすめです

ハーブティーを飲んで笑顔の女性

ハーブは、紀元前の遠い昔から人に愛されてきました。近年の研究で体系化され、分かったその効能から医療でも用いられるようになっています。

しかし、分かっていないこともまだまだたくさんあります。一人の体ではない妊婦さんは、無理してわざわざ妊娠中のこの時期にハーブを摂取する必要はないでしょう。

あまり神経質になり過ぎるのも良くありませんが、何かあってからでは遅いです。無事に赤ちゃんが生まれ、その幸せをかみしめながらハーブティーを味わうようにしてください。

おすすめコンテンツ