妊婦さんの尿漏れトラブル対処法

妊婦さんが尿漏れしやすい理由&尿漏れトラブル対処法

実はあるあるトラブルな妊婦さんの尿漏れ!妊娠中の女性を悩ます尿漏れは大きくなった子宮に膀胱が圧迫されること、骨盤底筋群の筋力が弱まることを主な原因として起こり妊娠後期だけでなく妊娠初期や産後しばらくも尿漏れが起こる可能性はあります。ひとりで抱え込みがちな妊婦さんの尿漏れ対策とは?

妊婦さんが尿漏れしやすい理由&尿漏れトラブル対処法

妊婦の尿漏れはよくあることです!その原因は?

妊婦になると、あれよあれよと色々なトラブルが出てきます。便秘・肌荒れ・痔などと共によく見られる症状が【尿漏れ】です。尿漏れという言葉を聞くと、何だかとても恥ずかしい気持ちになる人もいるでしょうが、そのように思う必要は全くありません。なぜなら、妊婦にとって尿漏れは日常茶飯事だからです。

妊婦さんの尿漏れは、妊娠後期になると多くのママ達が経験する、ちっとも珍しくない現象。
今回は、妊婦の尿漏れの原因と予防法についてご紹介していきます。恥ずかしくて誰にも相談できないのなら、ここで対処法をこっそり習得しましょう。

現役プレママ・ママ達の尿漏れ事情

妊娠中の尿漏れに悩む女性

冒頭でもお話しましたが、妊婦さんの尿漏れは決して珍しいことではありません。妊婦さんの尿漏れトラブルは多くの女性がひとり抱え込みがちですが実は妊娠中よくあるトラブル!

ですが、こういったお悩みは自分から「私、尿漏れしちゃって~」とはっきり打ち明けられる人は珍しいでしょうから、なかなか自分だけで抱え込んでしまいがち。そういった面からたくさんのプレママ・ママ達が抱える悩みとなっているのです。

誰にも言えない・・・妊娠中の尿漏れのお悩みあるある

・くしゃみをした瞬間に、どうしても漏れてしまう。
・妊娠後期になったら、立ち上がるだけで尿漏れして困っている。
・尿漏れによってパンツが濡れるのが気持ち悪い。
・尿漏れって、もっと年を重ねてから悩むものだと思っていた。
・尿漏れ対策におりものシートを使っていたが、それだけでは間に合わない。

リサーチしてみると、くしゃみ・咳・あくび・鼻水を噛むとき・立ち上がるとき・歩き出そうとするときなど、何らかのきっかけがある瞬間に尿漏れをしてしまう妊娠中…。非妊娠時には尿漏れは中年~高齢者の悩みだと思っていたならなおのこと、妊娠して自分が尿漏れに悩むとは思いませんよね。

では、どうして妊娠中の尿漏れをしやすいのでしょうか?次の項目で、しっかりと確認していきましょう。

出産が不安で押しつぶされそう…気持ちが楽になる考え方
出産が不安で押しつぶされそう…気持ちが楽になる考え方
出産を間近に控え不安に押しつぶされそうな気持ちになるのは初産の人も経産婦のママも同じ!分娩時の痛みなどにマタニティブルーも相成って未知の恐怖を抱えてしまっている人が不安な気持ちを解消するには?

妊婦が尿漏れしやすい原因とは?

妊婦は、ハッキリと申し上げて【尿漏れしやすい】体質になります。それにはきちんとした理由があり、どうやらお腹の赤ちゃんが関係しているようなのです。
さて、妊婦が尿漏れしやすい原因について確認していきましょう。

原因1.赤ちゃんの成長と共に、膀胱が子宮に圧迫される

子宮に圧迫され頻尿の妊婦

最初は、本当に小さい受精卵。それが週数を重ねるごとに胎児として大きく成長し、9~10ヶ月後にはお腹の外でも十分生きていけるようにまでなります。その間、大きく成長していく赤ちゃんを包み、守り育んでいくママの子宮…。

子宮が大きくなると、当然周辺の臓器を圧迫していきます。特に影響を受けやすいのが、子宮の下に位置している膀胱で、妊娠経過が進んでいくごとに、大きくなっていく子宮の重みで強く圧迫されてしまい、尿漏れしやすい状態になってしまうのです。

だからと言って、もちろんずっと尿漏れしているわけではなく、普段は膀胱に尿が溜まってもきちんと筋肉で塞がれているので、ずっとおしっこが流れ出てしまうということはありません。
ですが、子宮に圧迫されいつもより尿漏れしやすい状態では、くしゃみや咳、立ち上がったときなど腹圧がかかるタイミングで、尿道を塞ぐ力よりも腹圧が強くなって意図せず尿が出てしまいます

原因2.骨盤底筋群が弱まる

お腹に赤ちゃんを宿すと、身体は赤ちゃんを育て、産むための準備を整えていきます。目には見えませんが、ホルモンもママ達の体内で変化しているものの1つ。

とくに「プロゲステロン(黄体ホルモン)」は妊娠中は非妊娠時よりも多く分泌され妊娠維持に必要不可欠な女性ホルモン。プロゲステロンは来たる出産に向けて、お腹の中で赤ちゃんを育み子宮を住み良い環境するという大事な役割があります。このホルモンは、子宮周辺の筋肉をも柔らかくするために尿道を塞ぐ役割を持つ骨盤底筋群も緩ませてしまうため、ママは尿漏れを引き起こしやすくなってしまうのです。

以上が妊婦が尿漏れを感じやすくなる主な2つの原因。正直言って、妊娠中の尿漏れはお腹で子供を育てている以上、仕方のないこと。胎児の成長と共に子宮が大きくなっていくことは当たり前ですし、またホルモンの分泌も自分で止めることは出来ません。

いつから尿漏れを感じやすくなる?

妊娠期間といっても10月10日あるわけで・・・具体的に妊婦さん達はいつごろ尿漏れを感じやすくなるのでしょうか?

多くの妊婦さんは、子宮が大きくなり始める妊娠中期~妊娠後期にかけて、尿漏れを経験します。妊娠後期になってだいぶお腹が目立ってくる時期には、もしかしたら尿漏れを経験しない妊婦さんを探す方が難しいのかもしれません。しかしながら、まだお腹が目立っていない妊娠初期から、尿漏れしてしまう人も少なくありません。これは子宮の成長による膀胱の圧迫が関係しているというよりも、プロゲステロンという女性ホルモンが子宮周辺の筋肉を緩ませているのが直接的な原因となります。

つまり、妊娠している限りいつでも妊婦さんは尿漏れの可能性があると言えるのです。

筆者も尿漏れに悩んだ一人・・・

妊娠中のトラブルに悩まされる女性

0歳と4歳の現役ママである筆者も、尿漏れには悩まされた経験があります・・・。
今となってみると、1人目より、2人目の方が、個人的には尿漏れの回数が多い印象を受けました。

妊娠7ヶ月で尿漏れを自覚

私が尿漏れを感じ始めたのは、妊娠7ヶ月の頃です。重くなってきたお腹を抱えて立ち上がるときや、鼻がムズムズしてくしゃみが出たときに、パンツが少し濡れるくらい尿漏れしてしまいました。
妊娠中はおりものの量も増えるので、最初は尿漏れということに気が付きませんでしたが、おりものと違って何かの拍子に・・・ということが多かったこと、また、周りにいるママ友たちから、妊娠中の尿漏れについてはいくらか情報を貰っていたために、特別ショックを受けることもなく「あ、コレ尿漏れだ」と自覚にいたりました。

「妊娠中は、ふとした瞬間に尿漏れするから、パッドを買った方がいいよ」「トイレが近くなるし、尿漏れするし面倒だよ」という話を周りから聞き、予備知識があったために、私にもいよいよ尿漏れトラブルが来たのか・・・という気持ちになったことを覚えています。

それくらい、妊婦にとって尿漏れトラブルは珍しくないことなのです。

妊娠7ヶ月目の変化。妊婦さんの健康管理と知っておきたいこと
妊娠7ヶ月目の変化。妊婦さんの健康管理と知っておきたいこと
妊娠7ヶ月は、安定期と呼ばれる妊娠中期の最後の月ですが、赤ちゃんの体も出産に向けて急ピッチで大きく成長を始めそれに伴い妊婦さんの体調も変化していきます。妊娠7ヶ月に知っておきたいこととは?

産後も尿漏れは続く・・・

実際に私が、尿漏れに悩まされる回数が多くなったのは産後でした。赤ちゃんを無事に出産して、子宮も小さくなっているはずなのにどうしてなのだろう?という気持ちがありました。
出産後は妊娠中のトラブルから卒業出来ると思っていたのに赤ちゃんを抱きかかえるときや、急いで家事をこなしているときなどに、尿漏れが頻回・・・。

恐らく、筆者の場合は骨盤底筋群の筋力が低下していたからだと思いますが、結局尿漏れに全く悩まなくなったのは、産後3ヶ月目の頃でした。

みんな尿漏れしたらどうしているの?

多くのプレママ・ママ達が経験する【尿漏れ】ですが、みなさんどのように対処しているのでしょうか?

多くの人が、尿漏れしたら生理用やおりもの用ナプキンを代用

尿漏れの解決策が思い浮かばない女性

尿漏れ対策用のナプキンも商品化されてはいますが、実際にはほとんどの人が生理用ナプキンやおりもの用のパンティライナーで代用している人も多くいます

かくいう筆者も尿漏れ対策用に、生理用ナプキンを代用していました。その理由は「わざわざ尿漏れ専用パッドを買うのが、もったいなく感じる」「妊娠前に購入した、生理用ナプキンが余っている」という手近なもので間に合わせておけばいいやと言う程度の安易なもので深い意味はありません。「とりあえず、あるもので対処しよう」という気持ちになる主婦の方も、多いのではないでしょうか?

やっぱり尿漏れには、尿漏れ専用品がイイみたい!

ほとんどの方が、尿もれ専用品ではなく代替品を使用していますが、やはり尿漏れには尿漏れ専用パッドがオススメ。生理用ナプキンは、さらっとした尿ではなくドロッとした経血のキャッチに特化したものですし、おりもの用パンティライナーは粘つきのある少量のおりもの対策に作られた商品です。

尿漏れ専用のナプキン(パッド)の吸収力はサラサラの尿に対応したものであること、尿独特の臭いの消臭についても考慮し開発されていますので、尿漏れに悩む人にとっては最適な商品です。

私は結局代替品で押し通してしまいましたが、実際に、おりものシートでは受け止めきれない量のときもありましたので、やはり尿漏れには尿漏れ専用パッドが安心ですね。

生理用ナプキンの多い日少ない日に対応した様々な商品ラインナップのように、尿漏れパッドも程度に合わせて商品ラインナップが展開されています。

プレママ・ママは必見!尿漏れ予防法

妊娠中の尿漏れは仕方のないことなのは分かっているけれど、どうにかしたい気持ちも大きいですよね?そこで、尿漏れ予防法として【骨盤底筋を鍛えるエクササイズ】をまとめてみました。
妊娠中はなるべくお腹に負荷を与えないようにする方法、産後はしっかりと骨盤底筋を鍛える方法をご紹介しますので、きちんと確認するようにして下さい。

妊娠中に骨盤底筋を鍛えるケーゲル体操

ケーゲル体操を勉強中の妊婦

妊娠中は出来るだけお腹の赤ちゃんへの負担を少なくしながら、骨盤底筋を鍛えていきましょう。
一番簡単な基本の体操をご紹介しますので、毎日継続しておこなうようにして下さい。

骨盤底筋を手軽に鍛える、ケーゲル体操

  1. 座りながらでも、立ちながらでも大丈夫。好きな姿勢を取ること。
  2. 3~5秒ほど、膣と肛門をキュっと締める。
  3. 締めた後には、緩める。
  4. 5~10回ほど、この動きを繰り返す。
  5. 基本的には、空いた時間に行えばOK。朝と晩に数セットおこなう。

お腹の張りがある場合は無理をしないで!

産後に骨盤底筋を鍛えるエクササイズ

次にご紹介するのは、産後に骨盤底筋を鍛えるためのエクササイズです。産前はもちろん、産後も無理はしないで、ご自分の体調に合わせておこなってください。

産後に骨盤底筋を鍛える!初級編

  1. 仰向きに寝る。
  2. 足は肩幅に開いて、両ひざは軽く曲げて立てておく。

体は硬直せずに、常にリラックスした状態を心掛ける。

  1. 腹部・足・腰に力が入りすぎないように意識しながら、10秒ほどかけて膣にじっくりと力をいれておく。
  2. そのまま30秒ほど力を抜いて、リラックス。
  3. 締める→緩めるのサイクルを10回ほど繰り返す。

出産してすぐは痛みや疲れもピークの状態なので、骨盤底筋を鍛えるエクササイズはおすすめできません。産後は、無理な運動をすることなく体力回復に努めるようにして下さい。
悪露がなくなり、痛みや疲れなど総合的に体調が回復したら、少しずつエクササイズをおこなっていきましょう。

骨盤底筋はどのくらいで戻る?

妊娠中の骨盤底筋の筋力低下が、産後すぐに回復するわけではありません。順調に日常生活が送れるようになれば、約2ヶ月で回復していきますが個人差も出るところなので、無理のない範囲で盤底筋回復エクササイズを進めていくことが大切です。

出産間近の尿漏れに注意!

妊娠後期になると、子宮の重みによって膀胱が圧迫されて、尿漏れを引き起こしやすくなってしまいます。しかしながら、出産を間近に控えた妊婦さんにとって心配なのが、尿漏れと見分けがつきにくい「破水」。

通常は「破水は大量の生ぬるい羊水が流れ出てくるのですぐにわかるよ~」とされますが、稀に高位破水と言って尿漏れのようにちょろちょろと羊水が流れ出てくることもあります。
尿漏れが日常茶飯事になってくる妊娠後期では、高位破水を「尿漏れかな?」と勘違いしてしまうケースも十分に考えられるのです。

破水と尿漏れの違い

破水と尿漏れの違いを考える妊婦

いざというときに慌てないために、破水と尿漏れの違いについて理解しておきましょう。
破水のときに出てくる液体はいうまでもなく羊水。色は無色透明から黄色っぽく、無臭か少しの生臭さがあるようです。自分の意識とは別に流れ出てしまうので、止めることは出来ません。

一方で尿漏れは、ただ単に膀胱が圧迫されて尿が出ている状態。尿独特のアンモニア臭と、尿なら自分の意思である程度止めることが出来るはずなので、この2点が判断ポイントになります。
とはいっても、正直どっちからわからない!と言うことも多いかもしれません。かかりつけの産婦人科に連絡をして、判断を仰ぐようにして下さいね。

また高位破水かも知れなくても、慌てる必要はありません!急激に動かないように注意し、出産予定の産婦人科に電話しましょう。大きめのバスタオルを用意しておくと安心です。

臨月の外出を安全に!出産目前・破水や陣痛への備えと準備
臨月の外出を安全に!出産目前・破水や陣痛への備えと準備
臨月に外出はどこまでの範囲の外出なら安全か、外出時の注意点とは何か?外出先で破水や陣痛がはじまったらどうすれば良いかなどの解説と出産する前にしておいたほうが良いことを説明します。

妊婦の尿漏れはよくあること。気にしすぎないで

尿漏れで悩んでいた気持ち、少しでも軽くなったでしょうか?妊婦さんだけではなく、産後のママ達も悩んでいた尿漏れ。確かに少し恥ずかしいかもしれませんが、尿漏れは数ある産前産後トラブルのうちの1つです。無事に分娩が終わって普通の生活に戻れば、徐々に骨盤底筋も強くなって尿漏れしにくくなってきます。
赤ちゃんが無事に産まれることを最優先に考えて、あまり深刻に悩まないようにしましょう。

おすすめコンテンツ