Loading

妊娠中の頭痛の理由と解消法

妊娠中の頭痛の原因&解消/妊婦の頭痛薬との付き合い方

妊婦さんを悩ませる妊娠中の頭痛。主に妊娠初期から始まる偏頭痛と、妊娠中期から始まる緊張性頭痛の2種類あります。頭痛の原因や対処法がわかれば、普段の生活の中で予防法を実践して頭痛を軽減させられるかもしれません。薬は飲んでもいい?という妊婦さんの悩みにもお答えします!

妊娠中の頭痛の原因&解消/妊婦の頭痛薬との付き合い方

妊娠中の頭痛の原因と対処法・薬は飲んでもOK?

妊娠すると妊婦さんの体には様々な変化が起こります。あまり知られていませんが、妊娠中の身体の変化が頭痛を引き起こし、妊娠中頭痛に悩まされてしまう妊婦さんも。妊娠中には限りませんが、ひとくちに頭痛といっても、程度によっては毎日の生活がつらく、日常生活に支障をきたすほどの痛みに悩まされる方もいます。

とくに妊娠中は、自分の体と相談しながら日常生活の中で取り入れられる頭痛解消法を試して少しでも快適な妊婦ライフを過ごしたいですよね。薬はおなかの赤ちゃんに影響が出ないか心配する方も多いでしょうが、頭痛がひどくてつらいときは、医師に相談をして薬を処方してもらうのもいいでしょう。

今回はつらい頭痛の原因や対処法をご紹介していきます。処方薬を飲むときの注意点なども合わせて解説します。

妊娠中の頭痛の主な原因

妊娠中の頭痛に悩む女性

妊娠中に起きる頭痛には、ホルモンバランスの変化や血行不良など、妊娠によって起きる体の変化が原因でおきるものもあり、今まで頭痛持ちではなかったのに妊娠してから頭痛に悩ませられる人もいます。

自分の頭痛がどのような原因で起きているのか把握すれば、痛みを和らげる対処法も立てられやすいので、どのような原因で起きているのか、頭痛が起きる前の体の状態はどのようなものだったか、体の声を聞いてみましょう。

妊娠中の頭痛、2大原因!

妊婦さんが悩まされる頭痛は「偏頭痛」と「緊張性頭痛」のどちらかであることがほとんど。これら頭痛の原因は「ホルモンバランスの変化」や血行不良による「肩こりや腰痛」ですが、「偏頭痛」と「緊張性頭痛」野ずつ解消法はそれぞれ異なるため、間違った対処法は痛みを助長させてしまうこともあります。

偏頭痛の原因

偏頭痛は寝不足や天候の変化でも起こりますが、妊娠した途端に悩まされることが多い偏頭痛の原因には、妊娠初期に大量に分泌される黄体ホルモンが関係している可能性も考えられます。黄体ホルモンは生理前にも分泌量が増加するので、生理前に頭痛になる女性もいます。

黄体ホルモンは、着床した受精卵を守るために子宮内膜を柔らかくしたり、血管を広げて血液循環を良くする働きがありますが、拡張した血管の周りには神経があるので、脈打つ度に神経を圧迫しズキズキした頭痛を感じるようになります。偏頭痛は吐き気を伴う場合もあります。

緊張性頭痛の原因

一方で緊張性頭痛の原因は血行不良や肩こりが関連していると考えられます。
妊娠中なら、段々と大きなったおなかをかばう姿勢が体のバランスを崩して肩こりや腰痛を招くと、血行不良が生じて緊張性頭痛につながってしまいます

その他の妊娠中に起こる頭痛の原因

片頭痛に苦しむ女性

ホルモンバランスの変化や肩こり・腰痛以外にも、貧血、脱水、疲労など、食生活やライフスタイルなど、頭痛を引き起こす要因には様々なものがあます。

妊娠高血圧症

妊娠高血圧症の人が持続的な頭痛を感じる場合は、妊娠高血圧症の症状が進んでいる可能性があるために要注意です。血圧が高いときに頭痛を感じる場合、必ずかかりつけの医師に相談しましょう。

妊娠高血圧症にかかってしまうと、子宮や胎盤を流れる血液が滞ってしまい、酸素や栄養がしっかり届かなくなってしまいます。妊娠高血圧症を重症化させると妊婦さんやおなかの赤ちゃんに影響します。定期検診は欠かさずに通い、急激な体重の増加やむくみに注意しましょう。

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)とは?症状と予防&対処法
妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)とは?症状と予防&対処法
妊娠高血圧症候群とは数年前まで妊娠中毒症と呼ばれていた病気ですがかかるとママや赤ちゃんにどのようなリスクがあるのか、食餌療法などの治療法や妊娠高血圧症候群発症のリスクを下げる生活の注意点を解説。

貧血

おなかの赤ちゃんを育てるために、妊娠中はたくさんの鉄分を必要としています。鉄分が不足してしまったときに鉄欠乏性貧血を起こしてしまうと、それによって頭痛が発症することがあります。貧血を防ぐには食生活を見直すことから

肉や魚などに多く含まれるヘム鉄は効率よく吸収できるため、鉄の吸収率をより高めてくれるビタミンCと一緒に毎日とるようにしましょう。

脱水

吐きづわりになってしまったとき、嘔吐があまりに頻繁に起こるなら水分不足になってしまうことも!このとき脱水が原因で頭痛の症状が現れることがあります。炭酸水、スポーツドリンク、氷など、飲みやすいものを見つけておくといいでしょう。

妊娠悪阻とつわりの違い・辛い妊娠悪阻を防ぐための対処法
妊娠悪阻とつわりの違い・辛い妊娠悪阻を防ぐための対処法
妊娠悪阻という病気は、つわりと異なり自らの努力では完治が難しいと言われています。それどころか、妊娠悪阻は段階的に悪化していくため早期に対応すべき疾患だと言えます。

疲労

妊娠中は普通に生活しているだけでも体に負担がかかっています。疲れがたまったり、睡眠が浅くて疲れをしっかりとれていないことで頭痛につながることがあります。
眠る前にはスマホやパソコン、テレビを見ることは避けて目や脳をしっかり休め、熟睡してしっかり疲れを取ることを心がけましょう。

妊娠中の頭痛の対処法

頭痛の対処方はどのようなときに、どんな痛みを感じるかによって異なります。自分が感じる痛みに合わせて、様々な対処法を試してみてもいいでしょう。頭痛が和らぐ方法を見つけて、少しでも快適な毎日を過ごしたいですね。

あなたはどちらのタイプ?偏頭痛と緊張性頭痛の特徴

妊娠後期に差し掛かる女性

頭痛の対処法は「偏頭痛」と「緊張性頭痛」では全く異なります。例えば偏頭痛のポイントは冷やすこと、緊張性頭痛の対策は温めることであるため、逆の対処法をしてしまうと頭痛が悪化してしまうこともありますし、偏頭痛と緊張性頭痛を併せ持つ頭痛タイプもあります。
まずは、自分がどちらのタイプの頭痛なのかを知ることが頭痛対策の第一歩と言えます。

妊娠初期~後期まで続く:ズキズキする偏頭痛

妊娠初期から感じる頭痛でも、最も多いのが偏頭痛。偏頭痛はこめかみが「ズキンズキン」や「ガンガン」といった鋭い感じの痛みが脈に合わせて偏頭痛が起こります

女性ホルモンの一つである「黄体ホルモン」の分泌量が増えることが偏頭痛の原因のひとつですが、この黄体ホルモンは血管を広げる働きがあって広がった血管が神経を圧迫されて頭痛が起こるために、妊娠初期から後期まで長く頭痛に悩まされてしまうケースもあります。黄体ホルモンは生理前にも分泌量が増えるため、ホルモンバランスの変化によって頭痛が起こる人の多くは妊娠前から頭痛に悩む人が多いのが特徴です。

ひどいときは目をあけるのもつらく、吐き気を伴う場合があります。痛みは一定の時間をおいて起こったり止んだりします。

偏頭痛には兆候がある?

偏頭痛には兆候を感じることもあり、頭痛の起きる30分~数時間前に「閃輝暗点(せんきあんてん)」と呼ばれる症状が現れることがあります。これは目の前にチカチカと光が現れ、目の前にあるものの中心部ぶんがぼやけて見えにくくなるものです。その他にもあくびの頻度に違和感を感じたりや肩こり、首のこりを感じることもあります。

妊娠中期~後期に多い:ギューと締め付けられる緊張性頭痛

妊娠中期以降に感じることが多い頭痛は、「ギュー」と締めつけられるような痛みを感じる「緊張型頭痛」です。肩こりや腰痛などによって血流が滞るときに起こります。特に妊娠中期から後期にかけて徐々に乳房やおなかが大きくなっていくので、それに引っ張られて頭痛を引き起こします。痛みは持続的に続き、毎日のように起きるのが特徴です
緊張型頭痛は貧血による鉄分不足で起こっている可能性もあります。

妊娠中の偏頭痛を和らげる方法

妊娠初期の頭痛に悩むOL

偏頭痛の対処法は拡張した血管を収縮させることです!つまり痛みを感じる場所を冷やすことで症状を幾分か和らげられます。
妊娠中の頭痛はつらく、おなかの赤ちゃんや自分の体を考えて、できるだけ薬を飲まない方法で改善したいと考えている方も多いので、ここでは生活の中に簡単に取り入れられるような頭痛解消法をご紹介します。

こめかみや首の後ろを冷やす

偏頭痛の対処方法は血管を収縮させることがポイントです。頭痛を感じるときは、血管が拡張して周囲の神経が引っ張られることで痛みが起きやすいので、痛みを感じる部分を冷やして血管の拡張を抑えることで痛みが改善されます。

アイスノン、冷やしタオル、熱さまシートなどを使い、時間をかけてゆっくり痛みを感じる箇所を冷やすようにしましょう。急激に冷やしたり、長時間冷やし続けたりするのではなく、少し冷やしたら間隔を置いてまた冷やすというように、症状が和らぐまで穏やかに冷やします。

部屋を暗くして安静にする

頭痛中は大きな音や光に敏感になります。明るい場所や騒音が頭痛を悪化させる原因になっていたり、痛みがひどくいつもより音や光に過敏になっていると感じたときはカーテンを閉める、間接照明の優しい光に変える、といった方法で暗めにした部屋で安静にしましょう
音があまり聞こえない静かな部屋を選ぶのもポイントです。しっかり休みたい場合はアイマスクをするのもおすすめです。

コーヒーを飲む

コーヒーに入っているカフェインには血管を収縮させる効果があるため、少しだけコーヒーを飲んでみると痛みが改善されることがあります

ですが、コーヒーや紅茶に含まれる渋み成分タンニンは妊娠中に必要な鉄の吸収を妨げるため、毎日たくさん飲んでしまうのは好ましくありません…。
また、鉄は妊娠中特に大切な栄養素の一つでもありますから、特に貧血がない場合に1日に1杯程度の摂取に控えましょう。普段あまりコーヒーを飲まない方の方が効果を感じられる可能性は高いです。

妊娠中のカフェインなぜだめ?胎児への影響と1日の許容量
妊娠中のカフェインなぜだめ?胎児への影響と1日の許容量
妊娠中のカフェインのとりすぎは、赤ちゃんの成長を遅らせ、母体の貧血を招く恐れもあります。1日の摂取量の目安やカフェインを多く含む食品を知っておきましょう。妊娠中におすすめの飲み物も紹介!

チョコレートやチーズを控える

偏頭痛は食生活を変えることで予防できるという研究結果もあります。
頭痛を引き起こしやすい食べ物はチョコレートやチーズ。これらの食品には「チラミン」という成分比較的多く含まれていていますが、このチラミンが体内に蓄積させると血圧を上昇させて偏頭痛を引き起こすことがあります。
チョコレートやチーズが大好きでよく食べているという方は、食べる量を抑えてみましょう。

妊娠中の緊張性頭痛を和らげる方法

コーヒーを少しだけ飲む女性

緊張性頭痛は血行不良が原因となっていると考えられています。偏頭痛の対処法とは反対に、痛みのある部分を温めて血流をよくしてあげることがポイントです。お風呂やストレッチ、マッサージなどで体をしっかり温めてあげましょう。

お風呂にゆっくりと入る

緊張性頭痛に最も効果的な改善方法はぬるめのお風呂にゆっくりと入ることです。
血管を緩める効果が期待されるので、血流がよくなり頭痛の痛みが緩和されるでしょう。痛みがひどいときは、お風呂の中で頭から首、肩にかけてマッサージをするのも効果的です。

妊婦は温泉に入れる?時期や泉質や感染症は?人気旅行プラン
妊婦は温泉に入れる?時期や泉質や感染症は?人気旅行プラン
妊婦の温泉入浴は可能なのか理由を解説します。妊娠中の入浴はいつからいつまで、おすすめの泉質や感染症について、安全に入浴するための注意点、おすすめのマタ旅プランも紹介します。

ストレッチ・マッサージ

デスクワークなど仕事中に同じ姿勢を長時間継続しなければならない方は、特に緊張性頭痛を感じやすい環境にあると言えるでしょう。そんな妊婦さんにおすすめしたいのがストレッチやマッサージです。1日2~3分程度でいいのでストレッチやマッサージを行うと、血流がよくなって頭痛の症状が軽くなるでしょう。
適度な運動を行って体を温めるのも効果的です。深呼吸をして酸素を取りながら行いましょう。

鉄分を補う

緊張性頭痛は鉄分不足が原因で起こることもあります。特に妊娠中はおなかの赤ちゃんに栄養を運ぶため、妊婦さんは鉄分が不足しがちなので、鉄分を多く含んだ食事を心がけることが大切です。

鉄は吸収率がよいヘム鉄と、ほうれん草など植物性の食品に多く含まれる非ヘム鉄があります。非ヘム鉄の吸収率があまり良くない理由には、食物繊維やタンニンに影響されてしまうこともあります。ヘム鉄は煮干し、干しエビに多く含まれます。

鉄はサプリメントで補うこともできますが、サプリメントの鉄剤は、吸収しにくい非ヘム鉄であることも。サプリメントで補う場合は「ヘム鉄」を選ぶなら良いかもしれませんね。つわりなど食事で貧血が改善されない場合は、産婦人科で鉄剤を処方してもらえることができるので、つらい場合は医師に相談をしましょう。「鉄欠乏性貧血」と診断されると鉄剤を処方してもらえます。

タンニンに注意

コーヒー、紅茶、緑茶などのカフェインの入った飲み物はリラックス効果はあっても、これらに含まれるタンニンが鉄の吸収を妨げるために、妊娠中に貧血を指摘された場合は摂取を控えましょう。コーヒー好きには物足りなさはあるかも知れませんが、妊娠中の貧血対策にはタンニンの少ないルイボスティーや麦茶などを利用するようにしましょう。

頭痛に効くツボ

頭痛を和らげたいときにはツボ押しも効果的です。頭痛に効果的な3つのツボがあります。それは頭の頂点にある「百会(ひゃくえ)」、うなじ近くにある「天柱(てんちゅう)」、肩の中央にある「肩井(けんせい)」です。ツボ押しは血行を良くすることが目的なので、リラックスしているときやお風呂上がりに行うと効果的です。

妊娠中は頭痛薬を頼っちゃダメ?薬との付き合い方

ストレッチで身体を動かす女性

症状を軽くしたいけど、薬を飲むとおなかの赤ちゃんに影響が出そうで心配…と感じている妊婦さんは多いでしょう。しかし妊娠中でも、服用できる痛み止めや解熱剤もあります。
頭痛や発熱の症状が出てしまったときに、「妊娠中だから薬は絶対に飲んだらダメ」と我慢することが必ずしも良いとは限りません

ですが、鎮静効果のある成分には赤ちゃんに影響を及ぼす成分も多いのは確かな事実。薬は妊娠初期の赤ちゃんに影響が出る印象もありますが、鎮静成分によって妊娠後期に避けるべきものもありますので、頭痛薬の服用は独断で行うべきではありません。
頭痛持ちの人は妊婦健診のときに、普段自分が使っている市販薬等を持参して相談しておくと安心です。

アセトアミノフェンは安全?

妊婦さんが服用しても良い成分に鎮静効果の弱いアセトアミノフェンがあります。妊娠中でも比較的安全とされる頭痛薬のひとつ、カロナールはこれを主成分としますが妊娠後期には影響を及ぼしてしまうことも。また、アセトアミノフェンを主成分とする市販される頭痛薬にはノーシンがありますが、やはり医師に相談してから服用したいですね。

アスピリン系・イブプロフェン

反対にアスピリンが含まれている頭痛薬はNG。妊娠16週未満には服用を絶対に避けるべき頭痛薬です。
市販薬にはバファリンAなどがあります。
鎮痛成分の代表格といえるほどよく聞くイブプロフェンも赤ちゃんへの安全性は不透明と言えます。

とりあえず市販の鎮痛薬…はダメ!

「病院に行く時間が取れない」「すぐになんとかしたい」など特別な事情がある場合、市販の薬を服用したいと思うこともあるでしょう。ですが、上記の理由より自己判断で市販薬を服用してしまうのは厳禁です!鎮痛薬を購入するときは必ず薬剤師(理想は医師)に相談してから選ぶようにしましょう。

薬剤師に選んでもらったといっても、長い期間続けて服用してはいけないといった注意点もあります。薬を服用するときには本当につらいと感じたときにだけ、用法、用量を守って服用しましょう。

妊娠中のつらい頭痛は生活スタイルを見直すチャンス!日常の中から改善しましょう

偏頭痛は生活習慣や食べ物などで痛みが起こることもあります。同じ痛みが何度も起きている方は、どんなときに痛みが起きているか自信の日常を観察することで痛みの予防対策につながります。頭痛を感じたら生活スタイルを見直すいい機会だと捉えましょう!

おすすめコンテンツ