妊娠したときの初診

妊娠したら初診を受けよう!費用と検査内容体験談15

妊娠した後に受ける初診についてまとめました。初診を受ける適切なタイミング、初診にかかる費用や検査内容、病院に行くときの服装、持ち物など、知りたい情報がいっぱいあります。どうしていいのか分からず一人で悩んでいる人は参考にしてください。

妊娠したら初診を受けよう!費用と検査内容体験談15

妊娠の初診はいつ行くといいの?費用や検査内容も知りたい!

妊娠したかもと思ったら、まず初診を受けましょう。本当に妊娠をしているのかどうかを確定させる必要があるからです。初めて妊娠をした人はちょっと怖いかも知れませんが、初診は受けない訳にはいきません。

妊娠後の初診は、いつ頃行くといいのでしょうか。どんな検査をするのか、また、初心を受けた時に払う費用はどのくらいなのかも気になります。今回は、そんな妊娠をしたかもと思ったときの気になる初診について紹介していきます。

妊娠確定の初診を受けるタイミング

妊娠に覚えがある人もない人も、初診を受けるタイミングは早めの方がいいでしょう。初診のタイミングが早すぎると、妊娠が確定しているかどうか分からないので「もう一度来てください」と言われてしまうとか、妊娠しているかどうか悶々と悩み続けることになるので精神的に良くないとか言われていますが、初診を遅らせると出産のリスクが高まることが考えられます。

体調が悪くて頭を押さえる女性

体験談では、風邪かなと思い、自己判断で市販の風邪薬を飲んでしまうと、お腹の赤ちゃんに悪い影響を与えてしまうかも知れない危険性が挙げられていました。子宮外妊娠などの異常もないとは言えません。初診が二度手間になるのは面倒という考え方もいいですが、お腹の赤ちゃんとママの身体の安全は何物にも代えがたいです。妊娠したかもと思ったら、早めに産婦人科を受診してください。

妊娠の初診にかかる費用はどれくらい?

寄せられた体験談では、多くの人が5,000円前後の初診費用を払っています。しかし、中には15,000円ほど払ったと語ってくれた方がいることから、かかる産婦人科によって初診の費用には違いがあるという事を理解しておく必要があります。

これからお世話になる産婦人科は、前もっていろいろと調査しておいた方がいいでしょう。理想の出産を託すわけですから、「こんな病院で産みたいな」と思える産婦人科を選ぶべきです。費用の面だけでなく、出産に対する考え方や設備も合わせて調べておくと安心です。

妊娠の初診検査内容は?

女性の腕から血液を採取する看護師

妊娠の初診検査は、不安で不安で仕方がないという人も多いでしょう。ここでは、体験談で寄せられた妊娠を確定させるための初診に行う検査をまとめました。子宮がん検査などを実施するなら、さらに費用がかかります。

  • 問診
  • 身長体重、血圧の測定
  • 尿検査
  • 内診
  • エコー
  • 血液検査

妊娠の初診検査におすすめの服装

妊娠を確定させる初診検査では、脱いだり着たりが簡単にできる服装がおすすめです。そのため、上は前開き、下はスカートがいいでしょう。また、血液検査がしやすいのは、ぱっと袖をめくりあげられるふわっとしたデザインです。検査をスムーズにするためにも、心に留めておいてください。

妊娠の初診検査にあるといいものは?

妊娠の初診検査に必ず必要なものは保険証です。他には、内診の時の出血に備えてナプキンが何枚かあると安心です。また、毎月の生理日や基礎体温を記したデータがあると、診断がより確実になります。そして、持って行くお金に余裕があると、心にも余裕がうまれます。初診が不安な人は多めの現金を用意しておくといいでしょう。

妊娠の初診検査体験談

エコー検査を受ける女性

ここからは、寄せていただいた妊娠の初診検査体験談をご紹介していきます。妊娠の初診検査を受ける前に、ちょっとした心構えを知っておくだけで心が休まります。赤ちゃんを望んでいる人は、先輩ママたちの体験談を参考に、今から少しずつ準備を始めておくといいでしょう。

初診のタイミングが早すぎた

りん(30代後半)


妊娠したかもと思ったのは、普段の生理前とは体の様子が違ったからです。乳首がものすごく敏感になってとても痛くて、これは生理前とはちょっと違う体感だな、と思いました。その後すぐに妊娠検査薬を使用して、陽性だということがわかりました。

すぐにでも病院に行きたくて病院に連絡したのですが、少しタイミングが早いということでまた10日後に来てくださいと言われました。初診時にかかった費用5200円でした。その時には問診や尿検査、内診を受けた記憶があります。

初診の時には慣れない環境ということで少し緊張してしまうと思いますが、出来るだけリラックスして欲しいです。内診の時は下着を脱ぐことになるので、パンツよりもスカートのほうがスムーズだと思います。

エコーで子宮を見てくれた

るあん(43歳)


いつもと違う体調の変化に「妊娠したかも?」と感じました。生理前は基本的に体がだるいのですが、だるさに加えて微熱感やめまい、動悸などもあり「風邪をひいたのかな?」と感じるほど体調が悪かったです。

それに、生理の予定日前後に少量の出血がみられたのです。「生理が来た」と思いきや、その後は全く出血しなかったので「おかしいな」と思いました。

定期的にくる生理が一週間程度遅れたので、ドラッグストアで妊娠検査薬を購入して試してみたところ「陽性反応」がみられたので次の日に病院に行きました。

初診時にかかった費用は6000円ほどでした。エコーで子宮の中を先生が見てくれ、胎胞があるのを確認して「妊娠」を確定されました。女性なら、誰しも妊娠したかもしれないという変化には気が付きやすいと思います。

また来てくださいと言われた

のあ(40歳)


私は長年、基礎体温表をつけていました。結婚して妊娠を望んでからもずっとつけていて、ある時生理予定日を過ぎても体温が下がらずに高温域をキープしていたのです。心当たりもあったので、妊娠を確信しました。

仕事をしていたので、次の土曜日に産婦人科にいきました。初診でかかった費用は3000円くらいだったと思います。

まず尿検査をして、次にお腹をエコーで診てくれました。その日は胎嚢という赤ちゃんの袋が小さく映っているだけで、まだ心拍は確認できませんでした。なので、また2週間したら来てくださいと言われました。

女性はだいたい生理が遅れて妊娠を予想するかと思います。早く知りたいと思う気持ちがあるかと思いますが、あまり早く行っても心拍が確認できないと妊娠確定にはならないので、生理予定日を過ぎてから2週間後くらいに初診を受けると妊娠確定がその場でできるのでオススメです。

エコー検査を受ける女性

血液検査をした

りず(36歳)


私は治療まではしていませんでしたが、妊娠を希望していたところでした。しかし、今月はタイミングも合っていなかったから妊娠していないなと思っていました。そんな時に生理が5日ほど遅れていることが気になりました。

ストレスから遅れることはあったので、またそれかなと思っていました。しかし、気になり妊娠検査薬を使うと陽性でした。ただ薄い反応だったのでダメかもと思い、病院へ電話をして見てもらうことにしました。

先生にその旨を話すと、血液検査をしましょうとの事で検査をしました。結果を待つ間、ちゃんと赤ちゃんが出来ているようにと祈るばかりでした。そして結果が出て、先生から「間違いなく妊娠しています」と言われたときに涙が溢れてきて止まりませんでした。

費用は約5000円くらいでした。初診はかなり緊張しますが、赤ちゃんを信じてあげてください。妊娠は奇跡の繰り返しです。

尿検査をしました

ちほ(20代後半)


生理予定日2日前に、とにかく気分が悪くて仕事中もエアコンが効いた事務所にいるのに暑くて仕方なくて、風邪を引いたかと思い薬を飲みたかったのですが、薬を飲む前に妊娠検査薬を使ってみたところ陽性でした。

病院に行くには早すぎるかもしれないと思ったのですが、生理予定日から1週間後に行きました。初診のときは5000円くらい費用がかかりました。

尿検査と血液検査、エコーをしました。産婦人科は保険が効かないところが多いので、初診のときは初診料を含めて10000円くらい持っておくと安心だと思います。

また、病院に行くのが早すぎると何も見えなくて、妊娠確定まで何度も病院に通わないと行けなくなるので、生理予定日から2週間後くらいに行くのがいいと思います。

気付いた時点で行く方が安心

ちびまま(27歳)


私が妊娠したかも?と思ったのは、割と穏やかな私ですが、今までにないくらいたいしたことでもないのにイライラしてしまったり、情緒不安定になったのがきっかけでした。生理は遅れてまだ3日ぐらいでした。

検査薬を使うにはまだ早いので、待ちきれない、不安な思いで生理が遅れて7日経つのを待ち、妊娠していることを検査薬にて確認しました。

その後、私は本当にしているのかなと不安な気持ちもあり、早すぎるかなとは思いましたが検査薬で確認後すぐに病院へ行きました。

生理予定日から約1週間後です。病院では、まず尿検査です。先生のところに行くと、「尿検査で反応が出ていますので間違いなく妊娠ですね、おめでとうございます」と言われました。

その後、診察台で赤ちゃんの袋を確認しました。あとは血液検査をしました。初診では1万5千円ほどかかりました。先生に診てもらってやっと妊娠したという実感と安心感を得られることができました。

早く病院へ行ってしまって、「また来週来て」なんて言われることもある為、妊娠に気付いて少し遅めに初診にかかるという人もいますが、気付いた時点で病院に行ったほうが先生に実際に診てもらえるので安心できると思います。

伝えたいことはメモしておくといい

akki(39歳)


妊娠を望んでいて、生理が遅れたので妊娠したかなと思い、薬局で妊娠検査薬を購入して、検査をしました。そうしたら、やはり陽性反応が出て、私はその一週間後に、産婦人科へ行きました。

初診にかかった費用は、大体4000円ほどでした。尿検査をしてから、先生が、膣から調べて、妊娠している事がわかりました。最初に、写真を見せてもらった時は、とても感動しました。

初診を受けるときは、不安と期待とで、とても緊張しますよね。事前に、いつから生理が遅れているかとか、妊娠検査薬をいつ試したかなど、先生へ伝えることを、メモしておいたりすると、焦らずにできるかなと思います。病院の印象も、しっかりチェックしておくといいと思います。

産婦人科で診断をうける女性

気楽に行ってみて

はる(38歳)


上の子を妊娠した時、私は生理の日にちがきっかり28日周期で来る体質だったためすぐに違和感を覚え、フライングで妊娠検査薬を試した結果、陽性の反応が出たのですぐに分かりました。

しかし、病院での妊娠検査はあまり早く行っても分からないかもしれないと思い、一週間後に予約を入れて行ってみました。

病院では尿検査と内視鏡検査を受けてすぐに妊娠が判明し、初診料は5000円ほどでした。初めての妊娠だったため、かなり身構えて病院に行きましたが、思っていたよりあっさりと終わったため拍子抜けしてしまいました。

これから初診を受ける妊婦さんは、まずは気楽に病院へ行ってみてください。産婦人科が初めての方も多いかもしれませんが、院内にオルゴールが流れていたり待合室に色々な雑誌が置いてあったりするので、待っている時間もリラックスして過ごせますよ。

ワンピースを着ていくといい

つくし(24歳)


私が妊娠に気づいたのは、生理の遅れと、食べてないと気持ち悪いという体調の変化からでした。まさかとは言いつつ、毎日気のせいだろうと思って過ごしていましたが、40日生理が来ていないのは流石に妊娠ではないかと思い、40日目に妊娠検査薬を使って陽性だったため、その日のうちに産婦人科に行くことにしました。

初診にかかった費用は大体2000円くらいで、尿検査を行い、それから内診をしてもらいました。私は全然気になりませんでしたが、気になる人は必ずズボンを脱ぐので、ワンピースを着て行くのがいいのかもしれません。

エコーを下から入れるので、初めは違和感が少しありますが、痛くはなくて怖くもないので、楽にしているのがいいと思います。

内診はいやだったけれど

えみりえ(37歳)


エコー検査の画像に映った黒い影

元々生理不順で2、3ヵ月来ないことも普通でした。しかしある日、生理がまだ来ていないことに気付いた瞬間、「妊娠した!」と直感しました。「妊娠したかも?」という疑問ではありません。

そして、すぐドラッグストアへ行き検査薬を購入。くっきりと青い線が浮かび上がりました。今思うと、突然乗り物酔いすることが多くなり、それが兆候だったかもしれません。

その翌日には病院へ。いつもはのんびり屋ですが、この時は自分でも驚く程素早く行動しました。初診は約4,000円でした。いわゆる内診があり、とても嫌だったのですが、「赤ちゃんのためだよ」という医師の言葉で受け入れることができました。

エコーで黒っぽい塊が見え、「これが赤ちゃんだよ」と言われた時の感動は忘れられません。初めての病院は緊張しますが、「赤ちゃんのため」です。大丈夫。あなたはもうお母さんですから、「赤ちゃんのため」に頑張れますよ!

早く受診した方がいい

いまい(30代後半)


私は計画して妊娠したのではありませんでした。毎月生理はとても順調でしたが、前回の生理がいつだったのか記帳などしていませんでした。

気付いたら胸が張っていて、明らかに生理前のもとのは違っていました。そこから生理が遅れていることに気付きましたが、仕事がありすぐに病院には行けず、結局初診妊娠に気付いてから10日後くらいの7週目くらいでした。

そのため、初診から心拍が確認でき、すぐ母子手帳ももらいました。初診費用は尿検査とエコーと内診で5000円くらいでした。次回は、補助券使用で採血など色々検査しました。

妊娠が二十代後半でしたので、大きな問題もなく経過しましたが、今思うと、仕事が忙しいからといって、妊娠かもと気付いてから病院に診察に行くまで遅すぎたなと反省しています。

子宮外妊娠などあるので、生理予定日から一週間後に妊娠検査薬で検査し、陽性反応出たらなるべく早く病院受診したほうがいいと思います。

風邪だと思って市販薬を飲むのはダメ

くろみ(26歳)


元々妊娠を希望していたというのもありますが、突然、前触れもなく急に吐き気とダルさに襲われ、また微熱があった為、市販の検査薬で調べてから3日後ぐらいに近くの病院に行きました。

初診の費用は、検査薬で事前に調べてから診てもらったので6500円でした。事前に調べないと、検査代と吐き気止めなどの薬は別途かかりました。

初診は、内視鏡をいれ赤ちゃんがいるかどうかの確認で、エコー写真も貰えました。あと、区から貰える母子手帳などの受取方の説明をされました。

妊娠したかもと思ったら、とりあえず病院に行くべきです。ただの風邪と思って市販の薬を飲むのは危険です。元気だったのに急に体調を崩したらまず妊娠を疑い、検査を受けてください。

病院に行き、先生にちゃんと「○○何周目です」と言われ、エコー写真を見せられると若干ですが、赤ちゃんがいるんだなと実感が湧いてきます。

妊娠検査薬とエコー画像

内診は痛くない

ねぎたま(20代前半)


私が妊娠したかもと思った理由は2つあります。1つ目は、不順ではないはずの生理が遅れていたことです。そして2つ目は、生理が来るはずの時期に、胃腸炎かと思うような吐き気やだるさが数日間続いたことです。

もしかしたら妊娠初期症状ではないかと思い、生理予定日の約1週間後に妊娠検査薬を使ったところ、陽性反応が出ました。そして、その翌日に病院へ行き、妊娠が発覚しました。

病院へ行くまでの間は、初診料はいくらかかるのかということや、検査内容がどのようなものなのかということなど、不安なことだらけでした。しかし実際には、初診料は2500円で、思っていたよりも費用はかからず安心しました。

また、検査内容は先生からの問診と内診でした。内診は痛いと聞いたことがあったのですが、痛みはなく、1分程で終了しました。

病院で初診を受けるまでは、楽しみや喜びよりも不安なことの方が多いと思いますが、あまり一人で考え込まずに、勇気を出してすぐに病院で検査してみてください。それがお母さんにとっても赤ちゃんにとってもプラスになると思います。

初診は生理予定日の2週間後がいい

まるこ(30歳)


1人目の子を妊娠した時は、なんとなく妊娠かなとわかりました。理由はなんだか体調が悪く、気持ち悪い症状があったからです。

生理予定日を1週間過ぎた時に妊娠検査薬で陽性が出たので、早く確認したかった事もあり、その数日後に産婦人科に行きました。

ですが、あまりに早く行き過ぎたからか、まだ何も見えないと言われてしまい、また1週間後に来るように言われました。1週間後に行ったところ、赤ちゃんが確認でき、旦那と感動したことを覚えています。

気になっていた初めての検査は、尿検査と膣からスティック状の物を入れて見る超音波検査で、費用は3000円台でした。

インターネットなどには妊娠したかなと思ったら早めに産婦人科で受診するように書いてありますが、私のように早すぎてしまうと、二度手間になってしまいます。妊娠したかなと思ったら、生理予定日を2週間ほど過ぎてから行くことをおすすめします。

ある程度お金を持って行った方がいい

にゃん(35歳)


いつも通りに電車で通勤中のことでした。朝の満員電車で立っていたのですが、急に吐き気がしました。生理が遅れていたこと、覚えもあることから、その日は欠勤し、ネットで近くの産婦人科を調べて、電話予約を入れ、その日の午後にクリニックに初診に行きました。

初めてのことで、いろいろと緊張しましたが、穏やかで親切丁寧な先生に、安心して診察を受けることができました。初診にかかった費用は、5,000円前後だったと思います。

検査内容は、私の場合は自宅での検査薬は未実施だったため、まずは尿検査でした。そして、血圧測定、身長体重の計測、血液検査、問診、内診でした。

これから初診を受けられる妊婦さんへのアドバイスとして、生理の記録や基礎体温表をつけてる方は、それらを持参すると、より正確な妊娠週数が出てくると思います。

また、妊娠の可能性があるとご自身で自覚のある場合は、最終月経から5~6週目くらいに妊娠検査薬で先に調べておくといいと思います。

検査の際には実費となるため、現金をある程度持って行くことも大切です。いろいろと準備があると診察がスムーズで、精神的、身体的にも余裕を持って診察を受けられますよ。

おすすめコンテンツ