Loading

妊娠超初期の便秘はなぜ起こる?

妊娠超初期に便秘になる?原因と辛い便秘の解消法

妊娠超初期には便秘や下痢の症状があらわれることがあります。便秘や下痢をはじめとする妊娠の初期症状はどうして起こるのでしょう?また、それはいつから始まるのでしょう?その原因と、つらい便秘への対策などについて解説します。

妊娠超初期に便秘になる?原因と辛い便秘の解消法

妊娠超初期に便秘になる原因とは?辛い便秘の対処法

妊娠超初期に現れる症状のひとつに便秘があることをご存じですか?これは普通の便秘とは違って、生活リズムの乱れや水分不足が主な原因ではありません。

妊娠超初期には便秘の他、下痢の症状もあらわれることがありますが、これらはすべて妊娠成立後に活発になるホルモンの働きのせいなのです。
妊娠超初期症状のお腹のトラブルには、どのような原因と対策があるのでしょうか?

その便秘はもしかして妊娠のサインかもしれません

もともと便秘がちな方も、いつもは無縁な人も、妊娠による体の変化で便秘になることがあります。
気づけば便秘が続いている…。思い当たることもないのに、何故か下痢している…。そんなときは、妊娠の可能性を疑ってみてください。

妊娠による体の変化、下腹部への影響

ふくれっ面で妊娠について考える女性

妊娠が成立すると、女性の体の中では3つの女性ホルモンが劇的に変化していきます。
このホルモンは、妊娠を継続させるために子宮の収縮を抑制するなど、様々な働きをします。赤ちゃんを守るためだけでなく、ママのお腹の中で便秘になりやすい環境を作り出してしまうのも、このホルモンの作用が原因となっています。

生理の時と妊娠したときの下腹部痛の違い

実は妊娠の初期に下腹部痛を感じるのは、そうめずらしいことではありません。
生理前の腹痛と似ているため、妊娠していると思わない方もいることでしょう。でも、妊娠超初期におこる下腹部痛と、生理の下腹部痛は原因からして全く違うものです。

生理の際は子宮の収縮によって腹痛が起こるのですが、妊娠した際は子宮が大きくなろうとすることによって腹痛が起こるのです。
同じような場所が痛いと言っても、原因は全く反対であると言えるでしょう。

下腹部の張りは赤ちゃんを育てるために起こる

妊娠が成立すると、妊娠を継続させるために体の中の女性ホルモンがぐんぐん増加します。これらのホルモンの中には小さい赤ちゃんを育てるため、子宮を大きくしようと働く胎芽と呼ばれるものがあります。

赤ちゃんのお部屋が大きくなろうとすることによって、下腹部やお腹全体が引っ張られるような「キュッ」とした痛み、締まるような痛みが起こります。
感じ方は人によって変わりますが、お腹が引っ張られる、または突っ張るような感じが、妊娠初期に起こる下腹部痛の1つの特徴です。

いずれにしても、この痛みは一時的なものがほとんどで、継続的に続くものではありませんから、特に心配はいりません。どうしても不安だという方は、お医者さんに診ていただくと安心ですね。

便秘・下痢の原因はプロゲステロンが原因

便秘に悩む膝を抱えた女性

では妊娠すると、どうして便秘や下痢の症状が現れるのかと言いますと、それにもホルモンの働きが大きく関係しています。
妊娠が成立すると、女性の体は赤ちゃんを守るために働くホルモンをたくさん作って、妊娠を継続させようとします。このときに分泌されるホルモンのプロゲステロンと呼ばれるものが、便秘を引き起こすと言われています。

プロゲステロンは子宮の収縮を妨げる働きをしますが、腸の働きまで抑制してしまったり、水分を吸収してしまったりするので、結果、便秘になりやすい環境を作り出してしまうのです。
便秘、下痢の症状の他、おならが出やすくなったり、おしっこが近くなったりということもあるようです。

妊娠中の下痢|妊娠初期・中期・後期ごとの原因とは?
妊娠中の下痢|妊娠初期・中期・後期ごとの原因とは?
妊娠中の下痢の原因を初期・中期・後期ごとに説明し、赤ちゃんへの影響についても解説します。また、妊娠中の下痢への対処法と予防法、食中毒を防ぐために避けるべき食品や病院受診の目安についても紹介します。

水分不足ではない?慢性の便秘とは違う妊娠初期の便秘

元々便秘は男性よりも女性がなりやすいもの。
これには生理前のホルモンの影響もありますが、その他にも原因はあります。

  • 無理なダイエットや、運動不足などによる生活習慣
  • 男性よりもお腹の筋肉が少ないことで、腸が下がって働きが悪くなる
  • トイレを我慢しすぎて便意を感じるのが難しくなる
  • 冷えやストレス

ひとつの原因だけではなく、いくつかが重なって便秘が起こっている状態も多いです。

妊娠初期の便秘は妊娠0週から妊娠3週から

妊娠超初期の便秘対策を勉強する女性

妊娠すると起こる便秘はホルモンの関係が大きいということは、すでにお話ししました。
では妊娠が分かる前。可能性はあるけれどもしかしたら普通の便秘で生理痛かも?妊娠の初期に便秘になるって聞いたけれど、そもそもそれっていつからなったりするの?

そんな疑問がある方にお答えします。妊娠初期から起こる便秘は、妊娠超初期(妊娠0週から3週のあたり)から始まる可能性があります。

妊娠0週は最終月経の初日から数えますから、3週目はちょうど妊娠が成立したばかりの時期。
この頃からhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)と呼ばれる女性ホルモンが分泌されるようになり、これが便秘になりやすくなるプロゲステロンを作るのに一役買うのです。
つまり、女性ホルモンが増えてくる、妊娠が成立した後から、便秘になりやすくなると言えます。

妊娠初期の便秘の対処法

ホルモンが原因なら、もう妊娠してからの便秘は仕方がないものなのでしょうか?

積極的に水分補給を

便秘対策で水を積極的に摂る女性

一日に2Lが目標!

普段から便秘がちな人は意識されているかもしれませんが、まず水分補給が大事です。
妊娠中は汗をかきやすくなります。また、赤ちゃんに送る血液を作るために普段よりも多く水分を必要とするので、水分不足になりやすいです。このため、普段よりも一層意識して水分を摂ることが必要になってきます。

目標としては、出来れば常温以上の温度で、一日に2L。
水分を摂る際は、カフェインや糖分の入っていないものを選ぶことを忘れないでください。ただし、つわりで水もお茶も飲めない、という場合はこの限りではありません。飲めるもので上手に水分補給をするようにしましょう。

妊娠中のカフェインなぜだめ?胎児への影響と1日の許容量
妊娠中のカフェインなぜだめ?胎児への影響と1日の許容量
妊娠中のカフェインのとりすぎは、赤ちゃんの成長を遅らせ、母体の貧血を招く恐れもあります。1日の摂取量の目安やカフェインを多く含む食品を知っておきましょう。妊娠中におすすめの飲み物も紹介!

一度に取らずにこまめにとる

便秘に効果的な天然水

1日に2L摂ればいいのなら、朝食に1L飲んで、夕食に1L飲めばいい。と言うわけではありません。
一度に大量の水分を摂ってしまうと、胃酸が薄くなって消化に影響が出てしまったり、食欲の低下を引き起こしたりと困ったことも起きてしまいます。

出来ることなら1回にコップ一杯程度(100~200ml)を、こまめに摂取していくのが理想です。特に水分が不足しやすい起床時と、就寝前には意識して摂ることをおすすめします。

野菜やキノコから上手に食物繊維を摂りましょう

食物繊維たっぷりの朝食

水分補給も大事ですが、食べ物も見直してみましょう。

水溶性食物繊維

水に溶けてどろどろになり、便をやわらかくするものが「水溶性食物繊維」と呼ばれるものです。腸の粘膜を守る効果、善玉菌を増やす効果もあるため、整腸作用があります。

水溶性食物繊維の多い代表的な食品は

  • らっきょう
  • エシャロット
  • にんにく
  • ごぼう
  • オクラ
  • かぼちゃ
  • ほうれんそう
  • アボカド
  • ゆりね
  • 山芋
  • あしたば
  • にんじん
  • さつまいも
  • 納豆

などがあります。

不溶性食物繊維

便秘対策にぴったりの野菜や果物

水には溶けませんが水分を含むとふくらみ、便のかさを増して腸を刺激するのが「不溶性食物繊維」と呼ばれるものです。不溶性食物繊維を多く取ると、場合によっては便が硬くコロコロになることもあるので、水分も一緒に摂るようにしましょう。

快便の為には、食物繊維は水溶性1に対して不溶性2が理想と言われています。バランスよく摂取出来ると良いですね。

不溶性食物繊維の多い代表的な食品は

  • きくらげ
  • 干し椎茸
  • えだまめ
  • ブロッコリー
  • いんげん豆
  • ひよこ豆
  • あずき
  • とうもろこし
  • オクラ
  • ごぼう
  • かぼちゃ
  • おから
  • エリンギ
  • えのき
  • 切り干し大根
  • 小麦ふすま
  • アーモンド
  • こんにゃく

などがあります。

妊婦の体重管理のコツは?適正体重と体重増のリスク
妊婦の体重管理のコツは?適正体重と体重増のリスク
妊娠中の適正体重をキープする方法、体重増の妊婦さんと赤ちゃんへのリスクです。妊娠中は体調変化で変わりやすい体重ですが、太り過ぎ、やせ過ぎによる影響はあるのでしょうか。適正体重の正しい知識です。

ご飯が便秘に効く秘密

鍋で炊かれたほかほかのごはん

あなたの主食はお米ですか?それともパンですか?
ご飯に含まれるデンプン質は、食物繊維に似た働きをして消化を助けるということが分かっています。今パンをメインに食べていて便秘がちだという方は、まず手始めにパンをご飯に置き換えてみてはいかがでしょうか?

腸の働きを助ける作用は、熱々の炊きたてご飯より冷やご飯の方が大きいので、つわりで炊きたてのご飯が苦手な方にもうれしい話ですね。

腸を動かすにはちゃんと量を食べること

まず大切なのは食事と水分補給です。他にも改善できるところがないか、生活習慣を見直してみましょう。

妊娠超初期の便秘?普通の便秘?便秘薬は飲んでも大丈夫?

便秘が解消し少し元気になった女性

何日も便が出ないとき。便秘薬で出してしまえば楽なのですが、妊娠初期の段階で薬を服用するとなると、大丈夫だろうかと考えてしまいますよね。

普通の便秘のときならまだしも、妊娠している可能性があると分かっているのなら、薬を飲むことに抵抗があって無理はありません。しかし、いきみたいけれど、力一杯いきむのもちょっと怖い…でも便が出てくれないことには、お腹も張るし痛いし…。下剤を飲みたくなる気持ちもよく分かります。

でも、自分の判断だけで、安易に市販薬を使うのはやめましょう。
下剤が必要でしたら、お医者さんに伝えて処方してもらうのが一番安全です。産科のお医者さんが出してくれる薬は、赤ちゃんへの安全性を十分に考慮したものですので安心です。
もちろん、処方された下剤は使用量を正しく守って使わなくてはいけません。自分だけの考えで減らしたり、増やしたりするのはやめましょうね。

ホルモンの働きによって子宮が大きくなろうとするときの、お腹が張るような痛み。生理痛の痛み。通常の便秘の痛み。これらを区別して判断するのはむずかしいものです。
妊娠を考え始めたら、基礎体温をつけるなどして小さな変化にいち早く気づけるよう、心を配りましょう。便秘になったから、とすぐ便秘薬を手に取る前に、お腹に手を当てて考えてみる、というようなことが必要かもしれません。

注意したい便秘のときの症状

不正出血があるとき

不正出血があり不安が募る女性

妊娠初期の頃に出血があったり、腹痛が収まらなかったりするときは、危険なサインのことがあります。
妊娠初期の頃に起こる出血は必ずしも危険というものではなく、案外問題のない場合も多いものです。とはいえ、出血が確認出来た際は、お医者さんに相談した上で、適切な判断を仰ぐべきでしょう。

下腹部痛、腹痛がひどいときは

出血がある、ないに関わらずひどい腹痛が続くというときや、時間とともに腹痛がひどくなるときは、なるべく早くお医者さんに診てもらいましょう。
少しでもおかしいな、いつもと違うなと感じることがあれば、かかりつけ医に相談するのが一番です。危険に早く気づくことが出来る他にも、ママの不安を取り除くことが出来るという意味で、これはとても大事なことです。

つらい便秘の症状には早めに対策しましょう

はっきりとは分からないけれど、赤ちゃんが出来たかもしれない…そんなドキドキとワクワクの時期が妊娠超初期です。この頃の期待感と背中合わせなのが、不安感。

赤ちゃんのことを気にしていなかったからお酒を飲んでしまった…。
風邪を引いたと思って薬を飲んでしまった…。

小さなことがママの不安につながります。

ですが、少しずつ変わりはじめているママの体に、ストレスは大敵。そのストレスが便秘にもつながっているかもしれません。小さなことが大きなストレスにならないよう、辛くならないよう上手に妊娠期の不快症状とつきあっていきましょう

便秘もそれと同じで「たかが便秘」と思わずに、本当に辛くなる前に手を打っておきたいもの。
意識的に水分を多く摂る。睡眠をしっかりとる。気持ちの良い日は体を動かして散歩してみる。それでもなかなか改善しないときは1人で悩むのではなくお医者さんを頼ること

つわりが始まって苦しいときは、無理をせず体を休めるのも大切です。そういった一つ一つの心がけが、お腹の赤ちゃんとともに、妊婦さんからママへと向かうあなたの心を大きくしてくれることでしょう。