Loading

妊娠超初期の寒気の種類と対策

妊娠超初期の寒気は妊娠の証?寒気の種類と対策

妊娠超初期に寒気を感じる妊婦さんもいます。生理予定日の時期に、風邪のようにめまいやほてりとともに感じる寒気は、妊娠によってホルモンの分泌量が増加したことによって起きる寒気かもしれません。健やかな妊婦ライフを送るためにも寒気に強い体づくりを目指しましょう!

妊娠超初期の寒気は妊娠の証?寒気の種類と対策

妊娠超初期に感じる寒気を徹底解説

妊娠超初期に感じる妊娠の兆しは人によって様々ですが、中には「寒気」を感じる方もいます。ほてりやだるさを合わせて感じることがあるので「風邪をひいたかな?」と勘違いしてしまうこともありますが、実は妊娠超初期の症状だったという方も。

妊婦さんにとって冷えは厳禁です。妊娠超初期はまだ妊娠検査薬を使っても陰性反応が出ずに妊娠しているかどうか判断がつかない時期なので、体に起きるちょっとした変化に気づいてあげることで、体をいたわるバロメーターにしましょう。

妊娠超初期症状としての寒気の種類

寒気がしている妊娠超初期の女性

ホルモンバランスの変化によって生理前に寒気を感じることもあります。しかし中には妊娠の兆候として寒気が現れるケースも。妊娠超初期症状として現れる寒気の症状をご紹介しますので「妊娠したかもしれない」と予感がある方は参考にしてくださいね。寒気と一緒に伴う症状に注目することがポイントです。

妊娠超初期の体温変化・正しい基礎体温測定でわかること
妊娠超初期の体温変化・正しい基礎体温測定でわかること
妊娠超初期の体温変化に見る特徴は?妊娠超初期のホルモンバランスの変化から見る体温の変動、体調の変化、基礎体温表の捉え方、基礎体温の測り方を紹介!基礎体温を通して妊娠超初期の体調管理をして行きましょう!

ゾクゾクした寒気

妊娠すると長期間にわたって高温期が保たれます。体温が通常よりも高い状態になっており、微熱が続いた感じになります。高温期と言っても0.3~0.5度ほど上がるだけなので微妙な変化ですがまわりの気温が低く感じられて寒気につながります。眠気や頭痛などをともうなうこともあり、風邪のひき始めのようなゾクゾクした寒気と似ています。

風邪っぽいときは薬はやっぱり飲んだらダメ?

妊娠超初期の寒気は風邪のひき始めの症状と似ています。そのため風邪か妊娠か区別がつかず、風邪薬を飲んだほうがいいか悩む方もいるかもしれませんが、妊娠の可能性がある場合はできるだけ風邪薬は服用しないように気をつける必要があります。つらくて耐えられないときは、薬剤師さんに相談した上でお腹の赤ちゃんに影響がない薬を選びましょう。

めまいを伴う寒気

妊娠すると子宮にたくさんの血液が集まるため、脳への血液の流れが悪くなり、貧血の状態になることがあります。貧血が寒気を引き起こし、一緒にめまいやふらつきを感じることも。また、血中のヘモグロビン濃度が下がるため、鉄分が不足しがちになって貧血につながることもあります。
特に普段から貧血気味の方は、貧血の状態が悪化して血流が悪くなることが考えられるので、妊娠超初期症状の寒気かなと感じたときは意識して鉄分を摂ることが大切です。

手足など末端が冷える寒気

身体が重く少し寒い妊娠中の女性

子宮に血液が集まると、手足などの末端の血流が悪くなります。その結果、寒気と一緒に手足が冷たくなる方もいます。妊娠するとホルモンバランスが崩れて体温調節を行う役割を担っている自律神経が乱れるため、うまく体温調整ができないので体温が下がり、手足などの末端が冷えて寒気を感じます

寒気とほてりを感じる

妊娠によってホルモンバランスが崩れてしまい、自律神経が乱れてしまうことがあります。自律神経の乱れは体温調整に大きな影響を与えます。部屋の中は暖かいのに急に寒気がしたり、逆に暑くてほてったりする症状が出ます。

つわりからくる寒気

めったにないことですが、妊娠超初期からつわりの症状が出る方もいます。食べづわりにかかってしまった方は、食べ物を受け付けないためカロリーの摂取量が不足してしまい、熱量が足りず寒気を感じることがあります。

つわり時期はいつから?一般的な時期や原因・乗り越え方
つわり時期はいつから?一般的な時期や原因・乗り越え方
つわりの時期は個人差あがるのでいつからいつまでとは言えません。つわりがないままに妊娠期間を終えて出産する妊婦も稀にいます。どのような理由でつわりが起こるのかつわりが起きたときの対処法も解説します。

生理予定日を過ぎても寒気が続く

通常であれば生理が始まると、女性ホルモンのひとつであるプロゲステロンの分泌量が減少して低温期に入り、寒気を感じることは無くなります。しかし妊娠するとプロゲステロンが分泌され続けるので、生理予定日を過ぎても寒気が続きます。この場合は妊娠している可能性があるので生理予定日から1週間過ぎた時期に妊娠検査薬でチェックしてみましょう。

腎盂炎(じんうえん)にかかっている可能性も

腎盂炎とは腎盂という俗きに細菌が入り込んでしまい、炎症を起こす病気のことです。妊娠すると腎盂炎にかかりやすくなるリスクがあります。妊娠超初期で腎盂炎にかかる可能性は低いのですが、腎盂炎が寒気を引き起こしていることもあります。
万が一腎盂炎にかかっていた場合、そのまま放置するのは危険なので、38度以上の発熱や、1回の尿の量が減って残尿感を感じてしまうときは必ず病院に行くようにしてください。

妊娠超初期に寒気を感じる理由

妊娠超初期の体調の変化について考える女性

妊娠超初期に受精卵が着床すると、ホルモンの分泌に変化が現れ始めます。妊娠超初期に寒気を感じるのは、体内のホルモンバランスが変化し、自律神経がうまく働かなくなることが原因だと考えられています。妊娠によって分泌量が増えるホルモンは主に3つ。寒気の原因となるこれらのホルモンを中心に詳しく解説します。

hCGホルモン

妊娠すると妊娠超初期にhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)ホルモンが分泌され始めます。このホルモンは妊娠して初めて分泌されるホルモンです。このホルモンがエストロゲン、プロゲステロンも作らせます。
そのため、生理前とは異なる体の変化が起こります。hCGホルモンの作用によって体温の高温期が続き、ほてりがあるような熱っぽさを感じるため、寒気を引き起こしてしまいます。

エストロゲン

エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれています。エストロゲンが分泌されることで子宮内膜を厚くする働きがあり、妊娠しやすい状態になります。つまり妊娠までの準備に深く関わり、妊娠を継続するための働きを行っているホルモンです。
受精卵が着床して妊娠が成立すると、エストロゲンとともにプロゲステロンの分泌量も増えます。

プロゲステロン

プロゲステロンは黄体ホルモンとも呼ばれ、妊娠すると多く分泌されます。前述したエストロゲンとプロゲステロンの2つを総称して女性ホルモンと呼んでいます。
女性ホルモンの働きによって基礎体温の低温期と高温期に分かれています。妊娠すると受精卵を育てるためにプロゲステロンが働き体温が上昇します。
妊娠したら体温が上昇する方も多く、これは体温を維持するために体の表面の血管を縮めて、体の熱を逃がさないようにしているからです。体温が高くなることでまわりとの気温との差が大きくなり寒気を感じるようになります。

安定期に入るまではプロゲステロンが多くなり、流産から守る役割を持っています。プロゲステロンは生理前にも分泌されるので、生理前と同じような症状が出るため妊娠しているかどうか判断しづらいこともあります。

そもそも妊娠超初期っていつのこと?

体温の変化をネットで調べる妊婦

妊娠超初期は妊娠初期より前の妊娠0週から妊娠4週までの約1ヶ月間をさします。妊娠0週は最終月経が始まった日から数え始めます。まだ排卵もしていない時期を妊娠週数としてカウントするのは少し不思議な感覚かもしれません。
受精卵が着床してもすぐに妊娠に気づける人は少なく、妊娠3週目に受精卵が子宮内膜に着床すると、徐々に体調に変化が出始めるので、「もしかしたら妊娠かも」と気付き始める方がいるのです。

妊娠超初期に実践したい寒気対策

妊娠超初期は高温期が続くので、寒気を感じやすくなります。この時期の寒気はお腹の赤ちゃんに直接悪い影響を起こすことはありませんが、やはり寒気を放置するのは妊婦さんの体に負担をかけてしまいます
妊娠初期の期間に入ると、体調の変化がより顕著に見られ、つわりが始まるので体の冷えも深刻化してしまう場合があります。妊娠の週数が上がるに連れて、冷えが早産や逆子の原因になってしまうこともあるため、そうなる前に寒気対策を行って体の内側から改善して、妊娠中でも冷えない体質を目指しましょう。

規則正しい生活

自律神経の乱れは体温調整に大きな影響を与えます。自律神経が乱れてしまうのは妊娠によってホルモンバランスが崩れてしまうことが原因だと考えられていますが、生活のリズムを見直して体をいい状態に整える必要があります
自律神経を整えるには規則正しい生活が必須です。早寝、早起きを意識して、睡眠時間をたっぷり確保するようにしましょう。

体を温める食材を食べる

身体を温めるにの効果的な焼き芋

体を温めてくれる食材を中心に献立を考えるのは妊婦さんにとって理想的なことです。仕事が忙しい方は毎日手料理を作るのは難しいかもしれませんが、妊婦さんにとってバランスの良い食事はとても大切なことです。時間を見つけて食材や調味料にこだわった料理を作ることをおすすめします。
ポイントはひとつの食材ばかり選ばないこと。栄養が偏ってしまうので、様々な食材を選んで毎日の食事からバランス良く栄養を摂取しましょう。

根菜類

かぼちゃ、にんじん、ごぼうなど、根菜類や暖色の野菜や果物は体を温めてくれます。柔らかいものよりも硬いもの、水分の少ないものを選ぶようにしましょう。

玄米

白米よりも玄米の方が体を温めてくれると言われています。ビタミンやミネラルも豊富なので、栄養バランスにも優れています。玄米は消化があまりよくないので、おいしく食べるにはしっかり水に浸しておくことがポイントです。

生姜

生姜が含んでいる辛味成分の中には、ショウガオールと呼ばれる血流を促進する働きをするものがあります。生姜を定期的に摂取することによって体全体があたたまり、寒気を解消できる食材として知られています。

シナモン

シナモンに含まれているシンナムアルデヒドという成分は、体を温める効果があるとされています。温かいチャイなどに少量入れて飲むと、効果的だと呼ばれています。
しかしシナモンを大量に摂取しすぎてしまうと妊婦さんに悪影響を及ぼしてしまうことがあります。1日の摂取量の目安は体重1kgに対して0.1mg以内を目安にしましょう。

お酢

お酢に含まれる酸味成分は結構を促進させる働きがあります。お酢を飲むことで血液の循環が良くなり、体を温めてくれると言われています。

温かい飲み物で水分補給

温かい飲み物で身体の冷えを緩和する妊婦

温かい飲み物は寒気を取り除いてくれ、しっかりと水分補給ができるので一石二鳥。しかし妊娠するとカフェインを控える必要があるので、何を飲んだらいいのか迷ってしまうかもしれません。そこで妊娠超初期におすめしたい飲み物をご紹介します。

ルイボスティー

ルイボスティーはノンカフェインで妊娠中に悪影響になる要素は含まれていません。その上、鉄分やカルシウムなどの栄養素が高く、免疫力を高める効果もあるので、妊娠中には特におすすめの飲み物です。

ほうじ茶

ほうじ茶はカフェインの量が少ないため、少量なら飲んでも良いとされています。ほうじ茶にはビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養度が含まれています。

生姜湯

体を温めてくれる代表的な食材である生姜。生姜をすりおろした汁にお湯を加え、ハチミツやお砂糖で甘みをつけて飲みます。

ゆず茶

ゆず茶はビタミンやミネラルが豊富な上に、妊婦さんには欠かせない葉酸がたっぷり入っているので、妊娠超初期に積極的に摂りたい飲み物です。しかしハチミツがたっぷり入っていてカロリーが高めなので飲み過ぎには気をつけましょう。

味噌汁

味噌汁は栄養豊富でお野菜やお豆腐から必要な栄養素をバランス良く摂ることができます。妊娠超初期からつわり症状が出て食欲がない方は、お味噌汁を少しずつ飲むことをおすすめします。

ゆっくりとお風呂につかる

足湯で妊娠超初期の寒気対策をする女性

体を芯から温めるためにゆっくりとお風呂に浸かるのも有効な手段です。熱いお湯よりも、ぬるめのお湯に長時間つかるほうが効果的。お風呂上がりは湯冷めしないように気をつけましょう。

服装に気をつける

寒気を感じるときは服装に気をつける必要があります。靴下の重ね履きをしたり、カーディガンを羽織ったりして、いつもより1枚多めに着るようにしましょう。職場ではひざ掛けをするなど、特に足元を冷やさないようにしましょう。

夏でも寒気対策を

夏場でも職場や外出先のエアコンなどで寒気を感じてしまうことがあります。肌を露出しすぎないようにして、外出先や職場ではブランケットやストールなど1枚羽織れるものを持参します。寒いと感じた場所では我慢せずに体を温められる準備をしておきましょう。

妊娠超初期の風邪のような症状と風邪の違い
妊娠超初期の風邪のような症状と風邪の違い
妊娠超初期の時期に風邪のような症状が出ると、妊娠の可能性を考えて、薬を飲んで良いのか迷う事があるかと思います。そこで今回、妊娠超初期の症状と、風邪の症状の違いや見分け方などを、詳しく説明します。

体を温めながらつらい寒気を乗り切ろう

妊娠すると、妊婦さんの体は妊娠超初期から少しずつ体に変化が出始めます。「妊娠かな?」と思う寒気を感じたら、生活リズムや食生活を見直して、妊娠に向けた体作りを目指すいいタイミング。妊娠超初期は妊婦さんにとってもおなかの赤ちゃんにとってもナイーブな時期です。
ちょっとした体の変化に耳を傾けできることから寒さ対策を行うことが重要です。まだつわりの症状が軽い時期から体を温める準備を始め、妊娠に大敵な冷えを撃退しましょう!