Loading

妊娠超初期体温変化の読み取り方

妊娠超初期の体温変化・正しい基礎体温測定でわかること

妊娠超初期の体温や妊娠超初期のホルモンバランスの影響による身体の変化、基礎体温の読み取り方、グラフからから読み取る排卵日や妊娠の可能性、正しい基礎体温の測り方を解説!妊娠超初期とはいつのことを言い、いつから体温は変化していくのでしょうか?妊娠超初期の体温変化の秘密を解説!

妊娠超初期の体温変化・正しい基礎体温測定でわかること

妊娠超初期の体温は何度上がる?上がり下がりの理由・体温変化のグラフ

妊娠を希望しているなら、女性の身体の複雑なホルモン変化の周期を把握するために基礎体温の管理をしている人も多いでしょう。
ホルモンの変化は体温の変化となって基礎体温周期表に現れます。妊娠するとホルモンの分泌も変わるため、基礎体温も変化する…「妊娠したのかどうか」がそこから読み取れるわけですが、では、妊娠超初期はどのような体温の変化がみられるのでしょうか?

妊娠超初期の体温変化・妊娠0~4週の体温をグラフでチェック

妊娠0週から4週の体温を実際のグラフで見てみましょう。
もちろん前後はありますが、グラフの中で1番体温が下がっているところが排卵日となります。その一番体温が下がったポイントから左側の「月経開始から排卵日までの期間」が低温期、右側の「排卵日から次の月経開始までの期間」が高温期とグラフは二層に分かれています。

このとき、理想的な低温期と高温期の体温の差は0.3~0.5℃くらい。健康な場合では、妊娠すると高温期が14日以上続き、妊娠しなかったときは、このグラフのような体温変化の周期がずっと続きます。
しかしこのグラフはあくまでも理想の基礎体温の見本であって、体調不良などによりホルモンバランスの崩れなどに左右され体温変化もガタガタしだし、この通りのグラフにならないこともあります。

女性の体温変化グラフ

妊娠週は妊娠した月の月経開始日から0週0日とカウントをはじめますが、グラフをみて分かるように妊娠0~2週は排卵日前となるので、事実上は妊娠しているといえず「妊娠超初期」にもあたりません。もちろん、妊娠超初期症状も見られません。

妊娠超初期はいつ?

妊娠何週…といっても、妊娠週数のカウントスタートは、妊娠した月の「月経初日」ですから、妊娠1週や2週は「妊娠したかも?」と自覚できる時期ではありません。
妊娠0週0日はグラフで示すところの生理真っただ中であり、排卵日前なので実際にお腹の中に赤ちゃんはいない状態です。生理が終わり妊娠2週目(生理開始から14日ごろ)に排卵し、妊娠3週目(生理開始から21日ごろ)に無事着床したところでやっと妊娠成立となります。

妊娠超初期症状はいつから始まる?妊娠兆候の主な症状
妊娠超初期症状はいつから始まる?妊娠兆候の主な症状
妊娠超初期症状はいつから始まるのか、妊娠週数の数え方や妊娠による体の変化とともに解説し、妊娠超初期症状によくあるパターンについても具体的に紹介。妊娠検査薬の使用時期についても説明しています。

妊娠4週目は妊娠していないときの月経開始予定の週。
妊娠をしていないときは月経開始時点で基礎体温が下がり低温期へと移り変わりますが、妊娠していると基礎体温は依然高温期を推移していきます。次の生理予定である妊娠4週目に入って、ようやく妊娠超初期症状として「妊娠したかな?」と体に違和感や変化を感じる方が出てきます。

つまり、妊娠腸初期は妊娠1ヶ月のうち実質的に妊娠が成立した3週と4週を言います。

妊娠が成立した瞬間から起こるホルモン変化もあるので、早い方では着床から変化を感じるケースもあるそうですが、割と確実に妊娠検査薬や病院で胎嚢を確認できるようになる時期が妊娠4週~妊娠5週にかけての頃となり、妊娠5週となるとすでに妊娠2か月、妊娠超初期から妊娠初期へと入っているということとなります。

妊娠すると体温は何度上がる?

朝に基礎体温を計る女性

妊娠すると体温の推移は高温期を持続します。黄体ホルモンの働きで月経周期の高温期からずっと継続して、0.3~0.5℃程体温が高い時期が続いていくのです。

通常、高温期の体温は36・7℃~37℃前半と言われていますが、平熱が低い方は平熱に合わせて高温期の体温も低くなります。必ずしもこの体温が高温期の体温だ、と言うことはありませんので注意しましょう。また、平熱が高い方は、38℃以上あるのに高温期だからと思い込まず病院で診てもらいましょう。

排卵日に一度下がり、それから高温期が持続する

月経開始から2週間ほど低温期となりますが、妊娠していないと排卵日にはさらに体温が下がります。その後、高温期に入りますが、排卵後、妊娠しないと黄体ホルモン(プロゲステロン)より卵巣ホルモン(エストロゲン)が優位になることで再び体温は下がって新たに月経周期が始まり、排卵~着床、妊娠確定となると体温推移は高温期のまま高い状態が続きます。

この体温の変化が、妊娠しているかも?という、一つの目安にもなります。

妊娠すると高温期が持続する理由

妊娠すると高温期が続きますが、妊娠12~15週(妊娠4か月頃)ごろになると、通常の体温に戻ってきます。胎盤が完成されるのが理由であるとされますが、ただこれも個人差があり、もっと早く体温が下がってくる方もいれば、逆にもう少し遅くに体温が下がってくる方もいるので、あまり神経質になりすぎないようにしましょう。

二段階で上昇するケースもある

通常、月経周期は低温期と高温期に二層に分かれていますが、着床により分泌されるホルモンの働きで高温期に優位だった黄体ホルモンが更に多く分泌されるようになります。黄体ホルモン(プロゲステロン)は体温を上げる働きがあるため、高温期の体温から、更にもう一段回体温が上昇する場合も。ただし必ずしも着床すると二段階で体温が上昇するわけではありません。

妊娠超初期の体温変化、これってどうして?!Q&A

基礎体温を計る途中に眠る女性

基礎体温を付けていると月経周期や、妊娠中の体の状態がとてもよくわかる一方、よくわかるだけに少しの変化や一般的なテータと比較し、「この時期はこうなるはず」「こうなるはずではない」というような不安も出てくるかもしれません。気になるのもわかりますが、あまりに気にしすぎてしまうのはよくありません。
個人差などがあることも理解しながら神経質になりすぎず、大切な妊娠超初期をリラックスして過ごすためにも、妊娠超初期の体温変化にはどのようなものがあるのかを見てみましょう。

Q.高体温であるはずなのに体温が上がらないことはある?

これまで述べてきたように、基礎体温を付けていると通常は体温が低温期と高温期の二層に分かれて推移していく様子が見て分かります。このとき体温が高温期に入るのは、排卵で体温を高くする働きのある黄体ホルモンの分泌量が増えるため。
基礎体温を付け続け、自分の排卵日や高温期のリズム的なタイミングなども把握している方なら、「そろそろその時期なのに体温が上がらない…」ということもあり得ます。考えられる理由はいくつかあります。

A.排卵していないのかも(無排卵)

排卵をしたことで黄体ホルモンの分泌が増え、体温が上がり高温期に入ります。一般的には排卵日から数日の間に高温期に入るので、いつまでも高温期に入らない場合は排卵していない(無排卵)可能性があります。ストレスや神経質になっていることなどで、今回だけの場合もあります。数か月様子を見て体温が上がらないようでしたら、病院で診てもらいましょう。

A.黄体ホルモンが機能していないのかも

排卵すると黄体ホルモンが多く分泌されますが、この黄体ホルモンの分泌が滞るようなケースではもちろん体温もスムーズに上がりません。一般的には排卵から数日で体温が上がってきますが、黄体ホルモンの分泌が上手くいかないなんらかの原因がある場合には、ゆっくり時間をかけて上がってくることもあります。ホルモンバランスは少しのストレスでも崩れることがあります。数日様子を見てみましょう。

A.ストレスや体調不良

基礎体温を測り続けていて、いつもは通常に低温期・高温期とある人の場合には、ストレスや体調不良から排卵が遅れたり無排卵になることもあります。数か月基礎体温を測り続けてみる中で、いつも通り急体温が二層へ戻るようでしたら、あまり心配し過ぎずに、お医者さんに相談してみるくらいの気持ちでいましょう。

A.しっかりと測定できていない可能性

基礎体温は毎日きちんと測ることがポイントです。もともと、0.3~0.5℃の差を記録するものですので、正しい測定結果を得るためには、体温を測るときには測る場所や時間帯も可能な限り統一して行わなければなりません。
計る時間がずれてしまったなど、いつもと違うことが起きた日の計測は、メモ書きして記録を残しておくと良いかもしれません。

A.ストレスや生活リズムによる影響

基礎体温表は排卵日や月経の時期の把握以外にも体調管理の参考にもなります。
常に変動を続ける女性のホルモンバランスはとてもデリケート。生活リズムが崩れ気味、睡眠不足、日々の生活の中でのストレスなども、基礎体温に影響が出てくることも珍しくはありません。

基礎体温を付け続けることで、いつもとの違いや一般データとの違いなどが浮き彫りになり、逆に不安も出てくるときもあるでしょうが、あまり神経質に捉えてしまうとストレスがまたホルモンバランスの乱れを呼ぶ悪循環に陥ってしまう場合もあるので、リラックスした気持でいましょう。

A.もともと平熱が低い

一般的に高温期に体温は36.7℃~37℃前半を示す人が多いため、高温期もそこまで体温があがることのないもともとの体温が低い方は心配になってしまうかもしれませんが、高温期はこの体温にならなくてはおかしいというわけではありません。基本的には低温期と高温期の体温差が0.3度以上で二層のグラフができていれば問題ないので安心しましょう。
ただし、平熱が高いとその分代謝も良い、身体の調子も保ちやすいというメリットはありますよ!

Q.一旦上がった体温が下がったのだけれど…

hCGで判断する妊娠検査薬

高温期が終わり低温期に入ると体温が下がり、本来なら生理が来ます。しかし中には体温が下がったのに生理が来ない・・ということがあるようです。基礎体温がしっかりと計れていない場合もありますし、生活リズムの乱れも影響します。気温が低いときなどは基礎体温も下がることがあるようです。また生理不順などでずれていることも考えられます。

A.インプランテーション・ディップ

インプランテーション・ディップとは基礎体温の高温期に一時的に体温が下がる現象をいいます。
インプランテーション・ディップは着床したとき、排卵から7~10日くらいの間に起こるときがあるそう。

妊娠を希望されていると体温が下がってしまう度に「また妊娠していなかったか・・・」とがっかりしてしまうかもしれませんが、体温が一時的に下がるインプランテーション・ディップである可能性も考慮し、体温が下がっても数日間は基礎体温を計り続けましょう。インプランテーション・ディップの場合の体温低下は一時的であるため、すぐにまた高温期に戻ります。

A.妊娠していない(想像妊娠)

妊娠していないのに妊娠しているときと同様の症状が起きることを、想像妊娠(偽妊娠)と言います。字の通り、実際妊娠はしていません。このような症状がなぜ起こるのかはまだ解明されていませんが、心身症の一種だと言われ、強く妊娠を望んでいる、過去に流産経験がある、妊娠を焦っている、妊娠に恐怖を抱いている、不妊治療中など、妊娠に対する強いストレスから想像妊娠という現象が起こるようです。

実際に生理が来ない、悪阻がある、乳房が張る、母乳が出るといった身体的症状も起こります。一般的には妊娠検査薬や産婦人科を受診により妊娠をしていない事実を知ることで症状は治まりますが、中にはそれでも妊娠していない現実を受け入れられず「妊娠している!」と思い込んでいる人もいます。海外にはエコー検査をしなくてもいい国もあり、過去には出産予定日を過ぎても産まれないため帝王切開したら想像妊娠だった…という話も!

想像妊娠は妊娠に対してなんらかの過剰なストレスを持っている女性に起こりやすい症状。妊娠すると通常、基礎体温は高体温を示します。下がる、ということは妊娠継続のためのホルモンが分泌されていない、つまり妊娠していない可能性は色濃いと言えます。生理が来なくても妊娠検査薬を使える時期には一度検査をしてみるようにしましょう。

想像妊娠とは?脳の誤認による想像妊娠のメカニズム
想像妊娠とは?脳の誤認による想像妊娠のメカニズム
想像妊娠とはどんな病気なのか?医学的には「偽妊娠」と呼ばれる心身症の一種である想像妊娠のメカニズムとは?ベビ待ち女性は要注意!?原因やかかりやすい人の特徴、基礎体温や検査薬の反応、治療法を紹介します。

基礎体温の秘密・妊娠が体温変化でわかる理由

基礎体温が高く具合が悪い女性

基礎体温とは、体を動かしていない安静状態のときの体温。女性はホルモンバランスの変化で基礎体温が左右されます。
基礎体温は生理開始から排卵日までを「低温期」、排卵後から次の生理が来るまでを「高温期」とし、体温が二層に分かれています。低温期から高温期に代わるあたりが排卵日になります。

妊娠していない場合は低温期と高温期でなる二層の体温変化を繰り返し、妊娠の可能性がある場合には高温期が2週間以上続きます。

この基礎体温の変化で妊娠に気づくことも多いようです。

基礎体温表の低温期と高温期を推移するふたつのホルモン

エストロゲンとプロゲステロン

基礎体温の低温期にはエストロゲン(卵胞ホルモン)という女性ホルモンが働きます。エストロゲンは卵胞期とも呼ばれ、妊娠に備えて子宮の内膜を厚くし女性らしい体を作るホルモンです。この時期は比較的体調がよい時期でお肌も調子がいいです。自律神経にもかかわっています。

基礎体温の高温期にはプロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンが働きます。プロゲステロンは黄体期とも呼ばれ、受精卵が子宮内膜に着床しやすい環境に整え、妊娠を継続させる働きをします。この時期は人によって頭痛、腰痛、腹痛、精神不安定、肌荒れが起きることもあります。これらは月経前症候群とも呼ばれます。

基礎体温はきちんと測らないと意味がない!正しい測り方

基礎体温の正しい計り方をメモする女性

基礎体温を測ることで月経や排卵日がわかることはもちろん、自分のカラダの状態もわかってきます。基礎体温は毎日きちんと測り、継続することが大事なので正しい測り方を説明します。
基礎体温は朝目覚めてベッドから出る前に測ります。正しく測るにはなるべくなら同じ時間に、目覚めたら寝たまま状態で舌の下に挟んで体温を測定するようにしましょう。

妊娠超初期の基礎体温の変化の仕方と非妊娠時との違い
妊娠超初期の基礎体温の変化の仕方と非妊娠時との違い
妊娠超初期の基礎体温は、どのように変化するかご存知でしょうか?妊娠を意識し始め、基礎体温を測り始める方も多いかと思います。基礎体温を測る事は、女性の体のリズムを知るのにとても有効な手段です。そこで今回、妊娠超初期の基礎体温について、妊娠の仕組みと共に、詳しく説明いたします。

基礎体温の測り方

■1.目覚め

目が覚めたら起き上がらずそのままの状態でいましょう。

■2.体温測定

寝たままの状態で口に体温計を入れ測定します。

■3.確認、記入

きちんと体温が測れているかを確認し、基礎体温表に正しく記入しましょう。このとき気づいたことも一緒に記入しておきましょう。

基礎体温を正しく測るために

■体温を測る時間が一番大事!

体温を測る時間は朝目覚めたとき、ベッドで横になったままの上体で測ります。
寝る前に婦人体温計と基礎体温表、鉛筆などを手の届くところに用意しておき、目覚めたら起き上がらず横になった状態で、出来るだけ毎日同じ時間、そして舌の下で測るのがコツです。もし時間がずれてしまっても、それはメモとして残しておき毎日測りましょう。

昼や夜といった一旦活動した後に測っても、それは基礎体温ではないため意味がありません。
とは言え、あまり神経質になるとストレスからきちんとした測定ができない場合もあるので、慣れるまでは気分を楽に毎日続けていきましょう。体温と一緒にその時に生理が来た、来なかったことなども一緒にメモしておくと良いですよ!

基礎体温の計測は継続することが大事なので、まずは3ヵ月を目標に基礎体温を付けていってみましょう。

■しっかり記録するなら体温計もちゃんとしたものを選ぼう

基礎体温をきちんとしっかり測るには婦人体温計を用意しましょう。通常熱を測るときに使っている体温計でも構いませんが、微妙な体温変化を記録する基礎体温は基本的に舌の下でもっと正確に測るため、専用の婦人体温計を使用するのがおすすめです。

■基礎体温管理はアプリ使用がおすすめです

基礎体温の結果をメモやグラフに残していくのも良いですが、毎日、継続して行う基礎体温管理はスマホアプリを使用するのもおすすめ。婦人体温計の中にはスマホアプリと連動して記録を残していけるものもあります。
これから基礎体温を測るために婦人体温計を購入する予定があるのなら、記録の観点からも便利な体温計を選んでみるのも良いですね!

妊娠中&出産の特選スマホアプリ!妊娠中から使いたい21選
妊娠中&出産の特選スマホアプリ!妊娠中から使いたい21選
妊娠出産のおすすめアプリがたっぷり21選!出産までをカウントダウンしながらパパママの不安に答え出産をより楽しみにするiPhone、androidのスマホアプリがたくさん!無料で使えるものもたくさん!

妊娠検査薬を試す時期

妊娠検査薬で陽性反応が出て喜ぶ女性

妊娠を希望する方は一刻も早く結果を知りたくて、妊娠検査薬を使用する方もいると思います。妊娠検査薬の使用するタイミングは、生理予定日から1週間後以降とされています。市販の妊娠検査薬は尿中のhCGというホルモンが尿の中に排出されて、妊娠検査薬に含まれている薬と反応して判定します。時期が早すぎるときちんと測定できないこともあるので、生理予定の1週間後を目安に妊娠検査薬を使いましょう。

妊娠検査薬はいつから使えばいい?正しい反応が出る使い方
妊娠検査薬はいつから使えばいい?正しい反応が出る使い方
妊娠検査薬はいつから使うと正しい反応がでるの?詳しい時期や陽性と陰性の意味など妊娠検査薬の基本的な使い方を紹介します。ベビ待ち女性のフライング検査の精度やお勧め検査薬も解説します。

基礎体温の記録はベビ待ちママの体調管理

妊娠を希望されている方に基礎体温を測って体調管理をしようとする方は多いでしょう。
もちろん基礎体温を測ることで月経周期はもちろんのこと、排卵日や低温期、高温期といった妊娠に大切な自分の身体のサイクルも把握できるようになります。しかし、それだけでなく女性の体調管理、妊娠超初期の体温変化にいち早く気付くためには基礎体温表に記した記録はとても有効です。

ただし!体温が下がるハズが以前高温期を示している、今回も体温が下がってしまった…その結果に一喜一憂するのではなく、体温変化は自分の身体の状態を把握するひとつの手掛かりとして捉えるようにしましょう。これから基礎体温を付けるのであれば、ストレスにならないようあまり神経質になりすぎず、基礎体温は継続することが大事です。