Loading

妊娠5ヶ月身体の変化や過ごし方

妊娠5ヶ月妊娠中期の身体の変化・安定期の過ごし方

妊娠5ヶ月(妊娠16週,妊娠17週,妊娠18週,妊娠19週)からは妊娠中期、安定期と呼ばれ、体調が安定し、気分の良い日が多くなるといわれています。しかし、一方で体重管理や腰痛に苦しむママも…。妊娠5ヶ月目の週ごとの体の変化や赤ちゃんの成長を解説し、過ごし方や気をつけるべきことを紹介!

妊娠5ヶ月妊娠中期の身体の変化・安定期の過ごし方

妊娠5ヶ月目・妊娠中期に突入!体の変化と過ごし方のコツは?

妊娠5ヶ月(妊娠16週,妊娠17週,妊娠18週,妊娠19週)は、「妊娠中期」「安定期」と呼ばれる時期です。
ママの調子が安定してくるだけでなく、赤ちゃんの状態も安定してきますので、無理をしない程度に運動をしたり出産準備を整えたりするにも良い時期です。つわりによる吐き気やむかつきなども、かなり軽減されますので、気持ちよく過ごせる日が増えてきます。
ママと赤ちゃんの体にはどのような変化が現れるでしょうか。また、その折々に注意すべきことや過ごし方についても見てまいりましょう。

妊娠5ヶ月は体重管理に注意。大きくなったお腹が原因の不調も…

聴診器で妊婦のお腹を検査する医師

妊娠5ヶ月目に入ったママの身体の変化について、週ごとに見ていきましょう。

妊娠16週の体調の変化や症状

妊娠16週から「妊娠中期」、いわゆる「安定期」に突入しますが、個人差がありますので、まだ体調が優れない方もいると思います。妊娠には個人差がありますので、あまり気にせずに、自分のペースで過ごしてください。

妊娠16週目はママの楽しみが増える時期。過ごし方のポイント
妊娠16週目はママの楽しみが増える時期。過ごし方のポイント
妊娠16週目は妊娠5ヶ月目最初の週です。安定期と呼ばれる時期に入り、妊婦と胎児の体にはどのような変化や症状が見られるようになるのでしょうか。気をつけることや知っておくべきことなどについても説明します。

マタニティウェア購入する

妊娠4ヶ月目までは普通の服でも問題なく着ることができていた人も、妊娠16週ともなると、お腹周りや胸がきつく感じられるようになりますので、マタニティウェアを購入する方も増えていきます。

デパートでは婦人下着売り場やベビー用品売り場の近くにマタニティウェア専門のコーナーが用意されていることもありますが、通販カタログやネットショップでもマタニティウェアはたくさん販売されています。ちょっと見ただけではマタニティウェアと分かりにくいものや、授乳中にも使用できるものなどもありますので、用途や好みに合わせて選びましょう。

寝苦しいときがあることも

お腹が大きくなってきますので、寝返りを打ちにくく、寝苦しいと感じる人もあるかもしれません。普段、うつぶせで寝る習慣がある人は、特に寝苦しさを感じるのではないでしょうか。体の左側を下にして心臓を守るように眠ると、体が楽に感じることもあります。お腹を圧迫しないよう、眠りやすい体勢を研究しましょう。

妊娠17週の体調の変化や症状

妊娠17週になると、胎動を感じる方も増えてきます。体型も妊婦さんらしく丸みを帯びてきますが、あまりこの時期に体重が増えすぎると腰痛や腹痛の原因にもなりますので、食欲をある程度セーブしながら体重をコントロールしていきましょう。

妊娠17週は旅行もできる!体の変化と赤ちゃんの成長
妊娠17週は旅行もできる!体の変化と赤ちゃんの成長
妊娠17週目には、母体や胎児にどのような変化や症状が見られるようになるでしょうか。この時期に知っておきたい事、日常生活を送る上での注意点、安定期の旅行のポイントを説明します。

反らせた姿勢が腰に負担をかけるようになる

妊娠17週目の子宮底長は15cm~20cmほどですので、子宮はドッジボールほどの大きさにまで成長しています。お腹の中にボールを抱えている状態となりますので、腰を反らせた不自然な姿勢で生活することになります。そのため、腰痛がひどくなったり、便秘や下痢などの症状があらわれてきたりすることもあります。

ですが、市販の痛み止めや下剤・止瀉薬は、大抵の場合、妊娠中は服用不可となっていますので、自己判断で摂取することは勧められません。症状が重くなる前に病院に行き、妊娠中であることを告げたうえで適切な薬剤を処方してもらうようにしましょう。また、産婦人科で妊婦検診を受けるときに相談して見るのも良い方法です。同じような悩みを抱えた妊婦さんは多くいますので、適切な医薬品を処方してもらうことができるでしょう。

息切れや動悸

赤ちゃんの成長に合わせて、お母さんの血液量も増えていきます。妊娠5ヶ月目には平常時の1.4~1.5倍の血液が体内を循環しますので、心臓にかかる負荷も増えてしまいます。ちょっと歩くだけで息切れしたり、動悸が生じたりすることもあるでしょう。

また、安静にしているときの心拍数も平常時の1.1~1.3倍になります。鉄分が不足するとめまいを感じることもありますので、積極的に鉄分や鉄分の吸収を促進させるビタミンCを摂取するようにしましょう。

出生前診断のタイムリミットが近づく

染色体異常を血液検査などで調べる「出生前診断」を受けようと思う方は、妊娠17週までには出生前診断を実施している病院の予約をしておいた方が良いでしょう。妊娠20週を過ぎても実施できる出生前診断もありますが、結果を得るために1~2週間かかることや、より詳細な診断をするために羊水検査を行うこともありますので、受けようと考えている人は早めに行動すべきです。

ただし、出生前診断は自費診療となりますので、実費で1万円~20万円ほどかかります。また、誰でも希望すれば出生前診断が受けられるというわけではなく、出産時の母体の年齢が35歳以上であるか、妊婦もしくはパートナーが染色体異常であるか、染色体異常の子どもを授かったことがあるか、いずれかの条件に当てはまる場合のみ受けることができます。

出生前診断の費用や実施時期と具体的な検査内容や問題点
出生前診断の費用や実施時期と具体的な検査内容や問題点
出生前診断の費用や実施時期、染色体異常を検出するための非確定的検査や確定的検査など詳しい検査内容を解説し、出生前診断後の人工中絶など「倫理的な問題」についても触れていきます。

妊娠18週の体調の変化や症状

異常がないかお腹の様子を探る子供

食欲がいよいよ増してくる妊娠18週目。体重コントロールは上手にできているでしょうか。適度に運動をするだけでなく、塩分と脂肪分を控えたバランスの良い食事を摂って、健康的な妊婦生活を送りましょう。

妊娠18週は赤ちゃんと楽しむ時!安定期でも無理は禁物
妊娠18週は赤ちゃんと楽しむ時!安定期でも無理は禁物
妊娠18週のママの体調変化と赤ちゃんの成長について解説します。ママの体重管理エコー検査での赤ちゃんの成長、性別判断など妊娠18週に知っておきたいポイントを掲載しています。

胎教を始める

妊娠18週ともなると胎児の聴覚もほぼ完成していますので、良い音楽を聞かせたり、絵本を読んだり等の「胎教」を始めるタイミングとしても適しています。胎教の胎児への効果は未知の部分も多いですが、胎児に語りかけたり、音楽や読書などのリラックスする時間をとったりすることは、妊婦にとって必ずプラスになると言えるでしょう。

皮下脂肪がつきやすくなる

子宮底長は16cm~21cmとなり、おなかも前にせり出して大きくなっていきます。エネルギー源を蓄えるために、食べたものが皮下脂肪となって蓄積されますので、同じように食べていても体重が増えやすくなる時期です。1ヶ月に1kg~2kg以上増えないように、体重管理をしていきましょう。

お腹は目立つようになっていきますが、まだまだ軽いエクササイズやスポーツは行えます。適度に体を動かして、腰痛や便秘などの症状の改善にも役立てましょう。

妊娠19週の体調の変化や症状

妊娠19週になると、妊婦検診のエコー検査で赤ちゃんの性別が判明する人も増えてきます。体の調子が良い日が続くことも多いですので、赤ちゃんの名前を考えたり、洋服やおもちゃなどをそろえたりして、赤ちゃんに出会えるのを楽しく待ちましょう。

妊娠19週はお腹の膨らみ方が変化し、胎動も強くなる?
妊娠19週はお腹の膨らみ方が変化し、胎動も強くなる?
妊娠19週目、妊娠5ヶ月の最終週ならではの過ごし方とは?妊婦と胎児の様子には、どのような特徴が見られるでしょうか。胎動の強さや逆子の場合の対処法、体重管理に有効なおやつレシピ、気をつけることを紹介!

痔になることも

子宮底長は18cm~23cmくらいになりますので、直腸や肛門を圧迫して痔になることもあります。トイレに行ったり座ったりすることが苦痛にならないように、症状が悪化するまでに病院で治療を受けましょう。痔で病院に行くのは抵抗があるかもしれませんが、痔になる妊婦は非常に多いでので恥ずかしがる必要はありません。

シミや正中線ができる

妊娠中に増加する女性ホルモン「プロゲステロン」は、メラニン色素を生成する細胞を刺激しますので、ちょっと日に当たるだけでもシミになったり、わきの下や乳首が黒ずんだりすることもあります。また、お腹が大きくなるときにできるおへその下から下腹部に続く「正中線」も、プロゲステロンが増えることでできる黒ずみです。

日焼け止めをこまめに塗ったり、外出の際は帽子やマスク(日焼け防止のためのマスクなども販売されています)をしたりすることで、シミが過剰にできてしまうのを予防するようにしましょう。

激しい腹痛や出血には要注意

安定期とはいっても、不調や妊娠中のリスクがなにもないわけではありません。
子宮が大きくなり、下半身に負担がかかる時期ですので、お腹のハリや腹痛は一日に何度か感じる人もあるでしょう。そのような日常的なハリや腹痛には、腰回りを温めたり軽くストレッチをしたりすることで対処することができますが、激しい腹痛が起こった場合はすぐに病院に行くようにしてください。

おりものに血のようなものが混じっていたり、下着に血がついたりしたときは、自己判断をせずに、すぐにかかりつけの産婦人科で診てもらうようにしましょう。
すぐに受診することで、病気や異常に早く対処することができます。

赤ちゃんらしい丸みを帯びた体に成長し、性別も判明!

エコー検査で胎児の様子を見る妊婦さん

妊娠5ヶ月目の初めには体長110mm~140mmだった胎児が、妊娠5ヶ月目の終わり、妊娠19週目になると体長160mm~200mmほどにまで成長します。体重も初めは60~120gほどだったのが、妊娠5ヶ月目の終わりには200~280gくらいまで増えます。

体にもだんだん脂肪がついて丸みが出てきますので、赤ちゃんらしい体型になっていきます。心臓や腎臓などの臓器も完成して行き、皮膚が体毛で覆われるようになります。妊娠5ヶ月目の終わりごろには、頭髪や眉毛などが生え始める赤ちゃんもいます。

胎動がはっきりと実感できるように

妊娠5ヶ月目になると、胎動を感じるお母さんも増えてきます。初めは「お腹を蹴ったのかな?」というようなちょっと分かりにくい弱々しい動きですが、だんだんと強く分かりやすい動きが感じられるようになってきます。

臨月に胎動が減る理由|胎動が激しいと出産はまだまだ?
臨月に胎動が減る理由|胎動が激しいと出産はまだまだ?
臨月になると胎動が減るといわれる理由、胎動が激しいせいで夜眠れない時の対処法、胎動をチェックする方法や胎動と性格・障害との因果関係など、臨月の胎動の気になる症状について解説します。

胎児の性別が判明する

妊娠16週を過ぎると、赤ちゃんの性別が判明する人が増えてきます。しかし、いつも検診時に、赤ちゃんが背を向けていたり脚を組んでいたりして、性別がなかなか分からない人もいます。

また、例え性別が判明したとしても、何かの影と重なって見間違えてしまうケースもまれにありますので、参考程度に聞いておくくらいの気持ちでいるのが良いでしょう。

妊娠5ヶ月の過ごし方

軽いストレッチをしている妊娠5ヶ月の女性

妊娠中期は安定期と呼ばれ、妊婦さんの体調が比較的落ち着く時期です。妊娠初期症状に苦しみながら「安定期になったらあれをしよう!」と乗り越えてきた人もいるでしょう。この時期はどのように過ごすのが望ましいでしょうか。また、イライラした気持ちを解消する方法や気をつけることについても探っていきましょう。

おすすめの過ごし方はやっぱり運動や外出を増やすこと

安定期に入り、気分的に優れる日が多くなるとは言え、妊娠中には痛みや不調がつきものです。そういった痛みや不調を乗り越えるための妊娠5ヶ月目の過ごし方のポイントを説明します。

ストレッチや軽いエクササイズを日課にする

前にかがむのがだんだん辛くなってきますので、知らず知らずに腰を反らした姿勢で長時間過ごしています。腰痛がひどい人はもちろん、腰に負担を感じていない人も、毎日ストレッチや体操をして、腰回りの筋肉のコリや曲がった背骨を伸ばすようにしておきましょう。

また、子宮が大きく重くなることで、脚の付け根やひざにも負荷がかかっています。座った姿勢で行えるヨガやストレッチを取り入れて、疲れをためこまないようにほぐしていきましょう。

ウォーキング

坂や交通量が少ない道を選んで、ウォーキングを日課にするのはいかがでしょうか。毎日しっかりと歩く習慣をつけると、下半身の筋肉も強化されますので、出産が短く軽くなるとも言われています。過度の体重増加も予防できますので、ストレス解消と合わせると一石三鳥のエクササイズです。

積極的に外出する

妊娠後半に入ると体調が安定しないこともありますので、元気に動ける今のうちに、外に積極的に出てショッピングや旅行、お散歩などを楽しむようにしてください。あまり家に閉じこもってばかりいると、ストレスを感じやすくなり、気分も落ち込みやすくなりますので、動きやすい服装と靴で外出するようにしましょう。

マザーズサークル

自治体や病院で開催しているマザーズスクールに参加すると、同じ時期に子どもを産む地域の人と知り合うことができます。地域の人が利用できる行政サービスや赤ちゃんサークルなどの情報も入手することができますので、是非とも一度は活用したいですね。

ゆっくり半身浴や足湯を楽しむ

血液量が妊娠前よりも増えていますので、血行が悪くなるとすぐにむくんだり静脈瘤ができたりしてしまいます。心臓に負担をかけないように半身浴をしたり、足湯を楽しんだりするのも血行促進には効果的です。入浴中に好きな音楽を流したり、アロマオイルを浴槽に垂らしたりして、ゆったりとした気持ちで過ごせるように工夫していきましょう。

妊婦は温泉に入れる?時期や泉質や感染症は?人気旅行プラン
妊婦は温泉に入れる?時期や泉質や感染症は?人気旅行プラン
妊婦の温泉入浴は可能なのか理由を解説します。妊娠中の入浴はいつからいつまで、おすすめの泉質や感染症について、安全に入浴するための注意点、おすすめのマタ旅プランも紹介します。

安定期でも変わらず気をつけること

安定期に入り気を付けることをネットで検索する妊婦さん

妊娠5ヶ月目には、腰痛や痔など下半身に不調を抱える妊婦さんが増えます。また、お腹が大きくなってきますので、しゃがんだり機敏な動作をしたりするのが困難になる人も増えます。

歩きやすく足元を冷やさない靴

腰痛を緩和するためにも、腰に負担をかけないようにヒールのない靴を履くようにしましょう。ウォーキングシューズのように、底部が衝撃を吸収する構造のものが良いですね。また、足元を冷やすと腰痛が悪化することもありますので、なるべくサンダルなどの冷えやすい靴は避けるようにしましょう。

締め付けない服装

腰回りや胸周りにゆとりのある服装が好ましいです。締め付けが強いと、腰痛や腹痛がひどくなることもあります。

下半身に負担をかけない生活と服装を

妊娠5ヶ月目は、妊娠初期症状が落ち着き、アクティブに外出を楽しむ妊婦さんが増える時期です。体調が良いのなら、どんどん外出して構わないでしょう。

しかし、お腹は確実に大きくなっていますので、姿勢が悪くなりがちで、腰痛や痔など下半身の不調に悩まされることもが増える時期です。
疲れたら休むこと、冷えや締め付けには変わらず気をつけること、無理は禁物です。ストレッチや入浴、動きやすい靴や服装で、不快な症状を乗り切っていきましょう。