Loading

妊娠4週の体調の変化や症状

妊娠4週ママの変化と赤ちゃんの成長は?体調管理のポイント

妊娠4週目は、妊娠2ヶ月目に入る時期です。ママの出血やつわりなどの体調変化、赤ちゃんの成長について解説します。妊娠検査薬でも陽性反応が見られる時期ですがエコー検査で赤ちゃんの反応はまだ見られません。ママがリラックスして過ごせる体調管理のポイント、理想的な過ごし方を紹介します。

妊娠4週ママの変化と赤ちゃんの成長は?体調管理のポイント

妊娠4週目の妊婦と胎児の様子、過ごし方や体調管理

妊娠4週目というと、妊娠週数の数え方では妊娠2ヶ月目に入る時期でもあります。この時期に見られる妊婦の体調の変化や諸症状、胎児の様子、過ごし方や気をつけることなどについて見ていきましょう。

妊娠2ヶ月におこるママと赤ちゃんの急激な体の変化とは?
妊娠2ヶ月におこるママと赤ちゃんの急激な体の変化とは?
妊娠初期にあたる妊娠2ヶ月目には、女性の体にどのような変化が現れてくるでしょうか?また2ヶ月はまだお腹も目立たず、傍目には妊娠していることがわからないので、どのようなことに気をつけて過ごせばいいのでしょうか?妊娠2ヶ月のママと赤ちゃんの変化についてみていきましょう。

妊娠4週の体調の変化や症状

妊娠が分かり体調変化を調べている女性

妊娠4週とは最後の生理から4週が過ぎた時点、つまり生理予定日の週を指しますので、生理が規則的に来ている人なら「もしかして遅れている?」「妊娠したかも」と気付き始める時期でもあります。妊娠しているかどうかをチェックする方法と、体調の変化や見られる症状について探っていきます。

妊娠検査薬の反応と注意点

生理予定日から使用できると謳っている妊娠検査薬は数多くあります。妊娠4週目なら、それらの生理予定日から使用できる妊娠検査薬で妊娠を調べられる時期ですので、気になる方は試してみるのも良いでしょう。
ですが、妊娠していてもタイミングによっては陽性反応がくっきりと出ないことや、妊娠していないにもかかわらず陽性反応が出ることもあります。時間をおいて再度妊娠検査薬で確認するか、妊娠5~6週目ころまで待って、産婦人科でエコー検査を受けて見ることができるでしょう。

妊娠していないのに陽性反応が出やすい人

特に不妊治療を行っている人は、妊娠検査薬が感知するhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)を注射によって体内に入れていることがありますので、妊娠していないにもかかわらず陽性反応が出てしまうことがあります。安静に体調を管理しながら1週間~2週間ほど経過観察し、まだ生理が来ないようなら産婦人科で検査をしてもらうようにしましょう。

他にも、尿たんぱくが出ている人や血糖値が高い人、閉経間近の人も妊娠していないにもかかわらず妊娠検査薬で陽性反応が出やすくなります。妊娠検査薬の結果をうのみにするのではなく、体調の変化や生理の状況など、しばらく様子を見るようにしてくださいね。

妊娠検査薬の陽性反応は本物?妊娠以外の陽性反応とは
妊娠検査薬の陽性反応は本物?妊娠以外の陽性反応とは
妊娠していない場合の陽性反応の示す意味や原因、フライング検査で薄い陽性反応が出た場合の曖昧な判定について、陽性反応後の生理など、妊娠検査薬が陽性反応を示した時について解説します。
妊娠しているのに陰性反応が出るケース

反対に、妊娠しているにもかかわらず、妊娠検査薬で陽性反応が出ないこともあります。これは、尿中のhCG量が、まだ妊娠検査薬が感知するhCG量になっていない場合によく見られます。普段から生理が不規則な人などは妊娠週数を数え間違えていることもありますので、1~2週間ほど経過観察をしてから、再度妊娠検査薬でチェックして見るようにしましょう。

妊娠検査薬が陰性になる理由・生理が来ないのは妊娠?
妊娠検査薬が陰性になる理由・生理が来ないのは妊娠?
妊娠検査薬を使った検査結果で陰性がでたのに生理がこない場合妊娠の可能性はあるのか、実は妊娠していたケースもあるのでどのような場合に陰性になるのか紹介します。

病院でエコー検査はまだ無理

妊娠したが気持ちの整理がつかない女性

「妊娠検査薬ではすっきりと分からない。病院で正確に調べてもらいたい!」という方もいらっしゃるかもしれませんが、妊娠4週目では、まだエコー検査などで赤ちゃんがいるかどうかを調べることはできないのです。

早い方では妊娠4週目で、エコー検査で子宮内に胎嚢(赤ちゃんが入っている袋)があることが確認できることもあるそう。しかし、産婦人科で「妊娠している」と確定されるのは、赤ちゃんの心音が確認できてからとなりますので、通常は妊娠6週目、遅い場合では妊娠7~8週目になってしまいます。その時期が来るまでは、とにかく母体の安静に努め、無理をせずにゆったりとした気持ちで過ごしていきましょう。

ママの主な症状は下腹部の痛みやハリ、高温期による症状

妊娠することでhCGの分泌量が増えます。hCGの分泌量が増えると、卵巣が腫れて下腹部痛を感じる人もいます。胎盤が形成され始める時期でもありますので、下腹部の痛みやハリを感じる人は徐々に多くなるでしょう。

また、女性ホルモンの分泌量も増えますので、おっぱいが張ったり、乳頭部がかゆくなったりすることもあります。乳輪部が黒っぽくなったり、おっぱい自体が熱っぽくなったりすることもあります。
基礎体温をつけている方は、高温期が続いていることに気付くかもしれません。体が火照ったようなだるいような感覚が続きますので、急に眠くなったり、風邪をひいたのかと勘違いしてしまったりすることも多いようです。

妊娠超初期の風邪のような症状と風邪の違い
妊娠超初期の風邪のような症状と風邪の違い
妊娠超初期の症状と、風邪の症状の違いや見分け方をご存知でしょうか?生理前症状や風邪などの症状は、妊娠超初期症状に似ています。違いを知っておけば、薬を飲んで良いか等、様々な事に気をつける事が出来ます。

妊娠4週の胎児の成長について

部屋でこれからの事を考えている妊娠初期の女性

妊娠3週のころには0.1mmほどであった赤ちゃんも、妊娠4週目のころには0.3~2mm程度まで成長します。すごいですね!ですが、これはおなかの赤ちゃんの目覚ましい成長のスタート。赤ちゃんの体の元となる内胚葉・中胚葉・外胚葉が作られ始め、消化器官や血液、感覚器などの基礎が誕生して行くのです。

そして、赤ちゃん(この時期は胎児ではなく胎芽と呼びます)に血液を送るための『心臓管』が、妊娠4週の終わり~妊娠5週目にかけて作られます。胎芽の周りに胎盤が形成され始め、お母さんの血管から栄養分や酸素がわずかですが送られるようになります。

過ごし方、体調管理や食生活など

妊娠しても大好きなバームクーヘンはやめられない女性

最後の生理から1ヶ月がたった妊娠4週目。どのようなことに気をつけて過ごすことができるでしょうか?体調管理や食生活などについても探っていきましょう。

妊娠していることが確定できないからこそ安静に過ごす

妊娠検査薬では妊娠陽性であることが分かったとしても、妊娠4週目はまだ産婦人科で妊娠が確定されにくい時期でもありますので、ほとんどの方が「妊娠しているのだろう」「妊娠しているかもしれない」と、不安定な状態にいる時期となります。

ですが、お腹の中に新しい生命がいる可能性が高い時期であることは間違いありません。体に負担をかけるような行動は控え、できればゆっくりとした気持ちで過ごしていきたいものですね。

体調管理のポイントは身体に負担をかけない軽い運動

妊娠を心待ちにしている人は、ゆっくりした動きで体に負担をかけないように慎重に行動するようになるでしょう。ですが、あまりに体を動かさないでいると、逆に体調が悪くなったり、運動不足から便秘になったりすることもあります。

もちろん、激しすぎる運動はNGですが、適度に体を動かして健康的な生活を送ることは、健やかな妊娠生活を続けていくためにも必要です。
お腹を圧迫しないストレッチやヨガ、空気の良い場所でのウォーキングやゆっくりめのランニングなどは、医師にストップをかけられない限り妊娠中を通して楽しめるスポーツですので、親しむようにしましょう。

また、運動量が減ると便秘にもなりやすくなります。かといって、便秘薬の大半は妊娠中や妊娠の可能性がある人は服用できないものですので、一日に1.5リットル程度の水を飲むように心がけたり、食物繊維が含まれる野菜やキノコ類を多めに食べるように心がけたりすることで、快適な腸内環境を作っていくようにしましょうね。

つわりには個人差がある

辛いつわりが続き切ない気持ちの女性

つわりというと、一般的には妊娠8週目~11週頃、つまり妊娠3ヶ月目にみられる諸症状を指していることが多いのですが、早い人では妊娠3週、4週目ころから見られることがあります。

体がだるくなったり頭が重い感覚を感じ続けたり、下腹部のハリや痛み、おっぱいのハリや痛み、特定のニオイに敏感に反応したり、吐き気や便秘、下痢、特定の食べ物が受けつけなくなってしまったりすることもあるのです。

人によっては全くつわりを感じずに出産までを過ごしてしまうことがありますが、つわりが重い人や長い人(妊娠15~17週ころまで感じる人も!)も少なくありませんので、つわりの出かたには個人差があるものだと認識しておきましょう。

出血に対応するためのおすすめおりものシート

妊娠4週目前後に、少量の出血が見られることもあります。茶色いおりものが出たり、生理初日のような色の血が出たりすることがあります。
妊娠4週目にこのような出血が見られることは珍しくありませんが、生理のように大量に出るものでもありませんので、下着やおりものシートをこまめに替え清潔に過ごすようにしましょう。

妊娠4週目の出血や、この時期に多くなりがちなおりものに適したいくつかのおりものシートをご紹介します。


サラサーティコットン100 2枚重ねのめくれるシートの画像
出典:www.kobayashi.co.jp

サラサーティコットン100 2枚重ねのめくれるシート/小林製薬

コットン100%のおりものシート。しかも二枚重ねになっているので、こまめに清潔さをキープすることができます。頻繁におりものシートを交換したい人にも適しています。


ロリエきれいスタイル消臭Agデオドラントの画像
出典:www.kao.com

ロリエきれいスタイル消臭Agデオドラント/花王

銀の力で消臭してくれるので、においが気になる方にも適しています。ロリエきれいスタイルには、無香料タイプやフローラルの香りなど様々な香りのものがありますので、好みのニオイで選んでも楽しい。


キヨラの画像
出典:www.sofy.jp

キヨラ/ソフィー

清潔感あふれる5種類のフレグランスから選べるおりものシート。パッケージもゴージャスなので、気分も上がる。

赤ちゃんが過ごしやすい胎内環境を心がけよう

いよいよ妊娠2ヶ月目に突入する妊娠4週目。お母さんの自覚を持って、タバコやアルコールなどの習慣を見直す時期でもあります。赤ちゃんにもっともよい胎内環境を提供できるよう、心がけていきましょう。

妊娠4週目は赤ちゃんの各器官の元が形成される時期

赤ちゃんは、毎日成長していきます。胚葉が作られ、胎盤の形成もこのころには始まります。まだ妊娠していると病院では確定できにくい時期でもありますが、決して無理をせずに日々を送っていきましょうね。