Loading

妊娠4ヶ月身体の変化や過ごし方

妊娠4ヶ月安定期目前のママと赤ちゃんの身体の変化は?

妊娠4ヶ月(妊娠12週・妊娠13週・妊娠14週・妊娠15週)には、どのような変化がママと赤ちゃんに見られるでしょうか。週ごとの変化や気を付けること、出血や腹痛などの少し心配な症状やお腹の張りについて解説しつつ、この時期の過ごし方やストレス解消法について紹介します。

妊娠4ヶ月安定期目前のママと赤ちゃんの身体の変化は?

妊娠4ヶ月のママの身体の変化は?赤ちゃんはどのくらい成長したの?

見た目には分かりにくくても、触って見るとはっきりとお腹まわりがふくらんでいることが分かる妊娠4ヶ月。妊娠12、13、14、15週を指し、妊娠初期の最後の時期ですが、ママや赤ちゃんの体にはどのような変化が見られるでしょうか?
胎児の様子や過ごし方、気をつけることなどについて説明していきます。

妊娠4ヶ月(妊娠12,13,14,15週)ママの体の変化とは?

お腹を抱える妊娠4ヶ月の妊婦さん

妊娠4ヶ月は体の調子や症状にはどのような変化が起こるでしょうか。週ごとの様子を見ていきましょう。

妊娠12週の体調の変化や症状

妊娠12週からはお母さんと赤ちゃんの状態が比較的安定し、つわりの症状も軽くなり、食欲が増えてくる方も多くなります。

妊娠12週の妊婦と胎児の変化、体調管理や食生活のポイント
妊娠12週の妊婦と胎児の変化、体調管理や食生活のポイント
妊娠12週目には、お母さんと赤ちゃんの体や症状にどのような変化が見られるようになるでしょうか。気をつけることや過ごし方、出血やつわりなどについても説明します。

胎盤が完成する

妊娠12週~妊娠16週くらいに胎盤が完成します。胎盤は血管が集まってできていますので、母体の血流が悪くなると赤ちゃんに充分な酸素や栄養が届かなくなってしまいます。血行を良くするためにも、体を冷やさないようにし、適度な運動とバランスのとれた食事を摂ることを心がけましょう。

また、タバコは血液中の酸素量や栄養素の含有量を減らしてしまいますので、お母さんが喫煙したり副流煙を吸い込む環境にいたりすると、赤ちゃんが低酸素・低栄養の危険な状態にさらされてしまいます。赤ちゃんが生まれた後の健康にも影響を与えますので、喫煙もしくは喫煙者の近くに長時間いることは避けましょう。

食欲が増してくる

むかつきや吐き気といったつわりの症状が治まると、急激に食欲が増えてくる方も多くなります。標準的な体重の方は、妊娠15週(妊娠4ヶ月目の終わり)の時点で通常時と比較して体重が1.5kg~2.0kg以上増加していないことが望ましいとされますので、急激に体重が増えないように食欲をコントロールしましょう。

妊婦は焼肉を食べても大丈夫?安心して食べるための注意点
妊婦は焼肉を食べても大丈夫?安心して食べるための注意点
妊婦さんが焼肉を食べてはいけないと言われる理由と、食べる場合にはどのような点に注意すればよいのか、また、特に注意すべき食材や、妊婦さんと焼肉にまつわるジンクスなどについても紹介します。

腰痛や腹痛は続く

妊娠12週ころには、つわりの症状は比較的治まりますが、腰痛や腹痛などの症状は依然として続きます。ホルモンバランスの変化や子宮の成長によって痛みが引き起こされますので、出産時まで継続して痛みを感じることもあります。

食欲増によって急激に体重が増えてしまうと、さらに腰に負担をかけて腰痛の原因になることもありますので、食べ過ぎにはくれぐれも注意して下さい。

また、子宮もどんどん大きくなりますので、膀胱を圧迫して尿意を頻繁に感じます。水分を積極的に摂取して、こまめにトイレに行くようにしましょう。

妊娠13週の体調の変化や症状

妊娠13週目には、エコー検査が膣内に器具を挿入する方式から腹部に当てる方式に変わることも多く、ママの検診による心理的・身体的負担もずいぶんと軽減されます。

妊娠13週お腹が膨らんできた時の過ごし方&気をつけること
妊娠13週お腹が膨らんできた時の過ごし方&気をつけること
妊娠13週目(妊娠4ヶ月2週目)はつわりも落ち着き、比較的過ごしやすい時期です。妊娠線予防など気をつけること、運動や食事などおすすめの過ごし方、胎児の変化や出血の有無、性別判定やダウン症の可能性を解説。

頻尿がおさまることもある

妊娠超初期から頻尿を継続して感じてきた人も、妊娠13週ころになると子宮が骨盤の上に固定されますので、膀胱が圧迫されないようになり尿意が治まってくることもあります。体調もすっきりする日が多くなりますので、動きやすい服装と歩きやすいシューズでウォーキングなどの軽い運動を積極的に行いましょう。

妊娠線ができ始めることも

お腹のふくらみも大きくなってきますので、おへそから下腹部にかけて妊娠線ができ始めることもあります。急激にお腹が大きくなることで妊娠線はできますので、妊娠線が見える前からオイルやクリームなどを塗って、おなかの皮が伸びやすくなるように準備しておきましょう。

オイルやクリームを塗る際に軽くマッサージするのは良いことですが、腹部を圧迫するような激しいマッサージは避けて下さい。やさしく赤ちゃんをいたわるような気持ちで、まんべんなくクリームを伸ばしていきましょう。

妊娠14週の体調の変化や症状

妊娠すると高温期が続きますが、妊娠14週前後から通常の体温に落ち着いてきます。基礎体温を毎日測っていらっしゃる方は、体の状態が安定してきたことをより実感できるかもしれませんね。

妊娠14週の症状&過ごし方、胎動や性別はわかる?
妊娠14週の症状&過ごし方、胎動や性別はわかる?
妊娠14週目(妊娠4ヶ月3週目)は安定期までもう少しの時期ですね。母体や胎児にどのような変化や症状、特徴が見られるでしょうか。気を付けること、つわりが長引く時の過ごし方、胎動の有無や性別の判定を解説。

妊婦検診に子宮底長の測定が加わる

お腹のふくらみも目立ってくるようになりますので、妊婦検診に子宮底長(子宮の上端から恥骨までの長さ)の測定も加わります。妊娠14週の子宮底長は12~18cmが目安ですが、メジャーで計測するため多少誤差がありますので、少々範囲外でも問題はありません。範囲から著しく外れる場合は、超音波検査の結果と合わせて不安を解消していきます。

おりものが増える

産道を赤ちゃんが通ることができるように膣が緩んできますので、おりものの量が増える時期でもあります。下着に長時間おりものがついた状態でいると、細菌の繁殖を招くこともありますので、おりものシートなどを使用して清潔に保つようにしましょう。

おりものの量が増えるのは自然なことですが、糊状や固まった状態のもの、緑っぽい色のものや濃い黄色のもの、匂いがつよいものが出るときは体内で異常が発生したサインです。すぐに病院で診察を受けるようにしましょう。

妊娠15週の体調の変化や症状

妊娠15週目には、早い方だと胎動を感じる方もいらっしゃいます。赤ちゃんが急成長している時期ですので、体をいたわり無理のない生活を送ることが大切です。

妊娠15週妊娠初期終了|ママの症状と胎児の成長&過ごし方
妊娠15週妊娠初期終了|ママの症状と胎児の成長&過ごし方
妊娠15週は妊娠4か月の最終週で安定期は目前です。この時期の胎児の様子、お腹のハリや腰痛などの症状、つわりが長引く場合の対処法、食事や体重管理など過ごし方のコツやダウン症や性別の診断も解説します。

ホルモンの影響によって鼻血が出ることも

エストロゲンと黄体ホルモンが増えることで、鼻の粘膜への血流が増えますので、人によっては鼻血が出やすくなることがあります。また、エストロゲンによって鼻の粘膜が膨張して、詰まったような感じがすることもあります。どちらも正常な現象ですので、特に心配する必要はありません。

体重が急増することもある

胎児の成長に合わせて、ついつい食欲が増してしまう時期です。無理なダイエットをする必要はありませんが、食欲が旺盛すぎると感じる場合は、こまめに体重を計測して増えすぎないようにコントロールするようにしましょう。妊娠前と比べて妊娠15週目で5kg以上増えている場合は、妊婦検診のときに食事指導されることもあります。

妊婦が刺身や寿司を食べるとき注意したい魚の摂取量目安
妊婦が刺身や寿司を食べるとき注意したい魚の摂取量目安
妊婦さんが刺身や寿司を実際食べる場合に注意する点、食べる量に注意したい魚介の種類や摂取量の目安の他、妊婦さんでも比較的安心して食べられる魚の種類や自宅で魚を調理する場合の注意点などにも触れていきます。

いよいよ安定期へ

妊娠15週目が終わるとようやく妊娠4ヶ月目も終わります。次の妊娠5ヶ月目からは、いよいよ安定期と呼ばれる時期です。妊娠期全体の中でも、母体も胎児も安定して体を動かしやすく感じる時期ですので、くれぐれも無理はしないように出産準備を初めて行きましょう。

もし出血があったときは?

子宮の炎症や胎児の染色体異常、過度のストレスなどが原因で、出血することもあります。おりものの中に血のようなものが混じっていたり、生理のような血が見られたりしたときは、すぐに病院で診察を受けるようにしましょう。

特に、妊娠4ヶ月目はおりものが増える時期ですので、細菌が繁殖してしまわないように下着をこまめに替えたり、おりものシートを利用して清潔に保ったりする必要があります。常に、自分の状態をチェックして、異常が見られるときは自己判断をせずに、医師の指示を仰ぐようにしてくださいね。

胎児は急成長、胎動が感じられることも!?

妊娠4ヶ月の胎児の成長の様子

妊娠12週のころには体長60mm前後だった赤ちゃんも、妊娠4ヶ月の終わりに近づくと体長100~130mmと2倍に成長します。妊娠4ヶ月目は胎児が急成長する時期でもあるのです。体重も、妊娠12週では15~20g程度でしたが妊娠15週には40~100gと、1ヶ月で2~5倍に増えます。

手足や首が伸びて、体はまだ小さいものの新生児とあまり変わらないバランスになってきます。筋肉も成長していきますので、骨格の個人差が見られるようになります。

いっぱい動いて胎動をママにアピール!!

妊娠5ヶ月目くらいから胎動を感じるお母さんが多いのですが、早い方の場合は妊娠15週ころから赤ちゃんの動きを感じる方もいらっしゃいます。

実際には、妊娠8週目ころから筋肉はついてきますので赤ちゃんは子宮内を動いているのですが、子宮に比べて赤ちゃんがあまりにも小さいために「胎動」として感じることができません。妊娠15週くらいになると赤ちゃんの体長も10cmを超えますので、赤ちゃんの動きを「胎動」として感じることができるようになるのです。

妊娠15週での性別の判定は可能!?

エコー検査で、赤ちゃんの体長や頭の大きさ、臓器や骨格・筋肉の成長などを測定します。その他にも、胎盤の様子やへその緒の状態などもチェックします。

一般的に赤ちゃんの性別がわかるのは、妊娠16週目以降といわれていますが、妊娠15週目で判明した方もいるようです。しかし、エコー検査のタイミングによっては、股の部分が写りにくく、性別がなかなか分からないことや、鮮明に見えないために断定できないときもあります。

出産時まで性別が分からないことや、医院の方針で性別を教えないこともありますので、生まれる前にどうしても知りたい場合は、詳しく調べてくれると評判の産婦人科などを探してみるのも良いでしょう。

赤ちゃんのエコー写真用語解説&キレイに保存する方法
赤ちゃんのエコー写真用語解説&キレイに保存する方法
赤ちゃんのエコー写真はまだお腹の中にいるときの大切な成長の記録。エコー写真に並んだ専門用語がもとのアルファベットも意味が分かると赤ちゃんの成長の様子がよくわかりますよ!赤ちゃんのエコー写真の保存方法も。

性別を知りたくない場合は事前に医師に伝える

性別を知りたいか妊婦に尋ねてから伝える病院が多いですが、知りたくないのにもかかわらず教えてくれることもあります。
生まれるまでは赤ちゃんの性別を知りたくないと考えている方は、性別が判明するようになる妊娠5ヶ月目までに、知りたくない旨を担当の医師に伝えておくようにしましょう。

過ごし方は「普段通り」でOK!冷えと締め付けには注意!

外で読書をしながらリラックスする妊婦さん

赤ちゃんが急成長する妊娠4ヶ月目。お母さんはどのように過ごすのが良いでしょうか。イライラした気持ちの解消法や気をつけることについても見ていきましょう。

リラックスできる服装で、適度な運動を!

つわりが治まり、活動しやすくなりますが、おなかの中では赤ちゃんが急成長している時期ですので、体をいたわりながら過ごしていく必要があります。

ゆったりとした服装

よく見ればお腹がふっくらしているくらいの時期ですので、つい妊娠していないときと同じようなタイトな服を選んでしまうかもしれません。
あまりにぴったりとした服を長時間着ていると、お腹に圧力をかけてしまうだけでなく腰痛や腹痛、脚の付け根の痛みの原因になってしまうこともありますので、ゆったりとした服装を選ぶようにしてください。

妊娠3ヶ月目までは通常のパンツなどを履いていた人も、妊娠4ヶ月目からは腰回りがゆったりとしたマタニティジーンズやマタニティパンツなどを着る方が良いでしょう。かわいいデザインのものもたくさんありますので、マタニティウェアでおしゃれを楽しみましょう。

洋服だけでなく下着も、本格的にマタニティ仕様のものを選ぶ時期です。胸や腰回りが伸縮して出産時まで使用できるものや授乳期まで使用できるものなどもありますので、好みに合わせて選びましょう。

適度な運動で健康な妊婦生活を

妊娠5ヶ月目を過ぎて、さらにお腹が大きくなると、動きも自然とゆっくりと小さくなっていきます。妊娠4ヶ月目は、まだお腹もそこまで大きくはなく、服の上からではまだ妊娠しているかどうかも気付かれにくい時期ですので、激しい運動以外なら大抵のことは無理なくこなすことができます。
出産という大仕事を乗り切るためにも、この時期に体力をつけておきましょう。

一般のジムやスイミングクラブでも、『マタニティスイミング』や『マタニティヨガ』などを実施しているところもたくさんあります。他の妊婦さんたちとコミュニケーションをとることで、地域の情報を入手するだけでなくストレス解消もできますので、積極的に関わって見るのはいかがでしょうか。

運動や仲間づくりでイライラを解消しよう

いつもと同じように仕事をする妊婦

イライラした気持ちを貯め込んでいると、ストレスになってしまいます。ストレスが大きくなると赤ちゃんの成長にもプラスにはなりませんので、貯めこまないようにする必要があります。

体を動かすことでイライラ解消

近所に出かけてお散歩をするだけでも、気分は晴れやかになります。一日に一回は歩いたりお買い物をしたり、気分転換や運動をするようにしてみましょう。

地域のサークルなどに参加してイライラ解消

産婦人科や地域で開催している「マザーズサークル」などに参加して見るのも、ストレス解消に役立つかもしれません。
妊婦にしか分からない気持ちや悩みなどを打ち明けることで、「だれも私を理解してくれない・・・」という思いやイライラした気持ちも軽くなるでしょう。

普段の生活で気をつけることは?

体を温めるためお茶を飲む妊婦さん

つわりが治まって体が楽になったとしても、「締め付けないこと」と「冷やさないこと」を常に念頭に置いておく必要があります。仕事をしている方は周りにも協力を求めて、体に負担をかけないように生活していきましょう。

また、食べ物にも注意が必要です。アルコールやカフェインは量を控え、葉酸やタンパク質、鉄分、カルシウムが豊富な食事を摂るようにしていきましょう。

妊娠4ヶ月目は胎児が急成長する時期

1ヶ月で体長も体重も2倍以上になる赤ちゃん。そろそろ性別が判明するということで、ママはドキドキしたり、女の子だったらこんなことをしよう、男の子だったらあんなことをしようと想像の楽しみも広がっていきますね。
赤ちゃんの成長に合わせて、お母さんとして、体も心も成長していく時期でもあります。つわりが治まるってきても、腹痛や腰痛など体調がすぐれない日もあるかもしれません。体をいたわり、無理のない生活を送ってください。