妊娠42週以降の出産の流れ

妊娠42週以降の流れ・過期産のリスクから赤ちゃんを守る

妊娠42週目、予定日をはるかに超えてしまっているのになかなか産まれてこない…過期産への不安は募るばかりですが、妊娠42週に入るとお腹の環境がどのように変わり、赤ちゃんにどのようなリスクが出てしまうのか、ママと赤ちゃんを守るためにどのような処置が行われていくのかをご紹介します。

妊娠42週以降の流れ・過期産のリスクから赤ちゃんを守る

妊娠42週まだ産まれない!赤ちゃんと私、一体どうなるの?

人間の妊娠期間である十月十日を無事に過ごしてきたにもかかわらず、出産予定日を迎えてもなかなかお腹の赤ちゃんは生まれてこない…。

出産予定日を2週間も過ぎてしまうと出産にもお腹の赤ちゃんにも危険なリスクが―――という話を耳にするならいてもたってもいられず不安でいっぱいになりますよね。本当だったらもう会えてるはずなのに…と思うと一日一日がとても長く、とても心配です。妊娠42週のお腹の赤ちゃんの状態をみていきましょう。

予定日超過、お腹の赤ちゃんの状態は?いつまで大丈夫?

過期産に入り不安になるママ

予定日が過ぎ1週間を経過しようというあたりからは不安な日々が続き、妊娠42週ともなると頭の中はお腹の赤ちゃんの心配でいっぱい!赤ちゃんはいつまでお腹の中にいても大丈夫なのでしょうか?

妊娠週数経過のお腹の環境と赤ちゃんの様子

予定日を過ぎているのに出産の兆候がないと一番の気がかりはお腹の赤ちゃんの状態ですが、まずは予定日超過後の週数別にお腹の様子をチェックしていきましょう。

妊娠40週のお腹の赤ちゃん

赤ちゃんの様子

妊娠40週目の赤ちゃんは体のほぼ全ての機能が出来上がっています。まだ涙を流す機能は未発達ですが髪や爪も伸び、口を動かす筋肉も発達していつ外に出ても大丈夫なまでに準備が整っています。赤ちゃんの身長体重も十分に成長し子宮内が窮屈になるために胎動は少なくなってきますが、出産するまで胎動はなくなりません。

妊娠40週予定日超過!陣痛を促すための過ごし方
妊娠40週予定日超過!陣痛を促すための過ごし方
妊娠40週、予定日を超過しても陣痛がこないと不安を感じているママに、出産に向けての心の準備や、陣痛を促すために出来る事、少しでも不安を解消して陣痛が始まるのを待てるような妊娠40週の過ごし方をご紹介します。
お腹の環境の変化

出産予定日を超えると少しずつ胎盤機能が低下し子宮内の羊水は減り始めますが、予定日のずれは問題なし。どちらかと言うと予定日に生まれてくるほうが少なく、予定日が過ぎたからとすぐに何か大きな問題が起こるという訳ではないので焦る必要は皆無です。

妊娠41週はまだ大丈夫?

胎盤の寿命は妊娠41週までといわれており、胎盤機能は徐々に低下していきますので、お腹の赤ちゃんに酸素や栄養が届きにくくなっていきます。
そのため胎盤機能不全や羊水減少などの妊娠42週以降の出産のリスクを回避するためにこの時点で人陣痛促進剤などでの分娩を促す処置を行う産院が多くなります。

妊娠42週以降はリスクが高くなる?

妊娠42週を過ぎると胎盤の石灰化を指摘されることも。石灰化という字面が少しショッキングですが胎盤の機能低下が進行し縮んで硬くなってきていることを指します。では、胎盤の機能が低下するとお腹の中はどのように変化していくのでしょうか?

お腹の環境の変化

胎盤の機能が低下するとへその緒を通して運ばれていた酸素は少なくなります。通常胎児はおなかのなかで便はしませんが、この時期の低酸素状態が赤ちゃんのお腹を刺激して、胎便排出を促してしまいます。羊水混濁(羊水が汚れること)はさらにお腹の赤ちゃんを苦しくさせてしまう要因で、お腹の中の環境は日に日に悪くなってしまいます。具体的には後から解説いたします。

妊娠42週は赤ちゃんの様子に特に注意して

出産予定日の超過自体はさほど珍しいものではなく、予定日を少し過ぎてしまったくらいであればほとんど問題はありません。しかし、妊娠41週を過ぎてからはママのお腹の環境は少しずつ変化していき、妊娠42週を超えてくると赤ちゃんや母体へもそれによる影響は生じてきてしまいます

予定日超過後は妊婦健診でこまめに赤ちゃんの状態のチェックをしながら、今後の流れを医師と相談するようにしましょう。

正常なお産時期を過ぎた妊娠42週以降はリスクが高まるお産時期

出産を控え自宅で安静にする妊娠42週のママ

正期産は妊娠37週0日~41週6日の35日間の期間を指し、この時期に産まれた赤ちゃんは体の各機能も十分に成熟しているので、ママのお腹の外での生活適応も何ら問題なく、出産に一番理想的な時期になります。

しかし、正期産を過ぎた妊娠42週0日を超えての出産は過期産といわれ、胎盤機能の低下や羊水減少などの影響で産まれてくる赤ちゃんや母体へのリスクは高まります。
ちなみに、『過産期(過期妊娠)』は生産期を過ぎた妊娠42週0日以降の妊娠期間を指し、この期間の出産を『過期産』といいます。

予定日超過する赤ちゃんはどれくらい?

出産予定日を過ぎると不安な気持ちも大きくなってしまいますが、実際、出産予定日超過での出産はどれくらいあるのでしょうか?

予定日当日は1割弱!妊娠40週~41週での出産する確率

産婦人科医やパパママが予定日と言ってみたところで、赤ちゃんサイドは予定日のよの字も知りません。

初産の自然分娩をとりまとめたデータを見てみると、妊娠37週から妊娠39週までの出産は全体のおよそ半数弱。妊娠40週での出産は全体の3割強+妊娠41週での出産が全体の2割弱で、半数以上が予定日を超過していることが伺えます。
自然分娩での出産率は妊娠40週が一番多く、次に妊娠39週、41週、38週、37週となっていますが、その中で予定日当日の出産は1割以下というデータは特に目を引く事実と言えるかもしれません。

予定日は「赤ちゃんの成長を考えると大体このくらいに生まれてくるんじゃないかな~?」という目安でしかなく、あとは赤ちゃん次第な一面があるのです。

妊娠42週に入る人はどれくらい?

ですが、妊娠42週ともなるとぐっとその割合は減ります。
日本では過期産になる割合は全体の約2%ととても少ないのですが、これは日本人が過期産になりにくい体質という訳ではなく、妊娠42週に入る前に過期産のリスクを回避するために誘発分娩などの処置が行われているからです。

ちなみに妊娠43週での出産はあるの?

妊娠42週でも稀なぐらいですからその更に上を行く妊娠43週以降の出産は、現在の日本ではないに等しいと言えます。妊娠42週以降の妊娠継続や出産のリスクを考えると、遅くとも妊娠42週中に何らかの処置がとられるのが一般的ではありますが、お腹の中の環境やお腹の赤ちゃん、ママの体に問題がないようであれば長期的な経過観察を行う自然分娩を推奨する病院もなくはないようです。

出産兆候がみられない…予定日超過や過期妊娠の原因

過期産の原因としては、分娩を促すためのホルモン分泌の問題やお腹の赤ちゃんに何らかの問題が発生している可能性等が考えられていますが、過期産になってしまう明確な原因は分かっていません。そのため過期産を予防する方法もないのですが、適度な運動やマッサージなど普段の生活に取り入れられる陣痛を促す方法は色々あります。

陣痛を促す方法を実践したからといって過期産にならないという訳ではありませんが、正期産の時期に入ったら積極的に体を動かすなど、何らかの安産につながる過ごし方をすることは、安産守りを持ち歩くだけよりは効果がありそうです。

予定日超過でもある種分岐点となってしまう妊娠42週。予定日超過後はお腹の環境や赤ちゃんの様子を見ながらの医師の判断が第一です。妊娠42週目に入る前から健診や十分な説明を受け、不安だけを膨らませ続けることのないようにしましょう。

妊娠41週、まだ陣痛が始まらない!予定日超過の原因と影響
妊娠41週、まだ陣痛が始まらない!予定日超過の原因と影響
妊娠41週になり予定日を過ぎても出産の兆候が見られないと誘発分娩の可能性も出てくるので出産に対しても大きな不安が出てくるところ。予定日超過の原因や過ごし方、不安な誘発分娩についてご紹介します。

妊娠42週、誘発分娩や帝王切開の処置

お腹回りを計測するママ

妊娠41週は様子を見ていたケースでも、妊娠42週に突入しても出産の兆候が見られないとき、赤ちゃんの状態が懸念されるために処置分娩を行います。

妊娠42週以降の過期妊娠のリスク

赤ちゃんがお腹の中に長くいる状況が続くと様々な悪影響があるといわれています。特に問題になるのが羊水の減少と胎盤機能の低下にあるといわれていますが、どのような危険性があるのでしょうか?

羊水の減少

過期妊娠になると胎盤機能が低下し、羊水が著しく減少していきます。
過期妊娠でおきる羊水量の減少は、胎児胎盤循環の血液量の相対的な減少が原因ではないかといわれています。羊水量はお腹の赤ちゃんのおしっこの量や胎盤の循環状態などでも大きく変わってきますが、胎盤機能が低下すると赤ちゃんのおしっこの量も減ってしまって羊水量に影響を及ぼしてしまのです。

羊水減少は胎児機能不全を引き起こしてしまう恐れもあります。こうなるとお腹の赤ちゃんにも危険であるため、緊急分娩や帝王切開を行います。ちなみに、羊水には分娩時のクッションとしての役割もあるので、スムーズな分娩をという意味でも著しい羊水減少はやはり問題です。

胎盤機能の低下

胎盤の寿命は妊娠41週頃までであるため、それ以降は胎盤の劣化が始まります。胎盤が劣化するとその機能も低下してしまい、胎児の栄養や酸素がうまく送れなくなってしまい、これまでの安全な環境が一転、赤ちゃんを危険にさらす環境となります。胎盤の機能が低下し赤ちゃんは胎内にいる時点で自身の脂肪や糖質を使わざるを得ない状態になると、出産後は低血糖の状態になってしまっていることも。

羊水の減少や胎盤機能の低下は、実に様々な合併症を引き起こしてしまう危険性が高いのです。

妊娠42週以降の出産の過期産(分娩時)のリスク

赤ちゃんに会えるのを心待ちにする妊婦

妊娠期間が通常よりも長くなってしまう過期産は、母体にかかる負担は大きくなります。ということは、同時にお腹の赤ちゃんにも非常に大きな負担となってしまいます。

巨大児

妊娠週数に関わらず4000gを超える赤ちゃんを巨大児といいます。正期産の範疇を超えて胎内に滞在していた赤ちゃんには巨大児の傾向も懸念され、出産時のリスクが高くなります。
ママの骨盤と赤ちゃんの頭の大きさを測り、経膣分娩が可能かどうかの判断がされ巨大児でも可能であれば経膣分娩を選択し出産できますが、難産によって後遺症などが残るなどのリスクがあるため、経膣分娩を選択できる場合でも、緊急の帝王切開についても説明を受けておきましょう。

巨大児の定義とは?低血糖やダウン症との関係性
巨大児の定義とは?低血糖やダウン症との関係性
巨大児とは赤ちゃんがおなかの中で育ちすぎて4,000gを超えてしまった赤ちゃんを指します。巨大児の定義や原因、低血糖やダウン症の関係性、出産方法などを解説していきます。
難産の可能性が高い

巨大児の赤ちゃんは通常よりも体が大きいため、難産傾向にあります。産道を通るのに時間がかかるだけでなく、分娩のときに頭は出ているのに肩が引っかかりお産が進まない「肩甲難産」のリスクも生じます。十分な酸素が赤ちゃんに届かなくなることによる胎児仮死や呼吸障害を防ぐため、分娩時間があまりに長くなったときには帝王切開などの緊急の処置が行われます。

会陰裂傷による出血

巨大児の赤ちゃんを出産するときに、ママの膣や会陰に大きな負担がかかり裂けてしまう可能性があります。赤ちゃんが大きければ裂傷も大きくなります。

分娩による赤ちゃんのケガ

大きな赤ちゃんは産道を通るときに肩などがつかえたりなど、出産まで道のりに障害が多く発生します。つっかえてうまく産道を進めないときに、強い力が赤ちゃんの体にかかってしまうと鎖骨が折れてしまったりなど赤ちゃんが思わぬケガをしてしまうことも。

胎便吸引症候群

赤ちゃんは、通常お腹の中では尿は排泄しても便は排泄しません。しかし、胎盤機能が低下するなどが原因で低酸素状態になると反射的に腸が活発に動き出し、お腹のなかで便失禁を起こしてしまいます。

排泄された便は羊水の中を浮遊し、この胎便を赤ちゃんが吸い込むと、つっかえて呼吸困難を引き起こしてしまう恐れがあり、早急な処置が求められます。

過熟児

過期産の赤ちゃんはママのお腹の中にいる期間が通常よりも長くなるため、胎盤機能の低下が原因となり『過熟児』になりやすいのですが、過熟時の赤ちゃんは正期産の赤ちゃんに比べて胎児仮死を引き起こしやすいとされます。

過熟児と診断された赤ちゃんは産後も低血糖、脱水、呼吸障害がないか注意が必要となり、症状が認められるときは保育器内での輸液や酸素投与などの治療が行われます。

過熟児で産まれた赤ちゃんの特徴

胎盤機能が低下していくと栄養不足や酸素不足が起こり、以下の症状を招きます。

・皮下脂肪がなく痩せ気味
・皮膚の色が黄色く一部の表皮がはがれている
・手の平や足の裏がシワシワ
・皮膚が乾燥してひび割れている

他にも胎便の影響で臍帯が緑色に着色していたり、皮膚、爪の黄染がみられます。この症状はクリフォード徴候(胎盤機能不全徴候)と呼ばれています。

過期産であっても赤ちゃんの状態に問題がなければ正常に産まれてきますが、お腹の赤ちゃんの状態に急変がないかを含めてまめに観察していく必要があります。

過期産のリスクとは?出産予定日を過ぎたら行う検査と対応
過期産のリスクとは?出産予定日を過ぎたら行う検査と対応
過期産とは?そもそもいつからが過期産なのか、どのようなリスクがあり、またどのような対処が取られるのか。帝王切開となった場合の保険適応は?等々、ママが気になる情報を紹介します。

陣痛促進剤を使っても全く効かない!妊娠42週以降は帝王切開率も高くなる

妊娠42週を過ぎてしまうとお腹の中の赤ちゃんや母体に様々なトラブルが起きやすくなります。そのために日本では自然分娩できる状態であっても妊娠42週に入る前に入院し、人工的に陣痛を促す誘発分娩の処置をとるのが一般的です。

しかし、ママの持病で陣痛促進剤の使用が出来なかったり、陣痛促進剤を使用しても陣痛がおきない場合や、その他羊水の減少など、お腹の赤ちゃんの安全を考慮しあらかじめ帝王切開による分娩が選択されることも多くあります。

また、妊娠42週以降は誘発分娩を行ったとしても、難産で分娩時間がかかりすぎたりその他様々な要因からお腹の赤ちゃんが危険な状態に陥っている、母子共に負担が大きすぎる場合には途中から緊急帝王切開に切り替えられることも多くあります。

帝王切開の痛みはいつからいつまで?術後の痛みの期間
帝王切開の痛みはいつからいつまで?術後の痛みの期間
帝王切開の痛みはいつからいつまで続くのか、時期と痛みを和らげる対処法を紹介します。帝王切開の痛みは自然分娩の痛みとは違う痛みがあります。一般的な痛みの種類、寝方などを工夫した痛みの緩和方法です。

予定日超過、過期妊娠で行われる検査は赤ちゃんを知る重要な手がかり

産婦人科でエコー検査を受ける妊婦

予定日を過ぎると妊婦健診の回数も増え、赤ちゃんチェックは頻繁になされますが、出産予定日を1週間程過ぎると管理入院をして経過を管理・観察する産院は多いです。お腹の赤ちゃんはいつ生まれてもおかしくはない状態を通り越し、一日も早く生まれてきてほしい段階。お腹の状況、赤ちゃんの状態はより丁寧に観察されていきます。

予定日超過で行われる検査で何が分かるの?

出産予定日を過ぎても赤ちゃんが産まれない場合には、妊婦健診の回数を増やし、超音波検査等で赤ちゃんの発育の状態や胎盤の機能、羊水量等を詳しく検査していきます。

妊娠数週の再検討

過期妊娠かの判断の前に、まず妊娠数週が正しいかの再検討が行われます。
妊娠前の月経不順などによる週数のずれの有無や妊娠初期の超音波で測定した頭殿長と児頭大横径が実際の妊娠週数と合致するかを改めて再確認します。

胎児胎盤機能検査

過期産の可能性が濃いときには、胎児の心拍数、羊水の量、胎児の動きをチェックし異常が発生していないかを確認します。胎盤機能低下の兆候が現れたり、胎児の心拍数に異常がみられたときは分娩を急がなければいけません。

生化学的検査

生化学的検査では、母体血中ヒト胎盤性ラクトーゲン、尿中エストリオールというホルモンの測定が行われます。胎盤の機能が低下していないか、お腹の赤ちゃんは元気かどうかを判定します。

生理学的検査

胎児胎盤機能検査のうち生理学的検査は、主にお腹の中の赤ちゃんの情報を得るための検査になります。

ノンストレステスト(NST)

ママのお腹に陣痛計と胎児心拍計を付けて、子宮の収縮圧とお腹の赤ちゃんの心拍数を記録していきます。赤ちゃんは元気なのか、陣痛による子宮収縮の圧力に耐えられるのかどうかをチェックしていきます。

超音波検査

超音波検査には経腟超音波検査と経腹超音波検査がありますが、妊娠中期以降はママのお腹に超音波ジェルを塗り、その上から超音波の出る機械『プローブ』を当てて、お腹の赤ちゃんの大きさや羊水量、胎盤の位置、赤ちゃんの向きや形態異常の有無を確認していきます。

過期妊娠に限らず妊娠34週頃〜出産までに全ての妊婦さんが数回受ける検査ですが、ママのお腹の環境や赤ちゃんの状態を知るためにもとても大切な検査であるため、より念入りにチェックされていきます。

出産においてお腹の赤ちゃんや母体の状態を把握することはリスクに備える意味でも非常に大切。検査結果から医師は目では見えない状態をも推測していき、必要と思われる処置を洗い出していきます。妊娠予定日をはるかに超えてしまい不安な状態ですが、赤ちゃんを守るため、必要な検査を受け医師と相談し今後の流れを決めていきましょう。

不安になりすぎないで!すぐ赤ちゃんに会える

通常の妊娠分娩以上に様々なリスクが生じるのが過期妊娠、過期産。妊娠42週に入る前に誘発分娩などで分娩を促すなどの処置が行われるのが一般的にはなっていますが、まれに経過観察していくケースもなくはありません。

危険から赤ちゃんを守るために予定日超過後に行われるこまめな健診で母体やお腹の赤ちゃんの状態をみながら医師も判断をしていきます。妊娠42週に入り過期産になってしまうと不安は大きくなるばかりですが、不安はキチンと伝え、医師と相談しながら今後の流れを決めていきましょう。

妊娠42週前後には予定していた分娩スタイルもその状況に応じて変わってくる可能性は高くはなりますが、どんなかたちでの出産になろうとも「もうすぐ赤ちゃんに会えるんだ」とプラスの気持ち持って挑んでくださいね!

おすすめコンテンツ