Loading

妊娠40週陣痛を促すための生活

妊娠40週予定日超過!陣痛を促すための過ごし方

妊娠40週に入ると胎児はいつ生まれても大丈夫な状態です。ママのお腹の張りも頻繁になり、おしるしや前駆陣痛がある人もいれば、まったく出産兆候がなく、このまま陣痛がこないのではと不安に感じている人もいるでしょう。予定日超過とはどういうことなのか、陣痛を促す方法とともに紹介します。

妊娠40週予定日超過!陣痛を促すための過ごし方

妊娠40週、出産予定日を超過してもストレスなく過ごす方法

出産予定日の週になりました。妊娠40週0日が出産予定日ですので、予定日に生まれない場合は「出産予定日超過」と呼ばれますが、40週に生まれる赤ちゃんは全体の35%にあたり、予定日当日に生まれる確率は20人に1人という低い確率なのです。

また、出産予定日超過といわれるととても心配になりますが、正産期は41週6日までなので過剰な心配はいりません。
陣痛促進剤を用いる誘発分娩などの処置は42週を過ぎないために行われるものです。
出産予定日超過とはどのようなものなのでしょうか、また、どのように過ごせばよいのでしょうか。

妊娠40週の赤ちゃんの様子

妊娠40週を迎え陣痛が来なくて焦る女性

妊娠40週のお腹の赤ちゃんは体のほぼ全ての機能が完成し、いつ外に出ても大丈夫なように準備が整い、今か今かとママとのご対面を心待ちにしています。

妊娠40週の胎児の身長・体重

妊娠40週目の胎児の身長は約48~50cm、体重は3,000~3,500gに成長しています。

妊娠40週のお腹の赤ちゃんは、お腹の外で生活できる準備が整っています。胎盤の中に入り、外に出る準備をし、髪の毛や爪も生え口のまわりの筋肉も発達して、生まれてすぐに声を出せるようになっているのです。

この時期はお腹の赤ちゃんも大きくなっているので、エコー写真も一部しか写りませんが、表情も豊かになっています。

赤ちゃんのエコー写真用語解説&キレイに保存する方法
赤ちゃんのエコー写真用語解説&キレイに保存する方法
赤ちゃんのエコー写真はまだお腹の中にいるときの大切な成長の記録。エコー写真に並んだ専門用語がもとのアルファベットも意味が分かると赤ちゃんの成長の様子がよくわかりますよ!赤ちゃんのエコー写真の保存方法も。

出産に向けて胎動が減る

妊娠40週になるとお腹の赤ちゃんは、出産準備のために骨盤の方に下がってきています。

骨盤の中にすっぽりと頭が入る事が多く身動きが取りにくくなることで胎動が弱まったり、減ったように感じる事があります。
しかし胎動の感じ方には個人差があり、手足を動かす元気な赤ちゃんもいるので、胎動を感じる頻度が変わらないのであれば問題はありません。
逆に胎動が極端に減ってしまったり、まったく感じなくなってしまった場合は悩まずに病院に連絡しましょう。

胎動が弱い原因は赤ちゃんではなくママにあった!?
胎動が弱い原因は赤ちゃんではなくママにあった!?
胎動が弱い赤ちゃんは元気なの?ママは心配してしまいがちですが、大丈夫です!胎動が弱い意外な原因を解説し、赤ちゃんからのメッセージである胎動を感じやすくする方法、本当に危険な胎動の状態をお伝えします。

赤ちゃんを守る羊水が少しずつ減りはじめる

羊水量は、お腹の赤ちゃんの成長の段階によって変わっていきます。妊娠週数が進むにつれて増えていき妊娠35週頃にはピーク量の約800mlになり、妊娠40週を過ぎると500ml以下になり減少していきます。

羊水の量が少なくなると、お腹の赤ちゃんの体を循環する血液の量が少なくなったり、発育不全が起こったりすることがありますが、危険な状態の「羊水過少症」というのは一般的に100ml以下になった場合を指すので、羊水が少ないと診断されても少なめ程度であれば必要以上に不安になりすぎなくても大丈夫です。

羊水過少症とは?

羊水はお腹の赤ちゃんを守るクッションのようなものです。
極端に羊水が減ってしまうと胎児と胎盤をつなぐへその緒が胎児と子宮に圧迫されて、血流の流れが悪くなり酸素や栄養がお腹の赤ちゃんに届かなくなり、胎児機能不全に陥る原因となりお腹の赤ちゃんの健康に問題が出てきます。

また、へその緒だけではなく胎児が子宮の壁に圧迫されたり、外部からの衝撃にも弱くなるために肺がうまく成長しなかったり、手足や関節が縮こまってしまったり変形してしまったりするのです。

お腹の赤ちゃんは羊水を飲んで尿として排出し肺を鍛えています。羊水を飲む事で外の世界で生きていくための肺呼吸の練習し肺機能を育てているため、羊水が少ないと飲む量も少なくなり肺の活動も低下し危険な状態になりかねません。
出産時にも子宮の収縮でへその緒が圧迫されてしまい、お腹の赤ちゃんが低酸素状態に陥ったり、微弱陣痛により難産になる原因にもなるのです。

妊娠中のタバコが厳禁な理由

羊水が少なくなる原因は、前期破水によるものと、子宮への血流の減少です。
タバコは血流を悪化させる原因となりお腹の赤ちゃんに負担がかかります。妊娠中は妊婦さん自身はもちろん、副流煙にも注意しましょう。また、羊水が少ないとクッション機能も低下してしまうため、お腹を締め付ける衣服は避けお腹への衝撃にも気を付けましょう。安静と水分を十分にとる事を心がけ、少しでも破水を感じた時はすぐに病院へ連絡しましょう。

胎盤機能の低下により酸素や栄養が届きにくくなる

陣痛がきて呼吸を整える妊婦さん

出産予定日を過ぎると、胎盤の機能がだんだんと衰えてきてしまいます。胎盤の機能が低下すると、へその緒を通して運ばれる酸素や栄養がお腹の赤ちゃんに行き届きにくくなっていき、胎盤機能不全になってしまう可能性が出てきてしまいます。

妊娠40~41週くらいになると、陣痛促進剤を使用し分娩を促す事が多いですが、胎盤機能不全のリスクが高まってしまうのを避けるために用いられます。

胎盤機能不全とは?

お腹の赤ちゃんは胎盤からへその緒を通じてママから酸素や栄養を届けてもらったり、老廃物や炭酸ガスを排出したりする役割がありますが、胎盤機能不全になってしまうと運ばれるはずの酸素や栄養がお腹の赤ちゃんに行き届かなくなる状態になります。
胎盤機能不全になってしまう事によって、赤ちゃんの発育が悪くなってしまったり、仮死状態という危険な状態になってしまう場合もあるのです。

胎盤機能不全にならないために、妊娠高血圧症にならないように注意しましょう。

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)とは?症状と予防&対処法
妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)とは?症状と予防&対処法
妊娠高血圧症候群とは数年前まで妊娠中毒症と呼ばれていた病気ですがかかるとママや赤ちゃんにどのようなリスクがあるのか、食事療法などの治療法や妊娠高血圧症候群発症のリスクを下げる生活の注意点を解説。

食生活を見直しながらバランスの良い食事を心がけ、体重が増えすぎないように注意するほかに、塩分の摂取量を1日に10g以下に抑える事も胎盤機能不全の予防につながります。

赤ちゃんの頭がしっかりしてくることで、難産になる可能性があがってしまう

児頭は出産時に「児頭応変機能」が働き狭い産道を通りぬける際に、産道の圧迫により頭の骨の継ぎ目を互いに重ね合わせ出来るだけ頭を小さくします。
お腹の赤ちゃんの頭の骨は薄く、骨と骨の継ぎ目が固まっていないために形を変える事が出来るのです。

妊娠40週以降になると児頭の化骨形成が進むことから、出産時に児頭の応変機能が働きにくくなり難産に繋がる可能性も出てきてしまうのです。

妊娠40週のママの体調変化と出産時の対処法

妊娠中の体調変化を医師に相談する妊婦さん

出産予定日の週に突入しました。しかし、出産までは体や体調の変化は続きます。
また、出産も近いことから出産にはどのような兆候があるかも気になるところです。体調の変化や出産兆候を把握しておけば心配事も少し減るのではないでしょうか。

妊娠40週のママの体調の変化

妊娠40週に入り軽減されるマイナートラブルもあれば、さらにひどくなる変化もあるようです。

便秘が解消される・下痢になる

出産に向けて、女性ホルモンが変化します。腸の機能を弱ませる働きのある黄体ホルモン、プロゲステロンの分泌量が減少し腸の機能が正常に戻り、便秘だった人は便秘が解消され、便秘にならなかった人が下痢になってしまったりします。

子宮が骨盤に下がってくることで腸が圧迫され下痢になってしまう場合もあるようです。便秘の解消や下痢は出産兆候の一つともいわれています。

妊娠中の下痢|妊娠初期・中期・後期ごとの原因とは?
妊娠中の下痢|妊娠初期・中期・後期ごとの原因とは?
"妊娠中の下痢の原因を初期・中期・後期ごとに説明し、赤ちゃんへの影響についても解説します。また、妊娠中の下痢への対処法と予防法、食中毒を防ぐために避けるべき食品や病院受診の目安についても紹介します。"

胃の圧迫感がなくなる

お腹の赤ちゃんが骨盤の方へ下がってきます。そのために胃の圧迫感も取れてすっきりとしてきます。食欲が出てくるため、体重の増加には気を付けましょう。

お腹の張り、痛みが頻繁に起こる

妊娠40週にもなると、ちょっとした事でもお腹が張りやすくなります。食事の後やちょっとした動きの後などにも。不規則に強くお腹が張ったり、痛みのある場合は前駆陣痛なのでゆっくり体を休めてください。

前駆陣痛ってなに?臨月の本陣痛との違い痛みや間隔まとめ
前駆陣痛ってなに?臨月の本陣痛との違い痛みや間隔まとめ
前駆陣痛ってなに?いつから始まるの?痛みや間隔、本陣痛や胎動の違い、入院目安や事前準備しておきたい事など臨月に入り前駆陣痛を不安に思っているママが参考になる記事をまとめました。

恥骨、足の付け根の痛み

ホルモンの影響により骨盤や、骨盤のまわりの筋肉が歪んできます。また、胎児の頭が骨盤に収まり、骨盤のまわりの骨や神経を圧迫するようになり痛みが出やすくなります。

陣痛が始まってから入院までの手順

陣痛とは出産の時に、赤ちゃんを外の世界に押し出そうとする子宮の収縮とそれに伴う痛みの事です。臨月からみられる不規則な下腹部痛は前駆陣痛の場合がほとんどで、おしるしや破水と合わせてよく見られる陣痛の前兆ですが、本陣痛は前駆陣痛とは明らかに違い、規則的にどんどん間隔を狭めて痛みが起こります

お産が進むことで赤ちゃんが下がってくると骨盤が押し上げられ、腰や足の付け根や太ももが痛むようになります。
陣痛は規則的な腹痛を訴える人もいれば、腰が割れるように痛いと感じる人もいるようです。

陣痛が始まったら、まずは落ち着きましょう。始めは痛みも少ないのでお産に向けての最後の準備です。

ベビー服・新生児服の準備のコツは?人気ブランドも大紹介
ベビー服・新生児服の準備のコツは?人気ブランドも大紹介
ベビー服・新生児服の選び方やおすすめブランド、人気通販サイトを大紹介!新生児用のサイズは?ツーウェイオールってなに?といった疑問に答え、ベビードレスや質の高い日本製品についても紹介します。

1.陣痛の時間とタイミングをメモ

陣痛がきた時間、痛みの長さ、陣痛と陣痛の間隔をメモしていき、陣痛が定期的になり間隔が狭まり、初産の場合は10分間隔、経産の場合は、15分間隔になったら病院へ連絡しましょう。メモは病院に持って行くようにしましょう。

2.パパや家族に連絡をとる

立ち合い出産の場合はもうすぐ生まれるのでパパにも準備してもらいましょう。家族に連絡を取り病院へ行く準備を整えましょう。

3.軽い食事をとる

長引く可能性もあり、体力もかなり消耗してしまいます。痛みの少ないうちに食事をとっておきましょう。

4.アクセサリーやコンタクトを外し、シャワーを浴びておく

出産の邪魔になるものは今のうちに外し、破水をしていなければシャワーを浴びて化粧を落とし、体を清潔にしておきましょう。

5.入院のための荷物のチェック

後から持ってきてもらう荷物がある場合は、分かりやすい場所に置くなどしておきましょう。

出産後は入院となりますので、火の元・戸締りは忘れずに。いよいよ出産となるわけですが、焦らずに落ち着いて移動しましょう。

破水から出産が始まった場合の注意点

破水が始まリ病院に駆け込んだ女性

出産の前兆として、おしるし、前駆陣痛、破水の順に進むというのが一般的とはいわれていますが、どれも個人差があり、おしるしがなく破水からはじまる出産もあるのです。破水してしまった時に慌てないためにも、対処法を頭に入れておきましょう。

まずは、落ち着いて病院へ連絡し指示に従って行動します。電話はできるだけ本人がするようにします。正確な状況や指示を伝えるため、そして、本人の声などからも情報を読み取ることが出来るからです。

病院に着くまでは、夜用ナプキンや清潔なタオルをあてて対処します。車に乗って移動する際もバスタオルなどを敷いてから乗ると汚さずに済みます。

破水した時の注意点

  • 入浴・シャワー・ウォシュレットは絶対にしてはいけません。

子宮内に雑菌が入りやすくなっています。もし破水に気が付かずに使用した場合も医師に伝えなければならない重要なことです。

  • 車の運転はしてはいけません。

むやみに動いてしまうと羊水がどんどん出てしまい危険な状態になってしまいます。痛みがないからといって本人の運転で病院に向かう事はしないように注意して下さい。家族の運転する車、もしくはタクシーで病院に向かうようにします。タクシーを呼ぶ際は破水していることをきちんと伝えて下さい。

破水が起こったからといってすぐに出産になることはほとんどありませんが、動けないほどの腹痛や大量の出血、胎動がおかしい、赤ちゃんの頭が出てきてしまっているなどの緊急事態には、すぐに病院に連絡をとって、必要であれば救急車等の手配をしてもらいましょう。
どんな緊急の場合でも対処できるように、外出時の持ち物は準備しておくようにしましょう。

陣痛につながる運動や出産時のイメージトレーニングをしよう

出産時のイメージトレーニングで陣痛を誘発する女性

妊娠予定日の超過となり、早く陣痛が来ないかな、お腹の赤ちゃんは大丈夫かなと心配な事もたくさん出てきてしまうと思います。
しかし、この時期は不安で悩むのではなく少しでもリラックスして陣痛を待つ事が一番です。体調に気を付けながら陣痛を呼び込む生活を心がけましょう。

出産の痛みが怖い…呼吸法でリラックス&痛みを和らげる方法
出産の痛みが怖い…呼吸法でリラックス&痛みを和らげる方法
出産の痛みには男性は耐えられない、鼻からスイカ…等様々な陣痛、出産の痛みに対しての怖いうわさは絶えず、出産目前の妊婦さんにとっては不安!陣痛や出産の痛みを乗り越えるための方法などをご紹介。

最後まで気が抜けない体重管理

出産までは体重の管理はとても大切です。妊娠40週のママの体重は妊娠前と比べて約8~10kg程度増加します。
お腹の赤ちゃんが下に下がってくることから胃がすっきりし、食欲も出てきてしまい必要以上に体重が増加してしまうという人も少なくありません。

妊娠中のどの期間でも急激な体重増加は「妊娠高血圧症」や「妊娠糖尿病」などの病気を引き起こす原因になります。出産まで気を抜かずに、バランスの良い食生活と適度な運動を心がけましょう。

家事や陣痛につながる運動をして、気分もリフレッシュ

妊娠40週ともなるとお腹も大きくなり動く事もとても大変ですが、体重の管理や、陣痛を促すともいわれているので無理のない程度に行いましょう。
運動は気も紛れるので、リフレッシュにもおすすめです。

家事をしっかり行う

体重も増え体も重くなりお腹も大きいので家事も億劫になりがちですが、いつもの家事をちょっと見直していつも以上にしっかりと行うことがいい運動になり、陣痛を促すといわれています。
産後はなかなか掃除が行き届かなくなりますので、今のうちにきれいにしておけば一石二鳥です。

  • 床の雑巾がけ
  • お風呂掃除
  • 洗濯物を干す時は、1枚ずつしゃがんで取る
  • 買い物

床の雑巾がけやお風呂掃除、洗濯物をしゃがんで取るなど、身をかがめた姿勢は子宮口を広げるのにとても良いポーズになります。
お腹の大きい妊婦さんにとってとてもつらい体勢になってしまいますが、良い機会だと思って挑戦してみましょう。赤ちゃんが生まれてからは、なかなか掃除も出来なくなってしまいます。

お買い物は、車を使わずに歩いて移動するようにしましょう。近くのスーパーなどに歩いて行く事で良い運動にもなります。

骨盤を開く運動を心がける

  • ウォーキング
  • スクワット
  • 踏み台昇降

骨盤のまわりの筋肉が柔らかくなり、骨盤が開閉しやすくなります。お腹の赤ちゃんが下に降りてきやすくなることでお産にもつながっていくのです。

臨月の運動が安産への鍵!?運動の効果とおすすめ運動法
臨月の運動が安産への鍵!?運動の効果とおすすめ運動法
臨月に運動すると安産になるというのは本当でしょうか?なぜ臨月の運動が推奨されるのか、その理由をまとめました。臨月の定番であるウォーキングの注意点や家で手軽にできるスクワットの方法なども紹介します。

踏み台昇降は階段を使ってすることも出来ます。階段の上り降りは腰への負担も少ないので、外出時なども積極的に階段を使うように心がけましょう。
ただ、お腹も大きく足元も見えにくくなっているため、手すりに摑まるなどして転倒しないように注意しましょう。

スクワットの方法

足を肩幅に合わせて広げます。ゆっくりと呼吸をしながら、そのまま真下にゆっくりと腰を下ろしていきます、下し終わったらゆっくりと元の位置に戻します。10回1セットで1日2~3回を目安に行います。

家事も運動も体調の変化に十分注意しながら、少しでも不調を感じるときは体を休めるようにしましょう。

陣痛にもつながる乳首のマッサージの方法

おっぱいマッサージをすると、子宮収縮を促す効果のあるオキシトシンというホルモンが分泌されます。
陣痛を促す効果が高く、赤ちゃんが生まれてからおっぱいを飲ませやすくするための準備にもなるといわれています。

乳首のマッサージ

  • 縦のマッサージ

親指と人差し指、中指の3本の指を使います。指の腹で乳輪をつまむようにし、乳頭の根元から乳頭の先に向かって、揉みほぐしながらずらしていきます。

  • 横のマッサージ

親指と人差し指、中指の3本の指を使います。指の腹で乳輪をつまむようにし、時計回り・反時計回りの横方向に揉みほぐしながら、乳頭の先へとずらしていきます。

やり方はいろいろありますが、乳頭を指3本でつまみ、柔らかく360°ほぐすように刺激するだけでも効果があります。

出産時の呼吸法のイメージトレーニング

ラマーズ法とソフロロジー法がごっちゃになった女性

呼吸法は「ヒッ、ヒッ、フー」のラマーズ法と息をゆっくりと吐く事を意識したソフロロジーなどが一般的ですが、分かっていても本番時にうまく呼吸が出来ずに過呼吸になってしまう事もあります。

自分に合った呼吸法で、しっかりとイメージトレーニングしておく事で、うまく痛みを逃しながらの安産を目指しましょう。

ラマーズ法の流れ

1.陣痛が始まったら、ゆっくりと鼻から吸って口から出す深い呼吸を意識します。陣痛が規則的になり収縮の強さに乗りにくくなってきたら少し呼吸を浅くします。1秒で吸って1秒で吐く、口を軽く開け「アウト」という感じで息を吐きます。


2.子宮口がだんだんと開いてきて、収縮の波が強くなってきます。息を吸ってヒーと吐き、短く吸ってフーとフーを少し長めに息をはきます。


3.陣痛が強まってきてヒッ・フーでつらくなってきたら、ヒッ、ヒッ、フーと短息呼吸に変えます。ヒッの呼吸は短めに、フーは少し長めに、子宮口が完全に開くまではいきまないように我慢します。大きな波がきた時にはフー、フーと息を深く吐きながら痛みを逃します。


4.いきみの指示が出たら出産に向かっています。呼吸はフーと深く息を吐きながら痛みを逃し、ウンと瞬間的にいきみます。フーとウンの呼吸法を使い分けながら進めていきます。


5.赤ちゃんの頭が出てきたら、フー、フーと全身の力を抜く感じで深くゆっくり息を吐きます。赤ちゃんを締め付けないようにいきまずにゆっくり力を抜きましょう。

ソフロロジーの流れ

1.陣痛が始まったら、子宮口が全開になるまではあぐらをかいた姿勢や自分の楽な姿勢で過ごし、陣痛の波がきたらフーッと長くゆっくり息を吐き、おさまったら力を抜いてリラックスします。


2.子宮口が全開大になり痛みが強まってきたら、子宮の収縮に合わせて息を吐き少しいきみを加えます。息は止めず陣痛が去ったら意識を眠りに落ちる間際のソフロリミナルな状態にし、心をリラックスさせます。赤ちゃんに十分な酸素が届きます。


3.赤ちゃんの頭が絶えず見える状態になったらいきみや腹圧をかけるのをやめて、介助してくれている人と目を合わせながら呼吸のリズムを整え、ゆっくりとフー、フーと息を吐く事だけに専念します。赤ちゃんはゆるくなった産道をゆっくりと下りてきます。

それぞれの呼吸法により呼吸の使い方の流れは変わってきますが、自分に合った呼吸法でイメージトレーニングしておけば、いざという出産時にも安心して臨めるのではないでしょうか。

ソフロロジー式分娩の呼吸法とは?トレーニングやメリット
ソフロロジー式分娩の呼吸法とは?トレーニングやメリット
ソフロロジー式分娩の呼吸法の仕方を動画も含めて説明しています。CDやDVD書籍を使い独学で習得できるのか、練習するためのポイントや体験談など、ソフロロジー式分娩の気になる疑問を解決します。

外出の際の持ち物、気をつけること

妊娠40週はいつ陣痛が来ても、破水が起こってもおかしくないのです。行動範囲は自宅や産院から遠くなりすぎないように、産院から1時間位の範囲を目安に外出するようにしましょう。また、人込みや電車などは転倒や感染症のリスクがある場合もあるので避けるようにし、出来るだけ誰かに付き添ってもらいましょう。

外出時の持ち物

・母子手帳・保険証・産院の診察券
・携帯電話
・タオル・夜用ナプキン・ビニール袋

外出時に陣痛や破水が起こっても対処できるように、バックの中に必ず入れて外出するようにしましょう。

陣痛がこない!陣痛がくる方法?陣痛ジンクス

医療的な根拠はありませんが、こうすると陣痛が来るというジンクスのようなものがあります。出産が始まらないことで心配でじっとしていられない妊婦さんは試してみてはいかがでしょうか?

食べ物ジンクス

  • 焼肉を食べる
  • カレーを食べる

焼肉を食べるとスタミナがつきそうです。赤ちゃんが生まれてからは忙しくなってしまうし、小さいうちは鉄板や網焼きになると危なくてなかなか焼肉をする機会もなくなってしまいます。今のうちにというママの願望かもしれません。
カレーは胃腸に刺激を与える事で陣痛を促すという事でしょうか。カレーは刺激物にあたるので食べ過ぎには注意しましょう。

妊婦だけどカレーが食べたい!刺激物の食べ方5つの極意
妊婦だけどカレーが食べたい!刺激物の食べ方5つの極意
妊婦はカレーNG?大量のスパイスが入っているからなんとなく体に悪そうと我慢していませんか?でも実はカレーには良い効果もたくさんあるのです。妊娠中に辛い物・刺激物を食べる際に気を付けるポイントをご紹介。

飲み物ジンクス

  • オロナミンCを飲む
  • ラズベリーリーフティーを飲む

ラズベリーリーフティーは子宮の収縮に効果があるといわれています。ノンカフェインでビタミンやミネラルも豊富に含まれているので、出産後の体力回復や授乳のために、妊娠後期から飲んでいるという人が多いようです。

オロナミンCはカフェインや糖分が多く含まれているので注意が必要ですが、ファイト一発ということで体力がつくということなのでしょうか?

食べ物や飲み物の他にも、自然の現象での陣痛ジンクスがあります。新月や満月の時には出産が増える。
また、台風がくると破水が多いなど、月の満ち欠けや引力、低気圧などが何らかの影響を及ぼすということかららしいです。頭の片隅に置いておいて、こういった自然現象の時には体調の変化に注意してみるのもいいかもしれません。

出産予定日を超過したらどうなるの?過産期のリスクとは?

陣痛が始まらずに予定日超過のデメリットを考える女性

妊娠40週を超えても予定日超過というだけで、41週までは正期産となります。予定日を少し過ぎたくらいであれば、母体にも赤ちゃんにも大きな影響ありません。
ただし予定日を過ぎた2週間後の妊娠42週0日以降になると正産期から過産期に入り、お腹の赤ちゃんへの影響やお産にも支障が出てくるといわれています。

予定日超過の原因と妊娠40週目以降のストレスのない過ごし方
予定日超過の原因と妊娠40週目以降のストレスのない過ごし方
予定日超過の原因とママの過ごし方、過期産のリスクや影響、誘発分娩のメリットやデメリットなど詳しい情報や早産、正期産、過期産の妊娠時期についても解説します。

出産予定日が遅れる原因

出産予定日が遅れる理由して、

  • 子宮口が硬い
  • 疲労や睡眠不足により出産のための体力がない
  • 不安やストレス

などによる精神的な緊張状態が続いているなどが考えられますが、体重の増えすぎや初産、高齢出産の場合も出産予定日が超過する可能性があるようです。
とはいえ、妊娠や赤ちゃんには個人差があり、出産予定日が遅れる明確な理由というものはわからないのが本当です。

出産予定日とは、最終月経から数えて280日目を指します。
WHOが定めた基準であり、最後の月経が始まった日を妊娠0週0日とし280日目の妊娠40週0日が出産予定日となります。

この出産予定日の算出方法は生理周期28日を基準に割り出しているために、生理周期が長かったり、生理不順という人には当てはまらないのです。
また、出産予定の月を最終月経のあった月から3を引き(3を引けない月は9を足す)、出産予定の日は最終月経の初日に7を足すというネーゲル算出法というのもあります。

妊娠8週~妊娠11週になると頭殿長の個体差が少なくなってくるので、超診により大きさを計測し、予測された出産予定日を修正することもあるのです。出産予定日はあくまでも目安であり予定なのです。

妊娠42週目以降の過産期のリスク

妊娠予定日42週目以降は「過産期」「過期妊娠」といわれ、注意が必要となります。胎盤機能の低下によりお腹の赤ちゃんに酸素や栄養が届かなくなってしまったり、羊水過少でへその緒が圧迫されてしまい低酸素状態になり酸欠を起こしてしまったり、心拍にも異常が出てきてしまう事があります。

また、胎盤機能の低下で酸素が少なくなり、その刺激やストレスなどで羊水の中で排便してしまう事があります。羊水混濁した羊水をお腹の赤ちゃんが飲んでしまうと、赤ちゃんの肺に入り込んでしまい肺の機能が低下して、出生後に肺炎などを引き起こす原因となってしまうのです。

そのため、多くの場合妊娠41週を過ぎると陣痛を誘発して分娩にもっていき、それでもダメな時は帝王切開での出産になります。
誘発分娩や帝王切開でも無事に出産できますし、母体や赤ちゃんの様子を見て担当医から説明があると思いますので、過剰な心配はやめましょう。

妊娠40週は正産期!陣痛を促す生活を心がけよう。

妊娠37週0日~妊娠41週6日までの期間は「正産期」にあたります。この時期のお腹の赤ちゃんは身体機能が十分に発達していて、いつ生まれても外の世界で生活していけるように準備が出来ています。

出産予定日は超えてしまい、出産予定日超過といわれてしまえば不安なことも増えてくると思います。親族や友人の「まだなの?」という言動にイライラしてしまうこともあるかもしれません。
しかし、お腹の赤ちゃんはいつ生まれてきてもおかしくない状態にいるのです。

不安にならずに、生まれてくる赤ちゃんの事を考えながらリラックスして陣痛が起こるのを待ちましょう。陣痛を促すために出来る事もいろいろあるので、過産期に入る前に出産が出来るように試してみてください。