Loading

妊娠39週の出産兆候と準備

妊娠39週は出産間近!安産になるための出産準備と心構え

妊娠39週の妊婦さんが安産になるための出産準備やリラックスして過ごすための心構え、出産兆候などこれから出産を迎えるために必要な情報を解説します。臨月でお腹が張っているときに外出は大丈夫?安産になるための体操など妊娠39週目の赤ちゃんの様子についても紹介します。

妊娠39週は出産間近!安産になるための出産準備と心構え

妊娠39週いつ生まれてもおかしくない「正産期」

妊娠39週は予定日の1週間前です。出産予定日が近づいてくるといつ生まれるのかなど色々なことが心配になってしまいます。妊娠39週は「正産期」にあたり、お腹の赤ちゃんはいつ生まれてきてもおかしくない時期になり実際に50%近い人が妊娠37週~39週までに出産しているのです。
出産予定日はあくまでも予定であって、個人差のある母体の生理周期によってもズレが生じることもあります。

赤ちゃんに会える楽しみがある反面、出産の不安も高まる

妊娠39週目に入り出産予定日間近となると、赤ちゃんに会えるのが楽しみな反面、出産に対しての不安や心配で落ち着かなくもなってしまいますが、お腹の赤ちゃんはいつ外の世界に出てきても大丈夫なように準備が整い、ママに会える日を心待ちにしています。

出産の不安に押しつぶされそうになる妊婦

妊娠39週目の胎児の身長と体重

妊娠39週目の胎児の身長は約48cm~50cm、体重は2,800g~3,400gに成長しています。

妊娠39週胎児の発達

妊娠39週というと妊娠10ヶ月の最終週となります。妊娠10ヶ月のお腹の赤ちゃんは生まれてくるために、どのような発達をしているのでしょうか。

各器官の発達

循環器系

ホルモン作用を受け、心拍数が増えたり減ったりすることが出来るようになっています。

神経系

お腹の外での生活ができるように、呼吸や体温調節が出来る準備が整っています。

消化器系

消化機能も発達して、口のまわりの筋肉、歯茎も発達している事で、生まれてすぐにおっぱいが吸えるようになっています。

呼吸器系

生れてすぐに産声を上げて、呼吸が出来るように準備が整っています。

免疫系

母体の免疫を胎盤から通してもらい、感染に対する抵抗力を備えています。

目・耳・鼻・皮膚

皮下脂肪も十分に付いて、骨格もしっかりしてきます。皮膚の色もピンクで張りとつやがあり、髪も生え、爪も伸びてきます。

赤ちゃんも生れてくるための準備は整っているようです。エコー写真はすでに体全体を写すことは出来ず部分的で分かりづらいですが、母体から女性ホルモンのエストロゲンがたくさん分泌され体がふっくらとしてきます。

体脂肪は15%あり、生まれる際に必要な脂肪が体にしっかりと蓄えられています。お腹の中でしっかりと生まれるための準備をしてきたのですね。

臨月に入ったママの体調変化と出産兆候

臨月の最終週です。出産が目前と迫り体調の変化に敏感になったり、出産の兆候が気になったりと落ち着かない日が続いているかもしれません。初産の人は不安も強いと思います。この時期はお腹も大きいことからマイナートラブルも続き不安定になりがちです。

臨月に入り体調が思わしくない初産のママ

妊娠39週のママの体調の変化

頻尿・尿漏れ

お腹の赤ちゃんが、子宮のかなり下まで下がってくるために、膀胱の圧迫もひどくなりちょっとしたことで尿漏れしたり、トイレが近くなったりし尿意も我慢できなくなってしまいます。解消法はないので尿漏れパッドなどを当てておくことで尿漏れの不快感は軽減できます。

お腹の張り・前駆陣痛

本陣痛の予行練習です。痛みの感覚としてはちょっと強い時の生理痛のような痛みです。時間の経過と共に痛みは和らぎ消えていくので、体勢を変えたり、マサージをしながら乗り切りましょう。

前駆陣痛から本陣痛、本陣痛から出産までの流れ
前駆陣痛から本陣痛、本陣痛から出産までの流れ
前駆陣痛から本陣痛まで、本陣痛に入ってから出産するまで、ここを読めば流れがしっかりわかります。出産の流れや陣痛の様子をお伝えすることで、リラックスした出産をサポートします。

足・腰痛

お腹の赤ちゃんが下へと降りてくるので、体の重心や体にかかる負担も変わってきます。大きなおなかを支えるために背中を反らす姿勢になるため、腰の負担が強くなります。

臨月の腰痛の原因は?寝方や姿勢で辛い腰痛を和らげる方法
臨月の腰痛の原因は?寝方や姿勢で辛い腰痛を和らげる方法
臨月を迎え腰痛に悩む妊婦さんに、少しでも腰痛を和らげるための寝方やストレッチ、楽な姿勢をとる方法を解説します。原因を知ることで対処法も分かるので是非参考にしてください。

胎動回数の減少・お腹の下がり

臨月の最終週まで来ると、お腹の赤ちゃんは骨盤の方へ降りてきます。赤ちゃんの頭部が子宮口に収まり外に出る準備が整ってくるため、お腹も下がり、個人差はありますが胎動の変化も感じられます。

胎動を感じない?不安を感じた時の対処法、病院受診の目安
胎動を感じない?不安を感じた時の対処法、病院受診の目安
胎動を感じない日や時間があり、不安になる妊婦さんに向けて、臨月の胎児の様子やお腹の中の環境(子宮の大きさ、羊水の量)など胎動を感じにくくなる原因、胎動がない場合に考えられる異常、胎動を感じられない時の対処法や病院受診の目安を解説。

睡眠不足

妊娠39週になると胎動は落ち着いてきますが、個人差があるので激しい胎動で眠れないという人もいると思います。出産準備の一つとして睡眠を抑えるホルモンが増加することから、夜にまとまった睡眠が出来なくなります。お腹の張りや痛み、尿トラブルで眠りが浅くなってしまいがちなので、休めるときにしっかりと眠っておきましょう。

前駆陣痛やおしるしがなくても出産が近いことがある

前駆陣痛やおしるしは出産間近のサインだといわれています。出産間近になっても兆候がみられないと少し気になってしまいますよね。

前駆陣痛とは出産間近に起きる不規則な子宮収縮で、強くなったり弱くなったり間隔も規則的ではなく、結局は痛みが遠のいてしまいます。
「偽陣痛」ともいわれ、出産につながるものではなく本陣痛の予行練習のようなものです。

前駆陣痛が弱かったために本陣痛がくるまで気付かなかったり、便秘や軽い腹痛などの体の不調と間違えていて、後々になって「今、思えばあったかも!?」と感じるママも多いようです。

また、おしるしとはおりものの一種で、出産前になると子宮口が開き始め子宮が収縮し、卵膜の剥がれや、子宮の収縮運動によって出る血液と子宮頸管から出た粘液とが混ざって出てきます。
おしるしの量や色には個人差があり、鮮血のような真っ赤な色や茶色っぽい色だったり、軽く下着につく程度から月経のような量まで人によってさまざまで、おしるしはなかったという人も少なくありません。

前駆陣痛もおしるしも個人差が大きいため、ないからといってまだ出産にいたらないとはいえません。一般的な順序としていわれているのは、前駆陣痛、おしるし、本陣痛ですが、前駆陣痛とおしるしのどちらかだけある場合や、どちらの兆候も見られないまま破水し出産が始まるパターンもあるのです。

破水?尿漏れ?迷ったときの対処法

出産予定日が近づくにつれて出産の兆候には敏感になってしまい、心配や不安も多くなると思います。臨月ともなると破水の心配も強くなりますが、お腹も大きくなり赤ちゃんも下がることなどから膀胱圧迫などの尿トラブルも少なくありません。破水なのか尿漏れなのか、それぞれの特徴を知っておくと判断の目安になります。

破水か尿漏れかをインターネットで検索する妊娠39周目の妊婦さん

破水の特徴

破水とは出産が近くなることで、赤ちゃんと羊水が包まれている薄い卵膜が破れ、羊水が外に流れ出てくる事を指します。

破水にも個人差はありますが安静時でもじわじわ、又はチョロチョロと出てきて自分の意志では止められません
色は無色透明から乳白色、おしるしが混ざると薄いピンク色が一般的ですが、黄色みがかかっている場合もあります。甘酸っぱい、生臭いなどの独特の臭いがありますが、個人差により無臭という場合もあります。

陣痛タクシー|不安な陣痛時、安心して病院へ行くために
陣痛タクシー|不安な陣痛時、安心して病院へ行くために
陣痛タクシーの予約登録方法は?本当に安心して利用できる?陣痛時妊婦さんをスムーズに病院まで運んでくれる心強い陣痛タクシーのサービス概要や登録・利用法からサービスを提供しているタクシー会社を紹介!

尿漏れの特徴

尿漏れは妊娠すると分泌される黄体ホルモンの影響や、大きくなった子宮に膀胱が圧迫されることなどが原因で起こります。

尿漏れは笑ったり、くしゃみをしたりお腹にちょっと力が入った時などにチョロっと出てしまいますが、自分の意志で止められるものです。色は少し黄色がかかっていて、尿特有のアンモニア臭がします。

破水は卵膜の破れ方によって、尿漏れと区別しにくいこともあります。
尿漏れとは違うなと感じたり、破水か尿漏れか区別が出来ないという場合は悩んで勝手な判断はせずに、病院に連絡して指示をあおぎましょう。

病院に行けばすぐに破水が始まっているか検査をしてくれます。破水していた場合、細菌が赤ちゃんに感染してしまう可能性があるので、シャワーやウォシュレットは使用しないように注意しましょう。

病院に行く際には尿漏れパッドや清潔なタオルなどでおさえ、運転はせずに自家用車やタクシーを使いなるべく動かないように静かに横になって移動しましょう。
動くと羊水が出やすくなります。タクシーの場合は必ず破水の可能性を告げてください。

内診で子宮口を刺激!?

臨月になると妊婦検診は週に一度のペースになり、内診が加わります。子宮口の軟らかさや子宮口の開き具合、赤ちゃんがどこまで下がってきているかなど、内診によりチェックすることが出来ます。
また、産道に傷や腫れがないかなどのチェックも出来るので、内診と聞くと抵抗がある方も多いようですが、出産のためには必要不可欠なのです。

それでは内診の方法とはどのようなものなのでしょうか。
基本的には医師や助産婦が膣から指を入れて、どれくらい入るのかでチェックを行っているようです。予定日が近くなっていても子宮口が硬い場合やあまり開いていない場合には、子宮口を柔らかくする処置として指でぐりぐりと刺激を与える事が多いようです。

また予定日が、近くなっても赤ちゃんが下りてきていない場合や、生まれる気配がない場合には陣痛を促す処置として、指や器具を使ってグリグリと卵膜の一部を子宮から剥がして刺激を与えます。
考えただけでも痛い処置ですが、グリグリの刺激に耐えることによって出産もスムーズになります。

妊娠39週の過ごし方と注意点

妊娠39週は「正産期」になります。正産期になるとお腹の赤ちゃんは、いつ生まれてきても大丈夫な時期です。出産に向けて最終準備や、本番前の緊張などで大変な時期ではありますが、ママになる前の貴重な時間でもあるので気を張りすぎずに、注意すべきポイントはしっかり抑えながら、気持ちを楽に有意義な時間を過ごしましょう。

出産間近でリラックスして過ごす熟年夫婦

体重管理に大切な食生活

体重管理は妊娠中のどの期間でもとても重要になってきます。急激な体重増加は、子宮口付近に脂肪が付き難産になってしまったり、妊娠高血圧症候群妊娠糖尿病を引き起こす原因にもなります。
特に妊娠後期から臨月には体重が増加しやすい傾向があるため注意が必要です。

臨月の体重増加の原因として、代謝が悪くなり体内の水分をうまく排出できなくなり、手足がむくんだり、体重が増えてしまいます。また、運動不足になることも原因として考えられます。大きくなったお腹を支えながらの家事はとても大変で、思うように体を動かすことも出来ず、歩く速さももちろん遅くなってしまい、なかなかカロリー消費が出来ません。

運動不足になりがちな状況にもかかわらず、赤ちゃんのいる位置が下がることで胃のつかえが少なくなり、食欲が増してしまうのです。

体重増加の目安

妊娠前の体重を元にBMIの数値を出します。推定体重増加量は以下の通りです。

BMI=体重kg÷(身長m×身長m)です。

・瘦せ型BMI18.5未満→7~12kg増加
・標準型BMI18.5以上25.0未満→9~12kg増加
・肥満型BMI25.0以上→個別対応

臨月のころにはお腹の赤ちゃん、胎盤、羊水、母体の体の変化で少なくても7~8kgは体重が増加しています。バランスの良い食生活と適度な運動で、出産まで適正体重を保てるように心がけましょう。

食事の仕方を考えてみましょう

体重が増加してしまったからといって、無理なダイエットはストレスをためる事につながってしまうため禁物です。体重制限はあくまでも目安と考えましょう。

食事は和食や野菜を中心に3食きちんと食べ、高カロリーの甘いおやつは午前中に食べるようにし、小腹が空いたら低カロリーのおやつを食べるようにするなど、無理に我慢するのではなく、食べるものや食事の仕方を少し見直すだけで変わってきます。
バランスよく栄養を摂ることが出来る食生活を送るようにしましょう。

妊娠中のダイエットの正しい方法、出産までの体重管理術
妊娠中のダイエットの正しい方法、出産までの体重管理術
妊娠中のダイエットの正しい方法とは?激しい運動や食事を摂らないといった自己流ダイエットは赤ちゃんを危険にさらす危険大妊娠初期・中期・後期の体重管理のコツ、食事や運動面での適切なダイエット法を紹介!

適度な運動で安産を目指そう

出産には想像以上の体力を使います。陣痛という長時間の痛みに耐えるだけでもかなりの体力が消耗されてしまいます。
体力を保つことが出来なければ体はどんどん辛くなり、難産になりかねません。出産時の体力を蓄えるためにも、とても重要な体重管理にも、適度な運動を続けることはとても大切で、むくみ等の血流悪化の対策にもなります。

少し大きめな動きで運動する出産間近の臨月の妊婦

安産体操

首の体操

ゆっくりと首を前後左右に倒します。最後にゆっくりと首を回します。

肩の体操

あぐらを組んで座り、両ひじを肩まで水平に上げます。手の指先を軽く肩にのせ、そのままひじを前後に3回ずつ回します。

骨盤の体操

仰向けに寝ます。ひざを立て、両膝を付けたままの状態で左右にゆっくりと倒します。この時、両手は床に軽くつけ肩が床から離れないようにしましょう。

股関節の体操

背筋を伸ばしてあぐらを組んで座ります。両手は軽くひざの上に置いた状態から、両手でひざを下に押します。ひと呼吸おいてから手をゆるめ元の状態に戻ります。

腹筋の体操

四つん這いになりお腹を引き締めます。息を吸いながら背中を丸めて、頭を手の間に入れるようにします。息を吸い、吐きながらゆっくりと元の姿勢に戻り、頭を上げながら背中を反らします。

骨盤低筋の体操

仰向けに寝ます。ひざを立て腕を伸ばし、手のひらは床につけます。肛門を引き締めて息を吸い、ゆっくりと息を吐きながら腰を上げます。ひと呼吸おいてから息を吐きながらゆっくりと腰をおとします。

足の体操

かかとを床につけたままつま先を上に向けます。椅子に座って足を組み、上になった足先を上下に動かします。左右交互に行いましょう。

下半身の筋肉や靭帯の関節の軟らかさも安産には大切な要素です。骨盤の柔軟性を保つためにも、ウォーキングやスチレッチなどの有酸素運動で、安産に適した体を目指しましょう。

臨月の運動が安産への鍵!?運動の効果とおすすめ運動法
臨月の運動が安産への鍵!?運動の効果とおすすめ運動法
臨月に運動すると安産になるというのは本当でしょうか?なぜ臨月の運動が推奨されるのか、その理由をまとめました。臨月の定番であるウォーキングの注意点や家で手軽にできるスクワットの方法なども紹介します。

ただし、安産体操など臨月でも行えるものではありますが注意が必要です。無理をせずにゆっくりと行い、お腹の張りや不調を感じた時はすぐに止めて、体を休ませるようにしましょう。

出典:www.youtube.com

おっぱいマッサージの方法

母乳マッサージをしておくことによって、乳腺・乳管の詰まりがとれ乳管の開通が良くなり母乳がよく出るようになったり、乳頭・乳輪を柔らかくすることで、赤ちゃんが吸いやすい乳首になる効果があります。
また、乳頭や乳房を刺激することで子宮が収縮しやすくなり、陣痛を促す効果もあるようです。

乳房のマサージ方法

  1. 片方の手のひらと指で、手とは逆側の乳房を大きめのボールを掴むように指を広げて持ちます。乳房側の手の母指球(親指の付け根の膨らんだ部分)を乳房の上部にあてて、内側に向かって横に押します。4~5回繰り返します。
  2. 乳房を持っていたほうの手を少し下にずらして、小指側を乳房の外側斜め下にあてます。その手の下に乳房側の手を当て、肩の方向に斜め上に内側に向かって押すようにします。この時手のひらで乳房を潰さないように気を付けましょう。4~5回繰り返します。
  3. 乳房とは逆側の手のひらの小指側を乳房の下にあてます。乳房側の手をその下に添えるようにあて、乳房を真上にすくい上げるようにします。4~5回繰り返します。

片方ずつ両側の乳房をマッサージします。

乳頭・乳輪部のマッサージ方法

  1. 片方の手で乳房を保護し、マッサージする手の親指、人差し指、中指で乳首をつまみます。
  2. 普通の硬さの乳首で3秒、乳首が硬い場合は5~10秒かけて少しずつ圧を加え、圧迫します。始めはゆっくり、乳頭・乳輪部を位置や方向を変えながら、1分くらい圧迫します。乳首の硬い場合や敏感な場合は2、3分かけながらゆっくりと行います。
  3. 横方向、縦方向にこよりを作るように揉みずらし伸ばしていきます。痛くない程度にゆっくりと始め、慣れてきたら十分に揉みます。

片方ずつ両方の乳頭・乳輪部のマッサージをします。乳首が敏感で圧迫だけでも痛みを感じる場合は、まずは圧迫刺激から慣れていくようにしましょう。

出産に備えた呼吸法を練習する

出産の時の呼吸の取り方はとても重要になってきます。呼吸には気持ちを落ち着かせる効果もあり、痛みを逃すなどの効果もあります。
陣痛が始まると痛みや緊張からうまく呼吸が出来なくなってしまうかもしれません。呼吸が出来なければ、お腹の中の赤ちゃんに十分な酸素を送る事も出来ません。赤ちゃんへ新鮮な空気を送るためにも呼吸はとても大切なのです。

安産するための呼吸法を学ぶため教室に通う妊婦

妊娠中から呼吸法の練習し身につけておけば、いざ出産という時に急に慌てて緊張することも軽減出来ます。
リラックス効果のある呼吸法で痛みを軽くし緊張を和らげる事で、出産も順調に進められ安産にもつながっていくのです。出産時にも落ち着いた状態で酸素をしっかりと取り込む事が出来るように、呼吸法を練習しマスターしておきましょう。

ソフロロジー式分娩の呼吸法とは?トレーニングやメリット
ソフロロジー式分娩の呼吸法とは?トレーニングやメリット
ソフロロジー式分娩の呼吸法の仕方を動画も含めて説明しています。CDやDVD書籍を使い独学で習得できるのか、練習するためのポイントや体験談など、ソフロロジー式分娩の気になる疑問を解決します。

外出の際の持ち物、気をつけること

妊娠39週ともなるといつ生まれてもいい時期になります。出産間近の状態なのでいつ陣痛が始まるかも分かりません。しかし、軽く体を動かすために歩きたかったり、育児生活が始まる前にやっておきたい事など、ずっと家の中に閉じこもっているわけにはいかないと思います。

外出する場合はなるべく誰かと一緒に行動すると、急な陣痛や破水があった場合にも助けてもらえるので安心です。また、遠出するようなことは避け、病院に1時間程度で行ける距離までにしておきましょう。

とにかく無理は禁物です。人込みや車の運転は避け、大きいお腹を抱えていて疲れやすいので、体調の良い午前中にお出かけするのがお勧めです。
外出時に陣痛や破水が起こる可能性もあるので、万が一のための準備をしてお出かけしましょう。

外出時の持ち物

・母子手帳・保険証・診察券
・携帯電話
・タオル・ビニール袋・夜用ナプキン
・お財布

万が一の時も焦らないように、これだけは持ち歩くと安心です。

セレブ産院でセレブ出産!値段や話題のおもてなしがすごい!
セレブ産院でセレブ出産!値段や話題のおもてなしがすごい!
セレブ産院で提供される話題のセレブ出産。セレブ産院での出産とは一体どのようなものでしょう?妊婦が受けられる豪華なサービスや細かいところまで配慮されたおもてなし、費用面などについてご紹介いたします。

気を抜けない時期でも「リラックス」

長かった妊娠生活ももうすぐ終わり、もうすぐ赤ちゃんとのご対面です。出産までまだまだ気を付けなければならないことも多く、気を抜けない時期でもあり、出産への緊張や不安でいっぱいな時期かもしれません。

気持ちを楽にリラックスして過ごす時間はとても大切です。ストレスはお腹の赤ちゃんにも良くないので、リフレッシュできるよう軽くお散歩してみたりするのもいいでしょう。
出産当日に備えての準備としてイメージトレーニングしておくと、落ち着いて出産に臨むことが出来るかもしれません。

残りのマタニティライフを体調には十分に気を付けながら楽しみましょう。