Loading

妊娠38週まだ間に合う出産準備

妊娠38週のママでも間に合うカラダとココロの出産準備

妊娠38週目は出産間近の臨月です。これから出産するためのママの心の準備や食生活や体重管理、安産になる適切な運動について解説します。前駆陣痛と陣痛の違いや、おしるしや子宮口の変化など出産に向けたママの体調の変化や赤ちゃんの成長について解説します。

妊娠38週のママでも間に合うカラダとココロの出産準備

出産予定日まであと少し!出産前の事前準備

いよいよ出産予定日まで2週間!長かった約10ヶ月という妊娠期間がおわろうとしています。
産後はいよいよ赤ちゃんとの対面ですが、その前にできることをしておきましょう。出産直前、出産後のお世話のために今できること。事前知識と事前準備で万全の状態で我が子を迎えましょう!

妊娠38週の赤ちゃんの様子

妊娠38週の時点での赤ちゃんはどのような成長を遂げているのでしょうか?出産直前のおなかの中ではこんな風に赤ちゃんは大きくなっています。

妊婦健診を受ける妊娠38週目の妊婦

身長・体重は「成熟児」になっている!

妊娠38週にはいると、赤ちゃんの体重は約2,700g~3,200g、身長は約47cm~49cmとなっています。
体重が2,500gを超えると成熟児という扱いになり、お医者さんから何も言われなければ、もう生まれて大丈夫という判断になるので心配はなくなります。
もちろん個人差があるので、体重が○gじゃないからダメなんだ…とか、身長が小さすぎる!等を気にしすぎないようにしましょう。個人差であり個性として認めてあげましょう。

胎児の発達具合、おなかの中でどんな成長をしているの?

妊娠38週目の赤ちゃんはママのおなかの中でどのように発達し、変化しているのでしょうか?
出産直前には体の機能が完成し、いつ生まれてもいい状態まで成長しています。

肺機能が完成する

妊娠38週になると検診も週1回になり、毎週赤ちゃんの様子を見られるのでうれしいですね。
このころには赤ちゃんの肺の機能が完成し、呼吸器官がしっかりとできています。おなかの中から外に出たときにしっかり肺呼吸ができるということなので、生まれた後の大きな鳴き声やしっかりとした呼吸ができるという状態です。
妊娠37週にはほかの内臓機能も完成しているので、体の機能的にもう生まれても大丈夫ですね。

体毛が抜けてくる

「えっ?体毛が抜けるの?!」「大丈夫かな?」と心配しないでください。
赤ちゃんはおなかの中では羊水につかっているのですが、まだ皮膚が強くはありませんでした。弱い皮膚を守るために赤ちゃんには体毛が生えているのですが、妊娠38週を迎えて皮膚が強くなった、完成してきたということで体毛は役目を失い、抜け落ちていきます。

生まれたときに髪の毛が薄かったりするのはこういう経緯がありますが、ちゃんと生まれた後に生えてくるので心配はいりません。生まれたときに髪の毛がふさふさで生まれてくる子もいるので、あまり赤ちゃんの髪の毛に関しては気にしないでも大丈夫です。

胎児に皮下脂肪がつきママの体重も増加する

臨月に入ると赤ちゃんには皮下脂肪がつき出すようになります。
妊娠38週の時点ではもう身長体重的にいつ生まれてもいい状態になるために、皮下脂肪の付き方が一番大きくなる時期です。37週のころよりより、生まれたときの状態に近づくのでママの体重が増えた!と感じることがあります。検診でママの方に異常がないなら、赤ちゃんが大きくなったということです。

妊娠37週目のママの体の変化とおなかの中の胎児の様子
妊娠37週目のママの体の変化とおなかの中の胎児の様子
妊娠37週目のママの体調の変化と胎児の成長の様子を解説します。安産になる食生活や体重管理の方法など出産準備の方法も解説しています。臨月を迎え辛い時期ですが、赤ちゃんに会えるまでもう少し頑張りましょう。

胎児は生まれるために体を小さくして下りてくる

いつ生まれてもいいように、赤ちゃんも準備をします。
お母さんの産道を通って生まれてくるために、赤ちゃんもできるだけの準備をします。体をキュ~っと、腕や足を曲げた状態にして小さくなります。その状態で頭をママの骨盤に収めるようにして下りてきます。

赤ちゃんが骨盤に向かって下りてくるので、ママは下半身のむくみや骨盤や恥骨の痛みを感じるようになります。

逆子・多胎妊娠は38週までに帝王切開で出産する

妊娠38週の時点で逆子や双子、多胎妊娠の場合は母子の安全のために帝王切開での出産になります。
それぞれの出産までの大まかな流れを紹介します。

逆子の場合での帝王切開出産

赤ちゃんが臨月の時点で逆子の場合、逆子体操や医院での指導で逆子が治らなかった場合は帝王切開での出産となります。
逆子のまま通常分娩になってしまうと赤ちゃんもママの体も非常に危険で、リスクを避けるために事前に病院で日付や段取りを決めて帝王切開での出産となります。
帝王切開では下半身麻酔なので、意識があるまま出産する場合と全身麻酔での出産の場合があります。

双子や多胎妊娠での帝王切開出産

おなかの中の赤ちゃんが双子、あるいはそれ以上などの多胎妊娠の場合、通常分娩では赤ちゃんにも母体にもリスクが高く危険性もあるために帝王切開での出産を行います。多胎の場合は赤ちゃんの成長具合やママの体調なども加味されて妊娠35週~妊娠38週までには帝王切開での出産がおこなわれるようです。
双子や多胎妊娠で帝王切開が決まっているときは、事前に管理入院をしてから検診や帝王切開が行われます。

双子妊娠1/100の確率を上げる双子ちゃんを授かる方法
双子妊娠1/100の確率を上げる双子ちゃんを授かる方法
双子妊娠の確率ってどのくらい?一卵性双生児・二卵性双生児の妊娠出生の割合や双子妊娠しやすいと言われる要因、双子妊娠の確率を上げる秘策から、可愛いだけではない双子ちゃん、多胎妊娠のリスクなどを解説。

陣痛やおしるしなど妊娠38週のママの体調変化

妊娠38週、もういつ生まれてきてもおかしくないのでママもドキドキしながら過ごしていることでしょう。出産直前のママの体はこんな変化が出始めています。

妊娠の体調変化に戸惑う妊婦

出産間近の臨月入ったときのママの体調変化

臨月に入り出産直前のママにみられる体の変化について解説します。出産直前ならではの体調変化に戸惑ってしまいますが、これは赤ちゃんからの「生まれるよー」のサインです。
しかしこの体調変化の中にも注意すべき変化があります。

恥骨や足の付け根が痛む

赤ちゃんが生まれてくるための準備をはじめ、ママの骨盤に向かって下りてきます。その圧が恥骨や足の付け根の痛みにつながっています。産前に体から分泌されるホルモンの影響で、赤ちゃんが生まれやすくなるために骨の継ぎ目が緩くなる影響が出ているので、恥骨通や股関節通、腰痛などの下半身周りの痛みが特に出てきやすくなります。

臨月の腰痛の原因は?寝方や姿勢で辛い腰痛を和らげる方法
臨月の腰痛の原因は?寝方や姿勢で辛い腰痛を和らげる方法
臨月を迎え腰痛に悩む妊婦さんに、少しでも腰痛を和らげるための寝方やストレッチ、楽な姿勢をとる方法を解説します。原因を知ることで対処法も分かるので是非参考にしてください。

むくみやすくなる

赤ちゃんが骨盤に降りてくるときに圧がかかり下半身にめぐる血管も圧迫されます。この圧迫が原因で血流も悪くなり、産前~出産直後はむくみが出やすくなります。
臨月のむくみの原因は赤ちゃんが下りてくるというだけではなく、例えば塩分の過剰摂取や運動不足、体の冷えなどが原因の血行不良が原因のむくみもあります。
臨月になったら、食事の塩分を控え、適度な運動をすることで、むくみを解消しましょう。

食事の管理や適度な運動は臨月の妊婦さんには安産へ繋がることもあり、お産を促す効果があるので積極的に取り組んでいきましょう。

むくみがひどいときは、妊娠高血圧症候群の疑いも

臨月に体がむくみ体重が増加する、あるいはむくみの自覚症状がなくても1週間で数キロ増加してしまっている場合は妊娠高血圧症候群の疑いの可能性もあります。

妊婦検診で血圧や尿たんぱくに注意するように言われている方は特にですが、臨月で急に体重増加があった場合はお産が難産になってしまう場合があるので、お医者さんからの指導を受けましょう。
主に食事療法や運動の指導をされることが多くあり、あまりひどい場合は入院での食事管理をされる場合もあります。

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)とは?症状と予防&対処法
妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)とは?症状と予防&対処法
妊娠高血圧症候群とは数年前まで妊娠中毒症と呼ばれていた病気ですがかかるとママや赤ちゃんにどのようなリスクがあるのか、食事療法などの治療法や妊娠高血圧症候群発症のリスクを下げる生活の注意点を解説。

陣痛ってどんな感じ?前駆陣痛と本陣痛の見分け方

陣痛ってどんなものなんだろう。痛い、痛みの時間が決まっている、偽陣痛といわれるものとの違いは?
初産で間違いやすい、偽陣痛と本陣痛の見分け方のポイントを紹介します。

偽陣痛と呼ばれる前駆陣痛とは?

前駆陣痛(ぜんくじんつう)とは、通称「偽陣痛」と呼ばれています。
本当の陣痛ではありませんが、おなかの強い張りやチクチクした痛みを感じますが、時期に収まりなくなってしまいます。出産予定の1月前ごろからはじまり、出産直前まで続く方もいます。
前駆陣痛から本陣痛へつながる場合もあるので、妊娠35週を過ぎたら注意しましょう。

前駆陣痛ってなに?臨月の本陣痛との違い痛みや間隔まとめ
前駆陣痛ってなに?臨月の本陣痛との違い痛みや間隔まとめ
前駆陣痛ってなに?いつから始まるの?痛みや間隔、本陣痛や胎動の違い、入院目安や事前準備しておきたい事など臨月に入り前駆陣痛を不安に思っているママが参考になる記事をまとめました。

出産に繋がる陣痛が「本陣痛」

そのまま出産につながる陣痛です。前駆陣痛と違い定期的に強い痛みが来ます。
個人差はありますが、はじめは15分~20分程度の間隔で数回。痛みのない間の時間は普通に動けるので初期の陣痛では前駆陣痛と勘違いしやすいので注意が必要です。痛みの感覚は10分、5分、1分と狭まっていきますが。10分を切るようになるまでには病院に連絡し、向かうようにします。

前駆陣痛と本陣痛を見分けるポイントは?

前駆陣痛と本陣痛、実際に経験してみないとわからない痛みですが。見分けるポイントを押さえておきましょう。

  • おなかが張るときの痛みとは違う
  • 痛みが来る時間が定期的で間隔が狭まってくる
  • いきみたくなるような痛みが来る
  • 痛みがない間は動けるが、痛みが来ているときは動けない

という特徴が本陣痛にはあります。

一番注目すべきは痛みが来る時間が定期的で間隔が狭まってくるかどうかを確認します。最初は20分や15分の間隔があいていてもどんどん時間は狭まってきます。時間をメモしてみたり、陣痛計測のアプリなどで確認してみましょう。
時間が狭まってきているようであれば、最低でも5分を切るまでには病院に連絡を取り、向かうようにしましょう。
痛いからと言っていきんでしまうと破水してしまったり、病院につく前に赤ちゃんが出だしてしまったりするので息みたくても息まず、逃すように深呼吸をするように深く息を吸ったり吐いたりしましょう。

本陣痛が来たらすぐに病院に連絡する

時間を図っているうちに、どんどん痛みも強く、時間の感覚も狭まっていれば本陣通です。
まずは落ち着いて病院へ連絡をとり、時間の感覚や痛みの度合いを説明します。病院側から来るように指示があれば向かいます。ただし、経産婦さん(赤ちゃんをもう生んだことがある人)の場合は陣痛の感覚が10分より前には連絡をするようにします。

経産婦さんは初産婦さんより赤ちゃんが生まれやすく、陣痛が来た時にはもう結構出てきている!という事態もあり得ます。逆に初産婦さんは遅くなりがちなので、病院との距離によっては陣痛の間隔が5分を切ったら来てね、と言われる場合もあります。

自宅で入院の荷物を準備しているようであれば、臨月に入ったときに目立つ場所。すぐもっていける場所にセットしておきましょう。事前に連絡する場所、人をリストアップして目立つ場所に貼っておくというのもいざというときに便利です。
陣痛が来たと同時に破水している場合は、夜用の生理ナプキンをあて、バスタオルを股に挟んで移動しましょう。破水している場合、赤ちゃんへの感染の可能性が高まるのですぐに病院へ連絡後、向かいます。

前駆陣痛から本陣痛、本陣痛から出産までの流れ
前駆陣痛から本陣痛、本陣痛から出産までの流れ
前駆陣痛から本陣痛まで、本陣痛に入ってから出産するまで、ここを読めば流れがしっかりわかります。出産の流れや陣痛の様子をお伝えすることで、リラックスした出産をサポートします。

おしるしがあってから翌日~約2週間程度で出産

妊娠38週のもう何時赤ちゃんが生まれてもOKという時期になると、下着やナプキンなどに血液が付着してくるときがあります。これを一般的に「おしるし」と呼びます。このおしるしが来ると、早ければ翌日~遅ければ約2週間程度で出産になるといわれています。

このおしるしの出血は、ママの子宮と赤ちゃんが入っている袋の間に隙間ができ、そこから出血が起こったために出てきたものです。赤ちゃんとママの間に隙間ができたということは子宮口が柔らかくなり、出産が近くなってきたというしるしになります。
おしるしかな?と思う出血の量が多くダラダラと長く続く場合はおしるしとは別の可能性があるので念のため病院に連絡して確認してみましょう。

破水ってなに?前期破水って?

臨月に入ってくると、妊婦さんの約2割程度の妊婦さんが経験する「前期破水」というものがあります。
もともと破水とは、陣痛がきて出産するときに赤ちゃんを包む膜が破れて中の羊水が流れてくる事です。しかし、中にはめずらしく陣痛が来ていない、あるいは陣痛が来はじめたばかりの時点で破水する場合があり、これを「前期破水」と言います。

破水してしまったら、すぐに病院へ連絡します。破水したということは破水した部分と外がつながっている状態なので、赤ちゃんは外の菌などに感染しやすい状態になってしまいます。
出産のときに赤ちゃんが感染してしまうと命にかかわる場合もあるのですぐに病院で処置を受けます。

破水していて陣痛が来ていない場合は陣痛促進剤をつかって出産を促す処置を受けます。そのまま出産の流れになるのでしっかり荷物を準備しておきましょう。

破水と臨月の尿漏れを見分けよう

臨月になると赤ちゃんに膀胱が圧迫されてママは尿漏れが起きやすくなります。
この尿漏れがおきていると、実は破水していた!?という事態が起きたときに見分けることができるか不安ですね。破水なのか尿漏れなのかを見分ける時のポイントがあります。

臭いがアンモニア臭かどうか

破水の時に流れてくる羊水はアンモニア臭とは違う独特なにおいをしています。もしちょっとにおってみてアンモニア臭がするなら尿漏れと判断ができます。

尿パッドなどについている色がピンク色かどうか

尿パットやナプキン、トイレットペーパーでふき取ったときの色がピンク色っぽい、血液などが混じっていると破水の可能性があります。ただし、血液はおしるしだったりおりものだったりするので、色だけではなくほかの要素と組み合わせての判断が必要です。

トイレに座って自力で流れを止められるかどうか

最後に自力で止められるかどうかです。破水の場合は自力でのコントロールが不可能で、普通に動いているだけ、寝ているだけ、座っているだけでチョロチョロと出てきます。出が収まらず続いて出てくる用であれば破水の可能性が高いです。

この3点が尿漏れと破水を見分けるポイントです。破水の場合はすぐに病院に連絡をするようにしましょう。

高位破水に注意!

臨月の妊婦さんで本当に数少ない方が経験する可能性のある「高位破水」を紹介します。
これは赤ちゃんを包む膜の上のほうが破けての破水で、しかも高位破水だと羊水も少しずつしか出てこないので気づき難いという特徴が挙げられます。

おりものかな?と勘違いする程度の少しだけシミができるような水が出ている時があります。この時点では尿漏れやおりものと勘違いするばかりで破水とは気づき難いです。
時間が経ってもチョロ、チョロと出てきてアンモニアも臭がない場合は破水の可能性があるので病院へ行ってみましょう。簡単な検査を受けると破水か尿漏れ、おりものなのかがわかります。

陣痛、破水がきたときの移動方法

産院の指導で「妊婦は救急車をつかわず、家族の運転で病院に来るかタクシーを使う」という指導を受けます。臨月で常に運転できる家族がいる場合は問題ありませんが、いない場合はまず地元のタクシー会社に「陣痛がきたり、破水していても乗れるタクシーがあるか確認」しましょう。
破水しているとNGというタクシー会社もあるので、事前確認が大切です。妊婦さん専用の陣痛タクシーなども広まってきていますので、調べてみましょう。

実際に破水してから病院へ向かう場合は、まず夜用生理ナプキンを当て、さらにバスタオルなどをまたに挟みます。
こうすることで外に漏れる羊水の汚れを防ぎ、赤ちゃんの感染率を下げます。
次に病院へ連絡し、破水したということを伝えましょう。あとは病院からの指示通りに動いてください。

陣痛タクシー|不安な陣痛時、安心して病院へ行くために
陣痛タクシー|不安な陣痛時、安心して病院へ行くために
陣痛タクシーの予約登録方法は?本当に安心して利用できる?陣痛時妊婦さんをスムーズに病院まで運んでくれる心強い陣痛タクシーのサービス概要や登録・利用法からサービスを提供しているタクシー会社を紹介!

子宮口が開いてくる

妊娠38週の出産直前にはママの体も出産準備をします。
臨月に入ると内診が再開され、子宮口の柔らかさや開き具合の確認が始まります。出産前には基本的に子宮口は柔らかく広がりやすくなり、生まれる直前や陣痛が来る直前には子宮口が開き始めます。

検診で3cm位開いているといわれたら出産間近ですが、痛みなどの自覚症状はないことが多いので、気長に待ちましょう。
内診で子宮口が固く、開いていないときは先生によってはグリグリ!と、無理やり開いてみる場合があります。痛いですがこれがトリガーになって陣痛や出産が始まる方は多いのでこの時期にグリグリ!とされたら出産が近いと思いましょう。

臨月の内診がはじまったらナプキンやパットを股にはさむようにしておくと、出血やおりもの、おしるしや破水の確認がしやすいので対策しておきましょう。

運動、マッサージ、外出時の注意点など妊娠38週の過ごし方

妊娠38週はいつ赤ちゃんが生まれてもおかしくない時期です。出産直前のこの時期ならではの食生活や体重管理、運動や外出時の注意点をまとめました。

妊娠中に安産に効果的な運動をするママ

食べ過ぎに注意!母乳に良い食生活を

出産間近になると赤ちゃんが下りてくるため、胃の圧迫感が消えます。そのためついつい食べやすくて食べすぎちゃう!という方も多くいらっしゃいますが。最後の最後で体重が増えすぎて「難産になっちゃった…。」という方もしばしばいます。

このころの食生活は薄味・野菜や魚中心・和食を心がけるといいでしょう。和食は特に野菜の煮物や魚の煮物を普段より少し薄味にしたものを意識した食事にするとカロリーや塩分を抑えることができるので体重管理が必要な時はうってつけです。
おすすめの食材はこんにゃく、青魚、根菜類などが体重管理によく、産後のいい母乳にも繋がります。

臨月は有酸素運動をゆっくり行う

臨月の運動は有酸素運動がママの体力づくりに効果的です。脂肪を燃やすことを意識した運動がメインになり臨月までに増えた妊婦さん自身の体重をへらし、産道についた脂肪を落とすことで赤ちゃんが生まれやすく、出産に向けた体力づくりになります。

かといって、無理をするとママにも赤ちゃんにも負担になるので、ゆっくりとした動きを少し長めに続けるような運動を意識しましょう。

小さい階段の上り下り

小さい段差の上り下りを繰り返すだけでも運動の効果は抜群です。転ばないように手すりがあり、人目に付く場所で運動しましょう。
深呼吸を続けることで有酸素運動になり脂肪燃焼、体重管理に役立ちます。血流をよくするので臨月のむくみ解消にも効果的です。

マタニティスイミング

水泳教室などで時々行われているマタニティスイミングは出産の体力づくり、有酸素運動での脂肪燃焼に効果的です。
水中を歩く、泳ぐというのは以外に体力を消耗しますが、マタニティスイミングが行われている場所には専門家が常駐している場合が殆どなので安心して運動ができます。

お尻を上げて雑巾がけ

家の中で雑巾がけをします。このとき四つん這いになって少しお尻を高めに上げるように意識します。この体制は股関節を柔らかくし、安産につながる運動です。辛いときは無理をせず、おなかが張らない程度にゆっくりと続けます。

臨月の運動が安産への鍵!?運動の効果とおすすめ運動法
臨月の運動が安産への鍵!?運動の効果とおすすめ運動法
臨月に運動すると安産になるというのは本当でしょうか?なぜ臨月の運動が推奨されるのか、その理由をまとめました。臨月の定番であるウォーキングの注意点や家で手軽にできるスクワットの方法なども紹介します。

外出時の持ち物と注意点

妊娠38週になれば、いつ生まれてもおかしくないということは頭に置いておきましょう。
万が一にも外出先で陣痛がきたり破水した場合のために常に身に着けておきたいもの、持っておきたい物を紹介します。

夏生まれの出産準備リスト 赤ちゃんとママの入院準備と必需品
夏生まれの出産準備リスト 赤ちゃんとママの入院準備と必需品
夏生まれの出産準備品のリストです。暑い時期に必要な肌着や赤ちゃんの服、入院に必要なママの持ち物など、いつから準備するのか、熱中症対策に便利なベビーグッズと一緒に解説します。

母子手帳と健康保険証

母子手帳や保険証は病院へ行った時に必要になります。母子手帳は特に今までの妊娠経過の情報が入っている大事な情報源です。臨月になったら必ず持ち歩くようにしましょう。

夜用生理ナプキン

破水した場合に備えてナプキンは大きな夜用のものを準備します。

かかりつけの病院と家族の連絡先のメモ

スマホやメモなどに病院の連絡先や家族の連絡先をすぐに見られるように必ず登録しておくか、メモしておきます。

妊娠38週目は何時赤ちゃんが生まれてもおかしくない状況なので、外出は徒歩で行く近くのスーパーまでにして、電車や車を使った長時間の遠出は避けるようにしましょう。

赤ちゃんが生まれる前にしておきたいこと

赤ちゃんが生まれるとしばらくは自由な行動はできません。事前に済ませておきたい身支度や楽しんでおいたほうがいいことをピックアップします。

夫と一緒にお腹の中の赤ちゃんを撫でる夫婦

美容院に行っておく

赤ちゃんが生まれるとまずは2時間おきに授乳があり、オムツ交換やお世話に忙しくなるのでなかなか美容院にはいけなくなります。
生まれる前に美容院で髪を切って整える、髪をきれいに染め直すなどのビューティーケアをしておきましょう。

夫婦で外食に出かける

赤ちゃんがいるとなかなか外食にも行けなくなります。行けても外で授乳やらおむつ交換やらで忙しく、ゆっくり食事はできなくなります。夫婦で過ごせるのは妊娠中までなので、夫婦でゆっくりと外食を楽しんでおきましょう。

妊娠中の姿を写真や動画に撮っておく

赤ちゃんが生まれる前の妊娠中のおなかの様子を撮影しておきましょう。
ちょうど妊娠38週の生まれる直前というのは記念になります。赤ちゃんが生まれて大きくなったころ、「こんなふうにママのおなかの中にいたんだよ」という思い出話にも花が咲きます。

たくさん寝ておく

出産後から赤ちゃんとの時間が始まれば、2時間おきの授乳が始まります。母乳であれミルクであれ準備があるのでゆっくり寝る時間が取れなくなります。夜泣きも始まればもっと眠れなくなりイライラすることもあるでしょう。
妊娠中にはしっかり眠りましょう

出産は赤ちゃんとの協力が必要!

出産に向けて、ママに覚えておいてほしいことがあります。
それは、出産は赤ちゃんも頑張って生まれてくるということです。お母さんが陣痛の痛みを味わうように、赤ちゃんも全身に締め付けを受けて生まれてきます。
赤ちゃんが受ける圧はだいたい成人男性の平均握力で腕を雑巾絞りするような感じの痛みを全身に受けて生まれてくるそうです。生まれる時からママ以上に、全身に痛みを感じながらも外へ出ようと赤ちゃんも頑張ってくれます。

生まれてくる赤ちゃんのイメージ画像

出産のとき、赤ちゃんに向かってママが「ガンバレ!」と声をかけると赤ちゃんも答えるように外へ出てきてくれるともいわれています。赤ちゃんとママの気持ちが一つになったとき、出産は成り立ちます。

出産はママも大変ですが、赤ちゃんも頑張っているので、どうか心折れずに最後までわが子の初めての頑張りを支えてあげましょう!

陣痛の痛みの逃し方 呼吸法など8つの痛み軽減方法とグッズ
陣痛の痛みの逃し方 呼吸法など8つの痛み軽減方法とグッズ
陣痛の痛みの逃し方を8つと、あると便利なグッズについて解説しました。陣痛の痛みはなぜ起こるのか、どうしたら和らぐのか、知っておいてソンはしない情報がいっぱいです。

ママとパパの思い出作りにも良い時期

妊娠38週目になり赤ちゃんが生まれるまで秒読みとなりました。
出産直前のサインは赤ちゃんからも、ママの体からも送られてきているはずです。小さくて勘違いしやすいサインばかりですが、気を付けていれば気づくことができるサインです。これを見逃さないように気をつけましょう。
夫婦2人きりの思い出作りができるのは今だけです。赤ちゃんが生まれる前にしっかりやりたいことは済ませて、後悔のない楽しいマタニティライフを送りましょう。