Loading

妊娠37週目胎児とママの体の変

妊娠37週目のママの体の変化とおなかの中の胎児の様子

妊娠37週目の妊婦さんの体調変化やおなかの中にいる赤ちゃんの様子を解説します。妊娠37週の胎児の身長や体重、胎動の変化や、臨月に入るママのおなかの張りや吐き気、子宮口の変化、前駆陣痛の説明、入院準備などこれから出産を控えるママの体重管理など安産になる過ごし方も紹介します。

妊娠37週目のママの体の変化とおなかの中の胎児の様子

妊娠37週は正産期!赤ちゃんはいつ生まれてきても大丈夫!

妊娠37週目、いよいよ臨月に入りママもパパもドキドキする時期が来ましたね。ここまで来れば赤ちゃんがいつ生まれても大丈夫な時期です。
この妊娠37週の時期のママの体と赤ちゃんはどうなっているのでしょうか?ママの体や赤ちゃんの状態をチェックしつつ、出産前の準備も進めていきましょう。

おなかの中の赤ちゃんの様子

おなかの中でグングン大きくなった赤ちゃんは妊娠37週目という時期にはどうなっているのでしょうか?おなかの中の成長を紹介します。

赤ちゃんの誕生を心待ちにしている夫婦

身長と体重はどれくらい?赤ちゃんの体の成長

妊娠37週目のおなかの中の赤ちゃんは平均して身長が45cm~48cm、体重は2,500g~3,000gの大きさになります。これはもういつ生まれてもいい体格になっているので、早い人はそろそろ生まれるのかもしれません。赤ちゃんはおなかの中が窮屈になり手足を曲げた状態で丸くなっています。

妊娠37週目の胎児の発達

大きさや重さは何となくママのおなかの中にいるのでママにはわかるかもしれません。では、実際に赤ちゃんはおなかの中でどのような成長を遂げているのかを見ていきましょう。

内臓が完成する

胃や腸、肝臓などの臓器が完成し、機能を始めます。
肝臓機能が完成した状態になるので、今までより水分や血液が赤ちゃんの体をしっかり巡り循環することで、赤ちゃんの肌がほんのりピンクに色づき、あの赤ちゃん特有のプルプル肌の感触が出てきます。

胃や腸といった消化器官も完成し、おなかの中で赤ちゃんが飲み込んだ羊水などが赤ちゃんの腸内にめぐり胎便がたまります。生まれるときや生まれて初めて赤ちゃんがうんちをしたときは黒や濃い緑のうんちが出ますが、これが胎便です。胎便が出たということは、消化器官がしっかりできているサインにもなりますので、うんちの色がおかしいと驚かないようにしましょう。

皮下脂肪がつき、ふっくらしてくる

エコーなどで今まで見てきた赤ちゃんはどちらかといえば「ホッソリ」としていたイメージがあると思います。エコーでは赤ちゃんの骨格が主に映し出されるため実際より細く見えるのですが、ちゃんとお肉はついています。

妊娠37週目より前の段階だとそれでも肉付きは薄く、赤ちゃんの体は細身であることが多いのですが37週になってくると臓器の発達や母体のホルモンの影響で今までより格段に肉付きがよくなります。出産直前に「急に体重が増えてる!?」という妊婦さんは、血糖値が高いなどの異常がない場合は赤ちゃんの肉付きがよくなったということです。心配しすぎて出産前にナーバスにならないようにしましょう。

胎動が減り、赤ちゃんが骨盤に頭を収める

妊娠37週の赤ちゃんは「正産期」という、いつ生まれてもいい時期に入っています。赤ちゃん自身も生まれるために準備をはじめ、ぐぐ~っとママの骨盤に入るように下りてきます。なので今まで胃やみぞおち付近まであった圧迫感が消え食欲が増す妊婦さんもいらっしゃいます。

圧迫感が消えて楽な感じになったら赤ちゃんはもうスタンバイOKという状態です。この時期に「足の付け根がちょっと痛いな」「腰回りがちょっと痛いな」と感じたら、それは出産に向けて赤ちゃんに押し広げられた足や腰まわりの靭帯が伸びてきているというサインなので心配はいりません。

臨月に胎動が減る理由|胎動が激しいと出産はまだまだ?
臨月に胎動が減る理由|胎動が激しいと出産はまだまだ?
臨月になると胎動が減るといわれる理由、胎動が激しいせいで夜眠れない時の対処法、胎動をチェックする方法や胎動と性格・障害との因果関係など、臨月の胎動の気になる症状について解説します。

逆子は帝王切開で出産

「いよいよ出産なのに逆子が治らないまま37週を迎えてしまった…。」という場合は帝王切開での出産になる場合があります。大体は妊娠33週目あたりまでで逆子の場合、帝王切開の有無を病院で判断します。

帝王切開で無事生まれた赤ちゃん

帝王切開が決まった場合は妊娠37~38週の間で出産日を決めることが多いので病院側としっかり相談し、日取りを決めましょう。赤ちゃんが小さいなどの場合はギリギリまでおなかの中で様子を見る場合もあります。
出産日までに逆子が治っていると通常分娩になることもあるので病院の許可があれば逆子体操をするのも効果的です。

逆子体操のやり方

ここでは妊娠28週の時点からできる「側臥位法」(そくがいほう)という方法を紹介します。
ただし、やる前には病院でOKが出ているが前提です。現在までに切迫早産などの危険性がないことなどを確認してからやるようにしましょう。

  • 赤ちゃんの背骨がママのおなかの右側にあるときは左半身を下にして寝る。
  • 赤ちゃんの背骨がママのおなかの左側にあるときは右半身を下にして寝る。
  • エコーであかちゃんの向きを確認したときに、赤ちゃんの背骨側と逆を下にして寝る。

こうすることで赤ちゃんがおなかの中で回転しやすくなり逆子が治る場合があります。ただ横になるだけなので楽にできますが、横になるのが大変という方は座った状態で左右に傾いてみるというもの効果があります。

逆子体操は出産直前まで「根気強くやって治った!」という場合や、「即効で効果があった!」という方など様々で、赤ちゃんの大きさやママの体格などによっても効果が全然違います。まず根気強くやってみてどうしてもだめな場合もあるということを頭の隅に置いておくようにしましょう。
直前で治れば通常分娩で赤ちゃんと対面できるかもしれません。

出典:www.youtube.com

妊娠37週目!出産間近のママの体調の変化

いよいよ出産間近で赤ちゃんもおなかの中で準備完了!となりました。ママにもその兆候が体調変化として現れます。出産準備OK!と言えるママの体調変化にはどのようなものがあるのでしょうか。

ママはホルモンバランスが崩れ辛い時期

臨月になるとママの体内では女性ホルモンである「卵胞ホルモン(エストロゲン)」がたくさん作られるようになります。逆に黄体ホルモンというホルモンが減っていくことで、ママの体のホルモンバランスが崩れるのです。

妊娠37週目に入り腰を痛めた妊婦

このホルモンバランスの変化はおなかの中で赤ちゃんが育ちやすくなる環境。ママは最後の最後でつらい時期ですが、ここを乗り切れば赤ちゃんと対面する時期が近いということでもあります。

吐き気がする、嘔吐する

臨月の赤ちゃんはこのホルモンバランスの影響でグングン成長します。その効果でママのおなかは妊娠中で一番大きくなる時期です。赤ちゃんが大きくなれば、ママの体内の内臓などはグイグイ押されて圧迫されます。そのため胃液や腸内の物が逆流しやすい環境になります。このため臨月に入って吐き気や嘔吐する妊婦さんもいらっしゃいます。

この時期を過ぎるとある日、「あれ?吐き気がしなくなった」となる時があります。妊婦さんの体系にもよりますが臨月で吐き気が急に消えたら赤ちゃんが生まれるために下へ降りてきたということかもしれません。

臨月の吐き気、嘔吐の対処法

あと少しと分かっていても、おなかの大きな妊婦さんが前かがみになって嘔吐するのはかなりきついものがあります。あまりに毎日それが続くと出産前に疲れ果てていざ出産!となったときに体力が持ちません。
臨月時の吐き気や嘔吐を軽減する方法としてはこんなものがあります。

  • 消化にいいものを食べる
  • 量を少しずつ分けて食べる
  • 食後はなるべく立つか座るなどで起きた体勢をキープする

消化に良いうどんやおじやなどを食べることで吐き出すものをまず少なくしておきましょう。この時、1回の食事量を減らして1日5~6回くらいに分けて食べるとずいぶん楽に感じることがあります。

食後は横になって楽な体制をとりたくなりますが、なるべく逆流を防ぐために立ったり座ったりという体制で、頭を高く胃の入り口が上にあるように意識した体制をキープしましょう。

臨月で吐き気や嘔吐がひどくなりすぎた場合

あまりに臨月に入って吐き気や嘔吐がひどくなったり、場合によっては下痢の症状まで出る妊婦さんがいらっしゃいます。毎日の回数がひどく、水も飲めない。食事を受け付けない。という場合は病院へ行くようにしましょう。

出産のときに脱水症状や栄養不足でエネルギーが足りないということが起こると、出産に時間がかかり難産気味になる場合があります。吐き気、嘔吐の悪化、激しい頭痛、尿量が少なくなった、水分を受け付けない、といった症状がある場合はすぐに病院へ相談に行くようにしましょう。

おりものが増える

臨月になるとママのホルモンバランスが変化するということを書きました。
この影響でおりものが増えたと感じるママが多くいらっしゃいます。においや色も今までになかったようなものになったりして気になる方もいるかもしれませんがあまり気にし過ぎないで大丈夫です。

実際の変化としてはこのようなものがあります。

  • 粘り気が強くなる、ゼリー状のおりものが出る
  • においがきつくなる
  • 水っぽいおりものがたくさん出る
  • 色が透明、白、黄色、茶色などに変化する
  • 量が増える

どれも基本的に心配することはありません。時折「水っぽいおりものがたくさんでる」場合は破水と勘違いしやすいので注意して下さい。血液が混じったおりものが出てきた場合は破水の兆候か「おしるし」である場合があるので注意して様子を見ましょう。

臨月のおりものは量・色・においが変わる?おしるしとの違い
臨月のおりものは量・色・においが変わる?おしるしとの違い
臨月のおりものの変化が気になるなら量や色を要チェック!もともと個人差の大きいおりものの状態は変化も他人に言いにくいものですがオリモノかと思いきやもしかしたらおしるしや破水の可能性も捨てきれない?!

血液交じりのおりものが長く続く場合はどこか別の部位の出血が疑われ、赤ちゃんへの感染なども疑われるので病院へ連絡するなど早目の対処が必要となります。3日~1週間、血液交じりのおりものが続くときは病院へ相談するようにしましょう。

出産の予行練習!前駆陣痛とは?

妊娠37週目の臨月を迎えると、おなかがぎゅーっと張って痛みを覚えるママさんがいらっしゃいます。おもわず「陣痛が来たのかな!?」とびっくりするママさんもいらっしゃいますがまずは落ち着いて時間を計ってみます。

パソコンで本陣痛か前駆陣痛かを調べる妊婦

時間を図ると大体5分~15分などの感覚で不定期、または定期的にやってきますが、突然それがなくなっていつも通りに生活できるようになります。これが前駆陣痛と呼ばれるもので子宮が出産にむけて予行練習しているためにおこるものなので心配はいりません。

  • 感覚が不安定
  • 痛みの強弱が一定していない
  • 一定の時間がたったら消える
  • 破水していない

という場合は前駆陣痛の可能性があります。
ただし、前駆陣痛を全く経験せずに本陣痛がくる場合もあるので、臨月にはなるべく病院にすぐ行ける範囲から離れず家族と行動するし、病院や家族にすぐ連絡できる環境を準備するなどしておくようにしましょう。

前駆陣痛から本陣痛、本陣痛から出産までの流れ
前駆陣痛から本陣痛、本陣痛から出産までの流れ
前駆陣痛から本陣痛まで、本陣痛に入ってから出産するまで、ここを読めば流れがしっかりわかります。出産の流れや陣痛の様子をお伝えすることで、リラックスした出産をサポートします。

陣痛ってどんな感じ?前駆陣痛と本陣痛の見分け方

では本当の陣痛の場合はどのようになるのでしょうか?
前駆陣痛は通称「偽陣痛」といわれているのですが、偽とつくだけにちょっと見分け方が難しいというのがあります。前述したようにしばらくして痛みが消えてしまうようであれば前句陣痛。消えずに間隔がどんどん狭まり、痛みが強くなれば本陣痛というようになります。

出産を控え陣痛の痛みに耐える妊婦

痛みの感じ方には個人差があり、大丈夫と思っていても「本陣痛だった!」という妊婦さんもかなりの数いるのも事実です。万が一に備えて事前に入院準備や連絡網の確認を怠らないようにしましょう。

  • おなかの張りがパンパンというよりカチコチ
  • 痛くて歩けない
  • 息を「フーッ!」と出さないときつくなる
  • 間隔が5分~10分おき

という場合は外出などを控えて様子を見るようにしましょう。
どんどん痛みが来るようになったら慌てずに病院へ連絡し、医師の判断に従いましょう。

出産が近づいているサインの「おしるし」とは?

妊娠37週ごろにライナーや生理用ナプキンに血液がついている場合があります。一般的にこれを「おしるし」とみなし、出産が近いという目安にされています。このおしるしは臨月に入った妊婦さんの子宮収縮や子宮口が徐々に開いていく過程で赤ちゃんを包む卵膜と子宮が剥がれた時の出血です。子宮と卵膜が離れてくると、出産が近い、赤ちゃんがしっかり降りてきているという証拠です。出血でびっくりして焦らないようにしましょう。

大体、おしるしがあると翌日~2週間ほどで出産を迎えるといわれています。ここにも個人差があるのであくまで「おしるしが来たら出産が近い」ということだけ頭に置いておきましょう。出血量が明らかに多い場合は赤ちゃんと母体の感染を防ぐために早めに病院へ連絡を。

破水ってなに?破水したときの対処法

ドラマでよく急に「破水した!」というシーンがありますが、基本的に破水というのは陣痛が起こって子宮口が開ききって起こるのが多く、大体の妊婦さんは出産の分娩室に入ってから経験される方が多いようです。
陣痛の波にあわせて羊水が「ジャー、ジャー、ダラダラ」と出ていく感じが破水です。

破水して病院に駆け込んだ妊婦

しかし、中には「陣痛が来ていないのに破水した!」という場合もあります。これを「前期破水」といいます。大体全体の妊婦さんの2割~3割の方が前期破水を経験するといわれています。前期破水で量が少なくチョロチョロと出ていく場合は尿漏れと勘違いしやすく、対処が遅れる場合がありますが、匂いをかいでみて

  • アンモニア臭がしない
  • 色が淡いピンク色
  • トイレで座ってみて自力で止められない

といった場合は前期破水の可能性があります。

もし、前期破水が起こった場合は

  1. 夜用の整理ナプキンをつけ、バスタオルを股にあてる
  2. 病院へ連絡する
  3. 家族や事前に予約などをしたタクシーで病院へ向かう

といったように動きます。病院で指導を受けることがあると思いますが「妊婦予約をしていないタクシーはつかわない」という風に指導を受けていると思います。万が一にそなえて事前に地元のタクシー会社に確認するなどの対処をしておくことを強くお勧めします。
破水がおきたら、赤ちゃんへの感染の危険がでてくるので、陣痛があろうがなかろうが必ず病院へ連絡してすぐに向かうようにします。

臨月の胎動の感じ方にも個人差がある

妊娠37週の生産期をむかえると、おなかの中の赤ちゃんも手足をぐっと曲げ頭を下へ向け、生まれる準備をします。頭をママの骨盤に収めるような形になるので、以前よりも胎動を感じ難くなります。赤ちゃんによっては出産ギリギリまでドンドコ動くという子もいるので、動かない、動きすぎ、と心配せずに赤ちゃんの個性と思い過ごしましょう。

このころには赤ちゃんが下りてくる、下りてきて動くことで、子宮口付近に圧迫感を感じたり、恥骨痛がおきたり。膀胱も押され気味になるのでトイレに行く回数が増えることもあります。

妊婦検診では子宮口の開き具合をチェック

臨月になると医院によってはNST(ノンストレステスト)という検診をうけます。NSTとは赤ちゃんの心拍と胎動を計測して元気かどうかのチェックをするという検診です。
それと同時に妊娠初期のように内診をおこない「子宮口の開き具合」をチェックするようになります。

本来、出産が近くなると子宮口は柔らかくなり、徐々に開いてきます。子宮口が3cmくらいまでは陣痛やその他の症状を感じにくく、自覚症状というのはほぼありません。子宮口が4cm以上になるとジワジワ陣痛がきたり、痛みを感じたりという症状が出はじめます。検診で「子宮口が○cmだね」と言われたら、出産が近いということですね。

食生活、体重管理、入院準備など出産までの過ごし方

妊娠37週ごろの妊婦さんの生活の中での注意点など過ごし方を紹介します。

出産までの食生活を見直しているプレママ

安産に向けて食生活の見直し

病院によっては厳しく妊娠中の体重管理をされている産院もあります。
実際「臨月になって体重が増えて怒られた!」なんて方も多いのではないでしょうか?食事に注意していても、どうしても増えてしまう…という場合もありますが、まずは食生活を見直しましょう。

  • カロリーを抑える
  • 間食の種類を変える
  • 食事の塩分/糖分の摂取量を確認する

といった点を踏まえて見直しましょう。
食品のカロリーを抑えるのは普段のダイエットと同じです。例えばコンニャクや小魚、果物をメインに食事をとるようにします。食事をとる際、和食中心を心掛け、薄味を意識するとずいぶん変わります。出汁を使う。味付けは薄めに。1回の量を減らしてしっかり噛んで食べる。このような食事のポイントを抑えるだけでも体重管理には貢献できますよ。

臨月の体重増加は何kgまで?理想的な体重にするためのコツ
臨月の体重増加は何kgまで?理想的な体重にするためのコツ
臨月の体重増加を理想的な目安の体重に戻すコツを紹介します。臨月になると食欲が増し体重も増える傾向ですが食欲を抑える方法、むくみ対策など胎児に影響がなく難産になり難い体重管理についてです。

臨月の体重管理と安産に良い運動

臨月までは体を大事に、ゆっくり過ごすという過ごし方がメインでしたが「臨月になったら運動する!」というのが実はママと胎児の体調に好影響を与えます。もちろん、病院でダメと言われている場合はダメですが経過順調でいつ生まれてもOK!と言われているならこんな安産運動をしてみませんか?臨月の体重増加の歯止めにもお役立ちです。

臨月に入りリラックスを心がける妊婦

  • マタニティヨガ/スイミング
  • ラジオ体操
  • 10分~30分のウォーキング
  • 雑巾がけ
  • 重いものを持たない家事

ヨガ、水泳や体操、ウォーキングは基本的な運動ですが、臨月の時にやると出産に向けての体力づくりや体重管理、安産に向けての下半身強化に効果的です。

では、雑巾がけ?家事?と思った方。これは安産につながる運動として昔から効果的と言われています。臨月の妊婦さんが四つん這いになって雑巾がけをする。
これは子宮を刺激する運動なので出産を促す運動です。普段の家事も案外運動になるもので、掃除機をかける動作、洗濯物を干す動作、あるいは階段の上り下りなども出産に向けての体作りや体重管理としてはとても効果的です。

しかし効果があるからと言って無理に続けたり、激しい運動などはせず、できることをゆっくりこなすようにして疲れたら休むなど調節するよう気を付けましょう。

臨月の運動が安産への鍵!?運動の効果とおすすめ運動法
臨月の運動が安産への鍵!?運動の効果とおすすめ運動法
臨月に運動すると安産になるという話を聞いたことがありますか?実際のところ、なぜ臨月の運動は安産に繋がると考えられているのでしょう。運動がもたらす出産や陣痛への効果を考察します。臨月の運動の定番であるウォーキングの注意点や家で手軽にできるスクワットなど室内運動のおすすめも紹介!

乳腺のお手入れでおっぱいマッサージをしよう

初めての出産をむかえる妊婦さんは「乳腺のお手入れ」はしていますか?
普段生活していて乳腺なんて意識もしなかった。お手入れってどうするの?という方に是非してほしい乳腺のお手入れ法。「オリーブオイルで乳腺ケア」をご紹介します。これはお風呂前にやることをお勧めします!

  • 乳首周りを拭き、清潔にする
  • 食用・薬用のオリーブオイルをメイク用コットンなどがヒタヒタになるくらいつける
  • 胸にコットンを張り付けて5分~10分置く
  • コットンを外してお風呂で乳首先端のしわを伸ばすように洗い流す

こうすると、お風呂で洗い流しているときにポロポロと乳腺につまっていた角質や角栓がとれて通りがよくなります。実際に私もやってみましたが、ポロポロと汚れが落ちて乳腺の通りがよくなったようで産後の母乳がよく出ていました

乳腺のお手入れによるおっぱいへの刺激は子宮への刺激にもなり、出産を促すことにもつながるので臨月ごろから始めてみることをお勧めします。

入院準備はコンパクトにまとめる

体の準備を終えたら、入院グッズを準備しましょう。
といっても、家族に持ってきてもらうのが一番なのでママが持っていくものはコンパクトにまとめておきましょう。

生まれてくる赤ちゃんの服を選んでいるママ友

まず、家で陣痛が始まった、破水したという場合を想定しての準備をします。必ず必要なものは…

  • 母子手帳
  • 健康保険証

といったものです。そのほか印鑑やメモや筆記具などを持って行っておくと、産後の指導をメモしたり、出産届を書くときに便利です。

ベビー用品準備時期と予算&季節で違う必需品チェックリスト
ベビー用品準備時期と予算&季節で違う必需品チェックリスト
ベビー用品の最低限必要なもの、どの程度の予算が必要か、さらに赤ちゃんの生まれる季節でも違ってくる必需品もチェックしましょう。いよいよお産が近くなったらベビー用品リストを見直して準備を万全に!

そのほか着替えなどは産院によって準備があったり、なかったりというのがあるので事前にチェックしておきます。足りないものはあとで家族に持ってきてもらうというのが一番です。

出産ではできるだけ緊張しないように自然体を心がける

いよいよ赤ちゃんとの対面が近づいてきましたね。緊張するお母さんも多いでしょう。
心構えとして覚えておいてほしいのは、できるかぎり出産で緊張しないようにということです。

弟が生まれるのを心待ちにしている女の子

出産のときに母体が緊張すると、体が自然とこわばり、筋肉が収縮してしまうので赤ちゃんが出てき難くなってしまいます。痛みや体力的にきついなどの問題はありますが。「赤ちゃんは全身に圧力を受けて生まれてきます」痛くてつらいのはママだけではなく、赤ちゃんだってすごく痛くてつらいのです。だからこそ生まれたときに泣いているのです。

出産はママだけでなく、赤ちゃんも生まれてこようと頑張っている、ということを覚えておいてください。そうすると、緊張よりもがんばろう!という気持ちが湧いてきますよね。

ママの体調変化は赤ちゃん誕生のサイン

妊娠37週目の赤ちゃんはママのおなかの中でしっかり準備をしています。迎える側のパパとママはおうちの環境はもちろん、親になる準備は万端でしょうか?
妊婦のママに起こる体調変化は赤ちゃんからの「生まれるよ~!」のサインです。小さなサインを見逃さないように注意して、出産に向けた準備を万全に余裕をもって最後のマタニティライフを楽しく送りましょう。