Loading

妊娠36週もうすぐ出産

妊娠36週の臨月の過ごし方!出産兆候と外出の注意点

妊娠36週、臨月に入ると胎動の減りや前駆陣痛など出産の兆候を感じることも増えてきます。胎児の成長の様子やママの体調の変化、臨月はよくお腹が張る時期なので、外出するときの注意点や前駆陣痛と本陣痛の見分け方、体重管理や出産にむけての心構えについて説明していきます。

妊娠36週の臨月の過ごし方!出産兆候と外出の注意点

妊娠36週目、ついに臨月に突入!

妊娠生活も36週目に入りついに臨月です。いよいよ待ちに待った出産が近づいてきました。お腹の赤ちゃんはすくすくと成長していて、定期健診は週に1回に変わります。これからは1週間ごとに赤ちゃんの成長を見守っていきます。

ママもお腹が下がってくると、再び食欲がでてくる時期です。いつ赤ちゃんが生まれてきても心と体の準備をしておきましょう。

赤ちゃんは新生児と同じ姿で免疫力もUP!

妊娠36周目で不安を医師に相談する妊婦さん

赤ちゃんはママのお腹から外に出る準備をはじめ頭を骨盤まで降下していきます。妊娠36週の赤ちゃんの様子をみてみましょう。

妊娠36週の平均的な身長と体重

妊娠36週目の赤ちゃんの身長は約45~47cm、体重は約1,900~3,070g、頭部約8~9cmに成長しています。
お腹の中の赤ちゃんはエコー画像上での測定になるので医師によって多少の測定方法に違いがあります。また、身長や体重は個人差が大きいこともあり体が発達していれば身長や体重はあまり気にすることはありません。

免疫力もUPし外に出る準備を進めています

赤ちゃんは、四頭身(頭と身長の比率は4分の1)になっていて、いつ生まれてきても大丈夫なように準備をしています。
また、赤ちゃんの膵臓(すいぞう)の働きが成熟し十分な量のインスリン(血糖値を調整するホルモン)を分泌しはじめ、ママの病気に対する免疫を胎盤を通して受け取り、感染に対する抵抗力もついてきました。

さらに妊娠中期から赤ちゃんの身体をおおっていた胎脂(たいし)と呼ばれる、"おなかの中で赤ちゃんを包んでいるクリームーのようなあぶら”も取れはじめます。
この胎脂は赤ちゃんを羊水の刺激から守ったり、赤ちゃんの肌にうるおいを与えたり冷えから守ったりする役割をしてきましたが、この時期少しずつ剥がれていきます。

臨月でも36週は早産!

臨月に入ったとしても正産期は妊娠37週以降なので36週で生まれた場合は早産になります。赤ちゃんの体重によっては、保育器に入る必要もありますが、心配がいらないことがほとんどです。
保育器に赤ちゃんを入れるのは観察や保温、酸素投与のためなので、酸素投与が必要なく呼吸や脈の状態が安定していれば保育器を出るので心配は要りません。

早産は妊娠22週0日~妊娠36週6日までの出産をいうので36週からは臨月に当たりますが、正産期は37週からとなります。

逆子は帝王切開の手術日を決定

逆子とは子宮内で赤ちゃんの頭が下にならず頭が上や横にある状態です。このまま普通分娩をすると、赤ちゃんは体の中で頭が一番大きいのですが最後に出てくるため頭がつかえてしまうことがあります。
また、腕の神経の障害や骨折、脊髄の損傷、へその緒がすり抜けてくるような緊急事態が起こる可能性もあり近年では帝王切開の手術をすることが一般的です。

妊娠36週の段階での逆子のときは、生産期に入ってすぐに帝王切開になることが多く医師と相談して手術日を決めることになります。もし、逆子が戻らず帝王切開になった場合ママはとても不安でいっぱいだと思いますが、計画的に安全に赤ちゃんと早く出会えるというメリットを考えましょう。

妊娠36週のママの体調の変化と出産兆候

臨月の体調の変化を書籍で調べる妊婦

臨月になると、お腹が張りやすくなったり、胎動が減ったりと、体調の変化とともに出産兆候を感じることが増えてきます。

妊娠36週のママの体調の変化

お腹が大きいゆえに疲れやすくなったり、子宮が下がり食欲が増すことで体重管理に苦労することも…。出産後、すぐに体調が回復することもあるので、なんとか乗り越えましょう。

お腹が張りやすくなる

臨月は、体が出産に向けての準備をしているので張りを1番感じる時期です。
そもそも赤ちゃんを守っている子宮は筋肉でできていて、緊張したり刺激があると筋肉が緊張して硬くなります。このお腹が張ることを医学的には子宮収縮といいます。

臨月のお腹の張りや痛み・気をつけたい陣痛の特徴・対処法
臨月のお腹の張りや痛み・気をつけたい陣痛の特徴・対処法
臨月のお腹の張りや痛みは多くは出産が目前に迫ったサインですが中には至急病院に連絡したい症状も。陣痛の特徴や痛みが強いときの対処法を解説。臨月のお腹の張りは痛みの間隔がバラバラでも油断は禁物です。

お腹の張りを感じたら、無理をせず横になって休んでください。張りがいつもと違うなど気になることがある場合にはすぐにかかりつけの産婦人科に連絡を取ってください。

子宮が下がり、食欲が増す

36週では子宮が下がり、胃のあたりのつかえがとれてスッキリし食欲が出るので1回に食べられる量が増えます。
しかし、赤ちゃんの膵臓(すいぞう)の働きは完全に成熟し十分な量のインスリンを分泌しはじめたのでここでママが食べたいだけ食べるのは注意をしてください。

ママがたくさん食べて高血糖になると、赤ちゃんも高血糖になります。高血糖で分泌するインスリンは成長促進因子の働きがあるので赤ちゃんがいっきに大きくなってしまいます。
あまり大きくなりすぎると難産になる可能性が高いので食べる量を調整しながら栄養バランスに気をつけましょう。

頻尿

子宮が大きくなると膀胱が圧迫され頻尿になりトイレに行く回数が増えます。夜中に何度もトイレに起きてしまい、睡眠不足の原因となることも。

腰痛、足の付け根の痛み

赤ちゃんが骨盤内に下がってくることによって腰にも負担がかかり腰痛になるママも多いです。
重いお腹を支えるために体が反り気味になることも原因のひとつですので、姿勢を意識しましょう。また、赤ちゃんの頭による圧迫のために足の付け根に痛みが出ることもあります。

前駆陣痛は本陣痛の予行練習

突然の前駆陣痛の痛みを逃している妊婦

前駆陣痛といって、お産が近づいてくると1日数回不規則な子宮収縮が起こります。不規則に重い生理痛のようなお腹のハリや痛みを感じ、姿勢を変えたり、少しすると治まったり、夜中に痛みがあっても朝には治まるのが特徴です。

前駆陣痛の原因は、大きくなってきた赤ちゃんが下に降りてきて子宮を刺激するために起こります。
前駆陣痛は本陣痛を起こすための体の準備で子宮口を柔らかくする作用があります。ママにとって前駆陣痛が痛くて辛いときは体が本陣痛に慣れるための予行練習だと思ってみましょう。前駆陣痛があるということは確実に出産が近づいている証拠でもありますが前駆陣痛が来ても、すぐにお産になるわけではないので焦らなくても大丈夫です。

前駆陣痛と本陣痛の見分け方

一般的に痛みが弱く間隔が不規則な前駆陣痛に対し、本陣痛は規則正しく張りや痛みが下腹部から腰に出てきてその痛みの間隔が徐々に短くなり、痛みの強さも増していき出産となります。

前駆陣痛から本陣痛、本陣痛から出産までの流れ
前駆陣痛から本陣痛、本陣痛から出産までの流れ
前駆陣痛から本陣痛まで、本陣痛に入ってから出産するまで、ここを読めば流れがしっかりわかります。出産の流れや陣痛の様子をお伝えすることで、リラックスした出産をサポートします。

おしるしがあれば出産は間近なの?

おしるしとは、医学用語では「産徴」と言い、赤ちゃんがもうすぐ生まれるというお知らせです。出産が近くなると子宮の出口(子宮頚管)が少しずつ開いてきて卵膜(赤ちゃんを包み羊水を貯めている袋)と子宮壁との間にずれが生じるため少量の出血が起こります。
それまで子宮頚管を塞いでいた粘液混ざって腟内へ出てくるため、血の混じったおりものとなります。おしるしにも個人差があり色や量だけではなく妊婦さんによってはおしるしがないまま陣痛になることもあります。

おしるしがあった場合も、おしるしがきたからすぐに出産になることもあれば2週間以上あく場合もあります。また、おしるしは1度だけとは限らず数日続くこともありかなり個人差があります。

胎動が減り、赤ちゃんの頭が固定される

胎動とは妊娠中のお腹の中の赤ちゃんの動きをいいます。羊水の中で自由に動き回っている赤ちゃんの胎動をママが感じだすのは妊娠中期。臨月になって赤ちゃんが大きくなると強く感じていた胎動が減ります。

これは臨月になり大きくなった赤ちゃんは子宮に動き回れるスペースが少なくなるので胎動が小さくなったように感じることがあるからです。

臨月に胎動が減る理由|胎動が激しいと出産はまだまだ?
臨月に胎動が減る理由|胎動が激しいと出産はまだまだ?
臨月になると胎動が減るといわれる理由、胎動が激しいせいで夜眠れない時の対処法、胎動をチェックする方法や胎動と性格・障害との因果関係など、臨月の胎動の気になる症状について解説します。

子宮内で動きづらくはなりますが、まったく動かなくなるわけではないので出産が近づいているのに胎動を感じるからといって不安になる必要はありません。

妊婦検診は週1回の頻度に変更

妊娠35週までは2週間に1回の定期健診ですが、臨月に入る妊娠36週からは週に1回に変わります。
検診ではママの体の出産準備ができているのか、赤ちゃんがどのくらい成長しているかをチェックします。具体的にはママの子宮頚部の柔らかさや赤ちゃんの下がり具合をみます。

妊娠36週のおすすめの過ごし方!上の子やパパとの時間も大切に

出産までの1人の時間をリラックスして過ごす経産婦

子宮が下がったことで、胃の圧迫が弱くなり食欲が増すので体重管理を始め過ごし方に注意しましょう。

妊娠高血圧症に注意!最後まで気を抜かないで!

妊娠高血圧症候群とは妊娠中に、血圧が上がったり尿にタンパク質が出る症状でママにけいれんのような発作が起きることもあります。
そのままにしておくと赤ちゃんの発達が悪くなったり苦しくなることがあるので注意が必要です。原因は不明ですが妊婦さんの3~4%がかかります。

予防するためには栄養のバランスの良い食事を心がけることがたいせつです。具体的には塩分控えめ、カルシウム、ビタミン、ミネラルを十分に摂りましょう。また、過労にならないように注意しましょう。
外食が多いママは食べ過ぎにならないようにし、メニュー選びにも気をつけなるべく魚や野菜を多く摂るようにしましょう。

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)とは?症状と予防&対処法
妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)とは?症状と予防&対処法
妊娠高血圧症候群とは数年前まで妊娠中毒症と呼ばれていた病気ですがかかるとママや赤ちゃんにどのようなリスクがあるのか、食事療法などの治療法や妊娠高血圧症候群発症のリスクを下げる生活の注意点を解説。

臨月でも運動はOK!

経過が順調なら、臨月の運動は推奨されています。
お腹が張るときは無理をしないように気をつけ、体調の良い日はどんどん運動をするようにしましょう。ウォーキングや軽い体操などを行いお腹の赤ちゃんに新鮮な酸素をいっぱい送るような気持ちで臨むといいでしょう。

外出は車で1時間以内の距離までにする

外出中でもいきなりお腹が張ることがあります。用事の途中だとしても無理せず座れるところを探して休んでください。
いきなり体調が悪くなることもあるので靴はかかとが高くなく安定したものを履くようにしましょう。また、この時期はいつ出産になるかわからないので外出先は入院予定の病院から車で1時間以内の距離までにしておくと安心です。

混雑しやすい場所や時間帯をなるべく避けることも大切です。旅行は臨月までに済ませておきできる限り遠出をしないようにしましょう。

いつ病院に行くことになるかはわからない時期なので必ず

  • 母子手帳
  • 診察券
  • 健康保険証

を持って出かけましょう。また、緊急連絡先のメモを作って挟んでおくとスムーズに連絡が取れます。

臨月の外出を安全に!出産目前・破水や陣痛への備えと準備
臨月の外出を安全に!出産目前・破水や陣痛への備えと準備
臨月に外出はどこまでの範囲の外出なら安全か、外出時の注意点とは何か?外出先で破水や陣痛がはじまったらどうすれば良いかなどの解説と出産する前にしておいたほうが良いことを説明します。

陣痛タクシーのメリットとは?

陣痛タクシーとは陣痛がはじまったときに配車してくれるタクシーです。
陣通時は破水をしてしまうことも考えられ普通のタクシーには乗車ができないこともあります。

陣痛タクシーは登録料が無料です。かかりつけの病院、出産予定日、緊急連絡先などを登録しておくことによりいざというときスムーズに病院まで送迎してくれます。料金は通常のタクシーと同一金額なのも嬉しいサービスです。

陣痛タクシー|不安な陣痛時、安心して病院へ行くために
陣痛タクシー|不安な陣痛時、安心して病院へ行くために
陣痛タクシーの予約登録方法は?本当に安心して利用できる?陣痛時妊婦さんをスムーズに病院まで運んでくれる心強い陣痛タクシーのサービス概要や登録・利用法からサービスを提供しているタクシー会社を紹介!

助産師による研修を受けたドライバーがいるタクシー会社もありはじめての出産でも安心です。また、バスタオル・防水シートを準備しているタクシー会社、後払いシステムなど通常のタクシーにはないサービスが一いっぱいです。

チャイルドシートやベビードレスなど、退院時の準備も忘れずに

生まれてくる赤ちゃんの為にベビーシートを選ぶ妊婦

36週頃までには入院時に必要なものをバッグにつめて準備をしておきましょう。退院時に自宅の車を使う場合はチャイルドシートを用意する必要があります
また、赤ちゃんは、ベビードレスかおくるみで退院することが一般的ですがベビードレスはそのままお宮参りにも使えるので便利です。

上の子やパパとの時間を大切にしよう

二人目、三人目出産のママは、赤ちゃんが生まれるととても慌しくなったりもするので上の子との時間を大切にしましょう。また、入院時に1週間近く離れて過ごすことになるので誰にお世話をしてもらうのかをきちんと決めておきましょう。

パパの立会い出産を希望する場合は話し合いをしておきましょう。
夫、妻からパパとママになります。時間があって体調が良い日は当分赤ちゃんがいたら行けなくなりそうなレストランでゆっくり食事をしたり映画を見に行ったりするなど二人だけの時間を持つことも大切です。

はじめての出産は何かと不安なものです。赤ちゃんを産むことに対する不安があるときは呼吸法をマスターしながら良い出産をするイメージトレーニングをしましょう。

出産への不安は先輩ママに相談して気持ちを楽にしよう

臨月になって後もう少しで赤ちゃんに会えます。ワクワクしている反面、不安に感じていることはないでしょうか?

出産そのものに対しての不安があるときは先輩ママに相談することにより気持ちが軽くなります。赤ちゃんを迎え入れる出産の準備をしながら不安になる要素を取り除いていきましょう。
赤ちゃんのための部屋づくりや赤ちゃんの可愛いお洋服を見ながらこれからはじまる生活を想像してみましょう。
ゆっくりできるときはなるべく体を休ませ、リラックスできるものを見つけてください。赤ちゃんも生まれてパパやママに会えるのを楽しみにしています。