Loading

妊娠35週(妊娠後期)

妊娠35週お腹の赤ちゃんの成長とママの体調・出産準備

妊娠35週の胎児の様子やお腹が大きくなることで起こるママの不快症状について解説しています。体重管理のコツや眠れないときの対処法、胎動や前駆陣痛などの出産兆候や入院準備、部屋づくりのコツなど、出産までのおすすめの過ごし方も説明しています。

妊娠35週お腹の赤ちゃんの成長とママの体調・出産準備

妊娠35週のママの体の様子・胎児の成長!出産準備も大詰め

妊娠もついに後期に入りました。妊娠35週とは妊娠9ヶ月(妊娠32週、33週、34週、35週)の最後の週に当たります。

妊娠後期のマイナートラブルに悩まされているママも多いとは思いますがもうすぐ臨月です。体に負担をかけないように気をつけながら出産準備をしていきましょう。もうすぐ待ちに待った赤ちゃんとの対面。お腹の中の赤ちゃんはとても大きくなっていますよ。

妊娠35週の赤ちゃんの様子をチェックしてみましょう

妊娠35週に入りお腹の赤ちゃんの様子や早産、逆子になったときの対処法や過ごし方、出産準備などについてまとめてみました。

妊娠35週のおなかの様子を見ている医師

35週の胎児 平均身長&平均体重

妊娠35週になると赤ちゃんの身長は約43~47cm、体重は約1,800~2,900g、頭部約8.5cmに成長しています。ママの体型に個人差があるように赤ちゃんの成長にも個人差があるので、もしこの範囲内でなくても特に問題があるといわれた場合以外は神経質にならなくても大丈夫です。

胎児の発達も最終段階、新生児と変わらない外見に!

赤ちゃんは新生児とほぼ変わりません。もうすぐ生まれてくる準備を赤ちゃんはお腹の中でしっかりしています。

肺呼吸ができるように!

肺機能がほぼ完成し肺呼吸ができています。子宮の中で生活している赤ちゃんは、胎盤によって酸素を取り入れ、二酸化炭素を排出するという方法で呼吸を行っていましたが、この頃になると出産にむけて自分で呼吸をする準備をしています。
心拍や体温調整の働きが整って来てママのお腹から外に出られるようになってきました。

脳と身体もぐんぐん発達!

赤ちゃんは自律神経が成熟し、脳はしわが増え発達を続けています。29週頃から脂肪組織と筋組織が増加してきましたが、この頃になると皮膚は厚みが増えて丸く赤ちゃんらしくなっています。

髪の毛や爪も伸びてくる

妊娠15週頃に生え始めた髪の毛が長くなってきています。
妊娠23週頃に手指に生えた爪と妊娠27週頃に足指に生えた爪が長くなり先端まで伸びています。

エコーでママ似かパパ似か判断!?

この時期はすで全身を見ることは出来ませんが、顔、手の形や動きがわかるようになり、しっかり赤ちゃんの顔をしていてパパ似かママ似か想像できてしまうことも。手を握ったり動かしたりするのもよくわかります。

エコー画像撮影時に医者がお腹を軽く叩くなどの刺激を加えると、寝ていた赤ちゃんは不機嫌そうに起きたりもします。かわいいですね!

赤ちゃんのエコー写真用語解説&キレイに保存する方法
赤ちゃんのエコー写真用語解説&キレイに保存する方法
赤ちゃんのエコー写真はまだお腹の中にいるときの大切な成長の記録。エコー写真に並んだ専門用語がもとのアルファベットも意味が分かると赤ちゃんの成長の様子がよくわかりますよ!赤ちゃんのエコー写真の保存方法も。

妊娠35週のママの身体の変化やマイナートラブル

妊娠35週は9ヶ月の終わりです。2週間に1度の定期健診最後の週で、次回から妊婦検診は1週間に1度となります。臨月迫る時期のマイナートラブルをかかえることが多くなります。

マイナートラブルに悩まされる妊婦

妊娠35週の子宮サイズやホルモンの変化

妊娠35週のママのお腹の中では子宮はどのように変化しているのでしょうか?身体の変化を見ていきましょう。

子宮底長の長さ

子宮底長とは子宮のふくらみの数値のことです。恥骨の上端から、子宮の最上部までの長さを測ることによって赤ちゃんの成長や羊水の量の変化を知ることができるので妊娠中期から行なわれます。
この頃になると個人差はありますが30~36cmになっていて、出産までこの長さをキープし続けます。

子宮の大きさ

子宮の大きさは、妊娠していないときは40~70グラムですが、出産直前には約1,000グラムとなるので14倍~25倍に変化します。容積は妊娠していないときは10mL以下ですが出産直前には5,000mLにまで変化します。

おりものが増える

妊娠9ヶ月ごろまでは女性ホルモンであるエストロゲンが増えるのでおりものの分泌量も増えていきます。これはママの体が出産の準備をしているからです。
つまり妊娠中のおりものは外からの細菌から赤ちゃんを守ります。細菌に感染すると早産の原因になりやすいのでおりものによって赤ちゃんはお腹の中でしっかりとガードされているのです。

おりものに血が混じっていれば出産が近いサインです。でもまだすぐに出産するわけではないので大慌てしなくても大丈夫です。

妊娠中の不快症状=マイナートラブルが増加する時期

出産が近づき、子宮が大きくなったことで、疲労を感じることも増えます。疲れたら無理せず休み、転倒や立ちくらみに注意しましょう。

子宮が大きくなり、息苦しさを感じる

35週になると子宮はかなり大きくなりみぞおちのあたりまで届いてきます。心臓や胃が圧迫されて一度にたくさんの量を食べられなくなることもあります。また、動悸や息切れが激しくなったりもします。

腰痛やひざに痛み

大きくなった子宮を支えるために、負担がかかります。腰痛になったり、ひざや足の付け根に痛みを感じたり足がつったりすることがあります。下腹やもものつけ根に鈍重感を感じることもあります。

立ちくらみや貧血

妊娠中はママの血液が赤ちゃんに送られます。赤血球が不足すると鉄欠乏性貧血を起こしてしまいます。妊娠中は栄養の多くが赤ちゃんに回ってしまうのでママは鉄分が不足し貧血になりやすいです。また、ホルモンのバランスが乱れることにより貧血や立ちくらみを起こすこともあります。
食事に気をつけ意識的に鉄分を多く含む食材を摂るようにしましょう。たとえば、ひじきや小松菜、しじみなどがおすすめです。

シミやそばかす

ホルモンの影響でシミやそばかすが一時的に増えることもあります。産後、ホルモンバランスが整ってくるとシミやそばかすは自然に消えるので神経質になりすぎないようにしてくださいね。ただし、夏の暑い時期はのぼせや貧血の原因にもなりやすので帽子をかぶるなどの対策はしておいたほうが安心です。

前駆陣痛がきても焦らなくて大丈夫

前駆陣痛(ぜんくじんつう)とはお産が近づくと1日数回不規則な子宮収縮で生理痛のようなお腹のハリや痛みを感じることです。不規則にはじまって姿勢を変えると治まるのが特徴的です。これに対し、本陣痛は、規則正しくハリや痛みが出てきます。そして痛みがある間隔が徐々に短くなり、痛みの強さも増していき出産に導いてくれます。

36週から臨月。早い人だと、35週で前駆陣痛がきてしまうこともありますが、前駆陣痛が来ても、すぐにお産になるわけではないので焦らず必要以上に不安にならないように心がけましょう。

前駆陣痛はいつから?初産と経産婦で始まる時期の違い
前駆陣痛はいつから?初産と経産婦で始まる時期の違い
前駆陣痛はいつから始まるのか詳しい時期を解説します。前駆陣痛とは出産を控えた臨月のママに起こる本陣痛の予行練習のようなものです。痛みや間隔、症状に違いがあるので紹介します。

出産に向けて胎動が少なくなります

胎動とは、お腹の赤ちゃんが子宮の中で動き回り手や足、頭、体を回転させてぐるんと子宮壁にぶつかることで感じる赤ちゃんの動きですが、一般的に胎動を感じるのは妊娠中期からです。ママは赤ちゃんの動きを感じることができ、身近にいる人も手を当てることにより赤ちゃんの胎動を感じることができます。

ときには胎動が激しすぎてママにとっては痛いこともありますが、赤ちゃんが元気に動き回っている証拠です。

臨月近くなると出産に向け赤ちゃんの位置が下がることで胎動は減りますが、35週ではあまり減らないママもいます。あくまでも個人差があるのであまり神経質にならなくても大丈夫です。

胎動が少ない3つの原因|不安な時の確認方法&受診目安
胎動が少ない3つの原因|不安な時の確認方法&受診目安
胎動が少ないのは赤ちゃんからのSOS?胎動が少ない場合の危険なケースとはどのような状態か、臨月だと胎動が少ないのは当たり前なのか?病院受診の目安を紹介。不安なママはまずは落ち着いて胎動を確認してみましょう。

胎動が全くないときは病院へ!

出産間近には胎動は減っては行くものの、無くなることはありません。もし、胎動が全く感じられなくなったら、一刻も早く病院へ向かい赤ちゃんの無事を確かめてください!

もし今、陣痛が来たらどうなるの?

日本産婦人科学界の定義によれば、妊娠22週0日~妊娠36週6日までの出産を早産と呼びます。
しかし、35週で生まれた赤ちゃんは体の機能がほぼ出来上がっているのでほとんどは無事に育ちますので、過剰に心配する必要はないでしょう。

妊娠35週で逆子は直せる?逆子を治す方法

逆子とは子宮内で赤ちゃんの頭が下にならず頭が上や横にある状態です。赤ちゃんはたくさんの羊水の中で自由に動き回っていましたがこの頃になると赤ちゃんの頭が大きくなり重力で頭が下がっていきます。

自然に治ることもありますが、お腹の中で大きくなった赤ちゃんが回転してくれるのは少し難しいかもしれません。
でも、逆子を直す方法は色々ありますので、お医者さんの許可がでているのならあきらめずに逆子体操などを続けていきましょう。

出典:www.youtube.com

逆子体操

あらかじめトイレに行きリラックスします。赤ちゃんが子宮の壁を蹴ることにあるのでよく動くときが回転のチャンスなので赤ちゃんがポコポコよく動くときに体操をします。1回につき15分間くらいが目安で1日数回、お風呂上りなども子宮がやわらかくなっているので効果があります。

方法として、四つんばいになって両膝を軽く広げて太ももを床に対して直角になるようにして下さい。おしりをできるだけ高く持ち上げて胸を床につけて下さい。終わったあとは、頭を上げないように注意しながら赤ちゃんの背中のある方を上にして横向きになって少なくとも10分間休みます。

赤ちゃんにお願いする

医学的根拠はありませんが、お腹に手を置きさすりながら「逆子だと生まれるとき大変なのよ、直ってね」と1日に何度も赤ちゃんに話しかけると思いが伝わるともいわれます。逆子体操の合間に、気分転換としてやってみるのも良いでしょう。

医療行為としての「外回転術」

逆子は逆子体操などで解消することが一般的ですが、必要に応じて病院でも対応することもあります。医学的根拠に基づいた外回転術と呼ばれる方法で、妊娠35週~37週くらいに行うことが多いようです。

かかる時間は2~3分と短く長くても1回10分程度です。方法としては、ママは下半身を持ち上げて頭を下げるような姿勢で寝ます。

1~2名の術者が超音波で赤ちゃんの向きを確認して、ママのお腹の外から赤ちゃんの頭とお尻をしっかり捉え前回りになるように回転させます。麻酔や入院が必要になることもあります。

妊娠35週の過ごし方!体重管理や寝不足への対処法

この時期体重は急激に増えていきます。お腹が大きくなり動きづらくなることで、ママもあまり体を動かさなくなってしまうのも原因のひとつです。
妊娠中の過度な体重増加は妊娠高血圧症候群になりやすいため、たくさん食べられる妊婦さんは注意が必要です。

食欲旺盛で体重管理をついつい忘れる妊婦

また、子宮や産道に脂肪がつくと難産になりやすく、出産の直前に帝王切開となってしまうこともあります。また、足首やひざ、腰に負担がかかり痛みが出ることがあります。産後、体重を元に戻しづらくなりますので、体重管理は出産まで気を抜かずに行いましょう。

妊娠後期の体重管理は基本的な生活習慣を大切に

体調が良い妊婦さんはどんどん運動して構いませんが、体調面や天候面でなかなか運動できないこともあるでしょう。そんなときは、普段の食事や生活習慣が体重管理のために重要になります。

規則正しい生活を送る

早寝早起きをし十分な睡眠を取ることによりホルモンのバランスが整います。また、規則正しい生活習慣をつけることは便秘予防にもなります。

少量でも栄養バランスをとる

三食バランスよく栄養のある食事と減塩に心がけましょう。ひどい便秘から痔になるママもいるので食物繊維を摂るように心がけましょう。
子宮が大きくなったことで圧迫を感じあまり食べられなくなったママは無律せず少量でも栄養バランスを摂るようにしましょう。

家事は立派な運動

大きなお腹で外出がたいへんになってくる分、家事を積極的にこなしましょう。そうじきがけや雑巾がけなど、てきぱきと動けば家事は立派な運動になりえます。
重いものを持ったり台の上に上がっての掃除は妊娠中は危険なことが多いので無理のない範囲でしてください。
体調が良い場合はウォーキングやマタニティヨガなどをしてみるのもおすすめです。

眠れない原因と対処法

胎動が気になったり、お腹が張ったり、妊娠後期になると眠れなくなることがよくあります。とくに妊娠35週は、もうすぐ臨月に入るということで、出産への緊張感から、精神的にも不安定になる時期です。

お腹の張りがあったり、仰向けで寝ると苦しくて眠れない

お腹の張りは横になっておさまるようであればとくに問題はありません。横向けでひざの間に枕を挟むなど少しの工夫をすることによって解消されることもありま。寝具やクッションなどを活用し、少しでも楽な姿勢をとれるようにしましょう。

臨月のお腹の張りや痛み・気をつけたい陣痛の特徴・対処法
臨月のお腹の張りや痛み・気をつけたい陣痛の特徴・対処法
臨月のお腹の張りや痛みは多くは出産が目前に迫ったサインですが中には至急病院に連絡したい症状も。陣痛の特徴や痛みが強いときの対処法を解説。臨月のお腹の張りは痛みの間隔がバラバラでも油断は禁物です。

頻尿で睡眠不足

大きくなった子宮に膀胱が圧迫され頻尿になることがあります。とくに寒い季節は、夜中に何度もトイレに行ってゆっくり眠れないことも。ママが太れば太るほど膀胱が圧迫され頻尿になりやすいので、まずは体重管理をして太り過ぎないようにしましょう。

また、尿意を刺激する炭酸飲料は夕食時以降には飲まないようにしましょう。尿漏れの不安がある場合はおりものシートや生理用ナプキンなどを活用することによって安心します。

前駆陣痛で睡眠不足

前駆陣痛がきても、子宮口が開いてすぐに出産となるわけではないので慌てないでください。早い妊婦さんは妊娠8ヶ月頃に前駆陣痛を感じますが、個人差があるのでまったく感じなくても心配はいりません。
前駆陣痛の症状としてお腹の張りや腰痛があります。マッサージをすることによって緩和することもあるので家族の方に手伝ってもらうのをおすすめします。

出産・育児への不安感から眠れない

トイレに何度も行って眠れなくなったり、お腹に張りを感じて眠れなくなったりということを繰り返し、良質な睡眠がとれないでいると出産や育児への不安が大きくなってしまいます。リラックスする方法としては寝る前にお風呂に入って体を温めたり、妊娠中でも使えるアロマがあるので試してみてください。

どうしても眠れないときは無理に寝ようと思わないこと。寝ようとすればするほどストレスを感じます。適度に昼寝をし睡眠不足を解消しましょう。

里帰り出産をするなら妊娠35週までに移動を!

はじめての出産は何かと心細いものですよね。出産、育児の大先輩のお母さんのもとで出産するのは心強いです。里帰り出産をする場合はいつまでにするかはご実家との距離にもよります。

妊婦さんが里帰りするための飛行機

車で1時間の距離と新幹線で3時間以上かかり乗り換えもある場合ではやはり違いますが、妊娠36週を超えると体が動かしづらくなることもあります。いつ出産になってしまうかはケースバイケースなので35週までに里帰りをしておくと安心です。

臨月の外出を安全に!出産目前・破水や陣痛への備えと準備
臨月の外出を安全に!出産目前・破水や陣痛への備えと準備
臨月に外出はどこまでの範囲の外出なら安全か、外出時の注意点とは何か?外出先で破水や陣痛がはじまったらどうすれば良いかなどの解説と出産する前にしておいたほうが良いことを説明します。

里帰り出産のメリットとデメリット

里帰り出産で飛行機を利用する場合はJAL、ANAは妊娠10ヶ月(出産予定日から28日以内の妊婦)になると診断書が必要です。さらに天候や他の理由に飛行機の運航が左右されることがありギリギリになってしまうとそれだけ体に負担がかかります。機内環境などを考慮すると早めに里帰りをしておいた方が安心です。

里帰り出産のメリット

自分が生まれた家族が身近にいることで精神的にリラックスします。
お母さんが仕事を持っていない場合は食事や掃除などをすすんでしてくれることも多いですし、産後に育児を手伝ってもらえるとゆっくりと休むことができますよね。

里帰り出産のデメリット

ご両親の年齢にもよりますが食事の味付けが濃すぎることも多く妊婦さんの食事には向いていない場合もあります。また、旦那さんが出産に立ち会えない場合や産後すぐに会いに来れないなど父親になる自覚が育たない不安がある場合は、小まめに写真や動画を送るなどして出産の喜びを共有しましょう。
実の両親だと遠慮がないので育児に口を出しすぎてもめてしまわないように気を付けたいですね。小さな赤ちゃんのいる喜びを上手に共有しましょう。

入院準備をし、赤ちゃんのために部屋の環境を整えよう

出産が近づいてきたらいつ入院することになっても良いように必要なものは大きめのバッグにひとまとめにしましょう。クローゼットの中などに入れるとパパが探せないこともあるので、玄関近くでわかりやすい場所を話し合っておきましょう。

出産が近づき少し不安になる妊娠中の女性

入院や里帰りで長く家を空ける場合は、月々の支払やゴミの出し方などご近所トラブルにならないようにノートをつくるなどして、パパも留守中快適に過ごせるようにしておきましょうね。

入院時の持ち物はなにが必要?

以下のものは大きな入院用バッグの中に入れずに、常に持ち歩くカバンに一緒に入れておきましょう。ポーチなどにひとまとめにしておくと、外出先によってバッグを変えるときにも簡単に移し替えられて便利です。

出産に備えて常に持ち歩くべきもの

1.母子手帳
2.健康保険証
出産方法や点滴などによっては保険の対象となることがあります。
3.診察券
大きい病院の場合など診察券がないと手続きに時間がかかることもあります。
4.印鑑
病院にもよりますが手続きに必要な場合もあります。

以下は大きな入院用のバックにいれておいてよいものです。

バス用品や日常のアメニティ

タオルやシャンプー、トリートメントなど歯ブラシ、化粧水など病院によってはすべて用意されている場合もありますが産後はデリケートな体なので使い慣れているものが良いです。

夜用ナプキン

病院によっては完備されていますが、ない病院やかぶれなどが心配な場合は持参すると良いです。

ストロー付きのペットボトルホルダー

寝ながら飲めるタイプのものがおすすめです。

小銭

多少の小銭は必要な場合もあります。

陣痛回避グッズや趣味的なもの

産前は気がまぎれるものがあると便利です。

ママの産褥ショーツや下着、パジャマなど

汗をかいたり汚れることもあるので少し多めにあると安心です。

赤ちゃんの下着

生まれたら入院中に着る下着などは病院から借りることが多いですが退院時には必要です。

退院時のベビードレス

おくるみに包むかベビードレスで退院するので準備しておくと良いです。

夏生まれの出産準備リスト 赤ちゃんとママの入院準備と必需品
夏生まれの出産準備リスト 赤ちゃんとママの入院準備と必需品
夏生まれの出産準備品のリストです。暑い時期に必要な肌着や赤ちゃんの服、入院に必要なママの持ち物など、いつから準備するのか、熱中症対策に便利なベビーグッズと一緒に解説します。

赤ちゃんのためのお部屋づくりのポイント

赤ちゃんを迎えられる部屋になっているでしょうか?点検ポイントを挙げてみました。

赤ちゃん用品のストック場所の確保は?

赤ちゃんはオムツやおしりふきやお風呂ケアのセットなどたくさんの細かいものが必要です。部屋中に並べてしまっては大人が歩くのにも危険です。

掃除は行き届いているか?

赤ちゃんはほこりなどが原因でアレルギーになってしまうこともあります。掃除をしっかりし、必要に応じて空気清浄機を購入またはレンタルをおすすめします。

湿度と温度、日当たりは大丈夫か?

生まれる時期によっては空気が乾燥しています。生まれたての赤ちゃんの皮膚はとても敏感です。乾燥した空気を吸い続けることにより鼻の粘膜が乾燥し風邪をひきやすくなってしまいます。必要に応じて加湿器などがあると便利です。

ベビーベッドなど、赤ちゃんのためのスペースを日当たりがいい場所に確保してあげるのはいいいのですが、直射日光やエアコンの風が赤ちゃんに直接あたるような場所は避けましょう。

危険なものはないか?安全対策は十分か?

生まれたての赤ちゃんは歩いたり口に何かを入れることはできませんが、赤ちゃんの成長はあっという間です。生まれる前に赤ちゃんが口に入れそうなものは目の前に置かないなど、お片づけをしましょう。

最近流行している観葉植物なども赤ちゃんにとっては、誤飲や落下の危険がありますので、注意してください。

妊娠35週はまだまだ動ける時期!積極的に気分転換を!

もうすぐ妊娠10ヶ月になります。赤ちゃんはどんどん成長しているのでママのお腹もさらに大きくなっていきます。
ママは疲れやすくなったり、下痢や便秘、睡眠不足などの不快な症状に悩んでいることもあるかと思いますが、そういったマイナートラブルは赤ちゃんがお腹にいてしっかりと妊娠が継続しているからです。赤ちゃんも一生懸命に外に出る準備をしています。

妊娠10ヶ月に入るとすぐに出産、育児と慌しい生活に変わってしまうかもしれません。赤ちゃんがいたら当分はできなくなってしまうこともあります。体調の良い日は積極的に気分転換を行いましょう。